ベトナム ダラット。 【ベトナム】避暑地ダラットは名産・美味しいものが沢山!

ダラット旅行の過ごし方

ベトナム ダラット

ダラット の気候は何ですか? ダラット 室温の簡単な説明 Marjorie Hawkins ダラット はどんな気候を持っていますか? ダラット の天気予報は、 熱帯のウェット ・ ドライ の気候に影響されます。 冬の乾季。 降水量が60mm以下の月が2ヶ月以上あります。 赤道に近い熱帯地域に多く見られます。 ダラット の季節 ここでは、 ダラット の季節に関するよくある質問に対する答えを見つけることができます。 ダラット の4つの季節は何ですか? ダラット は何シーズンを過 ダラット いますか? ダラット は今、何の季節ですか• ダラット は年の4シーズンを持っていますか? Marjorie hikersbay. comの旅行のエキスパートです 33 歳, 星座: レオ Marjorie Hawkins 冷たいモヒートには決して抵抗できません。 彼女の好きな本は: Notes From a Small Island - Bill Bryson, A Short Walk in the Hindu Kush - Eric Newby, The Muses Are Heard - Truman Capote. 好きな映画には以下が含まれます: L. Confidential 1997 , Jaws 1975 , Spider-Man: Homecoming 2017 , The Hurt Locker 2009。 お気に入りの引用: He who has seen one cathedral ten times has seen something; he who has seen ten cathedrals once has seen but little; and he who has spent half an hour in each of a hundred cathedrals has seen nothing at all. - Sinclair Lewis. 趣味: 水泳, 料理, ネットボール. 訪問先国: , , We use cookies We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising and analytics partners.

