セックス。 🥇無料のポルノビデオ!verizonbienvenido.dja.com、XXXポルノ&セックス・ビデオ!HDとモバイル!

セックスで綺麗になる方法!美肌にもなる方法を女医が教えます [ボディケア] All About

セックス

<権威ある医学誌BMIで記録的ダウンロード数を誇る論文は月着陸ほどの偉業ではなかったかもしれないが、20年前の純粋な探求心にあふれていた> 20年前、オランダのある研究チームがちょっと怪しげなタイトルの論文を発表した。 「性行時、そして女性の性的興奮時における男女の性器の磁気共鳴映像(MRI)」----。 これはMRI装置の中でのセックスに関する初の記録であるとともに、世界トップクラスの歴史と権威をもつ医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルBMIのあまたの論文の中で最もダウンロード数が多い論文の1つとなっている。 それも、記念碑的な論文だけが選ばれて掲載されるクリスマス号を飾ったのだ。 BMIは、今年のクリスマス号で、この画期的な論文の20周年を祝してその業績を振り返ることにした。 研究チームの狙いは、MRI装置の中でセックスしている最中の人の性器を撮影できるかどうか、そして当時のセックスに関する常識が正しいかどうか確かめることにあった。 参加したのは8組の男女(うち1組は、路上でアクロバティックな芸を披露しているアマチュアのパフォーマー)と3人の女性で、実験は13回にわたって行われた。 うち、3組のカップルには2度にわたってセックスをしてもらい、3人の女性には自分でオーガズムに達してもらったという。 論文および地元テレビ局の科学番組によると、研究チームは参加者を個人的に声がけして集めたという。 MRI装置の内部がそう広くないことを考えると、参加者は身長体重ともに小柄か平均的な体格の人でなければならなかっただろう。 参加者は合意の上、オランダのとある大学病院に足を運ぶよう指示された。 たしかにくっきり撮影できた MRI装置が置かれた部屋は研究チームのいる制御室の隣にあり、窓のカーテンは閉じられていた。 研究チームはまず、女性たちに仰向けに寝てもらい、下腹部を撮影した。 次に男性たちに部屋に入ってもらい、正常位でセックスをしてもらって画像を撮影。 そのあと、男性は退室し、女性たちは自分で自分を刺激して達するよう指示される。 いよいよというタイミングで女性から研究チームに合図が送られて撮影が行われ、それから20分後の画像も撮影して実験は終了した。 研究チームによれば女性よりも大変だったのは男性の方で、シルデナフィル(つまりバイアグラ)を飲んで実験に臨んだりした。 薬が必要なかったのは8組中1組だけ、路上パフォーマーのカップルだった。 論文によれば、その理由は2人が「科学的好奇心や体に関する知識、芸術的な関心から最初から研究に関わっていた」ことや「路上パフォーマーだったため、ストレス下でパフォーマンスを行う訓練ができており、慣れてもいた」ことかも知れないという。 画像の分析から、正常位だとペニスがブーメランのような形になることや、女性が興奮すると子宮が持ち上がったようになり、膣壁が長く伸びることが分かったという。

