そのため 類語。 奇譚とは|読み方・意味・使い方・類語や同音異義語・英語表現を解説

敬語「以後気をつけます」のビジネスでの使い方や類語・言い換えまとめ

そのため 類語

「奇譚」の読み方と意味 「奇譚」は「きたん」と読みます。 「奇譚」は「めずらしい話」「ふしぎな物語」をあらわす言葉です。 「奇」は「普通と違うもの」「すぐれている」「ふしぎ」を意味する漢字。 「譚」は「話」「物語」を意味する漢字です。 「奇譚」を日常会話で使うことはほとんどありません。 目に触れるとしたら、文学作品のタイトルや、文学の論評などに限られます。 小説のタイトルでは、村上春樹の「図書館奇譚」、三島由紀夫の「月澹荘(げったんそう)奇譚」などの作品が知られています。 「異聞奇譚」とは 「奇譚」を含む熟語に「異聞奇譚」があります。 意味は「非常にめずらしい話」「際だって変わった話」をあらわします。 「異聞」の意味は「奇譚」と同じ。 つまり「異聞奇譚」は「異聞」と「奇譚」いう同義語を重ねることで意味を強調した熟語になります。 「奇譚」の使い方 「奇譚」は現在ではほとんど使われない言葉です。 使う場合は「めずらしい話」を意味する名詞として、「北欧は奇譚と神話の宝庫です」といった表現が可能です。 会話の中で使う場合は、同音異義語の「忌憚」と誤解されないように注意が必要です。 「奇譚ない」は誤用 「奇譚」は使用頻度や知名度が低く、会話では「忌憚」と混同される可能性があります。 「忌憚」は「いみはばかる」という意味の言葉ですが、現在では「忌憚なく」「忌憚ない」のような否定形で「遠慮なく」を意味する用法が一般的です。 そのため「忌憚」と読みが同じ「奇譚」と混同して「奇譚ない」「奇譚なく」という使い方も散見されますが、これは完全な誤用です。 前述のように「奇譚」は「めずらしい話」「ふしぎな物語」を意味する名詞です。 「奇譚ない」という表現はありえません。 もっともスピーチや会話の場合は「忌憚」も「奇譚」も読みは同じですから、間違えても相手は気づきません。 問題は文章で使う場合です。 PCやスマホでは稀に誤変換される可能性があります。 「きたんない」と打つときは変換される漢字に気をつけましょう。 また近年、「奇譚」の使用法として「奇譚なもの」「奇譚な物語」「奇譚な言い伝え」などのフレーズを正しい使用例とするケースも増えていますが、「奇譚」は「珍奇」や「奇怪」などと違って、形容動詞としての活用法はありません。 「奇譚な」を「大層珍しい 不思議な 〜」の意味の形容動詞とする解説は誤りですので真に受けないように注意してください。 「奇譚」の類義語と例文 「奇譚」と同じような意味を持つ類義語としては、前出の「異聞」をはじめ「異説」「奇談」「奇話」「椿説 珍説 」「珍談」などをあげることができます。 「異説」はおもに「他人の主張する説や、世間一般の通説とは異なる説」という意味で用いられますが、ほかにも「珍奇な説」「変わった説」といった意味があります。 この2番目の意味が「奇譚」の類義語に相当します。 「奇談」と「奇話」はともに「珍しい話」「変わった話」「奇怪な話」を意味する言葉です。 「奇譚」との違いは、「奇譚」が「物語」のニュアンスが強いのに対して、「奇談」や「奇話」は会話や噂話のように口頭で伝える話のニュアンスがあります。 最後の「椿説」は「ちんせつ」と読みます。 意味と読みは「珍説」と同じで、「めずらしい話」「風変わりな意見」をあらわす言葉です。 また「珍談」と「珍説」には「めずらしい意見や話」のほかに「ばかばかしい話」という、やや見下した意味もあります。 また「奇譚」ほど「奇」ではないものの、「長く語りつがれる神秘的でふしぎな物語」という意味では「言い伝え」「神話」「伝説」「昔話」などの言葉も広い意味で類義語に含めることができます。 「異聞」の例文.

