さくらい し きこ。 社会福祉法人 幸寿会|東桜の里・さくらいふ

厳選洋食さくらい (ゲンセンヨウショクサクライ)

さくらい し きこ

このひどい落書き、以前中華料理屋のコックの3DCGモデルを作ろうと思って 描いた最初の走り書きです。 今見てもひどいもんです。 次に3DCG超初心者向けのソフトを使って作ったコックです。 これもまあひどい。 キャラに動きを付けるためMIXAMOに移したらこうなりました。 ファイル形式が 間違っておりました。 それに気づくまで専門書見てネットで調べて苦労しました。 これがコックの完成形です。 最初の落書きから三ヶ月間かかりました。 現状簡単に 3DCGキャラを作れるソフトがなく、オートディスク社のMAYAを使いこなせないと できないと気づきました。 MAYAを使いこなせれば即デザイナーになれます。 キャラに動きを付けることができればアニメ動画を作ることができます。 しかし背景を フル3DCGで作ることが不可能だったので手作りの模型で背景動画を作り、それに キャラ動画を合成させる方法を考えました。 上はグリーンバックで撮影したモーションデータで、下はやはり動画で撮影した 背景です。 ミニチュア模型を作って使いました。 背景が静止画だと合成がうまく できなかたので、両方動画を撮影しました。 あとはクロマキー合成させるだけです。 登場キャラが増えると制作工程が増えるだけです。 しかしこの苦労がないとアニメが 作れない。 本当にアニメ作りって大変な作業だと思います。 本業ではありませんが。 キャラを作る時、イラストを描かないで粘土をこねて作っちゃうケースもありました。 この犬キャラ、最初はこんな感じでした。 それをデジタルイラストに起こしました。 次に3DCGキャラにします。 アニメ用の犬キャラ、いぬりん君です。 以降彼を超えるキャラクターをまだ 作っていません。 仕事があればまたやりたいと思いますが。 実はキャラを作ってアニメで動かすまで、多くの方々の協力をいただきました。 動画に上げるまでの制作は自分でやりますが、専門性を問われる作業も多いため すべてをひとりでやるのには限界があります。 簡単にひとりでも制作ができることを 考えて今の方法を思いついたのであります。 商用アニメ広告動画は需要がある。 私はそう考えるのであります。 誰か仕事ください。 お待ちしております。 中華街という観光地において私はなにか新しい商品が作れないものかと常々考えて おりました。 過去に実際、何点か商品を作ったことがあります。 まずやったのがエビポン菓子です。 中華街で1パック100円で売られている エビせんがありますが、中華料理屋が油の温度を上げる前の時間を利用して作って いるものです。 これをノンオイルでヘルシーな菓子でやったらどうなるか? が 取り組みの動機でした。 製造原価が高くても売れないので少量の穀類を膨張させる バクダン菓子なら油で揚げる必要もないと考えて作ったのがエビポンです。 あるメーカーさんに依頼して作っていただきました。 雑誌にも掲載していただいたの ですが思った以上に売れなかったので、現在は残念ながら製造中止しております。 次にやったのが菊芋を使った中華菓子のマラッカオです。 菊芋マーライコウの名前で 商標登録をしました。 菊芋は血糖値を下げる、腸内環境をきれいにすると言われる成分イヌリンを多く含む 野菜でこれを使って何かできないか? が取り組みの動機でした。 単独開発のできない 商品だったので農商工連携事業計画と並行して開発を進めた結果、認定を得ることが できました。 キャラクターも自分で作りました。 いぬりんくん。 これも商標登録しました。 今でも開発をあきらめていない商品があります。 開口栗(笑い栗とも呼ばれます)です。 従来の甘栗の焼き方とちがいこれは高圧釜で焼く商品で、栗に切れ目を入れて圧力釜で 焼くと栗が割れるというもので、従来の焼き栗とちがって割りやすく手が汚れない。 食感が やわらかく甘くておいしいです。 ピスタチオを連想してもらえればわかりやすいですね。 この製造の難点は量産ができないことです。 栗はひとつとして同じ形は無いので定位置に固定 して切りこみを入れる加工が出来ないのです。 これを解決する方法を常時考えております。 もし量産に成功できたらこの商品、絶対ヒットします。 開口栗は中国、北京では当たり前に 売られていますが日本国内においてはまだ少ないです。 これはなんとか成功させたいです。 3DCGを使った広告動画もやりたいですね。 なんせこれも作ると手間がかかりすぎる。 実は以前から会社で印刷、造形、広告をやる事業を作ることで動いておりましたが、 残念ながら頓挫、断念しました。 そのうちまたスッゲー動画を作ってやると思っては おりますが。 個人のフリーランスで仕事を取るのと会社があって仕事を取るのでは会社のほうが 信用があって、取引上業務の遂行もやりやすいと学びました。 