エアコン なし 暑 さ 対策。 クーラー無し車の暑さ対策

暑さ対策でエアコンなしの方法は?扇風機やグッズのおすすめは?

エアコン なし 暑 さ 対策

暑さ対策でエアコンなしの場合は? 油断しがちですが、室内で熱中症になる人はとても多いです。 10年前などに比べると、その数は2倍ほどになっています。 重度になると、命も危うくなるのでしっかりと暑さ対策をすることが大事! 暑さ対策といえば、適度にエアコンを使って・・・と言いますが、いろんな事情でエアコンなしの人もいますよね。 そんな暑さ対策でも、エアコンなしの時にはどうすべきかその対処法を実体験を交えてご紹介します。 室内の暑さ対策グッズはこれが便利 室内の暑さ対策に使って、これは良かった!というグッズとその活用法を伝授しますね。 その為、いろんな暑さ対策を実践しました! そんな部屋の暑さ対策で、便利グッズとして大活躍したのはコレです! 遮熱カーテン その名の通り、熱を遮ってくれるので室内の温度上昇を抑えられます。 ちなみに遮熱カーテンでも、少しは室内の暑さ対策に効果がありました。 でも、 遮光カーテンでは暑さの原因の一つになる赤外線まではカットできないので、暑さ対策なら遮熱効果のあるカーテンのほうがおすすめです。 私は、最初よくわかってなくて遮光カーテンを使っていました。 それでも、いつもよりは暑さが和らいだ感じをうけましたね。 その後、遮熱カーテンを知って付け替えたら、遮熱カーテンの方が優秀でした。 ただ、どちらもある程度部屋が暗くなります。 私は、暗い事より暑いほうが嫌なので気になりませんでした(笑) 最近は、あまり暗くならない遮熱・遮光カーテンもありますよ。 すだれ 室内って、太陽光で壁や窓そのものが暑くなるので、夜になってもすごく暑かったりします。 それは、昼間に太陽光に照らされて熱を持ってしまっているから。 エアコンがあればいいけど、エアコンなしだと壁・窓などに籠った熱に悩まされますよね。 外壁・窓など、家そのものに熱を持たせてしまうのを抑える暑さ対策が、すだれ・サンシェードなど。 外側で、遮ってあげることで家・部屋そのものに熱がこもるのを防止します。 ただ、住環境によってはつけにくかったりしますよね。 私の部屋も、つけられなかったです。 でも、実家で使ってみたらすだれすごい!!って思いました。 風が強いとちょっとうるさくて、外したりしますが暑さ対策としては効果あり。 熱をこもりにくくしてくれるのはもちろんですが、すだれなどは程よく風も通るのがいいです。 熱を遮ろうとすると、風通しもある程度悪くなってしまうのがデメリットですが、 その点でも、すだれやサンシェードは暑さ対策として便利グッズといえます。 スポンサーリンク 扇風機 誰もが思いつく、夏の室内の暑さ対策といえば扇風機。 エアコンなしであれば、扇風機は必須です。 さすがに扇風機がないと、それこそ熱中症まっしぐらになるので、安いものなどで十分なので調達しましょう! 直接体に当てたくなりますが、部屋の空気を動かした方があとあと体が楽です。 扇風機で、知らず知らずのうちに脱水症状や低体温になることもあるので体の為にも、長時間扇風機をつかう時は首振りにしておくのが無難です。 私も、夜寝る時には首振りにしてました。 で、暑くて堪らない!!って時は扇風機の前で涼むといったスタイル(笑) 暑くて我慢できない時は、首周りや手などにを水などで少し湿らせてから、扇風機の風に当たると気化熱の影響で体温が下がりやすいですよ。 手を洗ったりしたら、軽めに拭いて扇風機の風にあたって涼むのが気持ちいいです。 かなり暑い時は、首筋なども水で少し濡らしておくのもおすすめ! だけど、やり過ぎないように注意しましょう。 脱水・冷え・乾燥に注意してほどほどに。 あと、扇風機の羽などの後ろ側に濡れタオルなどを当てておくと、冷風感がアップしますよ。 それ用の暑さ対策グッズもありますが、水滴が落ちたりと面倒なことがあるので、濡れタオルとかのほうが手軽ですね。 ハッカ油 侮るなかれ!暑さ対策にハッカ油は、いまや王道ともいえますね。 但し、敏感肌の人はあまりおすすめしません。 原液をそのまま使うのではなく、薄めて使ってくださいね。 お風呂で湯船に入れる場合は、3~6滴ほどを湯船に入れてよく混ぜましょう。 多く入れた方が涼しいかな?と思って、入れすぎるとお風呂後に凍える感覚に陥ります! ただ、水とは相性が良くないのであまりうまく混ざりません。 これが気になる時は、事前に少量の塩と混ぜて置きましょう。 それを湯船に投入して、混ぜてくださいね。 ハッカ油を使うと、体感温度はグンっと下がります。 量を間違えると、寒くて布団にくるまりたくなるほどです。 ですが、実際に体温が下がってるわけではないので注意してくださいね。 冷感が抜けて来た時に、布団などをかぶっているとそれこそ熱中症になります。 その為、必ず適量の範囲内で使用しましょう。 楽天で購入 ひんやり寝具・アイス枕 夏のエアコンなしの部屋は、寝苦しいのなんの・・・。 暑すぎて全然眠れなかったりすると、夏バテや体調を崩したりしてしまいますよね。 なので、寝る時の暑さ対策はとても大切。 ひんやり寝具・アイス枕などを使って、体の熱を逃がしやすくしましょう。 ひんやり寝具ですが、ジェルタイプの方が断然涼しいです。 エアコンなしの部屋なら、ジェルタイプにしておくことをおすすめします。 それと、アイス枕も気持ちよくていいですよ。 暑いと頭がぼーっとして、頭痛がしてきたりするので。 ただ、アイスノンを凍らしたものはちょっと硬いのでタオルなどを巻いても、ちょっと頭の安定感に欠けます(笑) 冷えピタなどを、首周り・脇の下に貼ると体温が下がりやすくなるので暑さ対策・熱中症対策におすすめです。 その他、一時凌ぎですがコールドスプレー・ひんやりタオルなどもあると便利な暑さ対策グッズです。 少しの間とはいえ、エアコンなしの室内では重宝するひんやりグッズになります。 そして、手の届く範囲に水分補給できるものを用意。 少し塩分を含んだものを、グビグビ一気に飲まず定期的に少しずつ水分補給しましょう。 あまり大量に飲むと、内臓などに負担が掛かるので少しずつ小まめに。 夏バテしたら、さらに暑さにやられるので一気に水分補給しないように気を付けてくださいね。

