ディスカバー ライン。 LINEの「ディスカバー」とは? フォロー機能、非表示設定など使い方を解説

LINE、自分の好きな動画や画像を探せる新機能「ディスカバー」リリース

ディスカバー ライン

数ある無料通話チャットアプリの中で最も日本人になじみがあるのが「LINE」で私たちの生活になくてはならないものになっていますよね。 自分で描いたイラストやペットの写真などをLINEのスタンプとして販売できるラインクリエーターズスタンプも盛り上がりは衰えしらず! オンライン決済のLINE-payのサービスも導入し、どんどんユーザーを巻き込む形で進化を続けるLINEが新しい機能について発表をしました。 LINEの新機能の名前は 「ディスカバー」。 LINE上で自分の好みのコンテンツや、流行の動画を見たり、共有したりできる機能だそうです。 この記事ではLINEの新機能「ディスカバー」とはどういうものなのか、設定方法や使い方、インスタとの違いについても検証していこうと思いますよっ 目次• 【LINE】ディスカバーとは?いつから開始するの?設定方法や使い方は? LINEのディスカバーとはこれまでLINEアプリ上でアップすることができたタイムラインの投稿を不特定多数の人と共有できる機能です。 これまではタイムラインに投稿されたコンテンツは既に友達登録している相手にしか表示することができませんでした。 ディスカバー機能の追加によって 画像や動画などをより多くの人に向けて発信できるようになります。 LINEのディスカバー機能はいつから使える? 2020年4月1日~LINEアプリへのディスカバー機能の実装が完了しています(LINE Ver 10. 0以上)。 4月6日~はインフルエンサーマーケティング会社UUUM(ウーム)株式会社に所属している人気クリエーターがディスカバー機能に投稿を開始! 2020年に流行りそうなコトやモノを人気のインフルエンサーたちがどんどん発信していくそうですよ。 LINEディスカバーの使い方 LINEのディズカバーの使い方は簡単。 LINEのアプリを開いて「タイムライン」を開きます。 ロケットマークの「新機能」もしくは右上の惑星のマークを押すとディスカバーのページに移動します。 すると以下のようにたくさんの投稿が集約されて一覧表示されていますので気になる投稿をクリック。 (ちなみにディスカバーページを訪れるたびに表示されている投稿は違います) 気になる投稿画面を開いて今後もそのアカウントの投稿を見たい場合は右上の「+フォロー」をクリック! これで相手のアカウントと友達ではなくても相手のタイムライン投稿がいつでも見られるようになりました。 左下にあるシェア昨日を使えばお気にいりの投稿を自分のタイムラインに表示させたりtwitterなどの他のアプリにリンクを飛ばすことも可能となります。 LINEディスカバー機能の設定方法 人の投稿を見たい場合はフォローをどんどん増やしていけば設定は完了です。 一度フォローしたアカウントを整理したい場合はディスカバーの画面で左上にある自分のアイコンをタップすると下に小窓が出てきますのでそこで設定をしていきます。 不要になったフォローは「タイムラインのフォロー管理」から解除することができます。 twitterと同じ要領ですね。 それからインスタの本来の使い方としてはフォトジェニックな画像や映像をシェアすることに焦点を置いていると思うのですが、LINEディスカバリーは企業が新製品を宣伝したりトレンドに関する動画などを発信しましょう!という感じなのでYOUTUBEにアップされていた様な動画がタイムリーに投稿されていくのがLINEディスカバリーのイメージです。 LINEディスカバーは初めから トレンドを追った投稿の充実を意識しているようですね。 LINEディスカバリー=YOUTUBExtwitter?

次の

【LINE】ディスカバー機能はインスタと何が違う?設定方法や使い方も!

