ロキソプロフェン。 困っています。痛風の痛み止めについてロキソプロフェン以外で他に効...

医療用医薬品 : ロキソプロフェンNa

ロキソプロフェン

ロキソニンとは〜病院・薬局の医療用からOTC 市販 へ ロキソニンは 炎症や痛みをしずめる主成分「ロキソプロフェンナトリウム」が含まれた医薬品で、第一三共で発売された後にジェネリック(後発医薬品)がいくつも販売されています。 もともと医療用のみで使われていたロキソニンですが、2011年にロキソニンSが発売されて以降、市販で手に入るようになりました。 現在ではロキソニン=ロキソニンSとなり、他にもロキソプロフェン、ロキソプロフェンNa錠60mg、ロキソマリンなどが続々と発売さていますが、有効成分に違いはありません。 値段は先発医薬品のロキソニンSよりもロキソプロフェンなどのジェネリック(後発医薬品)の方が安いので、お財布にやさしいのは市販 OTC のロキソプロフェンですね。 医療用・調剤薬局ロキソニン処方箋の用法・用量では、市販ロキソニンは1日2回に対し、1日3回と多くなることもあります。 もちろん1日2錠より3錠の方が効き目が強いことが予想されますが、個人差もあるので、もしロキソニンの使用量を増やしたいと思う時にはまず受診してみてくださいね。 ロキソニンSとロキソニンSプラスの違いはこの胃を守る成分が含まれているかどうかの違いです。 もし 「胃が弱い」「ロキソニンで胃が荒れた経験がある」場合はロキソニンSプラスの方が良いでしょう。 ロキソニンSとロキソニンSプレミアムの違い ロキソニンSプレミアムは炎症や痛みをしずめる成分(ロキソプロフェンナトリウム水和物)に加え、 ・痛みをおさえる効果を高める成分(アリルイソプロピルアセチル尿素) ・痛みをおさえる効果を助ける成分(無水カフェイン) が含まれています。 そのため、 ロキソニンSプレミアムはロキソニンSや市販ロキソプロフェンよりも痛みをおさえる効果が強いと期待できます。 また、 ロキソニンSプラスと同じように胃の粘膜を守る成分(メタケイ酸アルミン酸マグネシウム)が含まれているので、安心して使える医薬品です。 ロキソニンテープ・パップ・ゲル・錠剤の違い ロキソニンは錠剤だけでなく、テープ、パップ、ゲルも販売されていますが、錠剤と異なりテープやパップ、ゲルは局所的に、痛いところをピンポイントで狙って使うことができます。 ロキソニンテープはパップよりもはがれにくく、また皮膚からの吸収率が良い傾向があり、強い効き目をのぞんでいるならば、テープの方が良いでしょう。 ただし、 皮膚がかぶれやすい人はロキソニンSパップの方が良いでしょう。 炎症や痛みをしずめる成分(ロキソプロフェンナトリウム水和物)の吸収はロキソニンテープよりも劣りますが、肌にはやさしいです。 もしもロキソニンSパップでもかぶれる場合には、ロキソニンSゲルの方が良いでしょう。 ロキソニンSテープとロキソニンSゲルでは、ロキソプロフェンナトリウム水和物の分量はさほど変わらないため、水や汗で洗い流してしまわない限り、テープと同じくらいの効き目を期待できます。

