フィネスドリブル。 『eFootball ウイニングイレブン2020』“UEFA EURO 2020”との独占パートナーシップ契約締結

『eFootball ウイニングイレブン 2020』レビュー

フィネスドリブル

この記事の目次を読みたい方へ• フィネスドリブルってどういう意味? まず、フィネス、フィネス!とYouTuberの方の動画などで耳にするようにはなったけど、サッカーをずっとやってきた僕も知らない言葉でした。 フィネスというのは、釣りなどではよく使われる言葉のようですが、weblioの英和辞典によると「 finesse:巧妙な処理、技巧、腕のさえ、術策、策略」という意味みたいです。 なるほど!巧妙なドリブルってことか!理解できました。 フィネスドリブルを使うタイミングは? 【フィネス】について語るイニエスタ Q. 体の向きを維持したドリブルはどんな場面で使う? A. フィネスドリブルの実際の操作方法は? アドバンスとクラシックのどちらがいい? ウイイレアプリには操作方法が2通りあります。 「アドバンス」と「クラシック」という操作方法なのですが、どっちの方が使ってるユーザーが多いのか、少し気になってツイッターでアンケートをとってみました!なかなかの接戦だったので、どっちが特別やりづらいというこではなさそうです!ちなみに僕はずっとアドバンス操作です。 左側を、左にフリックしたり、右にフリックしたり、いろんな方向にフリックすると様々なボールタッチをしてくれます。 【クラシックの場合】フィネスドリブルの操作方法 「ドリブル中に左スティックをフリック」すると、フィネスドリブルが発動します。 【基本1】フィネスドリブルを実際にやってみました! フィネスドリブルで2. まずシュチュエーションは、センタリングを上げられるような位置での駆け引きに使います。 右足のインサイドでボールを2,3度タッチ これがフィネスドリブル して、相手が食いついてきたところで、右側にダッシュドリブルをする。 ここで相手を一瞬だけはがして、クロスを上げる。 横にフィネスドリブルでさらして、バーストで縦に突破。 フィネスドリブルを使って、 左フリック・右フリックをタイミングよく繰り返します。 これを交互に繰り返していると、動画のように両足のインサイドタッチでドリブルできます。 おそらく体の向きやボールの位置で、この足裏でボールを引いて転がすドリブルが可能になります。 いかがでしたでしょうか?フィネスドリブルをマスターして、あなたもドリブルでゲームを支配しましょう!ここに載せていない使えそうなフィネスドリブルの使い方がありましたら、ツイッター等で動画を送って教えてくれたら嬉しいです! 【追記】ドリブルキング、ぼくくんゲームの動画が神 ウイイレアプリ界のドリブルキングは、「ぼくくんゲーム」というYouTubeの動画配信をされている方だと個人的に思っているのですが、フィネスドリブルについての動画もアップされていました。 やっぱりすごい!わかりやすいし、他のコマンドと組合わせて、実際に対人で使えるテクニックになってる! 【ポジション別】選手一覧• 【ポジション別】ランキング• CATEGORY• 1,246• 最新記事•

