ニトリ 人 を ダメ に する クッション。 ニトリのレストクッションおすすめ人気比較ランキング!【使い方も】 モノナビ

ニトリ・無印・IKEA・Yogiboのビーズクッション比較!おすすめはどれ!?

ニトリ 人 を ダメ に する クッション

Nストレッチ本体(カバー無し) 製品名 幅 長さ 高さ 重さ Nストレッチ(大) 65cm 65cm 45cm 6kg Nストレッチ(小) 65cm 65cm 35cm 3. 5kg Nストレッチ(標準) 50cm 50cm 35cm 2. 85kg ストレッチ2(ミニ) 40cm 40cm 27cm 1. 2kg 本体サイズは4種類ございます。 インナーカバーはホワイトのみです。 基本的にはアウターカバーをして使います。 厚み(高さ)があった方が、ビーズ量も多く安定し、クッション性も増すので座っていても疲れず、快適に利用できるのが利点ですね! どう使うかにより、サイズが変わってくるかも知れません。 ビーズソファの上で横になりたいなら大きめのサイズ(大、小)、座るだけなら(標準、ミニ)といったサイズ選びでよろしいかと思います。 Nストレッチの値段は安い! 製品名 価格(税込) Nストレッチ(大) 7,407円(8,147円) Nストレッチ(小) 3,024円(3,326円) Nストレッチ(標準) 4,167円(4,583円) Nストレッチ(ミニ) 1,843円(2,027円) 全てのサイズの本体価格を比較しても、1万円はしません。 ですが、 アウターカバーは別売りなので、+2,000円程度上乗せされます。 それでも1万円行くか行かないかくらいです。 非常に気になるのが、Nストレッチ大と小の価格の差です。 高さ10cm程度しか変わらないのに、 倍以上の値段の差があります。 Nストレッチ大はちょっと値段が高すぎる気がします。 それに比べ、ミニサイズはかなり安くお手頃です。 ちょっとしたクッション、仮眠する際の枕などに使えるので、この価格はうれしいですね! 交換用ビーズがある。 2種類のビーズがある。 ニトリのビーズソファでは、交換用のビーズが販売されています。 交換用ビーズを販売されているビーズソファは少なく、 2種類の大きさを採用しているのはニトリのみです。 また、交換用ビーズのメリットは• へたりや劣化を改善できる。 へたってしまっても、新しいビーズソファを買う必要がなくコスパ。 2種類の大きさがあるので、座り心地を変えられる。 これら3つの利点があります。 交換用ビーズがあると、壊れても新しいビーズソファを買う必要がないので、結果的に 費用が抑えられます! ニトリのNストレッチの使い方。 Nストレッチ(ストレッチ2ミニ含む)は果たしてどのように使えるのか。 機能性について解説していきます。 専用カバーによって、2通りの座り心地が楽しめ使いやすい! 固い面ではゆったりとした座り心地 引用: この寝そべるように座るには、側面の硬い面を使います。 側面は一見狭い面かと思いがちですが、体を預けることにより生地が広がり非常に寝やすくなります。 ですが、大人がこれをやると腰や足がビーズソファの外に出るため、心地よくないかもしれません。 また、あくまで横になるだけに使いましょう。 睡眠をとるには適しておりません。 小さなお子さんなら寝ることもできる! 室内で飼っているペットや小さなお子さんなら、手足がビーズソファ上に収まるため寝ることも可能でしょう。 座ることもでき、睡眠もとれるので非常に便利です。 またペットも使えるので、汎用性があります。 ニトリのビーズソファの欠点。 欠点1:腰や首を痛くする。 「ビーズソファの致命的」ともいえる、腰や首を痛めてしまうところです。 いくらビーズ量が多くても、こればっかりは仕方がありません。 結局どのビーズソファも、長時間使用すると体を痛める傾向にあります。 またビーズソファは、 体にフィットし沈むため起き上がるのが困難です。 腰痛持ちの方や、ぎっくり腰の方、お年寄りの方は使用する際は、十分注意が必要です。 欠点2:インナーカバーの洗濯はできない。 