ロケット マン 感想。 ロケットマン映画のネタバレ感想。エルトン・ジョンの伝記ミュージカル

【ネタバレ レビュー】駄作なのか?「ロケットマン」に足りないエルトン・ジョンのドラマ

ロケット マン 感想

・エルトン・ジョンの壮絶な人生。 誰もが普遍的に求める愛情が得られない苦悩 ・孤独に陥りながらも最終的に支えになってくれる友の存在 ・映画全体に魔法をかけるエルトン・ジョンの眩いばかりの名曲たち 映画「ロケットマン」の作品情報 公開日 2019年8月23日 監督 デクスター・フレッチャー 脚本 リー・ホール 出演者 エルトン・ジョン(タロン・エジャトン) バーニー・トーピン(ジェイミー・ベル) シーラ・アイリーン(ブライス・ダラス・ハワード) ジョン・リード(リチャード・マッデン) 映画「ロケットマン」のあらすじ・内容 「your song」や「Crocodile Rock」などの名曲で知られるエルトン・ジョン。 グラミー賞を5度受賞し、楽曲の売上枚数は3億枚以上ともいわれる史上最も売れたアーティストの1人の半生を描くストーリーです。 世代を越えて愛される音楽を作り続ける栄光の裏側で、孤独と悲しみの中で苦しむ壮絶なドラマを描きます。 若くしたスーパースターに上り詰めた一方で、薬物中毒や過食症、アルコール依存症に苦しみ、カムバックするまでを往年の名曲と共に送る映画になっています。 映画「ロケットマン」は、伝説的ミュージシャン「エルトン・ジョン」の半生を輝かしい音楽と共に描いた作品です。 この映画の公開が発表されたときには「ボヘミアン・ラプソディ」の成功に味をしめた映画会社が、二匹目のドジョウを狙ってきたなと思ってしまったのですが、確かにそういった側面もありながらも、それでもエルトン・ジョンの輝かしい栄光とその裏にあった壮絶なドラマは心惹かれる内容になっています。 監督は「ボヘミアン・ラプソディ」で最終監督を務めたデクスタ・フレッチャー、エルトン・ジョン役には「キングスマン」シリーズでも知られるタロン・エジャトンがキャスティングされました。 「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディ・マーキュリー役を演じたラミ・マレックのときもそうでしたが、本人と見紛うほどのクオリティと抜群のパフォーマンスを見せてくれています。 劇中に流れるエルトン・ジョンの楽曲はタロン・エジャトン自身の声で作られており、その圧倒的な歌唱力も高い評価を得ています。 世界で最も売れたミュージシャンの1人エルトン・ジョンの半生を素晴らしい音楽とファンタジックな演出で描く、新たなミュージック・エンタテインメントに仕上がっていました。 ここでは映画「ロケットマン」の感想を1つ1つの項目に分けて書いていきます。 映画「ロケットマン」の内容を解説する前に、エルトン・ジョンについて簡単に紹介していく。 音楽をあまり聞かない人でも名前は聞いたことがあるでしょうし、音楽は聞いたことがあるかもしれないほどメジャーでかつてない成功を収めたスーパースターの1人です。 エルトン・ジョンは1947年3月25日、イングランドミドルセックス州ピナーで誕生します。 同じイギリスのスーパースター、フレディ・マーキュリーは1946年生まれということで、この2人の偉大なミュージシャンが同時期に生まれたことになります。 王立空軍のパイロットだった父スタンリー・ドワイトと妻シェイラの間に生まれます。 劇中にも描かれていましたが、父親と過ごす時間は少ししかなく、エルトン・ジョンが15歳のときに離婚、その後は母親と義父の間で過ごします。 4歳のころからピアノを弾き始め、耳で聴いたメロディを即興で演奏することができるほどの神童で、11歳の頃に王立音楽院に合格します。 