養豚場 ミックス 伝承級。 ようとん場MIXの反響をチェック!アプリレビュー

p1

養豚場 ミックス 伝承級

大西洋の中央にアトランティスが描かれたアタナシウス・キルヒャーによる地図。 南が上のため、右側がアメリカ、左側がアフリカである。 強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたとされている。 中世ヨーロッパの知識人にとって、プラトンのアトランティスの記述は『ティマイオス』の一節に過ぎず、注目されなかった。 16-17世紀の西洋世界では、南北アメリカ大陸というキリスト教の世界観に収まらない新天地の発見により、その先住民の起源と大陸が生まれた経緯を説明するために、さまざまな理論が考案され、アトランティスもその説明に用いられた。 16世紀の学者にはアトランティス大陸の存在を疑う人もいたが、世間から尊敬を集める人々の多くは信じており、彼らが世間から怪しく思われることもなかった。 フランシス・ベーコンは、ユートピア小説『ニュー・アトランティス』(1601年、未完)でアメリカをアトランティスの残骸とする説を寓話として紹介し、広く普及させた。 ベーコンの寓話は当時の地理の知識に基づいても明らかな作り話だったが、あり得ること、本当のことと捉える人もおり、架空の物語が疑似歴史の分野で史実と捉えられるようになっていった。 アメリカ大. 393 関係: 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。 ちくま学芸文庫(ちくまがくげいぶんこ)は、筑摩書房による学術部門・文庫判レーベル。. 新しい!! なお、名称に「学会」とあり、さらに公式HPにもTHE ACADEMY OF OUTRAGEOUS BOOKSなどと表記しているが、学会やそれに類する学術団体ではない。 あくまで非アカデミックな私的団体である。. 新しい!! 新しい!! 2012年現在、世界で2番目世界一は、2012年6月24日に中国の潜水艇・ドラゴン級潜水艇「蛟竜号」が達成した、深度7,020m。 に深く潜れる、運用中の潜水調査船である。 「しんかい2000」の運用実績をもとに1989年に完成し、2002年11月には「しんかい2000」が運用休止となったため、日本で唯一の大深度有人潜水調査船となっている。. 新しい!! 全37巻。 地理学、天文学、動植物や鉱物などあらゆる知識に関して記述している。 数多くの先行書を参照しており、必ずしも本人が見聞、検証した事柄だけではない。 怪獣、巨人、狼人間などの非科学的な内容も多く含まれ、学問的な体系を完全に成しているわけではない。 古くから知られていたが、特にルネサンス期の15世紀に活版印刷で刊行されて以来、ヨーロッパの知識人たちに愛読され、引用されてきた。 科学史・技術史上の貴重な記述を含むほか、芸術作品についての記述は古代ローマ芸術についての資料として美術史上も珍重された。 また、幻想文学にも影響を与えた。. 新しい!! 本名の森 優(もり ゆう)名義での著作もある。 『SFマガジン』編集前記に使用した「M・M」という頭文字は、本名の「ゆう」を「まさる」に読み替えて筆名としたものである。 他のペンネームに大山優、森勇軒、森勇謙。. 新しい!! 南半球の南極地方にあり、南氷洋に囲まれた南極圏に位置する。 5番目に大きな大陸であり約1400万km2の面積は、オーストラリア大陸のほぼ2倍に相当する。 00325kmに及ぶ。 南極大陸は、平均気温が最も低く、乾燥し、強風に晒され、また平均海抜も最も高い大陸である。 年間降水量が海岸部分で200mm、内陸ではさらに少ない砂漠と考えられる。 南極大陸で観測された最低気温は、2010年8月10日に記録した-93. 2である。 この気温では人間が定住することは難しいが、約1000-5000人が大陸中に点在する研究所に年間を通して滞在している。 自然状態では、寒冷な環境に適応可能な生物のみが生存し、多くの藻類、ダニ・線虫やペンギン・鰭脚類・節足動物などの動物類、バクテリア、菌類、植物および原生生物が繁殖している。 植生はツンドラである。 かつて、「南の地」を意味するメガラニカ Terra Australis という大陸が空想されていた南極域に、公式に大陸が存在する事が確認されたのは1820年にロシアの探検家ファビアン・ゴットリープ・フォン・ベリングスハウゼンとがボストーク号 en とミールヌイ号 en で行った遠征に端を発する。 しかし、厳しい自然環境や、当時は資源が見つからなかった事、そして孤立的な地理条件から、19世紀中はほとんど歯牙にかけられなかった。 1959年、12ヶ国の批准で始まった南極条約は、その後加盟国が49にまで増えた。 条約は、軍事的活動や鉱物採掘、核爆発や核廃棄物の発生、各国家による領域主権の主張を禁止し、科学的研究の支援と生物地理区としての保護を定めた。 多くの国から派遣された科学者たちが、研究や実験を行っている。. 新しい!! 261-)。 言葉自体は、1950年代のアメリカ合衆国で登場したとされ、その後リチャード・ホフスタッターが1963年に『』で示したものが知られる。 一般には「データやエビデンスよりも肉体感覚やプリミティブな感情を基準に物事を判断すること(人)」を指す言葉として思われているが、実際にはもっと多義的な観点を含む 日経ビジネスONLINE 2015年4月24日。 また、その言葉のイメージから、単なる衆愚批判における文脈上の用語と取られることも多いが、必ずしもネガティブな言葉ではなく、ホフスタッターは健全な民主主義における「必要な要素としての一面」も論じている。 むしろ、知的権威・エリート側の問題を考えるために、反知性主義に立脚した視点も重要だとも説く(ホフスタッター p. 343-)。 知性と権力が結びつくことへの、大衆の反感が反知性主義の原動力にあり、反知性主義が否定するのは「知性」自体ではなく「知性主義」、すなわち「反・知性」の主義思想ではなく、「反・知性主義」の主義思想なのである NHK ONLINE 2016年12月10日閲覧。. 新しい!! 具体的にどの時期を指すかについては様々な説が存在するが、この項においては紀元前3000年頃に始まった第1王朝から紀元前30年にプトレマイオス朝が共和制ローマによって滅ぼされるまでの時代を扱う。. 新しい!! 新しい!! 古代ギリシアの、アルカイック期(紀元前8世紀 - 前6世紀)、古典期(前6世紀 - 前4世紀)、ヘレニズム期(前4世紀 - 後6世紀)の3つの時代に跨がっており、様々な方言が存在し、古典ギリシア語もその一つである。. 新しい!! 歴史家が歴史を研究・記述する際に用いるあらゆるものが史料である(紙の代わりに古くは木簡・竹簡、粘土板、石板などにも書かれたが、これらは伝世品であれば「文献」と言い、出土品なら遺物と言いわけるのが一般的である)。. 新しい!! 現在は埼玉大学非常勤講師。 専門は宗教学。 博士(文学)。. 新しい!! なお、大西洋は、南大西洋と北大西洋とに分けて考えることもある。 おおまかに言うと、南大西洋はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分裂によって誕生した海洋であり、北大西洋は北アメリカ大陸とユーラシア大陸の分裂によって誕生した海洋である。 これらの大陸の分裂は、ほぼ同時期に発生したと考えられており、したがって南大西洋と北大西洋もほぼ同時期に誕生したとされる。. 新しい!! 様々な考え方を反映するために一部が統合または分割される。 例として、ヨーロッパとアジアを合わせてユーラシアとして表した赤系統部分、南北アメリカを一つの大陸と考える緑系統部分がある。 ダイマクション地図では、少ないひずみで各大陸の形状が表現できる。 大陸(たいりく、)とは、地球の地殻上に存在する陸塊である。 一般的にはユーラシア大陸・アフリカ大陸・北アメリカ大陸・南アメリカ大陸・オーストラリア大陸・南極大陸の6つの陸上部分を指すが、これは相対的な判断によるもので厳格な基準は設けられていない "Most people recognize seven continents—Asia, Africa, North America, South America, Antarctica, Europe, and Australia, from largest to smallest—although sometimes Europe and Asia are considered a single continent, Eurasia. 衝突や分裂など大陸の動きは、かつては大陸移動説として説明されたプレートテクトニクスで理論化され、地質学の研究課題となっている。. 新しい!! 大陸漂移説(たいりくひょういせつ)ともいう。 発想自体は古くからあり様々な人物が述べているが、一般にはドイツの気象学者アルフレート・ヴェーゲナーが1912年に提唱した説を指す。 ウェーゲナーの大陸移動説は発表後長く受容されなかったが、現在はプレートテクトニクス理論の帰結のひとつとして実証され受け入れられている。. 新しい!! 大洪水(洪水神話、洪水伝説)は、世界の諸神話に共通して見られるテーマであり、聖書(旧約聖書)『創世記』のノアやノアの方舟、インド神話、ヒンドゥー教のプラーナのマツヤ、ギリシャ神話のデウカリオーン、および『ギルガメシュ叙事詩』のの物語は、よく知られた神話である。 過去現在の世界の文化のうち大部分が、古い文明を壊滅させる「大洪水」物語を有している。. 新しい!! 24-26、I 物理学から見た海 海洋と海とはどう違うのか・独立海(どくりつかい)丸川 1932 、pp. 26-29、第二章 海洋の形態 第一節 海洋の分類は、水圏の大部分を占める、それぞれが接続した地球上の海の主要領域。 一般には例えば丸川 1932 、pp. 27-29では、北極海は面積の小ささから地中海と同じく大陸間にある間洋の一種に分類し、宇田 1969 、p. 3では太平洋・大西洋・インド洋の三大洋としている。 北極海・太平洋・大西洋・インド洋・南氷洋の5つに区分される。 これらの大洋はそれぞれ固有の海流を持ち、また潮汐を発生させる元ともなる。 大洋以外の海は副洋 独: Nebenmeere または附属海と呼ばれ、地中海のように大陸の間にある狭い面積の海や紅海のような大陸内部に存在する海、また日本海のように大陸の沿うものまたは北海のような大陸から直角に伸びる海などが当たる。 英語 ocean の語源はギリシア語の, "okeanos" オーケアノスである。 