もり ぐち の ひと。 【ホームズ】UR都市機構リバーサイドもりぐち団地7号棟の建物情報|大阪府守口市外島町2

森口博子(もりぐち ひろこ,Moriguchi Hiroko)

もり ぐち の ひと

このたび、大阪府守口市出身の大平サブローが、「もりぐち夢・未来大使」に就任しました。 守口市では、同市の魅力を市内外に広くPRするとともに、子どもたちをはじめ守口市民の皆さんに、夢をつかむことの素晴らしさや楽しさを伝え、自らの未来を切り拓いていく勇気を持ってもらう一助となるよう、守口市ゆかりの方に『もりぐち夢・未来大使』を委嘱されています。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属タレントとしては、2015年の池乃めだかに続いて2人めの就任。 3月18日(土)、京阪電車守口市駅前のカナディアンスクウェアにて委嘱式が行われました。 まずは、西端勝樹守口市長が挨拶を。 西端市長は、「サブローさんは守口市出身で、今日は同級生も(客席に)たくさんお見えです。 そんな守口市にゆかりのある著名人の方に、情報発信のために一役買っていただきたいと任命させていただいた」と経緯を説明。 「テレビに出られた際には、ちょっとでも守口のことを言っていただければ。 大いにPRしていただきたい」と期待を寄せました。 さらに、澤井良一守口市議会議長からも、「また『もりぐち夢・未来大使』が増えた」と喜びのひとことが。 2015年3月、サブローが母校である守口第二中学校の閉校式(統合により閉校)に出席したことにも触れ、「これからも、ちょっとと言わず、たくさん守口のために、お願いします。 市民の皆さんにも、サブロー師匠と守口を応援していただきたい」と呼びかけました。 いよいよ、委嘱状の授与が行われることに。 西端市長が委嘱状を読み上げ、手渡すと、サブローは「ありがとうございます」と表情を引き締めます。 続いてタスキ、さらに大使としての名刺も受け取り、記念撮影。 名刺の裏には、サブローのおすすめスポットが記載されているそうで、これを手に、これからPR活動を展開していく予定です。 また、人気上昇中のマスコットキャラクター「もり吉」も登場し、サブローの大使就任をお祝い。 堅い握手を交わしました。 サブローは「こういうご指名をいただいたのは、人生で初めて。 むしろ遅いぐらいでは」と笑いを交えて挨拶。 大阪市内で生まれ、小学校3年生の時、守口市に引っ越し。 住まいは最寄り駅まで子どもの足で20分ほどかかる場所だったそうで、「えらいところに来たな、と子ども心に思いました(笑)」。 周囲はほぼ田んぼというのどかさの中、ザリガニ釣りなど自然と触れ合いながら育ちました。 委嘱式会場となった京阪電車守口市駅前周辺を見渡し、「このあたりも変わりましたね」としみじみ語ったサブロー。 客席に駆けつけた同級生たちには「面影はあるけど、みんな老けたねえ。 頭がタイムスリップしてしまう」と嬉しそうに話しかけるなど、懐かしトークが止まりません。 最後は「街は変わったが、思い出は変わらない。 皆さんと一緒に守口を広めて、元気な街にしていきたいと思います」と、力強く締めくくりました。 質疑応答で、「守口市でとくにPRしたいところは?」ときかれると、東国原英夫さんが宮崎県知事になった時のことを例に挙げ、「(名産品の)守口大根だけでなく、和菓子でもなんでも、おいしいものがあればどんどんアピールしたい」と、グルメの面から攻める作戦を披露。 「出演番組もいろいろあるので、"サブ"リミナル効果のように、隙間隙間に(情報を)入れていければ」と意気込みます。 既に「もりぐち夢・未来大使」に就任した方々に関する質問も。 阪神タイガースの岩田稔投手については、「今年はかなり頑張ってもらえそう。 大事なのは夏。 8月にいい調子に持っていってもらえるよう応援していきたい」とファンらしく熱いコメント。 先輩であるめだかとは、就任が決まってからまだ話すチャンスがないそうですが、「お互い守口市出身とわかってから、マニアックな地元ネタをいろいろしゃべるようになった」仲とのこと。 「僕も56歳からギターを始めたんですが、(めだかは)歌がお上手なので、一緒に、高齢者の方に喜んでもらえるようなことができたら面白い」とも話していました。 委嘱式を終えたサブローは、続いて行われた「守口市市制施行70周年記念事業シンボルキャラクター『もり吉』スイーツコンテスト」に特別審査員として参加。 西端市長らとともに、さっそく大役を担いました。 守口市のシンボルキャラクター「もり吉」をモチーフとしたスイーツを募り、優秀作品を決定するこのイベント。 サブローは、ひとつひとつの作品をじっくり観察、真剣に味わいながら採点を。 最優秀作品、優秀作品などと並び、特別賞として「もりぐち夢・未来大使賞」も設けられ、こちらはもちろんサブローが発表および賞の授与を行いました。 【大平サブロー】.