次の

セックス中の男女をMRIでスキャンした、クリスマスの特別な論文

セックス

恋愛感情は脳内の神経伝達と関わりがある 「恋をしたことがありますか?」という質問は、非常にナンセンスな質問でしょう。 この記事を読んでいただいているほとんどの方が、過去に幾度かの恋をし、笑って、泣いて、時には傷ついたり、そんな経験があるに違いありません。 「あの人が大好き。 」そう思うのは、至極当然ともいえる感情です。 愛とは、人と人が互いに喜びや快感を分かち合い、相手と一体化したいという感情だと定義されます。 これは、人間が生まれながらに持っている、強い本能です。 では、誰かを好きだと思う気持ち、すなわち恋愛感情は、どのようにして起こるのでしょうか。 その仕組みは、脳内での神経伝達の仕組みによって、医学的に解明されているのです。 セックスと脳神経の仕組み 恋をすると、私たちの身体の中ではどんな変化が起こっているのでしょうか。 恋愛やセックスをしたとき、私たちの身体の中では、「恋愛ホルモン」が分泌されます。 それは「ドーパミン」と呼ばれるホルモンです。 ドーパミンは、恋愛、そして快感にも関係しており、脳の中のA-10神経といわれる神経を流れています。 何かを見たり、感じたりしたときに、ドーパミンが放出されて、A-10神経の中を流れ、興奮が生み出されたときに、脳に快感を生み出します。 現代の医学では、「快感」とは、A-10神経から周囲の細胞にドーパミンが放出され、その時起こる興奮が生み出す現象だと考えられています。 恋をするとA-10神経からドーパミンが放出され、脳が快感を感じます。 するとその興奮が、自律神経から全身に連絡されます。 心臓に伝わると、鼓動が速くなってドキドキします。 呼吸器に伝わると、息遣いが荒くなります。 目が潤んだり、頬が赤くなったり、指先が震えたり、おなかがすかなくなったり、眠れなくなったりなど、恋愛特有の症状を、あなたも経験したことがあることでしょう。 性欲を感じている場所 性欲を感じる脳の部位「性欲中枢」は、いったいどこにあるのでしょうか。 それは、「視床下部」です。 視床下部は、生きていくために必要な欲望を生み出す、最も原始的な脳です。 具体的には、性ホルモンをはじめとするさまざまなホルモンの分泌調整に関わっている部位です。 性欲中枢は、男女で違いがあります。 性欲中枢の中にある、性欲を生み出す神経細胞の塊は、男性は女性の2倍近くあります。 食欲中枢の近くにあり、食欲中枢が満たされると、一緒に性欲中枢も満足してしまうことがあります。 満腹になると「セックスするよりもう寝てしまいたい」と思うのはこのためです。 特定の人を好きになったり、嫌いになったりする感情は、脳の奥深くにある扁桃体によって決まっています。 扁桃体が、好きか嫌いかを決めているのです。 同じ好きになるにしても、それぞれ好みがあり、愛する対象が違ってくるのも同じ理由です。 セックスしたいという気持ちで代謝もアップ! 誰かに出会ったとき、扁桃体が「好き」だと判断すると、ドーパミンが流れて脳の視床下部から快感が生まれます。 この快感と共に、性欲中枢が刺激されると、「セックスしたい」という衝動が生まれます。 恋愛とセックスは、ドーパミンによって密接に関係しあっています。 恋愛し、誰かと愛し合うようになると、性欲中枢が刺激されて、相手の身体を強く欲するようになります。 恋する男女がセックスへの衝動によってつながることは、生き物が地球上で子孫を残していくために必要なこと。 ドーパミンは、ドキドキや顔の紅潮などの外的変化だけでなく、細胞の代謝にも関わっています。 ドーパミンが身体に放出されると、細胞の代謝が活性化して、肌のターンオーバーが正常化されます。 また、代謝が上がることで、ムクミが解消されたり、免疫力がアップしたりします。 綺麗になるだけではなく、いつまでも若々しく、健康でいられるためには「恋愛ホルモン」ドーパミンが重要なキーになることは、いうまでもありません。 セックスによる美肌効果も?「もう一つの女性ホルモン」とは いい恋愛でアンチエイジングを 「セックスした翌朝は肌調子がいい」 「恋をしたら綺麗になる」 これらがドーパミンによって起こる身体の変化だとお話しましたが、女性には、もう1つの大切なアンチエイジングホルモンがあります。 それは、「エストロゲン」という、女性ホルモン。 エストロゲンは、美肌ホルモンとも言われる性ホルモンです。 エストロゲンの働きは、「肌のキメを整え、ハリを出す」「女性らしい身体を作る」「代謝を上昇させる」というもの。 エストロゲンは、女性の体内で、月経周期に合わせて分泌が調整されている性ホルモンですが、男性からの性的刺激によっても分泌が促進されます。 セックスによる美肌効果は、エストロゲンによるものなのです。 もちろん、恋愛を始めたり、セックスをすることで、「見られる」意識が生まれ、おしゃれやメイクに目覚めたり、いつもより体型を気にすることで綺麗になるという心理的効果もあります。 素敵な恋愛・セックスで、身体の内側からの健康美が得られます。 かといって、嫉妬してイライラしたり、自分を傷つけたり苦しめたりするだけの片思いや浮気、不倫といったストレスの多い恋愛ばかり繰り返していたら、ドーパミンが分泌されるどころか、ストレスで代謝やターンオーバーが乱れてしまいますので、ご注意を。 素敵な恋愛をして、自分磨きをしながら恋愛ホルモンで綺麗になって、大好きな彼のハートをGETしましょう。 セックスにはカロリー消費やシェイプアップ効果も!? セックスは1回でかなりのカロリーが消費される全身運動です。 30分以上のセックスをした場合、その消費量は約150~250kcalと言われていますから、ごはんお茶碗1杯分のカロリー消費をしていることになります。 またセックスにはボディラインを引き締める効果があります。 しかも体位によって、鍛えられる部位が違うのです。 「正常位」では内ももと背中ヤセ、「後背位」では二の腕と腰回りヤセが期待できます。 また、からだの引き締めに最も有効な体位は「騎乗位」です。 太ももヤセと腹筋背筋のシェイプアップにつながりますので、意識して動いてみてはいかがでしょうか。 さまざまな体位を楽しみながらセックスしてみてください。 【関連記事】•

