たけのこ の 茹で 方。 たけのこが固い場合の処理の仕方はこうする!

【簡単】失敗しない「たけのこ」のゆで時間とゆで方

たけのこ の 茹で 方

たけのこは傷みやすいので、冷蔵庫でも日持ちがしません。 そこで食べきれないときにオススメしたいのが冷凍保存。 美味しく冷凍保存するコツを野菜ソムリエプロの根本早苗先生に教えてもらいました。 茹で方(アク抜き)の方法もおさらいしましょう。 美味しく冷凍するポイントは「繊維を分断して薄く切る」「水分が外に逃げないように閉じ込める」の2つです。 これらのポイントをおさえたオススメの冷凍方法を紹介します。 水分を保持できて風味が抜けにくいので、この方法が最もおすすめです。 だし汁ではなく、コンソメスープや水に浸してもOKです。 1 たけのこを小さく切る アク抜き済みのたけのこを切る。 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りまたはいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 冷凍用保存袋にだし汁と一緒に入れ、冷凍する たけのこを冷凍用保存袋に入れ、だし汁を全体が浸かるくらい加え、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこだけ使ってもよいが、だし汁もそのまま煮ればスープなどに使える。 解凍後はほとんど甘みを感じないのでどんな料理にも使えますが、気になる人は煮物などにしましょう。 1 たけのこを小さく切る 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りかいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 砂糖をまぶしてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍する 砂糖がたけのこの表面をうっすらと覆うように、両面にまんべんなくまぶす。 1回使用分ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れ、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこの茹で方(アク抜き)の方法 たけのこを冷凍するときは、事前にアク抜きしておく必要があります。 ここでは米ぬかと赤唐辛子を使う方法を紹介します。 米ぬかはたけのこのえぐみを抜きながらやわらかくする役割、赤唐辛子はぬか臭さを和らげ、保存期間を長くする役割があります。 1 穂先と根元を切り落とし、切れ目を入れる 穂先5cm程度と根元のかたい部分を切り落とし、縦に深さ2cm程度の切れ目を入れる。 切れ目を入れることで、火が通りやすく、アクも抜けやすくなる。 また、茹でた後に皮をむきやすくなる効果もある。 たけのこの根元に紫色のイボがあればそぎ落とす。 2 鍋にたけのこ、米ぬか、赤唐辛子、水を入れる たけのこ2~3本に対して、米ぬか1カップと赤唐辛子2本が目安。 水はたけのこがかぶるまで入れる。 米ぬかの代わりに生米(たけのこ2〜3本に対して大さじ4杯)を入れてもよい。 3 落としぶたをして強火にかけ、沸騰したら弱火で1時間茹でる 落としぶたをするのは、たけのこが浮いて空気に触れると酸化して色が悪くなるため。 沸騰後は、吹きこぼれないように弱火にする。 4 鍋のまま冷ます たけのこの根元の太い部分に竹串を刺してみて、スッと通れば火が通っている。 鍋のまま徐々に冷ますことでアクが抜ける。 流水などで急激に冷やすとアクがきちんと抜けないので注意。 粗熱が取れたら料理に使用できるが、しっかり冷ますほうがよりアクが抜ける。 5 皮をむき、不要な先端を切り落とす たけのこを水で洗ってぬかを流し、切れ目から皮を5枚程度むく。 穂先部分はさらに数枚皮をむく。 穂先を切り落とす。 そのとき、先から包丁でトントンと叩いていき、刃先がスッと入った場所で切る。 落とした部分はかたい皮なので食べない。 やわらかい皮は食べられるので、すべて取り除く必要はない。 根元の粒が写真右のように黒や紫に変色している場合はそぎ落とす。 (写真左は変色していないのですべて食べられる).

次の

たけのこの茹で方皮付きの場合は?米ぬかや大きな鍋がないときは?