過去やってきた仕事は甘栗、野菜販売の他に変わったところで中国向けの輸出の 手伝いをやったことがありました。 幸い過去の仕事で貿易もやっていたのでその 経験が買われたのか、ある雑貨品の輸出業務をやったことがあります。 輸出実績のない商品だったので通関が認められるかわからない状況で、税関への 問合せから始まり、輸入許可を取るための指導を得るためコンサル会社に行ったり 荷物を引き受けてくれる中国の外貿公司を探したりと、記憶にあるだけで4、5回 は渡航しておりました。 幸い中国に友達がいたおかげで比較的はやく通関を切って もらうことができました。 ただし税関を通っても中国国内の販売展開については 中国の商検局、検検局の許可がないと売ってはいけないので、結局この仕事はその 時点で終了となりました。 コンサル料でお金をいただいて経験がひとつ増えた結果で 終わりました。 その後この手の仕事はやっていません。 この仕事、昔からの仕事仲間が持ってきたものでした。 成功するかわからない仕事 でも、紹介をしてくれた仲間には感謝をしています。 その後、変わった仕事で農商工連携事業計画の認定を取る仕事もやりました。 結果 この認定取得ができました。 このふたつの仕事は私にとって今まで経験したことの ない、本当に変わった仕事でありました。 仕事をすれば給料をもらうのが当たり前ですが、売上が少なければ給料も取れないという 事も多々ありました。 給料ではなく報酬でしたが報酬が取れなければ他に行って稼ぐしか 手段がなかったので何でもやりました。 少人数で動かしていた会社でしたが最優先に給料を支払うのはアルバイト、社員の順番で 計算したらあれ? 今月オレの取り分ないじゃんなんてこと、けっこうありました。 そんな時、働かせていただいたのが宅配の会社さんでした。 中華街には大手の宅配便会社 が数件ありましたので頼んで働かせていただいたことがあります。 時間帯は夕方開始の 夜配のみ。 通常は配達と集荷を こなさなければいけませんが、夜の集荷締め切りに間に合わせる自信がなかったので配達 のみの仕事でお願いしました。 配達完了時に小型端末で配完不在の報告をし、不在なら不在表をプリントしてポストに投函 する。 次の配達先に行く途中電話が鳴って再配達依頼がきたらまた戻るをやっておりました。 中華街では車を使う配送ではなく台車を使って配送するのが主流なのでとにかく動き回りま した。 健康にも良くお金がいただけたのは良かったと思います。 自分の意志に関係なく会社をやって仕事をすれば良い時も悪い時もあります。 悪い時は収入 が得られず借り入れの返済に悩む時です。 実は今現在、また悪い状況下に置かれています。 そしてまた出稼ぎに出る必要が出て、今度はどんな仕事をしようかなあと脳天気に考えて おります。 甘栗から始まって八百屋をやってその後中華料理店、ラーメン屋と広げていくのですがその 話はまた次回に。 思い返すと今までいろいろな仕事を経験してきているんですね。 10年近く商売をしていると10年間に起きたネタもそれなりにあります。 自分が出来る 仕事で給料を取り生活をしていく。 しかしモノゴトは常に流れて変化しますから常に同じ ことを続けてもどうしようもないこともありました。 甘栗で会社を興して2年間は安定しておりました。 毎日保冷倉庫に原料を取りに行き、 栗洗いをしてから焼く。 焼けた甘栗を売り場に出して売る。 無くなればまた洗って焼いて 売る。 この繰り返しを2年間続け年商もそれなりにありました。 融資のお願いで銀行の 担当者さんに事業内容を説明した時、その方から甘栗って立派なビジネスになるんですねと 感心されたのは意外でありました。 商売を始めた当初、中華街の甘栗の押売りが問題になってから当然のごとく売上が減って いきました。 次に参入したのが青果卸販売業でした。 中華街はその多くが中華料理店でお店のオーナーと コックも中国人が占めていましたから、八百屋業務が始められるかもと思って台車を使って こまめに配達する商売から始めました。 仕入れのため遠方の市場に通って知合いの売参人さん から野菜をわけてもらい(以後、市場の買取り許可を取りました)、この仕事が甘栗を超す 売上を確保することができたので、コンテナ冷蔵庫を含めた荷さばき場所を確保して、その後 数年はなぜか売上が右肩上がりとなったのでありました。 甘栗販売と並行して事業を行っていた この時期、何度かピンチも経験しましたが比較的に安定していた時期でありました。 この八百屋、お店の屋号がありませんでした。 当初冗談で168菜店と名乗っておりましたが 168は中国語の発音でイーリョウバー 一路発、稼ぎ続ける意味)センスが悪いので以降、 屋号をつけないで現在に至ります。 他の八百屋は生鮮館とか青果物産とかつけておりました。