全大洋面積の過半が深さ4267m程の水深にある。 大洋の平均塩分濃度は3. 0-3. 科学者による推計では、23万の海洋種が知られており、さらにその10倍の種が存在する可能性がある。 大洋は生物圏に重要な役割を果たす。 Chapter 34: The Biosphere: An Introduction to Earth's Diverse Environment. 新しい!! 天体観測は肉眼で夜空を見上げることから始まり、双眼鏡や小さな望遠鏡を使って趣味的に行う観測から、天文台において大望遠鏡および特殊な観測機器を用いた観測まで幅広く行われる。 観測は主に地球上から行われるほか、人工衛星の軌道上からも行われる。 主たる観測対象は星座や恒星、流星、火星や金星などの惑星、あるいは月の満ち欠け、星の動きなど。 天文学は天体観測から始まり、天体現象の物理学的探求はデータ解析や仮説検証などによって行われる。. 新しい!! 天地創造(てんちそうぞう)とは、厳密にはユダヤ教のヘブライ語聖書、キリスト教の旧約聖書『創世記』における世界の創造のことを指す。 宗教絵画などでよく題材となる。. 新しい!! 新しい!! 大西洋やインド洋とともに、三大洋の1つに数えられる。 日本列島も太平洋の周縁部に位置する。 面積は約1億5,555万7千平方キロメートルであり、全地表の約3分の1にあたる。 英語名からパシフィックオーシャン(Pacific ocean)とも日本語で表記されることもある。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 主に次の2つの意味で用いられる。. 新しい!! 新しい!! 宇宙論には神話、宗教、哲学、神学、科学(天文学、天体物理学)などが関係している。 「Cosmology コスモロジー」という言葉が初めて使われたのはクリスティアン・ヴォルフの 『Cosmologia Generalis』(1731)においてであるとされている。 本項では、神話、宗教、哲学、神学などで扱われた宇宙論も幅広く含めて扱う。. 新しい!! 日本語訳名は『英雄伝』、『プルターク英雄伝』(プルタークはプルタルコスの英語名)で多く呼ばれる。. 新しい!! 民話によく見られるように、物語の語り末には、寓意的な解釈を付け加えることが習慣的に行われてきた。. 新しい!! 一般的に山脈は他の山脈と峠や川で分けられている。. 新しい!! 前と学会会長。 「山本弘」はペンネーム、本名は「山本浩」。 日本SF作家クラブ会員。 京都府出身。 最終学歴は京都市立洛陽工業高等学校電子科卒業。. 新しい!! 1927年(昭和2年)7月10日に、ドイツのレクラム文庫を模範とし、書物を安価に流通させ、より多くの人々が手軽に学術的な著作を読めるようになることを目的として創刊された日本初の文庫本のシリーズ。 最初の刊行作品は『新訓万葉集』などであった。. 新しい!! )は、日本の出版社。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 個々の人間を指す場合と、人間集団をまとめて指す場合とがある。 構成員全員が主権者であることが前提となっている議論では、構成員を主権者として見たもの(現代社会について述べるときはこの意味合いのことが多い)。 政治的共同体とは、語源的に都市を指している(citizenとcityは同語源である)。 市民に似た概念として国民があるが、両者の違いは、「市民」がその理想とするところの社会、共同体の政治的主体としての構成員を表すのに対して、「国民」はその「国家」の国籍を保持する構成員を表すという点にある。 市民と国民は相互に置き換え可能な場合も多いが、そうでない場合もある。 たとえば、絶対王制国家の場合、国民は全て臣民であり、市民ではない。 また一方で「欧州連合の市民」のように国家とは直接に結びつかないような形の市民権もあり、この場合市民を国民と言い換えるのは適切でない。. 新しい!! 三橈漕船(さんどうそうせん)ともいう。 フェニキア人の国家や古代ギリシアで用いられた。 三段櫂船に限らずこの種の軍船は外洋の航行には適さず乗員の寝場所もないため、一般に沿岸を航行し、夜間は海浜に引き揚げて乗員は陸上で炊事をし休息した。 古代ギリシアの三段櫂船 その名称の通り、櫂の漕ぎ手60~170名を上下3段に配置して高い速力を得た(アテナイのそれの船員は漕手170人、補欠漕手・水夫・戦闘員30人の200人、攻撃時の最高速力およそ10ノット)。 帆を備え、風力でも移動できるが地中海では風はあてに出来なかった。 この種の軍船は船底最前部に青銅で補強した衝角(ram)という突起物を備え、敵船に衝突して船腹に穴を穿って浸水させ、行動不能とすることを目的とした。 アテナイでは漕手は自ら武具を調達できないテテス(無産階級の市民)で構成されていたが、その数は2万程度だったので、のちにはテテスだけでは足りずメトイコイ(在留外国人)が大半を占めるようになった。 トゥキディデスの『戦史』によると、ペロポネソス戦争中にスパルタ側についたケルキューラ 現在のコルフ は貿易によって富裕を誇っており、軍船の漕手はほとんど奴隷でまかなっていたとされる。 船体衝突により打撃を与える戦法は、ペルシャ戦争で威力を発揮した。 三段櫂船の他に補助的な軍船として五十櫂船があった。 高木の少ないギリシアでは櫂の材料にする真っ直ぐな木材が入手しにくく、テッサリアなどからの輸入に頼っていたので、海戦に勝った場合戦場に漂う敵味方の櫂などの船材を確保することも重要だった。 艦隊の戦法としては、敵艦隊を左右から包囲して混乱させつつ周囲から衝角攻撃を加えるペリプルスや、敵艦の隊列の間を突っ切り、櫂の列を破壊して機動力を奪ってから衝角攻撃を行うディエクブルスなどがあった。. 新しい!! 山の中の平らな所は平野とは呼ばず、盆地、あるいは高原という。. 新しい!! 途中で、黄河と揚子江を横断している。 戦国時代より部分的には開削されてきたが、隋の文帝と煬帝がこれを整備した。 完成は610年。 運河建設は人民に負担を強いて隋末の反乱の原因となったが、運河によって経済の中心地江南と政治の中心地華北、さらに軍事上の要地涿郡(後の北京)が結合して、中国統一の基盤が整備された。 この運河は、その後の歴代王朝でもおおいに活用され、現在も中国の大動脈として利用されている。 2014年の第38回世界遺産委員会で世界遺産リストに登録された。. 新しい!! 日本では、自然を模して川・池・築山などが作られ、木や草が植えられているものもある。. 新しい!! 世界的、歴史的に、各種の事例が存在している。 差別的思想を持つ者のことを「racist(レイシスト)」(race:人種、racist「人種差別主義者」)と称す場合もある。 南アフリカ共和国におけるかつての人種差別政策については、「アパルトヘイト」も参照。. 新しい!! 858 【人類】阪上孝 執筆。 この用語には、「生物種としてのヒト」という側面と、「ひとつの《類》として実現すべき共同性」という側面がある。. 新しい!! ドイツ語音からアントロポゾフィーと音訳される標準ドイツ語音では となる。。 人智学という言葉を使用したドイツ語圏の哲学者イマヌエル・ヘルマン・フィヒテとは、人間には超感覚的存在としての側面があるという考え方を提示したが、同じく人智学という用語を用いたシュタイナーの思想もその流れを受け継いでいると高橋巖は指摘している。. 新しい!! 「サソリのベン」とも呼ばれていた。. 新しい!! 専攻は西洋哲学。 筑波大学名誉教授。 新潟県出身。 東京教育大学文学部卒業。 京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。 東海大学助教授、教授、1988年筑波大学教授、1999年定年退官、名誉教授、龍谷大学教授。 2005年退任。 古代ギリシア哲学が専門。. 新しい!! 関敬吾「伝説(でんせつ)」の項。 等にまつわる、ありきたり日常茶飯事のものではない異常体験を、形式上「事実」として伝えた説話の一種。. 新しい!! さまざまなタイプがあり、また、さまざまな物語が付与されている。 伝説上の大陸の上に、古代四大文明の以前にあった高度な超古代文明が栄えていたとする物語が典型的なタイプである。 伝説上の大陸を信じる者には、伝説などを手がかりに実在の証拠を見つけようと試みている者や、考古学・地質学、地球科学的な成果により既知の文明や文化に比定しようとする者もいる。. 新しい!! 「住居」とも言う。 生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。 建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。 また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。. 新しい!! ただ単に「作家」と言った場合、著作家、とくに小説家を指す場合が多い。 だが、「作家」という職業は様々に枠が広いため、そう呼称されるのを嫌うものもいる。 逆に、小説は書いていないが単に作家と称するケースが多い(猪瀬直樹、麻生千晶など)。. 新しい!! 徴兵制とも言い、国民国家や国民皆兵の思想とかかわりが深く、志願兵(募兵)制度の対義語である。 北アフリカ諸国の他、ベトナム、イスラエル、ウクライナ、キプロス、韓国、スイス、オーストリア等、CSTOに加盟しているアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ロシアなどでは徴兵制が続いているが、冷戦終結後は、西側諸国ではフランス 2002年 、ドイツ 2011年 のように徴兵制度を廃止する国が増え、また、実施している国でも良心的兵役拒否した場合の代替服務を選択可能を導入している場合が大半である。 NATOに加盟している28か国を例にとると、90年代から00年代にかけて冷戦の終結に伴い次々と徴兵制を廃止し、2010年12月時点でNATO加盟国において徴兵制を採用している国はエストニア、トルコ、ギリシャ、デンマーク、ノルウェーの5か国にまで減少している。 徴兵制による国民皆兵武装を基盤として永世中立を掲げるスイスとオーストリアでは国民投票で徴兵制の廃止が否決され、2013年に徴兵制を廃止したウクライナでは、翌年発生したロシアのクリミア侵攻の後に徴兵制が復活するなど、国是や国家を取り巻く情勢によって左右されている状況にある。 