インナーカバーを汚すことは少ないかも知れませんが、Nストレッチは インナーカバーの洗濯はできません。 飲み物や汁物を溢して汚してしまうと後がきかなくなってしまうので、 非常に注意が必要です。 汚してしまった場合は、買い替える必要があるので費用が掛かります。 欠点3:背もたれがないので疲れやすい。 Nストレッチでは、座ることや横になること、枕のように使うことができます。 ですが、普通に座ると背もたれがほとんどありません。 座っていて非常に苦痛になります。 背もたれが出来づらいので、長時間座ることが難しいです。 座り方次第で、背もたれを作ることができるかもしれませんが、安定感がないのでお勧めしません。 欠点4:ソファを名乗っているのに肘置きがない。 これについてはどのビーズソファにも言えます。 ソファにも関わらず、 背もたれもなければ、肘置きがないビーズソファがほとんどです。 せっかくソファと名乗るなら、ただのビーズが入っているクッションではなく、ソファのように背もたれ・肘置きはしっかり備えてほしいものです。 また、ニトリにはオプションアイテムなどもないので背もたれ・肘掛けを付与することはできません。 購入者様の口コミの紹介。 実際に購入された口コミについて調べてみました。 評価のよかった口コミ:フィット感、座り心地がいい。 素晴らしいホールド感のソファですよ!背中にあてるソファではなく、真上に座ってそのままもたれてください。 味わったことのないホールド感が味わえます。 引用: 座り方が2通りあり、普通に座るだけでなく持たれることにより、フィット感が得られます。 「一度座ってしまうと動けないソファ」と、高評価の口コミが多かったです。 評価の悪かった口コミ:毛玉が付きやすい。 立ち上がりづらい。 人をダメにするソファを初めて購入しました。 身体にフィットして座り心地は良いです。 ただし、立ち上がる時にバランスが難しくて上手く立ちあがれません。 自分だけかな…?本当にリラックスする時用なんですね!あと、へタれるのが早い気がしてしまったので星3つとさせていただきます。 引用: 欠点でも紹介しましたが、立ちあがりづらい評価がみられました。 大半のビーズソファの欠点とも言えます。 また、汚れやすい・毛玉ができやすいといった口コミも多かったです。 定期的に掃除をし、清潔に扱っていく必要があります。 それ以外にも、髪の毛も付きやすいので掃除はこまめに行いましょう。 ビーズソファならヨギボーをお勧めします。 ヨギボーは種類が豊富です。 リペアサービスはヨギボーの劣化を修復する。 ヨギボーのビーズソファには、へたりが出てしまった時に別売りでビーズが販売されています。 へたりの改善は、ビーズの交換で大半修復することができます。 またアウターカバーは選択できますが、インナーカバーは個人で洗濯はできません。 しかし、ヨギボーが提供している「」に頼めば、 インナーカバーを新品と交換してくれます。 リペアサービスは費用が掛かりますが、 インナーカバーの交換・ビーズの交換・プロによるアウターカバーの洗濯をしてくれる 優れたサービスです。 ヨギボーは値段が高いですが、ビーズソファへの対応は素晴らしいです。 オプションアイテムで、背もたれ・肘掛を作れる。 ヨギボーサポートで、背もたれや肘置きを確保する。 ヨギボーではビーズソファの他に、が沢山あります。 その中の一つであるは、肘掛け・背もたれを作ることができます。 このヨギボーサポートは別売りで、一人用ではありますが 全てのサイズのヨギボーに対応しています。 このようなオプションアイテムを販売しているビーズソファは、ヨギボー以外ありません。 見たことがありません。 を書かせていただきましたが、オプションアイテムを販売している企業はありませんでした。 ヨギボーはビーズソファが出せる、 最高級の快適さを追求したビーズソファになっています。 ヨギボーのお店で体験もできますので、ぜひお近くにある方は体験してみてください。

次の

ニトリ・無印・IKEA・Yogiboのビーズクッション比較!おすすめはどれ!?