ディスカバー ライン

LINEの「ディスカバー」とは何か? まずは、LINEの「ディスカバー」とはどんな機能なのか、どのような基準で表示されるのかなど、基本的なことについて解説します。 友だち以外のタイムライン投稿を閲覧・フォローできる機能 LINEのディスカバーとは、2020年3月からタイムラインに新たに登場した機能です。 「タイムライン」タブから友だち以外のタイムライン投稿を見ることができます。 一般ユーザーや企業などの公式アカウントが「全体公開」設定で投稿した写真や動画が集約され、「ディスカバー」内に一覧で表示されます。 気に入ったユーザーはフォローでき、フォローしたユーザーの投稿は以後自分のタイムラインに表示されるようになります。 アカウントをフォローしたからといって、そのアカウントが友だち追加されるわけではなく、フォローしたユーザーとトークメッセージのやりとりなどはできません。 appllio. com ディスカバーは、あくまでもLINEにおすすめされたコンテンツが表示される仕組みのため、全体公開に設定した投稿が必ずディスカバーに表示されるわけではないようです。 ディスカバーの表示は、ユーザーがタイムラインでタップした投稿や、いいねやコメントをした投稿などを参考にしています。 そうした操作や情報利用に同意していない場合は、推測された性別や年代でいいねやコメントが多い投稿が表示されます。 ディスカバー内の投稿は現時点で検索できない 現時点(2020年5月時点)では、ディスカバー内の投稿を検索する機能はありません。 「ディスカバー」の一覧に表示される、おすすめの投稿から探す方法のみとなっています。 また、ディスカバーの一覧に表示された投稿を削除したり非表示にしたりすることはできません。 ディスカバーの投稿を見る/アカウントをフォローする ディスカバーの投稿を見る方法、およびアカウントをフォローする方法について解説します。 ディスカバーの投稿を見る 惑星ボタンまたは[ディスカバー]をタップ ディスカバーの投稿を見るには、まず「タイムライン」タブから画面右上の惑星ボタンをタップしましょう。 タイムライン上の[ディスカバー]からでも閲覧できます。 左:投稿一覧 右:投稿を個別に見る 「ディスカバー」画面で投稿の一覧が表示されます。 あとは見たい投稿をタップするだけです。 アカウントをフォローする 気になったアカウントは「フォロー」が可能です。 アカウントをフォローすることで、友だち追加していなくても、そのアカウントの投稿がタイムライン上に表示されるようになります。 [フォロー]ボタンをタップすればフォロー完了 アカウントをフォローするには、投稿の右側にある[フォロー]ボタンをタップするだけ。 フォローは最大5000人まで可能です。 フォロー/フォロワーの確認・設定方法 ディスカバーでは、自分が誰をフォローしているのか、誰にフォローされているのか(=フォロワー)を設定画面から確認できます。 自分のフォローリストを非公開にしたり、友だち以外のフォローを許可しないように設定したりすることも可能です。 自分のフォロー/フォロワーを確認する 自分のアイコンをタップするとフォロー/フォロワー数を確認できる 「タイムライン」タブの上部に、自分のアイコン画像が表示されているのでタップすると、「フォロー中」と「フォロワー」の数字が表示されています。 フォロー中のアカウント一覧 [フォロー中]または[フォロワー]をタップすると、自分のフォローおよびフォロワーを確認できます。 このうち「フォロー中」には、すでに自分が友だち追加している公式アカウントも含まれています。 フォロー中のアカウントの投稿を非表示にする フォローしているアカウントのうち、自分のタイムラインに表示させたくないアカウントがある場合、非表示にすることができます。 なお、ここで非表示に設定すると、他のタイムライン投稿やストーリーの投稿もタイムラインに表示されなくなります。 [タイムラインのフォロー管理]から非表示にしたいアカウントをオフに設定 まずは「タイムライン」タブで自分のアイコンをタップし、[タイムラインのフォロー管理]を選択。 [友だち]タブを選択し、タイムラインに表示させたくないアカウントをオフにするだけです。 なお、非表示にできるのは、あくまでもフォローしているアカウントの投稿のみです。 ディスカバー内に表示される投稿やディスカバー自体を非表示にすることはできません。 自分のフォローリストを非公開にする フォローリストを非公開にしておけば、誰をフォローしているのか、誰にフォローされているのか友だちに見られることはありません。 [フォローリストを公開]をオフにすれば自分のフォローリストは他人に見られない [フォローリストを公開]がオフになっていれば、自分以外のユーザーにフォローリストを見られることはありません。 もしフォローリストを友だちに公開したいのであれば、[フォローリストを公開]をオンにしておくだけです。 友だち以外のフォローを許可しない 友だち以外のユーザーにフォローされたくなければ、フォローを許可しないよう設定しましょう。