次の

さくらい【公式ページ】静岡県島田市

さくらい し きこ

このひどい落書き、以前中華料理屋のコックの3DCGモデルを作ろうと思って 描いた最初の走り書きです。 今見てもひどいもんです。 次に3DCG超初心者向けのソフトを使って作ったコックです。 これもまあひどい。 キャラに動きを付けるためMIXAMOに移したらこうなりました。 ファイル形式が 間違っておりました。 それに気づくまで専門書見てネットで調べて苦労しました。 これがコックの完成形です。 最初の落書きから三ヶ月間かかりました。 現状簡単に 3DCGキャラを作れるソフトがなく、オートディスク社のMAYAを使いこなせないと できないと気づきました。 MAYAを使いこなせれば即デザイナーになれます。 キャラに動きを付けることができればアニメ動画を作ることができます。 しかし背景を フル3DCGで作ることが不可能だったので手作りの模型で背景動画を作り、それに キャラ動画を合成させる方法を考えました。 上はグリーンバックで撮影したモーションデータで、下はやはり動画で撮影した 背景です。 ミニチュア模型を作って使いました。 背景が静止画だと合成がうまく できなかたので、両方動画を撮影しました。 あとはクロマキー合成させるだけです。 登場キャラが増えると制作工程が増えるだけです。 しかしこの苦労がないとアニメが 作れない。 本当にアニメ作りって大変な作業だと思います。 本業ではありませんが。 キャラを作る時、イラストを描かないで粘土をこねて作っちゃうケースもありました。 この犬キャラ、最初はこんな感じでした。 それをデジタルイラストに起こしました。 次に3DCGキャラにします。 アニメ用の犬キャラ、いぬりん君です。 以降彼を超えるキャラクターをまだ 作っていません。 仕事があればまたやりたいと思いますが。 実はキャラを作ってアニメで動かすまで、多くの方々の協力をいただきました。 動画に上げるまでの制作は自分でやりますが、専門性を問われる作業も多いため すべてをひとりでやるのには限界があります。 簡単にひとりでも制作ができることを 考えて今の方法を思いついたのであります。 商用アニメ広告動画は需要がある。 私はそう考えるのであります。 誰か仕事ください。 お待ちしております。 中華街という観光地において私はなにか新しい商品が作れないものかと常々考えて おりました。 過去に実際、何点か商品を作ったことがあります。 まずやったのがエビポン菓子です。 中華街で1パック100円で売られている エビせんがありますが、中華料理屋が油の温度を上げる前の時間を利用して作って いるものです。 これをノンオイルでヘルシーな菓子でやったらどうなるか? が 取り組みの動機でした。 製造原価が高くても売れないので少量の穀類を膨張させる バクダン菓子なら油で揚げる必要もないと考えて作ったのがエビポンです。 あるメーカーさんに依頼して作っていただきました。 雑誌にも掲載していただいたの ですが思った以上に売れなかったので、現在は残念ながら製造中止しております。 次にやったのが菊芋を使った中華菓子のマラッカオです。 菊芋マーライコウの名前で 商標登録をしました。 菊芋は血糖値を下げる、腸内環境をきれいにすると言われる成分イヌリンを多く含む 野菜でこれを使って何かできないか? が取り組みの動機でした。 単独開発のできない 商品だったので農商工連携事業計画と並行して開発を進めた結果、認定を得ることが できました。 キャラクターも自分で作りました。 いぬりんくん。 これも商標登録しました。 今でも開発をあきらめていない商品があります。 開口栗(笑い栗とも呼ばれます)です。 従来の甘栗の焼き方とちがいこれは高圧釜で焼く商品で、栗に切れ目を入れて圧力釜で 焼くと栗が割れるというもので、従来の焼き栗とちがって割りやすく手が汚れない。 食感が やわらかく甘くておいしいです。 ピスタチオを連想してもらえればわかりやすいですね。 この製造の難点は量産ができないことです。 栗はひとつとして同じ形は無いので定位置に固定 して切りこみを入れる加工が出来ないのです。 これを解決する方法を常時考えております。 もし量産に成功できたらこの商品、絶対ヒットします。 開口栗は中国、北京では当たり前に 売られていますが日本国内においてはまだ少ないです。 これはなんとか成功させたいです。 3DCGを使った広告動画もやりたいですね。 なんせこれも作ると手間がかかりすぎる。 実は以前から会社で印刷、造形、広告をやる事業を作ることで動いておりましたが、 残念ながら頓挫、断念しました。 そのうちまたスッゲー動画を作ってやると思っては おりますが。 個人のフリーランスで仕事を取るのと会社があって仕事を取るのでは会社のほうが 信用があって、取引上業務の遂行もやりやすいと学びました。 