みさき 公園 今後。 みさき公園閉園後の跡地や動物はどうなる?|特ダネレポ!

大阪府みさき公園閉園|ありがとう南海本線|跡地には何が?3月31日閉園

みさき 公園 今後

スポンサーリンク 大阪・みさき公園が2020年3月31日いっぱいで閉園することが決定しました。 みさき公園と言えば、大阪や和歌山の小学生は1度は遠足に出かけたことがあるほど メジャーな公園で慣れ親しんだ場所だけに非常にさみしい限りです。 閉園の理由は長期に渡って赤字経営をしており、年間来場者数もピーク時の半減、 さらには昨年の台風にとる被害で大型プールが壊れてしまうなどもあり、 2020年3月いっぱいでの閉園が決まったようです。 3月31日にみさき公園では卒園式というイベントも開催されます! 永年の感謝を込めまて、「みさき公園の卒園式」を開催します!ファンのみなさまや、みさき公園に携わってくれた方々との「たいへんよく遊んだ」63年間。 いつまでも心に残る思い出を、ぜひ大切な方とご一緒に! 最後のポスターに出演できるイベントもご用意しています! — みさき公園【公式】 MISAKIKOEN みさき公園閉園後の跡地や動物はどうなる? まず、みさき公園閉園後の動物は和歌山県のアドベンチャーワールド等に譲渡。 3月末までに全動物をアドベンチャーワールドを筆頭に他の施設へ移送するようです。 みさき公園閉園後の跡地に関しては、南海電鉄が経営から撤退するらしく、 今のところ跡地が何になるかまったく決まっていない様子。 南海電鉄は撤退後の後継事業者を探していくつか交渉してたみたいなんですが、 残念ながら話がまとまらず現時点では見つかっていないとのこと。 遊園地は撤退したとしてもみさき公園の公演だけでも残すのか? それとも空き地になってしまうのか?2020年2月現在は決まっていないようです。 寂しいけど仕方ない。 動物達が無事に今後も過ごせますよーに。 跡地何になるんやろ??だいぶ広いよなぁ。 岬町が南海電鉄から土地所有になりましたね。 — スネムシ v5cp29zr51LmmUL みさき公園、小さい頃めっちゃ連れて行ってもらったわー。 あやめ池遊園地、奈良ドリームランド、宝塚ファミリーランド、神戸ポートピアランド、エキスポランド… 思い出の場所がどんどん無くなっていく。 唯一残ってるのはひらパーだけかぁ。 あ、生駒山上遊園地も残ってるな。 — ミント mint130408 みさき公園閉園まとめ• みさき公園は2020年3月31日で閉園が決定• 3月31日に閉園式がみさき公園で開催される• みさき公園閉園後の跡地に関しては2020年2月現在全く決まっていない• みさき公園の動物たちは和歌山のアドベンチャーワールド等へ譲渡• みさき公園閉園に悲しむ人多数 以上です。 みさき公園の跡地に何か楽しめる施設が出来るのが1番いいのですが、 また新しい情報が入り次第この記事を更新します。

次の

南海電鉄『みさき公園』撤退時期や理由は?今後施設はどうなるのか調査!|ひつじのいいネタ

みさき 公園 今後

みさき公園が3月末で閉園、南海電鉄が事業撤退 南海電鉄が大阪府岬町の総合遊園地 「みさき公園」を、2020年3月31日で運営を終了すると発表し、約62年にわたる「みさき公園」の歴史は幕を閉じることとなりました。 みさき公園は 1957年にオープンし、動物園や遊園地、イルカ館、プールなどを併設。 1989年には、 年間来場者数は約72万人を記録しました。 しかし、その後は入場者数が振るわず、2018年度は約33万6千人とピーク時の半分以下まで落ち込みました。 動物園のほか、開園当初から動いている西日本最古のジェットコースターや、イルカショーを楽しめる遊園地としてファミリー層を中心に人気。 和歌山県からの来園者も多かったのですが、2009年度からは 年間2億~3億円の赤字が続いていました。 昨年3月に南海電鉄施が設運営からの撤退を発表した後、事業譲渡先を探していましたが、複数の企業と交渉するも条件面で折り合いませんでした。 「南海電気鉄道株式会社」は「みさき公園」事業からの撤退について、2019年3月26日このように公表しています。 「みさき公園」事業からの撤退について 南海電気鉄道株式会社(社長 遠北 光彦)では、このたび2020年3月31日をもって、「みさき公園」事業から撤退することといたしました。 みさき公園は1957年に開園、以後約62年間にわたり動物園やイルカショーを核とした自然につつまれた総合遊園地として、沿線にお住まいのファミリー層を中心にご支持いただいてまいりました。 1989年度には年間来場者数は約72万人を記録いたしました。 「みさき公園」3月末閉園の理由を、こう述べています。 しかしながら、その後はレジャーの多様化により、年間来場者数の減少傾向が続いており、2017年度はピーク時の半分の約36万人にまで減少しております。 2017年度の決算において、同公園事業にかかる約33億円の減損損失を計上し、その後もあらゆる再建策について検討してまいりましたが、当社としては事業継続が困難であると判断し、2020年3月31日をもって、「みさき公園」事業から撤退することを決定した次第でございます。 そして、こう綴っています。 長年みさき公園をご愛顧くださいました皆さまには、大変申し訳なく存じますが、何とぞご理解賜りますようお願いいたします。 みさき公園の動物の引き取り先は 「みさき公園」で飼育している約450頭の動物は、和歌山県白浜町のレジャー施設 「アドベンチャーワールド」をはじめ、複数の動物園等に引き取ってもらう事に。 受け入れ先が決まらない動物については、 2021年3月31日までを目途に。 全ての動物の移転を目指している事を発表しました。 「みさき公園」で飼育している全ての動物の移転について、こう述べています。 岬町も新たな事業者の下で「みさき公園」存続できるように努力していきたいとしていますが、大型複合施設だけにそのままの規模で 運営できる事業者は少ないと地元メディアの報じています。 「閉園」となる可能性もある、とされています。 また、今回の運営終了決定を受けて、同園では 「みさき公園の卒園式」を開催します。 みさき公園を「卒園」するイベントや様々な催し、歴史を写真などで振り返る 「卒園展~みさき公園63年間のあゆみ~」などを実施する予定です。 「閉園」とならず、運営できる事業者が現れることを期待します。

