スイカ ポイント 還元。 モバイルSuicaで乗車すると2%のポイント還元 10月1日から

モバイルSuicaで乗車すると2%のポイント還元 10月1日から

スイカ ポイント 還元

総務省は、マイナポイント事業の対象となるキャッシュレス決済事業者の、2月19日時点の登録状況を公表した。 事業者数は23社。 マイナポイント事業とは、キャッシュレスでのチャージまたは買い物に対し、25%のマイナポイントが付与されるもの。 付与上限は1人5,000円分。 マイナンバーカードの取得と、マイキーIDの設定が必要となる。 消費者は、対象となる決済事業者の中から、任意で1事業者を選択。 選択した決済事業者が設定するポイントが付与される。 2月19日時点の対象決済サービスは、FamiPay、メルペイ、ほろかマネーサービス、Suica、au PAY、d払い、電子マネーゆめか、J-Coin Pay、CoGCa コジカ 、りそなウォレットサービス、PayPay、nanaco、LINE Pay、WAON、楽天ペイ アプリ決済 、Bibica、くまモンのICカード、楽天Edy、ナギフトマネー、FKDハイカード電子マネーサービス、オレボポイントカード。 決済事業者番号順。 サービス数は21となっており、事業者数より少ない理由は、りそなウォレットサービスをりそな銀行、関西みらい銀行、埼玉りそな銀行の3事業者が登録しているため。 また楽天系列から、楽天ペイ アプリ決済 と楽天Edyがそれぞれ登録されている。 今後の審査・手続きにより、変更される場合があるとしている。 またキャッシュレス決済事業者の申請受付は3月末まで継続する。 総務省は消費者に対し、マイナンバーカードの交付には一定の時間を要することから、早めの申請を呼び掛けている。