ニトリ 人 を ダメ に する クッション

記事の主旨 そんなビーズソファ選びの疑問に向き合うべく、王道ビーズソファー「無印良品」vs 「ニトリ」vs 「ヨギボー」について比較することにした。 今回の記事は、ビーズソファについて最初におさえるべき値段・大きさ・重さの基本スペックについて3ブランドを詳しく比較した記事だ。 へたりにくさについての比較は、徹底比較その2で詳しく書いている。 今や人をダメにするソファを検索をかければ数多あるソファがヒットする。 特にAmazonや楽天市場ではブームにのってこぞってビーズソファを販売し始めた。 Amazonや楽天市場で販売されるどこのブランドとも分からないビーズソファだっていいじゃない。 うん、そう思う。 気持ちよくて、耐久性が良ければいい。 しかも安いときたものだ。 安さは魅力。 しかしながら、二番煎じはやっぱり二番煎じなのだ。 ビーズソファは単純な作りだからどこでも模倣できるように思えるが、「へたり対策」とか「体へのフィット感」とかは一朝一夕では作り上げることが難しい。 だからこそ、数多ある人をダメにするソファの中から当初より人気のある無印良品・ニトリ、衝撃を与えたヨギボーをこの記事で取り上げていく。 では早速王道ビーズソファーの比較をしていくにあたり、日本版人をダメにするビーズソファの無印良品「体にフィットするソファ」についてまずは確認しておこう。 日本版元祖人をダメにするソファ 無印良品「体にフィットするソファ」 Yogibo ヨギボー 上陸の約半年前、2014年春『人をだめにする』というキャッチフレーズでビーズソファーを一躍有名にしたのがあの無印良品だ。 商品名は「体にフィットするソファ」。 無印良品「体にフィットするソファ」とヨギボー Yogibo の比較なしではこのビーズソファー旋風を語れないだろう。 日本では、"人をダメにするソファ"として人気が爆発した無印良品『体にフィットするソファ』。 無印良品ビーズソファの種類 無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」の大きさは2種類。 「体にフィットするソファ」は2002年の発売当初より1種類のみの展開だったが2019年に「体にフィットするソファ」 小 を販売開始。 2種類のラインナップとなった。 左:小サイズ 右:通常サイズ 無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」の通常サイズはソファ本体とカバーが別売り、小サイズはソファ本体とカバーがセット売りとなっている。 無印良品「体にフィットするソファ」の価格 「体にフィットするソファ」小サイズが発売されたが、オットマンや背もたれとしての使用用途として開発されたこともあり、この記事では発売から15年以上1種類で人気を牽引してきた 「体にフィットするソファ」通常サイズを取り上げたいと思う。 以下価格は全て税抜き表示 価格 本体+カバー合算金額 ソファー本体 11,667円 9,082円 カバー ベーシック 2,718円 11,800円 カバー デニム他 4,536円 13,618円 2019年9月無印良品は1100品目以上の値下げを実施。 「体にフィットするソファ」本体も2,585円値下げされました。 カバー価格は変更なく据え置きです。 無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」の人気が上昇すると、それに対抗する様に低価格路線の『ニトリ』でもビーズソファが販売されるようになった。 次は、そんなニトリのビーズソファをチェックしてみよう。 低価格路線「ニトリのビーズソファ」 低価格が売りのニトリのビーズソファは、無印良品の「体にフィットするソファ」に追随するように商品開発され販売開始された。 そのため 無印良品とスペック 大きさ が非常に似ているのが特徴。 ニトリのビーズソファの種類 ニトリのビーズソファは現在3種類。 大サイズ• 標準サイズ• ミニサイズ 無印良品と同じくニトリのビーズソファも本体とカバーが別売りだ。 