次の

LINE、自分の好きな動画や画像を探せる新機能「ディスカバー」リリース

ディスカバー ライン

もくじ• LINEのタイムライン新機能『ディスカバー』とは? LINEで新しく実装された新機能「ディスカバー」とは、• 好きなジャンル・カテゴリのコンテンツを見つけてフォロー• フォローしたコンテンツをタイムライン上で楽しむ という使い方を目的にした機能です。 今までのタイムラインも 「友達同士のみで共有できるタイムライン」という 「クローズド」な空間でしたが、今回「ディスカバー」という風穴が空いたことにより、LINE上で多くの人たちと繋がりたい、より自分の情報を広げたい、というユーザーにとって大きなチャンスとなりそうですね。 フォロー機能は付いたが、メッセージのやり取りは不可 今回の「ディスカバー」実装によって、知らないユーザーでもタイムライン上でフォローできるようになりましたが、 あくまで「タイムライン上のつながり」となり個別のメッセージを送信することなどはできません。 では、以下の項より、どのように自分好みの情報を発見(ディスカバー)するか、そしてタイムライン上でどのように表示・管理するかのご紹介をいたします。 こちらが「ディスカバー」の基本画面となります。 例えば、• 料理の動画をタップした後、そのページに続いていくのは、料理系の動画• スポーツの動画をタップした後、続くコンテンツは同様にスポーツの動画 というふうに、 一つの「興味」に対して関連動画が連なっていく形式のページになっています。 気になるユーザーをフォローする 好みの投稿を見つけたらそのユーザーを「フォロー」してみましょう。 「フォロー」はディスカバー上で表示されている「アカウント単位」で行い、フォローを行った後、そのユーザーが新規で投稿したコンテンツが自分のタイムラインに表示されるようになります。 LINEタイムラインの『フォロー』を管理する方法 一通り気になるアカウントをフォローしてみると、気軽にフォローできることもあり、以外に多くのアカウントをフォローしてしまっていることもあります。 そんな時はフォローを外し、タイムラインに自分の好きなもののみ表示されるようにしましょう。 LINEタイムラインの『ディスカバー』に掲載されるにはどうしたら良い? では、この新しい「ディスカバー」に自分の作品等を多くのユーザーに表示させたい、といった場合、どのようにすればよいのでしょうか。 それ以外の 自分のみや作成した友達リストに限定した公開方法ですと、ディスカバーに表示される対象とはならない点に注意が必要です。 元々自分の情報を広げたいユーザーであれば問題ありませんが、投稿は公開状態にしてても自分のタイムラインの情報は非公開にしておきたい方については以下を参照に設定変更することをおすすめします。 「フォローを許可」:友だち以外のユーザーがフォローすることの可否• 「フォローリストを公開」:プロフィールページにフォロー中/フォロワーのリストが表示有無 のオン/オフを切り替えることができます。 もし、「自分がフォローしているアカウントは見られたくない」「フォロワーを見られたくない」という場合は、 フォローリストを公開はオフの状態にしておきましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回はメッセージアプリ「LINE」のタイムラインにおいて新しく実装された「ディスカバー」という機能をご紹介いたしました。 使用感としてはFacebookの「Watch」に近い印象を受けました。 また、縦スクロールで自分の好きであろうコンテンツが延々と流れていく様は、TikTokと近いところもありますね。 もし自身のコンテンツを「LINE上で広めたい!」という方は利用してみる価値ありです!.

次の