妊娠中期 お腹の張り 頻度。 妊娠中のお腹の張りの原因

頻繁に感じるお腹の張り。無理をしすぎて切迫早産になってしまった私

妊娠中期 お腹の張り 頻度

妊婦さんの多くが経験するおなかの張り。 赤ちゃんからの危険サインの場合もあるので、張りを感じたときは体を休めて様子を見るなどの注意が必要です。 でも、妊娠37週以降の張りは、陣痛の準備をしていることがほとんど。 妊娠37週以降の張りについて、そのしくみと対処法を紹介します。 37週以降の張りは「陣痛につながる!」と前向きにとらえてOK 妊娠後期になると子宮の収縮が活発になり、おなかが張りやすくなります。 赤ちゃんの胎動や、赤ちゃんの頭で子宮口が押されることが刺激となって「張り」が起こることも。 これは、子宮が収縮をして、陣痛の準備をしているから。 36週までは早産を防ぐためにも、張ったら体を休めることが大切ですが、37週以降は「正期産」といって、いつ生まれても大丈夫な時期。 おなかが張ったからといって、不安になることはありません。 お産が近づいてきたサインと思って、前向きにとらえましょう。 張りが気になるときは休んでも構いませんが、普段通りに過ごして大丈夫です。 ただし、37週以降でも、注意が必要な張りもあります。 それは、「激しい痛みを伴い、その痛みが休みなく続く場合」と「痛みとともに出血がある場合」。 このような症状があるときは、妊娠中に胎盤が子宮壁(しきゅうへき)からはがれてしまう「常位胎盤早期剝離(じょういたいばんそうきはくり)」の場合も。 医師にも予測ができず、対処のスピードが肝心なので、すぐに産院を受診してください。 「おなかの張り」と「陣痛」「前駆陣痛」はどう見分ける? 37週以降、おなかが頻繁に張るようになり、中には陣痛のように定期的な張りや痛みが起こる「前駆陣痛」を感じる人も。 「おなかの張り」と「陣痛」と「前駆陣痛」はどう違うのかまとめてみました。 「おなかの張り」 子宮が収縮することで起こります。 子宮の筋肉が緊張して、おなかがかたくなったように感じます。 妊娠37週以降は、陣痛の練習をするために、頻繁に収縮が起こるようになります。 陣痛かどうかの判断は、「張りや痛みが規則的かどうか」ということ。 張りが一時的なもので治まった場合、規則的じゃない場合は、陣痛ではなかったということになります。 「陣痛」 赤ちゃんを押し出すために起こる、おなかの張りや痛みのこと。 最大の特長は「規則的におなかの張りや痛みがある」こと。 そしてその痛みが回を増すごとに徐々に強くなり、痛みと痛みの間隔がだんだんと短くなってきます。 規則的に張りや痛みがきていると感じたら、「陣痛間隔(痛みが始まってから、次の痛みが来るまでの時間)」を計ってみましょう。 「前駆陣痛」 お産が近づくと、陣痛のような張りや痛みが起こることがあります。 これを「前駆陣痛」といいますが、陣痛と違って、間隔や持続時間が不規則で、痛みも弱め。 多くの場合は、前駆陣痛はいったん治まり、後日陣痛が始まります。 ただ、痛みの感じ方には個人差が大きく、前駆陣痛だと思っていたら、陣痛だったという場合も多くあります。 「臨月の張り」みんなの体験談を紹介! 『たまごクラブ』で行った、「妊娠時期別のおなかの張り」についての読者アンケートでも、臨月になってからよく張りを感じたという人が多くいました。 「臨月になってからは、座っているときや寝ているときもよく張った」 「夜になるとよく張り、寝苦しかった」 「赤ちゃんが強く蹴(け)ると、締めつけられるような張りがあった」という声が目立ち、 「張りで寝苦しいときは、抱きまくらを使って、横むきの姿勢で寝るとラクだった」という声も。 また、前駆陣痛を頻繁に感じている人の場合、 「いつもの前駆陣痛だと思っていたけれど、念のため受診すると陣痛だった」ということも多いようです。 お産時の連絡方法に関しては、臨月に入るまでに産院で確認をしましょう。 37週以降におなかの張りを感じたときは、「子宮がお産の準備をしている」と思って、心配せずにおおらかな気持ちで過ごしてくださいね。 ただし、自分自身が体がつらいと感じるときは、無理をせずに休んで、異変を感じたときは自己判断をせず、産院に相談するようにしましょう。

次の

妊娠中に心配なおなかの張り。「危険な張り」ってどんなもの?