ニトリのビーズソファの価格 ニトリの中でも、無印良品「体にフィットするソファ」とサイズが酷似しており、 ニトリの中では 一番人気のビーズソファーである「Nストレッチ大サイズ」の価格をここで確認してみよう。 713円 【ニトリの値下げ】2018年10月22日よりニトリビーズソファの中で一番人気の大サイズが630円値下げされました。 カバーの価格改定はありません。 2018年秋にニトリが「ビーズソファ大サイズ」の値下げを実行したため、ソファ本体とカバーを購入しても1万円を切るようになった。 これは先の無印良品やヨギボーのビーズソファと人気の差が広がってきてしまい、価格優位に立てないとニトリのビーズソファは販売が厳しいとニトリが判断したという証拠でもある。 世間の物価は上昇しているのに! ここで、ニトリと無印良品のビーズソファの価格差について改めて確認しておこう。 ニトリと無印良品のビーズソファ価格を比較 ニトリで無印良品のビーズソファと大きさが同じの 大 サイズのソファ本体とカバーを購入しようと思うと、9,250円 税抜 から購入可能。 一方、無印良品「体にフィットするソファ」は、ビーズソファ本体とカバーを購入すると11,800円 税抜 から購入できる。 ニトリと無印良品ビーズソファの価格差2,550円。 無印良品の体にフィットするソファと、ニトリのNストレッチ大は全く同じ大きさ。 絶対的な価格を考えるとニトリのビーズソファに軍配があがるものの、その分ヘタリも早いのがニトリのビーズソファなので2,550円の価格差をどう捉えるか難しいところ。 より安く!ビーズソファ標準サイズという選択 ニトリの場合、を選べばソファー本体のみで4,167円 税抜 別売りカバー1,380円 税抜 と一緒に購入しても5,547円なのでニトリの価格優位性が出てくる。 ただ、大サイズより標準サイズは一回り小さく、ボリューム感も感じにくい上にヘタリやすさを感じやすいという欠点もある。 ニトリビーズソファの価格変更 2015年まではニトリのビーズソファ 大サイズ は『ビーズ " クッション" Nストレッチ 』として売り出されていた。 その価格は、なんと本体+カバーセットで4,900円という安さ。 しかし、ビーズクッションが販売終了しビーズソファーとして販売開始した2016年以降は値上りへ。 2017年および2018年にニトリビーズソファー2度の値下げを実施し、ビーズソファ業界でなんとか価格優位を保っている状態だ。 記事では最新価格を表示 ニトリの魅力は安さ。 ただ、最近では安かろう悪かろうよりも、少し高くてもいいものを使いたいという人が多くなっているのも事実。 座り心地に買い替えコストを考えれば当然だろう。 実際に座って多少使い続けてみればわかるのだが、無印良品とニトリの価格差は当然ながらビーズソファーの品質が反映されていると思った方がいい。 こうして"人をダメにするソファ"として、日本で人気を集めた無印良品のビーズソファ。 そこに追随するように、ビーズソファーを販売してきたニトリ。 そんな日本をよそに、 太平洋を越えたアメリカではもっと人をダメにしてきたソファがあった。 それがヨギボーだったのだ。 アメリカで人気を博す 人をダメにするソファ「ヨギボー Yogibo 」 アメリカで大人気の人をダメにするソファYogibo ヨギボー が2014年についに日本に上陸。 2018年にはビーズソファで売上No. 1を獲得しているのが、ヨギボーだ。 日本でこれまで発売されていたビーズソファとは一線を画すソファで、上陸当初から口コミで人気が拡大。 Yogibo ヨギボー は、無印良品やニトリと違ってビーズソファ専門店。 Yogibo ヨギボー グッズもラインナップされているが、ビーズソファから始まった会社。 まずは、ビーズソファに特化した会社という点がヨギボーと無印良品・ニトリとの大きな違いだ。 無印良品やニトリのビーズソファと同じようなサイズのビーズソファから、人の身長ほどあるビーズソファまでラインナップが豊富。 こんなに大きいビーズソファー見たことある? 大きくてもクオリティーを保てるのが、ヨギボーの凄さ 無印良品でも、ニトリでも、人の身長ほどのビーズソファーは販売されていない。 埋もれるような感覚でリラックスできるビーズソファーでかつ大きさのあるものを作り出すには ビーズとカバーの共に秀でたものが必要なのだ。 