ヘメロカリス の 意味。 ヘメロカリス 新・花と緑の詳しい図鑑

ワスレグサ

ヘメロカリス の 意味

花のいわれ・特徴......... ヘメロカリス は東アジア原産の耐寒性多年草です。 16世紀頃に日本や中国の原種がヨーロッパに導入され、品種改良が進められて作出された園芸品種群がヘメロカリスの名で流通しています。 とくに北アメリカでの改良が盛んで、毎年新花が発表されています。 葉は垂れて細長く線状で、葉の間から40〜60cmの花茎を伸ばし、初夏から夏にかけて茎の先にユリに似た花をたくさんつけます。 同属に「 ノカンゾウ (野萓草)」、八重咲きの「 ヤブカンゾウ (薮萓草)」、「 ユウスゲ (夕菅)」、「 ニッコウキスゲ (日光黄菅)」などがあります。 花弁は6枚で肉厚のものや、幅広や狭いものがあり、色は赤・オレンジ・ピンク・黄・白・紫などで、模様のあるものや香りのあるもの、一重咲き・八重咲きまで変化に富んでいます。 花径は20cm以上の大輪から5cm位の小輪とさまざまで、茎にはつぼみが5〜6個ついていて次々と花を咲かせます。 朝咲いて夕方しぼむ昼咲き形、夕方咲いて翌朝しぼむ夜咲き形、夕方咲いて翌日の午後にしぼむ昼夜形などがあり、いずれも英名のとおり一日だけのはかなく美しい花です。 1本の花茎につぼみがたくさんつき、つぎつぎに咲くので長い間花を楽しむことができます。 ノカンゾウの若葉 (写真右2番目) や花は食用にもなり、つぼみは金針菜(きんしんさい)と呼ばれ、中華料理の具として使用され、新芽は煮物やてんぷらに、またゆでて酢の物やサラダにも利用できます。 開花期は6〜8月で鉢の市販期は5〜8月頃、苗は4月と11月頃です。 画像は「 H・フォービデン ファンタジー (写真左) 」、「 H・ステラデオロ (写真右上) 」、「 H・シイン ギング (写真右3番目) 」、 「 H・グリーム オブ タイム (写真右下)」です。 属名の「ヘメロカリス(Hemerocallis)」は、ギリシャ語の「一日の美」を意味する『hemera「へメラ(一日)」』と「callos「カロス(美)」』が語源で、美しい花が一日でしぼむことを表現しています。 英名も『Day lilly「 デイ リリー(一日のユリ)」』です。 別名は漢名を音読みしたもので「 カンゾウ(萱草)」、または「 ホンカンゾウ(本萱草)」です。 花の栽培......... 丈夫でどこでも育ちますが、日当たり水はけのよい肥沃な土に植え、夏は半日陰にします。 肥料は元肥えと花後に追肥を多少与えるだけで十分です。 水切れはつぼみが落ちますので、気をつけ、咲き終わった花は摘み取り、すべて終わった花茎は切り取ります。

