痛み入ります 類語。 「痛み入ります」の意味と使い方!目上には間違い?類語と例文もあわせて紹介!

痛み入りますの意味と使い方 類語(上司・目上宛)

痛み入ります 類語

「恐れ入ります」の意味とは? 「恐れ入ります」の基の意味は「伏しておし戴くこと」 「恐れ入ります」は、もともと「畏れ入ります」と書いていました。 「畏れ」は「畏怖」という熟語からもわかるように、相手の尊さに対してかしこまるという意味合いがある言葉で、「恐れ入ります」を「恐怖」と同義に受け取ると、正しい言葉の意味が理解しづらくなります。 つまり「恐れ入ります」の基本的な意味は、自分を低く置き相手の行為を伏しておし戴くことです。 ここから、身に余る感謝や畏れ多くて申し訳ないという気持ちを表すようになりました。 「恐れ入ります」は感謝の気持ちを表す 「恐れ入ります」には感謝の気持ちを表す意味があり、お世話になった相手に対して「ご厚情を賜り、誠に恐れ入ります」などというように使うことができます。 単に「ありがとうございます」というより、そこまでしていただいて申し訳ございませんという、かしこまっておし戴くようなニュアンスを含んだ丁寧な言い回しです。 加えて「恐れ入ります」は謙譲の意味も含んでいるため、目上の方やお客様からお褒めの言葉をいただいたときにも使うことができます。 「恐れ入ります」は相手への配慮を表す言葉でもある 「恐れ入ります」は、相手に対して申し訳ないという配慮を表すこともできる言葉です。 相手に何かしていただく際に、「恐れ入りますが」という形で前置きして使います。 たとえば「恐れ入りますが、こちらをご覧いただけますか」というように、言いたいことの前に置くことで相手に不躾なイメージを与えずにお願いすることができるのです。 また、「恐れ入りますが、御用件をお伺いしてよろしいでしょうか」というように、相手に何かを尋ねるときにも「恐れ入りますが」と前置きすることで、丁寧でやわらかい言い回しにすることができます。 「恐れ入ります」の使い方 電話では「恐れ入ります」の連発に注意 「恐れ入ります」は、さまざまなケースで前置きとして使えるため、常套句になってしまう危険性があります。 相手が何か言うたびに「恐れ入ります」と返すのではなく、「ありがとうございます」や「かしこまりました」など、他の言葉を織り交ぜながら話を進めるように心掛けましょう。 なお、申し訳ないという意味で「恐れ入ります」を使う場合、自分の言動について述べるときには使えません。 たとえば電話を保留するようなケースでは、「お待たせいたしまして恐れ入ります」は、自分が相手を待たせているので誤りとなり、「お待たせいたしまして申し訳ありません」が正解です。 「恐れ入ります」を使うなら、「恐れ入りますが、お待ちいただいてよろしいでしょうか」とするべきで、この用法なら相手に待ってもらうようお願いしているので正解となります。 メールで重宝する「お忙しいところ恐れ入りますが」 ビジネスメールでは、「お忙しいところ恐れ入りますが」という言い回しがよく登場します。 相手に何らかの労を取っていただく場合には、「お忙しいところ恐れ入りますが」と前置きしてから用件を続けると、相手への気遣いとこちらの謙虚な気持ちを示すことができます。 なお「お忙しいところ恐れ入りますが」は一種の社交辞令で、相手が忙しいかどうかに関係なく使うことができる言葉です。 「恐れ入りました」は相手をたたえる意味合いの言葉 「恐れ入ります」が完了形の「恐れ入りました」になると、相手の技量や実力などをたたえるという意味に変わります。 たとえば「〇〇様のご慧眼に改めて恐れ入りました」といえば、自分とはとても比較できないほど、相手の眼力が優れていることをほめたたえる気持ちを伝えることができます。 「恐れ入ります」の類語 「恐縮です」は「恐れ入ります」の同義語 「恐縮です」は、「恐れ入ります」の表現を固くしたものです。 「恐縮」は相手に申し訳なく思うことを指す言葉ですが、話し言葉でひんぱんに使うと相手に慇懃過ぎる印象を与えてしまうことがあります。 なお、ときおり「恐縮に存じます」という言い回しを見聞きしますが、これは誤りです。 「存じます」は「~と思います」という意味があるため、申し訳なく思うということを指す「恐縮」に続けると意味が重複してしまうからです。 「痛み入ります」は甚だしく感じ入るということ 「痛み入ります」は「恐れ入ります」の類語として使うことができる敬語です。 「痛」という文字には、「痛快」という熟語からもわかるように、「甚だしい」「非常に」という意味もあります。 つまり「痛み入ります」には「痛い」という意味はなく、相手の好意や親切に対して大きな感謝や申し訳なさを感じていることを表しているのです。 なお、「痛み入ります」を「恐れ入りますが」のように前置きとして使うことはないので、注意してください。 まとめ 「恐れ入ります」の意味のほか、電話やメールでの使い方と類語もあわせて紹介しました。 「恐れ入ります」は使いやす言葉であるため、安易に多用すると慇懃無礼な印象を相手に与えてしまうことがあります。 何でも「恐れ入ります」ですませてしまうのではなく、違った言い回しで表現できるようにしておくことも、社会人として必要な素養でしょう。