次の

ために(ため)の類語・言い換え

そのため 類語

「奇譚」の読み方と意味 「奇譚」は「きたん」と読みます。 「奇譚」は「めずらしい話」「ふしぎな物語」をあらわす言葉です。 「奇」は「普通と違うもの」「すぐれている」「ふしぎ」を意味する漢字。 「譚」は「話」「物語」を意味する漢字です。 「奇譚」を日常会話で使うことはほとんどありません。 目に触れるとしたら、文学作品のタイトルや、文学の論評などに限られます。 小説のタイトルでは、村上春樹の「図書館奇譚」、三島由紀夫の「月澹荘(げったんそう)奇譚」などの作品が知られています。 「異聞奇譚」とは 「奇譚」を含む熟語に「異聞奇譚」があります。 意味は「非常にめずらしい話」「際だって変わった話」をあらわします。 「異聞」の意味は「奇譚」と同じ。 つまり「異聞奇譚」は「異聞」と「奇譚」いう同義語を重ねることで意味を強調した熟語になります。 「奇譚」の使い方 「奇譚」は現在ではほとんど使われない言葉です。 使う場合は「めずらしい話」を意味する名詞として、「北欧は奇譚と神話の宝庫です」といった表現が可能です。 会話の中で使う場合は、同音異義語の「忌憚」と誤解されないように注意が必要です。 「奇譚ない」は誤用 「奇譚」は使用頻度や知名度が低く、会話では「忌憚」と混同される可能性があります。 「忌憚」は「いみはばかる」という意味の言葉ですが、現在では「忌憚なく」「忌憚ない」のような否定形で「遠慮なく」を意味する用法が一般的です。 そのため「忌憚」と読みが同じ「奇譚」と混同して「奇譚ない」「奇譚なく」という使い方も散見されますが、これは完全な誤用です。 前述のように「奇譚」は「めずらしい話」「ふしぎな物語」を意味する名詞です。 「奇譚ない」という表現はありえません。 もっともスピーチや会話の場合は「忌憚」も「奇譚」も読みは同じですから、間違えても相手は気づきません。 問題は文章で使う場合です。 PCやスマホでは稀に誤変換される可能性があります。 「きたんない」と打つときは変換される漢字に気をつけましょう。 また近年、「奇譚」の使用法として「奇譚なもの」「奇譚な物語」「奇譚な言い伝え」などのフレーズを正しい使用例とするケースも増えていますが、「奇譚」は「珍奇」や「奇怪」などと違って、形容動詞としての活用法はありません。 「奇譚な」を「大層珍しい 不思議な 〜」の意味の形容動詞とする解説は誤りですので真に受けないように注意してください。 「奇譚」の類義語と例文 「奇譚」と同じような意味を持つ類義語としては、前出の「異聞」をはじめ「異説」「奇談」「奇話」「椿説 珍説 」「珍談」などをあげることができます。 「異説」はおもに「他人の主張する説や、世間一般の通説とは異なる説」という意味で用いられますが、ほかにも「珍奇な説」「変わった説」といった意味があります。 この2番目の意味が「奇譚」の類義語に相当します。 「奇談」と「奇話」はともに「珍しい話」「変わった話」「奇怪な話」を意味する言葉です。 「奇譚」との違いは、「奇譚」が「物語」のニュアンスが強いのに対して、「奇談」や「奇話」は会話や噂話のように口頭で伝える話のニュアンスがあります。 最後の「椿説」は「ちんせつ」と読みます。 意味と読みは「珍説」と同じで、「めずらしい話」「風変わりな意見」をあらわす言葉です。 また「珍談」と「珍説」には「めずらしい意見や話」のほかに「ばかばかしい話」という、やや見下した意味もあります。 また「奇譚」ほど「奇」ではないものの、「長く語りつがれる神秘的でふしぎな物語」という意味では「言い伝え」「神話」「伝説」「昔話」などの言葉も広い意味で類義語に含めることができます。 「異聞」の例文.