卒業後はバンドを組みながら、ライブ活動を中心に続けていました。 ソロデビュー後、1970年にリリースされた「your song」の大ヒットによって一気にスターへの階段を登ります。 数々の楽曲をリリースし、それが軒並み大ヒットを記録、アルバムが7枚連続で全米1位を記録するなど世界的な人気を博していきます。 しかし、1980年代に入ると精神的に不安定な状態が続き、薬物依存症や過食症、アルコールの過剰摂取などプライベートで問題を多く抱えるようになります。 1990年に薬物とアルコール依存症、過食症の治療を受け、更生施設を経てカムバックを達成、再び音楽活動を再開します。 今年で72歳となったエルトン・ジョンですが、いまだに音楽活動は継続しています。 しかし2018年には家族との時間を増やすことを理由に、ツアー活動からの引退を発表しました。 このように経歴だけ見ても波乱万丈、浮き沈みの激しい人生を歩んでいます。 私たちがニュースやゴシップ、音楽などで見るスーパースターの姿はごく一部に過ぎず、その裏には名声を得た人物にしかわからない苦悩や、それを得るために払わなければならない犠牲があります。 映画「ロケットマン」は、エルトン・ジョンの輝かしいキャリアを魅力的な音楽と共に描きながらも、そういった私たちの想像が及ばないような苦しみ、抱えていた孤独にスポットを当てて描いています。 そこには特別な人間だけにしかわからない感覚や孤独、それと同時に私たちが当たり前のように抱えるでろう感情も含まれています。 この映画のタイトルはエルトン・ジョンが1972年にリリースしたシングル曲「ロケットマン」からつけられました。 「ボヘミアン・ラプソディ」もクイーンの代表曲からタイトルがつけられましたが、エルトン・ジョンの代表曲といえば「your song」というのが一番しっくりくるかもしれません。 なぜその中で「ロケットマン」をタイトルに選んだのでしょうか。 考えてみると「ロケットマン」の歌詞と映画全体のテーマにリンクする部分が見られます。 「ロケットマン」のサビ部分の歌詞はこのようになっています。 当事者にしかわからないプレッシャーや苦しみを感じていたことも、劇中では描かれています。 そして、エルトン・ジョンは元々内向きで真面目な性格の子供だったことも示されていますし、ミュージシャンとして成功するためになりたい自分に姿を変えてきたことも表されています。 その中で自分の身近にいる人でさえ、本当の自分のことを理解してくれることもなくなってしまいます。 ずっとずっと遠い存在になってしまったがために、孤独を抱える状態を招いてしまっているのです。 映画全体ではエルトン・ジョンのサクセスよりも、そういった闇の部分が強調されて描かれていると思いました。 ミュージシャンとして周囲やファンが期待する作品をがむしゃらに提供し続けることだけを求められ、次第にボロボロになっていく。 エルトン・ジョンが抱え続けていた孤独や苦悩、そして、半生を通じて得ることが難しかった愛情、そういった映画全体のストーリーでテーマになっている部分がこの「ロケットマン」とリンクしているのだと考えられます。 野球のユニフォームを着てライブを行なっていたシーンが象徴的でしたが、精神的に消耗し、控え室では虚ろな目をしていたエルトン・ジョンがステージ衣装を着て舞台に上がる瞬間に笑顔を作り、観客を魅了するパフォーマンスをしていました。 プロのミュージシャンとして決して私たちには見せなかった苦しみを抱えていたということを印象的に表現しています。 派手なパフォーマンスでファンを魅了し、ヒットナンバーを作り続けてきたエルトン・ジョンですが、映画の中で描かれる特別な人間が抱える孤独を表現したタイトルとしてぴったりだったのでしょう。 エルトン・ジョンの半生を描いた映画「ロケットマン」ですが、多少脚色や事実とは異なるシーンがいくつか見られます。 