次の

セックス体位、女性が感じる1位は!エッチが最高に気持ちいい体位とは【ラブコスメ】

セックス

恋愛感情は脳内の神経伝達と関わりがある 「恋をしたことがありますか?」という質問は、非常にナンセンスな質問でしょう。 この記事を読んでいただいているほとんどの方が、過去に幾度かの恋をし、笑って、泣いて、時には傷ついたり、そんな経験があるに違いありません。 「あの人が大好き。 」そう思うのは、至極当然ともいえる感情です。 愛とは、人と人が互いに喜びや快感を分かち合い、相手と一体化したいという感情だと定義されます。 これは、人間が生まれながらに持っている、強い本能です。 では、誰かを好きだと思う気持ち、すなわち恋愛感情は、どのようにして起こるのでしょうか。 その仕組みは、脳内での神経伝達の仕組みによって、医学的に解明されているのです。 セックスと脳神経の仕組み 恋をすると、私たちの身体の中ではどんな変化が起こっているのでしょうか。 恋愛やセックスをしたとき、私たちの身体の中では、「恋愛ホルモン」が分泌されます。 それは「ドーパミン」と呼ばれるホルモンです。 ドーパミンは、恋愛、そして快感にも関係しており、脳の中のA-10神経といわれる神経を流れています。 何かを見たり、感じたりしたときに、ドーパミンが放出されて、A-10神経の中を流れ、興奮が生み出されたときに、脳に快感を生み出します。 現代の医学では、「快感」とは、A-10神経から周囲の細胞にドーパミンが放出され、その時起こる興奮が生み出す現象だと考えられています。 恋をするとA-10神経からドーパミンが放出され、脳が快感を感じます。 するとその興奮が、自律神経から全身に連絡されます。 心臓に伝わると、鼓動が速くなってドキドキします。 呼吸器に伝わると、息遣いが荒くなります。 目が潤んだり、頬が赤くなったり、指先が震えたり、おなかがすかなくなったり、眠れなくなったりなど、恋愛特有の症状を、あなたも経験したことがあることでしょう。 性欲を感じている場所 性欲を感じる脳の部位「性欲中枢」は、いったいどこにあるのでしょうか。 それは、「視床下部」です。 視床下部は、生きていくために必要な欲望を生み出す、最も原始的な脳です。 具体的には、性ホルモンをはじめとするさまざまなホルモンの分泌調整に関わっている部位です。 性欲中枢は、男女で違いがあります。 性欲中枢の中にある、性欲を生み出す神経細胞の塊は、男性は女性の2倍近くあります。 食欲中枢の近くにあり、食欲中枢が満たされると、一緒に性欲中枢も満足してしまうことがあります。 満腹になると「セックスするよりもう寝てしまいたい」と思うのはこのためです。 特定の人を好きになったり、嫌いになったりする感情は、脳の奥深くにある扁桃体によって決まっています。 扁桃体が、好きか嫌いかを決めているのです。 同じ好きになるにしても、それぞれ好みがあり、愛する対象が違ってくるのも同じ理由です。 セックスしたいという気持ちで代謝もアップ! 誰かに出会ったとき、扁桃体が「好き」だと判断すると、ドーパミンが流れて脳の視床下部から快感が生まれます。 