ピン ブルー プリント アイアン。 verizonbienvenido.dja.com: [パーリーゲイツ] COOLMINT パッケージプリント アイアンカバー 053

ピンのマッスルバック!ブループリント試打評価|ピンの最高難易度マッスルバックアイアン

ピン ブルー プリント アイアン

ピンのブループリントアイアンが、名前で見れば従来からの脱却を示すものになることは前々から分かっていた。 同社の開発副部長のポールウッド氏によると、「(このアイアンは)R&Dの新機軸のちょっとした成果」とのこと。 これまでピンでは、Gシリーズがエンジョイ向けのクラブを担い、Iシリーズがある程度の寛容性を犠牲にし、より操作性を重視するという上級者のニーズを満たすクラブとしていた。 ブループリントは、様々な点でこれまでのアイアンとは全く異なるが、それでもピンのアイアンらしさが随所に備わっている。 始まり ブループリントの始まりは、独特というわけではなかった。 大手メーカーは、ツアープロたちのフィードバックと有意義な見解を得るために日常的にコミュニケーションを取っている。 こうした情報の一部は、新商品を開発する上での基礎となり、その中のいくつかは市場でも出回るものだ。 ピンのスタッフが明らかにしたのは、プロがiBLADEよりも実用的なクラブを求めているということだった。 しかし、プロたちははっきりと伝えることはせず、「どんなクラブが良いのか、はっきりとは分からないが、使いやすいものにはなって欲しい」というような言い方をしていた。 ピンにとって、その答え(あるいはANSERというべきか?)は明らかだった。 それは、バッバ・ワトソンやルイ・ウェストヘーゼンのようなプレーヤーが求めるようなショットが打てて、クラブヘッドは小ぶりでより操作性に優れたアイアンだ。 というわけで、ピンは初めて100%フォージドのマッスルバックアイアンを開発した。 ピンのファンなら、同じく鍛造で作られた2010年と2012年のANSERアイアンを思い出すだろうが、これらのモデルは、i15のキャビティバックアイアンの形状などを継承している。 概要 ブループリントは、成熟したボールストライカーに最も適したニッチなクラブと言える。 やや寛容性が高いiBLADEアイアンよりもブループリントの方がパフォーマンスに優れているかを見極めるために、それなりの時間を費やす意欲のあるシリアスゴルファーが使うことが理想的だろう。 ゴルファーの中にはそのような方もいるはずだ。 ピンによれば、上級者(州アマタイトルを獲得していたり、メジャーに複数回出場していたり、メーカーと契約できるようなら、十分当てはまる)が、様々なショットをするように求められた時に(ミスが少なく)より安定した結果を出したという。 また面白いことに、ピンではブレードの長さを3つ用意したようだが、ターゲットプレーヤーがベストなパフォーマンスを発揮したのは、その中で一番短いものだったようだ。 つまり明らかなのは、このクラブは、お飾り用に買う人はいるだろうが、「寛容性に劣るクラブを使えば、ボールストライカーになれる」と思っている層に向けたものではないということだ。 このアイアンは、2018年の秋にツアープロに向けて少量セットのみ支給された。 発売が決まり、一般ゴルファーにブループリントがどのように受け入れられるかは未知数。 