キング オブ コント 2019 感想。 キングオブコント2019 雑感

キングオブコント2019 感想&個人的採点③

キング オブ コント 2019 感想

展開の妙も沢山あったし、総じて非常に良い評価をつけるべきネタだと思った。 ただ一方で、出番の運が大変悪く、トップには向きづらいネタだとも思った。 また、途中で「同じ言葉を喋る」という設定が徹底されてないところがあるように思えた。 具体的にはあまりにも掛け合いが速くなりすぎた時に、チェックの服の方が黒い服の言葉に合わせて喋るのを忘れているような箇所が散見されたのは、頂けなかった。 笑いには大きく影響しないが、そのような細かい点も徹底してほしかったと思う。 もちろん、黒い側の言う言葉をきちんと客に通しつつ、なおかつチェックが同じ言葉を言ってることも伝えるという、非常に難しいボリューム調整を要するネタなのは理解しているが。 具体的には和田がキレて押し返すくだり以降で、もっと驚きがあればハネたはずだが、逆にそこから急にトーンダウンしてしまった感が強かった。 せっかく途中まですごく面白くなりそうな感じが続いていたのに、最後1分がダメなだけで全体の印象すらかなり悪くなってしまうのは、本当にネタの難しいところだし、ネタ作りの粘りどころなのだと思う。 ただ和田まんじゅうに関しては、今後バラエティーで露出が増えそうな感じがする。 ジャンポケの斎藤みたいな感じでいろんなところで使えるように思った。 (これまでもお笑い王決定戦などのネタ番組では出ていたが、一般的なバラエティではなかなかだったので) つまり彼らのキャリアにとっては、点数はさておきキングオブコントでキャラを露出させられたのは、昨年とは段違いに良かったことなのだと思う。 途中、そっくりな別のやつ(ヘチマ)が乗ってきたところから、次がどうなるのかが物凄く気になり、一気に引き込まれた。 ただそこまでの時間がかかりすぎたなぁという気持ちもある。 前半のオーソドックスなコント部分を短くして、早めに展開の妙を見せて観客を掴めれば、より高い点数があり得たのに勿体なかった。 それでいて展開の妙もあり、オチもズバット決めて総じて面白かった。 ただ、3点ほどマイナスポイントがあるように思った。 1つ目は、基本的に「僕たちは思い出した」の天丼だけで、結局その方向以上の展開があまりなかったこと。 2つ目は、昨今流行りの新海誠のようなストーリーを持ち込んでいたが、2~3年前ならまだしももはや時代遅れのように思えること。 3つ目は、外見(カツラ等含む)が正直テレビ的に見続けたいとは思えなかったので、ネタの前提を崩さない範囲で改善の余地がありそうだったこと。 それでもなお、今田耕司に認められたことに反しない、充実のパフォーマンスであったことは間違いない。 ジャルジャルのネタだから当然なのだが、後半に行けば行くほど爆笑が生まれていた。 途中の「天井が、穴だらけで、」等の言葉のセンスも秀逸だった。 こんな大舞台で堂々と演じられるというのは、今までのキャリアと経験が自信になっているからなのは間違いない。

次の

キングオブコント2019 感想|はなこば|note

キング オブ コント 2019 感想

Contents• 最近はあまりテレビでは見ることは少なくなっている感じでしたよね。 今回のキングオブコント2019でのコントも歌ネタでしたね! 1stステージでは最高得点の980点を獲得をしましたね。 どぶろっくが1位通過した時点で、優勝と思った〜。 まぢおもんない。 この日のために考え抜いたネタ、練習し尽くしたネタよりコレが優勝って普通に引く。 審査員は名声の上にあぐらをかかず、もっと精進すべし。 しかもセカンドステージは ファーストと同じだし。 ネタもそうだけど、「優勝」って結果がほんとにつまらない。 うるとらブギーズの涙が敗者の全てを物語ってる気がする。 — ポテチ rItJYM7q8ux34CU やっぱり、面白くないっていう声がありますね…。 キングオブコント2019どぶろっくの感想 キングオブコント 2019 どぶろっく。 下ネタじゃねーか! 最初はつまらないと思ったけど途中から爆笑。 そうそう、こういうわかりやすいのがいいんだよ。 — ヨッシーマナブ yossiimanabu 家に帰ったらキングオブコントの結果をテレビでやってて、「え!どぶろっくが!??なんで!??」 って思ったけど、録画を見てみたら、元々の芸風を貫きつつも更に「もしかしてだけど」ではない新しい下ネタミュージカルを生み出したどぶろっく、カッコ良すぎでしたし、単純にすげぇ笑いました。 1を決める大会だから…正直どぶろっくが自分達の独壇場に持って行った時点で勝ち。 — HIGH KICK BOY HIGHKICKBOY1 どぶろっく笑笑 ひでぇけど超面白い — まてぃ maty3216 こちらにはどぶろっくが単純で分かりやすくて面白いという意見もあります。 キングオブコントは審査員が5人しかおらず、この5人の好みが審査に強く反映されてしまうんですよね。 まとめ 今回は 「キングオブコント2019どぶろっくは面白くない?ネタの感想も!」ということについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? キングオブコント2019の優勝者はどぶろっくでしたね! 今回のどぶろっくは下ネタで優勝というところが賛否ある一因なのかなと思いました。 お笑いを見ているのは楽しいですし、笑うとストレスが発散されますよね! お笑いの賞レースは審査員と視聴者の感覚がズレていると、「なんでやねん」とツッコミたくなる時がありませんか? 賞レース後に家族や友人とあーだこーだと話すのも楽しいですよね! 今回はここまでとさせていただきます。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