次の

みさき公園はいつまで?閉園?継続希望!→3月末に卒園後は?

みさき 公園 今後

「みさき公園」の閉園と共に宙に浮く 大阪府泉南郡岬町にある遊園地「みさき公園」は南海電鉄が運営する遊園地だが、2020年3月31日での閉園決定が2月13日に報じられた。 園内には「わくわく電車らんど」があり、南海電鉄で走っていた7000系電車と10000系電車の先頭部分、特急「ラピート」50000系の模型シミュレーターが保存されていた。 7000系は南海本線の主力として活躍した車両で、グリーンとグレーの旧塗装と、グレーの地にブルーとオレンジのラインが入った現行塗装の2両を保存展示していた。 しかし同園の閉園に伴いこのわくわく電車らんども閉鎖される。 閉園が正式に決まると、南海電鉄のファンを中心に車両の行く末を心配する声が出始めた。 南海電鉄はこのみさき公園以外に、車両の保存施設を持っていない。 園内で飼育していた動物は和歌山県白浜市のアドベンチャーワールドが引き取ると、アドベンチャーワールドのツイッターアカウントがツイートしていたが、鉄道車両の今後については不明だった。 2月14日にJ-CASTニュースは南海電鉄に車両の行方に関して取材したが、全くの未定という回答だった。 東急の「アオガエル」が秋田へ 一方、東京・渋谷駅のハチ公口には2006年から、東急電鉄で活躍した旧5000系電車「5001号」が鎮座している。 この車両は1954年に登場し、当時としては斬新な緑色のカラーリングと丸みを帯びた車体デザイン、当時の最新技術だった「直角カルダン駆動方式」の採用といった話題に富み、「アオガエル」の通称が付けられて東急の歴代車両の中でも知名度が高かった。 1986年に長野県の上田交通(現:上田電鉄)に譲渡され、1993年に引退後東急が保存していたが、2006年に東急から渋谷区が引き取った上で、渋谷駅前にモニュメントとして設置されることになった。 ところが、床下の台車や機器を切り離し、車体も短くカットしたために、車両の原型を損なうとして鉄道ファンから疑問も上がった。 以後、イベントスペースとしてたびたび室内を改装されながら渋谷駅前の名物のひとつに定着していたが、20年2月9日に渋谷区と秋田県大館市で締結された「青ガエルプロジェクト」が報じられ、忠犬「ハチ」の生まれ故郷の大館市に移設されることが決まった。 渋谷駅前に置かれるのは20年5月までで、7月からは大館市内の交流施設「秋田犬の里」の芝生広場で展示が始まる。 ハチ公の故郷という縁があるにせよ、東急沿線の渋谷での保存ならまだしも、なぜ秋田へ?との疑問が車両の歴史を知るファンから上がり、また渋谷駅周辺で進行中の大規模再開発と関連付けて「再開発で車両を置く場所がなくなっため、地方に引き取られた」というネガティブな憶測すら出回っている。 鉄道車両を保存するか否かは、現状事業者の裁量次第という状況で、廃車時に解体を免れてもこのように少しでも周辺事情が変われば行方は不透明になる。 恒久的な博物館を持っている大手数社以外では、名車両をちゃんと後世に残してほしい、という鉄道ファンの期待の実現は難しいようである。

次の