次の

ロキソプロフェンNaゲル1%「NP」

ロキソプロフェン

【2020年】ロキソニンとイブは何が違って何が同じ?効き目の強さや副作用について説明 市販で誰でも簡単に買うことのできるロキソニンとイブ。 飲んでいる方も多いのではないでしょうか。 どちらも指名買いされる方がとても多い人気の解熱鎮痛薬です。 多くの方が飲まれているお薬ではあるのですが、この2つの違いを理解して服用されている方は少ないように思います。 近頃ではロキソニンもイブもどんどん新しいシリーズを出しています。 そのため、どのお薬がどんな特徴を持っているのか分かりづらくなっているのが現状です。 ここでは現段階で発売されているロキソニンやイブの特徴、効果や副作用の違いなどをご説明しています。 ロキソニンとイブの違いを理解することで自分に合う鎮痛薬を選べるようになりますよ。 1.ロキソニンSとイブの主成分について どちらの鎮痛薬も薬局で買えるお薬の中ではとても高いシェアを誇っています。 「安いから」「CMをよくやっているから」「よく見かけるお薬だから」そんな理由で選ばれている方もいるかもしれません。 ロキソニンとイブを1箱ずつ買われていく方もいらっしゃいます。 この2つの鎮痛薬の違いをあなたはご存知ですか?まずは入っている主成分から確認してみましょう。 1-1. ロキソニンの成分 市販で売られているロキソニンは「ロキソニンS」という名前です。 ロキソニンSには「ロキソプロフェンナトリウム」という成分が入っています。 病院だと「ロキソニン」という名前で処方されます。 もともとは病院でしか貰えないお薬でしたが、2011年にスイッチOTC化されたため、市販でも購入が可能となりました。 ロキソニンSもロキソニンも1錠あたりの主成分の配合量は同じ60mgです。 つまり痛み止めの効果としては病院のものも市販のものも変わらないと言えます。 1-2. イブの成分 イブの主成分は「イブプロフェン」です。 医療用では「ブルフェン」という名前で処方されます。 処方頻度はロキソニンほど高くはありません。 ところで、ロキソニンSもイブも主成分の語尾が「~プロフェン」となっているのに気付いた方はいらっしゃいますでしょうか。 どちらも主成分の名前がとても似ていますね。 鎮痛薬は構造によっていくつかの仲間に分類されているのですが、ロキソニンとイブはどちらもプロピオン酸系という同じ仲間に分類されるお薬です。 だから名前が似ているんですね。 2.ロキソニンとイブにはどんな種類があるの? 一昔前まではロキソニンもイブも今ほどは種類が多くありませんでした。 ここ数年で一気に品数が増えたのです。 現時点ではロキソニンが3種類、イブに至っては5種類も発売されています。 消費者のさまざまなニーズに応えると同時に、どれを選んだら良いのか分からないといった戸惑いを増やしてしまった、と言っても過言ではないでしょう。 2-1. ロキソニンの種類 現在、薬局で買えるロキソニンには「ロキソニンS」「ロキソニンSプラス」「ロキソニンSプレミアム」の3種類があります。 名前を見ただけでは正直、違いが分かりません。 ・ロキソニンS ロキソニンのシリーズの中でも1番最初に発売されたものです。 「最もベーシックなもの」と思っていただけたらOKです。 配合成分はロキソプロフェンナトリウムのみです。 ・ロキソニンSプラス ロキソニンSに胃に優しい成分をプラスしたのがこのロキソニンSプラスです。 主成分のロキソプロフェンナトリウムに加えて、胃酸を中和する酸化マグネシウムが配合されています。 ・ロキソニンSプレミアム 主成分に加えてロキソプロフェンナトリウムの働きを助けて鎮痛効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェイン、胃の粘膜を保護するメタケイ酸アルミン酸マグネシウムが配合されています。 