次の

ヘメロカリスの育て方

ヘメロカリス の 意味

みなさんこんにちは。 今回は、 ヘメロカリスについてお伝えしていきます! 花を毎年開花させるヘメロカリスは多年草の植物で、品種はとても多く、様々な種類のヘメロカリスを集めることも人気となっております。 冬時期になると葉を落として 休眠する品種とグリーンの葉がそのまま残る常緑の品種など様々です。 野生のヘメロカリスは黄色、赤褐色が主な花色となりますが、園芸品種となるとさらに赤や紫、桃色等の複数の色が組み合わさった品種もありとても魅力的です。 まずは ヘメロカリスの育て方からお伝えします! 目次 クリックで飛べます• ヘメロカリスの育て方は? ヘメロカリスは日本の気候にピッタリの品種で、一度植え付けを行えばほぼ枯らしてしまう心配はなく育成ができます。 環境を選ばなくても育成することがある程度は可能な植物で、初心者でも立派な花を咲かせることができやすい品種の植物です。 そのままでも十分に育成できますが、 花がら摘みを行うと、より良い育成に繋がります。 花は1日で枯れてしまいますので花首を切り取ってあげ、開花時期を終えたら花茎のつけ根を切り取りましょう。 ここからさらに詳しくお伝えします。 最初は、 ヘメロカリスが好む環境についてお伝えします! ヘメロカリスの育て方!環境はどうする? ヘメロカリスは品種によって開花時期は様々ですが、通常は初夏頃から夏時期に渡ってたくさんの蕾を開花させる多年草の植物です。 環境としては暑さ寒さどちらにも強い品種となりますので、特に用土にこだわらずに、植えたままの状態での育成も十分に可能となります。 半日陰での環境でも良い育成が望めますが、さらに元気よく育てるには 日当たりと水ハケが良い環境ですと次々に花を咲かせていきますのでオススメです。 次は、 ヘメロカリスに適した用土についてお伝えします! ヘメロカリスを育てる際の適した用土は何? ヘメロカリスの用土は特にこだわらなくても育てることは可能となりますが、 水はけと通気性の良いものを好みます。 地植えでの育成を行う場合は、腐葉土や牛糞などを混合させてあげると良い育成に繋がります。 自身で用土を作る時は赤玉土は7割に 腐葉土3割を混ぜ合わせたものをご使用ください。 次は、 ヘメロカリスに必要な肥料についてお伝えします! ヘメロカリスの育て方!肥料はどうする? ヘメロカリスは数年間植えっぱなし状態にしていても大丈夫な植物ですので、 植えつけを行う時に、 有機質を多く含んだ堆肥または腐葉土などをタップリと与えます。 植え替えの場合も元肥としては有機質肥料を用土に混ぜ合わせておきましょう。 追肥は寒い冬時期を越えた3月頃と、開花時期を終えた秋の9~10月頃に緩効性の化成肥料を与えてあげましょう。 では次は、 ヘメロカリスの水やりポイントについてお伝えします! ヘメロカリスを育てる際の水の量はどうする? ヘメロカリスは水ハケが良く通気性に富んでいる土で、適度な保水力を持つ用土が適しております。 通常は土の表面が完全に乾いてきたら、 じゅうぶんに水やりを行います。 秋を過ぎ寒さが厳しくなる時期には少しずつ水やりを少しずつ少なくしていきますが、冬時期でも土の表面が乾いてきたら水やりを行ってあげましょう。 以上で基本的なヘメロカリスの育て方については終わりです。 次は、 ヘメロカリスの写真をお見せします。 また、 食べることができるのかについてもお伝えします! ヘメロカリスの画像 写真 !ヘメロカリスは食べることができるの? ヘメロカリスの園芸品種は、花色、花姿、開花のタイミング等花が異なるだけでなく、花茎、蕾の数等も多彩な品種があります。 また、一重咲きから八重咲きの品種、細い花びらだけでなく太めの幅の花びら、先も尖っている花びらや丸くなっている花びらなどもあります。 野生種は柔らかいカラーのヘメロカリスですが、アメリカの改良品種になると色鮮やかで派手な品種が多く 価格も高いものですと数万円の品種もあります。 ヘメロカリスは食用としても利用可能で、花は少し固いのですが、蕾は野菜炒めやサラダにするとおいしいです。 ヘメロカリスの写真はこちらになります。 次に、 ヘメロカリスの開花時期や見頃をお伝えします! ヘメロカリスの開花時期や見頃はいつ頃なの? 日本では海外ほど多くは見ることのできないヘメロカリスは、通常ですと一日で枯れてしまう花となりますが、午前中が花の見頃となりとても美しいです。 また、蕾はいくつもあり次々に開花していきますので、長い間花を楽しめ、開花時期になると葉の間から1m程度の花茎を伸ばしていきます。 開花盛期は6月から7月のヘメロカリスは早生品種ですと5月頃に開花を始め、晩生品種ですと8月頃まで咲きます。 ヘメロカリスの苗の植え付けのポイントは? ヘメロカリスの植え付け時期は 春時期では3~4月頃、秋時期では9~10月頃となりますが、 寒冷地以外での植え付けの場合は、秋に行うと育ちが良くなります。 ポット苗がこの時期になると店頭に並びますのでそちらを利用してあげましょう。 地植えでの植え付けを行う場合は株と株の間は50cm程度あけて行いましょう。 次は、 ヘメロカリスの植え替えのポイントをお伝えします! ヘメロカリスの植え替えのポイントは? ヘメロカリスの植え替えを行う季節は植え付けと同じ時期に行ってください。 成長して鉢に根が回りすぎてしまうと、生育することが難しくなり、最悪枯れてしまうこともありますので、 二回り程度大きな鉢に植え替えをしてあげましょう。 秋頃に植え替えを行う場合は株下から10cmのところのみ葉を残してあげ、それよりも上にある葉は刈り取りを行ってください。 次に、 ヘメロカリスの増やし方をお伝えします。 ヘメロカリスの増やし方! ヘメロカリスは球根性の植物となりますので、種まきではなく株分けで増やしてください。 株分けの時期は 春先の3月~4月頃、または秋時期の9月~10月頃行ってください。 株分け方法はまず上部の葉を切っておき、株を3個程度に切り分けて植え付けます。 植え付け後はたっぷりと水を与えてあげてください。 まずは、 ヘメロカリスの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします。 ヘメロカリスの種まき時期と種まきのポイントは? 種まきではヘメロカリスは増やすことができず、 株分けで増やすことオススメします。 株分けを行う環境は日当りや水ハケの良い場所を選んでください。 