妊娠中期 お腹の張り 頻度

妊娠中期のおなかの張り 妊娠中期とは妊娠16~27週のことをいい、ママと赤ちゃんをつなぐ胎盤が完成するため安定期と呼ばれます。 この時期にはつわりなどの体調不良が落ち着き、妊娠前のように活発に動くようになる方もいるでしょう。 この時期のおなかの張りは、基本的には起きないのが正常です。 ただし、張りの程度や頻度によって、様子を見てもよい生理的な張りとそうでない張りがあります。 おなかが張ったときに、しばらく安静にして落ち着くようであれば過度に心配しなくても大丈夫なことがほとんどです。 しかし、張りの感じ方は人によって異なるため、経過観察が可能な範囲のおなかの張りか、危険なおなかの張りかは診察をしないとわからないことがあります。 張りを自覚した時は早めに医師に相談し、気をつけるべき張りについて確認するようにしましょう。 おなかの張りの感じ方 関連記事: 妊娠16週0日~19週6日の間が妊娠5ヶ月となり、「安定期」と呼ばれる時期に入… 張りがあるときの対処法 張りを感じたときは、まず安静にしましょう。 横になることができればよいですが、外出先や職場でそういったスペースがない場合、ゆったりと座って安静にするだけでも構いません。 妊娠中期も後半になると、子宮収縮が不規則に起こるようになってくる時期のため、しばらく休むことでおさまってくれば特に心配いりません。 張りがあるときの受診目安 しばらく横になっても治らない場合や、30分以上おなかの張りが続く場合は受診することをおすすめします。 受診目安は以下の通りです。 1日に10回以上の張りがある• 張りの間隔が短くなる• 出血 茶色や黒色を含む がある• 冷や汗が出るほどの強い痛みがある• 安静にしていても張る 1日に繰り返し何度も張りがあったり、張りの間隔が短くなったりする場合は切迫流産・早産の可能性があるため、なるべく早く受診する必要があります。 また、量にかかわらず、出血は切迫流産・早産の兆候である可能性があります。 「茶おり」と表現する方がいますが、茶色や黒っぽく見えるおりものは、少量の出血と考えましょう。 おなかの張りが心配な場合は、一度医師に相談を 妊娠中期は、つわりの症状がおさまってくる方が多く、安定期と呼ばれる時期に入ることも重なって、妊娠前のように活動的になる妊婦さんがいるかもしれません。 体が楽になったからといって無理をするとおなかの張りにつながることがあるため、くれぐれも動きすぎに注意しましょう。 また、妊娠後期が近づいてくるとおなかが張ることは珍しくないため、危険な張りに気付かないことがあるかもしれません。 おなかが張ったときにはしばらく安静にし、落ち着くかどうか確認しましょう。 妊娠中には、体にさまざまな変化が起こります。 過度に心配してストレスを感じることもよくないですが、「これくらいなら大丈夫だろう」と自己判断することも危険です。 もしも、ご紹介した受診目安に当てはまるような症状がある場合は、なるべく早く医師に連絡をとって指示を仰ぐようにしてください。 出典元一覧• 佐藤クリニック「おなかが張るということ」(,2017年9月26日最終閲覧)• みちおかレディースクリニック「妊娠中の出血・おなかの張りについて」(,2017年9月26日最終閲覧)• 井上裕美 監 他「病気がみえる vol. 10 産科」39(メディックメディア,2015)• 日本産科婦人科学会「お医者さんがつくった妊娠・出産の本」32(リクルートホールディングス,2015)• 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

妊娠中にお腹が張る…。お腹の張りの原因と対処法は?

