急性腎炎。 急性腎盂腎炎〔きゅうせいじんうじんえん〕|家庭の医学|時事メディカル

急性腎炎とは

急性腎炎

急性腎炎とは主に喉や鼻などの上気道の感染症が起きたとき、それに引き続いておこる腎臓の糸球体の炎症のことをいいます。 代表的な症状は、血尿です。 尿の色がいつもよりも濁っていたり、赤褐色の色をしていたり、明らかに目で見てわかる場合もあります。 肉眼で判別できない場合もありますが、検査によって尿たんぱくがみられたり、むくみ、高血圧がみられることもあります。 急性腎炎は主に、喉の痛みを伴う風邪などをひいて、咽頭炎を起こした後に発症するケースが多く、風邪以外の病気でも同じような症状を起こすこともあります。 急性腎炎の多くは子供に発症しますが、成人でも発症します。 一般的には、急性腎炎の経過はよく、子供が発症した場合はおよそ、80〜90%が完治するといわれています。 ですが、成人の場合、急性腎炎を発症したおよそ半分の人が、慢性化するともいわれています。 急性腎炎はおよそ5万人に2人の割合で発生する病気だと考えられています。 急性腎炎の原因 急性腎炎はほとんどの患者さんが溶血性連鎖球菌という菌により、上気道の感染症が原因となってひきおこされます。 現在では、免疫反応が関係していると考えられています。 溶血性連鎖球菌に感染するとこれに対抗するために抗体がつくられ、その抗体に補体という物質が付いて、免疫複合体となります。 この免疫複合体が腎臓に運ばれて、腎臓のろ過作用をしている糸球体の網の目に引っかかってしまい、それによって炎症がおきると考えられています。 こうなってしまうと、腎臓のろ過する機能が低下してしまいますから、赤血球やたんぱく質が尿として漏れ出し腎臓全体の機能低下がおきて、余分な水分や老廃物などが体内に溜まってしまいます。 上気道感染症がきっかけとなったことが明らかでない場合は、腎臓の細胞を一部とって、何が原因で急性腎炎を発症したかを調べる必要があります。 急性腎炎の治療 ・安静にする 急性腎炎は腎臓の機能が低下してしまう病気ですから、腎臓への血流を保つために、特に急性期には安静にすることが 一般的な考えてとしてはあります。 しかし、自覚症状がほとんどなく、高血圧や肺浮腫なども見られない場合はそれほど厳格な安静は必要としないとの意見もあります。 いづれにしても、安静にしないよりは、したほうが良いのは間違いのない事実でしょう。 ・食事の制限での治療 尿の出が少なく、むくみがあり、体内に水分がたまっている状態であれば、腎臓の塩分排泄機能が低下していると考えられるので 食事制限などにより、塩分の摂取を控えることが必要になります。 また、たんぱく質の摂取も、この病気の発症原因から考えると、控えるべきだというのが一般的な考えです。 ・利尿薬での治療 溶血性連鎖球菌感染後の急性腎炎の患者さんで、尿の出がすくなく、むくみが見られる場合は、排尿を促進するため 利尿薬を用いることがあります。 これにより、むくみや乏尿を軽減することが目的です。 ・降圧薬での治療 溶血性連鎖球菌感染後に高血圧が原因となる急性腎炎の場合、血圧を抑えるために降圧薬を使用します。 ・抗菌薬での治療 溶血性連鎖球菌感染が原因の急性腎炎の場合、病気が発症する前に咽頭炎に抗菌薬を使用して、急性腎炎の発症を減らします。 急性腎炎を発症する前の予防としては効果が認められています。 ただ、この治療はすでに急性腎炎を発症してしまった人には効果が少ないと考えられています。 上記のうち急性腎炎の治療法として現在最も確かだといわれているものは食事制限による食塩、水分の制限と抗菌薬です。 急性腎炎は、糸球体に炎症が起こる病気です。 糸球体に炎症が起こると、赤血球やたんぱく質が尿にもれだしたり腎臓の排泄機能に障害が起きたりします。 乏尿期では食塩に含まれるナトリウムや水分の排泄がうまくいかないため、食塩や水分の制限は絶対に必要となります。 たんぱく質の制限も行われることがありますが、これは腎臓の機能が著しく低下した場合にのみ行います。 次に抗菌薬ですが、これは急性腎炎の原因が咽頭炎の場合に、用いることが多いです。 急性腎炎のもとである咽頭炎の段階で、免疫複合体をやっつけてしまうというわけです。 しかし、この抗菌薬を用いる治療方法は、既に急性腎炎を発症してしまった患者さんの場合は効果が薄いようです。