また、2010年7月に廃止していたスウェーデンでもウクライナと同様に、ロシアの脅威を理由に、2018年1月から新たに女性も対象にした徴兵制が復活することになった AFP(2017年3月3日)2017年3月3日閲覧。 有事の際にかぎり徴兵制を認めている国もあり、常備軍を持たないコスタリカでは、有事の際に徴兵制を実施できることが憲法に明記されている。. 新しい!! 新しい!! と学会運営委員。 東京都新宿区出身。 慶應義塾大学文学部史学科卒業。 著作は多数だが、非常に遅筆なため共著が多く、単著は少ない。 本名以外に三井 一郎(みつい いちろう)等のペンネームでの著作も多数。. 新しい!! 新しい!! 海洋学上の地中海の一つ。. 新しい!! 広義では地震計に記録される波形を扱う様々な研究を含む。. 新しい!! 地中海でも目撃されたという。 鳥の胴体と翼、オスのシカの頭と脚を持った姿をしている。 自身の影を持っていないが、光を浴びると人間の形の影ができる。 故郷から離れた場所で息絶えた旅人の霊だとも言われる。 ペリュトンは、人間一人を殺すと、自身の本来の影を取り戻すことができるために人間を狙っているという。 影を得れば、また影が無くなるまで人は襲わない。 群れで人間に襲い掛かるとされている。 ペリュトンに関して言及している最古の文献はホルヘ・ルイス・ボルヘスの『幻獣辞典』(1959年に出版された多分に創作的な博物辞典)である。 執筆にあたって、ボルヘスはフェズ出身のラビという人物が著した論文を出典としたが、その論文は既に散逸している。 ラビの論文は、アラビアの著述家による著作を出典として編集されているが、こちらの出典もアレキサンドリア図書館の火災で焼失してしまった。 ボルヘスは著作の中で、カルタゴに出征したスキピオ達がペリュトンに襲われた物語を掲載しているが、ペリュトンの虚実については漠然とした部分が多い。. 新しい!! ゼウスとデーメーテールの娘(一説にゼウスとステュクスの娘)で、ハーデース(ローマ神話のプルートーに相当)の妻として傍らに座しているとされる。 しばしばコレー(「乙女」の意)とも言及される(地上にいる間はコレーと呼ばれ、冥界に入るとペルセポネーと呼ばれることもある)。 ペルセフォネーとも。 日本語では長母音を省略してペルセポネ、ペルセフォネとも呼ぶ。 ローマ神話ではプロセルピナと呼ばれ、春をもたらす農耕の女神となっている。. 新しい!! アントニオ・カノーヴァ作『メドゥーサの頭を持つペルセウス』(1800年頃) バチカン美術館所蔵。 英語読みでパーシアスとも呼称する。 ゼウスとダナエー(アルゴス王アクリシオスの娘)の子。 妻アンドロメダーとの間にペルセウス(ペルセース)、アルカイオス、ステネロス、ヘレイオス、メーストール、エーレクトリュオーン、ゴルゴポネーをもうけたアポロドーロス、2巻4・5。。 ペルセウスはゼウスの血を引く半神であり、神々から授かった魔術的な武具を駆使してメドゥーサ殺しを成し遂げ、その後も多くの困難を乗り越えた。 ミュケーナイ王家の創始者となり、死後は星座になったとも言われる。. 新しい!! 長さは6,650km、流域面積は2,870,000km2にのぼる。. 新しい!! 伝説上のミノス王にちなみ、ミノス文明とも呼ばれるが、クレタ文明と呼ばれることもある。. 新しい!! 王が娘に触ったとき、娘は彫像と化した。 1983年発行版のウォルター・クレインによる絵。 ヘロドトスはクロエススの宮廷での「ミダースの息子ゴルディアースの息子」アドラストゥスの逸話を語っている(i. 14)。。 長母音を省略してミダスとも表記される。 触ったもの全てを黄金に変える能力("Midas touch")のため広く知られている。 ミダースは子供の頃にゴルディアース(Gordias)と彼を夫とする女神キュベレー(Cybele)の養子となった。 ミダースは、快楽主義者、そして優れたバラの庭師バラは他にはギリシア神話に現れないので、これはヘレニズム時代の改変に違いない。 バラの庭は、ペルシアを手本として取り入れられた。 バラはロドス島とキュプロスのアフロディーテーと結びつけて考えられた。 として知られていた。 また彼には残忍に人を殺したリテュエルセース(Lityerses)という一人の息子がいた。 童話『王様の耳はロバの耳』で、耳がロバになってしまった王様としても有名。 神託の命令に従って人々に迎え入れられ、王とされた貧しい農夫ゴルディアース(Gordias)の神話については、:en:Gordiasを参照。. 新しい!! 新しい!! 表語文字として一字で意味を表す場合と音節文字を組み合わせて読みのみを表す場合の例。 そのほかわざわざ表語文字に音節文字を組み合わせる場合がある。 新しい!! メソアメリカ文明に数えられる。 また、高度に発達したマヤ文字をもつ文明でもあった。. 新しい!! ラテン語でギリシア哲学を紹介し、プラトンの教えに従う懐疑主義的な新アカデメイア学派から出発しつつ、アリストテレスの教えに従う古アカデメイア学派の弁論術、修辞学を評価して自身が最も真実に近いと考える論証や学説を述べ、その著作『義務について』はラテン語の教科書として採用され広まり、ルネサンス期にはペトラルカに称賛され、エラスムス、モンテスキュー、カントなどに多大な影響を与えた。 キケロの名前に由来するイタリア語の「チチェローネ」という言葉は「案内人」を意味するが、ギリシア哲学の西洋世界への案内人として果たした多大な影響をよく物語っている。. 新しい!! 1989年12月2日から12月3日にかけて米ソ首脳が会談し、米ソ冷戦の終結を宣言したマルタ会談が開催された。. 新しい!! マドリード州の州都であり、マドリード州の唯一の県であるマドリード県の県都でもある。 人口は約325万人。 2011年の都市圏人口は541万人であり、世界第57位、欧州では第5位である。 紋章はイチゴノキとクマ。 スペイン中央部のメセタ地帯のマンサナーレス川沿いに広がる。 近郊にはモストレス、アルカラ・デ・エナーレス、ヘタフェなどの都市があり、マドリード首都圏を形成している。 ヨーロッパ屈指の世界都市であり、アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界15位の都市と評価された。. 新しい!! 創世記の記述に従うならば、すべての人類の祖先ということになる。 キリスト教の正教会では「ノイ」と呼ばれ、聖人とされている正教会では旧約聖書の義人達も聖人として記憶される。。 イスラム教においては「ヌーフ」と称され、アブラハム(イブラーヒーム)、モーセ(ムーサー)、イエス(イーサー)、ムハンマドと共に五大預言者のうちの一人とされる。 聖典「クルアーン(コーラン)」にも「ヌーフ章」という名称で、単独で記述がなされている。. 新しい!! 1972年に(1929年 — 1984年)と夫のロバート・バッツ(1919年 - 2008年)が『セスは語る』 Seth Speaks を出版したことから始まったと言われる。 チャネリングを行う人をchannel(チャネル、チャンネル。 水路、通信路の意)、あるいはchanneler(チャネラー) と呼ぶ。 トランス状態となって交信する存在からのメッセージを受け取る点では霊媒と同じであり、懐疑派から「宇宙イタコ」と揶揄されることもある。. 新しい!! 長母音を省略してネレイス、ネレイデスと呼ばれる。 英語ではネレイド。 彼女たちは「海の老人」ネーレウスとオーケアノスの娘ドーリスの娘たちでアポロドーロス、1巻2・7。 、姉妹の数は50人ともヒュギーヌス、序文。 、100人ともいわれ、エーゲ海の海底にある銀の洞窟で父ネーレウスとともに暮らし、イルカやヒッポカンポスなどの海獣の背に乗って海を移動するとされた。. 新しい!! 長母音を省略してネプトゥヌスとも表記される。 英語読みのネプチューン(Neptune)でもよく知られる。 元々どのような神であったかはよく分かっていないが、泉や河川、湖沼を司る水の神であったとされる。 後にギリシア神話のポセイドーンと同一視され、馬の神としても崇拝されるようになったため、ローマ神話の馬の神コーンススとも同一視されるようになった。 祭日ネプトゥーナーリア(Neptunalia、ネプトゥナリア)は7月23日であり、ローマ市民は木の枝で屋根を作り飲食をおこなった。 他のローマの神同様、ネプトゥーヌスの神話はほとんどがポセイドーンのものである。. 新しい!! 頭の上に軍神の象徴である交差した矢と盾をのせ、手にはアンクとウアス杖を持っている。 ネイト(Neith, Ni, Ne, Neit)は、エジプト神話の戦いの女神。. 新しい!! 小アジアのハリカルナッソス(現 ボドルム)に生まれ、オクタウィアヌスがマルクス・アントニウスを下し、帝政を開始した頃にローマに移住、ギリシア語と修辞学を教えつつ、自らもラテン語を学びローマの歴史の著述を始める。 没年はわかっていないが、紀元前7年以降と考えられている。 1巻から9巻までは完全に、10巻と11巻は一部欠けているがほぼ残っている。 しかし残りの8巻は散逸し、他の著作の引用として伝わるだけである。 修辞学教師としての体験から生まれたディオニュシオスの著作は、西欧の修辞学の発展に大きな影響を与えた。 )など多数の著作が知られる。 18世紀のイギリスの詩人・詩論家アレキサンダー・ポープもその『批評論』において「ホメーロスの一行一行から新しい美を喚び起こした」と賞賛している。. 新しい!! 新しい!! ハットフィールド 著 『ハーブのたのしみ』 山中雅也・山形悦子 訳、八坂書房、1993年。 同様の有用植物であっても、種子、実、根、樹皮などは香辛料と呼ばれることが多いが、苔から木本まで、香りや薬効がある有用植物全般をハーブとして扱う場合もある。 反面、旺盛な繁殖力を持ち駆除困難な害草となる種もある。 ハーブは「草」あるいは「野草」、「草木」を意味する を語源とし、フランス語でherbe(エルブ)、古英語でherbe(アーブ)となり、これが変化して英語のherbとなり、日本に伝わってハーブという言葉が使われるようになった。. 新しい!! 日本語では長母音を省略してハデスとも呼ばれる。 クロノスとレアーの子で、ポセイドーンとゼウスの兄である。 妻はペルセポネー。 その象徴は豊穣の角及び水仙、糸杉。 ポセイドーンと同じく馬とも関連がある。 オリュンポス内でもゼウス、ポセイドーンに次ぐ実力を持つ。 後に冥府が地下にあるとされるようになったことから、地下の神ともされる。 普段冥界に居てオリュンポスには来ないためオリュンポス十二神には入らないとされる場合が多いが、例外的に一部の神話ではオリュンポス十二神の1柱としても伝えられてもいる「ギリシア神話の代表的な神々は、アテーナイのパルテノン神殿小壁の彫刻にある十二神である。 