次の

「正しいダイエット」という幻想③|もりぐち|note

もり ぐち の ひと

任意団体 守口いきいきライフプロジェクト(所在地:守口市 代表:木村 惠)は守口市の人口増・晩婚化・少子化対策のため、守口市役所を利用した婚活パーティー『もりコン』を守口市後援名義を受け2017年よりほぼ毎月開催。 2020年2月24日現在、『もりコン』参加者は延べ914名、マッチングしたカップル172組344人。 2020年3月より新型コロナウイルスの関係で自粛を余儀なくされていたが、7月25日から対面での『もりコン』再開に至る。 【守口いきいきライフプロジェクト 設立の背景】 大阪府の北河内に位置する「守口市」は大阪平野のほぼ中央部に位置する。 大阪市に隣接しており、2020年の人口は約14万4千人。 2016年3月に「まち・ひと・しごと創生」に取り組んだ守口市は人口の現状を分析し、将来推計を踏まえた今後の方向性等を示すための「守口市人口ビジョン」および、本市における「まち・ひと・しごと創生」に関する目標や施策に関する基本的方向等を示すための「守口市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を平成28年3月に策定。 (守口市ホームページより抜粋) 《守口市人口ビジョン》 「守口市人口ビジョン」では、守口市の人口は1970年(昭和45年)約18万4千人をピークに減少し続け、2020年(令和2年)は約14万4千人。 合計特殊出生率は全国(1. 43)や大阪府(1. 32)と比べ低い水準の1. 人口増の為には婚姻数を増やすことだと考え、任意団体として「守口いきいきライフプロジェクト」発足。 2017年守口市役所が「新庁舎」となり市役所内会議室で「婚活パーティー」が実施できるようになり『もりコン』開催に至る。 【婚活パーティー『もりコン』の実績】 2017年2月から守口市役所会議室を利用し、守口市後援名義を受けほぼ毎月開催。 2020年2月現在 参加者延べ914人、マッチングしたカップルは172組344人、マッチング率37. 6%と自治体婚活・街コンとしては驚異の数字をあげている。 実際に『もりコン』で出会い、結婚して守口市に住み、子供が産まれたカップルも出ている。 『もりコン』は出会いだけではなく、守口市のイメージアップや守口市広報の為、1対1で異性と話す時間だけでなく「守口クイズ」や「市役所トレジャーハンティング」など地元に興味を持ってもらう為のゲームも実施。 2020年2月までは地元守口市の企業やお店で作っているお弁当やパンを提供。 ゲームの景品は地元お店から提供してもらい、そちらにも足を運んでもらう「地産地消」「守口市商業の広報」も一つの目的である。 参加者は守口市にかかわりのある人だけに限定せず、いつか「守口市」に住んでみたい人などファンづくりに努めている。 実際に守口市以外からの参加者も多い。 【新型コロナウイルスの影響】 2020年3月から6月末まで婚活パーティー『もりコン』自粛。 2020年7月から再開となったが、市役所会議室の新型コロナウイルス感染拡大防止の制約もあり、人数限定で申し込み受付始まる。 <『もりコン』新型コロナウイルス感染予防対策> JMIC一般社団法人日本結婚相手紹介サービス協議会ガイドラインに則る (1)参加者は入室前に非接触検温器にて検温、発熱や体調不良の方の参加はできません (2)参加者・スタッフ共にマスク着用での参加 (3)会議室に入る前に、お手洗いにて石鹸と流水による丁寧な手洗いと手指のアルコール消毒を依頼 (4)独身確認書に「発熱が無い、体調不良でない」旨の一行入れ署名 (5)食べ物の提供は無し、ひとり一本のペットボトルのみ提供 (6)1対1でのお話タイムも最低1m以上確保する座席の配置とする (7)開催中も30分に一度はドアを開け換気 (8)大声での会話をしないようアナウンス (9)接触を伴うゲーム等はしない (10)会場セッティング時は机・椅子・ドアノブ・筆記用具の消毒をする (11)筆記用具は各自持参。 代表の木村惠(守口市生まれ、守口市育ち、守口市在住)は株式会社クーディビジョン代表取締役。 株式会社クーディビジョン(本社:守口市)は1993年~数年間、西日本第一号のコミュニティーエフエム「エフエムもりぐち」の広告代理も手掛けていた。 1999年から大阪市内でアーチ結婚相談室を開業。 結婚相談所21年の実績とノウハウで地元貢献できないかと考え、2017年に守口いきいきライフプロジェクトを立ち上げ「もりコン」実施。 独身者の婚活だけでなく、親の婚活「親がすべき3か条」などのセミナーも守口市役所・コミュニティーセンターで実施し講師を務めている。 もりコン参加者向けには「婚活スキルアップセミナー」「自分に合った婚活ってなんだ?」「独身男女のためのセミナー&ワーク」などを実施。 結婚アテンダントとして、結婚へのイメージや意識を高める講演をおこなっている。

次の

「正しいダイエット」という幻想①|もりぐち|note

もり ぐち の ひと

来歴・人物 [ ] 、グループに参加。 一時活動を中断するも8月にソロとしてステージ活動を再開。 また、以来、のラジオ番組やまなのぶっちゃけトークのパーソナリティとして活躍中。 出演番組 [ ] テレビ [ ]• アーティストプレス(CS放送) ラジオ [ ]• やまなのぶっちゃけトーク()• Lovers Night()Be Happy! 9 ディスコグラフィ [ ] シングル• -「Woman」ソロ・ファーストアルバム 外部リンク [ ]• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の