どうぶつの森 波型。 あつまれどうぶつの森 カブ価予測ツール

子ども株式入門ゲーム?「どうぶつの森」がマネー教育に適しているわけ

どうぶつの森 波型

注意購入した日の一週間後の日曜日にカブが腐るので、土曜日の午後の間に売るようにしましょう。 カブ価のパターン 株価の変動パターンは以下の4つがあります。 ジリ貧型• 3期型• 4期型 それぞれのパターンについて解説します。 パターン1「波型」 カブ価が上がったり下がったりします。 振れ幅が少ないのが特徴です。 パターン2「ジリ貧型」 株価が下がり続けます。 ハズレのパターンです。 パターン3「3期型」 ジリ貧型から急に値段が上がり、カブ価が3回上昇したとき一番値段が高くなります。 一番高く売れる当たりのパターンです。 最高で買値の5倍くらい パターン4「4期型」 パターン3と似ていますが、カブ価が4回上昇したとき一番値段が高くなります。 6未満 : 4期• 6~0. 8未満 : 波or4期• 8~0. 85未満 : 3期or4期• 85~0. 91未満 : ジリ貧or3期or4期• 91以上 : 波or4期.

次の

カブ価統計データ

どうぶつの森 波型

どうぶつの森では恒例で、毎週日曜日午前にカブを買い、その週の土曜日までに売るという現実世界と株とかけているシステムがあります。 なぜ株とかかっているのかというと、毎日午前と午後でカブの売却額が上下し、高い時に売れれば得、安い時に売れば損、そもそも次の日曜日までに売れなければ腐って売り物にならなくなるためです。 この差額で儲けるというのが株式投資とかかっていますね。 あつまれどうぶつの森では、値段が上下するのに法則があり、これを理解しているだけで、次はこのタイミングで値段が高騰する、もしくはこれ以上は上がらないから売り切ってしまおうなど判別がつくようになります。 詳しく説明すると理解するのは大変なので、ざっくりと重要な点だけ紹介します。 試してみてください。 もくじ• カブで儲けるのに重要な点 カブ単品の値段を覚えておく まずはじめに日曜日の午前中にカブが購入できますが、この際に単品の値段が提示されます。 基本は100ベルをベースに、そこからプラスマイナス10ベルの値段で販売されています。 この 単品の値段を覚えておきましょう。 月曜日午前のカブの売却額を確認する 日曜日はカブの売却はできないので、月曜日から売却が可能となります。 この際に、一番最初である 月曜日の午前の株の売却額を確認しておきます。 これが重要となるので、絶対に欠かせません。 毎日午前午後をチェックする カブの価格の変動を見てパターンを予測するので歯抜けがあると把握できない可能性があります。 なるべくチェックしましょう。 売却するタイミングは木曜日の午後までには絶対わかる カブの法則が決まっているので、 木曜日の午後までには絶対に売り時が判明します。 これらを踏まえてパターンをご紹介します。 期という言葉の意味 この後、〇期という言葉を使用しますが、これは値段が上昇した時を1期、そこから徐々に値段が上昇していく回数を〇期と表現しています。 ですので、徐々に値段が上昇して3回目を3期、4回目を4期と表現していますので、 値段が上がってから 〇回目を 〇期、と覚えておいてください。 カブ価格変動のパターン 月曜午前のカブ価格が単品購入額よりも高い場合 月曜午前のカブ価格が単品購入額よりも高くなっていると、この1週間はカブの価格が ランダムに上下する上下変動型となります。 よく言われるのは 波型と呼ばれるものですね。 そこまでカブの価格が高騰せず、大体0. 5~1. 5倍の範囲内で変動するよくあるパターンですがそこまで美味しくないパターンでもあります。 必ず購入額よりも高くなるタイミングが数回あるので、そのタイミングで売ってしまいましょう。 6倍以下(単品購入額が100ベルの場合60ベル以下)と極端に低い場合、売却額がジワジワと減少していきますが、特定のタイミングで確実に値段が高騰する 4期型となります。 