ハーデースはオリュンポス十二神に属してはいないが、ゼウス、ポセイドーンに次ぐ主要な神の1柱である。 「十二神」は図式化が行われており、述べる者の立場でいくらかの入れ替わりがある(Classical Dictionary, p. 1301, religeon, Greek, Gods and other cult figures)。 また、さらに後には豊穣神(作物は地中から芽を出して成長する)としても崇められるようになった。 パウサニアースの伝えるところに依ればエーリスにその神殿があったといわれている。. 新しい!! 第三次マケドニア戦争のピュドナの戦いの後、人質としてローマに送られ、スキピオ・アエミリアヌスの庇護を受けた。 著書『歴史』はローマの歴史を中心に第一次ポエニ戦争から紀元前146年までを取り扱い、ポエニ戦争など当時の状況についての第一級の史料である。 またその中で述べられた政体循環論もよく知られる。. 新しい!! 古代アテナイなど古代ギリシアに関して使用される場合は、通常都市国家と訳される。. 新しい!! 軸を固定したまま南北の磁性のみが反転する現象については地磁気逆転と呼び区別する。 現在では極端な移動こそはないものの、中心核の磁性変動で磁北が1年に約64キロというスピードで東へ向かって移動しているとする研究結果が発表されている。 自転軸に関しても、2004年12月26日に発生したマグニチュード9. 3のスマトラ島沖地震では、最大で約2cm程度移動した(広義の"ポールシフト"、極運動が発生した)可能性があるとする予測がある。. 新しい!! オリュンポス十二神の一柱で、最高神ゼウスに次ぐ圧倒的な強さを誇る。 海洋の全てを支配し、全大陸すらポセイドーンの力によって支えられている。 怒り狂うと、強大な地震を引き起こして世界そのものを激しく揺さぶる。 また、地下水の支配者でもあり、泉の守護神ともされる。 イオーニア方言系ではポセイダーオーンとも呼ばれる。 エノシガイオスという名もある。 日本語では長母音を省略してポセイドンとも呼ぶ。. 新しい!! その時代の最高の万能の知識人であった。 膨大な著作をおこなったが現在はその断片しか伝わっていない。 ポセイドニオスは北シリアのローマ都市アパメアに生まれた。 アテネでストア派の学者パナイティオスのもとで学んだ。 紀元前95年にロドス島に移り、科学の研究で評判を得た。 ロドス島では政治家として働き、紀元前87年から86年の間はガイウス・マリウスやルキウス・コルネリウス・スッラの時代のローマで大使を務めた。 多くのギリシャ知識人とともに、混乱した世界を安定させる勢力としてローマに期待し、ローマの支配層とのつながりはポセイドニオスの政治的な立場だけでなく、科学の研究にも重要なものとなった。 ローマの支援を得て、ローマ支配下の地域に旅行することが可能となった。 ロドスから何度か科学研究のための旅行を行い、旅行した場所にはギリシャ、イスパニア、イタリア、シシリー、ダルマチア、ガリア、リグーリア、北アフリカ、アラビアの東海岸が含まれる。 イスパニアでは現在のカディスであるGadesで潮の干満を研究し、その原因が月の運動にあると考えた。 天文学の分野ではクレオメデスの著書にポセイドニオスの著作が引用されて伝わっている。 ポセイドニオスは太陽が生命のもとであるという理論を進めた。 太陽の距離と大きさを計り、太陽までの距離は地球の半径の9893倍と見積もった。 実際の距離の半分以下であったがアリスタルコスらが求めた距離よりも、大きくより近いものであった。 また月までの距離の測定も行った。 地理学の分野においては、エラトステネスによる地球の大きさの見積もりから約100年後に、同様の方法を用いてアレクサンドリア-ロドス島間の緯度差を測定し、7. 5度という結果を得た(実際は5度14分程度)。 ロドス島はアレクサンドリアよりも若干西方にあるのだが、同じ子午線上にあるとみなし、船の速度と航海の期間から仮想的な子午線弧長を5,000スタディアと仮定し、地球の全周長として240,000スタディアを得た。 古代の単位であるスタディオンから現在の距離単位への換算は諸説があり非常に幅があるのだが、概ね申し分のない結果を得たとされる。 キケロによれば、ポセイドニオスは太陽や月や惑星の位置をしめす器具(現在アンティキティラ島の機械と呼ばれる装置か、その原型になったものと想像される)を組み立てたとされる。 Category:ギリシャの天文学者 Category:ギリシャの政治家 Category:古代ギリシアの哲学者 Category:古代ギリシアの歴史家 Category:古代ギリシアの地理学者 Category:古代ギリシアの教育者 Category:紀元前の学者 Category:測量に関する人物 Category:紀元前130年代生 Category:紀元前51年没 Category:天文学に関する記事. 新しい!! イースター島やポリネシアの島々を、滅亡を逃れたムー大陸の名残であるとする説もあった。 しかし、決定的な証拠となる遺跡遺物などは存在せず、海底調査でも巨大大陸が海没したことを示唆するいかなる証拠も見つかっておらず、伝説上の大陸であるとされる。 ムー大陸が存在した証拠として、イースター島には資源に乏しいにもかかわらず大規模な石造があることが挙げられることもあったが、かつてのイースター島は森林資源が豊富で、森林伐採の挙句文明が滅んだことが現在ではわかっている為、論拠にならない。. 新しい!! 長母音を省略してメストルとも表記される。 主に、. 新しい!! 日本語では中心都市あるいは大都市と訳されることがある。 代表的なメトロポリスとしてニューヨーク、ロンドン、パリ、東京などが挙げられる。 多くのメトロポリスは、その周りの都市と相互に連結して大都市圏を構成する。 この単語はイギリス英語では首都という意味で用いられることもあり、上記の都市のうちニューヨーク以外はその国の首都である。 メトロポリスという言葉は、ギリシャ語でmeter(母)とpolis(都市)をつなげたmetropolis(母都市)に由来する。 metropolisは、古代ギリシャの植民地において、最初に入植した都市を指すもので、それはその植民地における政治・文化の中心であった。. 新しい!! 単に湾流、またはカタカナでガルフストリームとも記される。. 新しい!! 男性神。 元来はモロク(Moloch)という。 元来は「王」の意。 また、「涙の国の君主」、「母親の涙と子供達の血に塗れた魔王」とも呼ばれており、人身供犠が行われたことで知られる。 パレスチナにもモレクの祭儀は伝わった。 古代イスラエルでは、ヘブライ語で恥を意味するボシェト bosheth と同じ母音をあて、モレクと呼ぶのが一般的であった。 『レビ記』では石打ちの対象となる大罪のうちに、「モレクに子供を捧げること」が挙げられている。 しかしソロモン王は、モレクの崇拝を行ったことが『列王記』に述べられている。 ここではモレクは、アンモニ人の神であるアンモンの子らと同義に置かれる。 古代のヨルダン東部に住んでいたアモン人達からは、豊作や利益を守る神として崇拝されており、彼らはブロンズで「玉座に座ったモレクの像」を造り出し、それを生贄の祭壇として使っており、像の内部には7つの生贄を入れる為の棚も設けられていた。 そしてその棚には、供物として捧げられる小麦粉、雉鳩、牝羊、牝山羊、子牛、牡牛、そして人間の新生児が入れられ、生きたままの状態で焼き殺しており、新生児はいずれも、王権を継ぐ者の第一子であったとされる。 また、生贄の儀式には、シンバルやトランペット、太鼓による凄まじい音が鳴り響き、これは子供の泣き声をかき消す為のものとされている。 モレクへの言及は新約聖書にも見られ、ユダヤ人にとって避けるべき異教の神とみなされたことがわかる。 中世以降、注釈者たちは、モレクをフェニキアの主神であるバアル・ハモンと同一視するようになった。 これには古典古代の作家たちが伝えるバアル・ハモンの崇拝が人身供犠を特徴としていたことが大きい。 プルタルコスらは、カルタゴではバアル・ハモンのために、人が焼きつくす捧げ物として犠牲にされたことを伝え、この神をクロノスあるいはサートゥルヌスと同一視した。 1921年にオットー・アイスフェルトは、モレクについての新説を発表した。 これはカルタゴの発掘調査に基づいており、mlk が「王」の意味でも神の名でもないとする。 アイスフェルトの説によれば、この単語は、少なくとも幾つかの場合には人身供犠を含む、ある特定の犠牲の形式を指す語であった。 子供をつかんでいる祭司を描いたレリーフが発見された。 また祭儀場らしい場所からは、子供の骨が大量に発見された。 子供には新生児も含まれていたが、より年齢が上のものもあり、ほぼ6歳を上限とするものであった。 アイスフェルトは、旧約聖書の中で語義が不明であった「トフェト」 tophet がこの祭儀場を指す語であったと唱えた。 同じような場所は、フェニキア人の植民地があったサルディニア、マルタ、シチリアでも発見された。 アイスフェルトの説は、発表されて以来、幾人かの疑念を除けば、ほぼ支持されてきた。 しかし1970年にカルタゴの人身供犠についての見解を修正する説をサバティーノ・モスカティが唱えた。 モスカティはカルタゴでの人身供犠が日常的なものではなく、極めて困難なときに限り捧げられたと考えた。 この点についての論争は、現在のところ決着を見ておらず、さらなる考古学的証拠の発見が待たれている。. 新しい!! 東にアルジェリアと、南に西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)と、北にスペインの飛地(セウタとメリリャ)に接し、西は大西洋に、北は地中海に面している。 首都はラバト。 南に接する西サハラはスペインが放棄後、モロッコと現地住民による(亡命)政府であるサハラ・アラブ民主共和国が領有権を主張している。 モロッコは西サハラの約7割を実効支配しているが、国際的には認められていない。 実効支配下を含めた面積は約599,500km2(うち、西サハラ部分が189,500km2)、人口は33,848,242人(2014年国勢調査)。 地中海世界とアラブ世界の一員であり、地中海連合とアラブ連盟とアラブ・マグリブ連合に加盟している。 モロッコはサハラ・アラブ民主共和国を自国の一部であるとの立場から独立国家として承認しておらず、1984年にサハラ・アラブ民主共和国のアフリカ統一機構(2002年にアフリカ連合へ発展)加盟に反対して同機構を脱退、アフリカ大陸唯一のアフリカ連合(AU)非加盟国になっていたが、2017年1月31日に再加入した。. 