次の

【猫の暑さ対策】エアコンなしは?ペットボトル・保冷剤手作り方法は?

エアコン なし 暑 さ 対策

夏の体調不良の原因だと思うもの 半数以上の人が、夏にエアコンの冷房が原因で体調を崩しているなんて驚きですね。 職場など人が集まる場所では、なかなか自分の希望する温度設定に調節することは難しいですが、家に帰ってからは体に気を使い、エアコンの設定温度を上げたいところです。 また寝るときはエアコンを消したいぐらいですが、年々暑くなる日本ではエアコンなしで寝るのもつらく、寝苦しくて夜中に起きてしまう人もいるのではないでしょうか? エアコンは便利ですが、電気代もかかるし長時間の使用は体調不良の原因にも繋がります。 今回は、エアコンによる体調不良の原因と、寝苦しい夜にエアコンなしで眠れる暑さ対策を紹介しますので、今夜からでも実践して夏の寝苦しい夜を乗り切りましょう。 夏の「クーラー病」は自律神経の乱れが原因 まずはエアコンによる体調不良の原因「クーラー病」について説明します。 クーラー病は別名「冷房病」とも言いますが、どちらも正式な病名ではなく、主に冷房が原因で起きる自律神経のバランスが乱れた状態のことを指します。 クーラー病の症状は冷え性と同じで、体や手足の冷え、体のだるさ、疲労、食欲不振、頭痛、腰痛、肩こり、不眠などがあります。 自律神経は体の免疫やホルモンの働きとも深い関わりがあるため、女性の場合だと生理不順や生理痛の症状が出る場合もあるんです。 クーラー病はほおっておくと危険!会社を退職する事例も 恐ろしいことにクーラー病は、ほおっておくと夏に暖房が必要になるくらい体の調子がおかしくなります。 これが原因で、会社を退職するなんて事例もあるほど深刻なんですよ。 クーラー病には段階があるので、早いうちから異変に気付いて冷房を控えたり、規則正しい生活や適度な運動で、自律神経を整える必要があります。 ここでクーラー病の段階別症状を紹介しておきます。 クーラー病は低血圧や運動不足な女性に多くみられます。 休憩中や週末に運動するなど積極的に身体を動かして血流が良くなるよう心がけてください。 夏型の体が混乱する!?自律神経が乱れるメカニズム クーラー病の症状について説明しましたが、ではなぜ自律神経が乱れるか、その原因について説明しましょう。 人間の体は夏には夏型に、冬には冬型の体へと調整しています。 夏は体内に熱がこもらないよう血管を拡張し、熱を体外に逃がしやすくしているんです。 逆に冬は体内に熱を確保するよう血管を収縮し、逃がしにくくしています。 しかし、夏型の体でエアコンのよくきいた部屋に長時間いると寒さを感じ、自律神経が血管を収縮させ冬型の体に変えようとします。 このため自律神経は季節を混乱し、体の温度調節機能に乱れを起こしてしまい、夏の暑い時期でも冷えを感じ、頭痛や生理不順などの症状が出てしまいます。 夏の暑さによる体力消耗が主な昔からの夏バテとは違い、現代のようにエアコンが普及してからの新たな症状なので、新型夏バテとも言われ自律神経の機能低下を招きます。 根本的な原因はエアコンの長時間使用なので、エアコンを使わないのが一番の対策になり、家に帰って寝るときぐらいはエアコンを使わず過ごしたいですね。 しかし、夏の熱帯夜にエアコンなしで寝るのはちょっと大変ですよね。 でも工夫次第では、エアコンなんて使わなくても適度な涼しさを感じながら眠れる方法があるので次に紹介しましょう。 エアコンを使わない寝苦しい夜の暑さ対策 現代ではエアコンの普及率が約90%と、多くの家庭で使用されていますが、その昔はエアコンがなくても知恵を絞ってどうにか涼しく眠れるよう、扇風機や氷枕を使って暑さをしのいできました。 