他 行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込。 ゆうちょ銀行の振込手数料・他行間の振込はココがポイント! [銀行・郵便局] All About

送金できない!?普通の銀行からゆうちょ口座へ振込をする方法

他 行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込

ATM• ゆうちょダイレクト• 窓口 の3種類の方法があります。 必要なものはゆうちょ銀行の総合口座(送金機能つきの通常貯金・通常貯蓄貯金)もしくは一般振替口座です。 総合口座から振込む場合「通帳とお届印」または「キャッシュカード」が必要です。 通帳でのキャッシュサービスつまりATM利用の場合は、お届印の代わりに暗証番号入力でもOKです。 一般振替口座からの振込には「お届印」が必要です。 ゆうちょから他の銀行へ現金で振込できるか ゆうちょ銀行から他の銀行への現金のみの振込は現在できません。 窓口もATMも両方ともです。 ただし、あなたがゆうちょ銀行の口座を持っていれば現金を一旦そこへ入金して、その口座から振り込みすることができます。 この口座というのは総合口座もしくは一般振替口座になります。 もし持っていなければ当日に窓口で口座の開設をして、その通帳でATMなどから振り込みすることができます。 ゆうちょ銀行のATMでの振込のやり方 ゆうちょ銀行からの振込で一番多いのはATMを使う方法だと思います。 ゆうちょのATMは他の銀行と違って、画面に振込という文字がありません。 慣れてないと、どうすればいいかわかりにくいですよね。 画面左の真ん中の「送金」というボタンをまず押します。 そうすると画面が変わって、左下に「他行口座へのご送金」が出てくるのでそこを押します。 あとは画面の案内に沿って振込みをすればOKです。 払込という単語も出てきて混乱しますが、他銀行への振込をする場合は「他行口座へのご送金」です。 ゆうちょ銀行の窓口からの振込方法 ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で振り込むことができますが、簡易郵便局の窓口での取扱いはありません。 通帳とお届け印を忘れずに持っていってくださいね。 照合など、セキュリティを高くしている場合はお届け印(暗証番号も)がないと何もできませんよ。 あとは窓口の人が教えてくれるので従えばOKです。 ただATMに比べて手数料が高いので、振り込みを窓口からする人はあまりいないかと思います。 ゆうちょダイレクトの振込のやり方 ゆうちょダイレクトで振り込みなど、利用するためにはあらかじめ申し込みが必要です。 パソコンやスマホで取引ができるのは便利ですよね。 ゆうちょダイレクトは振込以外にもいろいろな操作方法を紹介してくれているので参考にしてくださいね。 ゆうちょ銀行の振込と払込と振替の違い 基本的に送金とはお金を送ること全体に使う言葉です。 ではその中の振込・払込・振替など似たような言葉はどうのように違うのでしょうか。 簡単に説明すると次のようになります。 スポンサーリンク ゆうちょ銀行から振込みできる時間 自分が振り込む時間と、相手が受け取る時間は同じとは限りません。 タイムラグが発生することがあります。 自分側と相手側の営業時間はそれぞれ違う(かもしれない)からです。 ゆうちょ銀行で振り込みができる受付時間 ATM・ゆうちょダイレクトであれば取扱時間内ならいつでも受付できます。 ただ1月1日から1月3日までは振込できません。 窓口やATMの稼働時間は場所によって違うので近くにある郵便局やATMを調べてくださいね。 都心の方が長い時間やってることが多いです。 首都圏や関西ならファミリーマートにあるゆうちょATMを使うのが便利です。 いわゆるコンビニATMではなく緑色のゆうちょATMのことですのでお間違いなく。 他銀行への振込は全銀システムで振込データのやり取りが行われます。 このシステムは平日9時前~15時までです。 というわけであなたが平日15:00以降、土曜日、日曜日、休日(12月31日を含む)に振込をした場合は翌営業日扱いになります。 さらに窓口で平日14:30以降に振り込んだ場合、または振込事務の繁忙日などでやむを得ない事情がある場合は翌営業日扱いになることがあります。 基本的には相手の銀行の営業時間を考えるとわかりやすいですね。 その点、ゆうちょ同士なら24時間オンラインで送金できるのは便利ですね。 ゆうちょ銀行から他銀行への振込手数料 ゆうちょ銀行から他銀行への振込手数料(消費税込み)については以下の通りになります。 お振込金額 5万円未満 5万円以上 窓口 648円 864円 ATM 216円 432円 ゆうちょダイレクト 216円 432円 手数料は差がありますねー。 窓口ではなく、ATMやゆうちょダイレクトを利用した方がお得だということがわかりますね。 ゆうちょ銀行の時間外手数料について ゆうちょ銀行には時間外手数料というものはありません。 とにかく窓口であろうがATMであろうが営業時間であれば普通に使うことができます。 土日も深夜も気にせず使えるのはありがたいですね。 郊外だとやっている場所を探すのは難しいかもしれませんが。