新しい!! キリストの秘教、カバラ、ヨーガの秘密の教えに通じていると主張した。 自分が組織したグループ内で、その教えを説いていた。. 新しい!! 正教会ではモイセイと呼ばれ聖人とされる。 新約聖書の使徒言行録 によれば、神の目に適った美しい子で、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教およびバハーイー教など多くの宗教において、もっとも重要な預言者の一人。 伝統的には旧約聖書のモーセ五書(トーラー)の著者であるとされてきた。 『出エジプト記』によれば、モーセはエジプトのヘブライ人家族に生まれたが、新生児を殺害することを命じたファラオの命令を逃れるためにナイル川に流され、王族に拾われて育てられたという。 長じてエジプト人を殺害し、砂漠に隠れていたが、神の命令によって奴隷状態のヘブライ人をエジプトから連れ出す使命を受けた。 エジプトから民を率いて脱出したモーセは40年にわたって荒野をさまよったが、約束の土地を目前にして世を去ったという。. 新しい!! 現在トルコ領のパンフィリアやキリキアの海岸地域を、古代の「鉄の時代」に広く支配した一族の祖先とされている。. 新しい!! 「理想郷」(和製漢語)、「無何有郷」(無何有之郷とも、『荘子』逍遙遊篇より)とも。 現実には決して存在しない理想的な社会として描かれ、その意図は現実の社会と対峙させることによって、現実への批判をおこなうことであった。 ただし、「ユートピア」という言葉を用いるときには時に注意が必要である。 現代人が素朴に「理想郷」としてイメージするユートピアとは違い、トマス・モアらによる「ユートピア」には非人間的な管理社会の色彩が強く、決して自由主義的・牧歌的な理想郷(アルカディア)ではないためである(第3節、第4節参照)巖谷2002。 なお、反対語はディストピア。. 新しい!! ムスリムやクリスチャンと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族が有る訳では無い。 ヨーロッパでは19世紀中頃まで主として前者の捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは後者の捉え方が広まった。 ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。 2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。 民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。 ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。 しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。 言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。 歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 で追加された記述だが、出典が示されていない。 古代のイスラエル人やセファルディムは(いわゆる「白人」ではないものの)主にコーカソイドのはずで、これを単に「有色人種」と説明するのは誤りではないにしても誤解を招きかねず、不適切であろう。 また、アシュケナジムをハザール人と関連づけるのは(当該記事の記述によれば)諸説があり、広く受け入れられている説ではない。 「古代のイスラエル人は有色人種で、12支族の1支族ユダ族のユダヤ人は有色人種セファルディムで、白系ユダヤ人アシュケナジム(ヘブライ語でドイツを意味する)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗った。 新しい!! (、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。 漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 1967 、pp. 地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" pp. 68-9 ; "Asia" pp. 90-1 : "A commonly accepted division between Asia and Europe... 新しい!! 新しい!! 東にエジプト、南東にスーダン、南にチャドとニジェール、西にアルジェリア、北西にチュニジアと国境を接し、北は地中海に面し、海を隔てて旧宗主国のイタリアが存在する。 首都はトリポリである。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟に加盟している。 アラブ・マグレブ連合にも加盟しており、広義のマグリブ諸国に含まれる。. 新しい!! 世界有数のメガシティであり、国内最大の観光都市である。 港湾都市としても知られる。 人口は600万人を超え、サンパウロに次いでブラジル第2位にランクされる。 経済規模(域内総生産)でもサンパウロに次いで第2位にあり、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第56位、国内ではサンパウロに次ぐ第2位の都市と評価された。 都市周辺の美しい文化的景観は「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」として、2012年に世界遺産リストに登録された。 2016年の第31回夏季オリンピックの開催都市である。. 新しい!! で生まれ、オーストリアやドイツで活動した神秘思想家、哲学者、教育者である。 ゲーテの自然科学論や学芸雑誌の編集に携わりながら、前衛的な団体やアナキズムの傾向をもつ人々と関係するようになり、ニーチェ主義的な自由思想の立場に至るが、神秘思想の講演者に転身し、人智学(アントロポゾフィー)と称する精神運動を創唱した。 人智学運動は神智学協会の神智学運動から派生したものであるが、インド思想に傾倒した神智学協会よりもキリスト教神智学に近い性格をもっており、ロマン派の自然哲学、グノーシス、薔薇十字思想の流れも汲んでいる。 シュタイナーの思想はカール・グスタフ・ユング、パウル・クレー、アルベルト・シュヴァイツァーにも何らかの影響を与えた。 ドイツ哲学研究者の三島憲一は、1970年代以降のドイツで緑の党に集まった知識人たちのなかに人智学に学んだ人々が多い例えば、のちに社民党に転じて1998年以降内務大臣を務めたオットー・シリー。 と述べているが、その一方で、1920年代にヴァルター・ベンヤミンはシュタイナーについて「前近代への願望でしかないと見て深く軽蔑していた」(三島 2002: 596)とも指摘している。. 新しい!! また、オカルト系の書物において同一名称の大陸が登場するが、上記の動物学の仮説とはまったくの別物である。. 新しい!! 全域がレスボスジオパークとして、2000年からヨーロッパジオパークネットワークに、2004年から世界ジオパークネットワークに加盟認定されている。. 新しい!! 僭帝、僭王とも。 僭主による政治を僭主政治という。. 新しい!! 但しプラトンの作品と脚注本以外に言及している文献がほとんど存在しないため、実在が疑われている。. 新しい!! 新しい!! 葡萄酒、ぶどう酒(ぶどうしゅ)とも。 通常、単に「ワイン」と呼ばれる場合には他の果汁を主原料とするものは含まない。 日本の酒税法では「果実酒」に分類されている。. 新しい!! 基本的に古代ヘルメス哲学の復権を図ったもので、西欧の秘教やオカルティズムの伝統に連なっている。 低調だった神智学協会の活動を盛り上がらせたヒット作となった杉田 2015.。. 新しい!! 「善について」という論文を執筆。 Category:2世紀の哲学者 Category:シリア史の人物. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 現在は3か国に分断され、西トラキアがブルガリアの南東部とギリシャ北東部の一部に、東トラキアがトルコのヨーロッパ部分となっている。. 新しい!! トロイア、あるいはトローアスという呼称は、後の時代にイーリオス一帯の地域につけられたものである。 この戦争の記述から、古代ギリシアにおいて、ホメーロスの英雄叙事詩『イーリアス』、『オデュッセイア』のほか、『キュプリア』、『アイティオピス』、『イーリオスの陥落』などから成る一大叙事詩環が派生した。 またウェルギリウスはトロイア滅亡後のアイネイアースの遍歴を『アエネーイス』にて描いている。. 新しい!! トルコ中央部とトルコ南部の地中海地方を分けている。 トロス山脈の一部であるアラ山脈とボルカール山脈は石灰岩質のためカルスト地形となっており、滝や伏流水、大きな洞窟などが多い。 マナヴガト川の源流はベイ山脈の南側斜面にある。. 新しい!! 1970年のOECDトンネル会議で「計画された位置に所定の断面寸法をもって設けられた地下構造物で、その施工法は問わないが、仕上がり断面積が2平方メートル m2 以上のものとする」と定義された。 人工のものは道路、鉄道(線路)といった交通路(山岳トンネル、地下鉄など)や水道、電線等ライフラインの敷設(共同溝など)、鉱物の採掘、物資の貯留などを目的として建設される。 日本ではかつて中国語と同じく隧道(すいどう、ずいどう)と呼ばれていた。 常用漢字以外の文字(隧)が使われているために、第二次世界大戦後の漢字制限や用語の簡略化、外来語の流入などの時代の流れにより、今日では一般的には「トンネル」と呼ばれるようになったが、トンネルの正式名称に「隧道」と記されることも多い(青函隧道など)。 鉄道や道路のトンネルには「入口」「出口」が決められており、起点に近い方が「入口」となっている。 新幹線で例えると、東京寄りの坑口が「入口」であり、その反対側が「出口」である。. 新しい!! 新しい!! 聖獣は、トキとヒヒ。 数学や計量をつかさどる女神であるを妻(または妹)としている。. 新しい!! 北のヨーロッパ側の柱は「ジブラルタルの岩」(Rock of Gibraltar)と広く受け止められているが、南のアフリカ側の柱については諸説あり、その中で有力な候補とされているのが、セウタのモンテアチョ(Monte Hacho)、モロッコのヘベルムサ山(Jebel Musa)である。. 