この4期というのは、値段が上がり始めたタイミングを1期とし、そこから徐々に値段が上がり4回目である4期で最高額となるため4期と呼ばれます。 この4期は最大2倍近くまで値段が高騰するので、ひとつの当たりといえます。 完全なハズレ枠となります。 高騰するパターンは2種類で、値段が上昇してから3回目で最大額となる 3期型と、4回目で最高額となる 4期型のどちらかとなります。 2期目が購入額の 1. 5倍以上(単品購入額が100ベルの場合150ベル以上)となった場合は3期型、 2期目が1. 5倍 以内の場合は4期型となるようです。 これは、3期型が 最大6倍近くと最も大きい上昇額となるので、2期目の時点で相当上昇していないと上り幅が不自然に大きすぎるからではないでしょうか。 細かな注意点 4期型は2期目で1期目の上昇の0. 7倍付近まで値段が下がることがある ややこしいのですが、4期型は値段が上昇し続けるはずの2期目で、1期で値段が上昇した分の 0. 7倍付近まで値段が下がることが確認されています。 あくまでも可能性のひとつで、確実に下がるわけではありません。 これにより、波型と勘違いされがちです。 気を付けたいところですね。 月曜日午前の売却額が下がったからといって波型ではないとは限らない 月曜日午前の売却額が単品購入額よりも高い場合は波型と説明しましたが、反対に低くなった場合でも波型でないとはいえないのです。 これは、波型のスタートが低い場合から高く波打つか、高い場合から低く波打つかはランダムなためです。 なので、月曜日午前の売却額が下がっていても、低い場合から高く波打つ場合の波型の可能性があります。 他の人の島に遊びに行った際は、自分の島での売却額ではなく、他の人の島の売却額で売却できます。 また、遊びに行く相手の島の時間がずれていても、その時間の島に遊びに行っているだけで、こちらの島の時間に反映されるわけではないので安心です。 時間は進めてもいいけれど絶対に戻してはいけない カブは繊細で、次の日曜日までに売っていないと腐って売り物にならなくなるのもそうですが、時間を1秒でも戻すとこれまた腐ります。 4期型だと思って寝かせておいたら3期型で、これ以降は確実に値段が下がっていくので、もったいないからと戻る方もいると思いますが、そうしてしまうと腐ってしまい売ることすらできなくなってしまうので注意しましょう。 ですが、どうぶつの森の中では常に時間が流れていて反映されているわけではなく、どうぶつの森を起動した際に、最後に起動していた時間から何時間経ったかを逆算して反映させるため、その範囲内であれば時間を戻しても戻したという判定にはなりません。 カブを大量に買うとたけのこがもらえる カブをたくさん買うと、次の日カブを買ったお礼として、 たけのこが届きます。 たけのこは植えると竹に成長するほか、竹を使ったDIYの家具などの作成にも使用します。 たけのこを植えて竹に成長をさせても、フルーツのように何回も実がなることはなく、他の入手方法がマイルりょこうけんを使った際に稀に行ける竹が生えている島でしか入手ができないので大変貴重です。 たけのこをもらうためにカブを買うのも良いかもしれませんね。 まとめ カブは値段が上昇、下降する法則が決まっており、これらの法則を理解することで、効率よくベル稼ぎができます。 特に3期型では、最大6倍と超高額で、理想値ですが 最大660ベルと大金持ちになれるロマンがあります。 ここで紹介していることが全てではなく、さらに細かい部分もありますので、違うじゃねーか!となってしまうこともありますが、基本はこれで合っているはずなので、より確実に稼ぎたいのであればさらに法則を調べていただけると幸いです。 公開されていない情報で法則があるだけで確定ではないので、貴方のデータも法則を決定づける重要な資料となります。 興味ある方は一緒にカブライフしてみませんか?.

