がん保険相談 口コミ。 SBI損保のがん保険の口コミ・評判

大阪府民共済の悪い口コミと良い評判まとめ~補償内容をFPがシミュレーション

がん保険相談 口コミ

保険について検討したいけれど、何から考えていいか分かりにくい!そんなときに役立つのが、保険相談窓口。 また、 複数の会社の商品を扱っており、どの保険会社に対しても中立な立場にいるのが特徴。 より多くの選択肢の中から自分にぴったりの保険商品を提案してくれる、というのも大きなメリットの1つですよ。 相談したからといって無理に加入しなければならないということもなく、気軽な相談だけでもOK!最終的に保険に加入した時でも、保険会社と直接契約した場合と支払う保険料は同じです。 保険の種類も多様化している昨今で、納得のいく保険選びをするための知識を得る場としても役立ってくれます。 保険に関心があるなら、一度は利用してみるのがおすすめです! まずは、目的に合った商品を扱っているか、商品ラインナップをチェックしてみましょう。 大きくは、医療保険や学資保険などの 「生命保険」( ヒトに関わるリスクに備えるもの) と、自動車保険や火災保険といった 「損害保険」( モノや財産に備えるもの) の2種類に分かれます。 特に、損害保険は扱ってい ないという窓口もあるので、事前によく確認しておきましょう。 また、ひと口に保険といっても、死亡保険など基本的なものから、がん保険・旅行保険など、ピンポイントのニーズに応えてくれる保険までさまざまです。 逆に 希望する保険の種類が明確なら、その種類の取り扱いが充実している窓口を選ぶのもおすすめです。 じっくりと相談したいなら、訪問型がおすすめ。 自宅だけでなく、近所のファミレス・カフェなど、指定した場所に相談員が来てくれるタイプで、 小さなお子さんがいたり、交通手段がなかったりなど、外出するのが難しい家庭にぴったりです。 自分のテリトリーまで来てもらえて、見慣れた空間で落ち着いて相談できるのがメリット。 保険の話は、商品の説明や分からないことを聞いているとつい時間が長くなりがちですが、訪問型なら次のお客さんが待っている、お子さんが飽きて落ち着かない、などのプレッシャーも少ないのでじっくり相談できますよ。 訪問型の場合は、窓口によっては対応エリアが限られている場合もあるので、事前にチェックしておいてくださいね。 「結婚や出産に合わせて保険を見直したい」「貯蓄や家計の見直しを相談したい」という方におすすめしたいのが、訪問型保険相談窓口の「」です。 ほけんのぜんぶは 32社もの保険会社を取り扱っている保険相談窓口です。 家計診断や相続診断など、相談の内容に合った実績を持つファイナンシャル・プランナーが来てくれるのも安心して相談できるポイントです! 商品ラインナップ - 取り扱い保険会社 32社 FP相談 〇 タイプ 訪問型 商品名 ほけんの窓口 保険市場 保険見直し本舗 保険クリニック 保険ほっとライン ほけんの110番 ほけん百花 保険見直しラボ 保険コネクト 保険マンモス 特徴 店舗数は全国に740以上!保険についてのすべてをお任せ 保険会社の取り扱い数は最大級!来店・訪問どちらもOK 幅広い保険商品から最適なプランを提案 保険IQシステムにより、必要な保険を一目で比較 加入後もおまかせの、手厚いアフターフォローが嬉しい! お店や自宅でゆっくり相談!アフターフォローもバッチリ 気軽に相談できる女性スタッフが多く、女性におすすめ! ベテランコンサルタント揃いの頼れる相談窓口 法人保険や相続相談にもプロが対応! 保険から家計全般まで、トータルでアドバイス 商品ラインナップ 生命保険・損害保険 生命保険・損害保険 生命保険・損害保険・少額短期保険 生命保険・損害保険 生命保険・損害保険 生命保険・損害保険・少額短期保険 生命保険・損害保険 生命保険・損害保険 生命保険・法人保険・相続相談 生命保険 取り扱い保険会社 40社以上 83社(一部店舗取り扱いのない商品有) 40社以上 約40社 31社 40社以上 約25社 30社以上 27社以上 平均22社(担当者による) FP相談 有 一部店舗は有 有 - 有 一部店舗は有 - - 有 有 タイプ 来店型(約742店舗)・訪問型(一部エリア) 来店型(約540店舗)・訪問型 来店型(約290店舗)・訪問型(一部エリア) 来店型(約220店舗)・訪問型 来店型(約150店舗)・訪問相談も可 来店型(約100店舗)・訪問型(一部エリア) 来店型(約70店舗) 訪問型・希望により来店相談可能(約70拠点) 訪問型 訪問型 商品リンク•

