週刊 チャンピオン。 週刊少年チャンピオン漫画【2020】最新号の発売日(曜日)と値段 連載一覧

週刊少年チャンピオン2020年33号(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

週刊 チャンピオン

週刊少年チャンピオンとは、が誇る4大週刊誌 の1つである。 ちなみに、週刊誌は4つしかない。 かつては発行部数が万部をえたこともあったが、今では良いである。 の雑誌で史上初の200万部突破を達成した雑誌でもある。 概要 が発行する週刊誌である。 通称は、「週」、「」、「が連載している」など。 分厚さは他3誌と互。 毎週発売 ・では 、基本的に毎号円。 の編集長は27号より、『』を立ち上げた敏腕の武新で、彼で10代の編集長となる。 しか知らない人はもちろん、志向の通、などからもられ、本屋によってはのすら用意されていないなど、が読んでるのかよく分からない雑誌である。 一説には=と言われ、好きのは自らをは、はと呼称する。 低迷期に入った前半~前半まではが圧倒的であり、全なる 工業状態であったが、に「特攻女」の連載がした事で と呼ばれるが現れる。 「」や「」などので最近では徐々に増加傾向にある。 に言わせれば内容は非常に充実しており、太のや勢いある描写が魅の・格闘 、、。 設定が個性的な・ 、、。 喧もほのも面おかしい物 、。 連載の新鋭 てんむす、囚人、 などの取れた誌面構成となっている。 2代前の「」は誌のでも異質でなが多かった。 あの、 では表記 もしていた程である。 歴史 史上初の版「」の大により、が週刊誌に進出し、に隔週誌として創刊。 に週刊化される。 を含む5大誌では最後発である。 最後発のなどもあり、創刊当初は部数が振るわずに苦戦する。 にの男、村耐三が編集長に就任し、誌面革が行われる。 基本的に全作品1話。 続き物の場合は山場を必ず入れる。 作品の底的。 他所で燻っている若手の積極起用などが行われ、 「」の大が生まれる。 当時、事業の失敗で多額のを背負った上、としてもピークを過ぎたと各方面から干されていた 中年に執筆を依頼。 誌では異色の医療である 「」の連載が。 当初は3回の掲載予定であったが、一で気作品となり本格連載化。 はこの「」の大により全に 中年からのとしてを果たす事になる。 その後も 「しまっていこうぜ」「ゆうひの」「」「アク」「0」「がきデカ」「らんぽう」「」「と」「ふたりと5人」「の」「0」とこれでもかと作が連発。 にはにの自社ビルを。 新でついにを抜き、からにかけて約万部の部数となり誌のに君臨した。 しかしその栄も長くは続かなかった。 に村が病魔に倒れ、編集長を辞任。 引き継ぎや新人発掘の失敗、の、他社の規模の違いからのの遅れなどが重なり、 「すくらっぷ」「」「くるくるン」「本気!」などの作は出たものの、あっという間に部数争いから転落していった。 10年近くに渡る低迷期の後、。 入社3年の新人、村耐三最後の部下である沢孝史が手掛けた 「」が大。 沢は後に 「! 」も大させ、一躍の名物となった。 この頃から熱狂的なに 「」という栄誉ある名が付き出す事に。 には先述した「」「特攻女」「! 」のほか 「」「」「」「四郎」「」「オヤマ! 菊之助」「おまかせ! ピース電器」などが。 さらに往年の「」の要がへ進んだ 「 編」が開始しになるなど、最盛期ほどの勢いはなくとも、誌面は安定傾向にあった。 だが、に入ると、それら作品が軒並み終了、それに代わる作品も少なく、看作品である「」「」「」以外、これといった有がない状態が続いた。 この時期、が「」とするなど、 「」「」など系作品に一時を入れていた。 この前半期が史上、最も低迷(迷走)していた時期といえるかもしれない。 に先述した沢孝史が編集長に就任。 これまでの連載作品の大半を、新鋭に4~5週の短期連載作品を描かせ、誌上で次々に発表し、その中から反のあるものを正連載に昇格させる方式を導入。 この革の結果、 「」や 「」「」「」といった作品の輩出に成功する。 もこの短期連載昇格は続いており、 「の遺伝子」「」 「」の大を生んだ。 特に「」のは凄く『8』編で第、第回新生賞と各方面で賞を受賞した、また大きな賞こそないものの作などで支持を受けている「」と共にWされる事となった。 頃からを育てる方針へ大きく動き、引き抜きは減少傾向にある。 新人賞の受賞を大幅に増やし、頃からは積極的に新人を連載起用する方針がとられている。 には週刊少年チャンピオン直系の刊誌として 「」を創刊した。 沢体勢となってからは独特の成分が薄れつつあり、「向け」のからの脱却が図られている。 成分の強い作品や、極端すぎる作品はに移っている。 も「」以外使えないようだ。 に創刊周年を迎えるにあたり、周年記念の特別をで開催した。 このではやなど様々なを用意し、で色々な展示品(例でいうと等身大以上のなの【】や等身大衣【】など)が展示されたり、作品のとの対談(のと入間くんの西との対談)と色々と充実した内容だった。 壁村耐三という男 をる上で欠かせない男。 それが村耐三である。 4年生まれ、出身。 後、に入社。 の担当となる。 の頃から血気盛んな男であり、 締め切り破りの常習犯であったに切れ、をぶん殴ったり、「、今更原稿貰っても載せられませんから」との生原稿を床に投げ捨てたり、編集長時代にあまりにも原稿が上がらない事にれを切らせ、を食べながらに突入。 をのに投げつけたり、「今から持ってそっち行くから動くな!」と恫したりしていた。 とも親しく、として行き詰まっていた塚にを描くことを勧めたのも村である。 塚もまた、締め切り破りの常習で村のに触れる事が多かった。 居を使って引きこもっていたの2階にをよじ登ってから突入、の形相で塚を引きずり出すなどしていた。 このように今であれば大問題になる行動のパレードであった。 「がきデカはすぎるから打ち切れ」と上層部に言われた際もし、上層部の示を視。 の原稿が遅れに遅れ、から「もう 原稿を 落とせ」と言われた時に「が描くと言ってるんだから黙って待ってろ!」と、例えお上や取引先が相手であっても噛みつく時は噛みついた。 しかし常に怒鳴り散らしていた訳ではなく、庭に戻れば編集部にいる時とは考えられないくらいしく、温厚な人物であったという。 