こぐ むし。 初心者・中級者向けの社交ダンスのステップ動画|<ダンスサークルJ>

スマホ 社交ダンスノート ワルツ 男女足型図・動画・チャート

こぐ むし

社交ダンスの10種類の一つルンバ。 ラテンアメリカンのジャンルです。 ラテンアメリカンの種目では、一番最初に習います。 4拍子。 カウントは4からでるという特徴があります。 ヒップアクションがあり、男性の男らしさ、女性の色っぽさを表現しています。 「愛の踊り」 ルンバとの歴史とは キューバの踊り。 アフリカ系ラテン音楽から生まれたダンス。 アフリカの神々にささげる黒人の宗教音楽から派生したと言われています。 奴隷だった人たちが、ダンスで愛を表現すようにと習った気がします。 奴隷さんたちは足かせがあった。 だから、足の動きは重く、ヒップやボディーがよく動かすものだとイメージしろといわれました。 相当制限された状態だったんだろうと想像できます。 リズムの1拍目から踊り始めるスクエアルンバ 4拍目から動き始めるキューバンルンバがあります。 1962年に正式にキューバンルンバをルンバの基礎として採用し、普及しました。 ルンバベーシック一覧! 1. ベーシックムーブメンツ(クローズド、オープン、インプレイス、オールターナティブ) 2. クカラチャズ 3. ニューヨーク 4. スポットターンズ・ツーL、R 5. ショルダー・ツー・ショルダー 6. ハンド・ツー・ハンド 7. プログレッシブ・ウォーク・フォワード又はバック 8. サイド・ステップス 9. キューバン・ロックス 10. ファン 11. アレマーナ 12. ホッキー・スティック 13. ナチュラル・トップ 14. オープニング・アウト・ツーR&L 15. ナチュラル・オープニング・アウト・ムーブメント 16. クローズド・ヒップ・ツイスト 17. オープン・ヒップ・ツイスト 18. リバース・トップ 19. オープニング・アウト・フロム・リバース・トップ 20. アイーダ 21. スパイラル・ターンズ(スパイラル、カール、ロープスピニング) 22. スライディング・ドアーズ 23. フェンシング 24. スリー・スリーズ 25. スリー・アレマーナズ 26. ヒップ・ツイスツ(アドバンスド、コンティニュアス、サーキュラー) ルンバ動画!.

次の

東京の社交ダンス教室『山岡ダンススクール』は初心者クラスも充実!

こぐ むし

予備歩 (Preparation Step) 41 1. アレマーナ(オープンポジションから始める。 ロープスピニング (Rope Spinning) 2 3 41 2 3 41 3. アドバンスドヒップツイストの1~3歩 (Advanced Hip Twists 1~3) 2 3 41 4. サーキュラーヒップツイスト (Circular Hip Twists) 2 3 41 2 3 41 2 3 41 5. 予備歩 (Preparation Step) 41 1. スリースリー (Three Threes) 2 3 41, 2 3 41,2 3 41, 2 3 41 2. アレマーナ(シェイクハンド) (Alemana;Shake Hand) 2 3 41, 2 3 41 3. オープンヒップツイストのバリエーション (Variation of Open Hip Twist) 2 3 41 5. ホッキースティックのオーバーターン 2341 2341 11. キューバンロック 2341 14. スリーアレマーナ 16. クローズドヒップツイスト ルンバ旧動画 以前使用していたステップ、動画は下記に格納してあります。 参考にされる際にご確認ください。

次の

[B!] 繰り返し買い替えた僕がおすすめするストレッチマット(ヨガマット)

こぐ むし

タンブルターンについて徹底検証します! タンブルターンの踊り方 カウント:12&3 男子 1歩目 右足 中央斜めに背面して後退。 ライズを始める。 2歩目 左足 壁斜めに向けて横へ。 ライズ継続。 3歩目 右足 壁斜めとLODの中間にOP(アウト オブ パートナー)で小さく前進。 4歩目 左足 LODに面して、アップ状態からトー ピボットで回転し、LODに背面する。 ロアー。 タンブルとは、「転ぶ・倒れる」と言う意味があります。 足がそろわずに入れ替わるステップです。 勢いよく男女がスムーズに入れ替わるのが魅力的です。 カウント&〜3の間で、男性がボディーを右スウェイから左スウェイに切り替えます。 続行ステップ スローアウェイ オーバースウェイ レフトホイスク ヒンジライン ロンデウイング などが採用されている。 似ているステップ「シャッセロール」 シャッセロールとは、シャッセしながらロールするステップ。 ロールとは回転。 主にリバース回転(左回転)で用いられます。 ナチュラルウイーブ(ランニングウイーブ)から使われます。 ボディーは壁に向けます。 第3歩 右足を閉じる 壁斜めに面します(閉じずに、後ろに置く場合もある) 第4歩 左足を 中央斜めの方向へ 小さな歩幅で前進、左足の向きはLODへ向けます。 特徴は、足をクローズ気味にするためスウェイの量がタンブルターンに比べて少ない。 大きなアクションは少ないステップといえる。 フィニッシュは、タンブルターンと同様のステップが採用されている。 タンブルターンとシャッセロールの違いとは ちまたでは、タンブルターンとシャッセロールの違いがあまりないように思える。 タンブルは、3歩目でOPにでてスウェイをかけている。 シャッセの場合は、それがない。 ここに大きく違いがある。 女性は男性がOPにでてきたことにより、左足が後ろに後退し、大きくスウェイがかけられる。 たとえ足が、OPにでたとしてもスウェイの量があまりでなければ、タンブルの良さはでていない。 男性も女性もスウェイをかけ、そして、それをピボットの時に戻す。

次の