次の

急性腎盂腎炎について

急性腎炎

「糸球体腎炎」とは、なんらかの免疫反応の異常により腎臓に炎症がおこり、血尿や蛋白尿をきたす病気のことを指します。 主に「急性糸球体腎炎」と「慢性糸球体腎炎」に大別されます。 ここでは小児の糸球体腎炎について、横浜市立大学 小児科学教室(発生成育小児医療学) 教授の伊藤秀一先生、横浜市立大学付属市民総合医療センター 小児総合医療センター 松村壮史先生に解説していただきます。 急性糸球体腎炎とは 溶連菌の感染が原因で起こる 急性糸球体腎炎は急性腎炎とも呼ばれます。 4歳から10歳のお子さんに多く、年間小児10万人あたり2~3人程度が罹患します。 溶連菌は のどの熱 や の原因菌として有名ですが、これらに感染した一部の患者さんにおいて、急性糸球体腎炎が咽頭炎から約10~14日後、伝染性膿痂疹から平約20~30日後に発症します。 しかし、これらの感染症の原因としては一般的ですが、実際に急性糸球体腎炎を合併する患者さんは極めて稀です。 急性糸球体腎炎の症状 まぶたや足のむくみ、血尿や蛋白尿などの症状が出る の毒素や菌の成分とそれに対する抗体が結合して出来た免疫複合体が、腎臓の糸球体に沈着し、炎症が起こり、糸球体の毛細血管が障害されます。 その結果、毛細血管から余分な水分や老廃物を排泄することが困難になり、尿量低下やむくみが引き起こされます。 また、糸球体の毛細血管が傷つくことで血尿や蛋白尿が出現します。 患者さんの多くは、まぶたや足のむくみ、赤色や褐色の尿 肉眼的血尿 がきっかけで医療機関を受診することが多いです。 診断時にや膿痂疹の感染の既往がわかれば、診断はそれほど難しくはありません。 しかし、先行感染がはっきりしない患者も少なくありません。 また、急性糸球体腎炎は腎臓の機能が低下することがあるため、その評価のために血液検査が必要です。 血液検査では腎機能 クレアチニンや尿素窒素 、溶連菌の抗体検査 ASO、ASKなど 、補体価 C3、C4、CH50 を調べます。 溶連菌の抗体価の上昇、補体価の低下が診断の助けになります。 咽頭や皮膚に所見が残っている場合は、咽頭培養や溶連菌の迅速検査、皮膚の炎症部位の培養を行います。 急性糸球体腎炎の治療 食事療法や対症療法が中心となり通院でも治療可能だが重症の場合は入院することも 急性糸球体腎炎は、基本的に自然に治癒する病気です。 治療に関しては安静や減塩などの食事療法、血圧管理などの対症療法 症状に合わせた治療 が主になります。 外来通院でも治療可能な患者さんも多いのですが、や尿量の低下・腎機能の低下を認める場合は入院が必要となります。 入院では安静、減塩食 1日3g程度 とし、尿量低下・むくみ・高血圧等を認める患者さんには、飲水制限や利尿薬・降圧薬の投与を行います。 1週間程度症状が続いた後、尿量の改善、むくみの軽快とともに腎機能が改善し血圧も低下していきます。 症状が改善したら食事を通常の食事とし、安静も不要となります。 尿量や腎機能、高血圧が改善すれば退院となります。 極稀にステロイドや透析での治療を行うが腎臓へのダメージはほとんど心配ない 極めて稀に、一時的にステロイド薬や透析を必要とする患者さんがいますが、この病気により将来的に腎臓にダメージを残すことは稀です。 急性糸球体腎炎は再発しない 2か月以上症状が改善しない場合は慢性糸球体腎炎の可能性が高い 一度急性糸球体腎炎になった患者さんが再度罹患することはほとんどありません。 しかし、急性糸球体腎炎を発症してから2か月が経過しても補体価が改善しない場合や蛋白尿が持続する場合は、急性糸球体腎炎ではなく慢性糸球体腎の可能性が強く、腎臓専門医がいる医療機関に必ず受診して下さい。 慢性糸球体腎炎とは IgA腎症や紫斑病性腎炎、膜性増殖性糸球体腎炎などの総称 慢性糸球体腎炎は慢性腎炎とも呼ばれており、最も多い腎臓病のひとつです。 血尿や蛋白尿が持続する状態を指し、治療をせずに放置すると腎機能の低下、最悪の場合となってしまう可能性のある病気です。 1つの病気ではなく、や性腎炎、膜性増殖性糸球体腎炎など、持続的な血尿・蛋白尿を認める病気の総称です。 慢性糸球体腎炎の原因や症状 詳しい原因は不明、症状は血尿や蛋白尿、むくみなどが生じる 慢性糸球体腎炎の多くで詳しい原因は分かっていませんが、何らかの免疫反応の異常が原因となり、腎臓に炎症が生じて発症します。 むくみや肉眼的血尿などの症状で発見されることもありますが、多くの方は無症状のため、学校検尿などの健診により血尿、蛋白尿が発見されたことをきっかけに診断されます。 確定診断や治療のためには、小児の腎臓疾患に精通している医師の診療を受ける必要があります。 腎機能が悪化した場合や尿蛋白が持続する場合には、精密検査のため腎生検 腎臓の組織を採取する行為 が必要となります。 慢性糸球体腎炎の治療 ステロイドや免疫抑制薬を使用する 治療は疾患によって異なりますが、多くの慢性糸球体腎炎でステロイドや免疫抑制薬を柱とした治療が行われています。 治療の進歩で末期腎不全になる患者さんは減少 かつては小児の慢性糸球体腎炎は小児の末期の原因の一位となっていましたが、学校検尿による早期発見や治療法の進歩により、現在では末期腎不全になる患者さんは殆どいなくなりました。 しかし、早期発見と早期治療が重要であり、学校検尿で異常を認めた場合には必ず小児腎臓専門医のいる医療機関を受診してください。 次の記事「」では、慢性糸球体腎炎のうち小児で比較的多くみられると性腎炎について詳しく説明します。 〈参考文献〉 国立成育医療研究センターBookシリーズ 子供の腎炎・ネフローゼ 五十嵐隆 監修、伊藤秀一 編 〈参考リンク〉•