だが締め切り破りのや、理不尽な要を言い放つ物には容赦がなかった。 編集長時代は必ず、近くの「」にて最後の原稿が届くのを待ち、原稿を持って帰ってくる部下を労っていた。 若手の先見を見いだすのも大得意であり、他誌でくすぶっていたやすがやみつる、やい、立原といった面々に絶大なをし、売れっ子に育て上げた。 に体調を崩し編集長を退任。 その後、に復帰するもに後進に譲る形で編集長職を勇退した。 大飲みでという体質が祟り、その後は入退院を繰り返す生活が続き、に膵臓がんで歳で死去。 亡くなる直前、記憶が全くい中でものの上で「まだ原稿は間に合うかな」などと独り言をいていたという。 村自身は大の好きというわけではなく、むしろには疎いくらいであった。 しかしそれが「はこうでなければいけない」という固定を排し、当時としては非情に新なを生み出す要因になったとも言われる。 な部下として現・の嘉。 現・の編集長である勝。 副編集長の好典。 46号から26号まで10年以上長きに渡り誌を支えた沢孝史がいる。 2020年8号 1月23日売り 現在の連載作品 読み切り・短期連載は含まず 及び読み物• 足芸こむらさん(み)• もういっ!()• のたち 勇志• 荒達哉• ノ木至• ゆうえんちーー(:)• WOR()• S 実ぶきみ• 逃亡者()• さちおくん(原)• 娑婆王()• どらコン!(触媒オミ)• 版~~(:深山秀)• 魔界の役は!(:篤 監修:西修 監修:)• バクくん(優史)• さんは押しころせない(キ)• そ!ホビー 担当:キテツ• エクスプ 連載終了 他誌移籍 作品のうちニコニコ大百科に記事が存在する作品• 陸井栄史• 陸井栄史• せいじ• (賢治)• 兵頭一歩、ひのき• (英二)• 、広あづさ• (増)• 、泰成• 西条二• 荒達哉• 次郎、矢• 、達人、悦• キノボル、悦• 八美幸• 号より移籍再開。 木々久 連載終了、各年代の代表作など 上記にあるもの除く 70・80年代• がきデカ• ゆうひの• らんぽう• 気分はービー• くりん• すくらっぷ・• 本気! 90年代• やってるヒマはねェ!• 2(じじょう)• 特攻女• オヤマ!菊の助• おまかせ!ピース電器店• 00年代• ゲッまごころ便• O突!• 24の• みどろ• 私は女• アクメツ• E FH 関連動画 関連商品 コミュニティ 関連項目• 関連外部リンク• ・・・。

次の

週刊少年チャンピオン1980年掲載データ

週刊 チャンピオン

この項目「 週刊少年チャンピオン」は に出されており、内容をより充実させるために次の点に関するが求められています。 加筆の要点 - 2016年〜2017年の推定発行部数 (貼付後は のページに依頼内容を記述してください。 創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。 から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。 毎週木曜日発売。 略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。 概要 [ ] 発行日および発売日は毎週(、など、一部地域は金曜日。 定価は270。 マスコットキャラクターは、ツートンカラーの大きなシルクハットを被った、ヒゲが特徴的なアイドルマークであり、正式名称は「 少チャン」である(『』も共通して使用している)。 誌名ロゴはかつては毎年変更されていたが、度以降現行のものになっている(度と度に「チ」の部分に若干のマイナーチェンジが加えられている)。 過去の掲載作品の変遷の影響により、他の週刊少年漫画誌と比較して自由な作風でかつアクの強い漫画が多く掲載されていると形容される。 チャンピオン読者そのものの絶対数が他の週刊少年漫画誌に劣ることから、雑誌内での相対的な話題作がそのまま絶対的な売上に反映されづらいのが現状である。 書店での単行本の入荷量も他の週刊少年誌の作品に比べて少ない。 新人作家のための増刊号が発行されていないが、その代わり読切や短期集中連載が多く、ほぼ毎週そのための枠が確保されている。 それらの作品は、読者から好評と判断されれば比較的早い段階で毎号連載が始まる。 不人気によるも他誌同様に存在する。 打ち切られた作品でも極端に人気が少ないと判断された場合が発刊されなかったり、単行本の売上が極端に悪いと判断された場合は最終巻まで発刊されない時もある。 実績の無い作家の単行本の第1巻の発行部数は、多くの場合同上他誌と比較しても非常に少なく抑えられているのも特徴であり、その売れ行き如何により連載時の待遇が上下する事が多い。 そのような作家で連載当初から人気のある作品は、初版が発売直後に品薄となり、しばらくの間入手が困難となることもある。 また、重版する場合も始めは増刷1回あたりの部数は少なく抑えられている場合が多いので、発売より数ヶ月経過してようやく出回る場合がある。 歴史 [ ] 創刊期 [ ] 月刊少年誌『』『』を手がけていた秋田書店が週刊少年誌の時代に対応すべく、1969年7月に「フレッシュな少年週刊誌」の謳い文句 で『少年チャンピオン』の誌名で隔週刊(月二刊)誌として創刊。 創刊号の表紙にはのが起用された。 前年に創刊され、新人中心のラインアップで勝負を余儀なくされた集英社の『少年ジャンプ』と異なり、やなど有力作家を連載陣に揃えた。 発売号からの週刊化に伴い誌名は『週刊少年チャンピオン』に改められた。 創刊の経済的基盤を支えたのは、大手出版社が本腰を入れていなかった新書判のマンガ単行本「」のヒットによるものと言われる。 この時期の人気連載として、『』(・)、『』()、『』()、『』(・)、『』(・)、『』(梶原一騎・)、『』()、『』()などがある。 1970年代 [ ] 1972年4月にが編集長に就任して黄金期を築く。 壁村は実売で24万部と立ち遅れていた同誌において、全編を読み切り形式に変更する改革を断行。 路線で青年誌化が進んでいた『』『』に対して王道的な少年誌路線 で躍進。 