次の

「痛み入る」の意味は?「痛み入ります」の使い方や例文もまとめて解説!

痛み入ります 類語

「恐れ入ります」「恐れ入りますが」という言葉は、ビジネスシーンにおいてよく使われます。 この「恐れ入ります」というフレーズは、どのように使われるのでしょうか。 ここでは「恐れ入ります」を使った例文をいくつかご紹介します。 「恐れ入ります」は申し訳ない 「恐れ入ります」とは、申し訳ないという意味と、目上の人に対してありがとうという感謝の気持ちを表す意味があります。 ・目上の人へありがとうございますという感謝の気持ちを伝える ・ありがとうという感謝の気持ちとともに申し訳ないという意味を含む 「恐れ入ります」という言葉には「恐れる」という言葉があるように、「自分が相手を恐れている」ということから、「自分が相手に敵いません」という意味となり、自らを下げて相手を上げる言葉です。 そして、目上の人に対して感謝の気持ちを表す場合などに「恐れ入ります」というフレーズは使われます。 恐れ入りますが 「恐れ入ります」という言葉は、「恐れ入りますが」というように変化させて使うことがあります。 「恐れ入りますが」というフレーズの場合は、文頭につけることによって柔らかい印象を相手に与える効果がある緩衝言葉の一つです。 緩衝言葉とは、クッション言葉と言われるもので、「恐れ入りますが」以外には「お手数ですが」「差し支えなければ」「あいにく」などがあります。 「恐れ入りますが」とは、「恐縮ですが」という意味で、相手に申し訳ないという気持ちを表しつつ、何かお願いをする場合に使います。 大変恐れ入ります 「恐れ入ります」というフレーズには、相手に何かを依頼する場合のクッション言葉のほかに、感謝の意を伝える場合にも使われます。 「大変恐れ入ります」の例文 以下に「大変恐れ入ります」を使った例文をご紹介します。 「誠に」とは、「本当に」とか「非常に」いう意味で、「誠に恐れ入ります」とすることで、とても感謝していることを表す場合に使われます。 また、「誠に恐れ入ります」というフレーズは、「すみません」という謝りの言葉としても使われます。 ただ「すみませんが」とか「申し訳ありませんが」「ありがとうございます」という言葉よりも、「誠に恐れ入ります」とすることによって、丁寧で相手に柔らかい印象を与えることができます。 「誠に恐れ入ります」を使った例文 以下に「誠に恐れ入ります」を使った例文をご紹介します。 ここでは、シーン別の「恐れ入りますが」の使い方についてみていきます。 電話 電話応対においても、「恐れ入りますが」というフレーズはよく使用されます。 例えば、相手に何かを尋ねる場合、お願いする場合にクッション言葉として「恐れ入りますが」を使用します。 以下に電話応対での「恐れ入りますが」の使用例をご紹介します。 」 2.「恐れ入りますが、先日の会議の議事録を送付していただけますか。 」 3.「お忙しいところ恐れ入りますが、ご検討のほどよろしくお願いします。 」 4.「突然のことで恐れ入りますが、ご協力いただけますでしょうか。 」 ビジネスメールでも「恐れ入ります」というフレーズは、よく使われます。 ビジネスメールにおける「恐れ入ります」も、電話応対と同じく相手に何かを依頼する場合や、相手に不都合なことをさせてしまった場合の謝罪などに使います。 以下に、メールにおける「恐れ入ります」の使用例をご紹介します。 (例文) 1.「おいそがしいところ恐れ入りますが、何卒ご出席くださいますようお願い申し上げます。 」 3.「恐れ入りますが、ご協力いただければ幸いです。 」 シーン別「恐れ入ります」の使い方 「恐れ入ります」というフレーズは、どういったシーンで使われるのでしょうか。 ここでは、シーン別の「恐れ入ります」の使い方についてみていきます。 接客 「恐れ入ります」の類語に、「恐縮です」という言葉があります。 「恐れ入ります」は主に電話応対など口語として使う表現ですが、メールや文書においては、「恐縮です」を使うと良いでしょう。 また、「至極恐縮」や「恐縮至極」などの言葉としても「恐縮」は使われます。 以下に、「恐縮です」を使った例文をご紹介します。 (例文) 1.「返信が遅れてしまい、恐縮です。 」 2.「恐縮ですが、ご返信いただきますようお願い申し上げます。 」 3.「至極恐縮です」 「恐れ入ります」の類語;あいにくです 「恐れ入ります」の類語に「あいにくです」という言葉があります。 「あいにくです」とは、「生憎(あいにく)」からきており、相手の期待にそえないという意味で、「残念ながら」と似たような意味です。 相手の意向に沿えず、残念なおもいをさせてしまった場合に使う表現です。 丁寧な表現では、「あいにくではございますが」という表現で使われることもあります。 以下に「あいにくです」を使った例文をご紹介します。 」 2.「あいにくの天気ですが今日は頑張りましょう。 」 3.「あいにく、本日は予約がいっぱいです。 」 「恐れ入ります」の類語;痛み入ります 「恐れ入ります」の類語に「痛み入ります」という言葉があります。 「痛み入ります」とは、「心が痛むほどに感謝している」という意味で、相手に迷惑をかけたことへの謝罪ではなく、非常に感謝している意を伝える場合に使われます。 