マイナンバーカード 横浜市。 横浜市マイナンバーカード臨時申請窓口でマイナンバーカードを申請する場合 横浜市

マイナンバーカードの「受け取り」方法!期限・所要時間・土日受取まとめ

マイナンバーカード 横浜市

2017年1月16日 利用者フォルダの開設やe-Taxとの認証連携(もっとつながる)など、一部機能の先行稼動を開始• 2017年7月18日 情報連携の試行運用に合わせ、情報提供等記録表示(やりとり履歴)や自己情報表示(あなたの情報)のほか、お知らせ情報表示及び子育てワンストップサービスの一部機能の運用を開始• 2017年11月13日 情報連携の本格運用開始とともに、マイナポータルについても本格運用を開始• 2018年2月19日 マイナンバーカードのパスワードを変更する機能が追加されました。 変更できるパスワードは、利用者証明用電子証明書、署名用電子証明書、券面事項入力補助用の3種類です。 2018年3月20日 マイナンバーカードのパスワード変更機能について、Mac版とAndroid版がリリースされました。 併せて、マイナポータルの「マイナポータルAP パスワード入力画面(ログイン前の画面)」からもパスワード変更機能が起動できるようになりました。 詳しくは、をご参照ください。 2018年7月30日 マイナポータルのメニュー画面等、一部の画面で英語表記ができるようになりました。 2019年11月5日 ご自身の所得情報や予防接種の記録などの自己情報を確認するのみならず、その提供まで行うことができる自己情報取得APIの提供を開始• 2020年1月20日 法人設立関連手続をまとめて行うことができるの運用を開始 マイナポータルアプリケーションのリリースについて• マイナポータルAPを用いることにより、子育てワンストップサービス(ぴったりサービス)における電子申請を行う際、電子署名の付与を行うことができるようになります。 また、マイナポータルAPをインストールすることにより、短時間で簡単に利用者環境の設定ができます。 詳しくは、からご確認ください。 マイナポータルを利用するために必要なもの• 公的個人認証サービスを利用した本人認証を行い、マイナポータルでアカウント開設を行いログインするためには、利用者証明用電子証明書を搭載したマイナンバーカードが必要です。 使用されるPC端末へののインストール及びカードの読取機能を備えたデバイスの準備が必要です。 また、一部のNFC対応のスマートフォンについては、無料でGooglePlay及びAppleStoreからアプリをダウンロードすることでご利用いただけます。 関連リンク• マイナポータルへのログインについてご不明な点は、にお問い合わせください。 0120-95-0178におかけ頂いた後、「4番」のマイナポータルをご選択ください。 民間送達サービスとの連携 行政機関や民間企業等からのお知らせなどを民間の送達サービスを活用して受け取ることができます。 公金決済サービス マイナポータルのお知らせからネットバンキング(ペイジー)やクレジットカードでの公金決済が可能となります。 自己情報表示(あなたの情報) 行政機関等が保有するあなたの個人情報を検索して確認することができます。 お知らせ 行政機関等から配信されるお知らせを受信することができます。 よくある質問/問い合わせ登録 操作方法に関するFAQを確認したり、問い合わせができます。 サービス検索・電子申請機能 子育てに関するサービスの検索やオンライン申請(子育てワンストップサービス)ができます。 情報提供等記録表示(やりとり履歴) あなたの個人情報を、行政機関同士がやりとりした履歴を確認することができます。 もっとつながる(外部サイト) 外部サイトを登録することで、マイナポータルから外部サイトへのログインが可能になります。 代理人 本人に代わって代理人がマイナポータルを利用できます。 マイナンバーカードのパスワード変更 マイナンバーカードのパスワードのうち、利用者証明用電子証明書、署名用電子証明書、券面事項入力補助用の3種類について変更することができます。 でICカードリーダライタにマイナンバーカードをセットし、「ICカードリーダライタを使ったログイン」を押して進んでください。 ご利用にあたって• 利用者はマイナンバーカードでログインすることなく、ご自身の状況にあったサービスを探すことができます。 子育てワンストップサービスには、マイナポータルからもアクセスすることができます。 子育てサービス検索• 調べたい地域、手続のカテゴリー、キーワードなどでご自身にあったサービスを検索できます。 電子申請• 利用者は申請事項の入力や、ファイルの添付を行い申請を行うことができます。 必要に応じてマイナンバーカードを用いて電子署名を付すことが可能です。 