キングオブコント2019の点数まとめとざっくり感想 #キングオブコント2019

キング オブ コント 2019 感想

こんにちは。 ファニじろうです。 9月21日(土)に2019が放映されました。 けっこうお笑いは好きなのですが、ブログのネタにわたしも採点をしてみることにしました。 採点するにあたってはルールを自分に課しています。 【わたしが採点するときのルール】 ・テレビの審査員の点数を見ないで採点をする。 ・一時停止などせず審査員と同じ時間内で採点する。 この2点のみ。 というわけでやってみました。 一番手は「」。 わたしははじめて見るコンビです。 結成11年目。 八木さんと佐々木さんというお二人ですね。 ネタは催眠術師と、相手がしゃべっていることをほぼ同時にしゃべってしまう人「カシモトさん」のネタ。 どうやら催眠術ショーか何かの最中のようです。 かなり斬新な設定のネタですが、途中に笑いどころがしっかりと配置されています。 カシモトさんの内気な感じとクセとのギャップがいいキャラになっていて素晴らしい。 とくにすごいと思ったのは、催眠術ショーの観客の雰囲気が、カシモトさんの声を通じて伝わるようになっていることです。 そこもしっかり笑いどころになっていて、実に面白い。 オチはやや弱めですが、ハッピーエンドでキレイに収まっているのが良いとおもいました。 これがトップバッターというのは、吉とでるか、凶とでるか。 松本さんが「トップらしくないトップ」と言いましたが、まさにその通りと思いました。 わたしの採点は 95点と高得点をつけました。 ほかの審査員もいきなり良い点をつけています。 和田さんのキャラが強烈でいいですよね。 ネタは野球部のネタです。 和田さん演じる部員のクズっぷりが良い味をだしています。 コントらしいコントで安心してみていられます。 いちばんの笑いどころは終盤で和田さんがキレるところでしょうか。 とはいえ、この流れだとちょっとスタンダードすぎるかな、という印象です。 ファニじろうの採点は 90点です。 審査員の方々もおなじみたいですね。 丸っこい見た目の「鈴木もぐら」さんと、細くて神経質そうな見た目の「水川かたまり」さんというお二人。 タクシーのネタでした。 冒頭は運転手さん役の鈴木さんの滑舌が悪いようで、ボケがよく聞き取れませんでした。 また、突拍子もないボケを言うタクシー運転手のネタといえばすぐに「千鳥」の「ヨダコさん」が思い浮かびます。 あれ系かなー、と期待がしぼみます。 ということで、あまり期待せずに見ていましたが、中盤から展開がガラっと一気に変わります。 えっ?えっ?というまにどんどん引き込まれます! 序盤のボケが、じつは伏線になっていて、それがつぎつぎに回収されていきます。 構成もボケもすさまじいキレ味に変わります。 これが本当に素晴らしい! わたしは大満足で、トップバッターだった「」を上回る 97点をつけました。 それぐらい爆発力があったと思います。 番組だとあまり情報がありません。 記憶をなくした男女が再びめぐりあう、というような内容のネタです。 ちょっとシュールなネタですね。 でも、正当な笑いの要素もちりばめてあります。 全体を通しては男女の恋愛をテーマにしていて、じつはけっこうロマンティックですてきな話です。 ただ、わたしはなかなかこの世界観に入り込めませんでした。 審査員も同じくらいですね。 にとどまらず、M-1グランプリでもおなじみですよね。 独特のネタはいつも非常に完成度が高いです。 今回は野球部のネタ。 遠く離れると話す言葉が英語に聞こえる先輩の話。 発想もすごいですし、これを成立させられる技術もすごい。 近くでは日本語で話し、離れると英語になるというのをうまくやらないとダメなわけで、これは大変な練習が必要になるでしょう。 笑うやら、感心するやら。 さすがはというコントでした。 ただただ素晴らしい。 わたしはここまでで最高の 98点をつけました。 審査員もなかなかの高評価のようです。 