次の

急性腎盂腎炎について

急性腎炎

急性腎炎(きゅうせいじんえん) 急性腎炎 (きゅうせいじんえん) (急性腎炎症候群) (きゅうせいじんえんしょうこうぐん) 頭痛、食欲不振、浮腫(むくみ)などが急激に出現し、血尿と蛋白尿が認められ、尿量減少、血圧上昇があり、発病初期は、腎機能も低下することが多いとされています。 上気道炎や扁桃炎など小児に多い溶連菌感染後におこる急性腎炎は、発病時の症状がはげしくても、治りやすいといわれています。 病理組織学的には、管内増殖性糸球体腎炎を呈します。 しかし最近は、溶連菌感染が減少したために、むしろIgA腎症や膜性増殖性糸球体腎炎で、急性腎炎の症状を示すものの比率が増加しています。 このような場合は、治療によって症状が軽快しても、その後は慢性の経過をとりますので、溶連菌感染後の急性腎炎か、そうでないのかを医師からきちんと診断してもらうことが大切です。 このほか、溶連菌感染後の腎炎か、それともIgA腎症なのかを鑑別するためには、腎疾患の既往歴の有無、かぜなど上気道炎症や扁桃炎などの感染から腎臓病の症状が出現するまでの期間、免疫の異常などがあるかどうかの血清補体価などを参考にします。 また、急性期の症状が強く、しかも軽快のきざしがみえず症状が進行性のものは、急速進行性糸球体腎炎の疑いもあるので、注意する必要があります。 症状としては、蛋白尿、血尿、乏尿、浮腫あるいは高血圧などがあり、発病初期には、これらの症状がかなり重いこともあります。 溶連菌感染後急性腎炎は、適切な治療を行なえば予後は良好で、およそ65パーセントは発病後2か月以内、85パーセントが3か月以内、95パーセントが6か月以内に、尿所見の正常化が認められると報告されています。 症状が派手なわりには、きわめて治りやすい病気といえます。 しかし、注意したいのは、尿所見が正常化しても、かならずしも病気が治癒したということにはならないことです。 ふつう、糸球体病変の回復は尿所見の正常化から、さらに6か月から12か月程度は遅れるといわれています。 したがって、生活上の注意は、この点を十分に考慮する必要があります。 食事は、食塩、蛋白質、水分を制限しなければなりません。 安静と適切な医療により尿量が増加して浮腫が軽減し、血圧が正常化してきた時期を利尿期といいます。 さらに症状が改善し、浮腫が消失して血圧も正常となり、蛋白尿や血尿が改善する傾向がみられるとき、この時期を回復期といいます。 そして、回復状況によって、主治医と相談のうえ退院が可能となり、軽い家事程度なら許可が出ます。 しかし、学生の場合は、退院しても通学は控えるよう指示が出ます。 さらに、尿蛋白が痕跡程度から陰性化したころになると、学校での学習に参加できるようになります。 この時期を治癒期といいます。 そしてごく軽い運動から参加させていき、尿所見、臨床検査所見などの悪化がみられなければ、徐々に運動量をふやしていきます。 しかし治癒後6か月ぐらいまでは、あまりはげしい運動や遠足、ハイキングなどスポーツ的要素の強い活動はさけるようにすることが大切です。 この治療方法は、溶連菌感染後の急性腎炎以外の急性腎炎群においても同じです。 しかし、この場合は症状がきわめて短期間で消退するものから、長く遷延するものまで、臨床経過は多彩であり、経過が遷延する場合には、慢性に経過する腎炎として、治療や生活上の注意をすることになります。

次の