それ以外にも今はジェルマットや除湿機、夏用入浴剤など、便利な暑さ対策がいろいろあるんですよ。 1、電気代はエアコンの10分の1以下!扇風機の使い方 エアコンの冷たい冷気が苦手で、夏は扇風機!と決めている人もいると思います。 エアコンに比べるとどうしても涼しさは劣るので、扇風機じゃ物足りないっていう意見が多いのも事実です。 しかし、使い方によっては扇風機でも十分に涼しさを感じられるし、扇風機のメリットは何と言っても電気代が安いことですよね。 どれだけ安いかというと、6畳用のエアコンと扇風機の電気代を比べて、その差は約10倍以上。 これなら2台、3台使っても、電気代はエアコンの3分の1以下という計算になります。 夏の暑い夜は熱気が部屋にこもりやすいので、扇風機を複数台使って部屋の空気をうまく循環させて窓から熱気を逃がしましょう。 これだけで部屋は涼しく保てるようになり、寝苦しさも緩和されます。 さらに自分にあてる扇風機ですが、涼しさを感じようと枕元に置いている人がいるかもしれません。 実は、扇風機は枕元じゃなく、足元に置いたほうがいいとのこと。 発熱量が大きい足を冷やすことで体温を効率良く下げられるのです。 扇風機を枕元に置いた場合と、足元に置いた場合で実験をしたところ、20分後の状態を調べた結果、足元に扇風機を置いたほうが皮膚温度が下がっていました。 体が冷えすぎてしまうという人は、首振りやリズム風機能を利用したり、扇風機との距離を調節してみてください。 エアコンと扇風機の電気代比較• 扇風機を複数使ってもいいので、部屋に熱気がこもらないよう空気を循環させる。 自分に向ける扇風機は足元に置く。 冷えすぎる場合は、首振りやリズム風機能を利用したり、距離を調節する。 2、夏のお風呂はひんやり気持ちいい!夏用入浴剤 夏は暑いので入浴もすっきり済ませたいですが、そんなときにお勧めなのが夏用入浴剤です。 入浴剤メーカーからは夏専用の入浴剤が販売されています。 メントール配合のため、湯上がりにはひんやりした爽快感が得られ、とても気持ちいいです。 成分には炭酸水素ナトリウム(重曹)が含まれ、毛穴を開いて皮脂を落としやすくする効果があり、湯上りの肌をさらっとしてくれます。 湯上がりに28度ぐらいのぬるめの水でシャワーを浴びれば、肌が引き締まりさらにひんやり感を実感できるので、興味がある人はぜひ夏用入浴剤を試してみてください。 また、入浴剤ではないですが、お風呂に入れると同じようにひんやり効果が得られるハッカ油を紹介しましょう。 使い方としてはお風呂に3滴ぐらい入れて、よくかき混ぜてください。 シャンプーやボディソープに混ぜても大丈夫です。 ハッカ油といっても3滴程度なので、油でベタベタという感じはありません。 あまり入れ過ぎるとヒリヒリしてしまうので、注意してください。 ハッカ油をスプレーにして枕やシーツにふりかければ、寝たときに清涼感が得られて気持よく眠ることができます。 ここでハッカ油スプレーの作り方を紹介しましょう。 【材料】• 無水エタノール 10ml• ハッカ油 20滴• 水 90ml• スプレーの空容器 150ml以上 【作り方】• 無水エタノール10mlと、ハッカ油20滴をスプレーの空容器に入れ良く混ぜます。 スプレー容器に水90mlを加えて良く混ぜます。 無水エタノールはハッカ油と水を混ざりやすくするためで、これを入れないとスプレーしたとき肌がベタベタしてしまいます。 このハッカ油スプレーを枕やシーツに振りかければ、ひんやり冷たい寝具で眠ることができます。 