低温加熱型たばこ。 JT加熱式たばこ新製品、「高温」参入でアイコス追撃へ

JTの加熱式たばこが紙巻により近く。2つの新プルームを吸い比べ

低温加熱型たばこ

Ploom TECH プルームテック プルームテックは、日本たばこ産業株式会社 JT が販売している加熱式タバコです。 世界最大のタバコメーカーであるフィリップモリスのIQOSとよく比較されるプルームテック。 プルームテックは同社のプルームの後継製品であり、IQOSより少し後に発売されました。 プルームテックの製品特徴は、粉末状のタバコの葉を仕込んだ専用の「たばこカプセル」をセットし吸引します。 カートリッジ内部のグリセリンなどを霧化させることで、タバコの葉を燃やすこともなく、高温で加熱することもなくタバコの味を出す仕組みです。 このプルームテックに搭載されているJT独自のテクノロジーは 「低温加熱方式」と呼ばれています。 この低温加熱方式によって、カートリッジ内のリキッドをニコチン混じりの蒸気に変えて、吸引します。 この仕組みにより タバコのにおいの発生を減少させ、空気の汚れや副流煙などを気にすることなく、タバコの味を楽しむことができます。 また、火を使わないため、 灰が出ないのも特徴です。 灰皿を必要としない新しいスタイルのタバコです。 プルーム・テック・スターターキットには バッテリーとUSBチャージャー、ACアダプターが同梱されており、専用のたばこカプセルや専用カートリッジなどを揃えれば、すぐに快適に使うことができます。 購入方法については、プルーム・テックのオンラインストアやタバコ販売店で購入できます。 プルームテックとIQOSを徹底比較! プルームテックと IQOSは、大手メーカーから販売されていて優れた性能を持っているため、加熱式タバコの中でも特に人気があります。 愛用者の多いプルームテックとIQOSの良いところと悪いところを徹底比較する前に、両者の仕組みの違いについて説明します。 プルームテックの仕組み プルームテックは、カートリッジ内のグリセリンなどのリキッドを蒸気にして、粉末状にしたタバコの葉を入れたカプセルを通すことで、ニコチン混じりの蒸気を吸引できるようにしたものです。 アイコスの仕組み IQOSは、タバコの葉を練ったものを正確に制御された温度の範囲内で加熱することで、蒸気を発生させて吸入を可能にしています。 タバコの葉を加熱しているという点は、プルームテックに比べて、 従来のタバコの方式に近いです。 ただし、プルームテックもIQOSも、従来のタバコと違って、タバコの葉を燃やしません。 仕組みの違いのまとめ プルームテックは、IQOSと違い、 吸っている途中で中断することができるところがポイントです。 IQOSは1度吸い始めたら、基本的に最後まで吸わなくてはなりません。 IQOSの仕組み上、カートリッジ中心部はかなりの高温まで加熱されているので、そのままポケットにしまうことを躊躇う人も多いでしょう。 もし誰かに呼ばれて喫煙を中断しなくてはならなくなった時、せっかくの1本を無駄にしてしまいます。 しかし、プルームテックは、従来のタバコやIQOSと仕組みが違うため、 喫煙途中の状態でポケットに入れておいて、途中から再開することも可能です。 この特長は、タバコの費用削減にも繋がります。 また、プルームテックは、直接タバコの葉を加熱する仕組みではないため、 ほぼ無臭です。 IQOSは従来のタバコにはない特有の臭いもあるため、慣れなくて気になるという人もいるでしょう。 そういう人にもプルームテックはおすすめです。 更にプルームテックは、タバコの葉を燃やさないため タールなどの量が低減されています。 タールは歯が黄色くなる原因となる物質ですが、それが少ないため、歯が黄ばむ可能性も従来のタバコに比べれば少なくなっているのです。 その他にも、プルームテックの特長として、 灰皿が不要であることがあげられます。 タバコの葉を燃やすのではなく、たばこカプセルを使用しているため、吸い殻が存在しません。 たばこカプセルは無臭なので、 吸い終わったらそのままポケットに入れておいても問題ないでしょう。 以上、プルームテックのメリットを紹介しましたがデメリットと報告されている部分もあります。 プルームテックのデメリットとは? プルームテックの良さを生み出す独自の方式は、メリットも多いですが、デメリットも作ってしまっています。 従来のタバコとたばこカプセルを使う方式は、違いが大きいため、 慣れるまで時間がかかるかもしてません。 深く吸うことに慣れている人だと、カートリッジばかりを消耗し、 たばこカプセルが余るという現象に繋がります。 ですが、プルームテックに最適な吸い方に慣れてくれば、そういった問題もなくなっていきます。 トータルで見れば、プルームテックの方を好む人が多いでしょう。 最後に プルームテックは JT独自のテクノロジーである低温加熱方式を使用しています。 それは従来のタバコとも、IQOSなどの新しい方式のタバコとも違うものです。 専用たばこカプセルを使用するその独自の仕組みゆえに、 においが少なく、灰皿を必要としないなどのメリットが多数あります。 その性能はIQOSなどと比較しても劣るものではありませんので、プルームテックを好むユーザーも日々増えているようですね! 気になっている方は、一度試してみるのもオススメです!.