新しい!! よく知られている都市の名はギリシャ人によって名づけられたもので、ギリシャ語で「ヘリオスの. 新しい!! 新しい!! 著書の訳書はH・P・ブラヴァツキーかヘレナ・P・ブラヴァツキーとして出ている。 通称ブラヴァツキー夫人。 ブラバッキーと誤記されることもある。 父方はロシア人、母方はユグノー(プロテスタントのフランス系)の血を引くドイツ系で、ロシア語でのフルネームはエレーナ・ペトローヴナ・ブラヴァーツカヤ である(ブラヴァーツカヤはブラヴァーツキーの女性形)。 旧姓フォン・ハーン。. 新しい!! 今日まで伝承されている最初の歴史書、『歴史』の著者であることから、「歴史の父」とも呼ばれる。. 新しい!! ギリシア神話に登場する多くの半神半人の英雄の中でも最大の存在である。 のちにオリュンポスの神に連なったとされる。 ペルセウスの子孫であり、ミュケーナイ王家の血を引く。 後述する12の功業を行う際、ティーリュンスに居住するようになった彼をデルポイの巫女が 「ヘーラーの栄光」を意味するヘーラクレースと呼んでからそう名乗るようになった。 キュノサルゲス等、古代ギリシア各地で神として祀られ、古代ローマに於いても盛んに信仰された。 その象徴は弓矢、棍棒、鎌、獅子の毛皮である。 ローマ神話(ラテン語)名は Hercules (ヘルクーレス)で、星座名のヘルクレス座はここから来ている。 英語名はギリシア神話ではHeracles(ヘラクリーズ)、ローマ神話ではHercules(ハーキュリーズ)。 イタリア語名はギリシア神話ではEracle(エーラクレ)、ローマ神話では Ercole(エールコレ)。 なお、欧米ではローマ神話名の方が一般的に用いられている。 日本語では長母音を省略してヘラクレスとも表記される。. 新しい!! 紀元前700年頃に活動したと推定される。 『神統記』や『仕事と日』(仕事と日々)の作者として知られる。 1939年からギリシャで発行されていた旧50ドラクマ紙幣に肖像が使用されていた。. 新しい!! 南米大陸で最大の面積を占め、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ(つまりチリとエクアドル以外の全ての南米諸国)と国境を接している。 また、大西洋上のフェルナンド・デ・ノローニャ諸島、トリンダージ島・マルティン・ヴァス島、セントピーター・セントポール群島もブラジル領に属する。 その国土面積は日本の約22. 5倍で、アメリカ合衆国よりは約110万km2(コロンビア程度)小さいが、ロシアを除いたヨーロッパ全土より大きく、インド・パキスタン・バングラデシュの三国を合わせた面積の約2倍に相当する。 首都はブラジリア。 南アメリカ大陸最大の面積を擁する国家であると同時にラテンアメリカ最大の領土、人口を擁する国家で、面積は世界第5位である。 南北アメリカ大陸で唯一のポルトガル語圏の国であり、同時に世界最大のポルトガル語使用人口を擁する国でもある。 公用語はポルトガル語ではあるがスペイン語も比較的通じる。 ラテンアメリカ最大の経済規模であり、同時に世界で7番目の経済規模でもある。 ブラジルは全体的に低緯度(北部は赤道直下)で、尚且つ海流等の影響もあり気候は大変温暖であり、ポルトガルによる植民地支配が厳格化する17世紀半頃までは、ほとんどの原住民は男女とも全裸に首飾り等の装飾品を付けた状態で生活していたという。. 新しい!! 長母音を省略してブシリスとも表記される。 エジプト王エパポスの娘リューシアナッサとポセイドーンの子で、アムピダマースの父アポロドーロス、2巻5・11。。 ブーシーリスは残虐なエジプト王で、異国人をゼウスの生贄にしたが、ヘーラクレースに退治されたとされる。 このブーシーリスの名は明らかにエジプトのオシリス信仰の中心地ブシリスに由来している。 エウリーピデースはサテュロス劇『ブーシーリス』を書いたが散逸した。. 新しい!! )は、ブドウ科 Vitaceae のつる性落葉低木である。 また、その果実のこと。. 新しい!! ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。 ちなみに、ホワイトヘッドによるこのプラトン評は「あらゆる西洋哲学はプラトンのイデア論の変奏にすぎない」という文脈で誤って引用されることが多いが、実際には、「プラトンの対話篇にはイデア論を反駁する人物さえ登場していることに見られるように、プラトンの哲学的着想は哲学のあらゆるアイデアをそこに見出しうるほど豊かであった」という意味で評したのである。。 『ソクラテスの弁明』や『国家』等の著作で知られる。 現存する著作の大半は対話篇という形式を取っており、一部の例外を除けば、プラトンの師であるソクラテスを主要な語り手とする。 青年期はアテナイを代表するレスラーとしても活躍し、イストミア大祭に出場した他、プラトンという名前そのものがレスリングの師から付けられた仇名であると言われているディオゲネス・ラエルティオス『ギリシア哲学者列伝』3巻4節。 (中野好夫訳、1984年、pp. 新しい!! 著作に『対比列伝』(英雄伝)などがある。 英語名のプルターク(Plutarch )でも知られる。. 新しい!! 地球の表面が、右図に示したような何枚かの固い岩盤(「プレート」と呼ぶ)で構成されており、このプレートが、海溝に沈み込む事による重みが移動する主な力になり、対流するマントルに乗って互いに動いていると説明される。. 新しい!! - 270年)は、ネオプラトニズム(新プラトン主義)の創始者といわれる哲学者である。 日本語では「プロチノス」とも表記される。 主著は『エンネアデス』。. 新しい!! 英語では、poolは単に「水溜り」を指し、水泳用のプールのことはswimming poolと呼ぶ。 尚、プールの数え方は面を使う。. 新しい!! 同母姉であり妻でもあるアルシノエ2世との強い結びつきのため、「兄弟(姉弟)愛」という意味のピラデルポスという異名を持つ。 ヘブライ人の経典を公用語のギリシア語に翻訳させた人物であり、その翻訳は70人訳聖書と呼ばれ、現存する最古の旧約聖書の原版となった。. 新しい!! 『ギリシア案内記』の著者として知られる。 この著作は当時のギリシアの地誌や歴史、神話伝承、モニュメントなどについて知る手がかりとされている。. 新しい!! なお、民族としてのヒッタイトは、ヒッタイト人と表記されることもある。 他の民族が青銅器しか作れなかった時代に、高度な製鉄技術によりメソポタミアを征服した。 最初の鉄器文化を築いたとされる。 首都ハットゥシャ(現在のトルコのボアズキョイ遺跡)の発掘が進められている。. 新しい!! アジア側の対岸にはカルケドンがある。 表記は、ビュザンティオンのほか、ビザンティオン、ビザンティウム、ビザンチウム、とされることもある。 ビュザンティオン、ビザンティオンはギリシア語表記に、ビザンティウム()はラテン語表記に由来している。. 新しい!! なかでも最も有名なものはエジプトにあるギザの大ピラミッドをはじめとする真正ピラミッド群で、その形からかつては金字塔(きんじとう)という訳語が使われていた。 エジプトのピラミッドは世界でもっとも有名な遺跡の一つとされており、現代においても「金字塔」は、ピラミッドのように雄大かつ揺るぎもしない後世に永く残る立派な業績(偉大な作品や事業)などを表す代名詞となっている。 上記のとおり、ピラミッドとして最も著名なギザの大ピラミッドが明確な四角錐の形状をしているために、ピラミッドは四角錐または三角形のものの代名詞となっているが、こうした形状のピラミッドが存在した場所は基本的に古代エジプトおよびその影響を受けたヌビア、そしてそれを模倣した後世の建築のみであり、メソポタミアのジッグラトやメソアメリカ各文明のピラミッドといった世界各地に存在するピラミッドの多くは、階段状に層を積み重ねていき上部のとがっていない、いわゆる階段ピラミッドが主流となっている。 また古代エジプトにおいても、真正ピラミッドが出現するまでは過渡的な形態として階段ピラミッドが存在していた。. 新しい!! 冒険小説を得意とし、20世紀の前半に人気を誇った。 代表作は『アトランティード』(L'Atlantide)。 アカデミー・フランセーズ会員。 表記はブノワとも。. 新しい!! テュロス出身。 彼は師プロティノスの唯一の著作『エンネアデス』を編纂・発表した。 彼は自身の著作も多く残していてテーマも多岐に渡っている。 彼の『エイサゴーゲー』は論理と哲学の手引きであり、そのラテン語訳は中世を通じて論理学の標準的な教科書となった。 さらに、いくつかの彼の著作を通じて、特に『託宣からの哲学』、『反キリスト教論』で、彼は多数の初期キリスト教徒との論争に携わっていて、また、彼の『ユークリッド原論』に対する注釈はアレクサンドリアのパッポスに典拠として利用されている。. 新しい!! - 220年? )は、2世紀のキリスト教神学者。 ラテン語で著述を行ったいわゆるラテン教父の系統に属する最初の一人。 テルトリアヌスとも。. 新しい!! 副題は「自然について」。 アトランティス伝説、世界の創造、リゾーマタ(古典的元素)、医学などについて記されている。 自然を論じた書としてはプラトン唯一のもので、神話的な説話を多く含む。 後世へ大きな影響を与えた書である。 プラトンは、『ティマイオス』と未完の『クリティアス』、未筆の『ヘルモクラテス』を三部作として構想していたという。 ピタゴラス学派の音楽観、宇宙観、数学観に沿って世界の仕組みをプラトンなりに解説した作品だが、世界霊や宇宙の調和など形而上の事物を抽象的な数学によって解明しようと試みたために、非常に難解な内容となっている。 例えば、本書をラテン語に翻訳したキケロは「あの奇怪な対話篇はまったく理解できなかった」と述べている。. 新しい!! 全宇宙を崩壊させたこの大戦は、終結させるのに10年もの歳月が必要であった。 長母音を省略してティタノマキアとも表記される。 ヘーシオドスの『神統記』などに語られている。. 新しい!! ウーラノス(天)の王権を簒奪したクロノスを始め、オリュンポスの神々に先行する古の神々である。 巨大な体を持つとされる。 日本ではしばしばティタン、ティターン、あるいは英語による発音にもとづいてタイタンと表記される。. 新しい!! スペインによるアメリカ大陸の植民地化初期のユカタンで活動した。. 新しい!! イングランド。 