シリーズの中で最も効き目が強いもの、と思ってもらえると良いです。 他の2つと違い、眠気が出ることがあります。 2-2. イブの種類 イブには5つもの種類があります。 「イブA」「イブA EX」「イブクイック頭痛薬」「イブクイック頭痛薬DX」「イブメルト」の5種類です。 ・イブA 最もノーマルなイブがこのイブAです。 イブのシリーズのベースになるとお考えください。 イブのシリーズの中でも特に人気のものです。 主成分のイブプロフェン(150mg)の他に、イブプロフェンの働きを助けるアリルイソプロピルアセチル尿素や無水カフェインが配合されています。 ・イブA EX 配合されている成分の種類はイブAとまったく同じです。 違いは1回あたりのイブプロフェンの配合量にあります。 イブAには150mgしか配合されていませんが、イブA EXには200mgも配合されています。 配合量が多い=解熱鎮痛効果も高いということになります。 ・イブクイック頭痛薬 イブAにプラスして酸化マグネシウムが加わったのがこのイブクイック頭痛薬です。 酸化マグネシウムがプラスされることでイブプロフェンの吸収が速くなります。 つまりイブAよりも即効性があるということ。 「頭痛薬」と商品名についていますが一般的な鎮痛薬と同様に頭痛以外の歯痛や生理痛などにも普通に使えます。 ・イブクイック頭痛薬DX 先ほど紹介したイブクイック頭痛薬に「DX」が付きましたね。 イブクイック頭痛薬とイブクイック頭痛薬DXの違いは主成分であるイブプロフェンの量です。 イブクイック頭痛薬には150mg、イブクイック頭痛薬DXには200mg配合されています。 つまりイブクイック頭痛薬のイブクイック頭痛薬の効き目をさらに高めたものがイブクイック頭痛薬DXです。 ・イブメルト イブシリーズの中でも最も新しいものですね。 「メルト」と名前についている通り、口の中ですぐに溶ける性質を持っているため、水なしでの服用が可能です。 成分はイブプロフェン200mgのみです。 イブのシリーズの中で唯一眠気が出ないものですので使い勝手が良いですね。 3.ロキソニンとイブの効果・副作用の違い 薬局でよく聞かれるのが「ロキソニンとイブはどちらが強いんですか?」というもの。 また、この質問と同じくらい高頻度で聞かれるのが「どちらが体に優しいですか?」という質問。 この2つについてお答えしていきます。 3-1. 効果が高いのはロキソニンとイブのどっち? ロキソニンとイブはどちらの強さが上ですかという質問ですね。 効き目の強さは一般にロキソニン>イブです。 ロキソニンは市販で買える鎮痛薬の中で最も効き目が高いものという位置づけです。 そのため、ロキソニンの方が強いと認識してもらえれば良いかと思います。 ただし人によってはイブプロフェンの方が効きやすいという方もいます。 今ではイブクイック頭痛薬DXのようにイブプロフェンを最大濃度(200mg)配合した商品が増えてきているのもあり、一概にロキソニンの方が強いですよとは言いにくい状況です。 基本的にはロキソニンの方が強さは上、ただし人によってはイブの方が効く方もいらっしゃいます、というのがこの質問の答えとなります。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 胃に優しいのはロキソニンとイブどっち? 痛み止めは胃に負担がかかりやすいというのはご存知の方が多いですね。 ロキソニンの方が基本的に効き目が強いことから、ロキソニンはイブよりも胃に負担がかかると思われている方が多いかもしれません。 しかし、実は胃への負担はどちらも同程度。 副作用の頻度を主成分であるロキソプロフェンナトリウムとイブプロフェンとで比較しても有意差は見られませんでした。 