過去やってきた仕事は甘栗、野菜販売の他に変わったところで中国向けの輸出の 手伝いをやったことがありました。 幸い過去の仕事で貿易もやっていたのでその 経験が買われたのか、ある雑貨品の輸出業務をやったことがあります。 輸出実績のない商品だったので通関が認められるかわからない状況で、税関への 問合せから始まり、輸入許可を取るための指導を得るためコンサル会社に行ったり 荷物を引き受けてくれる中国の外貿公司を探したりと、記憶にあるだけで4、5回 は渡航しておりました。 幸い中国に友達がいたおかげで比較的はやく通関を切って もらうことができました。 ただし税関を通っても中国国内の販売展開については 中国の商検局、検検局の許可がないと売ってはいけないので、結局この仕事はその 時点で終了となりました。 コンサル料でお金をいただいて経験がひとつ増えた結果で 終わりました。 その後この手の仕事はやっていません。 この仕事、昔からの仕事仲間が持ってきたものでした。 成功するかわからない仕事 でも、紹介をしてくれた仲間には感謝をしています。 その後、変わった仕事で農商工連携事業計画の認定を取る仕事もやりました。 結果 この認定取得ができました。 このふたつの仕事は私にとって今まで経験したことの ない、本当に変わった仕事でありました。 仕事をすれば給料をもらうのが当たり前ですが、売上が少なければ給料も取れないという 事も多々ありました。 給料ではなく報酬でしたが報酬が取れなければ他に行って稼ぐしか 手段がなかったので何でもやりました。 少人数で動かしていた会社でしたが最優先に給料を支払うのはアルバイト、社員の順番で 計算したらあれ? 今月オレの取り分ないじゃんなんてこと、けっこうありました。 そんな時、働かせていただいたのが宅配の会社さんでした。 中華街には大手の宅配便会社 が数件ありましたので頼んで働かせていただいたことがあります。 時間帯は夕方開始の 夜配のみ。 通常は配達と集荷を こなさなければいけませんが、夜の集荷締め切りに間に合わせる自信がなかったので配達 のみの仕事でお願いしました。 配達完了時に小型端末で配完不在の報告をし、不在なら不在表をプリントしてポストに投函 する。 次の配達先に行く途中電話が鳴って再配達依頼がきたらまた戻るをやっておりました。 中華街では車を使う配送ではなく台車を使って配送するのが主流なのでとにかく動き回りま した。 健康にも良くお金がいただけたのは良かったと思います。 自分の意志に関係なく会社をやって仕事をすれば良い時も悪い時もあります。 悪い時は収入 が得られず借り入れの返済に悩む時です。 実は今現在、また悪い状況下に置かれています。 そしてまた出稼ぎに出る必要が出て、今度はどんな仕事をしようかなあと脳天気に考えて おります。 甘栗から始まって八百屋をやってその後中華料理店、ラーメン屋と広げていくのですがその 話はまた次回に。 思い返すと今までいろいろな仕事を経験してきているんですね。 10年近く商売をしていると10年間に起きたネタもそれなりにあります。 自分が出来る 仕事で給料を取り生活をしていく。 しかしモノゴトは常に流れて変化しますから常に同じ ことを続けてもどうしようもないこともありました。 甘栗で会社を興して2年間は安定しておりました。 毎日保冷倉庫に原料を取りに行き、 栗洗いをしてから焼く。 焼けた甘栗を売り場に出して売る。 無くなればまた洗って焼いて 売る。 この繰り返しを2年間続け年商もそれなりにありました。 融資のお願いで銀行の 担当者さんに事業内容を説明した時、その方から甘栗って立派なビジネスになるんですねと 感心されたのは意外でありました。 商売を始めた当初、中華街の甘栗の押売りが問題になってから当然のごとく売上が減って いきました。 次に参入したのが青果卸販売業でした。 中華街はその多くが中華料理店でお店のオーナーと コックも中国人が占めていましたから、八百屋業務が始められるかもと思って台車を使って こまめに配達する商売から始めました。 仕入れのため遠方の市場に通って知合いの売参人さん から野菜をわけてもらい(以後、市場の買取り許可を取りました)、この仕事が甘栗を超す 売上を確保することができたので、コンテナ冷蔵庫を含めた荷さばき場所を確保して、その後 数年はなぜか売上が右肩上がりとなったのでありました。 甘栗販売と並行して事業を行っていた この時期、何度かピンチも経験しましたが比較的に安定していた時期でありました。 この八百屋、お店の屋号がありませんでした。 当初冗談で168菜店と名乗っておりましたが 168は中国語の発音でイーリョウバー 一路発、稼ぎ続ける意味)センスが悪いので以降、 屋号をつけないで現在に至ります。 他の八百屋は生鮮館とか青果物産とかつけておりました。