シリーズとして発展した『』()やロングセラーとなった『』()を始め、『』()、『』()、『』()、『』()、『』()、『』()、『』(原作:、作画:)、『』()、『』()、『』()、『』()、『』()、『』()、『』()、『』()、『』()など人気作品が数多く連載され、、学園もの、ホラー、お色気、といったほぼ全てのジャンルを網羅。 発行部数も『』と競い合う形で、には200万部を突破し 、ついにトップに立った。 しかし、1981年壁村は病魔に倒れ、いったん編集長を辞任する(後任は。 1985年には復任し、1989年に退任)。 に入ると人気連載作品からの引継ぎがうまくいかず、部数競争から脱落していく。 1980年代 [ ] 1980年代初頭には『』・『』()、『』(・)、『』・『』()、『』()などライトな画風を持つ作品が人気作となったが、1970年代後半の爆発的なヒット作に匹敵する作品に恵まれず部数が大きく落ち込んでいった。 1985年に壁村耐三が編集長に復帰。 この時期には『』(・)、『』()などといった番長もの・不良ものの漫画が大幅に増え、『チャンピオン』の「熱さ・男らしさ」が形成されていった。 1986年に開始された極道漫画『』()は、続編を含めて10年以上続く長期連載となり、『チャンピオン』の看板的作品になった。 この時期の代表作は他に、『』・『』(水島新司)、『』(・)、『』・『』()、『』・『』(・)、『』 ・『』 ()、『』()、『』()、『』()、『』()などがある。 1990年代 [ ] 1991年、誌名ロゴが現在とほぼ同じものとなった。 また、このころ、『三四郎 2』()、『』 ()、『』()、『』()、『』()など、それまでの不良漫画主体だった誌面から一線を画す、若手作家による個性的な人気作が台頭するようになる。 また、1991年と1993年にそれぞれ連載開始した『』()と『』()は続編を含めて20年以上に渡り『チャンピオン』の看板作品となった。 1994年、やを担当していたが編集長に就任。 には誌名ロゴが現在のものと同一になり、『』()、『』()、『』()、『』()、『』(水島新司)、『』()、『』()といった、多種多様なジャンルの人気長期連載が次々と開始、また読者コーナーも1995年1号に開始した『チャンピオンカップ C2 』が長期間続き、以後2000年ごろまで安定した誌面構成が続いた。 とりわけ『ドカベン プロ野球編』は連載開始時にテレビ番組など各種メディアでも大きく取り上げられ、話題を呼んだ。 その後も、冒険ファンタジー『』(米原秀幸)・『』(山口貴由)、お色気学園もの『』()、コメディ『』()・『』()、ショートギャグ『おやつ』()・『』()、不良もの『』()、スポーツ『満天の星』()など、各ジャンルにおいてヒット作が続いた。 2000年代前半 [ ] 2000 - 2001年ごろには『』()、『』()といった「萌え系」と称される傾向の作品が開始し(両者はともにアニメ化された)、1995年以降7年間続いていた読者投稿ページ『チャンピオンカップ』も、とのタイアップにより同社のマスコットキャラクターである「(でじこ)」をMCに据えた『』へとリニューアルされた。 ストーリー漫画ではその後長期連載となる『』(・)や、ラーメン漫画『』()などの安定した作品、特異な作風で知られるの『』やアニメとまったく違う展開を見せたコミカライズ作品『』などの挑戦的な作品も見られた。 2002年にはに代わり樋口茂が編集長に就任。 1990年代のチャンピオンを支えてきた長期連載が軒並み終了したが、それに代わる人気作が産まれなかったため、誌面は不安定な状態となり部数も大きく落ち込んだ。 ストーリー漫画、スポーツ漫画共に短命に終わる作品が乱発され『』(・)・『いっぽん! 』()など2 - 3年の連載が続くのが良い方という状態に陥った。 また、2003年から2005年までは萌え系漫画が減少し再び不良漫画が増加したが、『』()や『』(小沢としお)以外は軒並み低調に終わった。 それと前後して誌面におけるメディアミックス系コミカライズ作品も掲載されていたが、『』() 、や『』(・・)など)のコミカライズなどを例外として、どれも低調であった。 一方、ギャグ・コメディ漫画では『』()がヒットし、アニメ化もされた。 コメディー漫画はかつて毎回15-16ページが業界の標準であったが、同誌では以後、8ページ以下のショートコメディーの連載本数が増えてくる。 前述の読者投稿ページは『チャンピオンロード』『黒チャンピオン党』と1 - 2年足らずのスパンで変更され低迷していたが、2005年1月に開始したとタイアップした『』は安定した人気を獲得し、2013年9号まで続いた。 ゲーム紹介欄は、2004年にそれまで掲載されていた『電気頭脳園』に代わり、を起用した『電遊日記』が開始し、2009年 まで続いた。 2000年代後半 [ ] 2005年10月には編集長がに交代し、大幅な誌面改革を断行する。 それまでの連載の大部分を2006年度中に入れ替え、通常連載では休載を出来る限り行わせない骨太の方針に変更した。 2006年20号から2009年1号まで表紙に「 これ楽しい! これ面白い!! 」というキャッチコピーを用い、車田正美による『』の続編『』とその外伝的作品の連載『』(作画・)を立ち上げた。 その他、ギャグでは『』()・『』()、不良漫画では『』()、では『』()・『』()・『』シリーズ(佐藤タカヒロ)、その他では『』(・)など、各ジャンルで話題作を輩出している。 いくつかの作品はやなど他のメディアにも進出し、中でも『弱虫ペダル』は『チャンピオン』の看板作品となった。 また、前述の『チャンピオン投稿コロシアム CTC 』が好評を博し、長年3ページで固定されていた読者ページ枠を4ページに拡大させた。 2009年には、創刊40周年記念企画として過去の人気連載の新作読切作品を多数発表した。 また、その企画の一環として新しいキャッチフレーズを公募し、その結果「 何でもありの無差別級まんが雑誌! 」が選ばれ(同年40号発表)、以後、2010年52号まで表紙に用いられた。 40周年記念企画スタート号となった2009年17号の誌名ロゴは1977年ごろのものが使用された。 2010年代 [ ] 長らく『ドカベン』『浦安』『刃牙』に大きく依存していた週刊少年チャンピオン発のの売上も、上記の連載作の登場によってその割合が弱まり、全体が底上げされた。 