ハッカ油には防虫効果もあり、ダニや蚊を寄せ付けなくする効果もあるので、是非試してみてください。 ハッカ油の使い方まとめ• お風呂には3滴ぐらい入れて、よくかき混ぜる。 シャンプーやボディソープを使う際、1回につき1滴混ぜて使う。 ハッカ油スプレーを寝る前に枕やシーツにふりかける。 ハッカ油スプレーは防虫効果もある。 3、保冷剤で冷やすべき場所は頭、脇、股 アイスノンなどの氷枕や保冷剤は、昔から暑さ対策には定番のグッズです。 睡眠時は頭に熱がこもりやすく、不快感から眠りが浅くなってしまいがちです。 氷枕をタオルに包んで頭の下に敷くことで、後頭部を冷やしよく眠れるようになります。 またケーキなどの洋菓子を買ったときについてくる保冷剤をタオルに巻き、脇や股の間にはさんで寝るのも暑さをしのげます。 脇や股には大きな血管が通っているので、この部分に保冷剤をはさむことで体を効率良く冷やすことができるんです。 保冷剤の使い方まとめ• 氷枕はタオルに包んで使用する。 保冷剤はタオルに包んで脇や股にはさんで寝る。 4、触るとひんやり感じる寝具!ジェルマット ジェルマットの枕やシーツを使うと、保冷剤と違い体全身がひんやりと冷たく感じます。 約1時間もするとマット表面の温度が体温に近づいて冷たさを感じなくなってしまいますが、寝返りを打つことによって寝る場所を変えれば、またマットの表面温度が下がり、冷たさが自然と蘇ってきます。 電気を使わず、自然な冷たさを半永久的に感じられるのでお得ですね。 お店でも夏場は寝具売り場によく展示されているので、気になる人は一度触ってみてください。 5、夏野菜を食べて、体の温度をコントロール 夏野菜を食べるのも夏のほてった体温を下げる1つの方法です。 夏野菜とは、トマト、きゅうり、なす、ゴーヤ、バナナ、すいかなどです。 これらに共通するものはカリウムと水分を含んでいること。 カリウムと水分が多いと利尿作用が起こり、尿を出すことで体の体温を下げる効果があります。 東洋医学でも夏野菜は体温を下げる効果があると認められていて、春や夏に収穫できるもの、暑い地方で収穫できるものが特徴です。 夏に夏野菜を食べるのはとても理にかなっていたことなんですね。 ここで気を付けなきゃいけないのが、逆に体温を上げてしまう食べ物についてです。 冬に収穫する野菜や、寒い地域で収穫する野菜は、体温を上げる効果があります。 また寝る前に冷たい飲み物を飲むのも、急激に体温が低下して体が熱を溜め込もうと反応してしまうのでやめましょう。 寝る前の水分補給は常温か、体温が下がらない程度の冷たさにしてください。 夏の食べ物についてのまとめ• 夏野菜は体温を下げる効果があるためお勧め。 冬野菜は体温を上げる効果があるため控える。 寝る前に冷たい飲み物は避け、体を急激に冷やさないようにする。 6、部屋の除湿を行うと体感温度もだいぶ違う 除湿機やエアコンの除湿機能を使うのも暑さ対策には効果的です。 夏の暑い日だと湿度はだいたい80%ぐらいですが、これを50%ぐらいまで下げると体感温度もだいぶ変わり、暑さもやわらぎます。 湿度は10%下がると体感温度が1度下がります。 除湿機で部屋の湿度を30%除湿すれば、体感温度は3度下がるということです。 また扇風機の風速が秒速1m増えると体感温度は3度下がります。 ちょうど扇風機の風量で「弱」が秒速1mなので、除湿機と扇風機を合わせて使えば体感温度を6度も下げることができます。 暑さに応じて除湿量や風量を調節すれば、エアコンなしでも朝までぐっすり眠れます。