次の

「意義」の意味とは?類語や「意味」「目的」との違いも解説

そのため 類語

「奇譚」の読み方と意味 「奇譚」は「きたん」と読みます。 「奇譚」は「めずらしい話」「ふしぎな物語」をあらわす言葉です。 「奇」は「普通と違うもの」「すぐれている」「ふしぎ」を意味する漢字。 「譚」は「話」「物語」を意味する漢字です。 「奇譚」を日常会話で使うことはほとんどありません。 目に触れるとしたら、文学作品のタイトルや、文学の論評などに限られます。 小説のタイトルでは、村上春樹の「図書館奇譚」、三島由紀夫の「月澹荘(げったんそう)奇譚」などの作品が知られています。 「異聞奇譚」とは 「奇譚」を含む熟語に「異聞奇譚」があります。 意味は「非常にめずらしい話」「際だって変わった話」をあらわします。 「異聞」の意味は「奇譚」と同じ。 つまり「異聞奇譚」は「異聞」と「奇譚」いう同義語を重ねることで意味を強調した熟語になります。 「奇譚」の使い方 「奇譚」は現在ではほとんど使われない言葉です。 使う場合は「めずらしい話」を意味する名詞として、「北欧は奇譚と神話の宝庫です」といった表現が可能です。 会話の中で使う場合は、同音異義語の「忌憚」と誤解されないように注意が必要です。 「奇譚ない」は誤用 「奇譚」は使用頻度や知名度が低く、会話では「忌憚」と混同される可能性があります。 「忌憚」は「いみはばかる」という意味の言葉ですが、現在では「忌憚なく」「忌憚ない」のような否定形で「遠慮なく」を意味する用法が一般的です。 そのため「忌憚」と読みが同じ「奇譚」と混同して「奇譚ない」「奇譚なく」という使い方も散見されますが、これは完全な誤用です。 前述のように「奇譚」は「めずらしい話」「ふしぎな物語」を意味する名詞です。 「奇譚ない」という表現はありえません。 もっともスピーチや会話の場合は「忌憚」も「奇譚」も読みは同じですから、間違えても相手は気づきません。 問題は文章で使う場合です。 PCやスマホでは稀に誤変換される可能性があります。 「きたんない」と打つときは変換される漢字に気をつけましょう。 また近年、「奇譚」の使用法として「奇譚なもの」「奇譚な物語」「奇譚な言い伝え」などのフレーズを正しい使用例とするケースも増えていますが、「奇譚」は「珍奇」や「奇怪」などと違って、形容動詞としての活用法はありません。 「奇譚な」を「大層珍しい 不思議な 〜」の意味の形容動詞とする解説は誤りですので真に受けないように注意してください。 「奇譚」の類義語と例文 「奇譚」と同じような意味を持つ類義語としては、前出の「異聞」をはじめ「異説」「奇談」「奇話」「椿説 珍説 」「珍談」などをあげることができます。 「異説」はおもに「他人の主張する説や、世間一般の通説とは異なる説」という意味で用いられますが、ほかにも「珍奇な説」「変わった説」といった意味があります。 この2番目の意味が「奇譚」の類義語に相当します。 「奇談」と「奇話」はともに「珍しい話」「変わった話」「奇怪な話」を意味する言葉です。 「奇譚」との違いは、「奇譚」が「物語」のニュアンスが強いのに対して、「奇談」や「奇話」は会話や噂話のように口頭で伝える話のニュアンスがあります。 最後の「椿説」は「ちんせつ」と読みます。 意味と読みは「珍説」と同じで、「めずらしい話」「風変わりな意見」をあらわす言葉です。 また「珍談」と「珍説」には「めずらしい意見や話」のほかに「ばかばかしい話」という、やや見下した意味もあります。 また「奇譚」ほど「奇」ではないものの、「長く語りつがれる神秘的でふしぎな物語」という意味では「言い伝え」「神話」「伝説」「昔話」などの言葉も広い意味で類義語に含めることができます。 「異聞」の例文.

次の