このため基本的にグラビア(グラビアは『 週刊少年チャンピオンアイドルフォトジェニック』としてレーベル展開。 2010年代前半は、が独占していたが、2016年ごろより・・関連も登場するようになった)が多くを占めた表紙も、再び漫画作品を前面に出したものが増加するようになった。 しかし、やなど逝去した漫画家もおり、それに伴いとなった作品もあり、特に佐藤タカヒロが最期に掲載した2018年33号は発売と同時に瞬く間に売り切れる店も少なくなかった。 2016年3月15日、版の配信が開始された。 配信当初は木曜日に紙の雑誌で発売した内容を、翌週の火曜日に配信する形で行われた が、2017年7号から紙の雑誌が発売される同日に配信されるようになった。 ただし、『』と巻頭グラビア企画ページ『 週刊少年チャンピオンアイドルフォトジェニック』は未掲載。 電子版限定として、追悼記念による『バチバチ』の復刻連載、『』の連載開始記念に合わせて『』本編の第1話と第2話を再掲している。 2017年6月、12年弱に渡って本誌を牽引した沢に替わって武川新吾が編集長に就任。 2018年6月、紙版31号にて中断期間を含めて46年間連載していた『ドカベン』シリーズが『ドリームトーナメント編』の最終回をもって完結。 2019年に創刊50周年を迎え、「 必死こいて半世紀」というキャッチコピーを用い、名作や2019年時点の人気作のリバイバル再掲載を毎号掲載している。 同年46号からはチャンピオンの歴代編集長の活躍を描く漫画『』()を連載。 また、『グラップラー刃牙』の第1話が本人によってセルフリメイクされた。 この時期の代表作は、ギャグでは『』()、コメディでは『』()、恋愛漫画では『』()、不良漫画では『』()・『』()、では『』()、その他では『』()・『』()などがあり、いくつかの作品はアニメやテレビドラマなど他のメディアにも進出している。 他メディアと連動したコラボレーション連載も引き続き実施され、『』や『』のコミカライズ版を連載。 また、スピンオフ作品の連載も行われ、『囚人リク』の外伝的作品である『』(瀬口忍)や『』の外伝的作品である『』(・)を立ち上げている。 連載作品 [ ] 過去の連載作品についてはを参照 2020年6月11日(2020年28号)現在連載中の作品。 休載中の不定期連載作品や短期集中連載作品も含む。 作品名 作者(作画・小説) 原作など 開始号 備考 せいんとせいやねくすとていめんしよんめいおうしんわ くるまた まさみ - 2006年36・37合併号 シリーズ連載 よわむしへたる わたなへ わたる - 2008年12号 もくようひのふるつと いしくろ まさかす - 2009年6号 掲載順は巻末に固定 はきかいてんすかあふえいす やまうち ゆきなお (作画) いたかき けいすけ (原作) 2009年7号 「グラップラー刃牙」シリーズのスピンオフ作品 『』より移籍 『』に移籍 のちに再び本誌に戻り連載再開 休載中 きゆうけつきすくしぬ ほんのき いたる - 2015年30号 ろくとうのおんなたち なかむら ゆうし - 2016年30号 ひいすたあす いたかき はる - 2016年41号 あつまれふしきけんきゆうふ あんへ まさひろ - 2016年44号 まいりましたいるまくん にし おさむ - 2017年14号 あつはれうらやすてつきんかそく はまおか けんし - 2018年16号 「浦安鉄筋家族」シリーズの続編 ゆうえんちはきかいてん ゆめまくら ばく (小説) いたかき けいすけ (原案) ふした ゆりあ (挿絵) 2018年25号 「グラップラー刃牙」シリーズのスピンオフ作品 小説作品 はきとう いたかき けいすけ - 2018年45号 「刃牙」シリーズの続編 もういつほん むらおか ゆう - 2018年47号 はりかねさあひすええす こう たつや - 2018年50号 「ハリガネサービス」の続編 わあすとかいてんくりこ すすき りゆうた (作画) たかはし ひろし (原作) 2019年7号 「WORST」のスピンオフ作品 さちおくん きやつとたんくすすはら - 2019年20号 しやい みき ふきみ - 2019年35号 つきしさいきようすしてんせつにきりのうみたろう かわはた ひろのり - 2019年51号 すいようとうてしようおおいすみのほらはなし ほしの こういちろう (作画) おおいすみ よう (監修) 2020年1号 「水曜どうでしょう」のコミカライズ まかいのしゆやくはわれわれた つたぬま あつし (作画) にし おさむ (監修) こねしま (原作監修) 2020年6号 「魔入りました! 入間くん」のスピンオフ作品 はくくん たなか ゆうし - 2020年7号 しようせつはんたあういんすけえむふらつくけえむ ふりつふふろつふす - 2020年7号 「」のノベライズ 小説作品 めいかさんはおしころせない さとう しよおき - 2020年8号 こえかたせないしようしよはかのしよかやさしすきるとおもつている やむら いち - 2020年11号 やんきいしええけえくすはなちやん そかへ としのり - 2020年16号 かうあねすなすなさん へりやま - 2020年18号 とうけんあんき うるしはら ゆら - 2020年28号 読者投稿ページ [ ]• チャンピオンパック(1970年代)• ビッグスペース 1980年代• シルクハットハウス(1980年代後半まで)• スクランブルニュース(1980年代後半 - 1990年代初頭)• チャンピオンベストステージ(1990年代初頭 - 1994年)• 寄席ばいいのに! (1994年)• チャンピオンカップ C2 (1995年1号 - 2001年18号)• (2001年19号 - 2002年36号)• 黒チャンピオン党(2003年30号 - 2005年6号)• CTC (2005年7号 - 2013年9号)• 週刊3D (2013年10号 - 2014年24号)• チャンみつ (2014年28号 - 2018年33号)• 週刊少年チャンピオン50thアニバーサリー(2018年34号 - )• 週刊少年チャンピオンの歴代連載作品の紹介を主とするコーナー。 