地植えの場合で土が硬いところですと、良い土を客土して赤玉土や鹿沼土などを混ぜ合わせると根が張りやすくなります。 次に、 ヘメロカリスの株分けのやり方をお伝えします。 ヘメロカリスの株分けのやり方は? ヘメロカリスは株分けで増やすことが可能な植物です。 株分けの適時期は、植え付けや植え替えを行う春や秋頃となります。 タイミングは地植え、鉢植えどちらも同様に、地下茎が混み合うことが原因で花付きが悪い時や枯れてしまう時に株分けを行ってください。 株は 1株に対して3芽程度を目安として切り分けを行い、50cm間隔で植え付けてあげましょう。 次は、 ヘメロカリスのかかりうる病気や害虫の対策方法をお伝えします。 ヘメロカリスのかかりうる病気や害虫の対策方法は?アブラムシに注意!? 花茎が成長してくると、ヘメロカリスには アブラムシが発生することがあります。 アブラムシは白くてよく目立ちますので、見つけたら早めに専用の薬剤で防除してあげましょう。 また、 カイガラムシも発生することがありますので注意して、大量発生を防止するために、見つけたらすぐに駆除してください。 ヘメロカリスの花言葉はなに?英語でなんて言うの? ヘメロカリスは、ギリシャ語で一日の美を意味する植物で美しい花が一日でしぼんでしまうことを表現します。 ヘメロカリスの 花言葉は一夜の恋となります。 この花言葉は浮気や不倫相手を思い浮かべる意味を持ちますので、浮気相手にコッソリプレゼントとして贈る方もいるようです。 次は、 ヘメロカリスの種類や品種をお伝えします。 ヘメロカリスの種類や品種は何があるの? ヘメロカリスは 園芸品種ですと約2万種もある大変仲間の多い植物となります。 草丈も低い品種ですと30cmから高い品種ですと150cmのものまで幅広く存在しています。 また、昼咲き種の品種や夜咲き種の品種、花だけでも直径5cm程度の小さい品種から、直径約20cmにもなる大きな品種まであります。 キスゲ キスゲは北海道から九州と日本全土に分布するヘメロカリスの品種です。 夜咲き種で夕方頃に咲き始めることから、別名でユウスゲと呼ばれています。 花色は淡い黄色の優しいカラーで、草丈は最大150cmにも大きく育つ品種となります。 ヒメカンゾウ 5月頃に花を開花させる春咲きで早咲き種となるヒメカンゾウは、全体的に小さく可愛らしい花姿からヒメという名が付けられています。 草丈も低いものですと20cmと小柄で、花色は赤みのあるオレンジ色の美しいカラーとなります。 それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。 オススメ記事 ヘメロカリスのまとめ! いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは 12つありました。 環境を選ばなくても育成することがある程度は可能な植物で、初心者でも立派な花を咲かせることができやすい品種の植物です。 そのままでも十分に育成できますが、 花がら摘みを行うと、より良い育成に繋がります。 花は1日で枯れてしまいますので花首を切り取ってあげ、開花時期を終えたら花茎のつけ根を切り取りましょう。 また、一重咲きから八重咲きの品種、細い花びらだけでなく太めの幅の花びら、先も尖っている花びらや丸くなっている花びらなどもあります。 野生種は柔らかいカラーのヘメロカリスですが、アメリカの改良品種になると色鮮やかで派手な品種が多く 価格も高いものですと数万円の品種もあります。 また、蕾はいくつもあり次々に開花していきますので、長い間花を楽しめ、開花時期になると葉の間から1m程度の花茎を伸ばしていきます。 開花盛期は6月から7月のヘメロカリスは早生品種ですと5月頃に開花を始め、晩生品種ですと8月頃まで咲きます。 ポット苗がこの時期になると店頭に並びますのでそちらを利用してあげましょう。 地植えでの植え付けを行う場合は株と株の間は50cm程度あけて行いましょう。 成長して鉢に根が回りすぎてしまうと、生育することが難しくなり、最悪枯れてしまうこともありますので、 二回り程度大きな鉢に植え替えをしてあげましょう。 秋頃に植え替えを行う場合は株下から10cmのところのみ葉を残してあげ、それよりも上にある葉は刈り取りを行ってください。 株分けの時期は 春先の3月~4月頃、または秋時期の9月~10月頃行ってください。 株分け方法はまず上部の葉を切っておき、株を3個程度に切り分けて植え付けます。 植え付け後はたっぷりと水を与えてあげてください。 株分けを行う環境は日当りや水ハケの良い場所を選んでください。 地植えの場合で土が硬いところですと、良い土を客土して赤玉土や鹿沼土などを混ぜ合わせると根が張りやすくなります。 株分けの適時期は、植え付けや植え替えを行う春や秋頃となります。 タイミングは地植え、鉢植えどちらも同様に、地下茎が混み合うことが原因で花付きが悪い時や枯れてしまう時に株分けを行ってください。 株は 1株に対して3芽程度を目安として切り分けを行い、50cm間隔で植え付けてあげましょう。 アブラムシは白くてよく目立ちますので、見つけたら早めに専用の薬剤で防除してあげましょう。 また、 カイガラムシも発生することがありますので注意して、大量発生を防止するために、見つけたらすぐに駆除してください。 別名デイリリーとも呼ばれ、花が一日で萎んでしまい短命であることからその名が付けられています。 その名の通り花は朝開いてから夕方には枯れてしまいますが、1本の花茎に30個くらいたくさんの蕾を持ち、 何本も花を咲かせるので、長期に渡って花を楽しむことができます。 ヘメロカリスの 花言葉は一夜の恋となります。 この花言葉は浮気や不倫相手を思い浮かべる意味を持ちますので、浮気相手にコッソリプレゼントとして贈る方もいるようです。 草丈も低い品種ですと30cmから高い品種ですと150cmのものまで幅広く存在しています。 また、昼咲き種の品種や夜咲き種の品種、花だけでも直径5cm程度の小さい品種から、直径約20cmにもなる大きな品種まであります。 キスゲ キスゲは北海道から九州と日本全土に分布するヘメロカリスの品種です。 夜咲き種で夕方頃に咲き始めることから、別名でユウスゲと呼ばれています。 花色は淡い黄色の優しいカラーで、草丈は最大150cmにも大きく育つ品種となります。 それでは今回はこれで失礼します。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