次の

大阪府民共済の悪い口コミと良い評判まとめ~補償内容をFPがシミュレーション

がん保険相談 口コミ

なるほど「2年前のことなので、どう健康告知あまり詳しくは覚えていない…」多分ほとんどの方々はご自身が健康告知した内容や不承諾の内容など覚えている方が少ないと思います。 2年前の事ですので当時の「不承諾だった理由は当時の営業さんに伺えばいいのでしょうか?それともその保険会社に聞けばいいのでしょうか?」 と気になっておられる内容の事は両方とも回答を得る事も難しいでしょう。 また、各保険会社の引き受けの目安や告知項目にども2年前と比べて検討しやすく変わっています。 また、告知項目や告知項目の回答する数や内容は各社違います。 各保険会社によって告知項目の違いは各保険会社のデータベースから引き受けの数理を算出している為に申し込みをされる方々の健康告知やその告知内容や文章からその方の病気になるリスクや給付金の支払いになり易いのか…など、内容を読み取り、何に重きを置くかが重要になります。 とはいえ、「ガン保険」をご検討に際し、今の現状から2年は経っているのでご検討される価値はあると思います。 2年前の健康告知に該当する内容を信頼できるプランナーにご相談をされ思わしくない内容でも引き受けできる保険会社を根気よく探してみるのも1つです。 こやなぎ himeさん、今晩は。 ファイナンシャルプランナーの小栁善寛と申します。 「2年前にがん保険に入ろうと思ったら審査に落ちてしまいましたですが、がんは心配なので入りたいと思っています…」 そうですね…色々とご心配な点から「ガン保険」をご検討されておられる様ですが、2年前にガン保険のお手続きされた際の健康告知内容の詳細がわからないで保険会社が引受を承諾するかどうかは何とも言えない状況です。 ガン保険の引き受けの目安は各社の基準は色々と条件が違います。 但し、2年前に引き受け不承諾になららた内容から保険会社が引き受けをしなかった事由が大事だと思います。 お手続きをされた保険会社の危険数理から照らし合わせて、ある程度のリスクを抱えておられた事には間違いないと思います。 また、不承諾となった理由を知る事も大事です。 では、「経過観察中だったものが完治していたり、2年間は何もなかった場合でも、過去に審査に落ちた履歴があれば入れないのでしょうか?」 ある程度の経過年数が経てば「ガン保険」のお手続きをされて成立するかどうかはやはり2年前の不承諾の内容を分析してその内容でも承諾して頂ける保険会社でご検討され方が良いでしょう。 各社の「ガン保険」の引き受けの審査の物差しが違うからです。 また、今のところ「ガン保険」に加入する事が目的となりますがそれよりも大事な事は保険の出口効果です。 保険は出口効果が大事です。 「給付金」保険を使うかどうか…保険は確率論です。 お支払いされる保険料負担に対し出口効果で思った給付金が受け取れなかったり、がんの治療の内容をどの様な治療を選択しても費用が足りるかどうか…? 