次の

あつまれどうぶつの森 カブ価予測ツール

どうぶつの森 波型

カブについて 毎週日曜の午前中に「ウリ」が販売している商品「カブ」。 買うときはもちろん、売るときも価格が変動する商品ですね。 なので、カブの販売価格が安い時にウリからまとめ買いして、タヌキ商店のカブの買取価格が高い時にまとめて売り抜くことができれば、大幅にベルを稼ぐことが可能です。 ちなみにカブを購入できるのは、日曜の午前のみ。 売るのは、月曜から土曜の午後までです。 土曜の午後が過ぎるとどうなるかというと、カブが腐って10カブで100ベルになってしまうので、安くても土曜の午後までには絶対に売りましょうね。 カブ価の変動について カブ価は毎日こまめにチェックするようにしましょう。 なぜなら、毎日の午前と午後にカブ価が変動するからです。 運良く高く売れれば良いですが、毎日カブ価をチェックしないとどの変動パターンにはいるかも分からないので、カブで儲けたい場合はしっかりとチェックしましょうね。 月曜の午前が買取価格1とすれば、土曜の午後が買取価格12となり、毎週計12パターンの買取価格が存在します。 カブ価の変動パターン あつまれどうぶつの森での変動パターンの前に、以前のどうぶつの森シリーズのカブ価の変動パターンをまずは確認してみましょう。 変動 パターン 説明 波型 価格が上下し続けるパターン。 ピークは1. 2〜1. 5倍程度。 ジリ貧型 価格が少しずつ下がり続けるパターン。 木曜日午後までに変調する可能性もある。 3期型 序盤は下がり続けるが、木曜日午後までに変調し、3期でピークとなる。 価格が最も高騰する。 4期型 序盤は下がり続けるが、木曜日午後までに変調し、4期でピークとなる。 3期型ほど高騰しない。 以前はこのような変動パターンがありましたが、調べたら今回もほとんど同じような仕組みでした。 なので、 100ベル以下で買えたら安値になりますね! また「初期値がいくらだからこの変動パターン」というのは存在しなかったので、110ベルで株を買っても儲けられる可能性はもちろんありますよ。 変動パターン【波型】の対策 変動パターンの波型は、カブ価が常に上下する傾向にあります。 ただ、このパターンの特徴的なことは 「月曜の午前か午後に、買値より高値が出る」ということです。 これは他の変動パターンにない動きなので、月曜の時点で「波型」か「その他の型」がわかりますね。 波型であれば月曜に売れば確実に損はしないので、もし不安であれば月曜に即売却してしまいましょう。 あと見比べてて気づいた点は、波型は 買値より20ベル以上で売れるタイミングがかならずあったので、カブを保有するメンタルがあればそれを狙うのも一つの手ですね。 ちなみに最安値は43ベル、最高値は148ベルでした。 変動パターン【ジリ貧型】の対策 日曜の買った値段から、土曜まで上がることなくずるずると下がってしまい、かなりの損をしてしまうパターンです。 ジリ貧型の判断基準は、木曜の午前中までにカブ価が上がらない場合です。 木曜の午前に株価があがれば3期型か4期型になるので、待っても問題ないです。 ただしジリ貧型だと株価がまったく上昇しないので、取れる選択肢は二つです。 ・カブ価の高い友人の島で売る ・損切りをする 一番おすすめの対処法は友達に頼るということです。 カブ価は 自分の島と他の無人島で価格が異なるため、自分がジリ貧型でも他の人はカブ価が高騰してる可能性があります。 なので、友達の島に遊びに行ける場合はこの手段を使ってカブを整理するのが最善手です。 あとは損切りですが、木曜午前からどうぶつの森が遊べない!友達が捕まらない!という場合は、最悪土曜までに全て売り払うようにしましょうね。 そのまま持ち続けるとカブが腐って0ベルになってしまいます。 変動パターン【3期型】の対策 木曜までに株価が上昇し、上昇したタイミングから3回目に高値をつけるパターンです。 このパターンが一番高くカブが売れる可能性があり、調べた中での最高額はなんと1個608ベルという高値を叩き出しました。 攻略法は名前の通り、 3回目の上昇タイミングで売れば大丈夫です。 そのあとはずるずると下がってしまうので、売り時を間違えないようにしましょう。 変動パターン【4期型】の対策 木曜までに株価が上昇し、上昇したタイミングから4回目に高値をつけるパターンです。 3期と同じようなパターンでわかりづらいですが、3期型より少し早く上昇傾向が見られる場合が多かったです。 (火曜午前から上昇もあり) この攻略法は3期型同様、 3回目の上昇タイミングで売れば大丈夫です。 というのも、3期型と比べ4回目のタイミングでの価格があまり上がらないので、4期だとおもったら3期で価格がかなり下がってしまったというのを防ぐ意味的にも、早めに売った方が無難です。 まとめ ・カブは日曜にウリから購入可能。 ・カブ価の変動パターンは4つ存在する(波型、ジリ貧型、3期型、4期型) ・月曜から株価が上昇したら波型。 月曜に即売りするか、買値から20ベル以上の値をつけたら絶対に売却。 ・それ以外はジリ貧型か3期型か4期型。 木曜までに上昇しなかったら、ジリ貧型。 友達の島で売るか、土曜までに損切りをする。 ・3期型、4期型の場合は 3回目の上昇タイミングで売るべし。

次の