ピンでは、このアイアンをフルセットで揃えるユーザーもいれば、ブループリントを扱うには難しいと感じより易しいクラブに戻る層もいると予測しているという。 また、ピンも既に分かっているツアーで確立されたコンボセットを、ショートアイアンでブループリント、その他の番手をiBLADE、i210、i500で組み合わせることも可能だ。 とは言え、ピンでは、シーズン中のタフなコンディションの元で世界のベストプレーヤーたちに試してもらいどのセッティングになるかをチェックすることが、ブループリントを判断する十分な根拠を集める唯一の方法であると考えているようだ。 となると、ピンがブループリントの次なるステップを見極めるのは、2019年後半になることが見込まれるだろう。 商品詳細 ブループリントは、8620カーボンスティールが素材のフォージドアイアンだ。 1025や1020という聞き慣れたソフトカーボンスティールは採用していない。 というのも、ピンには、8620を採用した数十年に及ぶ鋳造技術があり、8620を使った方が理想的なパフォーマンスと打感の両立が可能になると判断したからだ。 硬質なメタルはより耐久性があり溝も長持ちする。 そして、そもそも合金は硬目、柔らか目と定義されるわけだが、少なくともクラブの打感を決めるために重要なのはヘッドデザインなのである。 重心位置を変えることなく精密に重量をキープするため、ピンでは、チップ部とトゥの重量を活用し理想的なスペックを実現している。 タングステン・トゥ・ウェイトというと中空ヘッドを想起させるが、実際の目的は、重心をヒール寄りにすることなくスイングウェイトを調整させる重量をチップ部に追加できるようにするために採用されている。 先述した通り、ブループリントはiBLADEよりも操作性に優れている。 大切なことだが、操作性とはクラブフェースを操るために必要な力の作用をいう。 また、我々の編集担当のトニー・コヴィーが表現するように「そこには、意図的にフェースをコントロールしているか、そうでないのかの違い」がある。 ブループリントは、オフセットが小さくソール幅も狭く、さらにヒールからトゥまでの長さも短いが、その慣性モーメントはiBLADEと同等だ。 上級者はアイアンに精密さを第一に求める一方、初級・中級者は飛距離ばかりを求める傾向がある。 このブループリントは、この両方に対するピンの「答え」であり、ピンは一般的に、定量化できるパフォーマンスの高さを伝えることなく新作のリリースを繰り返して大量生産するメーカーではない。 ゴルファーが欲するクラブ(カッコ良い見た目の限定版マッスルバック)ではなく、ゴルファーが必要とするクラブ(高MOIドライバー)を提供しているというのが正しい見方だ。 今回のブループリントはどんなプレーヤーにも合うアイアンではない。 しかし、一連の基準を満たす特定のゴルファー層には何らかの方法でマッチするという根拠は十分にあるのだ。 販売額に関わらず、ブループリントは、ピンにとっての注目に値する一歩であり、新製品発表に対してコンサバな傾向にあるブランドにとっては、ピンの製品開発と販売の方針が変わることを示すような商品であるため、少なからず話題となるだろう。 標準シャフトはダイナミックゴールド S300でグリップはゴルフプライドのMCCアラインが装着されている。 アーコスのスタッツトラッキング、ゲームマネージメントセンサーは10. 5ドルの追加料金で対応可能。