また、自分より立場が上の人に対して使われる言葉で、ビジネスシーンで使われることがありますので、意味や使い方を覚えておくと良いでしょう。 「痛み入ります」を使った例文 では、以下に「恐れ入ります」の類語である「痛み入ります」を使った例文をご紹介します。 (例文) 1.「お心遣い痛み入ります」 2.「身に余るお言葉をいただき痛み入ります」 3.「ご丁寧な対応に痛み入ります」 「恐れ入ります」は自分の行動には使用しない 「恐れ入ります」というフレーズを使った表現は、ビジネスシーンでよく使われますが、自分の行いにたいして「恐れ入ります」は使ってはいけません。 自分の行動に対して使うクッション言葉としては、「申し訳ありませんが」とか「すみませんが」という言葉を使うべきです。 「恐れ入ります」は、飽くまで目上の人に何かしらのを依頼する場合、または行動してもらったことに対する感謝の言葉として使います。 「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」の違い 「恐れ入りますが」と同じようにクッション言葉として使われる言葉に、「申し訳ありませんが」があります。 この「申し訳ありませんが」とは、ていねいな謝罪を行う際に使用します。 例えば「申し訳ありませんが、本日は受付を終了いたしました」というように、相手に不都合がある場合に使用します。 対して、「恐れ入りますが」とは、こちらに非がなく、相手に何かしらのお願いをする場合に使用します。 よって、前述しましたように、自分の行動に対して「恐れ入りますが」を使うことは間違いです。 「恐れ入りますが」や「申し訳ありませんが」以外にも、クッション言葉として「お手数をおかけしますが」という言葉があります。 こちらの言葉も、ビジネスシーンではよく使用されますので、覚えておくと良いでしょう。 お礼を言うときの「恐れ入ります」 「恐れ入ります」の意味には、目上の方への感謝の気持ちを表すため、感謝していますの意で「恐れ入ります」を使う方もいらっしゃるでしょう。 しかし、「恐れ入ります」は「目上の人へ失礼なことをすることが恐れ多い」という意味がありかしこまった表現ですので、人によっては「何か恐れられているのか」と、感謝の意をくみとってもらえない場合もあるでしょう。 そのため、ビジネスシーンにおいても、相手に感謝しているという気持ちを表したいのであれば、「恐れ入ります」よりも「ありがとうございます」とストレートに感謝の意を伝えましょう。 その方が、相手に気持ちが伝わりますし、自分としてもきちんと感謝の気持ちを述べたとすっきりするからです。 ただ、あまり親しい間柄でもなく、「ありがとう」という言葉をかけるのも不自然な場合には、「恐れ入ります」という言葉を使って相手に感謝しているという気持ちを伝えても良いでしょう。 かたい文章には「恐縮です」 前述にもありますように、「恐れ入ります」という言葉は基本的には話言葉として使われるフレーズであり、かしこまった手紙やメールには「恐縮です」を使った方が良いです。 「恐れ入ります」は、緩衝言葉として文の頭につけて使われることが多く、相手に柔らかい印象を与える効果があります。 「恐れ入りました」の意味 「恐れ入ります」を使った表現に「恐れ入りました」と過去形になるような表現があります。 単に過去形なんだろうと考える人もいるでしょうが、「恐れ入ります」と「恐れ入りました」では意味が異なります。 「恐れ入ります」は、目上の方への感謝の意を含み、かつクッション言葉としての意味がありますが、「恐れ入りました」と過去形になることにより、相手を褒め称える言葉になります。 「恐れ入りました」の類語としては、「すばらしいです」「感激しました」「感服しました」という言葉があります。 「恐れ入りました」の例文 以下に「恐れ入りました」とその類語を使った例文をご紹介します。 (例文) 1.「あなたの才能には、恐れ入りました。 」 2.「あなたの才能には、感服いたしました。 」 3.「類まれなる彼の技術に感激しました。 」 4.「あなたの熱意には感服しました。 」 「恐れ入ります」の意味や使い方をおぼえましょう いかがでしたか。 「恐れ入ります」は、ビジネスシーンでよく使われ、感謝の意を伝えたり、依頼をする場合のクッション言葉として使われたりすることがわかりました。 また、電話やメール、接客などさまざまなシーンで使われることもわかりました。 「恐れ入ります」は、自分よりも目上の人に何かを頼む場合や迷惑をかける場合に、使いますので、やみくもに「恐れ入ります」を使わないように気を付けましょう。 同僚や知人などに使う場合には「恐れ入ります」より「ありがとうございます」や「申し訳ありません」の方がふさわしいですし、ビジネスシーンにおいて目上の人へ使う場合には「恐れ入ります」がふさわしい場合もあります。 「恐れ入ります」というフレーズは使うシーンや自分と相手の関係などを考慮した上で使用するようにしましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「痛み入る」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

