あつまれ どうぶつ の 森 すずらん。 【あつ森日和#09】あつまれどうぶつの森 3ヶ月開拓史

叶姉妹 公式ブログ

あつまれ どうぶつ の 森 すずらん

またまた久しぶりの更新となりました。 『あつまれ 』の日々を綴る 「あつ森日和」、第9回目です。 その更新が滞っていた間に無事、「五つ星」を達成。 3ヶ月前、なんにもなかったリスター島が着実に発展していくのを楽しみながら日々プレイ中です。 今回は、前回まだお見せできなかったリスター島の新たな景色を紹介していきます。 これまでの「あつ森日和」• ああ憧れのマイホーム 憧れのマイホーム、ついに完成しました。 カブを大量に買い込むようなプレイをしてこなかったので一段回ずつ返済を重ねて、ようやく地下室の増築まで漕ぎ着けられました。 増築ごとに周りの柵 レンガ の範囲も気持ち広げたりして、庭の拡充を演出していたので派手さはないけれどお気に入り。 ?「ローン払い終えるまで完成じゃないだなも」 でも3ヶ月前、初めて島に降り立った時の テント生活の素っ気なさも名残惜しい。 以前にも触れた通り、「あれ?もうマイホームの話に入っちゃうの?」というテンポ感への戸惑いもあって、初期に撮ったこの写真にはなんだか思い入れがあります。 ゲストが訪れてテントが張られたときには、より3ヶ月前に近い情景になります。 出来れば、そのゲストがここに座ってくれたら嬉しいんだけど、テントの外を歩く姿もあんまり見ないから無理そうかな。 あわせてテントの周りは、もうそのまんまキャンプ施設をイメージして配置しました。 入り口の看板は、。 ピッタリの家具があるぞ、と気付いて今さら連携させて取り寄せました。 実に2年ぶりぐらいのアプリ起動です…苦笑。 いい湯だな~ 露天風呂 海に面した露天風呂。 竹の柵をはさんで、対称に2つ置いてそれっぽく。 右奥に隠し通路を設けて、が密航しに来たときにハシゴを使わず買いに行けるようにしてあります。 ちなみに…脱衣所の棚みたいなのを脇に置けたら、より雰囲気が出るかな…と想定してるのですが果たして、そんな家具あるのか模索中。 ここはもともと二段目の平地だったのを島クリエイターで掘り下げました。 島の原形を大切に、あまり手を加えないというスタンスですが、その中にあって初めて大胆に島クリエイターを活用したエリアと言えるかも。 まだ島クリエイターの仕様も掴みきれてない頃に着工したので、本当に海に面する地点まで切り開けるものなのか半信半疑だったけど。 あらためて自由度の高さを実感した場面でした。 『』を彩る冒険の最初の舞台をそのまま再現しました。 原典はこちら。 うまく再現できたところと、『森』ならではの誤魔化しを効かせたところと。 必ずしも完全再現ではありませんが、屋台やサイロ、庭石がちゃんとそれっぽく映えてくれたのが大満足のエリアです。 そもそも「リスター島」という島名の由来のひとつとしても挙げていましたからね。 そういう意味では、実はほんのり最初から思い描いていたエリアではあったので、自分にとっての島開拓ひとつのピークと言ってもいいかもしれません。 島の名前は、「リスター島」にしました。 久しぶりにプレイするという意味合いを込めたくてそれらしい単語を選った結果、「リスタート」と掛けた島名になりました。 スタートとの掛け言葉としては『』のや、豆柴の大群「りスタート」からもインスピレーションを受けています…苦笑。 もちろん、まだまだ未開拓な雑木林もあるけど、そこはまたなにか思いついた時用に置いておけばいいかな、と。 鬱蒼とした手つかずの竹やぶ…と同時に、五つ星の証「」を匂わせ…? 次はお家のなかを… …と言うことで、我がリスター島の紹介でした。 次回はお家のなかを紹介して、一連の「あつ森日和」は一区切りという感じにしたいと思います。 でも、紹介するためにはあの部屋にあの家具を揃えておきたいな…と今日もまた島中の木を揺すり、海辺のボトルを探す日々なのでしたー。