次の

ベトナムのコンビニでダラットワインを買って飲んでみた感想

ベトナム ダラット

先週、ベトナムの避暑地Dalatへ週末旅行へ行ってきました。 特に計画していたわけでもなく、ホーチミンの喧騒からとにかく抜け出したくて、計画もなしに週末ふらっと行ってきました。 金曜日の仕事中、思い立つようにしてバスチケットをオンラインで購入し、その日の金曜日の夜中に出発してスリーピングバスで、翌日土曜朝に到着して日曜日の夜に帰ってくるという、まさに弾丸週末トリップ。 まずDalatについての私の前情報として持っていたのは、• ベトナム人が大好きな避暑地。 SNSとかで必ずベトナム人の決めポーズの写真がアップされている舞台となる定番の写真スポット• フランス統治時代にフランス人の避暑地として使われた名残があり、おフランスな雰囲気が漂っていて、ロマンティックな場所。 以下、 ホーチミンの喧騒に疲れたら、ダラット旅行へ行ってみることをすする5の理由、にまとめてみました。 ホーチミンの喧騒に疲れたら、ダラット旅行へ行ってみることをすする8の理由 Contents• 1, 自然豊かで、ゆったりできる。 Dalatは高原地帯にあり、空気が新鮮で、ホーチミンでは味わえない魅力が沢山あります。 ビルに遮られない、市内から見渡せる山々と澄んだ青空。 市内を少し離れると、広がる大自然。 早朝の白い霧もやのかかる幻想的な雰囲気は息を飲む美しさ。 熱帯地域の、 とにかく蒸し暑く、雑多でバイクが無秩序に行き交うベトナムのイメージとはかけ離れた、幻想的な風景達にDalatへの旅行中沢山出会うことができます。 2, 一人旅でもありな観光地。 私は、現地で会うはずの友達に、訳会って一度も会えずに、結局一人で旅することになったのですが、 一人旅でもありだなと思いました。 現地ツアーに参加すれば、一人で旅している外国人が沢山いるので、仲良くなることもできましたし、ガイドさんとおしゃべりしたり、カフェで店員さんとお話できたり、一人旅でも十分満足できました。 田舎なため、一人だと回りにくいという話は聞いていましたが、バスも走っていますし、現地グループツアーに参加すれば、いろんなところを巡ることもできますので、一人旅でも心配いらないです。 ただ、後述してますが、 ヴィラには一人で泊まらない方が良いです! 寒いし、夜あまり街灯がないので怖いです。 3,ホーチミンからアクセスしやすい。 ホーチミンからのアクセスは、主にバスと飛行機があります。 飛行機 約100USD 往復 片道 約1H• バス 往復35USD 往復 片道約6. 今回、私はバスで行きましたが、コストと乗り心地、費やす時間をを考慮しても、コスパ感には叶わない バスの方が断然良いと思いました。 理由は。。。。 割と心地よいスリーピングバス(寝台バス)が意外に使える DalatへのSleeping bus内 ピンク色のなんやら嫌らしいライト色がちょっと気になりますが、それ以外は普通のバス。 バスの車内も特に異臭がするなどなく普通に綺麗なバスです。 これは、ベトナムで寝台バスと呼ばれているもので、一般的にベトナム各地を走っているバスです。 ベトナムではバスの利用者が多いせいかバスの交通網がすごく発達しています。 そして、バス内環境というのもかなり整っています。 ベトナム内に寝台バスが数多く出ていて、ダラットまでもこのスリーピングバスが走ってます。 筆者は今回このスリーピングバスを利用して行きましたが、普通に問題なく到着することができました。 ただ、 注意:トイレが近い人にはあまりおすすめしません! というのも、バスの中は結構冷えていて、トイレがついていない寝台バスがほとんどなためです。 それも6Hのバス道中、休憩は2〜3回くらいしかありません。 寝台バスを利用する際は、バスの中が冷えているので 上着をかならず持って行きましょう。 出ないとトイレ地獄と戦うことになってしまいます。。。。 それは、明らかにホーチミンより澄んだ新鮮な空気の中で食べる食べ物は全て美味しく感じてしまうせいだと思います。 特にサラダが美味しいです。 そしてどこのコーヒー屋さんへ行っても、ノンシュガーのアラビカ豆を使ったアメリカーノがデフォルトであるので嬉しい。 (ホーチミン市内では、あまり見られません) 5, 適度に観光地化されてる Dalatではチェーン店のコンビニを見ませんでした。 というくらいホーチミンと比べると田舎の街。 とはいえ、都会に出ると、ナイトマーケット、市場があり、繁華街があり、ホテルがあり、素敵なローカルカフェがあり、ちょっと出れば、田舎の未開拓な自然が広がっているという、観光地化されすぎていない適度な観光地感が良いです。 市内を散策するのはちょっと坂があってかなりの運動量になりますが、澄んだ空気の中、散歩して疲れたらお洒落なカフェに立ち寄ってリラックス、そんなのんびりした日々もダラットでは優雅な人時に感じられます。 市内の目の前には大きな湖があるので、その周りをジョギングしたり、散歩するのも気持ち良いです。 6, 人が強引じゃない ベトナムのベンタンマーケットのような、観光地特有の強引に売りつけてくる雰囲気はDalatの人たちにはあまり見られませんでした。 そのゆるい感じがまたよかったです。 7, Dalatの現地ツアー、カントリーサイドツアー グループツアー がコスパが良くて色々回れる 私は一人で旅をするときは、現地のグループツアーへよく参加します。 その理由としては、• 各国の旅行者と知り合えて情報交換ができる、• 効率よくいろんなところへ連れて行ってくれる、• コスパが良い、• 英語でガイドしてもらえる てな訳で、今回も市内を散策したらTravel Agencyが沢山あって現地グループツアーがあったので、参加しましたが、ガイドさんもしっかりしていて、効率よくいろんなところを回れたので満足です! 8, ホテルのコスパが良い。 DalatにはHomestayやVillaStayといった、一軒家貸切で泊まれるところがあリます。 私は今回、Dalatにきたら他ではできない体験をしようとVillaStayをしたのですが、 一人ではオススメしません!寒い、寂しい、ちょっと市内から離れてるし夜真っ暗で、怖い!寂しい! カップルで行くならVillaでも良いかもしれないですが、一人旅でVillaStayはやめといたほうが良いです。 今回ステイしたDalatのVillaの庭 じゃあひとり旅の場合、どこにステイするのが良い? Dalat一人旅行なら、ちょっと良いホテルがおすすめ。 またはホステルがおすすめ。 おすすめは、断然ホテルです!理由は、コスパの良いホテルがたくさんあるからです。 ダラットには雰囲気の良い素敵なホテルがたくさんあるのですが、3000円くらい出せば、お洒落な素敵な雰囲気の良いホテルに泊まれてしまいます。 (日本だったらビジネスホテルにも泊まれないですよ!)それも二人分で3000円以内 朝食付きあり です。 そして、どのホテルも朝食を提供していると思いますが、 ダラットのホテルは朝食が美味しいと言われていますので、 ホテル探しの際は、 市内、朝食付き、をキーワードに探してみてください。 このホテルに泊まるだけでも、ダラット旅行の醍醐味だと思います。 以下、3000円以内で泊まれるDalatの市内から近い、朝食付きのホテル 1, Dalat Lacasa 2, サフィア ダラット ホテル(Saphir Dalat Hotel どうしても 予算を抑えたい、やっぱ一人でホテルは高級じゃ寂しい、って方はホステルも素敵なところがいっぱいありますのでおすすめです。 1, Ete Dalat hostel ダラットで何するの? 市内散策、カフェでまったりする ダラットはコーヒー豆が取れる有名な地です。 ダラット産のコーヒーを使ったおしゃれなローカルカフェが沢山あるのでカフェ巡りをしながら本を読んだり大自然の空気の中でで何をするわけでもなく、大自然の中でまったりと過ごすだけで十分な地です。 こちらもダラットの有名な観光地の一つです。 市内からバスで行くことができます。 湖の周りには、カフェが沢山あるので、カフェでまったりする事ができます。 現地ツアーに参加する でも紹介した通り、市内のTravelAgencyへ行けば、ツアーが沢山あり、申し込む事がでます。 OutDoor系のトレッキングやキャニオニングを体験できるアウトドア系ツアーから市内観光、カントリーサイドツアーなど様々なものがあります。 カントリーサイドツアーの中でも、コーヒーファームやシルクファーム、工場見学系のツアーや、郊外の寺を巡るツアーなど色々あります。 バイクを借りて、郊外を回る バイクの免許を持っている人は、バイクをレンタルして好きなところを自由気ままに回るのも良いでしょう。 ベトナム人の方は、もちろんバイクが乗れるのでこの方法でダラットを楽しむ人がほとんどです。 まとめ 上記、ダラット週末旅行をしてきての感想をまとめてみました。 初めてだったので、まずは情報収集も含め行ってみましたが、また絶対いきたいです!今度は絶対ホテルに泊まりたいです。 Dalatには、ひとり旅、カップルと、友達と、家族と、それぞれの人の目的にあった楽しみ方ができ、滞在の仕方ができるなと感じました。 なので、自分のライフスタイルに会った旅をダラットで見つけてみてください。

