コンビニ fax 非通知。 コンビニマルチコピー機でFAXを送信する ~ ローソン・ファミマ・サークルKサンクス編

コンビニマルチコピー機でFAXを送信する ~ ローソン・ファミマ・サークルKサンクス編

コンビニ fax 非通知

自宅での利用は減って来ているとは言え、職場ではまだ利用機会が多いFAXです。 私も、機械が苦手な知人宅に送る時、 先に電話して「今から送るから電話切らないでね!」 と伝えてからFAXするなんてことが良くありました。 「紙をセットしていなかった」 「インクがなくて真っ白」 「チラシの裏を使おうとしたらプリント面に印刷しちゃった」 「いたずら電話だと思って切った」 などなど、うまくいかなくてがっかり…な経験は山のようにあります。 このように受け取る側の準備ができていないと思うように行きませんが、 実は、そういった準備以外の部分でもトラブルは多いようです。 どんな原因があるか、その解決方法も併せてご紹介します!! FAXが届かない原因 理由 はは話し中? 送信エラーの原因のひとつに、送信先が話し中の場合があります。 「いつもは送れるのに、何故か今回だけ送れない」 という場合は 話し中の可能性が高いです。 話し中状態は下記のケースで発生することが多いです。 ・電話とFAXが同じ電話番号 同じ回線 の場合は、 音声通話中はFAXは受信はできません。 ・FAX専用番号であっても、その番号 回線 で FAX送受信が行われている間は、別のFAXの受信はできません。 企業の場合はFAX番号を別に設けていることがほとんどなので、話し中の場合は、別件のFAXの送受信中だと思われます。 「初めて送るFAXが送信できない」 「自分側あるいは相手側のFAX機を変えてから送信できない」 という場合は、FAXの設定による送信エラーの可能性が高いです。 無意識に相手を拒否してしまうものに多いのが「 非通知設定」「 非通知拒否設定」です。 FAXも電話と同じ通知・非通知の選択が可能です! FAX機そのものの設定で「 通常送信時の通知・非通知」が選択できます。 ちなみに、非通知を希望する場合は送信先のFAXにIDとして電話番号が載る場合があるので FAX機の取り扱い説明書で IDの消去方法などもご参照くださいね。 そして、通常送信の設定以外に利用できるのが186と184です。 186は番号を 通知する状態に、 184 イヤヨ は番号を 非通知状態に指定できます。 相手の電話番号の頭につけて発信すると その送信の時だけ通知、非通知を選択できるのでとっても便利です。 しかし、今回問題としている送信エラーにとってはちょっと面倒な非通知設定。 多くは、相手が 非通知拒否設定をしていて、自分側が 気づかずに非通知で送信してしまっているケースです。 細かい原因を特定するには、送信エラーの際に出る エラーメッセージから 取り扱い説明書を参照すると概ねの予想ができます。

次の

コンビニからのFAXが受信出来ない会社で使ってるFAXがコンビニからのFAXを受信...

コンビニ fax 非通知

大阪の司法書士・行政書士のまえかわです。 通常、問題なくFAXは受信できております。 ところが、たまに相手より 「送ったんですが?」 「いえ、届いていませんね~。 もう一度送ってもらえますか?」 「もっかい送りましたが?」 「やはり届きませんね~!?」 となることがありました。 特にコンビニなどからFAXしたときにこのようなことがありました。 これまでは別のFAX番号に送っていただいたりしていましたが、今回は固定の番号で受ける必要があり、色々調べてみますと・・・。 送信側のFAXが番号非通知設定になっているのが原因でした。 うちは、非通知は受けれない設定になっているようで番号通知機能を解除すれば受けることができましたが、、電話と複合機別々に設定できないため、受信後はその後設定を戻さないといけません。 ところで、発信者側の方にFAX番号の前に「186」を付けて発信してもらえば、そのままこちらで解除しなくても受けられるのではないかな~?と予想していますが、実際にやっていないので受けれるかは確実ではないです。 おそらく大丈夫だと思われます。 そんなこんなありました。 悠里司法書士・行政書士事務所 前川郁子•

