くねくね 映画。 くねくねの怖い都市伝説と正体を考察!海辺や畑で発見した時の対処方法は? | マジマジ情報局

夜はクネクネ

くねくね 映画

概要 [ ] 出演者はと、当時毎日放送のアナウンサーだった。 他に、当時NSC()を卒業したばかりの新人だった が元プロボクサーであることを買われ、原田たちのボディーガードとして同行していたが、雅は基本的に探検隊風の衣装を着て彼らの後をついていくだけであり、番組中ほとんど喋っていなかった。 番組の内容は、原田たちが関西各地の街へ繰り出し、行き当たりばったりで出会った一般人たちととりとめもない話から突っ込んだプライベートな話までいろいろと雑談をしながらあちこちを練り歩くというものだった。 単純な構成であるにもかかわらず番組が4年間にわたって放送され続けたのは、ラジオパーソナリティを長く続けていた原田と角が素人の扱い方が上手かったことも然ることながら、関西人ならではの面白さや素人のサービス精神を十二分に引き出していたからである。 在阪テレビ局各局が製作する番組群にも少なからず影響を与えており、各局が深夜番組の製作に真剣に取り組むようになるきっかけとなった。 『毎日放送50年史』での記述によると、技術出身プロデューサーの大北禎昭によるカメラワーク(歩く原田と角の後をつけて追いかけながら背中を撮るのではなく、後ろ歩きしながら2人の正面を撮るなど)が大きいと言える。 番組タイトルは、構成を担当したが命名した。 かわらは後にこれを「やって良かった番組」の1つに挙げ、テレビ番組作りについて学んだと語っている。 ちなみに関西の番組制作者の間では、「クネクネで」といえば行き当たりばったりのロケを指すようになっているらしい。 番組は長らく金曜深夜枠で放送されていたが、1986年4月からは火曜深夜枠で放送されるようになった。 同年3月7日放送分では番組冒頭で初回放送分冒頭のVTRを放送した後、初回収録と同じ前からその日の収録がスタートしたが、その際に角がこの度の放送枠移動について触れ、視聴者に翌週(3月14日)からの3週間は(同枠で春のなどを放送する関係上)放送時間が遅くなるため、この回が金曜深夜枠における定時放送の最終回である旨を念押しした。 その回で角は「これだけ長く続くのは数字(視聴率)がいいからです」「火曜日に移って数字が悪けりゃ、すぐ終わってしまう」と発言していたが、角の予言が当たったかのように結局移動9か月後に番組は終了した。 なお、後に火曜日の同時間帯は当番組と同様のスタイルである『』、2007年から放送を開始した『』に引き継がれている。 放送時間 [ ] 時刻はいずれも。 毎週金曜 23:40 - 24:35 (1983年1月 - 1984年4月) - 1984年4月6日放送分のみ23:39から放送。 毎週金曜 23:35 - 24:30 (1984年4月 - 1986年4月) - 直前の時間帯に編成されていたミニ番組枠が消滅したのに伴い、以後は5分繰り上げて放送。 毎週火曜 23:45 - 24:40 (1986年4月 - 1986年12月) スタッフ・テーマ曲 [ ]• 構成 -• ディレクター -• プロデューサー - 大北禎昭• テーマ曲 - (演奏:)• BGM - めぐり逢いはすべてを越えて()• 製作著作 - 毎日放送 エピソード [ ]• 番組はトミーズ雅が出演できなかった回のボディガード役を公募したことがあるが、その際に当時まだ無名だった格闘家のが自ら応募して見事採用され、出演を果たしている。 もちろんこの時も角田は始めに瓦割りのデモンストレーションをしただけでほとんど何も喋らず、雅と同様に探検隊風の衣装を着て原田たちの後をついていくだけだった。 1985年4月21日の放送広告の日(現・民放の日)のの特番では各地のローカル番組が取り上げられたが、その際にこの番組も紹介され、オープニングをはじめとする番組の一部映像が当時の民放全局で流れた。 そればかりでなく、番組のプロデューサーが系列違いの『』のプロデューサーと対談する時間も設けられた。 のが、この番組と同じく角がパーソナリティを務める『』にVTRゲストとして出演した際に、この番組の大ファンであることを明かした。 当番組を担当したスタッフであるかわら長介、三村景一は後に『』を担当、『4時ですよーだ』でADだった繁澤公()などが『』を担当した。 当番組の制作予算は300万円くらいだったと角が2017年5月7日放送の『』で述べている。 脚注 [ ].

次の

映画、「くねくね」を借りて観ました。しかし最後が意味がわかりま...