ベッド・椅子・リクライニングに早変わり 使い方次第でクッションにもソファーにもなるのがビーズソファーYogibo ヨギボー の特徴。 ヨギボーは、無印良品やニトリと異なり本体にカバーは付属しており17色から自分の好みの色を選ぶことができるのも魅力だ。 別売りカバーも用意されているので洗って清潔に保つのも簡単。 人をダメにするヨギボーソファの種類 ヨギボーソファはビーズソファ専門店というだけあって、全10種類ものビーズソファが揃っている。 大きい順に• それぞれに特徴があり、その人に合うビーズソファを選ぶことができるわけだがヨギボーソファの詳細は「」の記事に譲るとして この記事の主旨である、無印良品・ニトリのビーズソファと比較するためにヨギボーソファーからは4種類の人気ソファーをピックアップしたいと思う。 ヨギボーソファ人気4種 ・ヨギボーマックス:Yogiboで一番人気 ・ヨギボーミディ:マックスとミニの中間 ・ヨギボーミニ:省スペースで満喫 ・ヨギボーピラミッド:ヨギボー中で最安値、最もコンパクトで軽量 長さ 幅 厚み 重さ yogibo max 170cm 70cm 48cm 7. 7kg yogibo midi 125cm 70cm 45cm 5. 5kg yogibo mini 85cm 70cm 45cm 4. 0kg yogibo pyramid 76cm 76cm 66cm 2. 7kg ヨギボーマックス・ミディ・ミニってこんなサイズ 無印良品『体にフィットするソファ』は、上画像一番右のヨギボーミニより更に少し小さいサイズ。 ヨギボーの最小ソファーは、ヨギボーピラミッド。 ピラミッド型でコンパクトな設計になっている。 ヨギボーピラミッド ここまで、個別に各ビーズソファブランドの特徴や概要を取り上げてきた。 どのメーカーのビーズソファが気になった? 体にフィットするソファでビーズソファを一気に広めた無印良品か。 価格的に一番安いニトリか。 はたまた、アメリカでも人をダメにするソファとして爆発的な人気を誇るYogiboヨギボーか。 ビーズソファの公式オンラインショップ• 次は、無印良品・ニトリ・ヨギボーの人をダメにするビーズソファークッションの大きさ重さなどのスペックを徹底比較してみよう! 4. 「無印良品」vs 「ニトリ」vs 「ヨギボー」 ビーズソファのスペック比較 無印良品・ニトリ・ヨギボーそれぞれのビーズソファーの大きさ・重さ・価格を具体的に表で比較していこう。 まずは無印良品「体にフィットするソファ」とYogiboヨギボー人気ソファー4種を比べてみる。 ビーズソファー比較1: 無印良品 VS ヨギボー 長さ 幅 厚み 重さ 価格 65cm 65cm 43cm 6. 7kg 29,800円 yogibo midi 125cm 70cm 45cm 5. 5kg 25,800円 yogibo mini 85cm 70cm 45cm 4. 0kg 15,800円 yogibo pyramid 76cm 76cm 66cm 2. 7kg 12,800円 最初に、大きさを比較してみよう。 ヨギボーの中で無印良品『体にフィットするソファ』とサイズが近いのがヨギボーミニとヨギボーピラミッドだが、 ヨギボーのどのサイズのビーズソファよりも無印良品『体にフィットするソファ』が最も小さい。 次に価格を比較してみよう。 この5種ビーズソファの中での 最安値は、ヨギボーピラミッドだ。 また、大きさの割に無印良品のビーズソファーは重いことも表からわかる。 0kg 重いからボリュームがあるわけではないので注意。 ビーズソファー比較2: 無印良品 VS ニトリ VS ヨギボー 長さ 幅 厚み 重さ 値段 ニトリ ビーズソファ 大 65cm 65cm 45cm 6. 0kg 29,800円 yogibo midi 125cm 70cm 45cm 5. 9kg 25,800円 yogibo mini 85cm 70cm 45cm 4. 2kg 15,800円 yogibo pyramid 76cm 76cm 66cm 3. 1kg 12,800円 まず、価格に注目してみよう。 無印良品・ニトリ・ヨギボーの全ビーズソファの中で、最安値のビーズソファはニトリのビーズソファ。 