ロキソプロフェンナトリウムの副作用の発現頻度がイブプロフェンとほとんど変わらなかったことからロキソニンを第一類医薬品から第二類医薬品に変更しようとする動きがあったほどです。 どちらも胃への負担は変わらないのですが、どうしても胃が弱いから少しでも胃に優しいお薬が欲しいという場合はロキソニンSプラスやロキソニンSプレミアムのように胃を守る成分が入っているものを選ぶと良いでしょう。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 眠くならないのはロキソニンとイブどっち? 仕事中や勉強中に頭が痛くなって痛み止めを飲む場合、眠気が出やすいお薬はできるだけ避けたいものです。 市販の痛み止めは眠くなりやすいというイメージをお持ちの方が多いですが、もちろん眠気が出ないものもあります。 今回紹介した3種類のロキソニンと5種類のイブの中で眠くなる成分が入っていないのは「ロキソニンS」「ロキソニンSプラス」「イブメルト」の3つです。 ロキソプロフェンナトリウムやイブプロフェンの働きを高める目的で配合されている「アリルイソプロピルアセチル尿素」が眠気を催す原因物質なので、これが入っていないものを選べば良いのです。 もしかしたらこの記事をご覧の方の中に「ロキソニンS」を飲んでも眠くなったよという方がいるかもしれません。 ごくまれにですがロキソプロフェンナトリウムの成分によって眠気が出てしまう方もいます。 ほとんどの方は眠気を感じることなく服用できますが体質によって眠気が出る場合もあります。 ただし、そのような方は多くはいらっしゃらないのでアリルイソプロピルアセチル尿素が入っていない「ロキソニンS」「ロキソニンSプラス」「イブメルト」の3つが眠くならない痛み止めだと覚えておくと良いでしょう。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 4.市販の痛み止めを飲んでも効かない場合の対処法 市販の痛み止めを飲んでも痛みが消えない、そんなときはどうするべきなのでしょうか。 痛みにどうしても耐えられなくなった頃合いでやっと鎮痛薬を飲むという使い方をしていると思ったように痛みが引かない場合があります。 痛みが強くなってからではなかなか引かないのです。 痛み止めの効果をしっかり発揮するためには、なるべく痛みが出だした初期の段階で飲むようにしましょう。 頭痛の緩和のために痛み止めを飲む方も多いのですがたまに「痛み止めを飲んでもまったく頭痛が治まらない」という方がおられます。 頭痛の種類によっては市販で手に入る普通の痛み止めでは効果がなかなか出ないこともあるのです。 あまりに痛みが引かないのでロキソニンとイブを同時に飲んだなんて方も過去におられました。 痛み止め同士の併用はNGです。 痛み止めを飲んでもあまり効かないと言われる方の多くが「偏頭痛」に使われています。 偏頭痛はちょっと特殊な頭痛で血管が拡張することによって痛みが発生するものです。 病院にいくと血管の拡張を防ぐ偏頭痛専用のお薬を貰えますので、市販薬が効かなかった方は病院で一度診てもらうことをおすすめします。 5.まとめ ロキソニンもイブも認知度が高く、手に取られる方が非常に多いお薬です。 しかし、昨今のラインアップの増加により効果や副作用の違いが分かりづらくなってきています。 基本的に効き目が強いのはロキソニン、胃の負担はどちらも同程度です。 体質によってロキソニンが効く人、イブが効く人といますのでご自分にあった痛み止めを服用すると良いですね。 もしも痛み止めを飲んでも痛みが引かなかった場合は病院の受診をしましょう。 病院にしかない専用のお薬というのもありますのでくれぐれも痛みを我慢しすぎないように気をつけてください。