次の

プルームテック・プラスもグローセンスも敵わない!?【最強】低温加熱式タバコの凄さ、知ってますか?

低温加熱型たばこ

こんにちは。 「まだ紙巻きタバコ吸ってんの?」みたいな感じで若干ムカつくタイトルなんですけど、紙巻きタバコを批判する記事でもありません。 私自身、喫煙をこよなく愛する元々は紙巻きタバコ大好きマンで、今でも「たまに吸う紙巻き最高!」などと心に秘めてる人間です。 数字だけ見れば今でも圧倒的に紙巻きタバコ人口が勝ってます。 ただし、ここ数年で紙巻きから加熱式タバコへの移行者が急増してるため、グラフでみれば当たり前に紙巻きタバコは激減して加熱式タバコが爆増してるのが紛れもない事実なんです。 意外にもではなく、むしろ日本人らしいのかもしれませんね。 ちなみに海外では圧倒的に健康面が勝ります。 喫煙者にとっては厳しい現状ですが、この流れは今後さらに加速。 東京オリンピックの影響が大きく、東京都ではよりも厳しい「」が2020年より実行。 要するに受動喫煙を防ぐ動きがますます強まることになり、これに伴い飲食店では 加熱式タバコならOKという店舗が増える見込みです。 そして加熱式タバコが優遇される理由が、移行するメリットでもありますよね。 このタールに大部分の有害物質が含まれますが、加熱式タバコはその名の通り加熱して水蒸気を発生させる仕組みになり、タールを発生させずにニコチンを摂取する効率の良いデバイスなんです。 つまり身体にかかる負担や悪影響を確実に少なくする仕様です。 加熱式タバコの3種類の違い 国内の加熱式タバコはIQOS アイコス 、glo グロー 、Ploom TECH プルームテック が有名ですが、基本的には加熱して水蒸気を喫煙する構造はどれも同じと考えてOK。 特に低温タイプのプルームテック2種類は圧倒的に臭いが少なく喫煙してても気付かれない程です。 最近の研究では非喫煙者とプルームテック喫煙者の体内有害物質を調べたところ、「 全く同じだった」という結果がでており、加熱式タバコのメリットがお分かり頂けるかと思います。 加熱式タバコに移行して起こる変化 とはいえ、加熱式タバコもタバコでありニコチンも含まれているため「体に良い」という表現は適切ではありません。 勘違いしてはいけないところで、 まだ紙巻き吸ってんの?加熱式に替えるとこんなメリットあるんだぜ?早く移行しよう! と言い振り回すのもウザがられるだけなのでお勧め致しません。 こうなると非喫煙者からも紙巻きタバコ派からも嫌われる傾向にあります。 何ごとも謙虚さが大事なので、効果は自分で実感して噛みしめときましょう。 水蒸気は臭いが残らない 低温加熱タイプ以外は喫煙時に独特なタバコ臭は発生するものの、水蒸気なので臭いが残りません。 自宅では換気扇の下で喫煙しなくても部屋がタバコ臭くなることがなくなり、車内もクリーンな状態に戻ります。 ヤニで壁紙や車内の窓が黄色くなることもありません。 また紙巻きタバコを吸えば空気の質を感知するモニターや空気清浄機はビンビンに反応しますが、加熱式タバコを吸っても無反応です。 副流煙もないとされてます 主流煙よりも有害とされる受動喫煙の心配は激減。 ほぼ心配ないと言って良いところですが、様々な研究結果もあるので鵜呑みにしない方が正解です。 参考: 実際のところ「リスク低減」が認められる日は来ないでしょうね。 たぶん、認めるわけにもいかないのが現実なんだと思います。 身体への影響 頭痛が収まり、朝の脱力感もなくなり、吸い過ぎても気分が悪くならない。 食事がおいしく感じられる。 などなど。 危険性等も激減 灰が出ない。 運転中に灰皿の位置が気にならない。 風が吹いても関係ない。 火を使わないので危険性が少ない。 これらのメリットは得に子供のいる家庭では大きいですよね。 副流煙の心配もそうですが、臭いも子供部屋まで達して染みついてます。 学校の先生は生徒の臭いや授業道具の臭いで親が喫煙者か分かることもしばしば。 あまりにも無神経だと子供に迷惑をかけることになります。 加熱式タバコに節約効果はあるの? 今回紹介するアイコス、グロー、プルームテックに節約効果はないです。 例えばIQOSのヒートスティックは470円と500円の2種類で、初期費用で本体の価格も加算されるのです。 むしろ高いと思っても良いくらいですが、それ以上のメリットもあり人気になってます。 ヴェポライザーって何? 2018年のタバコ増税に続き、2019年の10月に始まる消費税10%で流石にヤバイかも…。 という方には禁煙かヴェポライザー移行の選択肢が存在します。 ヴェポライザーにすればタバコ代がひと月5000円以下になると考えてOKです。 加熱式タバコのデバイス3種類のご紹介 左からIQOS、glo、PloomTECHです。 頻繁に耳にする加熱式タバコはこれら3種類のことを意味します。 原理は同じでもメーカーが違えば形も使い方もタバコスティックも違うので、簡単に説明していきますね。 IQOS アイコス PMが手掛ける人気・知名度NO. 1の加熱式タバコがIQOS。 IQOSは3種類販売されてまして、こちらは新型のIQOS3とIQOS3 MULTI マルチ になります。 どちらも内部のブレードにタバコを突き刺して高温加熱する仕組みです。 専用のヒートスティックを1回の充電で20本以上喫煙できるのがIQOS3ですが、連続喫煙できない構造で1本吸うごとに3分30秒の待ち時間ができるタイプです。