お問い合わせ機能• ワンストップサービスの利用方法について問い合わせ機能を提供します。 就労書作成コーナー• 就労証明書の様式が「かんたん入手」できます。 就労証明書を手書きでなくキーボード入力で「らくらく作成」できます。 役所に赴くことなく「すすっと電子申請」できます。 LINE株式会社のコミュニケーションアプリ「LINE」との連携イメージは、以下のとおりです。 「LINE」のメッセージで子育てや介護をはじめとする行政サービスを検索 マイナポータルのLINE公式アカウントとのメッセージのやり取りを通じて、マイナンバーや氏名等の個人情報を入力することなく、子育てや介護をはじめとする行政サービスを検索し、利用者の希望に合ったマイナポータルの「ぴったりサービス」が利用できます。 マイナポータルの「ぴったりサービス」に移動して電子申請や内容確認 検索した子育て関係サービスで「申請する」ボタンをタップすると「LINE」からマイナポータルの「ぴったりサービス」に移動(「LINE」からは完全に離れます)して、「ぴったりサービス」上で電子申請やサービスの内容確認ができます。 「友だち」登録はこちらから• PCで閲覧中の方 お手持ちのスマートフォンまたはタブレットでLINEアプリを起動し、QRコードリーダーで下記の二次元バーコードを読み取ってください。 スマートフォンまたはタブレットで閲覧中の方 下記ボタンをタップしてください。 外部リンクページから簡単に「友だち」登録することができます。 ぴったりサービスにおける各市区町村の電子申請の対応状況 「ぴったりサービス」での、各市区町村の行政サービスの対応状況を公開します(令和2年3月31日時点調査)。 個人情報の取扱い 電子申請に必要なマイナンバーや氏名等の個人情報を、「LINE」側で取得したり、「LINE」側が保有したりすることはありません。 よくあるご質問についてはをご覧ください。 株式会社NTTドコモのAIエージェントサービス「my daiz」との連携イメージは、以下のとおりです。 ドコモのケータイ以外でも、dアカウントがあれば利用可能。 「my daiz」で子育てや介護をはじめとする行政サービスを検索 マイナポータルのmy daiz公式アカウントとのメッセージのやり取りを通じて、マイナンバーや氏名等の個人情報を入力することなく、子育てや介護をはじめとする行政サービスを検索し、利用者の希望に合ったマイナポータルの「ぴったりサービス」が利用できます。 また、音声での検索や、利用者が任意で登録するお住まいの地域情報を利用し、市区町村の選択を省略した、らくらく検索も可能です。 マイナポータルの「ぴったりサービス」に移動して電子申請や内容確認 検索した子育て関係サービスで「申請する」ボタンをタップすると「my daiz」からマイナポータルの「ぴったりサービス」に移動(「my daiz」からは完全に離れます)して、「ぴったりサービス」上で電子申請やサービスの内容確認ができます。 ぴったりサービスにおける各市区町村の電子申請の対応状況 「ぴったりサービス」での、各市区町村の行政サービスの対応状況を公開します(令和2年3月31日時点調査)。 個人情報の取扱い 電子申請に必要なマイナンバーや氏名等の個人情報を、「my daiz」側で取得したり、「my daiz」側が保有したりすることはありません。 よくあるご質問についてはをご覧ください。 「自己情報取得API」は、国民が自己情報の確認のみならず、提供まで行えるよう機能を拡充し、当該機能をシステム間連携によりWebサービス提供者が利用できるようマイナポータルのAPIの一つとして作成・公開するものです。 2.API利用のメリット・概要• 概要 民間事業者や国・地方公共団体など、様々なWebサービス提供者は、自己情報取得APIを活用しマイナポータルと連携することにより、自らのWebサービス利用者の自己情報を、安全かつスピーディに取得し、そのサービスにおいて活用することが可能となります。 想定されるユースケース 例えば、銀行等の民間事業者が、ローン等の審査の際に必要な所得情報をオンラインで即時に取得することで、ローンの審査をスムーズに進めることが可能となります。 3.自己情報取得APIを利用するための手続 はじめに、ガイドラインを参照し、APIの利用について、事業者内で検討して下さい。 なお、必要に応じ随時、内閣府ホームページから、問合せフォームにて、疑問点をお問い合わせ下さい。 利用の意思及び内容が概ね固まったら、「利用企画書」及び「利用条件確認書」を作成し、内閣府ホームページから、問合せフォームにて、事前打合せを申し込んで下さい。 4.関連資料 以下の関連資料はご自由にダウンロードください。 5.連絡先 疑問点のお問合せ、事前打ち合わせの申込みの連絡にあたっては、以下の問合せフォームから当室へご連絡ください。