ここでは、映画「ロケットマン」の内容と事実の相違点を紹介していきます。 名探偵コナンのようなシーンですが、正しくは1960年代のロックシンガー「ロング・ジョン・ボールドリー」から着ているようです。 冒頭に流れる「I Want Love」について 幼少期のエルトン・ジョンが両親からの愛情を受けられず、悶々とした日々を過ごす中でミュージカル調で流れた曲が「I Want Love」ですが、こちらの曲はエルトン・ジョンが2001年に発表したアルバム『Songs From The West Coast』に収録された曲です。 2001年に作られた曲ではあるのですが、エルトン・ジョンが幼少期に過ごした1950年代の家庭を描いています。 このように映画「ロケットマン」では、時間軸や時系列、事実関係などに変更・脚色が加えられています。 「ボヘミアン・ラプソディ」のときもそうでしたが、これはドキュメンタリーではなく、人物を題材にしたエンターテインメント映画であることを考えれば、大きな問題ではありませんけどね。 映画「ロケットマン」で流れるエルトン・ジョンの名曲の数々をリストアップします。 映画を観て思い出しながら聞いてみるのもいいでしょう。 iTunesやSpotifyなどでも配信されているので、ぜひ聴いてみてください。 間違いなく映画「ボヘミアン・ラプソディ」の世界的大ヒットを受けて制作が決定されたとしか思えない映画「ロケットマン」。 一部には「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディ・マーキュリー役を演じたラミ・マレックが出演するという噂もありました。 マーベルのクロスオーバー作品並みの胸熱展開も期待されましたが、さすがにあざとすぎるということで実現はしませんでした。 同時期・同国のスーパースターとして音楽界に名を残した2人の半生を共に描いた映画ではありますが、割と似たような構成にもなっています。 中心になっているのは、スーパースターの成功秘話と成功を掴み取った後の苦悩にフォーカスが当たります。 偶然にも両者は共に同性愛者であり、同時代に生きた人物でもあるので、同性愛に対する時代背景についても共通する苦しみがみられました。 ただ、「ボヘミアン・ラプソディ」と大きく異なるのは、エルトン・ジョンの闇の部分を強調するかのようなテーマになっていたことです。 「ボヘミアン・ラプソディ」や同性愛やメンバーとの確執、エイズなどの展開はありましたが、そこまで深掘りしていたわけではなく、最終的に「ライブエイド」というゴールに向けて最大限の盛り上がりを見せていた展開でした。 「ロケットマン」は最終的に、エルトン・ジョンが数々の苦しみを乗り越えてカムバックするところにゴールが設定されています。 中心になっているのは、薬物依存症や過食症といった病気、愛情を得ることができなかった悲しみ、スーパースターの孤独、そういった部分が映画全体の中心になっていました。 そういう意味では、映画「ロケットマン」の方が映画として人物に共感しやすい内容になっているのではないでしょうか。 特別な人間にしかわからないような苦しみや苦悩を抱えていながらも、その原因は実は私たちが抱える問題と大して変わらないという部分に共感を感じ、感情移入しやすい構成になっています。 世界中で愛される歌を作ったエルトン・ジョンの感動の実話 「ロケットマン 」を見終わった今、「ボヘミアン・ラプソディ」のように大ヒットするのか?それだけが楽しみです。 そして、映画全体を通じて、愛情を求めるエルトン・ジョンの悲しみに満ちた表情が印象的でした。 誰もが聴いたことがある名曲の数々も映画を彩っていて、エルトン・ジョンを演じたタロン・エジャトンの圧巻のパフォーマンスにも注目の作品です!.