次の

ウイイレ対人戦で使えるドリブルテクニック【初心者向け】

フィネスドリブル

当たり前ですが、FPやCSで登場する選手の能力値は上昇します。 黒玉の選手の能力値はそこまで上昇しないものの、銀玉や銅玉選手の能力値は爆上げされます。 顔と名前だけを借りた全く違う選手が作られるわけです。 そもそも、KONAMI側が設定する選手の能力値が正しいかどうかも分からない。 この話はまた次にします。 ゲームを優位に進める上で必要なのがFPやCSに登場する選手です。 ですがFPやCSはゲームバランスを崩壊させています。 確かにこういったゲームでは、課金者が強くなるシステムを作るべきですが、ケシエ(ACミラン)やアラン(ナポリ)が、ポグバ(マンU)やカンテ(チェルシー)を超えるという通常ではあり得ないことをしてしまっている点はいただけない。 ゲームだからってやりたい放題するというのはどうかと思う。 こんなやり方をするのならFPやCSの必要性を感じません。 明らかに不要だと思います。 コンディションの評価だけで十分。 コンディションが良ければ選手は強くなります。 さらに能力を上げて強くする必要はありません。 ラガーマンと陸上選手 ウイイレというクソゲーではイニエスタ(ヴィッセル神戸)やダビド・シルバ(マンC)、モドリッチ、クロース(マドリー)のようなフィジカルとスピードに劣る選手は使いづらい傾向にあります。 対人戦ではプレスの強度が高いため、パスを出すタイミングを伺っている間に寄せられてしまいます。 とにかくアグレッシブにボールを奪いに来ます。 結局は彼らの強み(正確なパス)を活かせず、使いづらいと感じてしまいます。 彼らができるとしたら、ワンタッチで近くの選手にボールを送るくらいでしょう。 ドリブルなんてしたら、足が遅しフィジカルも弱いため、すぐにボールロストしてしまいます。 フィネスドリブルしか頼れません。 しかもフィネスドリブルをした状態だと、正確なパスを供給することができないため、彼らをスカッドに入れるメリットはありません。 パス数値が彼らほど高くない選手のパスも普通に通ります。 スカッドに必要な選手は、足が速い選手、つまり「陸上選手」とアグレッシブネスとフィジカルの数値が高い選手、つまり「ラガーマン」です。 フォワードの選手なら、エンバペ(PSG)やクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)、ミッドフィルダーなら、バリオス(ゼニト)やビダル(バルセロナ)といったところでしょうか。 前線には足の速い選手を、中盤にはアグレッシブネスとディフェンスセンスとオフェンスセンスの数値が高い選手を置いておけば、勝ちやすいスカッドを作ることができます。 センターバック(CB)にはファンダイク(リヴァプール)とクリバリ(ナポリ)を置いておけば基本大丈夫です。 ウイイレのコンセプトは『スピードとフィジカルでゴリ押して、脳筋プレーをしよう!』です。 まとめ ウイニングイレブンでは脳筋プレーをしていれば勝てるでしょう。 FPやCSの実装でより脳筋プレー感が増しました。 完全にクソゲー・クソアプリとなってしまい残念に思います。 こんなゲームやめる方が良いでしょう。 筆者のレートは1200を超えてました(モバイル版)。 「貴方が弱いからじゃないか?」といった批判は結構です。 しかもこういった反論は反論になっていません。