次の

うさぎの暑さ対策はエアコンなしでも大丈夫?!夏を乗り切るおすすめの方法は?

エアコン なし 暑 さ 対策

Sponsored Link 長時間の留守・家を空けがち 仕事などで家にいないことが多い方が ハムスターを飼うのは大変難しいです。 ハムスターに適した温度・湿度の中で飼っていても、 家を空けられるのは1泊2日が限度です。 真夏となると餌や水が腐りやすいこともあり、 なるべく毎日お世話をしてほしいところです。 扇風機を直接ハムスターにあてないで! 人のように 扇風機の風をあてておけば涼しく感じるだろうと 勘違いしてしまいがちですが、 それはハムスターにとって無意味な行動です。 人は汗が冷えることで涼しく感じますが、 ハムスターは汗をかきません。 そのため、風をずっとあてられるということは、 ストレス以外の何物でもないのです。 この方法は絶対に行わないでくださいね! 水槽タイプのケージは夏場に不向き! ケージには色々な種類がありますが、 中でも 水槽タイプは夏場の暑い時期には不向きです。 風通しが悪く、空気がこもってしまうんですね。 衣装ケースのハムスターが届かない部分に 通気口として穴を開けたり、天井に金網を置く• ハムスターが上れないよう、 金網型ケージの周囲にプラスチック板などを貼る 上記のような工夫をすることで、風通しを良くし、 空気がこもらない状態を保つことができます。 それでは、ここからエアコン以外の暑さ対策を ご紹介していきます! ケージを置く場所を工夫しよう! まずはケージを置く場所を工夫しましょう。 家の中で 一番風通しが良く、 窓から離れた場所に置いてください。 決して 直射日光があたる場所に置かないでくださいね。 空気がこもると温度・湿度が上がりますので、 窓を開け、空気を循環させましょう。 ですが、梅雨の時期は温度は下がりますが、 湿度は上がってしまいます。 ケージの側に 除湿機などを置いて、 湿度を下げるようにしてください。 Sponsored Link グッズを使おう! ケージを置く場所が決まったら、次はグッズを活用しましょう。 ですが、ご紹介するグッズはすべて補助的なものなので、 「これだけで大丈夫」と思わず、 温度・湿度管理を怠らないようにしてください。 関連記事: 保冷剤・凍らせたペットボトル 保冷剤や、 水を入れて凍らせたペットボトルをタオルで巻き、 ケージの側に置きます。 その時気をつけたいのは、全体を冷やすのではなく 避難できる場所を作っておくということ。 冷えすぎてハムスターが弱ってしまうのを防ぎます。 また、タオルを巻いていてもケージと密接していると 結露ができてしまうので、少し離して置いてください。 アルミプレート・大理石 ペットショップに行くと小動物用の アルミプレートや 大理石が売られています。 どちらも安価で購入できますので、是非活用したいところです。 色々な種類が売られていて、 そこから顔を出す姿はとても可愛いですよ! 我が家でやっている工夫 我が家は風通しがあまり良くなく、長時間窓を開けることができないので、 エアコンを使いつつ、先程ご紹介した方法も使い、 毎年の暑い季節を乗り切っています。 それ以外に心がけていることと言えば、 床材を敷かないスペースを作ること。 理由は、ケージのプラスチックの部分を涼しいと感じるらしく、 以前我が家のハムスターが床材をどけ、 プラスチック部分でくつろいでいたのを見かけたためです。 まとめると、以下のようになります。 お住まいの地域や家の環境、飼い主の生活サイクルによっては エアコン以外の方法が使えない場合がある• 扇風機を直接ハムスターにあてるのは厳禁• ケージは風通しが良く、直射日光のあたらない窓から離れた場所に置く• 保冷剤や水を入れて凍らせたペットボトル、 ペットショップで売られている冷却グッズを活用 これらの方法や工夫を駆使しても適温にならない場合は、 必ずエアコンを使用してください。 それも難しい場合、ハムスターを飼うのは諦めましょう。 温度管理でハムスターを弱らせたり、死なせてしまうと、 ハムスター自身はもちろんですが、 飼い主自身も重い十字架を背負ってしまうからです。 ちょっとした豆知識ですが、エアコンの冷房の風量は、 「弱」にするより 「自動」にしておいた方が電気代は少なく済みます。 今年も暑い日が続きますが、 ハムスターが快適に過ごし乗り切れるよう、 お互いに最善を尽くしていきましょう!.

次の