ヘメロカリスとは?

ヘメロカリス の 意味

ヘメロカリスの歴史 ヘメロカリスは、ユリ科ワスレグサ属の宿根草です。 原産地はアジアの極東地域。 日本では、霧ヶ峰や尾瀬に咲くニッコウキスゲや、山里に咲くノカンゾウ、ヤブカンゾウ、夕暮れにほのかな香りを漂わすユウスゲなどの野生種が、その仲間として知られています。 野生種も園芸種も、すべてヘメロカリス属に分類されますが、一般的にヘメロカリスというと、品種改良した園芸品種を指します。 欧米での育種史 中国では、太古の昔から食用や薬用としてヘメロカリスを栽培していました。 それがヨーロッパに渡ったのは16世紀後半のこと。 欧米におけるヘメロカリスの発展に大きく貢献した人物としては、ジョージ・イエルド(1843~1938年)や、その友人であるエイモス・ペリーらがいますが、彼らの功績は、1940年代末から50年代にかけてのアメリカで、さらに大きく開花しました。 その中心にいたのが、「ヘメロカリスの父」と呼ばれるアーロー・ B・スタウトです。 彼はヘメロカリスの分類や育種を精力的に進め、1934年にヘメロカリスのバイブルとも言える「DAYLILIES」を出版しました。 現在でも、アメリカヘメロカリス協会が年次最高賞に彼の名を冠するほど、名誉ある業績を残しています。 日本での育種史 欧米で育種されたヘメロカリスのうちいくつかは、昭和初期に日本に持ち込まれていたようです。 しかし野生種と大差ないと映ったのか、人々の関心を集めるには至りませんでした。 そんな中でも静かに日本での普及に努めてきたのが、ハナショウブの育種家としても知られる平尾秀一氏です。 同氏に師事した人の中には実生を始める人も現れ、交配が進みましたが、それでも国内においては日の目を見ることはありませんでした。 日本人が美しいと感じるヘメロカリス創出へ 残念ながら平尾氏は1988年に亡くなりましたが、生前に情熱を込めて精力的に執筆されていた平尾氏のヘメロカリスの記事から当時多大な影響を受け、何度か手紙を通じての交流もあり現在も自分らしいスタイルで育種と作出に取り組み続けているのが、岡本自然農園の岡本守夫氏です。 アメリカで進む品種改良は、色も形も派手なものが主流。 それはそれで魅力的ですが、「日本人の持っている美意識を突き詰めていくと、明らかにアメリカ人のそれとは違う美しさにたどり着く」と岡本氏は語ります。 同園が有する800種類を超えるヘメロカリスのコレクションは、すべて岡本氏自身が30年にわたって試行錯誤を繰り返し、大切に育ててきたもの。 その想いがたくさん詰まった花々で、ぜひお庭を彩ってみてはいかがでしょうか。

次の