この快感と共に、性欲中枢が刺激されると、「セックスしたい」という衝動が生まれます。 恋愛とセックスは、ドーパミンによって密接に関係しあっています。 恋愛し、誰かと愛し合うようになると、性欲中枢が刺激されて、相手の身体を強く欲するようになります。 恋する男女がセックスへの衝動によってつながることは、生き物が地球上で子孫を残していくために必要なこと。 ドーパミンは、ドキドキや顔の紅潮などの外的変化だけでなく、細胞の代謝にも関わっています。 ドーパミンが身体に放出されると、細胞の代謝が活性化して、肌のターンオーバーが正常化されます。 また、代謝が上がることで、ムクミが解消されたり、免疫力がアップしたりします。 綺麗になるだけではなく、いつまでも若々しく、健康でいられるためには「恋愛ホルモン」ドーパミンが重要なキーになることは、いうまでもありません。 セックスによる美肌効果も?「もう一つの女性ホルモン」とは いい恋愛でアンチエイジングを 「セックスした翌朝は肌調子がいい」 「恋をしたら綺麗になる」 これらがドーパミンによって起こる身体の変化だとお話しましたが、女性には、もう1つの大切なアンチエイジングホルモンがあります。 それは、「エストロゲン」という、女性ホルモン。 エストロゲンは、美肌ホルモンとも言われる性ホルモンです。 エストロゲンの働きは、「肌のキメを整え、ハリを出す」「女性らしい身体を作る」「代謝を上昇させる」というもの。 エストロゲンは、女性の体内で、月経周期に合わせて分泌が調整されている性ホルモンですが、男性からの性的刺激によっても分泌が促進されます。 セックスによる美肌効果は、エストロゲンによるものなのです。 もちろん、恋愛を始めたり、セックスをすることで、「見られる」意識が生まれ、おしゃれやメイクに目覚めたり、いつもより体型を気にすることで綺麗になるという心理的効果もあります。 素敵な恋愛・セックスで、身体の内側からの健康美が得られます。 かといって、嫉妬してイライラしたり、自分を傷つけたり苦しめたりするだけの片思いや浮気、不倫といったストレスの多い恋愛ばかり繰り返していたら、ドーパミンが分泌されるどころか、ストレスで代謝やターンオーバーが乱れてしまいますので、ご注意を。 素敵な恋愛をして、自分磨きをしながら恋愛ホルモンで綺麗になって、大好きな彼のハートをGETしましょう。 セックスにはカロリー消費やシェイプアップ効果も!? セックスは1回でかなりのカロリーが消費される全身運動です。 30分以上のセックスをした場合、その消費量は約150~250kcalと言われていますから、ごはんお茶碗1杯分のカロリー消費をしていることになります。 またセックスにはボディラインを引き締める効果があります。 しかも体位によって、鍛えられる部位が違うのです。 「正常位」では内ももと背中ヤセ、「後背位」では二の腕と腰回りヤセが期待できます。 また、からだの引き締めに最も有効な体位は「騎乗位」です。 太ももヤセと腹筋背筋のシェイプアップにつながりますので、意識して動いてみてはいかがでしょうか。 さまざまな体位を楽しみながらセックスしてみてください。 【関連記事】•

次の