妊娠中期 お腹の張り 頻度

その為、お腹が張るというよりは「違和感」や「重量感」、胃腸と子宮が押しあう事で感じる「軽い腹痛」といった症状が多いようです。 また、生理痛や排卵痛と感じ方が似ているのも特長の一つで、「出血していないのに生理痛?」「妊娠したはずなのに排卵痛?」と首をかしげる人も多いんだとか。 妊娠初期のお腹の張りが、生理痛や排卵痛を似ているなんて、確かに紛らわしいですよね。 妊娠初期にお腹が張る原因は? 妊娠初期にお腹が張る原因には、下記のような要因が挙げられます。 子宮の変化• ストレス では、それぞれの原因がどのように作用してお腹の張りに繋がるのか、そのメカニズムについて順番に見ていきましょう。 原因その1:子宮の変化 そもそも子宮というのは、伸縮性のある筋肉でできている臓器です。 妊娠した女性の子宮は、構成している筋肉が急激に大きく成長し、伸縮性も格段にアップしていきます。 この現象は、子宮の中で成長する赤ちゃんを守る為に起こる現象ではありますが、子宮が大きく成長するにつれて、子宮を支えている周辺の器官も一緒に引っ張られてしまうんです。 【 子宮の成長に伴って引っ張られる器官 】• 円靱帯• 仙骨子宮靱帯• 基靱帯• 子宮広間膜(子宮を包んでいる膜) 子宮広間膜(しきゅうこうかんまく)は、子宮と他の生殖器や骨盤とを繋ぐという、重要な役割を担っている器官です。 ちなみに、子宮の成長に伴う違和感や痛み、お腹の張りという感覚は妊娠後期まで続きますが、最も感じやすいのが妊娠初期と言われています。 原因その2:便秘 妊娠初期の代表的な身体変化といえば、「つわり」ですよね。 つわりが始まると、食べられるモノが限られてしまう事も多く、食事が偏りがちになってしまいます。 加えて、食欲が減ったり胃腸の動きが鈍くなったりしますから、どうしても便秘になりやすくなってしまうんです。 便秘が長引くと、頑固な宿便が腸の中に溜まってしまいます。 ただでさえ、妊娠すると思い切り力めない!という女性が多い中、長引く便秘で腸の中に頑固な宿便が溜まってしまう事も少なくありません。 腸の中に居座る宿便は、ガスを発生させて腸内で膨張していき、このガスによる圧迫感でお腹が張っているように感じてしまうんです。 ちなみに、便秘やガスによるお腹の張りは、赤ちゃんへ悪影響を及ぼす程ではありませんが、母体にとっては理想的な状態とは言えません。 「この張りは、もしかして便秘が原因では?」と思い当る場合は、妊婦健診の時にでも相談してみましょう。 原因その3:ストレス 意外と見落としがちなのが、ストレス要因によるお腹の張りでしょう。 確かに妊娠初期というのは、待ち望んでいた妊娠に幸せを感じる時期ではありますが、自分の身体が目に見えて変化していく状況について行けず、困惑してしまうのもこの時期ならではの特長です。 悪阻が酷くて食事も喉を通らない!• 一日中、眠くて何も手に付かない!• 出産への恐怖で夜も眠れない!• 一日中イライラして落ち着かない! などなど・・妊娠初期の複雑な心境を数え上げれば、きりがありません。 このような心理状態は、大きなストレスとなって妊婦さんの身体に様々な悪影響を与えてしまいます。 血行循環が滞って、身体が冷え症になってしまう!• 全身の筋肉が硬直して、緊張状態が続く!• 緊張を解したいのに、イライラして身体がリラックスできない! こうした身体の変化は、筋肉で構成されている子宮に作用し、子宮収縮を引き起こしてお腹の張りを助長させてしまうんです。 「様子見」と判断できるお腹の張りは? 妊娠中のお腹の張りで最も重要なのが、「様子見の張り」と「危険信号の張り」の違いです。 では、妊娠初期にお腹の張りを感じた場合、危険性が低く様子見した方が良い症状には、どんなタイプがあるのでしょうか?• 出血を伴わない張り• お腹は張っているものの、超音波検査で胎児の心拍が確認できる このような場合は、たとえお腹に張りを感じていたとしても、生理的な要因によって引き起こされているケースが多いと言われています。 「危険信号」と判断すべきお腹の張りは? お腹の張りには、何等かの兆候を暗示している「危険信号」と捉えるべきタイプがあります。 