次の

映画ロケットマンはつまらない?面白いかどうか評判や感想についてまとめ

ロケット マン 感想

ロケットマン 感想・レビュー 11件 ろけっとまん• 上映終了• レビュー• 総合評価 4. 36点、「ロケットマン」を見た方の感想・レビュー情報です。 投稿はから受け付けております。 [クリックで本文表示] エルトンジョンさんのファンではないので、特別期待せずに鑑賞しました。 が、ハマりました。 素敵な映画です。 エルトン役のタロンさん、素晴らしい演技力と歌唱力!バーニー役のジェイミーさんも最高! 終盤のシーンでの、グッバイ イエロー ブリックロード(オープニングや中盤にもメロディーは流れていた) は胸が熱くなります。 もっとヒットして欲しかった。 映画好きな姪に勧められ劇場へ。 "人生の壁"を今になって大スクリーン越しに聴けるなんて!感激。 私は二枚目のアルバム''エルトンジョン''が好きだった。 初期の彼はとても繊細で美しく英国の気候の様な陰鬱な歌を歌っていた。 昔からあのシャイな彼が、不思議な虚像に変化していく様は痛々しかったのだが、個人的には映画の中で歌に秘められた想いも解き明かされ理解出来た。 映画は、エルトンジョンというパズルを知り尽くして作られている。 小さなパーツであるヤマハへのリスペクトとか衣装や小物、様々な対比も巧みでファンとしては嬉しい。 バーニーとの出会いと意気投合していく様子が楽しく、才能こそあれどごく普通の若者らしくて胸キュン。 若き日の二人の姿が一番心に残った。 [クリックで本文表示] 前半冒頭の子供時代では、愛されない苦しさに子供を持つ母としては胸が詰まり涙がでました。 映画の随所で出てくる親との関わりが、胸にグッとくる毒親っぷりです。 30代前半ですが、エルトンジョンはイグアナの娘で知ってる程度。 それでも十二分に楽しめました! 今日は子供を預けて数年ぶりの映画。 すごく満足のいく作品でした。 家よりも劇場で見た方がいい映画です。 c P. でも、ミュージカルシーンが素晴らしかったので、もう一度劇場で観たい(聞きたい)と思い、2度観に行った。 辛さや泣けてくるところは1回目の時と同じだが、歌う場面はより楽しむことができた。 やっぱりエルトンの歌はいい。 現代でも輝いている。 その感動はタロン・エガートンの歌唱力によるところが大きく、曲によっては、エルトン本人ではないかと思えるところもあった。 「サタデー、サタデー」サントラ聞きながら踊っている。 そして幼少期から孤独なエルトンジョンが上手く描かれています。 ミュージカルシーンも圧巻な映画でしたが、なによりも主役のタロンエガートンの演技が素晴らしすぎる。 歌も非常に上手い。 キングスマンの彼もよかったが、それ以上だ。 この先の彼の作品に注目したい。 子供時代に両親に愛されず、愛に飢え孤独な半生を過ごし、薬とお酒に溺れ、派手な衣裳で自分を偽りながら墜ちていくエルトン。 エンドロールで今は支えてくれるパートナーと映る更正した姿に救われた。 歌や躍りはよかったが、ストーリーが少し平凡だったのが残念。 それだけレベルの差を感じるってこと。 やっぱ、あちゃらのミュージカル物はすごいわ! このジャンル(芸能界に実際に存在している方、存在していた方を描く作品)は日本映画界では本当に弱いですね。 東海林太郎、藤山一郎、三波春夫、淡谷のり子、美空ひばり、北島三郎、いや矢沢永吉だって…などを描いた劇場映画ってありましたっけ??? 作品はすばらしかったです! 映画を見ている途中で、学生時代に、地元岡山市内の映画館で上映されず、今は無き【神戸新聞会館大劇場】まで映画『トミー』を見に行ったことを懐かしく思いだした。 歌の吹き替え無し!は前評判通りですばらしかったです。 ただ、封切り直後なのに満席ではなく残念でした。 いい曲もたくさんあるんですが…。 私は彼の栄光しか知らなかったんですが、思った以上に苦しんだ半生だったことに衝撃を受けました。 ヒット曲の誕生秘話を知って再度曲を聞き直してみたくなった。 ただこの手の作品はよくある構成だなーとちょっと期待外れ。 特に最後の展開には正直、鳥肌がたった。 もう一度見たい、と心から思える作品でした.