次の

【楽天市場】PING

ピン ブルー プリント アイアン

ピンのブループリントアイアンが、名前で見れば従来からの脱却を示すものになることは前々から分かっていた。 同社の開発副部長のポールウッド氏によると、「(このアイアンは)R&Dの新機軸のちょっとした成果」とのこと。 これまでピンでは、Gシリーズがエンジョイ向けのクラブを担い、Iシリーズがある程度の寛容性を犠牲にし、より操作性を重視するという上級者のニーズを満たすクラブとしていた。 ブループリントは、様々な点でこれまでのアイアンとは全く異なるが、それでもピンのアイアンらしさが随所に備わっている。 始まり ブループリントの始まりは、独特というわけではなかった。 大手メーカーは、ツアープロたちのフィードバックと有意義な見解を得るために日常的にコミュニケーションを取っている。 こうした情報の一部は、新商品を開発する上での基礎となり、その中のいくつかは市場でも出回るものだ。 ピンのスタッフが明らかにしたのは、プロがiBLADEよりも実用的なクラブを求めているということだった。 しかし、プロたちははっきりと伝えることはせず、「どんなクラブが良いのか、はっきりとは分からないが、使いやすいものにはなって欲しい」というような言い方をしていた。 ピンにとって、その答え(あるいはANSERというべきか?)は明らかだった。 それは、バッバ・ワトソンやルイ・ウェストヘーゼンのようなプレーヤーが求めるようなショットが打てて、クラブヘッドは小ぶりでより操作性に優れたアイアンだ。 というわけで、ピンは初めて100%フォージドのマッスルバックアイアンを開発した。 ピンのファンなら、同じく鍛造で作られた2010年と2012年のANSERアイアンを思い出すだろうが、これらのモデルは、i15のキャビティバックアイアンの形状などを継承している。 概要 ブループリントは、成熟したボールストライカーに最も適したニッチなクラブと言える。 やや寛容性が高いiBLADEアイアンよりもブループリントの方がパフォーマンスに優れているかを見極めるために、それなりの時間を費やす意欲のあるシリアスゴルファーが使うことが理想的だろう。 ゴルファーの中にはそのような方もいるはずだ。 ピンによれば、上級者(州アマタイトルを獲得していたり、メジャーに複数回出場していたり、メーカーと契約できるようなら、十分当てはまる)が、様々なショットをするように求められた時に(ミスが少なく)より安定した結果を出したという。 また面白いことに、ピンではブレードの長さを3つ用意したようだが、ターゲットプレーヤーがベストなパフォーマンスを発揮したのは、その中で一番短いものだったようだ。 つまり明らかなのは、このクラブは、お飾り用に買う人はいるだろうが、「寛容性に劣るクラブを使えば、ボールストライカーになれる」と思っている層に向けたものではないということだ。 このアイアンは、2018年の秋にツアープロに向けて少量セットのみ支給された。 発売が決まり、一般ゴルファーにブループリントがどのように受け入れられるかは未知数。 ピンでは、このアイアンをフルセットで揃えるユーザーもいれば、ブループリントを扱うには難しいと感じより易しいクラブに戻る層もいると予測しているという。 また、ピンも既に分かっているツアーで確立されたコンボセットを、ショートアイアンでブループリント、その他の番手をiBLADE、i210、i500で組み合わせることも可能だ。 とは言え、ピンでは、シーズン中のタフなコンディションの元で世界のベストプレーヤーたちに試してもらいどのセッティングになるかをチェックすることが、ブループリントを判断する十分な根拠を集める唯一の方法であると考えているようだ。 となると、ピンがブループリントの次なるステップを見極めるのは、2019年後半になることが見込まれるだろう。 商品詳細 ブループリントは、8620カーボンスティールが素材のフォージドアイアンだ。 1025や1020という聞き慣れたソフトカーボンスティールは採用していない。 というのも、ピンには、8620を採用した数十年に及ぶ鋳造技術があり、8620を使った方が理想的なパフォーマンスと打感の両立が可能になると判断したからだ。 硬質なメタルはより耐久性があり溝も長持ちする。 そして、そもそも合金は硬目、柔らか目と定義されるわけだが、少なくともクラブの打感を決めるために重要なのはヘッドデザインなのである。 重心位置を変えることなく精密に重量をキープするため、ピンでは、チップ部とトゥの重量を活用し理想的なスペックを実現している。 タングステン・トゥ・ウェイトというと中空ヘッドを想起させるが、実際の目的は、重心をヒール寄りにすることなくスイングウェイトを調整させる重量をチップ部に追加できるようにするために採用されている。 先述した通り、ブループリントはiBLADEよりも操作性に優れている。 大切なことだが、操作性とはクラブフェースを操るために必要な力の作用をいう。 また、我々の編集担当のトニー・コヴィーが表現するように「そこには、意図的にフェースをコントロールしているか、そうでないのかの違い」がある。 ブループリントは、オフセットが小さくソール幅も狭く、さらにヒールからトゥまでの長さも短いが、その慣性モーメントはiBLADEと同等だ。 上級者はアイアンに精密さを第一に求める一方、初級・中級者は飛距離ばかりを求める傾向がある。 このブループリントは、この両方に対するピンの「答え」であり、ピンは一般的に、定量化できるパフォーマンスの高さを伝えることなく新作のリリースを繰り返して大量生産するメーカーではない。 ゴルファーが欲するクラブ(カッコ良い見た目の限定版マッスルバック)ではなく、ゴルファーが必要とするクラブ(高MOIドライバー)を提供しているというのが正しい見方だ。 今回のブループリントはどんなプレーヤーにも合うアイアンではない。 しかし、一連の基準を満たす特定のゴルファー層には何らかの方法でマッチするという根拠は十分にあるのだ。 販売額に関わらず、ブループリントは、ピンにとっての注目に値する一歩であり、新製品発表に対してコンサバな傾向にあるブランドにとっては、ピンの製品開発と販売の方針が変わることを示すような商品であるため、少なからず話題となるだろう。 標準シャフトはダイナミックゴールド S300でグリップはゴルフプライドのMCCアラインが装着されている。 アーコスのスタッツトラッキング、ゲームマネージメントセンサーは10. 5ドルの追加料金で対応可能。