次の

困っています。痛風の痛み止めについてロキソプロフェン以外で他に効...

ロキソプロフェン

ロキソプロフェンは市販でも購入可能 医薬品は医療用医薬品・要指導医薬品・一般用医薬品に分類されており、要指導医薬品と一般用医薬品は患者さん自身で薬局で購入することができます。 ロキソプロフェンは一般用医薬品のうち第一類医薬品となっており、薬剤師の説明がないと購入できません。 いろんな製薬メーカーから商品が出ていますが、主なものをピックアップしてみました。 メーカーにより宣伝費や包装費に差があり、それが商品の価格に反映していることがあります。 薬局で購入の際に確認するのもいいでしょう。 ロキソニンS (第一三共) ロキソプロフェン錠「クニヒロ」(皇漢堂) ロキソプロフェン「GX」(奥田製薬) 1-1. ロキソプロフェンの効果 どんな方に適している? ロキソプロフェンの効能効果には以下のようなものがあります。 頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・関節痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・月経痛・悪寒・発熱時の解熱 多くの適応がありますが、服用するにあたって気をつけることがあります。 まずは 15歳以上の方であること。 添付文書では15歳以上が成人とされており、 ロキソプロフェンの添付文書ではそれ以下の年齢(小児)への適応の記載はありません。 保護者の中には「半分にして飲ませてもいいですか?」と相談に来られる方もいらっしゃるのですが、もしも何か副作用が起こったときに、こういうケースでは医薬品副作用救済制度による給付を受けられなくなってしまいます。 次に妊娠中の方なら、後期(出産予定12週以内)以前の方であること。 これ以降は胎児への影響や分娩遅延の報告がありますので、NGです。 かかりつけの主治医に確認するようにしましょう。 また、アレルギーの有無について問題のない方であること。 NSAIDSを服用した時に 、非常に強い喘息発作が起きる方がいます。 (アスピリン喘息といいます)詳しいメカニズムはわかっていませんが、解熱鎮痛剤全般に過敏体質の方に発症すると考えられています。 過去に他のNSAIDSを使用したことがあれば、問題なかったかをチェックしてみましょう。 1-2. 効果が現れる時間と持続時間 痛みや発熱で辛いときに、薬を飲んですぐに効いてくれればありがたいですね。 実際のところロキソプロフェンは、飲んでから15分~30分で効果がで始めます。 2時間(約70分)です。 そこからさらに1. つまり、飲んでから2時間半ほどで、身体の中の量は4分の1になるということですね。 えっ!?なんかすぐに効き目がなくなるんじゃない?と思うかも知れませんが、ここ、ポイントです。 半減期が長いほど、いつまでも薬が身体の中に存在していることになります。 その状態で薬は飲み続けると、どんどん溜まっていきやすくなります(蓄積性といいます)。 すると副作用が出やすくなったり、効き目が強く出すぎてしまうことがあるのですね。 ロキソプロフェンは蓄積性がないので、安全性が高い薬だといえるわけです。 (ただし肝障害や腎障害のある方は、また話が別です。 後述します。 ) 他の解熱鎮痛剤との違い・特徴としては以下のものがあります。 ・第一類医薬品(イブプロフェンやアスピリンなどの他のNSAIDSは第2類医薬品) ・プロドラッグ(副作用の胃腸障害を軽減) ・効果発現が早い(ちなみにイブプロフェンは効き始めるまで1. 5~2時間かかる) 1-3. 1日何回まで服用できる?間隔はどれぐらいあけるべき? まずは病院で処方されるロキソプロフェン(医療用医薬品)の添付文書を見てみましょう。 市販薬は短期(3~5日以内)の使用や頓服での使用を目的としていますので、上記のような違いがあります。 服用間隔は、1-2で述べたように2時間半ほどで体内の濃度は4分の1になりますから、理論的には5時間後には体内から排泄されてなくなっているわけですね。 ですから、5~6時間ほどあければ大丈夫だと考えればいいでしょう。 2.こんな痛みにはロキソプロフェンは効果がないので注意 痛みといってもその原因は様々で、 頭痛や生理痛、歯痛、胃腸炎による痛み・筋肉痛などたくさんありますが、ロキソプロフェンがそれらすべての痛みに効果があるわけではありません。 先に述べたように、ロキソプロフェンはプロスタグランジンの合成を防ぐことで効果を発揮します。 一般に 胃や腸の痛みというのは、粘膜が荒れた状態になって起こるか、消化管の筋肉が痙攣した状態になって起こります。 このいずれの痛みにも、プロスタグランジンの合成を阻害しても無意味ですから、ロキソプロフェンは効かないというわけです。 この場合は他の薬剤で対処することになります。 ちなみに頭痛や歯痛などは、プロスタグランジンが神経や筋肉(頭を覆う筋肉や歯肉など)に炎症を引き起こして生じます。 生理痛はいくつかある原因のうち、生理の時に子宮を収縮させるプロスタグランジンがたくさん作られることで起こります。 いずれもロキソプロフェンを飲むことで改善できます。 3.ロキソプロフェンの服用を続ける際の注意点 ロキソプロフェンに限らずNSAIDS全般に注意すべきことになりますが、 胃腸障害に注意することがまず挙げられます。 胃は胃酸から胃壁を守るために粘液を分泌していますが、それを促進してくれるのが プロスタグランジンです。 ロキソプロフェンを飲むと、プロスタグランジンを抑えてしまうことになりますから、胃の粘膜が荒れてしまうことになりますね。 ですから、服用する際は空腹時を避けて、不安であれば、胃薬(粘膜保護作用のもの)と一緒に飲むのがおすすめです。 その際には必ずコップ1杯の水で飲みましょう。 水無しで飲んだ場合、ロキソプロフェンが食道に引っかかってそこで溶け、食道潰瘍を起こすことがあります。 それから肝機能や腎機能が低下している人は、ロキソプロフェンを体外へ排出するのに時間がかかります。 ということは 効果が出すぎる=副作用が出やすくなるということですので、注意が必要です。 もう一つ、ロコアテープという外用剤との併用はできるだけ避けましょう。 基本的に、消炎鎮痛外用剤(つまりシップ薬です)とロキソプロフェンの併用は問題ないのですが、ロコアテープは1日に2枚貼ると、体内に薬を飲んだのと同じくらいの成分が吸収されるので、併用すると量的に過剰となります。 4.おわりに 急な痛みや発熱があり医療機関にかかれないときには、薬局で市販薬のロキソプロフェンを購入して対処することができます。 しかし、漫然と使用を続けることは当然好ましいことではなく、改善がみられなければ早めに受診することが大切です。 今回の解説をしっかりと活用して、適切な薬の使用を心がけましょう。

次の