次の

JR東日本、Suicaで乗車するとポイント還元!モバイルSuicaなら還元率4倍

スイカ ポイント 還元

この政府主導の動きに応じるようにやなど各社が大きなキャンペーンを実施して自社のシェアを広げようと頑張っていますね。 キャッシュレス決済はたくさん種類がありますが、その本命はJR東日本の「 Suica(スイカ)」と「PayPay」でしょう。 SuicaはJR東日本利用者を中心にすでに圧倒的に多くの利用者や加盟店がいることが最大のメリットになります。 また、PayPayなどのQR決済やクレジットカードと比較してかなりスピーディーなのもポイントが高いです。 端末にタッチするだけで決済できますからね。 最近ではJR東日本の範囲を超えて全国各地の鉄道やバスでも利用できますから利用者がどんどん増えているのです。 そんなSuicaですが、 キャッシュレス・消費者還元事業でポイントを得るためには登録が必要なんですよ。 登録しなければもらえるはずの5%が無駄になってしまうのです・・・ 今回はSuicaでキャッシュレスの還元を受けるためにはあらかじめ登録が必要な件についてみていきます。 「JRE POINT」のサイトでSuicaを登録するだけです。 逆に言えば 登録しないともらえないのです。 すでにSuicaを持っている方はJRE POINTのサイトでメールアドレス(Suica識別ID とパスワードを紐付けるだけですからそれほど難しくありません。 登録作業をしていないとポイント還元の対象となりませんので忘れないように登録しておく必要があります。 SuicaでもらえるポイントはJRE POINT Suicaで貯まるポイントは「JRE POINT」です。 ポイントの還元は通常、(キャッシュレス還元事業分を除く)以下の通り貯まります。 スマホなどに入れるモバイルSuicaとカードタイプでは付与ポイントが違うんですよ。 ただし、これはSuicaが使える すべてのお店ではなく以下のマークが記載された店舗のみとなります。 出典:JRE POINT WEBページ エキナカのNewDaysやキオスクなどはもちろん、飲食店でも対象となっている店舗もありますから嬉しい限りですね。 キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗ならさらに・・・ キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗(中小企業が条件)ならばさらに国からの還元がありますのでさらにポイントが増えます。 JREカード(クレジットカード)で払うよりもSuicaで払ったほうがお得なんですね。 これが登録をしていないとみすみす逃してしまうことに・・・ 必ず登録しておきましょうね。 JRE POINTは何に使えるのか せっかく貯めたポイントでも使いみちがなければなんの意味もありません。 それでは貯まった「JRE POINT」は何に使えるのでしょうか? 「JRE POINT」のサイトで提示されている使い方は以下です。 >> 個人的には今回の キャッシュレス決済を巡っての争いは「Suica(スイカ)」と「PayPay」が本命だと考えています。 現在はかなり過当競争ですが、徐々に淘汰されていくでしょう。 その点を考えても「Suica(スイカ)」と「PayPay」は作っておいても良いと思いますね。 また、お店はせめてこの2つの決済はできるようにしておいてほしいところ・・・ これから始めるならPayPayとSuicaがおすすめ まだ、キャッシュレス決済をなにも使ってない方は、10月からのキャッシュレス・消費者還元事業に向けてとりあえずPayPayとSuicaだけでも用意しておきましょう。 PayPay 大規模なキャンペーンを繰り返し実施しているソフトバンク・ヤフー系列のPayPayはまずオススメです。 すでに利用者も1000万人を突破し、利用できる店舗もどんどん増えています。 こういう類のサービスははじめにシェアをとってしまったところが圧倒的に有利です。 その点PayPayはかなり今後も有利でしょう。 PayPayをこれから始める方はこちらからダウンロードをどうぞ Suica キャッシュレス決済の弱点であるというのが心配の方はチャージ式のSuicaがおすすめです。 Suicaは多くの駅でも利用できますから使える範囲はかなり広いです。 また、タッチだけで決済ができますので他よりも会計は格段に早いです。 ただし、チャージ式ですからちょっと面倒な部分もありますけどね お店が今からキャッシュレスを導入するならPayPayかAirペイがおすすめ まだ、キャッシュレス決済なにも導入していないお店の方はとりあえずPayPayかAirペイ(Suicaが使える)がおすすめですね。 PayPay PayPayは初期導入費無料、決済手数料無料、入金手数料無料です。 更に提携銀行利用の場合には売上が翌日入金となります。 ユーザー側から見てもアプリの使い勝手がかなり良いのがありがたいところ。 Airペイ テレビCMでおなじみのリクルートの「Airペイ」はクレジットカードから電子マネー、QR決済まで幅広く対応できるのが魅力ですね。 特に今回ご紹介したSuica(スイカ)が使えるのが嬉しいですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 フェイスブックページ、ツイッターはじめました。 「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです•

