パンとスープとネコ日和 ロケ地。 小林聡美「頑張り過ぎないように」自然体で演じる『パンとスープとネコ日和』 (1) 闇雲にお芝居だけするのが好きなら一人芝居でもいい

小林聡美「頑張り過ぎないように」自然体で演じる『パンとスープとネコ日和』 (1) 闇雲にお芝居だけするのが好きなら一人芝居でもいい

パンとスープとネコ日和 ロケ地

WOWOWドラマ「パンとスープとネコ日和」 見逃がしていて、月曜日からの再放送も第1話、予約し忘れ。 2話から見た。 このロケ地が実家の比較的近所だから、どうしても見たかった。 ・・・忘れてたクセに。 ロケで使った主人公のお店の外観は、OLU OLU (オルオル)。 世田谷線・松陰神社前駅のすぐ近く。 店内もそうかな? 自分はベーグル苦手で、入ったことないから分からない。 話は予想してた通りな雰囲気。 小林聡美は裏切らない。 もっともっとネコのタロちゃん出して欲しい。 可愛いなぁ~~。 それにしても、良く知ってる場所が出てくるのが、こんなに楽しいなんて。 野菜生活のCMに「ニコラス精養堂」が出てきた時も、そうだった。 あの辺りは新しいお店もたくさんできてるようだけど、 Sudoでパン買うか、おがわ屋で練り物買うくらい。 ココのおでん種は最高。 他では買えなくなる。 おでん食べたい。。。

次の

連続ドラマW パンとスープとネコ日和 あらすじ 第1話〜最終回

パンとスープとネコ日和 ロケ地

登場人物 [ ] アキコ 入社以来編集一筋でやってきたが、突如経理部への異動を打診されたことと、母が急死したことをきっかけに、勤めていた出版社を退職。 母が営んでいた食堂を改装し、サンドイッチとスープがメインの店を開店する。 たろちゃん アキコが拾ったネコ。 カヨコ アキコの母。 大盛りのメニューで学生からも人気のあった「お食事処 カヨ」を営んでいた。 テレビドラマ [ ] パンとスープとネコ日和 ジャンル 原作 脚本 カーゴパンツ 監督 出演者 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 日曜日 22:00 - 22:54 放送枠 ドラマW 放送分 54分 回数 4 からまで、「」枠で放送された。 主演は、監督は。 小林が主演した『』『』『』や、松本が監督を務めた『』や『』とキャスト・スタッフが共通している。 また、『かもめ食堂』と同じくがフードスタイリストを務めている。 にブルーレイとDVDが発売された。 キャスト [ ]• アキコ -• しまちゃん(アキコの店の店員) -• たろ(アキコに拾われた猫) - のぶりん• ヤマダ(生花店の店主) -• スダ(駄菓子屋の主人) -• ママ(「喫茶ハッピー」のママ) -• ユキ(「喫茶ハッピー」の店員) -• 川野 -• キクチ(アキコの元部下) -• カヨコ(アキコの母) -• 山口先生(料理学校の理事長) -• ミサト(店の客) -• タナカ(カヨコの旧友、アキコの父親について話す) -• フクサコ(住職) -• 小さな女の子 -• 面接の主婦 -• 面接の主婦 -• 面接の男性 -• オジさん風の客 -• 若い母親 -• 鉢植えの女性 -• ともちゃん -• 居酒屋の店主夫妻 - ・• バーの店主 -• バーテンダー -• スタッフ [ ]• 原作 - 『パンとスープとネコ日和』(ハルキ文庫)• 監督 - 松本佳奈• 脚本 - カーゴパンツ• 音楽 -• 主題歌 - 「パンとスープとネコ日和」• エンディングテーマ - 大貫妙子 「この空の下で」(第4話)• フードスタイリスト -• 撮影 - 谷峰登• 照明 - 斉藤徹• 録音 - 古谷正志• 美術 - 松下祐三子• 装飾 - 西尾共未• 編集 -• 企画 - 高野いちこ• プロデューサー - 高嶋知美、小室秀一、前川えんま• 製作著作 - WOWOW 脚注 [ ].

次の

[B!] パンとスープとネコ日和 ロケ地情報

パンとスープとネコ日和 ロケ地

ページ内目次• パンとスープとネコ日和ロケ地・撮影場所 小林聡美さん主演WOWOWドラマ『パンとスープとネコ日和』のロケ地は、東京都世田谷区を中心に行われました。 2013年7月8月にかけて日曜日22:00からWOWOWで放映されていたドラマになりますが、リアルタイムではなくアマゾンプライムにて視聴しました。 エキストラの協力もあり撮影が行われたようです。 今晩10時からのwowow連続ドラマ『パンとスープとネコ日和』第4話。 エキストラのお手伝いをしました。 お客さんとしてサンドイッチを食べてます。 普通に観てると気がつかないと思うけど、注意深く観ていれば見つけられるかも?です。 'OLU'OLUはドーナツとベーグルのお店で現在も営業されています。 看板無し、メニュー無しで地元の方の知る人ぞ知るお店だったようです。 贋作インドカリーマシバシイネツルカモは、名前の通りインド料理屋さんですが、現在は閉店されているとのことです。 鈴木花店は創業60年の歴史ある花屋さんで、現在も営業されています。 ドラマの雰囲気そのままに現在も営業されています。 この時点ではアキコは務めていた出版社を辞める気はなかったので、かよのお店(お食事処かよ)の代わりに入ってくれるテナントを探していたのかもしれません。 エントランスでのシーンがありましたが、暗かったので早朝、もしくは夜間に撮影されたものだと思います。 ドラマでも刺身やてんぷらなどが出されていました。 世田谷区スポーツプラザで、しまちゃんがアキコに昔からのおやつ『頭脳パン』なるものをおすそ分けしています。 しまちゃんは親から『頭がよくなる成分が入っている』と教えられていましたが、『頭脳パン』の由来は『頭脳粉』を使用して作られたパンのことで頭が良くなるという正式な発表はありません。 アキコとしまちゃんが食事をしていたお店はベルベット 東京都世田谷区代沢5-19-14メゾン渡辺1F 3話でアキコとしまちゃんがワインを飲んでいるシーンは、世田谷区のバー『ベルベット』で撮影されました。 喫茶店ハッピーのママの話しやしまちゃんのおばあちゃんの話しをして、終始雰囲気が良かったです。 フクサコを探しに行った際に利用した駅は西武多摩川線是政駅 アキコが自分の弟かもしれないフクサコを探しに利用した駅が東京都府中市是政五丁目にある西部多摩川線の是政駅(これまさえき)です。 ドラマの設定では、アキコのお店から電車で1時間の所の駅という設定でした。 フクサコがいる寺は大慈山円照寺 東京都稲城市大丸851 アキコの弟の可能性があるフクサコが住職をしているお寺は稲城市の大慈山円照寺でした。 アキコが利用した駅も円照寺には近いですが、円照寺の本当の最寄りの駅は東京都稲城市大丸にあるJR南多摩駅です。 この時に流れていた曲は大貫妙子さんの『この空の下で』です。 まとめ 私は『パンとスープとネコ日和』を2019年の1月に知って初めて見たわけですが、もっと早く出会いたかったと思わせてくれるドラマでした。 おそらくこの先も何度も見ると思います。 以前に、ツイッターで『パンとスープとネコ日和』の感想記事を書いたとつぶやいた際にフォロワーさんのに『かもめ食堂』という作品も紹介してもらったので、今度見てみようと思っています。 なお、『パンとスープとネコ日和』の感想記事は別ページになりますので、そちらのページをご覧ください。

次の