次の

【あつ森】すずらんの咲く場所と使い道【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

あつまれ どうぶつ の 森 すずらん

花の交配方法 【前提】花の交配は3種類存在する• 「種から育てた花同士」で交配する( おすすめ)• 使用の違いに関しては現在調査中です。 そのため、斜めに花を配置しても交配は可能です。 条件を満たしていると、 珍しい花の色が咲くこともあるので、記事下にある交配表を確認しましょう。 ジョウロで水を上げると花が咲きやすい? 「ジョウロ」で花に水を上げることで、花がキラキラと輝くエフェクトが表示されます。 翌日になると ツボミが花になったり、近くに花が咲いたりしているので、「ジョウロ」を使うと交配がされやすくなる可能性が高いです。 情報が確定し次第、更新していきます。 特定の道具が必要となる交配が存在する あつ森には、「金のバラ」という珍しい花が存在します。 名前の通り、金色のバラですが通常の交配では絶対に作ることができません。 金のバラに関しては下記記事をご覧ください。 事実確認後に画像を随時追加していきます。

次の

あつ森攻略ガイド|あつまれどうぶつの森|ゲームエイト

あつまれ どうぶつ の 森 すずらん

苦手な方はご注意ください! 「黄金」という名の魚 『あつ森』でついに釣れましたよ…あの魚が!「黄金」が! どうです!この不自然なまでの金ピカボディー! この魚の名は「ドラド(Dorado)」。 スペイン語でまんま「黄金」を意味します。 エル・ドラド(黄金郷)のドラドですね。 もうこのネーミングだけでもいかに真っ金金な魚か察しがつきますよね。 だってブラックバスとかギンブナとか名前にその体色がつく魚は多いけれど、色自体が名前になっているってなかなかないですもの。 日本語だと「キン」とか「オウゴン」って名前の魚なわけですよ。 半端な金色では名前負けしてしまうところです。 …なんでこんな色に進化したんだろう?(アルゼンチン) でもドラドは自分の「キラキラネーム」に決して負けていない! なんかもう「……なんでそんなに?」と訊きたくなるくらいにキラキラ。 いやむしろギラギラのビカビカに金色なのです。 キンギョどころの騒ぎじゃあない! サケっぽいけど実はピラニアに近縁 このドラドという魚は「カラシン科」という日本ではあまり聞きなれない分類群に属します。 カラシンの仲間は南米やアフリカ大陸にのみ分布しており、有名どころにはピラニアや観賞魚として有名なネオンテトラ(『あつ森』にも登場しますね)などがいます。 南米ではこれらカラシン科の魚が、コイ科などアメリカ大陸に自然分布しない魚類に似た姿に進化し、生態系における彼らの地位(「ニッチ」と言います)を代わって埋めています。 そういえばドラドも体型や顔つきがマスやサケの仲間に似ています。 学名の「salminus」もラテン語でサケを指す「salmo」に由来します。 しかし分類学的には近縁でもなんでもない、いわゆる「他人の空似」なのですが。 ドラドは海に降りることこそありませんが、産卵の際には大河の流れに逆らって数百キロメートル ! も遡上することが知られています。 均整のとれた流線形のボディがもたらした遊泳力のなせる技と言えます。 また、サケと同様に肉食で小魚を追い回してその大きな口でパクリとやるのです。 生態が近いと遠縁な生物同士でも姿形が似てくる「収斂進化」のいい例でしょう。 なお、体長も1メートル以上に成長し、体色も相まってたいへん見栄えする魚です。 ドラドは大河のスピードキング(味も良い) 大きくて遊泳力が強く、エサを獰猛に追う。 さらに見目麗しいとなれば、『あつ森』に限らず現実世界でも釣り人が放っておきません。 ドラドは南米でも指折りのスポーツフィッシングターゲットとして人気を博してもいるのです。 僕もブラジルで小さなドラドを釣ったことがありますが、いいように翻弄されました。 水中を縦横無尽に駆け回ったかと思えば花火のように水面を飛んで跳ねる…。 まるで筋肉とエネルギーの塊のような魚なのです。 あちらの釣り人が夢中になるのもわかります。 漁師さんからも狙われます。 味や肉質はどこかビンチョウ(ビンナガマグロ)を思わせ、まるで川魚ではないような美味さがあるのです。 ただし巨大化する上によく泳ぐとあっては、飼育にはちょっとした水族館並みの水槽が必要……。 なかなかご家庭で飼えるものではありません。 ちなみに僕は『あつ森』で自宅にドラド水槽を並べたり博物館に展示することで「ドラド飼ってみたい欲」を満たしています。 壮観ですぜ。 現在は「公益財団法人 黒潮生物研究所」の客員研究員として深海魚の研究にも取り組んでいる。 著書に「(主婦と生活社)」「(地人書館)」など。 《平坂寛》.

次の