次の

グローセンスとプルームテック・プラスを徹底比較!低温加熱式たばこの違いは?【味・性能・コスパ】

低温加熱型たばこ

急速に普及している加熱式たばこは、現在、従来の弱点を解消した第2世代のデバイスへと移行しつつあります。 ここでは、そうした3大加熱式たばこメーカーの新世代機を比較していきましょう。 【JT】Ploom 全国展開最後発だったJT。 第2世代では、「低温加熱」と「高温加熱」の2方式を用意する唯一のメーカーとなり、使い分けを推進します。 合わせてリフィルのたばこ葉を増量し、吸い応えがアップしました。 リキッドの入ったカートリッジがカバーと別体になるなど、本体構成も変化。 カートリッジはリフィルに同梱されます 【知っておきたいフレーバー事情】メンソール系2種類とレギュラー系2種類を用意 たばこカプセルは、Ploom TECH+専用。 現在、メビウスブランドで、レギュラー系とメンソール系の各2種類を用意。 従来品より、たばこ葉が増量され、吸い応えは十分です。 同社の人気紙巻たばこの「メビウス」らしい味わいを実現しました。 連続使用にも対応し、フル充電でスティック約10本の喫煙が可能です。 まさにIQOSとgloの中間的な印象です 【知っておきたいフレーバー事情】メンソール系は2種類でレギュラー系が1種類 たばこスティックのフレーバーは、レギュラー系1種、メンソール系2種とまだ少ない。 とはいえ、レギュラーテイストはメビウスに近い味を楽しめることもあり、オススメです。

次の