次の

【ベトナム】避暑地ダラットは名産・美味しいものが沢山!

ベトナム ダラット

現在も街中には西洋風の建物が数多くあり、他のベトナムの街とは少し雰囲気の違うところである。 このダラットの観光のひとつとして「ダラット高原鉄道」という鉄道がある。 せっかくダラットに来たなら、この僅か7キロのミニ鉄道もぜひ訪問したい。 三角屋根が美しいダラット駅 ダラット高原鉄道の出発駅「ダラット駅」は三角屋根が3つ並んだ、まるでスイスにでもあるような駅で「ベトナムで最も美しい駅」といわれている。 観光用のミニ鉄道にはふさわしくない造りであるが、もともとはベトナム鉄道ダラット支線の終着駅として使用されていたものである。 ダラット支線はハノイ、ホーチミンを結ぶ南北縦貫鉄道と接続しており、ベトナム戦争で運行が停止されるまでは、街の玄関口として機能していた駅である。 前に突き出した2つの車寄せが、乗客で賑わっていた当時を想像させる。 ステンドグラスを通して光が差し込み、駅舎の中をカラフルに彩っている。 ステンドグラスがきれいなダラット駅内部 ダラット駅発の観光列車は1日5本。 但し、乗客が少ない場合は運休することもあるとのこと。 これは観光客にとって大変困ることだが、運を天に任せる他にない。 「乗客が少ない」といっても、もともと多くの客が乗れる列車ではないので、5~6人が運行される目安ではないだろうか。 切符は終点のチャイマット駅までの往復で約600円と外国人向けの値段設定。 日本製のSLが保存されている 切符を買ってホームに入ると、蒸気機関車が停車している。 現在は使用されず保存展示されているだけだが、比較的きれいに整備されており、当日も機関車の前で新婚カップルが記念撮影を行っていた。 実はこの機関車、C12型と呼ばれている日本製のもの。 日本から満州、中国の雲南省を経てベトナムにやってきた機関車なのである。 幾多の戦乱を乗り越え、ようやくこのダラットの地でようやくのんびりと余生を過ごしているようだ。 SLの前で結婚写真を撮影するカップル 赤い機関車1台に客車2両のかわいい編成 ダラット駅で発車を待つ列車 チャイマット行の列車は、赤い機関車1台に客車2両のかわいい編成。 西洋人を中心に10人ほどが乗り込む。 線路の状態があまりよくなく、列車はゆっくりと走行していく。 沿線には高原野菜などを栽培するビニールハウスが目立つのんびりとした農村風景。 「高原鉄道」の名前からイメージする景色とはちょっと違うので、少しがっかりする人もいるかもしれない。 それでも、青空の下を心地よい風に吹かれながらぼんやり景色を眺める列車の旅は、やはり楽しい。 雑草の中を走る列車 沿線にはビニールハウスが多い 「何もないところ」がダラット高原鉄道の魅力 チャイマット駅に到着 約30分で終点のチャイマットの駅に到着。 ここで約30分の自由時間となる。 しかしここにも有名な観光地がある訳ではない。 近くに地元で信仰を集めている霊福寺という派手な飾りのある寺があり、他に見るものがないので、乗客のほとんどはその寺を見に行く。 このような機会でもなければローカルな寺を訪問するような機会はないので、それはそれで楽しめる。 派手な装飾の霊福寺 「ダラット高原鉄道」は、風景も目的地もこれといった「見せ場」がなく、観光地のアトラクションとしては物足りないものかもしれない。 しかし、その「何もないところ」がダラット高原鉄道の魅力でもある。 もともとダラットは避暑地、そんなにあくせくと観光する街ではない。 なにしろ街の名前も「だらっと」なのだから。 ちゃんちゃん。

次の