社会保障制度と民間の保険会社の保険金の内容や給付金額は大事な検証です。 ライフプランを通してきちんとご相談できるプランナーにご相談された方が良いかと思います。 こやなぎ himeさんこんにちは。 既にご回答済かとは思いますが結論から申し上げますと、 やはり複数の保険会社の取り扱いのあるFP様に相談されるのが近道かと思います。 私は元々保険会社に勤めておりましたので、その経験から理由を申し上げます。 保険会社により異なるかもしれません。 加えてあまり細かいことはお話しできないため、ご参考までに。。 ) ・A保険会社でお申し込みはしたが、ご加入できなかった場合でも、申し込んだ保険会社にはその時の告知内容は残ります。 ・A保険会社でがん保険を申し込まれ、御加入できなかった場合で、 2年後A保険会社のがん保険に申込される場合、現在のお体の告知に加え、2年前のデータを総合的に判断し診査致します。 加えてA保険会社でhimeさんが何か別の保険をご契約していた場合、そのデータも加味する可能性が高いです。 本来はその時申し込んだお体の告知内容のみを考慮するのですが、保険会社にあるデータは総動員するということです。 ・保険会社によって加入できる基準が異なります。 同じことを書いても「B保険会社は入れるが、C保険会社は入れない」ということがあります。 以上の事から、FP様経由で「引受の目安」制度を活用し、ご加入可能そうな保険会社様をピックアップ頂きご検討されるのが良いと思います。 FP経由での引受の目安の確認は原則匿名なので、保険会社に履歴は残りません。 詳しくはお近くのFPにご相談ください。 A保険会社に対し、再度正式にお申込みしないと分からない可能性が高いです。 himeさん、こんにちは。 ご質問ありがとうございます! がん保険の加入についてですが、2年前に加入できなかったとのことでご不安だと思います。 過去の履歴も保険会社にデータとして残っていると思いますが、大事なのは今現在どのような状況で、過去どうだったかを改めて告知して診査をされることだと思います。 引受の目安というものが各保険会社にはあり、保険会社ごとに引受基準は様々です。 引受基準はちょくちょく改定されていますし、ある会社で加入できなくても違う会社では加入できるという場合もあります。 また、引受基準は緩いですが保険料は割高な緩和型医療保険という商品も視野に入れてもいいと思います。 がん保険ではないのでは?と思われるかもしれませんが、緩和型医療保険にがん保険と同じくらいのがんの特約を付けれる保険会社もあります。 つまり、がん保険では加入が難しくても、緩和型医療保険でがん特約を付けてがんに備えるという方法もトライしてもいいと思います。 他にも、申込前に加入できるか?条件が付くならどのような条件になりそうか?という事前診査という方法もあります。 いずれにしても複数の保険会社を取り扱っているFPに相談し、アドバイスを受けるとことお勧めします。 長文お読みいただき、ありがとうございました。