たけのこ の 茹で 方

たけのこは傷みやすいので、冷蔵庫でも日持ちがしません。 そこで食べきれないときにオススメしたいのが冷凍保存。 美味しく冷凍保存するコツを野菜ソムリエプロの根本早苗先生に教えてもらいました。 茹で方(アク抜き)の方法もおさらいしましょう。 美味しく冷凍するポイントは「繊維を分断して薄く切る」「水分が外に逃げないように閉じ込める」の2つです。 これらのポイントをおさえたオススメの冷凍方法を紹介します。 水分を保持できて風味が抜けにくいので、この方法が最もおすすめです。 だし汁ではなく、コンソメスープや水に浸してもOKです。 1 たけのこを小さく切る アク抜き済みのたけのこを切る。 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りまたはいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 冷凍用保存袋にだし汁と一緒に入れ、冷凍する たけのこを冷凍用保存袋に入れ、だし汁を全体が浸かるくらい加え、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこだけ使ってもよいが、だし汁もそのまま煮ればスープなどに使える。 解凍後はほとんど甘みを感じないのでどんな料理にも使えますが、気になる人は煮物などにしましょう。 1 たけのこを小さく切る 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りかいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 砂糖をまぶしてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍する 砂糖がたけのこの表面をうっすらと覆うように、両面にまんべんなくまぶす。 1回使用分ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れ、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこの茹で方(アク抜き)の方法 たけのこを冷凍するときは、事前にアク抜きしておく必要があります。 ここでは米ぬかと赤唐辛子を使う方法を紹介します。 米ぬかはたけのこのえぐみを抜きながらやわらかくする役割、赤唐辛子はぬか臭さを和らげ、保存期間を長くする役割があります。 1 穂先と根元を切り落とし、切れ目を入れる 穂先5cm程度と根元のかたい部分を切り落とし、縦に深さ2cm程度の切れ目を入れる。 切れ目を入れることで、火が通りやすく、アクも抜けやすくなる。 また、茹でた後に皮をむきやすくなる効果もある。 たけのこの根元に紫色のイボがあればそぎ落とす。 2 鍋にたけのこ、米ぬか、赤唐辛子、水を入れる たけのこ2~3本に対して、米ぬか1カップと赤唐辛子2本が目安。 水はたけのこがかぶるまで入れる。 米ぬかの代わりに生米(たけのこ2〜3本に対して大さじ4杯)を入れてもよい。 3 落としぶたをして強火にかけ、沸騰したら弱火で1時間茹でる 落としぶたをするのは、たけのこが浮いて空気に触れると酸化して色が悪くなるため。 沸騰後は、吹きこぼれないように弱火にする。 4 鍋のまま冷ます たけのこの根元の太い部分に竹串を刺してみて、スッと通れば火が通っている。 鍋のまま徐々に冷ますことでアクが抜ける。 流水などで急激に冷やすとアクがきちんと抜けないので注意。 粗熱が取れたら料理に使用できるが、しっかり冷ますほうがよりアクが抜ける。 5 皮をむき、不要な先端を切り落とす たけのこを水で洗ってぬかを流し、切れ目から皮を5枚程度むく。 穂先部分はさらに数枚皮をむく。 穂先を切り落とす。 そのとき、先から包丁でトントンと叩いていき、刃先がスッと入った場所で切る。 落とした部分はかたい皮なので食べない。 やわらかい皮は食べられるので、すべて取り除く必要はない。 根元の粒が写真右のように黒や紫に変色している場合はそぎ落とす。 (写真左は変色していないのですべて食べられる).

次の

たけのこの茹で方皮付きの場合は?米ぬかや大きな鍋がないときは?

たけのこ の 茹で 方

スポンサーリンク たけのこの茹で方って簡単なの? 旬の時期に食べる新鮮なタケノコは本当に美味! 我が家ではタケノコ採りが趣味の伯父さんから毎年取れたてのタケノコをいただいていました。 なので、子供の頃から母親が皮つきの生のタケノコを茹でるのを見ていたのですが、実際に見たことが無い人にとっては「どうやって調理するの??」と疑問だらけですよね。 一見難しそうに感じるたけのこの茹で方ですが、実はそんなに難しくないんですよ~。 この唐辛子を入れる効果としては ・糠の臭みを減らす ・防腐作用 ・殺菌作用 などがあります。 でも唐辛子を一緒に煮ることによって、辛みを感じるという方もいます。 (私はあまり感じませんが・・・) そういう方々は入れずに茹でているようですが、特に問題はないようですね。 それから食べるまでは水から出ないようにたっぷりの水に漬けて保存しましょう。 すぐに食べない時には、水を毎日変えてくださいね。 でも、時間が経つと水っぽくなったり風味が落ちたりしますので、早めに食べることをお勧めします。 生米や重曹でも灰汁抜きはできますが、米ぬかが主流ということは、一番美味しく茹であがるのが米糠なんでしょうね。 たけのこのゆで方で鍋に入らない時はどうする? 筍が大きすぎて鍋に入らない場合や、大きな鍋を持っていない場合はどうすればいいか悩んでしまいますよね。 そんな時には、いさぎよく縦に半分に切って茹でましょう。 半分にしても顔を出しちゃう! という場合には、皮をむいて茹でても大丈夫です。 でも筍の皮は結構厚くて硬いので、手を怪我しないように気を付けて剝いてくださいね。 たけのこを皮付きで茹でる理由は? たけのこを茹でる時は皮付きでするのが主流です。 でもなぜ皮付きで?と思いますよね。 その理由は、皮をむいてしまうと、タケノコの旨味や風味がお湯に流れ出ちゃうからなんです。 また、皮付きで茹でた方が、白っぽく綺麗に茹であがります。 見た目や味にそんなにこだわらないよ、という方は、皮をむいて茹でても構いません。 私も沢山の筍を茹でた時には、皮をむいて茹でましたが、正直違いが分かりませんでした(笑) 最後に 皮付きの筍の茹で方をご紹介しました。 ハードルが高そうに感じますが、手順を見るとかなり簡単だということが分かったと思います。

次の