の」を外した「電気頭脳園」が正式名称だった。 ギャル番ゲーマー マリー (構成・文:スタジオサバイヴ、本文イラスト:(ゆろ いさと))2010年6号 - 2011年52号 週チャンゲーム板 (構成・文:スタジオサバイヴ) VER. 1 神と犬と山下の週チャンゲーム板 (本文イラスト:)2012年1号 - 53号 VER. 2 馬とスマホと橘の週チャンゲーム板 (本文イラスト:)2013年1号 - 52号 VER. 3 悪魔と僕と木口卓の週チャンゲーム板(あくまとしもべとキグタクの-) (本文イラスト:(みやお りゅう))2014年1号 - 総合情報コーナー [ ]• チャンピオンレーダー(1970年代 - 1980年)• 情報チャンネルあいどる組• マイ・ワールド• 情報エクスプレス(アーティストインタビューやイベント情報、プレゼント情報のページ)• チャンピオンCINEMAプレビュー(映画紹介記事。 かつては独立したページを持った記事であったが、2006年に情報エクスプレスの一記事に格下げされた) 歴代編集長 [ ] この節のが望まれています。 成田清美(1969年創刊号 - 1972年25号(1972年3月))• ( 第一次、1972年26号(1972年4月) - 1981年46号)• (1981年47号 - 1983年9号)• 神永悦也(1983年10号 - 1985年16号)• 壁村耐三( 第二次、1985年17号 - 1989年31号)• 樋口茂(2002年6号(2002年1月) - 2005年47号(2005年10月))• (2005年48号(2005年10月) - 2017年26号(2017年5月))• 武川新吾(2017年27号(2017年6月) - ) 主催新人漫画賞 [ ]• (原則3月締切と9月締切の年2回募集)• 月例フレッシュまんが賞(原則月末締切の月例賞) 発行部数 [ ] この節のが望まれています。 これらの部数は公称値や推定値であり、実数ではないことに注意を要する。 1969年7月15日創刊号 21万部• 1972年7月3日号 39万部• 1973年8月20日号 50万部• 1974年9月9日号 100万部• 1977年1月 200万部• 1978年9月11日号 205万部• 1979年1月22・29合併号 250万部• 2009年 55万部 以上は公称値による発表である。 推定発行部数(全国出版協会) 部数 出典 (平成元年) 70万部 1990年版 出版指標年報 (平成2年) 64万部 1991年版 出版指標年報 (平成3年) 65万部 1992年版 出版指標年報 (平成4年) 65万部 1993年版 出版指標年報 (平成5年) 65万部 1994年版 出版指標年報 (平成6年) 65万部 1995年版 出版指標年報 (平成7年) 75万部 1996年版 出版指標年報 (平成8年) 75万部 1997年版 出版指標年報 (平成9年) 70万部 1998年版 出版指標年報 (平成10年) 67万部 1999年版 出版指標年報 (平成11年) 60万部 2000年版 出版指標年報 (平成12年) 60万部 2001年版 出版指標年報 (平成15年) 35万部 2004年版 出版指標年報 (平成16年) 30万部 2005年版 出版指標年報 (平成17年) 32万部 2006年版 出版指標年報 (平成18年) 32万部 2007年版 出版指標年報 (平成19年) 32万部 2008年版 出版指標年報 (平成20年) 30万部 2009年版 出版指標年報 (平成21年) 29万部 2010年版 出版指標年報 (平成22年) 27万部 2011年版 出版指標年報 (平成23年) 28万部 2012年版 出版指標年報 (平成24年) 26万部 2013年版 出版指標年報 (平成25年) 25万部 2014年版 出版指標年報 (平成26年) 24万部 2015年版 出版指標年報 (平成27年) 21万部 2016年版 出版指標年報 以上の部数は発行の「出版指標 年報」掲載の推定値であり、公称値とは性質が異なる。 増刊号 [ ] 1970年に『月刊少年チャンピオン』が創刊したが、同社発行の『』から漫画部分を吸収する形で兄弟誌の立場になった。 その後、新人作家の読切を主とした増刊号が刊行され、1980年代前半には青年誌として『週刊少年チャンピオン増刊 ヤングチャンピオン』が不定期に刊行されていた時期もあった。 現在は定期的に刊行される増刊号は存在しないが、『』の総集編や、の新作と傑作選、新人ギャグ作家の読切を掲載した『毎度! 浦安鉄筋家族 増刊』などが不定期に刊行されている。 派生誌 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『少年マンガ大戦争 「少年画報」編集長・金子一雄の築いた王国』(、蒼馬社)。 『マンガ原稿料はなぜ安いのか? 竹熊漫談』(2004年、)。 『戦後野球マンガ史 手塚治虫のいない風景』(、・平凡社新書)。 『マンガの力 成熟する戦後マンガ』(1999年、晶文社)。 週刊少年チャンピオン1977年6・7号表紙• - (外部リンク)• - (外部リンク)• - (外部リンク)• 2016年3月10日. 2017年3月9日閲覧。 2017年1月12日. 2017年3月9日閲覧。 2018年6月28日. 2018年7月1日閲覧。 週刊少年チャンピオン1977年6・7号表紙 参考文献 [ ]• 斎藤精一『雑誌大研究 出版戦国時代を探る』(、)• 学芸部編著『出版界の現実 出版界の内幕を徹底取材』(、日本ジャーナリスト専門学院出版部)• 『さらばわが青春の「少年ジャンプ」』(、)• 『オタク学入門』(、) - 少年マンガ国盗物語。 『別冊宝島70年代マンガ大百科』(、) - 壁村耐三インタビュー。 西村繁男『まんが編集術』(、)• 2020年5月26日。 2020年5月27日。 2020年5月28日。 2020年5月29日。 2020年5月30日。 2020年5月31日。 2020年6月1日。 2020年6月2日。 無料公開部分はここまで。 外部リンク [ ]• 掲載作品等のデータベース.