くねくね 映画

この記事はです。 仮に間違った解釈で使って恥をかいたとしても筆者は一切取らないよ。 くねくねとは・・・• 通り ? 、波打つように行しているようなさま。 のの一つであり、上での一つ。 系で、内輪だけでれ合い・罵り合いを繰り広げること。 におけるを下げる効果。 くねくねやくねくねの特殊効果が有名。 のである(利之)のこと。 に出演した際、1. のような動きをしている様から。 について解説する。 概要 前半から上、特にのにおいて噂されていた。 あるいはその中でられている正体不明の存在の事を差す。 遠くの地点に、その名の通りくねくねとしたの形が現れ、これを視認し意識した者は回復の知退行に囚われるという。 する際はでお願いします。 それを撃しただけでははない。 しかしそれ以上のことを知ってしまうと発狂する。 に意識喪失、気症、精薄弱などを発症する。 地元民には知られた存在である。 正体 その正体は不明である。 というよりも、的に流布したなので、果たしてそれがするかどうかさえもわからない。 しかし、「見ただけで災禍となる」と伝えられる存在はではひょうすべ、ではなど、様々な類話が伝えられている。 また、同様ににもにも「正体を知ると悲劇となる」説話がやにおける滅亡の際のなどとして残っており、これからの類話も考えられる。 もちろん、この「見ただけで災禍となる」「正体を知ると悲劇になる」の原となった説話は、今ではも知る者はいない。 あるいは、これらの撃例がやなどの湿気が高く高温になりやすい場所であることなどから、蜃気楼のような現が起こり、がしてそのような姿を結び、強い陽によってに強いを与えたのだ…と説明する人もいる。 蛇足 アムモという会社が「クネクネ」という上述の怪奇談を原案にしたを作成している。 が、初の配信のにおいて「5.良くなかった」がという有様だった。 におけるのも 以上がで5を押した恐怖「クネクネ」 という始末。 このでも5がを突破した。 別の意味でとして世に認知されたである。 関連動画 関連商品 くねくねと似た筋書きの話、ニグサを収録。 関連項目•

次の

ガチで怖いホラー映画ランキングTop20! 眠れなくなるかも!?

くねくね 映画

…あ、コレって、Vシネマ、なのかな… まぁ、何にしても、キャスト的に見ても、こう、微妙な、 (知名度マニア向けな)グラビアアイドルを主人公にして、 何となく創ってみました、的な… 限られた層をターゲットにした、 または、 一体誰をターゲットにしてるんですか?! 的な、作品なのかな…。 …コレって2010年頃の映画なんでしょ…でも時代設定は、 もっと古いってことなのかな… 今時、紙媒体の地図見てとか、あるのかな… 長野県、か…。 …っていうかさ、キャンプって… こんな高校生以上そうで二十歳前後そうな娘2人連れて、 親子4人でキャンプとか、 普通、そういう発想に、ならないんじゃないのかな… 娘の側が、アウトドア派で、 そういうの好きだっていうんならともかく、そうでもなさそうで… じゃあ逆に、親の側が、 そういうアウトドアに慣れた感じなのか、って言えば、 全くそうじゃないし… その辺の設定等に、全く現実味が感じられないんだけど…。 …父親らしいところ、 とキャンプ、何の関係があるんだよ…… と観客に突っ込み入れさせる為の、わざとの台詞なのかな…。 …バーベキューしたいだけなんだったら、 別にそんな山奥に来る必要は、なかったんじゃないの? …いや、頑張ってみるとか、そういうのは、違うと思うけど…。 …えぇ?!…またその、赤色ですか… …帰れと言ったのに…ってwwwwwww …緊迫感0、悲壮感も0… そもそも、何でこの、骸骨みたいな身体のグラビアアイドルを ヒロインに据えて…みたいなのの、意図が… ホラー要素がダメダメでも、エロ要素だけでもあれば、 まだ成立するのに…。 …いや、携帯じゃなく、近くの民家に駆け込んで固定電話借りろよ… …っていうか、 この人は、目、見えてるの?…見えない人? …コレこの、骸骨みたいなヒロインよりも、 同じ痩せてても、こっちの義姉のほうが、まだ、顔だけでもマシだよね…。 …クネクネは、水のある所にはどこにも現れる… 見たら必ず死ぬ、って… …っていうか、全員で一緒に行けよ… …そうだよ、お前がクズだからだよ… っていうか、もうお姉ちゃんなんだから、とか… そういう年齢の人間関係じゃないでしょ… もうみんな、 いい大人じゃないですか… …とよこ… 50年前に生まれて… …そのとよこの亡霊が、ソレ、なのか… …いきなり、ゾンビ化… …じゃあ、こっちも、ゾンビ化?… …このガリガリの骸骨みたいなヒロインは、 血まみれの女吸血鬼とか、そういうのなら、似合いそう、 かもね… …え?… コレは、ED曲後に、クライマックスが?… …あれ?… …OPのシーンにも、繋がらないよね… …ってことで、最後まで視ての、総括としては… あらゆる意味で、 糞映画でした…みたいな… …結局、あのラストってのは、 水のある場所には、どこでも現れるってことらしいから、 絶望的だ、 ということを言いたかった、という終わり方だった、 のかな…微妙な… 中途半端な、何のインパクトもない、ラスト… っていうか、 中盤も終盤も、どこにも、インパクトらしいインパクトは、 なく、ラストもアレで…。 とりあえず、 義妹は、しほの涼 義姉は、所里沙子 っていうキャストだった、と…何だかな… …ホントもう、コレは一体誰得?みたいな… この、 しほの涼っていう一部のマニア向けグラビアアイドルのファン、 だけが、満足出来る作品、 みたいなコンセプトでターゲットを絞って企画されたモノなのかな… そこに関心がない自分的には、全く何のメリットもない、 作品だったかも…。 …50分返せ、と文句言われても仕方ないくらいのアレだけど… まぁでも、無料で視れてる分だから、 試しに視てみようと思ったのは自分の判断なんで、 そこは自己責任ってことで、 それは許す… そんな感じな、作品だったな…。 …まぁ、アイドル系の何かが出てるってだけのホラー作品は、 大抵、こんなようなモンなんだろうけど… …まぁ結局、こういう作品は、 最初から、糞だと分かった上で、視ながら、 ココが糞だ、アソコが糞だ、 と大勢で酒飲みながらわいわい突っ込むような、 そういう類いの楽しみ方の、ネタ系作品、 ってことに、なるのかもね…。 …まぁ、無料で視れた分だし、甘めに採点して、 30点ってことにしておきます。 返信を投稿•

次の