ホップ ポケモン。 ライバル ホップ

(ポケモン)ホップの背番号の意味や声優は誰?かわいいシーン集めてみた!|情報屋ピッピ通信

ホップ ポケモン

リーグカード説明 (1枚) である から すいせんじょうを 渡された。 の 試合を すべて していると 宣言。 そのため としての 量は 高いのではと 関係者に 噂される。 によると は あるが 慌てやすい 性格で 試合では せっかくの 知識を 発揮できていない とのこと。 とは の を こなす。 チャの 結果は 準。 だが の 中には とも 異なる おおらかで を のびのびと 楽しく 戦わせる 量を 高く 者も 多い。 の 騒動を 収めたことからも 強さは 確かな ものと されているため 新しい との となるような 試合を 期待されている。 概要 で暮らすで、とは旧知の仲である。 のであるので、のことを誇らしく思っていると同時に、そのをえるために自分自身がになることをしている。 を視しつつも、「一緒に決勝戦で戦おう」と切磋磨を誓ったり、で傷ついたこちらのを手当てしてくれたりと、親友の様な立ち位置で立ち間もないの世話を焼いてくれる。 上述の通りのを尊敬しており、を侮辱する様な発言は許さない情熱的な一面をもつ。 「腕 わんぱく 」または「飛躍 ひやく 」か。 Lv 関連静画 備考• のをとして換算するならば均9. 関連商品 関連項目•