次の

映画「ロケットマン」ネタバレ感想・解説・考察!エルトン・ジョンの半生を描いた至高の伝記ミュージカル

ロケット マン 感想

『ボヘミアン・ラプソディ』と共通点をご紹介! 『ロケットマン』をみた、1番最初の印象は、『ボヘミアン・ラプソディ』と似てるなってこと。 『ロケットマン』は、エルトン・ジョンを題材にしている映画なのに対して、『ボヘミアン・ラプソディ』は、フレディ・マーキュリーを題材にしています。 それなのに、なぜ似ているのでしょうか? エルトンとフレディの共通点は、こんな感じ。 エルトンとフレディの共通点• 孤独な家族関係• ロックスター• ホモセクシャル• ドラッグ• 悪徳マネージャー問題 ちなみに、映画の監督も同じですね笑。 なぜここまで、 エルトン・ジョンと フレディ・マーキュリーは、同じ道をたどったのだろうか? それには、理由があるんじゃないかと思って調べたら、なぜ 同じ道をたどった理由が分かったので、紹介していきます! ホモセクシャルは、能力が高い!その理由とは? エルトン・ジョンとフレディ・マーキュリーは、なぜこれほどまでに共通点が多いのでしょう? 例えば、2人は、ホモセクシャルですよね。 なぜ2人のロックスターが、ホモセクシャルなのか? 大葉せんせいが調べたところによると、この因果関係は逆で、ホモセクシャルがロックスターになりやすいのです。 ペンシルベニア大学教授であるアダム・グラントは、著書の『originals』の中で、創造性とは…専門分野の深い知識とそれ以外の広く知識から生まれると言っています。 つまり音楽における創造性は、音楽への深い知識と、音楽以外の異文化についての知識を持っていることが重要なのです。 例えば、アダム・グラントは、創造性が高い人は、幼少期に、よその土地で生活した経験が一般的な人よりも高いことを発見しました。 これがなぜかというと、異なる文化や価値観に触れることができたから。 ホモセクシャルは、明らかに異文化ですよね。 ある調査によると、ゲイとバイセクシャルを合わせると全人口の約4. ホモセクシャルは、マイノリティなので、希少な体験です。 一般の人とは、変わった体験をしたことで、異なる価値観に触れることで、創造性が開花するのでしょう。 そのことから、ホモセクシャルが創造性が高く、音楽で成功しやすいことが分かると思います。 内向的な人は、大勢の前に立つ前に、お酒を飲みたいと思ったことありますよね? エルトン・ジョンとフレディ・マーキュリーの共通点は、ホモセクシャルだけではありません。 エルトンとフレディともに、ドラッグにハマっています。 なぜ、2人ともドラッグにハマってしまったのでしょう。 それは、2人とも内向的だからです。 内向的な人間が、大きなステージに立つためには、ドラッグくらい必要ですよね。 芸術分野で大成功している人は、内向的な人が多いと言われています。 なぜかというと、創造性は、内向性と関連があるからです。 スーザン・ケイン氏は、『内向型人間のすごい力』で、 創造性が飛び抜けている人は、内向的な人が多く、孤独を好むと言っています。 逆に孤独だったからこそ、創造性を発揮できたと言えるかもしれません。 孤独だったからこそ、みんながパーティーに出かけている間やバーで飲んでいる間に、音楽制作に打ち込めたのです。 普通に考えれば、孤独を好む性格なのに、大きなライブのチームをひきいて、全米ツアーなんて回れませんよね笑。 そりゃあドラッグにも手を出しますよ。 アーティストが社会のルールを作るって、知ってますか? 大葉せんせいが考えるに、アーティストには、社会的に割り振られた役割があると思っています。 それが社会的な規範を広げること。 つまり社会に新しいルールを作ることこそが、アーティストの仕事の本質だと考えています。 英語で才能は、giftedと言います。 直訳すると、「与えられたもの」、誰に与えられたかというと、神様から。 ホモセクシャルも、持って生まれたものという意味で、ある種の才能と言えるのではないでしょうか? 欧米では、持って生まれた才能は、人類のために使うべきだという道徳感があります。 エルトンとフレディは、ホモセクシャルの才能と音楽の才能を人類のために使いました。 もしエルトンやフレディが居なかったら、今の社会がここまでLGBTに寛容になっていなかったでしょう。 エルトンとフレディは、同性愛を世界に認めさせたのです。 【まとめ】新感覚ミュージカル映画『ロケットマン』は、面白い! 『ロケットマン』は、面白くて、暗い映画ではないので、見に行くべきですよ! 監督が『ボヘミアン・ラプソディ』と一緒なことと、ミュージシャンの歴史を追っている映画ということで、『ボヘミアン・ラプソディ』の2番煎じになるのかなーと思って見に行ったのですが、いい意味で裏切られました。 『ロケットマン』は、『ロケットマン』で面白い! 大葉せんせいの分類だと… 映画の分類• 『ボヘミアン・ラプソディ』は、ミュージック映画。 『ロケットマン』は、ミュージカル映画。 ですねー。 この辺が、全然違う印象になっている理由かと思います。 しかし、流れはほぼ一緒!やっぱりスターは、同じ運命をたどるんですねー。 ただ、エルトン・ジョンは、現在も生きていて、男性パートナーと結婚しているので、その辺はフレディとは違います。 『ロケットマン』は、『ボヘミアン・ラプソディ』と違って、救いがあるので、その辺はいいですよ! それでは、大葉せんせいでした。

次の