次の

ピン ブループリント「プロトタイプ」アイアン ~本当にプロトタイプ?~

ピン ブルー プリント アイアン

PING史上初の鍛造マッスルバックアイアン• 削りだし溝による高いスピン性能 PING史上初の鍛造製法で作られたマッスルバックアイアン「ブループリント」 アイアンショットに高い精度を求めるゴルファーに向けて設計開発されたモデルで、外観は非常にコンパクトで美しいアイアンです 小型なヘッドながらヘッドのトウ側 先側 に高密度のウェイトを装着することで、以前発売され評価の高かったiBladeアイアンと同等の慣性モーメントを誇ります。 クールで美しい見た目ながら少しでも優しさを追求するというPINGならではのこだわりが感じられるマッスルバックアイアンです また4段階の鍛造プロセスを誇る8620鋼によるソフトな打感も魅力の一つです ヘッド形状 非常にストレートなネック形状で、ホーゼルからヘッドへのつながりも申し分ない形です トップブレードがかなり薄く、真っ直ぐなライン。 2 35. 2 48. 3 19. 9 サイドスピン rpm 114左 121左 バックスピン rpm 6079 5557 最高到達点 ヤード 30 28 キャリー ヤード 152 149 総距離 ヤード 163 161 素晴らしく柔らかい打感 やはり軟鉄鍛造のマッスルバックアイアンということでPINGとは思えないほど柔らかい打感で、驚くばかり 軟鉄鍛造製法でここまでの打感を出せるのだから、PINGの開発力や製造技術はやはり高いのだなーと感じました まあ打感に関しては素材や形状に依存する部分もあるのですが、意外なことに 打感は非常に柔らかいながらもボール初速が速い点は嬉しいポイント。 とはいえトウ側にウェイトを装着していることで、そこまで機敏にヘッドが動くというわけではなく、 適度な捕まり具合という感じの比較的落ち着いた球筋となりました 4球中3球は普通に打ってみてドロー回転ですが、4球目は少しフェード打つイメージで打つと、しっかり反応してくれて綺麗なフェードボールを打つことができました 操作性に関しては文句なしで、 イメージした球筋を具現化できるアイアンです はっきり言ってミスヒットには弱い こんな方におすすめ• イメージした球筋でコースを攻略したい方• ヘッド形状や打感の柔らかさにこだわる方• 思いのほか初速も出るので、バックスピン量が多いながらも飛距離が落ちなかった点は好印象 球筋をイメージして打つとその通りの打球が出る点も素晴らしい操作性だなと感じました 難点はやはりミスに弱いので万人向けではなく、高いミート率は求められるアイアンです ただ見た目は抜群にカッコいいですし、所有感はハンパじゃなく満たされること間違いなしのアイアンなので、ギア好きや上級者は是非チェックしておきたいモデルです 以上、ピン BLUEPRINTアイアン試打評価レビュー|イメージした弾道を具現化できるアイアン。 という話題でした 人気.

次の