次の

ソードシールド詳細攻略チャート10 (クリア後:ザシアン/ザマゼンタ入手方法)|ポケモン徹底攻略

ホップ ポケモン

熱血漢でまっすぐな性格の上、本作のバトルでホップくんのポケモンに抜群を取ると、 「さすがだぞ! タイプの 相性を ばっちり わかって いるんだな!」 といったセリフをわざわざカットインまで入れて言ってくれるので Twitterで連日改変ネタが流れてくる事態になっていますが、 それはともかく、本編をプレイすると 非常に人間くさく感情移入がしやすいキャラクターであることが分かります。 そもそもどんなキャラ? ホップくんは 物語開始時点での ガラルのチャンピオン・ダンデを兄に持つ男の子です。 彼は 彼自身の憧れであり目標である兄を倒してチャンピオンになるためにジムチャレンジに挑んでいきます。 ここ覚えておきましょう 序盤では御三家 主人公から見て有利になるタイプのポケモン。 メッソンを選ぶとヒバニーを連れていく と相棒であるウールーを連れて、徐々にパーティを増やしつつ主人公と腕試しをしていきます。 このとき彼に対して効果抜群を取ると褒めてくれるのは先述のとおりですが、ただ全肯定してくれるわけではなく こちらが抜群を取られると逆にちょっと煽ってくるのがライバルっぽくて好きです。 完全に脱線しますけどウールーちゃん可愛すぎなんですよね。 草ジムで死ぬかと思いました。 あれこれ前も言ったな。 ビートに敗北し… 物語中盤、本作のもう一人のライバルキャラであり 後に文字通りピンク堕ちさせられることになるジムチャレンジャー・ビートくんに勝負をしかけられ、ホップくんは敗北します。 さらに「チャンピオン ダンデ の顔に泥を塗っている」という非常に厳しい言葉を浴びせられてしまいます。 てめこのやろピンクのくせに。 いやまだこの時点では完全体ピンクじゃないけど。 しかし その後のホップくんのセリフの元気の無さたるや……………………………………………… 何がアレって語尾が「……」になってるだけでもしんどいのに たまに「……!」になって無理して元気出してる感を醸し出してくるのがつら………………………………………………………………………… まぁなんだかんだで折れずに立ち直っていくのですが えらい つよい 、その後はパーティ編成を試行錯誤して色んなポケモンで戦ってきます。 ラテラルタウン、及び7番道路前での戦闘では なんと相棒のウールーがいません。 強さのために葛藤しながら相棒をボックス送りにするホップくんと、全然知らないポケモンの代わりに一度はリストラされるウールーの心境を思うと本当に苦しい……。 このあたりからホップくんの「 人前では気丈に振る舞いつつも、裏では自分の弱さにもがいて努力している」ものすごーーーーく人間らしい部分が垣間見えてきます。 余談ですが7番道路の際に繰り出してきた オーロットにパーティを壊滅させられかけ、「おっ、これは後々手強いキャラになるぞ」と密かに胸が熱くなったのは印象深いです。 トーナメント戦では 物語も終盤、主人公とホップ、マリィ、そして テキスト上でのみ存在が示唆される謎の強者チャレンジャーXの4人でチャンピオンカップが行われます。 あいつ何者だったんだ。 数々の敗北、試行錯誤を積み重ね、目標である兄ダンデに挑むため、 かつて同じ町から旅立ち、ライバルとして何度も競い合った主人公といよいよスタジアムで対峙します。 この時のホップくんのセリフがまぁエモい……………………………… そしてその時の彼の手持ちは以下でした。 ・バイウールー ・カビゴン ・アーマーガア ・バチンウニ ・エースバーン オーロットいねぇ。 その後主人公は勝利するのですが、その時のホップくんのリアクションが すごい悔しそうで…… でもその気持ちを押し込めて主人公を激励するのでホェェェェェェェェェェェェエーーーーーーーーーーーーーー ごめんな……でもライバルだから本気でやらなきゃと思って……あと多分オーロットいたら普通に勝てたよ…… (余談ですがここで抜群を取ると「お前なら抜群を取ってくると思ってたぞ 要約 」というセリフを言ってくれるのがくっそ熱くてすき) ひとつ印象に残った点として、ホテルに戻ったあと主人公がめちゃくちゃインタビューされ、ホップくんが「疲れてるんだから可哀想だろ! 要約 やさしい たよれる 」と突っぱねるシーンがあります。 このシーン、見方によっては まだ負けた事に気持ちの整理がつかなくて、隣で主人公がチャンピオン戦への意気込みを語っていることにやきもちをやいているのでは…?ともとれる描写です。 ホップくんからしたら、チャンピオンと戦うのは自分だったはず、そのインタビューを受けるのも自分だったはずなのですから……。 おそらくこれも後述の彼の葛藤に繋がってくるのでしょう。 その後なんやかんや二人でムゲンダイナを鎮めたりした後、主人公はダンデに勝ち、見事新しいガラルのチャンピオンとなって物語は一旦幕をおろします。 クリア後シナリオでは が、ここからがホップくんの物語の真骨頂です。 どうした!!!!????????!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!??!?!?!?!?!?!?!?!?!?!???!?!?!?!?!?!?!??!?!?!??!!?いや色々あったとはいえさすがにどうした!!!?!?!?!???!?!?!?!?!?!?!??!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!??!?!?!?!??!?!?!?!?!?!??!?!?!?!?!?!?!??! その理由はなんとなく察せるものの、イベントの最後の最後にも彼の口から少し語られます。 要約すると 「目標としていた兄がチャンピオンでなくなりどうしていいか分からず、さらに主人公やソニアがどんどん昇進していく中で自分だけ置いていかれている感じがした」ということでした。 ハァ゛ッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッ 号泣 あんた十分強いし凄いしいい子じゃないのよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 今までどんな気持ちで抜群褒めてくれてたのよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!私を褒めてる暇があったら自分の事もっと褒めてあげなさいよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! とまぁ大変生々しい劣等感を抱えていた彼でしたが、ダイマックスポケモンを鎮めてガラルの人々を助け、暴走しかけたザシアン ザマゼンタ を一人でなだめ最終的に 普通のモンスターボールで捕獲するという経験を経て、 彼は「博士になる」という新しい目標を見つけて突き進んでいくのでした。 よかったねホップくん。 努力家の君ならきっと大丈夫だ。 また地味に重要な描写として、キルクススタジアムのメロンさんがホップくんに「頼りになる」と言ってあげるシーンがあるのですが、おそらくそれも彼を変えるトリガーになったのでしょう。 この時のニヤつきながら驚いているところをネズさんに指摘されるホップくんが可愛すぎます。 ここまでひたすらに彼の成長を振り返ってきましたが、改めてこのゲーム ホップくんに関する心理描写が緻密ですごい。 泣いちゃう。 個人的にポケモン史上トップクラスに好きなキャラクターになりました。 ありがとうポケモン剣盾。