では、大きさは?といえば、 前述にあったように、無印良品「体にフィットするソファ」はヨギボー最小ソファのヨギボーピラミッドより一回り小さい。 そして、ニトリのビーズソファは無印良品「体にフィットするソファ」とほぼ同じ大きさなので、やはりヨギボーピラミッドより小さいということになる。 2015年以前、無印良品とニトリのビーズソファは重さ等に多少差があった。 しかし、2016年以降現在までニトリが無印良品のビーズソファに価格・スペック共に寄せてきたなという印象で、無印良品とニトリのビーズソファの大きさ・重さは同じ。 もし、極力場所を取らない小さいビーズソファがいいということになれば無印良品・ニトリに軍配があがるだろう。 価格に対するボリュームということになればヨギボーのビーズソファに軍配があがる。 また、無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」もニトリのビーズソファ「Nストレッチ」もこれ以上大きいビーズソファはない。 座るだけでなく、リクライニングにしたり寝っ転がれるような大きさのビーズソファはヨギボーだけだ。 では、重さは? 無印良品「体にフィットするソファ」ニトリのビーズソファが6. 0kgに対して、ヨギボーピラミッドの重さは半分以下の2. 7kg。 大きさはヨギボーピラミッドの方が無印良品・ニトリのビーズソファよりも一回り大きいのに! ヨギボーで重さ6. 0kgのソファといえば、無印良品・ニトリと比較して大きさがほぼ2倍あるヨギボーミディなのだ。 ヨギボーミディ 言い換えればヨギボーのビーズソファーは無印良品やニトリの半分の軽さを実現している。 なぜなのか? ビーズソファの重さは当然ながらビーズの品質で決まってくるが、 Yogiboヨギボーはビーズソファ専門店ならではの特殊ビーズを使用しているのが無印良品やニトリにビーズソファと大きく異なる点だ。 Yogiboヨギボーは、特殊ビーズによってボリュームがあるにも関わらず軽くて移動が楽にできるソファを完成させることができた。 しかも、ビーズの品質は、ビーズソファのヘタリ具合とも深い関係があるから見逃せない点だ。 人をダメにするソファ徹底比較まとめ 最初に、無印良品・ニトリ・Yogiboヨギボーの各ビーズソファについて確認をした。 その後大きさ・重さ・価格などのスペックを一覧表を用いて無印良品・ニトリ・Yogiboヨギボーのビーズソファ比較してきた。 安い価格のビーズソファといえばニトリというイメージが強いが、無印良品「体にフィットするソファ」が値下げしたこともあり、価格差はあまり大きくなかった。 その上人をダメにするソファのヨギボーの最小ソファーであるヨギボーピラミッド Yogibo Pyramid の価格も大きく変わらないことがわかった。 無印良品「体にフィットするソファ」のサイズは2種類• ニトリのビーズソファのサイズは3種類• 人をダメにするヨギボーソファのサイズは全10種類• 無印良品「体にフィットするソファ」ニトリ「ビーズソファ 大 」は大きさ・重さのスペックが酷似• ビーズソファを価格重視で選ぶならニトリ「ビーズソファ 大 」かヨギボーピラミッド• 無印良品「体にフィットするソファ」ニトリ「ビーズソファ 大 」は、ヨギボーの最小ソファのヨギボーピラミッドよりも小さい• 大人が寝転がれる大きさのビースソファがあるのはヨギボー• ヨギボーのビーズソファは、ビーズ専門店の特殊ビーズによって無印良品・ニトリのビーズソファの半分の軽さを実現 もっと各ブランドソファについて知りたい!という場合は以下の記事を参考に。 人をダメにするソファ選びに迷ってしまったら 人をダメにするソファは一時的な人気から、ソファとしての新しい選択肢として定着し始めている。 従来からあるソファと異なり、簡単に動かすことができてリラックスできてカバーを洗うのも簡単。 そこで、ビーズソファを選んでみようとすると、今や様々な種類が出てきていて迷ってしまうだろう。 楽天市場やAmazonには数多のビーズソファが溢れている。 しかし、ビーズソファをずっと追いかけ続けている管理人は現在あるビーズソファの多くは、本当に「人をダメにできるのか」疑問点も多い。 ビーズソファについては、.