次の

マイナンバーカードの新規申請方法を教えてください。

マイナンバーカード 横浜市

マイナンバーカードの作り方|スマホ・PCから申請する場合 マイナンバーカードはスマートフォンやPCを使って申請できます。 インターネットからマイナンバーカードを作る場合は 申請してから約1ヶ月後に受け取ることができます。 この項目では、スマートフォンやPCを使ってインターネットから申請するマイナンバーカードの作り方についてご紹介します。 通知カード・申請者IDを用意する マイナンバーカードを申請する際には、 通知カードと 申請者IDが必要になります。 マイナンバー 番号 がわからないとき マイナンバー 番号 がわからないときは、マイナンバー記載付き住民票を取得しましょう。 市区町村の役所の担当窓口で『 マイナンバーの記載付き住民票』を希望すれば発行してもらえます。 マイナンバーカード総合サイトにアドレスを登録 マイナンバー 番号 と申請者IDが用意できたら、マイナンバーカード総合サイトにアクセスします。 利用規約を読んで同意した上で、メールアドレスを登録しましょう。 関連リンク: メールでURL・認証番号を受け取る 自動返信で、専用のURLと整理番号が送られますので、送られてきたURLにアクセスして整理番号を入力しましょう。 なお、URLと整理番号は別々のメールで送られてきますので、マイナンバーカード交付申請の メールが2通届いているか必ず確認してください。 写真の登録・カードの申請をする 引用元: 専用URLからアクセスして、顔写真の登録を行います。 顔写真には上記のような規定があります。 また、インターネットから申し込む場合は、データサイズやピクセル数に注意が必要です。 写真ファイルの規定• データサイズ 7mb〜20mb• ピクセルサイズ 幅 :480〜6000ピクセル 高さ:480〜6000ピクセル 申請完了のメールを確認する 顔写真の他、住所などすべての項目を埋めて申請すると、登録したアドレスに『申請完了のお知らせ』が届きますので必ず確認しましょう。 交付通知書 はがき を受け取る 申請後、作られた マイナンバーカードが住民票のある市区町村の役所に届きます。 その後、登録した住所に役所からマイナンバーカードの受け取り期限が記載された交付通知書が送られます。 ハガキが送られてきた場合は、 受け取り期限までに本人確認書類を持って役所に来所しましょう。 市区町村の役所でマイナンバーカードを受け取る マイナンバーカードの受け取りは、市区町村の窓口で行います。 その際、以下の書類が必要になるので用意しておきましょう。 交付通知書 はがき• 『通知カード』• 写真付き住民基本台帳カード• パスポート• 障害者手帳• 療育カード• 在留カード など 下記のうちどれか2点• 健康保険証• 年金手帳• 社員証 学生証• 預金通帳 など 参考: マイナンバーカードの作り方|郵送で役所に申請する場合 この項目では、マイナンバーカードを郵送で申請する方法をご紹介します。 申請書をダウンロードする マイナンバーカードの申請書は、マイナンバー総合サイトから取得することができます。 申請書を返信用封筒に入れて、切手は貼らずにそのまま郵送しましょう。 関連リンク• 引用元: 申請書はマイナンバー通知カードにも付いています。 こちらは、差出有効期限が切れている場合も 2019 平成31 年5月31日まではそのまま使用することができます。 マイナンバーカードを受け取る 郵送申請の場合も、インターネットで申請した場合と同じように、 申請から約1ヶ月後に交付通知書 はがき が送られてきます。 その後、必要書類を市区町村の役所に持っていき、 窓口でマイナンバーカードを受け取ります。 意外と知らない? マイナンバーカードの便利な活用法 マイナンバーカードの作り方をご紹介してきましたが、この項目では、意外と知られていないマイナンバーカードの活用法についてご紹介します。 