次の

ホップ(ポケモン)

ホップ ポケモン

「さすがだぞ! タイプの相性をばっちり理解しているんだな!」 CV:(版) 概要 『』に於いて、主人公のの一人となるキャラクター。 地方の出身。 名前の由来はおそらくビールの原料としても有名な植物「ホップ」。 詳細・活躍 ガラル地方の・の実弟で、(曰く)父親代わりでもあったらしい兄に憧れ次代のチャンピオンを目指しており、ダンデが出場する試合は全てチェックしている。 兄弟らしく、ダンデとよく似ており、特にバトルをする際の真剣な顔つきやバトルを楽しむ強気な笑顔は瓜二つ。 ストーリーの進行上、ダンデのそれを見るのはかなり終盤になってからだが、バトル開始時に緊張を振り払うように両手で頬をペシペシと叩いて気合を入れる癖も兄弟でソックリ。 ただ、「方向オンチ」という点については兄ダンデだけの話で、ホップは似ていない。 また、比較的よく「~だぞ」という語尾を付けるが、これもダンデにはない癖。 からは「 クイズ全問正解の坊や」として記憶されている一方兄のダンデは正解数が1問のみであり、こういった細かな部分に兄弟の違いが表れている。 過去作でもやなど凄腕トレーナーの血縁者がライバルとなる事はあったが、チャンピオンの兄弟がライバルになるのは初。 元ネタの如き独特な髪型が特徴で、黒のインナーシャツとボア付きデニムジャケットを着ており、動きやすい様にトラックパンツを履いている。 性格はやんちゃで元気いっぱい、どんな時でもポジティブに捉える明るい熱血漢。 また子供っぽくみえて意外と面倒見も良い。 兄の部屋にある本や雑誌(中には大人が読む難しそうな本もたくさんある)を全て読んだり、ホップ自身の部屋にもいくつもの本が置いてあったりと勉強家な面もある。 主人公(または)とはお隣同士の関係で大の仲良しで、ホップの誘いから新人トレーナーとして主人公と共に旅立つ。 列車で次の場所へ向かう際は、左足でリズムを取り 主人公は逆に右足で踏み ながらで情報を語り合っている。 よく主人公の幼馴染だと思われているが、ゲーム本編でそういった描写は一切無く、公式サイトでも「 主人公のライバル」としか書かれていないので注意が必要である。 (DPtのジュンやBW・BW2のライバルなどはちゃんと「 主人公の幼馴染」と表記されている。 ) 道中主人公に親身なのは、主人公が別地方から引っ越してきた説があるため慣れないガラル地方を旅する主人公を心配しているのかもしれない。 ジムチャレンジ後はの兄であるにはからかわれたり窘められたりと実兄のダンデとはまた違った兄弟感のある関係が見られる。 母親と祖父母がガレージとバトルフィールドを備えた二階建ての広々とした家で暮らしており、リビングにはがペット用ベッドの近くに居る。 自室にはバトルで使われるポケモンのポスターを飾る。 元から家の仕事を手伝ってくれるをパートナーとして連れており、後にダンデから主人公が選んだから弱点を突かれるタイプの御三家を選び、ピンチの状況を楽しんでいる節が見受けられる。 等と同様、ストーリーでは主人公と競い合うように何度もバトルを行う機会があるほか、アイテムを渡したり、ダブルバトルのパートナーになってくれたりと頼もしい存在。 ボールは基本的にを使用する。 投球フォームにこだわりがあるらしく、劇中でもボールを投げる練習をしている姿を主人公に目撃されたりする。 肝心のフォームはのような勢いのある。 しかし勢い余って若干体勢を崩す場合も 発動時など。 ジムチャレンジに挑戦する際に着るユニフォームの背番号は「189」。 「飛躍」を語呂合わせにしたものと思われ、チャンピオンを目指す彼らしい背番号である。 (一方で「わんぱく」とも捉えることができ、彼の性格を表した語呂でもある) 中盤ではに打ち負かされた際、チャンピオンである兄の顔に泥を塗っていると言われ「自分が弱いと尊敬し憧れる兄まで馬鹿にされる」と思い込みスランプに陥り、相棒の筈のウールーを外すなど手持ちポケモンも定まらなくなりかけたが、悩みに向き合って考え克服する芯の強さも持つようになる。 殿堂入り後のイベントでも、主人公がチャンピオンになった事で目標を失い、にも負ける程のスランプに陥るも、主人公と最終戦をした後はソニアの元でポケモン博士を志すようになり、彼女の助手として手伝いつつ、ポケモンに関する勉強を1から学んでいる。 無敗神話を築いていたダンデに初の黒星をつけてチャンピオンに輝いた主人公ほど目立ってはいないものの、セミファイナルトーナメント準優勝の成績を残し、ムゲンダイナ騒動を主人公と共に収めた立役者の一人として知られ、伝説ポケモンのザシアンorサマゼンタを従えるなど、最終的にはガラル地方有数の強豪トレーナーとして各ジムリーダーに並んで知られる存在となる。 レアリーグカードのデザインは、兄ダンデのオマージュ…というかほぼパクリのようにそっくりなデザイン。 背番号と本人のサインと外枠部分の色が異なるだけで、背景・ポーズ・トレーナーマーク・ホロ加工の種類・枠のデザインパターンに至るまでダンデのものと完璧に一致している。 DLC「」では中盤にの調査に訪れ、をキョダイマックスさせるための「ダイミツ」探しに協力してくれる。 尚彼の話によると、ヨロイ島に来る以前にはでポケモン調査を行っていたらしい。 一連のイベントを終えた後は、ジムリーダーたち共々ヨロイ島の各所でNPCとして現れ話すことが可能。 鍛錬平原の浜辺にいる時は広大な海を見て「水着を持ってくればよかった」と言っているが、既に知っての通りこの海には 非常に危険ながいるので。 戦闘 上記の通り、主人公が選んだガラル御三家から弱点を突かれるタイプの御三家を選ぶ。 他にも初めからパートナーとしてウールーを連れているが、このウールーも主人公にぶつけてくる。 要は初戦から2対1でのバトルとなる。 初戦でライバルが2体手持ちを繰り出してくるのはDPtのライバル以来だが、そちらは主人公も手持ちを補充する猶予を与えられている。 強制で主人公よりも手持ちが多いライバルと戦うことになるのはこのホップ戦が初である。 (念のため補足しておくと、このウールーは御三家よりも弱く、レベルアップのチュートリアルも兼ねている。 ウールーを倒すとレベルが相手の御三家より1つ上になりタイプ一致技も覚えるので、ウールー戦でのHP消費を最低限に抑えてさえいれば負ける要素はなくなる) 5戦目~6戦目は上記のスランプによる迷走で御三家以外の手持ちがコロコロ変わる為、どう立ち回るかが重要になってくる。 7戦目以降はウールー バイウールー 達初期メンバーが手持ちに戻り、最終戦は主人公が選ばなかった 伝説のポケモンが手持ちに加わる。 今作における。 禁止伝説級のポケモンを使うライバルとしては以来。 禁止伝説と御三家の両方を持っているライバルについては初である。 (「 準伝説と御三家」であれば、一応も当てはまる) クリア後のトーナメントでも他のトレーナーと比べて明らかに強い。 ホップとダンデ以外の参加トレーナーは全てレベル60前後なのだが、この2人だけレベル68~70で一回り以上強く、さらに 主人公と当たらない場合絶対に勝ち上がってくるという特殊なルーチンを組まれている。 更にクリア前は御三家だったダイマックス枠がトーナメントではキョダイマックスアーマーガアに変化しており、切り札として繰り出してくる。 パターンA:を選んだら系統。 パターンB:を選んだら系統。 パターンC:を選んだら系統。 バイウールー Lv. カビゴン Lv. アーマーガア Lv. 70 チャンピオンカップ再戦 トーナメント(クリア後)• 70() ネット上におけるホップ.

次の