次の

厳選洋食さくらい (ゲンセンヨウショクサクライ)

さくらい し きこ

お待たせしました 黒龍と金魚の人気柄の生地が再入荷 なんでも作りますよ!• 新色の赤を加わりました 菊の花 (赤) 赤と黒の情熱を菊の大輪の花で見せる• さくらい のチラシが出来ました~かっこいいでしょ~?(笑) 詳しく大きく見たい方は店長日記を見てね~• ラッピング希望の方はこのプレゼントの手拭いで包みます。 リボンをつけて!• こちらで送料を変更し、自動送信メールの後、2つ目の確認メールでお知らせいたします。 「郵便受けに投函で受取」は配送に3日~4日かかり日時指定はできません。 投函後の郵便受けでのトラブルの保障はありません。 商品は1枚~3枚まで ・レターパック500は 手渡し対面型。 日時指定はできません。 九州四国沖縄北海道の方はお得です。 商品は1枚~4枚まで 代引をご利用な方と、確実安心保障を考える方は、通常のヤマト便をご利用ください• 【無料】 贈り物でご購入の方にはラッピングします【無料】 ラッピング希望を選択してご指定ください 包む布は紅白の豆絞り手拭い! そのあと手拭いとして使えます 【エコ!】• ラッピング2つ目からは、1つ200円かかります。 なのでラッピング2つで200円。 3つで400円となります。 ご本人用にはラッピングはいたしません。 配送に3~4日かかります。 代金引換・指定日・時間帯指定のご利用はできません。 投函後の郵便受けでのトラブルの保障はありません。 代金引換・指定日・時間帯指定のご利用はできません。 お買い物カゴではヤマト運輸の設定になっています。 そのままお買い物を進めてください。 お届けの選択のページにて変更を希望してください。 こちらで送料の変更し、自動送信メールの後、2つ目に届く「確認メール」で訂正変更された金額をお知らせいたします。 銀行振込の方は確認メールが届いてからご確認の上、お振込みしてください。 代引をご利用の方と、確実安心保障を考える方は、そのままヤマト運輸をご利用になることをおすすめします。

次の