【 危険な症状 】• 妊娠と診断された後に、出血量が増えてきた場合• 明らかな鮮血がダラダラと続いて、出血量が減らない場合• 下腹部を締め付けるような痛みが、断続的に続く場合• 冷や汗をかくほどの痛みが、断続的に続く場合• お腹の張りと一緒に、悪阻の症状が治まった場合• 基礎体温が急激に低下し、高温期とは言えなくなった場合 これらの症状は、いずれも流産などの危険信号と捉えるべきシグナルです。 もちろん、全てのケースが即座に流産などに繋がる訳ではありませんが、出来るだけ早めに産婦人科の診察を受けた方が良いでしょう。 お腹が張った時の具体的な対処法5つ では、妊娠初期の妊婦さんが実際にお腹の張りを感じた場合は、どのように対処したら良いのでしょうか? ちなみに下記の項目を全て満たし、自然にお腹の張りが治まるのであれば、ただの生理的な子宮収縮だったと推察できます。 楽な姿勢で横になって安静にする お腹に張りを感じたら、真っ先に行うべきなのが「安静に休む」事です。 全ての妊娠期間に共通した第一選択で、安静に休む時間を設ける事で、危険な張りなのかどうかを見極める事ができます。 ソファやベッドで横になって休むのが、最も理想的なスタイルですよ。 ママさんの身体が緊張状態にあると、子宮が刺激されて収縮を引き起こしてお腹が張ってしまいます。 妊娠中期になると、「自分は妊婦なんだ!」とイヤでも意識しますから、無意識に行動が制限されますよね。 これに比べて、まだお腹が小さい妊娠初期ほど急に向きを変えたり、反動を付けて座ってしまったり・・。 急に動いてしまうと瞬間的に筋肉に力が入りますから、それが子宮に刺激となって伝わってしまうんです。 ちょっとした拍子に張りを感じたら、動いている手を止めて休息時間を設けましょう。 外出中なら落ち着いて座れる場所を探す 横になって休むのが理想的ではありますが、外出中であればそうもいきませんよね。 買い物中にお腹の張りを感じたら、落ち着いて座れる場所を探してみましょう。 夏の暑い時期なら木陰にあるベンチ、冬の寒い時期なら暖かい室内が理想的です。 仕事中なら深呼吸して身体の力を抜く 妊娠が発覚してからの約4ヵ月までを妊娠初期と言いますが、この時期なら仕事を続けている女性がほとんどですよね。 産休に入る前の妊娠初期の女性にとって、突然おそってくるお腹の張りはとっても厄介。 妊娠中のお腹の張りは所構わず突然やってきますから、通勤途中や職場で、いきなりお腹が張ってドキッとする人も多いでしょう。 まずは慌てず足を止めて深呼吸してみましょう。 深呼吸は、呼吸のリズムや自律神経を整える効果に加え、身体の力みが和らいで全身の筋肉を解してくれるんです。 しかも、場所を選びませんし短時間で回復できるという手軽さも。 立ち仕事の最中なら、手摺りや壁に手を付いて身体を支え、安定感をキープしながら深呼吸してみましょう。 お腹を擦るなどの軽いマッサージ 冷房などで身体が冷えていると、筋肉が硬直してお腹が張りやすくなってしまいます。 お腹に手を添えて優しく擦るようにマッサージしてあげると、意外と短時間で血行が促進されますよ。 但し、冷たい手でマッサージしてしまうと、せっかくの行為も逆効果! 子宮に刺激が伝わらないように、温めた手で行うとより効果的です。 締め付けない洋服に着替える お腹に張りを感じたら、ウエスト周りに余裕がある洋服に着替えて、お腹周りを楽にしてあげましょう。 妊娠初期の女性は、身体の変化と本人の意識がリンクしていない場合が多く、妊娠前の洋服を使い続けている人少なくありません。 ですが、お腹周りは着実に大きく変化していますから、苦しくなって初めてサイズが合っていない事に気付く・・なんて事も多いんです。 また、ヒールやパンプス、ブーツなどタイトな靴もオススメできません。 妊娠中は、足がむくみやすくなっていますから、靴を脱ぐだけでもリラックス効果が期待できるんですよ。 妊娠初期にお腹の張りを感じても慌てないで! 妊娠初期に感じるお腹の張りには、そのほとんどが生理的な現象と言われています。 とは言え、少なからず流産などの危険信号が隠れている事も事実! お腹が張っているような違和感を感じたら、まずは落ち着いて休憩を取って症状を確認して下さい。 せっかく宿った新しい命ですから、ちょっとしたリスクにも目を向けて、無事に出産予定日を向かえましょう。

次の