次の

週刊少年チャンピオン1982年掲載データ

週刊 チャンピオン

作品検索用目次 [ ] 本一覧はソート可能な表を使用しており、昇順ソート後に以下の目次を使用することにより、作品検索が行える。 目次は昇順ソート時にソート対象に対してのみ有効に機能する。 デフォルトでは開始順となっているため年順目次のみが有効であり、同じ年順ではあっても「終了」に対しては正しく機能しない。 「終了」で昇順ソート時には、同じ目次が「終了」にのみ機能し、「開始」には機能しなくなる。 詳細は参照。 ・・・・・・・・・ - 作者(作画) 作者または作画者を五十音順。 詳細は参照。 詳細は参照。 年順目次 開始(デフォルト) または 終了 連載開始順または終了順。 連載中は終了でソート時にのみに使用可。 詳細はを参照。 終了 備考欄目次 ・・・・ ・・・() 備考 備考を7種に大別し左記の順に。 詳細は参照。 作品一覧 [ ]• 各列見出しのリンクからはに移動。 2020年6月11日(2020年28号)現在連載中。 000. 00開始 1969. 01 1973. 01 1970. 01 1971. 01 1970. 01 1970. 01 1970. 01 1969. 03 1970. 06 - 008. 00開始 1970. 01 1971. 01 1970. 06 1970. 07 1971. 08 1970. 08 1972. 13 1971. 14 1970. 14 1971. 14 1971. 14 1971. 23 1971. 35 1971. 27 - 021. 00開始 1971. 02 1971. 09 1971. 10 1972. 10 1971. 11 1971. 20 1971. 24 1971. 28 1973. 29 1971. 30 1972. 30 1973. 31 1972. 36 1972. 37 1972. 41 1971. 42 1972. 48 1972. 12 - 037. 00開始 1972. 01 1972. 05 1972. 07 1972. 08 1972. 14 1973. 16 1972. 17 1972. 18 1981. 19 1972. 30 1975. 31 1972. 35 1972. 43 1973. 43 1976. 44 1972. 46 1973. 49 1973. 24 - 055. 00開始 1973. 01 1973. 08 1973. 14 1973. 12 1981. 13 1981. 15 1982. 17 1981. 17 1981. 18 1981. 21 1981. 21 1981. 33 1982. 36 1982. 41 1982. 44 1982. 51 1982. 52 1984. 24 - 151. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1982. 00開始 1982. 06 1983. 14 1982. 16 1982. 24 1983. 25 1982. 27 1982. 30 1983. 31 1982. 34 1985. 35 1982. 39 1983. 45 1983. 46 1983. 47 1983. 49 1983. 50 1983. 51 1983. 50 作画は83. 20まで明石、21以降が乾 170. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1983. 00開始 1983. 13 1984. 13 1987. 17 1983. 20 1985. 47 83. 21 1983. 44 短:-83. 24、本:83. 22 1984. 25 1985. 31 1984. 44 1984. 46 1985. 48 1985. 49 1984. 50 1986. 50 1985. 21 - 184. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1984. 00開始 1984. 19 1985. 25 1984. 31 1984. 36 1986. 39 1986. 40 1985. 48 1985. 22 - 191. 2 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1985. 00開始 1985. 06 1985. 19 1987. 19 1988. 20 1985. 21 1985. 21 1985. 22 1985. 22 1987. 23 1985. 24 1986. 22 第1部:-85. 39、第2部:86. 33 1985. 34 1989. 35 1988. 36 1986. 39 1986. 39 1985. 48 1986. 49 1986. 53 1989. 12 - 213. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1986. 00開始 1986. 10 1986. 15 1987. 16 1986. 18 1986. 21 1986. 21 1987. 22 1986. 24 1986. 25 1986. 28 1987. 29 1986. 30 1996. 30 1996. 38 1996. 45 1989. 46 1990. 49 1988. 46 - 230. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1987. 00開始 1987. 06 1987. 18 1987. 19 1988. 19 1987. 23 1987. 27 1988. 33 1988. 34 1989. 37 1989. 38 1987. 41 1988. 42 1989. 38 - 245. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1988. 00開始 1988. 19 1990. 21 1988. 25 1990. 29 1988. 39 1989. 40 1989. 41 1989. 42 1991. 49 1991. 45 - 256. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1989. 00開始 1989. 05 1989. 16 1989. 18 1989. 25 1989. 26 1990. 30 1990. 32 1993. 34 1990. 38 1995. 41 1991. 45 1990. 46 1990. 49 1990. 52 1990. 53 1990. 32 - 272. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1990. 00開始 1990. 01 1992. 06 1990. 09 1990. 13 1990. 15 1993. 19 1992. 21 1994. 29 1990. 31 1991. 32 1991. 41 1991. 47 1991. 48 1992. 53 1991. 40 - 286. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1991. 00開始 1991. 01 1991. 12 1992. 13 1992. 14 1991. 15 1992. 18 1991. 27 1991. 33 1991. 39 1991. 39 1994. 42 1992. 43 1999. 44 1993. 46 1993. 46 1991. 52 1992. 39 - 304. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1992. 00開始 1992. 10 1993. 18 1995. 20 1993. 25 1994. 29 1992. 32 1992. 40 1993. 46 1996. 50 1994. 42 - 315. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1993. 00開始 1993. 07 1993. 10 2002. 10 1993. 15 1994. 20 1994. 23 1993. 24 1993. 25 1993. 24 1993. 26 1995. 29 1993. 34 1994. 38 1995. 39 1993. 45 1994. 49 1994. 50 1994. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1994. 00開始 1994. 07 1995. 08 1995. 09 短:-. 12、本:94. 09 1994. 13 1996. 16 1994. 17 1994. 28 1994. 30 1995. 41 1994. 44 1994. 47 1995. 48 1997. 49 1995. 19 - 347. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1995. 00開始 1995. 03 1995. 09 2000. 11 1995. 14 1996. 15 2004. 19 1997. 20 2000. 32 2001. 33 1996. 