歌ネタで有名です。 今回のネタは薬をさがす農夫と神様の話。 ただこれをコントといっていいのか。 歌も上手ですし、会場もウケてたし、わたしもクスッときてしまいました。 もともと好きですからね。 うーん。 としてはどうかな、ということで点数は若干ひかえめになってしまいました。 92点です。 でも審査員の評価はすごく高いですね。 まあ純粋に面白かったというのが良かったんでしょう。 わたしも名前だけは聞いたことがあります。 「 かが屋」ではなくて「か が屋」のイントネーションで呼ぶんですね。 今回のネタは喫で彼女を待つ人と店員のコント。 暗転をくり返すことで、過去と現在の出来事を行き来するのがうまく表現されていて、これには感心しました。 また、彼女を待ち続ける男性というネタもとくに目新しいものはありませんでした。 ということで、私の点数もちょっと低めに 91点としました。 審査員もあまり高得点はだしていませんね。 設楽さんは94とかなり評価されています。 三年連続のファイナリストというのがそれを証明しています。 ネタは新しく結成した男女のお笑いコンビと、その女芸人の彼氏という話。 彼氏は公務員でとてもマジメという設定。 正統派的なコント、笑いどころもバッチリ。 意外性もあって、非常に良かったです。 ここまで見てきたなかでは最も完成度の高いコントだったように思いました。 わたしはと同じ 98点をつけました。 審査員もまずまずの評価のようでした。 2位が462点で「」。 3位が457点で「」「」が並んでいます。 は2年ぶり2回目のファイナル出場とのこと。 今回は腹話術師の謝罪会見と記者というネタです。 腹話術の人形の表情が面白く、言動とあいまっての面白さがあります。 わたしはなんとなく展開が読めてしまって、そこまでハマれませんでした。 審査員の評価も悪くはないですけど、上位をおびやかすにはいたらず。 わらふじなるお 最後に登場です。 3年連続ファイナリストとのこと。 シチュエーションは特別なものではないのですが、ボケがしっかりしていて、ツッコミも切れ味が良いので、漫才コントのようなテンポで笑えるので心地いいですね。 ただ、コレ!という大きな笑いがないので、ハイレベルな大会の中ではどうかな、というところでしょう。 わたしは 93点としました。 審査員も口々に言っていましたが、正統派のネタが最後というのがちょっと運がなかった感じですねえ。 うーん、私は同じ点数をつけていたので、時間までにどちらかを選べませんでした。 最終的にセカンドステージに勝ち上がったのが 1位 どぶろっく 480点 2位 462点 3位 457点 となりました。 ファーストステージの点数とセカンドステージの点数の合計がもっとも高い組が優勝になります。 セカンドステージ 家でくつろぐ男性とドロボウが鉢合わせてしまうネタ。 わたしはこのネタをどこかで見たことがあります。 ドロボウは家主の知人であると思いこませるようごまかそうとしますが、でまかせを言ってもすべて偶然に正しい答えになるため、ドロボウのほうが驚いてしまう、という流れ。 なぜこのネタを選んだんでしょう……。 わたしは 88点としました。 審査員もちょっと困惑気味だった模様……。 試合とは関係ない話で盛り上がっているあいだに、試合が進展してしまい、ゴールなどの決定的瞬間を見逃してしまう、というもの。 いいネタですね。 1本目とは全然ちがう雰囲気なので、いろいろなネタができるコンビなんですね。 とても良かったです。 のネタの後だっただけに、さわやかに明るい雰囲気が引き立ちます。 94点としました。 審査員も一様に高評価でした。 ファーストステージと基本同じ。 まあ何もいうことはありません 笑 自分たちを貫いたスタイルは、まあ尊敬に値するのかも知れません。 わたしは 90点としました。 どぶろっくのお二人、おめでとうございます。 というか、優勝するとは思わなかった 笑 funny-jiro.

次の