マイナンバーカードは施行から2年経ちますが、その普及率は約 9. 参考: カード作成でコンビニなどから住民票が取得できる マイナンバーカードを作ると、コンビニなどのマルチコピー機から証明書を取得することができる『 コンビニ交付』が利用できます。 コンビニ交付で取得できる証明書は以下の通りです。 ただし、取得できる証明書は市区町村によって異なる場合があります。 戸籍証明書 全部事項証明書、個人事項証明書• 戸籍の附票の写し• 印鑑登録証明書• 住民票の写し• 住民票記載事項証明書• 各種税証明書 コンビニ交付が利用できる市区町村や対応ショップは『』から確認することができます。 マイナポータルで各種制度を調べる マイナンバーカードの裏面には二次元バーコード QRコード が記載されており、バーコードを読み取ることで『 マイナポータル』というマイナンバーカードのポータルサイトを利用することができます。 マイナポータルでは、各種妊娠・子育て支援の制度を検索できるほか、認可保育園の申請書類のダウンロードなどをすることができます。 関連リンク: マイナンバーについての相談先 この項目ではマイナンバーについての相談先についてご紹介します。 マイナンバーカード総合サイト 総務省が運営している『マイナンバーカード総合サイト』では、以下の場合に電話相談やメールでの相談が可能です。 マイナンバー制度に関する個別の問い合わせ• マイナンバーカードの紛失・盗難• マイナポータルに関する問い合わせ マイナンバー総合フリーダイヤル• 連絡先• 受付時間 平日 午前9:30〜午後20:00 休日 午前9:30〜午後17:30 なお、メール相談は専用フォームから送ることができます。 関連リンク: 各市区町村の役所 「マイナンバーの通知カードを失くしてしまった。 」「マイナンバーカードの受け取り期限を過ぎてしまった。 」などの場合は、発行した市区町村の役所に来所・電話しましょう。 また、各市区町村の役所ではマイナンバー制度に関する個別の相談も行っています。 【北海道・東北】• 【関東】• 【北陸・甲信越】• 【東海】• 【関西】• 【中国・四国】• 【九州・沖縄】• まとめ マイナンバーカードは今後も利用の拡大が見込まれます。 マイナンバーカードを使わないとできない手続きが出てくるかもしれません。 マイナンバーカードは、申請から発行までに約1ヶ月かかってしまうので今のうちに作っておくことをおすすめします。 この記事で、マイナンバーカードの作り方に関する疑問が解消されれば幸いです。 出典元一覧• 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の

マイナンバーカードのメリット7つとデメリット4つ!できる事と必要性

マイナンバーカード 横浜市

手続の際には以下の点にご注意ください。 〇マイナポイント申込時に入力する 「決済サービスID」と「セキュリティコード」に関する問い合わせが多くなっております。 申込前に、希望するキャッシュレス決済サービスを検索のうえ、申込方法欄にてご確認ください。 検索は• 〇申込後の取消や決済サービスの変更はできません。 は、 7月1日より順次増えていきます。 (今後の申込開始の予定は) 個々のを事前によくご確認の上、決済サービスの選択は慎重に行ってください。 〇次のキャッシュレス決済サービスは、 各決済サービスアプリからのみ予約・申込が可能です。 (マイナポイントアプリや、マイナポイント予約・申込サイト、マイナポイント手続スポットからの申込はできません。 ) ・楽天カード ・楽天ペイ(アプリ決済)• 〇 8月末までにチャージやお買い物をしていただいても、 マイナポイントは付与されません。 〇では申込みに先立ち、 別途、事前の手続が必要となりますのでご注意ください。 〇スマートフォンでお手続を行うには、をお持ちである必要があります。

次の