37 1995. 39 1996. 47 1997. 49 1996. 30 - 364. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1996. 00開始 1996. 20 1996. 20 2001. 30 短:-. 28、本:96. 28 1996. 29 1996. 29 1997. 30 1997. 32 1997. 33 1998. 40 1997. 47、本:97. 42 1996. 48 2001. 51 1998. 11 - 377. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1997. 00開始 1997. 08 2001. 14 2002. 16 1997. 18 1998. 20 1998. 21 1997. 26 1997. 26 1998. 31 1997. 34 1999. 35 1997. 40 2000. 40 1997. 44 1998. 50 1999. 30 - 393. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1998. 00開始 1998. 08 1998. 13 2001. 14 1998. 27 2002. 33 1998. 36 2001. 44 1999. 46 2001. 50 2000. 53 1999. 15 - 404. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 1999. 00開始 1999. 03 1999. 18 2004. 21 2000. 30 1999. 31 2000. 32 2001. 33 1999. 43 2005. 44 2000. 45 2000. 44 - 414. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2000. 00開始 2000. 03 2002. 15 2000. 20 2000. 42 2001. 43 2001. 45 2007. 46 2001. 47 2002. 48 2000. 51 2001. 53 2003. 24 - 426. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2001. 00開始 2001. 03 2003. 13 2001. 16 2001. 19 2004. 25 2001. 27 2002. 28 2001. 31 2003. 41 2004. 50 2002. 52 2002. 52 2002. 44 - 439. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2002. 00開始 2002. 01 2002. 01 2002. 08 2005. 09 2005. 11 不:-03. 50、本:04. 17 2010. 20 2002. 21 2002. 25 2006. 25 2002. 26 2002. 27 2002. 31 2002. 31 2003. 34 2003. 35 2001. 40 2003. 43 2006. 47 2005. 48 2004. 51 2003. 16 - 461. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2003. 00開始 2003. 11 2004. 17 2004. 19 2004. 20 2005. 23 2006. 31 2004. 33 2004. 41 2004. 11 第1部:-03. 49、第2部:04. 43 2005. 28 短:-. 47、本:04. 44 2005. 15 短:-. 48、本:04. 45 2004. 32 - 472. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2004. 00開始 2004. 06 2012. 07 2004. 11 2005. 12 2004. 14 2005. 17 2006. 19 2004. 20 2004. 25 2004. 33 2008. 38 2005. 39 2005. 39 2004. 40 2006. 45 2006. 46 2005. 47 2005. 48 2006. 50 2006. 50 - 491. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2005. 00開始 2005. 06 2005. 14 2006. 19 2005. 21 2005. 24 2006. 27 2008. 29 2006. 31 2005. 33 2005. 39 2006. 40 2006. 42 2006. 15 - 504. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2006. 00開始 2006. 01 2012. 06 2007. 09 2009. 10 2008. 15 2012. 39 短:-06. 16 2007. 18 2007. 20 2007. 21 2007. 21 2006. 30 2007. 10 読:06. 30 2007. 34 短:-06. 33、本:07. 33 2007. 33 2008. 35 短:-06. 52、本:07. 連載中 読:06. 38 2006. 39 2011. 40 2008. 42 2006. 50 2008. 52 D第1部:-07. 17、第2部:07. 51 2007. 43 - 527. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2007. 00開始 2007. 01 2007. 09 2008. 10 2010. 12 2009. 14 短:-07. 15、本:07. 18 2007. 19 2015. 20 2009. 21 2014. 26 2010. 35 2008. 35 2016. 40 2008. 44 2008. 46 2007. 52 短期集中連載 543. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2008. 00開始 2008. 10 2009. 12 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 14 2008. 16 2008. 17 2008. 19 2009. 35 2011. 07 読:08. 06、第1部:-. 50、番外編:09. 14-17 第2部:09. 38 2009. 35 短:-08. 44、本:08. 47 2010. 48 2011. 49 2010. 50 2010. 51 2009. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2009. 00開始 2009. 01 2010. 30 不:-09. 30、本:09. 06 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 07 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 10 2009. 18 2010. 01 C短:- 2009. 20、本:09. 19 2010. 52 C短:-09. 24、本:10. 23 2009. 24 2012. 26 2009. 46 2010. 47 2010. 48 2009. 48 2012. 49 2011. 08 C短:-10. 06「出陣!! 武将頭高校排球軍」、本:10. 34- 570. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2010. 00開始 2010. 06 2011. 07 2012. 08 2013. 10 2010. 12 2011. 19 2012. 18 C短:-10. 25「魚屋レジェンド スーパーバイトJ」 本:10. 31 2010. 35 2011. 29 読:09. 41 2011. 48 2011. 49 2018. 51 2012. 34 短:-11. 52 2011. 09 短期集中連載 584. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2011. 00開始 2011. 09 2011. 10 2012. 11 2018. 13 2012. 29 短:-11. 16,21-28、本:11. 15 2011. 17 2011. 25 2012. 32 2011. 33 2011. 35 2011. 38 2013. 09 短:-11. 40「空が灰色だから手をはなそう」 本:11. 39 2011. 40 2012. 41 2012. 42 2012. 48 2013. 19 短:-11. 50、本:12. 49 2012. 51 2012. 25 - 602. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2012. 00開始 2012. 09 2013. 13 2013. 15 2012. 30 読:11. 