次の

お金を送るには(ゆうちょ銀行口座→他の金融機関口座への振込)-ゆうちょ銀行

他 行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込

目次 ゆうちょの口座には番号が2つある 一般的な銀行や信金、農協などでは、口座の特定は支店名と口座番号でされています。 しかし、ゆうちょ銀行では、このような番号が2種類あり、今も両方とも使われています。 ゆうちょ銀行の他の金融機関との相互振込対応の経緯 実は以前のゆうちょ(郵便貯金~ゆうちょ銀行の初期)は、ほかの銀行との相互の振り込みに対応していませんでした。 ゆうちょ銀行は、2009年(平成21年)1月4日まで全国銀行データ通信システム(全銀システム)への加入ができなかったため、他の金融機関との相互に振込はできず、特定の提携のある金融機関に限って、相互送金が可能であった。 出典元: 2009年になってようやくほかの銀行との一般的な振り込みに対応したという経緯があります。 ゆうちょ銀行の「記号番号」と「支店名・口座番号」の関係 ゆうちょ(郵便貯金)は、一般的な銀行と異なり、「支店」がなく、振り込みなどの際の口座の特定は、ゆうちょ(郵便貯金)独自の「記号番号」でなされていました。 上記のように、2009年に他の金融機関との相互の振り込みが可能なった際に、他の金融機関と同じ「支店名・口座番号」が、新たに付されました。 なので、ゆうちょ口座には今も、「記号番号」と「支店名・口座番号」が併用されています。 銀行から郵貯に振り込むには「支店名・口座番号」が必要 上記の通り、そもそも他の金融機関とのやり取りのために「支店名・口座番号」が付されたので、当然ながら、銀行からゆうちょへ振り込むには「支店名・口座番号」を使います。 振込先の口座としてゆうちょ銀行が指定された場合には、知らされた番号が、「記号番号」ではなく「支店名・口座番号」であるかの確認は必須です。 ゆうちょ銀行の「支店名・口座番号」を確認する方法 通帳で確認する ゆうちょ銀行の通帳を最近作った方、通帳を窓口に持っていく機会があった方は、通帳の1ページ目の下のほうに、「支店名・口座番号」の記載がされています。 最近全く使っておらず、「支店名・口座番号」の記載などない、という方は、ゆうちょの窓口に通帳を持っていけば、すぐにその場で記載されます。 何かの機会があれば「支店名・口座番号」を通帳に記載してもらっておくと、いざというときに便利です。 ゆうちょのサイトで確認する 振込先がゆうちょである場合、できるだけ口座をお持ちの方から「支店名・口座番号」を直接お知らせいただくのが間違いがなくて一番です。 ですが、ご年配の方などですと、なかなか説明がうまく通じず、「支店名・口座番号」の聞き取りができないことがあります。 そのような場合、「記号番号」がしっかりと分かっているのであれば、ゆうちょのサイトで「記号番号」から「支店名・口座番号」を変換して調べることができます。 ゆうちょ銀行へ他の金融機関から振り込みする手順• 振込先の番号が「支店名・口座番号」であるかを確認する• 「記号番号」しか知らされていない場合には本人に「支店名・口座番号」を確認してもらう• 本人から聞き出しにくい場合は、ゆうちょ銀行のサイトで「記号番号」から「支店名・口座番号」を調べる また、振込先がゆうちょ銀行に限るわけではありませんが、一般的に口座の情報は口頭ではなく、メモやFAX、メールなど、後に残る形で手に入れることが望ましいです。 銀行名• 支店名• 口座番号• 口座の種類(普通か当座か)• 口座名義(フリガナも) 最低限、これらの情報を間違いなく入手することが大切です。 それでは。

次の

ゆうちょATMから他の銀行へ振込方法【基本から】手数料や土日は

他 行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込

「ゆうちょ銀行から他の金融機関口座への振込」は口座からのみ可能です。 現金による振込はお取扱いいたしません。 ご利用の際には、『通帳とお届印』または『キャッシュカード』が必要です。 振込が可能な口座は、総合口座(送金機能つきの通常貯金・通常貯蓄貯金)および一般振替口座です。 本人確認がお済みでない口座の場合は、本人確認書類をお持ちください。 送金機能の有無および本人確認については、通帳見開きのご利用欄等でご確認いただけます。 通帳でのキャッシュサービスをご利用の方は、お届印の代わりに、暗証番号入力によるお取扱いも可能です。 「他の金融機関からゆうちょ銀行口座への振込」は、 振込用の店名・預金種目・口座番号が必要です(現在のゆうちょ銀行口座番号(記号・番号)のままでは振り込むことができません)。 現在、ゆうちょ銀行の通帳(通常貯金・通常貯蓄貯金)に新たに「振込用の店名・預金種目・口座番号」を記載させていただいております。 未記載の場合は、お近くのゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口まで通帳をお持ちください。 (総合口座、通常貯金口座、通常貯蓄貯金口座に限ります。 振込先口座番号、振込先カナ氏名を間違えると別人の口座に振り込まれることがあります。 振込の際は、振込先口座番号、振込先カナ氏名を必ず確認してください。 「ご入金・ご出金やゆうちょ銀行口座間の振替」は、現在ご使用の記号・番号をそのままご利用ください。 補足:簡易郵便局の窓口でのお取扱いはしておりませんが、一部の簡易郵便局に設置しているATMではお取扱いしております。 取扱時間 ATM、ゆうちょダイレクト、ゆうちょBizダイレクトまたは窓口の取扱時間と同じ• 振込先の金融機関、受取人の預貯金口座の状況および振込の依頼日時・内容等により、お振込が翌日以降のお取り扱いとなることがあります。 お振込人さまに、振込用の店名・預金種目・口座番号および受取人名をお知らせください。 振込用の店名・預金種目・口座番号のご案内方法 ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口に通帳(通常貯金・通常貯蓄貯金)をお持ちいただいた際、振込用の店名・預金種目・口座番号を記載させていただいています。

次の