次の

JR東日本、Suicaで乗車するとポイント還元!モバイルSuicaなら還元率4倍

スイカ ポイント 還元

1.JRE POINTについて Suicaの利用でたまるポイントは「 JRE POINT」です。 ここでは、その概要を解説します。 (1)JRE POINTとは 「JRE POINT」はJR東日本が運営しているポイントプログラムです。 JRE POINTサイトに、自分が持っているクレジットカード(VIEW CARD、JRE CARDなど)やモバイルSuica、Suicaカードを登録すると、利用に応じてポイントが配布されます。 これまではお買い物や飲食店の利用時にJRE POINTポイントカードを提示したり、Suicaへのチャージ、きっぷの購入、ショッピングモールサイト「JRE MALL」からポイントを貯めることができました。 そして、2019年10月1日からは、 登録したSuicaを利用して鉄道を利用するだけで、利用金額に応じたポイントが貯まるサービスが開始されました。 今までは、鉄道利用でSuicaを利用してもポイントがたまりませんでしたので、「JRE POINT」はあまり注目されていませんでした。 しかし、10月1日からは鉄道利用でもポイントが貯まるようになったため、今後存在感を増していくことが予想されています。 (2)ポイントを獲得するには登録が必要 JRE POINTを貯めるには、「 JRE POINTサイトへの登録」に加え、「 自分の持っているSuicaをサイト内で登録」することが必要です。 Suicaを持っているだけではポイントを貯めることはできないので注意しましょう。 (3)ポイント還元率 詳細は後で述べますが、ポイント還元率は、モバイルSuicaと、通常のSuicaカードで異なり、次のようになっています。 モバイルSuica:50円ごとに1ポイント(2. Suicaカード:200円ごとに1ポイント(0. スマホを持っている人は、これを機会にモバイルSuicaを検討すると良いでしょう。 モバイルSuicaの登録方法は次の記事をご覧ください。 2.Suicaでポイント還元のための登録方法 Suicaでポイント還元を受けるためには、下記2つの登録が必要です。 JRE POINTサイトへの登録• 利用しているSuicaをサイト内で登録 まずは、「JRE POINT」の公式サイトにアクセスしてみましょう。 【外部サイト】 JRE POINTの公式サイトは、10月1日(火)22:15頃から23:30頃まで、アクセス集中で落ちていました。 現在でも繋がりにくい状況はありますが、アクセスはできるようになっています。 (1)JRE POINTサイト登録の流れ JRE POINTへの新規登録方法を説明していきます。 登録には、以下のいずれかが必要となります。 Suicaカード(無記名のSuica・記念Suicaを除く)• モバイルSuica• Suica付きビューカード• JRE POINTカード• Mizuho Suica 大まかな流れは、上記のどの登録方法を使う場合でも同じになります。 仮登録が完了すると、入力したメールアドレスにメールが届きます。 記載されているURLから本登録に進みましょう。 第2パスワードは使う機会も多いので、忘れないようにメモしておきましょう。 ここからは、登録するポイントサービスによって手順が異なります。 ここでは比較的使用者の多い、カードSuicaの場合を説明します。 その他のポイントサービスを使った登録方法や、パソコンから登録する場合については、以下のURLよりご確認ください。 【外部サイト】 (2)Suicaの登録の流れ 先ほども記述しましたが、JRE POINT サイトに登録しただけでは、ポイントはたまりません。 利用しているSuicaをサイト内で登録する必要があります。 Suicaの登録方法は以下の通りです。 ここでは、モバイルSuicaとカードSuicaを登録する場合を示しています。 ここまでの詳しい内容は以下のURLから全て確認できます。 【外部サイト】 3.鉄道利用でJRE POINTをためる 鉄道の利用で、一体どのようにしてポイントを貯めていくのでしょうか。 鉄道利用の範囲や還元率など詳しく見ていきます。 (1)JR東日本の在来線を利用する 2019年10月1日からスタートしたのがこの「JR東日本の在来線」を利用でのポイント獲得です。 こちらはJRE POINTサイトに登録したSuicaでJR東日本の鉄道を利用することでポイントがもらえます。 ポイントの対象となるのは、JR東日本の在来線を利用した際の1回当たりの利用額です。 還元率は• モバイルSuica:50円ごとに1ポイント( 2. Suicaカード:200円ごとに1ポイント( 0. 例えば、東京駅から津田沼駅まで乗車した場合、ICカードでの運賃は473円となります。 この場合、モバイルSuicaでは9ポイント、Suicaカードでは2ポイントが貯まります。 よくある質問を以下で示します。 JR東日本在来線と、私鉄を乗り継いだ場合は? -A. 乗車運賃のうち、JR東日本の利用分に対してポイントが付きます。 定期券区間の利用でもポイントは付く? -A. 付きません。 ただし、Suica定期券であっても定期区間外を利用した場合は、ポイントは付きます。 JR東日本以外のエリアでの利用や、他エリアにまたがっての利用にはポイントは付く? -A. 付きません。 (2)suicaグリーン券を買う JRE POINTサイトに登録したSuicaで「グリーン券」を購入することでもポイントが貯まります。 還元率は• モバイルSuica:50円ごとに1ポイント(2. Suicaカード:200円ごとに1ポイント(0. (3)モバイルSuica定期券を買う モバイルSuicaで利用できる定期券を購入した場合にもポイントが貯まります。 還元率は• モバイルSuica:50円ごとに1ポイント(2. (2019年10月1日以降に利用開始となる定期券が対象) 他社線の区間にもポイントが付くのはかなり嬉しいですね。 例えば、品川駅から横浜駅のモバイルSuica定期券(1ヶ月分)を購入した場合(8,560円)、モバイルSuicaでは171ポイント貯まります。 また、新宿駅から二子玉川駅(他社線)のモバイルSuica定期券(1ヶ月分)を購入した場合(12,470円)、モバイルSuicaでは249ポイント貯まります。 定期券購入は結構な金額を支払うことになるので、大量ポイントゲットのチャンスです。 ただし、ポイントが付くのは、モバイルSuica定期券を購入した時に限ります。 みどりの窓口や券売機での購入にはポイントは付かないので注意が必要です。 詳しくはこちらのサイトをご確認ください 【外部サイト】 (4)注意点 Suicaを使ってポイントを貯める時の注意点を挙げていきます。 GooglePay・ApplePayはモバイルSuica 最近では、GooglePayやApplePayといった決済サービスが人気を集めています。 アプリ内にSuicaを登録して使うことができる便利なサービスですが、これらに関しては、モバイルSuicaとして、JRE POINTサイトへの登録を行うことになります。 モバイルSuicaならポイント還元率も高いのでおすすめです。 ポイントの付与時期 ポイント付与時期は、 乗車日の翌月下旬以降、前月1ヶ月分の乗車ポイントがまとめて付与されます。 モバイルSuica定期券の場合は、 利用開始日の翌月下旬以降に前月1ヶ月分の乗車ポイントがまとめて付与されます。 ポイントの使用期限 JRE POINTの有効期限は、最後にポイントを獲得・利用した日から2年後の月末までとなります。 継続的にSuicaを利用してポイントを獲得していれば、突然ポイントが無くなるといったケースはありません。 ただし、期間限定ポイントは、失効してしまうので注意が必要です。 会社の経費で購入して得たポイントは? 通勤用の定期券や出張・営業などで決済をした場合、これらは会社の経費となります。 これらの支払いで貯めたJRE POINTについてはどのような扱いになるのでしょうか? 基本的には会社経費で得たポイントの所有権は会社に帰属することになります。 厳密な取り扱いを定めている会社もありますし、曖昧な会社もありますが、基本的には「会社のもの」と考え、私的に利用する際には会社に確認をしておく必要があります。 (5)キャンペーン JRE POINTのプロモーション活動の一環としてキャンペーンが実施されています。 2019年9月3日から2019年12月31日までの期間中、 JRE POINTサイトに初めてSuicaを登録した人に対して、100ポイントがプレゼントされます。 まだ、登録していない人はぜひキャンペーン期間中に行なってください。 4.JRE POINTを使う ポイントプログラムで重要なのは「貯めたポイントをどう使うか」です。 いくら還元率が良くても使い道が漠然としているのでは意味がありません。 ここではJRE POINTの使い道を紹介していきます。 (1)Suicaにチャージする 貯まったポイントをSuicaにチャージして、1ポイント=1円として利用することもできます。 貯まったポイントをチャージするには、 JRE POINTサイトで申し込んだ後、受け取り手続きをする必要があります。 Suicaチャージの申し込み方法 JRE POINTサイトにログインしチャージを申し込みます。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 【外部サイト】 Suicaチャージの受け取り方法 登録したSuicaによって受け取り方法は異なります。 受け取り期限があるので注意が必要です。 ・モバイルSuicaで受け取る場合(モバイルSuica・Apple PayのSuica) 【外部サイト】 ・自動券売機で受け取る場合(カードSuica・Suica付きビューカード) 【外部サイト】 (2)駅ビルで使う 「atre」や「GRANDUO」といったJRE POINTに加盟している駅ビルやお店などでの支払いに貯めたポイントを使うことができます。 使えるお店は以下から確認できます。 【外部サイト】 また、駅ビルで使えるのはJRE POINT カード、および、JRE POINT カード機能が搭載されたビューカードに限ります。 (3)Suicaグリーン券に交換する 都内近郊エリアの普通列車グリーン車の切符と交換することができます。 詳しいエリアはこちらから確認できます。 【外部サイト】 (4)ショッピングモールサイトで使う JRE POINTサイトが運営しているショッピングモールサイト「JRE MALL」でのお買い物で使うことができます。 【外部サイト】 (5)商品交換に使う JRE POINTサイト内での商品と交換することができます。 商品券やマイル、クーポン、その他グッズなどのラインナップがあります。 【外部サイト】.

次の