贅を尽くした饗宴の中、誰もが羨むと思われる玉座に腰掛けるよう当世の僭主ディオニュシオス2世(中央)から勧められた若き臣下ダモクレス(中央左寄り)は、細い糸で吊るされた剣が玉座の真上にあることに気付き、僭主という立場にある者の免れ得ない怖れを理解する。 父親である僭主ディオニュシオス1世の後を継ぎ、紀元前367年から紀元前357年にかけて、また、紀元前346年から紀元前344年にかけて、シュラクサイを支配した。 シュラクサイの国制改革を試みていたシュラクサイのディオンやプラトンとの関係でよく知られる。 また、有名な故事「ダモクレスの剣」の主人公としても知られる。. 新しい!! 『ギリシア哲学者列伝』の著者として知られる。. 新しい!! 長母音を省略してデウカリオン、もしくはデュカリオンとも表記される。 プロメーテウスとクリュメネー『オデュッセイア』10巻2行への古註。 、プロノエー中務哲郎訳『ヘシオドス全作品』ではプリュノエーとなっている。 、ヘーシオネー、あるいはパンドーラーとの息子で、プティーアーの王アポロドーロス、1巻7・2。。 デウカリオーンの妻ピュラーは、プロメーテウスの兄弟エピメーテウスとパンドーラーの娘である。 「デウカリオーンの洪水」で知られる。 世界中の神話や伝説に共通して見られる大規模な大洪水伝説は、紀元前3000年ごろのメソポタミアで起こった大洪水の記録であるとする説が有力である。 デウカリオーンの大洪水神話は、この記録と、ギリシアで起こった大洪水の伝承とが重なったものと考えられている。 また、ギリシア神話には本項で述べるデウカリオーン以外に、クレータ島の王ミーノースの子でイードメネウスの父となったデウカリオーンが、別人として登場する。. 新しい!! 新しい!! 紀元前25世紀頃から記録に登場する。 彼らは北メソポタミア、及びその東西の地域に居住していた。 彼らの故郷は恐らくコーカサス山脈であり、北方から移住してきたと考えられるが、確かではない。 現在知られている彼らの根拠地はスバル(Subar)の地であり、ハブール川流域や後には北メソポタミアと歴史的シリアのいたるところで小国を形成した。 フルリ人達が建てた国の中で最も大きく、有力であったのはミタンニ王国であった。. 新しい!! この技法で描かれた壁画をフレスコまたはフレスコ画と呼ぶ。 西洋の壁画などに使われる。. 新しい!! シリアの一角であり、北は現シリアのタルトゥースのあたりから、南はパレスチナのカルメル山に至る海岸沿いの南北に細長い地域であって、およそ現在のレバノンの領域にあたる。 フェニキア人という名称は自称ではなく、ギリシア人による呼称である。 ギリシア人は、交易などを目的に東から来た人々をこう呼んだ。 その語源は不明であり、フェニキアがミュレックス(en)と呼ばれる貝から取れる紫色の染料(貝紫)を特産としていたことから、「紫色」(または「緋色」)という意味のギリシア語を語源とする説も存在する。 今日でも南部のサイーダなどの町中でこの貝殻の山を見ることができる。 フェニキア人の母体となったとされるカナンという呼称も、アッカド語で染料を意味するキナッフに由来する。. 新しい!! 日本語ではドゥルイドとも表記する。 女性形はドルイダス(Druidas)。 ドルイドは宗教的指導のほか、政治的指導、公私の争い事の調停と、ケルト社会に重要な役割を果たしていたとされる。 カエサルの『ガリア戦記』によれば、ドルイドの社会的影響力はかなり大きかったようである。 争い事の調停あるいは裁決をし、必要があれば当事者に賠償や罰金を課した。 ドルイドの裁決を不服とした者は、社会的地位や信用を失った。 このほか、ドルイドは兵役や納税を免除される特権的地位にあった。 ドルイドの宗教上の特徴の一つは、森や木々との関係である。 プリニウスの『博物誌』によると、ドルイドが珍重したのはヤドリギの中でもロブル(オーク)に寄生した物だけで、彼らはオークの森を聖なる地とした。 彼らはヤドリギを飲み物にするとどんな動物も多産となり、あらゆる毒の解毒剤になると信じた。 近代になって発掘された古代ガリアの奉納物には、オークで作られた物が多い。 また、ドルイドが四葉のクローバーなどの希少な植物を崇拝していたということが伝えられている。 なお、神木の概念自体はケルト人に留まらず世界中に存在する。 比較宗教学においてドルイドは、古代ローマのや古代インドのブラフマンと関連付けられている。. 新しい!! 船渠(せんきょ)ともいう。 単にドックと言った場合は乾ドック(ドライドック)を指すことが多い。 船体を水から上げることは「上架」(じょうか)と呼ばれ、その際に船体を載せる台は「船台」(せんだい)と呼ばれる。. 新しい!! ウエルバ県とセビリア県にまたがっている。 ヨーロッパでも最大級の自然保護区でもある。 ユネスコの世界遺産に登録されているほか、生物圏保護区、ラムサール条約登録地にもなっている。 この国立公園は、毎年50万羽以上の渡り鳥や水鳥たちが越冬地に選ぶ楽園である だけでなく、多くの動植物にとっても良好な避難所となっている(後述 生態系参照)。 スペイン南部のアンダルシア地方に位置し、大西洋に注ぐグアダルキビール川右岸に広がっている。. 新しい!! 1627年に "New Atlantis" として英語で出版された。 この著書に出てくる架空の島の名はベンセレム(Bensalem)、理想の学問の府が「ソロモンの館」(Salomon's House である。 ベーコンはここで、科学技術の発達したユートピア世界と理想の国家を描いている。 この著作は未完のまま、ベーコンの死後に出版された。 ハーバード・クラシクスの第3巻に収められている。. 新しい!! ニューエイジという言葉は、魚座の時代から水瓶座の時代(Age of Aquarius)の新時代(ニューエイジ)に移行するという占星術の思想に基づいている。 グノーシス的・超越的な立場を根幹とし、物質的世界によって見えなくなっている神聖な真実を得ることを目指す。 ニューエイジ思想の運動は、ニューエイジ・ムーブメント New Age movement・ニューエイジ運動、NAMという。. 新しい!! ニュクスとはギリシア語で夜の意味で、夜の神格化である。. 新しい!! ホメロスとも。 西洋文学最初期の2つの作品、『イーリアス』と『オデュッセイア』の作者と考えられている。 「ホメーロス」という語は「人質」、もしくは「付き従うことを義務付けられた者」を意味する。 古代人はホメーロスを「詩人」()というシンプルな異名で呼んでいた。 今日でもなお、ホメーロスが実在したのかそれとも作り上げられた人物だったのか、また本当に2つの叙事詩の作者であったのかを断ずるのは難しい。 それでも、イオニアの多くの都市(キオス、スミルナ、コロポーンなど)がこのアオイドスの出身地の座を争っており、また伝承ではしばしばホメーロスは盲目であったとされ、人格的な個性が与えられている。 しかし、彼が実在の人物であったとしても、生きていた時代はいつ頃なのかも定まっていない。 もっとも信じられている伝説では、紀元前8世紀とされている。 また、その出生についても、女神カリオペの子であるという説や私生児であったという説などがありはっきりしない。 さらに、彼は、キュクラデス諸島のイオス島で没したと伝承されている。。 当時の叙事詩というジャンルを1人で代表するホメーロスが古代ギリシア文学に占める位置は極めて大きい。 紀元前6世紀以降、『イーリアス』と『オデュッセイア』はホメーロスの作品と考えられるようになり、また叙事詩のパロディである『蛙鼠合戦』や、ホメーロス讃歌の作者とも見做されるようになった。 主にイオニア方言などからなる混成的なは紀元前8世紀には既に古風なものであり、テクストが固定された紀元前6世紀にはなおのことそうであった。 両叙事詩は(ダクテュロスのヘクサメトロス)で歌われており、ホメーロス言語はこの韻律と密接に結び付いている。 古代において、ホメーロスの作品に与えられていた史料としての価値は、今日では極めて低いものと見做されている。 このことは同時に、西洋において叙事詩というジャンルを確立した文学的創造、詩としての価値をさらに高めた。 無数の継承者が出現し、21世紀のハリウッドにまで続いている。. 新しい!! エジプトの神々の中で最も古く、最も偉大で、最も多様化した神の一つである。. 新しい!! ボスポラス海峡とともにヨーロッパとアジアの境界をなす。 日本では、英語名のダーダネルス海峡がよく知られている。 新しい!! 大西洋に面する港湾都市で、アイウンの約550km南にある。 旧称ビリャ・シスネロス Villa Cisneros。 2006年当時の人口は約67,000人飯山「ダフラ」『世界地名大事典』3、582頁。 日本語ではダクラとも表記される。 リオ・デ・オロ地域の中心都市で、空港、無線局、インターネットカフェ、モスクなどがある。 1502年にスペインによって発見されたダフラには、1884年にスペインの軍事基地が建設され、現在もその名残がみられる。 ダフラの港は主に漁港として利用されている。. 新しい!! 北アフリカ諸国でアラブ人が多数を占めるようになった現在も一定の人口をもち、文化的な独自性を維持する先住民族である。 形質的にはコーカソイドで、宗教はイスラム教を信じる。 アマジグ人、アマジク人という呼称もこれ由来である。 ベルベルの呼称は、ギリシャ語で「わけのわからない言葉を話す者」を意味するバルバロイに由来し、ヨーロッパの諸言語で Berber と表記されることによる。. 新しい!! 正確に言えばベルベル語派またはベルベル諸語と呼ぶほうが実状に近い、少しずつ異なる同系統の言語群の総称である。. 新しい!! 現在はトルコ共和国のアジア部分をなす。 日本語ではアナトリア半島と呼ばれる事が多いが、英語圏では「半島」をつけない、単なるアナトリアであり、地形ではなく人文地理的な地域を表す言葉である。 新しい!! アマゾン川流域というと熱帯雨林地帯で、そこに住む人々は素朴な自然の民というイメージがあるが、少なくとも千数百年前までは低木草原地帯も多く存在しており、また16世紀のスペイン人の探検記録にも、巨大な現地人の集落が多数存在しているとの報告があり、また1720年の記録でも、「一日歩けば10-20の村を通り過ぎる」「道路はまっすぐで広く、きれいに管理されていて一枚の落ち葉さえ見当たらない」との報告もあるが、こうした古い報告は1970年代までなぜか無視されていた。 現在では、ヨーロッパ人渡来以前に、都市を中心とする複合社会がアマゾン河流域に存在していたことが判明しており、アマゾン河口のマラジョ島、マナオス周辺、上流のアクレ州、モホス平原、マットグロッソ州シングー先住民保護区等の地域で、そうした社会の存在が確認されている。 