18 2018. 20 2013. 25 2014. 31 2012. 33 2013. 41 C短:-12. 43、本:12. 34 2014. 35 2013. 38 2013. 38 2014. 39 2012. 51 2013. 52 2013. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2013. 00開始 2013. 09 2017. 11 2014. 12 2013. 16 2013. 16 2013. 20 2014. 24 2014. 25 2014. 26 2014. 28 2014. 39 2015. 41 2016. 46 2015. 07 短:-13. 50、本:2014. 52 2014. 12 短期集中連載 631. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2014. 00開始 2014. 11 2014. 16 2018. 17 2014. 26 2018. 29 2015. 30 2015. 33 2015. 38 2014. 42 2015. 47 2015. 48 2015. 50 2018. 51 2016. 52 2018. 18 - 645. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2015. 00開始 2015. 07 2017. 09 2015. 10 2015. 11 2016. 17 2015. 18 2015. 26 2017. 28 2016. 29 2016. 30 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 33 2015. 48 2016. 49 2017. 51 2016. 08 - 659. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2016. 00開始 2016. 09 2016. 16 2017. 18 2017. 19 2017. 26 2017. 28 2016. 30 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 40 2019. 41 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 44 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 44 2020. 23 短:-16. 48、本:17. 45- 670. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2017. 00開始 2017. 09 2017. 11 2017. 52 C短:-17. 18、本:17. 13 2017. 14 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 16 2017. 21 2017. 26 2017. 35 2018. 38 2018. 42 2019. 43 2018. 44 2018. 48 2019. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2018. 00開始 2018. 07 2018. 09 2018. 13 2019. 15 2018. 16 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 19 2018. 28 2019. 33 2019. 36 2019. 40 2019. 45 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 47 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 50 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 連載中 の続編 695. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2019. 00開始 2019. 01 2020. 07 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 08 2019. 09 2019. 17 2019. 20 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 20 2019. 27 2019. 30 2020. 34 2020. 35 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 44 2019. 46 2020. 47 2019. 49 2019. 51 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 連載中 - 712. 5 Z作品名 Z作者(作画) Z原作者など 2020. 00開始 2020. 01 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 06 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 連載中 「魔入りました! 07 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 08 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 11 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 16 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 18 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 18 5000、ソート結果を正確にするため、最終回掲載号が発売されてもその次の号が発売されるまでは「連載中」を保持。 連載中 - 凡例 [ ] No欄 [ ] 発表順での通し番号。 他欄でのソート結果をデフォルトの順へと戻すのに使用。 作品名欄 [ ] 漫画作品名を記載。 昇順ソート時には五十音順に並び替えられる。 改題し、単行本のナンバリングが1巻からとなった作品については別作品とみなし、データを分けている。 また、短期連載からの昇格作において、単行本で前作と一体となった(つまり、単なるプロトタイプとなった場合を除く)場合は、例外的に一つのデータとして取り扱っている。 7週以下の短期連載は、基本的にその作品が主体となった単行本が連載後ほどなく刊行されたもののみ含んでいる。 それ以外の場合、一部の例外もあるが原則8週以上連載が継続したものに限るとする。 また、第2部などと作中で区切られていても、単行本の巻数が継続しているものについては同一作品とみなし、1つのデータとして取り扱っている。 作者(作画)欄・原作者など欄 [ ] 漫画作品の作者を記載。 個人作品については「作者(作画)」欄にのみ記載し、「原作者など」欄は用いない。 原作・監修などの形で合作されている作品は作画者を「作者(作画)」欄に記載し、その他の作者を「原作者など」欄に記載する。 作者名は原則として執筆時の筆名を用いるが、『週刊少年チャンピオン(週チャン)』在籍中に筆名変更を行った作者についてはソートの便宜のために最後の筆名に統一する。 昇順ソート時には五十音順に並び替えられる。 また「原作者など」欄でのソート時には末尾に原作者などがいない、個人作品がまとめられる。 備考欄 [ ] 上記以外で特記事項がある場合に記載。 ソート時には以下の順で4種に区分し、複数の備考がある場合の優先順位もこれに準じる。 備考欄では年数を下二桁の形で略記する。 別名義:連載時の筆名が、に記載されているものと異なる場合に記載。 本誌外での改名:『週チャン』を離れてからの筆名変更がある場合に記載。 何度も改名されている場合は最も代表的なものとしてWIkipediaの記事名に採用されているもののみを記載する。 事前掲載:本連載前の不定期連載・短期集中連載・読切掲載の掲載期間および本連載の開始時期を記載。 また短期集中連載中のタイトルが異なる場合はそのタイトルも記載する。 不定期連載および短期集中連載の開始号は開始欄と同じため省略する。 また本連載の終了号は終了欄と同じため省略する。 不:不定期連載• 短:短期集中連載• 読:読切• 本:本連載• 例:「隼人がいく」開始欄(1980. 17)、終了欄(1980. 50)、備考欄(短:-80. 26「ゆっくり隼人」、本:80. 29-)• 1980年17号から26号まで「ゆっくり隼人」として短期集中連載の後、1980年29号から50号まで本連載。 連載形式:「事前掲載」を除いた、通常の週刊連載以外の形で連載された場合にその形式を記載。 移籍後に解題した作品については(改題後のタイトル)を追記• 「ペンギン娘MAX」に改題して『チャンピオンRED』に移籍• 11)• 1975年11号までは「よたろう」のタイトルで連載し、12号以降作品名欄のタイトルに改題。 その他:上記以外の備考。

次の