次の

自宅のFAX、コンビニからの受信

コンビニ fax 非通知

コンビニエンスストアで利用できるFAXのサービス サービス 解説 1.FAXを送信する コンビニのマルチタイプのコピー機から文書をFAXで送信できる(全てのコンビニではありません)。 [メリット] ・外出先で文書をFAX送信できる。 ・コンビニの営業時間であればいつでも利用可能。 ・事前登録不要。 [デメリット] ・書類やプリントした文書でなければFAXができない。 ・一回に送信できる枚数に制限がある(ほとんどの場合は10枚。 プリントした文書であればFAX送信ができるが、ユーザー登録が必要。 (ここでいうネットプリントは写真ではなく文書をさす。 このサービスは、某コンビニチェーンが契約しているサービスを紹介しているものです。 操作はマルチタイプのコピー機の画面から行います。 [メリット] ・外出先(好きな場所)で FAXの送信と受け取りができる。 ・コンビニから送って別のコンビニで受け取ることもできる。 ・コンビニから会社や自宅に送ることもできる。 [デメリット] ・上記の「普通のFAX」の操作と同じマルチタイプコピー機の画面から操作をするため、最初に利用する人はわかりづらい。 ・コンビニによってはサービス対応していない店舗もある。 ・相手先からメール添付タイプのインターネットFAXでデータファイルを受信する場合に使えないことがある。 事前にコンビニエンスチェーンのサイトなどでFAXについて調べてから利用することをおすすめします。 コンビニのマルチコピー機からFAX送信する際の一般的な操作方法 下記の操作方法は、コンビニから書類をファックス送信をする場合の操作方法です。 文書を一旦預けたり、受け取りができるサービスの操作方法ではありません。 1.タッチパネルの画面からFAX、ファクスなどの表記のボタンを選ぶ 2.注意事項が表示されるので、確認・同意をする。 3.送信先(または宛先)のファックス番号を入力する。 4.画面の案内に従って、原稿のサイズや画質等を指定する。 5.原稿をセットし、「原稿を読み取る」などのボタンを押す。 6.読み取ったら、内容を確認し、決定ボタンを押す。 7.送信、ファクス送信などの名称のボタンを押す。 8.送信完了後、結果が表示されるので確認の上終了ボタンを押す。 画面の指示に従って下さい。 様々なFAX送信ツールやサービス 用語や種類 解説 インターネットFAX インターネットFAXとは ・従来のFAXが電話回線を使って通信するのに対し、インターネットFAXはインターネットを使って文書の送受信を行います。 〈メリット〉 ・電話の通信費はかかりません。 インターネット利用料金が必要になりますが、インターネット利用料が固定料金の場合は通信費が削減できます。 ・本当に必要な書類のみプリントすれば済むので、書類の量が減り、用紙やインクなどのコスト削減になります。 但しパソコンの端末で書類を見るための専用のビューワーが必要になります。 ・書類を電子データとして管理できるため、データの検索や分類、保存がしやすいだけでなく、保管スペースが不要となりオフィスの省スペースに役立ちます。 ・従来の電話回線を利用するFAXよりも文字や画質がクリアな状態で受信ができます。 ・パソコン上の操作で一斉送信ができるため、同報送信の手間が極めて楽。 ・通信結果がメールで届き、相手先にきちんと届いたのかチェックが容易にできます。 〈デメリット〉 につづく 様々なFAX送信ツールやサービス(つづき) 用語や種類 解説 インターネットFAX クラウドFAX クラウドFAXとは ・従来のインターネットFAXは、決められたパソコン端末でデータの送受信をするのに対し、クラウドFAXはクラウドサーバーで一旦データを預かるため、パソコンだけではなくスマートフォンや携帯電話、ノートパソコン、タブレット端末などで、どこにいても内容を確認できます。 ・クラウドFAXのサービスを提供している会社は複数あり、料金体系もサービス内容も様々です。 〈メリット〉 ・上述のインターネットFAXのメリットに加えて、情報端末があれば場所を問わず、どこにいてもFAXの送受信ができます。 ・インターネット回線に接続されていない、従来型の(電話回線につながった)FAX機とのデータ送受信も可能、というタイプのサービスもあります。 ・メールに添付する形でのデータ送信だけでなく、ファイルをアップロードし、相手先のFAX番号を入力すれば送信できる、というタイプのサービスもあります。 ・クラウドサーバー上にデータがあるため、社内、同じ部署、同じプロジェクト内で情報の共有や閲覧が可能です。 〈デメリット〉 ・携帯型情報端末や、パソコン等をあまり使わない職場には、今すぐには適さないサービスかもしれません。 ・提供されているサービスや利用者の環境にもによりますが、受信したFAX文書に対し、そのまますぐに自由に書き込みができないこともあります。 書き込み返信や、署名後返信などが必要となる職場では利用の仕方に一工夫を要すでしょう。

次の