次の

アフラック医療保険の評判や口コミ~他と比べて本当にお得?加入前に分析!

がん保険相談 口コミ

なるほど「2年前のことなので、どう健康告知あまり詳しくは覚えていない…」多分ほとんどの方々はご自身が健康告知した内容や不承諾の内容など覚えている方が少ないと思います。 2年前の事ですので当時の「不承諾だった理由は当時の営業さんに伺えばいいのでしょうか?それともその保険会社に聞けばいいのでしょうか?」 と気になっておられる内容の事は両方とも回答を得る事も難しいでしょう。 また、各保険会社の引き受けの目安や告知項目にども2年前と比べて検討しやすく変わっています。 また、告知項目や告知項目の回答する数や内容は各社違います。 各保険会社によって告知項目の違いは各保険会社のデータベースから引き受けの数理を算出している為に申し込みをされる方々の健康告知やその告知内容や文章からその方の病気になるリスクや給付金の支払いになり易いのか…など、内容を読み取り、何に重きを置くかが重要になります。 とはいえ、「ガン保険」をご検討に際し、今の現状から2年は経っているのでご検討される価値はあると思います。 2年前の健康告知に該当する内容を信頼できるプランナーにご相談をされ思わしくない内容でも引き受けできる保険会社を根気よく探してみるのも1つです。 こやなぎ himeさん、今晩は。 ファイナンシャルプランナーの小栁善寛と申します。 「2年前にがん保険に入ろうと思ったら審査に落ちてしまいましたですが、がんは心配なので入りたいと思っています…」 そうですね…色々とご心配な点から「ガン保険」をご検討されておられる様ですが、2年前にガン保険のお手続きされた際の健康告知内容の詳細がわからないで保険会社が引受を承諾するかどうかは何とも言えない状況です。 ガン保険の引き受けの目安は各社の基準は色々と条件が違います。 但し、2年前に引き受け不承諾になららた内容から保険会社が引き受けをしなかった事由が大事だと思います。 お手続きをされた保険会社の危険数理から照らし合わせて、ある程度のリスクを抱えておられた事には間違いないと思います。 また、不承諾となった理由を知る事も大事です。 では、「経過観察中だったものが完治していたり、2年間は何もなかった場合でも、過去に審査に落ちた履歴があれば入れないのでしょうか?」 ある程度の経過年数が経てば「ガン保険」のお手続きをされて成立するかどうかはやはり2年前の不承諾の内容を分析してその内容でも承諾して頂ける保険会社でご検討され方が良いでしょう。 各社の「ガン保険」の引き受けの審査の物差しが違うからです。 また、今のところ「ガン保険」に加入する事が目的となりますがそれよりも大事な事は保険の出口効果です。 保険は出口効果が大事です。 「給付金」保険を使うかどうか…保険は確率論です。 お支払いされる保険料負担に対し出口効果で思った給付金が受け取れなかったり、がんの治療の内容をどの様な治療を選択しても費用が足りるかどうか…? 社会保障制度と民間の保険会社の保険金の内容や給付金額は大事な検証です。 ライフプランを通してきちんとご相談できるプランナーにご相談された方が良いかと思います。 こやなぎ himeさんこんにちは。 既にご回答済かとは思いますが結論から申し上げますと、 やはり複数の保険会社の取り扱いのあるFP様に相談されるのが近道かと思います。 私は元々保険会社に勤めておりましたので、その経験から理由を申し上げます。 保険会社により異なるかもしれません。 加えてあまり細かいことはお話しできないため、ご参考までに。。 ) ・A保険会社でお申し込みはしたが、ご加入できなかった場合でも、申し込んだ保険会社にはその時の告知内容は残ります。 ・A保険会社でがん保険を申し込まれ、御加入できなかった場合で、 2年後A保険会社のがん保険に申込される場合、現在のお体の告知に加え、2年前のデータを総合的に判断し診査致します。 加えてA保険会社でhimeさんが何か別の保険をご契約していた場合、そのデータも加味する可能性が高いです。 本来はその時申し込んだお体の告知内容のみを考慮するのですが、保険会社にあるデータは総動員するということです。 ・保険会社によって加入できる基準が異なります。 同じことを書いても「B保険会社は入れるが、C保険会社は入れない」ということがあります。 以上の事から、FP様経由で「引受の目安」制度を活用し、ご加入可能そうな保険会社様をピックアップ頂きご検討されるのが良いと思います。 FP経由での引受の目安の確認は原則匿名なので、保険会社に履歴は残りません。 詳しくはお近くのFPにご相談ください。 A保険会社に対し、再度正式にお申込みしないと分からない可能性が高いです。 himeさん、こんにちは。 ご質問ありがとうございます! がん保険の加入についてですが、2年前に加入できなかったとのことでご不安だと思います。 過去の履歴も保険会社にデータとして残っていると思いますが、大事なのは今現在どのような状況で、過去どうだったかを改めて告知して診査をされることだと思います。 引受の目安というものが各保険会社にはあり、保険会社ごとに引受基準は様々です。 引受基準はちょくちょく改定されていますし、ある会社で加入できなくても違う会社では加入できるという場合もあります。 また、引受基準は緩いですが保険料は割高な緩和型医療保険という商品も視野に入れてもいいと思います。 がん保険ではないのでは?と思われるかもしれませんが、緩和型医療保険にがん保険と同じくらいのがんの特約を付けれる保険会社もあります。 つまり、がん保険では加入が難しくても、緩和型医療保険でがん特約を付けてがんに備えるという方法もトライしてもいいと思います。 他にも、申込前に加入できるか?条件が付くならどのような条件になりそうか?という事前診査という方法もあります。 いずれにしても複数の保険会社を取り扱っているFPに相談し、アドバイスを受けるとことお勧めします。 長文お読みいただき、ありがとうございました。

次の