次の

最新作はここが変わった! 『eFootball ウイニングイレブン 2020』の新要素を総まとめ!【特集第1回】

フィネスドリブル

制作時、かたわらで画面を見ていたイニエスタがふとつぶやいた。 今作ではまさにイニエスタがピッチの上で見せるような種々の技巧が狭いエリアにおいて表現され、高いレベルでの駆け引きができるようになった。 密集したエリアで敵をかわすドリブル。 難しい状況下での、個性に合わせたトラップの数々。 フリーの際、より精度の高いキックが出せるように進化したロングパス。 パスやトラップのミスも如実に表現されるため、これまで引き出しにくかったセンスやテクニックが持ち味の選手の強みが存分に発揮できるようになった。 ボールを持つ。 目の前には複数の敵がいる。 さあ、君はどう突破するか ——ウイニングイレブンの世界に、新たな駆け引きが生まれる。 Game play 新ボールコントロール「フィネスドリブル」• 今作のゲームプレイにおける最大の進化が新しいドリブル「フィネスドリブル」にある。 相手選手の動きを先読みし、密集する狭いエリアでもドリブルで抜け出し、局面を打開するプレーが可能になった。 制作に関わったイニエスタが興味深いことを話している。 「相手エリア付近、この密集したエリアこそが僕ら攻撃の選手、スペシャルな選手が持ち味を発揮しなければならない場所なんだ。 」 これまでは圧倒的スピードを持つ選手や、パワー系の選手などフィジカル能力に秀でた選手が長所を生かしやすく、イニエスタに代表されるようなテクニック系の選手はやや活かしにくい部分もあった。 しかしそれが今作では、大きく変わる。 テクニシャンがゲームを動かす ——。 画期的ともいえる彼らの復権がピッチの上に新たな駆け引きを呼び、一層の深みをもたらす。 Game play トラップ 大きく伸ばしたイニエスタの足の先、ボールは羽衣に包まれるように柔らかく足元へおさめられる ——美しいトラップは芸術だ。 今作では難しいシチュエーションにおけるトラップのバリエーションが増えた。 選手は能力と状況に応じジャンプしてボールに足を伸ばしたり、足を水平にあげアウトサイドでおさめたりと、技巧を駆使した様々なトラップを見せてくれる。 これにより生まれたのが駆け引きの醍醐味だ。 触れずにボールを流しながら相手の動きに合わせてファーストタッチのタイミングでかわす。 やや後方に流れたパスを体を回転させながらコントロール。 右にトラップすると見せかけて直前で左に切り返す「逆突きトラップ」も可能だ。 ただボールを止めるだけではない。 トラップの瞬間にあるのは、相手の出方を予測しあう高度な読み合いだ。 ボールに触れるそのとき、これまでになかったひとつ先の駆け引きが繰り広げられるだろう。 Game play キック たとえばピッチの上に描かれる名手のロングキックがある。 彼の足元にボールが渡ると、観衆は息を飲む。 美しいモーションから放たれる高精度のキック、その弾道に人々はひきつけられる。 時を止めるかのような華麗なキックはサッカーの醍醐味のひとつだ。 今作では状況次第でボールの質に変化をもたせ、フリー時により高精度のキックができるよう改良された。 各エリアでフリーの選手をいかに作りだすのかー。 今作のキックの進化はサッカーの奥深さにあらためて気づかせてくれるだろう。 キック前のモーションでの駆け引き、シュートとみせかけたパス、相手の意表を突く逆方向へのパスなども可能になり、多彩な組み立てが味わえるようになった。 Game play ディフェンス 守備者にとって自陣ペナルティエリア付近は戦場だ。 今作ではディフェンスのリアルな激しさが表現されている。 くさびのボールが入った際の後方からのプレッシャー。 スライディングやタックルなどのバリエーションが増加し、ヘディングでの必死のクリアも見せる。 相手に抜かれそうになったときに体を腕で抑えるなどのインテンショナルファウルも導入された。 ファウルになるリスクを負い、どこまで激しい守備をするか ——。 究極の場面で、究極の判断が勝敗を分ける。 Game play ボール挙動 南米のテクニシャンやドリブラーを見ていると、足の様々な部分を使って多種多様のファーストタッチをしていることがわかる。 さらに、シュートブロックや空中戦などで選手の体にボールが衝突した際の物理挙動も大きく進化。 Game play 選手の個性表現 フットボーラーには実に様々な選手がいる。 彼らは生身の人間であり、同じポジションといえど画一的な動きをするわけではない。 今作ではそんな選手の「個性」にさらに着目。 ボールを保持している選手の特徴に応じて、周囲の選手の動きが変わるようになった。 ドリブルが持ち味の選手には突破を期待してスペースを空け、パサーがボールを持てばディフェンスラインの裏を狙う。 それぞれの個性が合わされば、やがてそれはチームの個性になる。 どの選手をどう使うかで、チーム戦術にもバリエーションが出せるようになるわけだ。 個性を重んじることで、ウイニングイレブンはよりリアルなサッカーに近づいた。 Game play 新能力・新スキル 新能力、新スキルの充実も見逃せない。 Official Account• No reproduction is allowed without the prior written approval of UEFA. adidas, the 3-Bars logo, the 3-Stripe trade mark and Climacool are registered trade marks of the adidas Group, used with permission. The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. Milan Official product manufactured and distributed by KONAMI under licence granted by A. Roma S. A and Soccer s. di Brand Management S. Producto Oficial.

次の