痛み入ります 類語

例文と書き方 目次• 少々古臭い言葉を使う場合 最近ではあまり使われなくなった言葉の一つが、「痛み入ります」という 丁寧語です。 実は現代用語としては既に古いので、改まった場や手紙などに向いている言い回しです。 率直な感謝の言い回しである「ありがとう」とは異なり、自身には宝の持ち腐れだ、過分であるという謙遜の気持ちが表されており、それゆえ申し訳ないという恐縮する意味合いもあります。 この言い回しを使用するケースは、立場が上の人、上司、義両親など、目上の人に「痛み入ります」という敬語として使用することが多いです。 他人からの好意、優しい、厚遇などにそれに対し感謝の心情を表します。 「痛み入る」は、心の苦痛を感じるという意味合いの動詞「痛む」の連用形にそのような感情が深い事を意味する補助動詞「入る」(いる)が接続した動詞です。 その上、対等以下の人にそれに対しは、だ・である調で「痛み入る」と言ったり書いたりする事もできますが、そうすると滑稽な言語遣いになります。 「恐れ入る」や「恐縮」とよく似ていますが、あくまでも感謝の会話として用います。 緩衝を意味する言葉 「痛み入ります。 」の類似語で、似たような言葉に 「恐れ入ります。 」があります。 こちらは、ビジネスの顧客や取引先・上司や義両親など、目上に遠慮しながらお願いするような場合に使用します。 またこうした、「痛み入ります。 」や「恐れ入ります。 などは、緩衝を伝えるお願いを意味していますから、どうしても自分がそれを言うべき立場としては、出過ぎた感じがする場合など、「お願いします。 」では不躾なシチュエーションでは、役に立つと思いますね。 しかし、根底は「失礼いたします。 」と同義で、その言葉が入るからといって、行動や言動が変化するわけではないので要注意です。

次の