函館 新型 コロナ。 函館市職員女性ら2人感染 新型コロナ / 函館新聞電子版

函館5人目の新型コロナ感染者 4人目の濃厚接触者 / 函館新聞電子版

函館 新型 コロナ

函館市は18日、市内の60代無職の女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 市内で感染者が確認されたのは2月26日以来、4人目。 感染経路は不明で、市が行動歴と濃厚接触者数などとともに調査している。 女性は9日に37度台の発熱があり、自宅で経過観察。 13日に医療機関を受診し、風邪と診断され様子を見ていたが、37度台の熱が続いていたことから、17日に同じ医療機関を再度受診した。 胸部レントゲンで肺炎の所見がみられたため、同日紹介で別の医療機関に救急搬送され入院した。 いずれの医療機関でも受診時にはマスクを着用していた。 検査の要請を受けた市衛生試験所が18日に検査し、陽性と判明。 同日夕方、感染症指定医療機関に転院した。 会話ができ、軽症だという。 市総合保健センターで記者会見が行われ、市立函館保健所の山田隆良所長は女性について「特に大きな持病はないが、医療機関は定期的に受診していたようだ」と説明。 海外渡航歴はなく、発症前2週間は市内から出ていないという。 家族と同居しているが、濃厚接触者の数は確認中とした。 感染経路は今のところ不明だが、集団感染(クラスター)の可能性については「日常的に不特定多数が集まる場所には行っていない」とし、可能性は低いとした。 市保健福祉部の大泉潤部長は「感染の防止の徹底に努めるとともに積極的な疫学調査を行い、原因の究明を図っていきたい」と話した。 道内ではこの日、札幌市内で2人が死亡したほか、函館の1人を含む38人の感染が確認され、感染者は延べ407人となった。 (小杉貴洋、稲船優香).

次の

函館市公式サイト:トップページ

函館 新型 コロナ

北海道函館市で5月中に始まる予定の新型コロナPCR検査のデモンストレーション(函館市医師会提供) 北海道函館市と函館市医師会は14日、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査センターを5月中に開設すると発表した。 比較的軽症で、医師がPCR検査が必要と判断した人が対象。 新型コロナに対する治療・防疫を強化しつつ、開業医の感染リスクや帰国者・接触者外来医療機関の負担を減らす。 感染を防ぐ電話ボックス型の検査ブースを2つ設置し、医師会有志が綿棒を使い、鼻から検体を採取する。 平日昼間に10~20人程度を検査。 翌日までに結果を報告する。 検査を受ける人は、他者への感染を防ぐため自家用車で来てもらい、歩いて検査用テントに入るウオークスルー方式。 検査自体は無料。 正式名称は「函館市地域外来・検査センター」で、市と北海道の委託事業。 風評被害などを防ぐため、センターの場所は一般には非公開とする。 北海道では札幌市で、ドライブスルー式PCR検査センターが5月1日に開設されている。

次の

函館市コロナ対策268億円 休業協力業者など30万円受給 補正予算案:北海道新聞 どうしん電子版

函館 新型 コロナ

函館市医師会(本間哲会長)は22日、感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症の対策本部を設置した。 感染の有無を調べるPCR検査を行う施設の設置を目指すほか、感染者の受け入れ態勢整備に取り組む。 同市内でクラスター(感染者集団)が発生していないうちに、医療態勢を整える狙いだ。 道によると、医師会が独自に新型コロナウイルスの対策本部を設けるのは道内で初めて。 同本部は本間医師会長、市立函館病院の氏家良人病院局長、市立函館保健所の山田隆良所長、市保健福祉部の大泉潤部長らでつくる。 同本部の構想では、「函館市医師会健診検査センター」(函館市田家町)敷地内にテントを設け、平日に1日当たり10~20人の検査を受け付ける。 医師会所属の開業医や勤務医が業務を担当する。 検査は同市内の開業医の紹介を必要とする方向だ。 函館市内のPCR検査は現在、同市衛生試験所が主に担っているが、市内で感染者が急増した場合に備え、検査の受け皿を増やしておく狙いもある。 現在、月内の開設に向けて市などと調整している。 また、新型コロナウイルス感染者を重症、中等症、軽症に区分し、指定した医療機関やホテルに振り分ける態勢づくりにも着手する。 感染者の増加で病床が不足した際、道が療養先のホテルを確保するのに合わせて、同本部がホテルで診療する医師や看護師を手当てする。 医師会の本間会長は「函館でも感染拡大の恐れはある。 医療崩壊が起こる前にできうる準備を整える必要がある」と話している。 (池野上遥).

次の