次の

【無印と比較】人をダメにするソファどう?へたり具合は?

ニトリ 人 を ダメ に する クッション

ビーズが1mmとわりと細かいので体にフィットする• ビーズがへたったら補充できる• 重さが2. 7kgとまあまあ軽くて移動がラク• カバー付きで低価格• カバーが洗濯できる ビーズクッションのビーズ一粒の大きさは、メーカーや種類によって0. 5~7mmとあるのですが、細かい方がビーズが動きやすく体にフィットしてくれます。 ハナロロのビーズは1mmと小さい方ですので、クッションの中に 体が沈みこみすぎず、でも しっかり包み込んで支えてくれるのでとても使い心地がいいんですよ。 実はビーズクッションってどのメーカーのものも ずっと使っているとヘタってきてしまうんですが、ビーズが補充できれば長く使用することができます。 ハナロロは補充用ビーズも購入可能! 上の写真のように使っています。 私は毎日パートから帰ってきてからお昼ご飯を食べるのですが、お腹がいっぱいになったら仕事の疲れもあって絶対に眠たくなってしまうんです。 ブログを書くためにパソコンに向かっていても、眠たくて全然はかどらず… そんな時は潔く仮眠をとることにしています。 ただ、食直後に横になると 胃酸の逆流が気になりますのでなるべく頭部を上げて寝たいと考えていました。 ハナロロは私の希望にピッタリのビーズクッションだったんです! ハナロロクッションの使い方 ごろ寝するのに最高の使い心地なハナロロビーズクッションですが、それ以外にも快適な使い方がありますので紹介しますね。 リビングの床に座る時や、こたつの 座椅子に代わりに使えます。 妊婦さんって床に座るとお腹が圧迫されて苦しいんですよね。 背もたれがあると圧迫感が軽くなるので快適に座れますよ。 ソファの代わりにリビングに置くととっても オシャレ! しかも 軽いので好きな場所にさっと移動できるのがいいです。 ソファだと重たくてひとりで模様替えするのは大変ですからね。 あとベッドの上で背もたれとして使えば、 カウチスタイルに。 私も最初はモチモチを想像していたので硬いと感じました。 確かに、ビーズの大きさが0. 5㎜の無印良品に比べると硬さは感じます。 だけど、硬さが気になる人は ビーズの量を減らしてみたり、使っていくうちに少し なじんでいくので気にならなくなりますよ。 私も最初は硬いと思っていた感覚が、今は安定感に変わってとっても心地よく使っています。 ですが、ハナロロでは国内自社工場で製造過程においてビーズを乾燥する時間を伸ばしたり、配送するときにビニールをかけないなど ニオイを軽減する工夫をしているので安心ですよ。 私はニオイに敏感な方ですが、全く感じませんでした! 届いた時段ボールにそのまま入ってたけど、下には紙が敷いてあって清潔感を感じましたよ。 形が完全に同じではないんですが、大きさが近いもので比較しましたので参考程度に見てもらえると助かります。 7kg 2.

次の