シングー地区では、13世紀ごろに、道路網で結ばれた多数の集落群が存在していた。 ただ、アマゾン流域のこうした社会は、ヨーロッパ人渡来以前に既に衰退していたのは確かなようで、その衰退の原因は現在のところ不明である。 ボリビアモホス平原付近においては、古代人は「ロマ」(スペイン語で丘の意味)と呼ばれる盛り土をした場所に居住し、各ロマを「テラプレン」と呼ばれる道路で繋いだネットワークを形成していた、とされる。 ロマやテラプレンに関しては、実際上空写真からその痕跡を確認することができる。 また、人造湖を作り灌漑用水を用いた農業を営んでいたとされ、今日でも2000以上の人造湖跡や農地跡が確認されている。 実松克義によると、この地域の文明は紀元前1000年頃から発展したが、西暦1000年以降は衰退を始めていたと言う。. 新しい!! 日本では長音記号を省略しアマゾン(亜馬森)と呼ばれるが、この語はそれが由来となった地名などを指すのに使われ、主にアマゾネスと呼び分けられる。 フランス語ではアマゾーヌ(Amazones)、ポルトガル語ではアマゾナス(Amazonas)、スペイン語ではアマソナス(Amazonas)という。. 新しい!! 人口820,654人(2012年)、都市圏人口は2,289,762人にのぼる。 商業や観光が盛んなヨーロッパ屈指の世界都市である。 オランダ語での発音は片仮名で表記すると「アムスタダム」に近い。 地名は「アムステル川のダム(堤防)」の意(「ダム広場」の項を参照)。 憲法に規定されたオランダの首都だが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館など首都機能のほとんどはデン・ハーグにある。 元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。 16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。 現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ無総督時代の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られる。. 新しい!! アモン(Ammon)、アムン(Amun)と表記されることもある。 その名は「隠されたもの」を意味する。 オグドアドの一柱。. 新しい!! 7世紀にムハンマド(マホメット)によってイスラム教が開かれ、中東・北アフリカを中心に勢力を拡大した。 もともとアラビア人をアラブと呼ぶが、日本では誤訳から始まった呼び方で定着した。. 新しい!! プラトンの弟子であり、ソクラテス、プラトンとともに、しばしば「西洋」最大の哲学者の一人とされ、その多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれる。 特に動物に関する体系的な研究は古代世界では東西に類を見ない。 イスラーム哲学や中世スコラ学、さらには近代哲学・論理学に多大な影響を与えた。 また、マケドニア王アレクサンドロス3世(通称アレクサンドロス大王)の家庭教師であったことでも知られる。 アリストテレスは、人間の本性が「知を愛する」ことにあると考えた。 ギリシャ語ではこれをフィロソフィア()と呼ぶ。 フィロは「愛する」、ソフィアは「知」を意味する。 この言葉がヨーロッパの各国の言語で「哲学」を意味する言葉の語源となった。 著作集は日本語版で17巻に及ぶが、内訳は形而上学、倫理学、論理学といった哲学関係のほか、政治学、宇宙論、天体学、自然学(物理学)、気象学、博物誌学的なものから分析的なもの、その他、生物学、詩学、演劇学、および現在でいう心理学なども含まれており多岐にわたる。 アリストテレスはこれらをすべてフィロソフィアと呼んでいた。 アリストテレスのいう「哲学」とは知的欲求を満たす知的行為そのものと、その行為の結果全体であり、現在の学問のほとんどが彼の「哲学」の範疇に含まれている立花隆『脳を究める』(2001年3月1日 朝日文庫)。 名前の由来はギリシア語の aristos (最高の)と telos (目的)から。. 新しい!! 日常語において「アルファベット」という単語は主にヨーロッパ系の言語の文字一覧を表すが、学術的には後述する定義を満たしさえすればヨーロッパ系の言語でなくともよい。 また、文字一覧はどの言語習得においても初期に学ぶことであるから、「学習の初歩」を意味することもある。 なお、英語の「alphabet」という単語は日常語においてもヨーロッパ系言語に限らない文字一覧を表す。 たとえばハングルはKorean alphabetと呼ばれる。 日本においては「アルファベット」の語は、世界でもっとも広く通用している代表的なアルファベットであるラテン文字(ローマ字)の代名詞としても定着しており、一方で(歴史的経緯により)「ローマ字」の語を日本語のラテン文字化に限定する用法も一般的である。 形式言語とオートマトンの理論の用語では、その対象とする文字列や文などに現れる要素(終端記号)を「アルファベット」という。 これは、一般的な用語のアルファベットとだいたい同様に文字のことを指すこともあるが、文字というよりは語にあたる「トークン」のことである場合もある。 詳細は、アルファベット 計算機科学 の記事を参照。. 新しい!! 2010年の都市的地域の人口は429万人である。 マケドニア国王アレクサンドロス3世(アレクサンダー大王)が、その遠征行の途上でオリエントの各地に自らの名を冠して建設したギリシア風の都市の第一号であった。 「地中海の真珠」とも呼ばれる港町アレクサンドリアでは、街中に英語の看板も多く、大きなサッカー場もある。 歴史的経緯から多くの文化的要素を合わせ持ち、独特かつ開放的でコスモポリタン、そこはかとなく欧米的な雰囲気が漂う国際観光・商業都市である。 国際機関も置かれ、世界保健機関の東地中海方面本部がある。 世界的な企業や組織の支部、支社が置かれ、現在は北アフリカ有数の世界都市にまで成長している。 近現代の世界では「アレクサンドリア」と言えば当地を指す場合が多い。. 新しい!! )は、ローマ帝国ユリウス・クラウディウス朝時期にアレクサンドリアで活躍したユダヤ人哲学者。 豊かなギリシア哲学の知識をユダヤ教思想の解釈に初めて適用した。 ギリシア哲学を援用したフィロンの業績はユダヤ人には受け入れられず、むしろ初期キリスト教徒に受け入れられ、キリスト教思想のルーツの1つとなった。. 新しい!! ホイッグ党および共和党に所属し、ペンシルベニア州選出連邦下院議員、ミネソタ州選出連邦上院議員、および第34代アメリカ合衆国陸軍長官を務めた。. 新しい!! 31巻からなる『歴史』を著した。. 新しい!! 広義には中央アジアのステップ地帯を出自とし、南はインド亜大陸、西は中央ヨーロッパ、東は中国西部まで拡大したグループ。 狭義にはトゥーラーンを出自としたグループを指す。. 新しい!! この場合、アーリア人という名前は拡大解釈される。 この拡大解釈された意味でのアーリア人をアーリア人種(アーリアじんしゅ)と呼ぶことがある。 学説としての根拠に乏しく、アーリア神話とも呼ばれる。. 新しい!! 死すべき定めの人間の世界 ミズガルズの一部であるともいわれる。 アースガルド、アスガルド、アスガルズ、英語でアスガード、ドイツ語でアスガルト、アガルタなどとも。. 新しい!! 40(Sir Arthur Ignatius Conan Doyle,,, 1859年5月22日 — 1930年7月7日)は、イギリスの作家、医師、政治活動家。 推理小説・歴史小説・SF小説などを多数著した。 とりわけ『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者として知られ、現代のミステリ作品の基礎を築いた。 SF分野では『失われた世界』、『』などチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『』やシリーズなどを著している。 1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得た。. 新しい!! 日本語では長母音を省略してアトラスともいう。 巨躯を以て知られ、両腕と頭で天の蒼穹を支えるとされる。 名前は「支える者」・「耐える者」・「歯向かう者」を意味する古印欧語に由来する。 ティーターン神族の一柱のイーアペトスとオーケアノスの娘クリュメネー(あるいはアシアー)の息子。 プロメーテウス、エピメーテウス、メノイティオスの兄。 アルカディアのキュレーネーにおいて、オーケアノスの娘プレーイオネーとの間にプレイアデスと称される7人の娘、すなわちマイア、ターユゲテー、ステロペー、メロペー、ケライノー、アルキュオネー、エーレクトラーをもうけた。 ヒュギーヌスによれば、他にもヒュアスたち(ヒュアデス)という5人の娘たち、さらにヒュアースという息子をもうけた。 またオーケアノスの妃であるテーテュースとの間に女神カリュプソーをもうけた。. 新しい!! )は、アフリカ北西部、モロッコからチュニジアにかけて東西に伸びる褶曲山脈である。 名称はギリシア神話の巨神アトラスにちなんでいる。. 新しい!! 中心部にパルテノン神殿がそびえるイオニア人の古代ギリシアの都市国家。 名はギリシア神話の女神アテーナーに由来する。 アッティカ半島の西サロニコス湾に面し外港ペイライエウスを有していた。. 新しい!! ギリシャには多数のアクロポリスがあるが、アテナイのアクロポリスは一般的に「アクロポリス」で通じる点に意義がある。 2007年3月26日、アクロポリスは正式にヨーロッパの文化遺産リストに卓越した遺産として発表された。 このアクロポリスはアテネの海抜の平らな岩の上に立っており、3ヘクタールの面積がある。 最初のアテナイの王ケクロプスにちなんだCecropiaという名でも知られていた。. 新しい!! 出身地にちなみナウクリティスのアテナイオスとも呼ばれる。 エジプトのナウクラティス出身。 スーダ辞典は「マルクスの頃の人」とのみ伝える。 しかしコンモドゥス(192年没)についてのアテナイオスの記述から推定するに、コンモドゥスのころまで生きていたらしい。 『食卓の賢人たち』における食卓と当時の料理の描写で知られる。 アテナイオスは自身の代表的な著作を、「タラッタ」(thratta)という魚についての論文(この魚はアルキッポスと他の喜劇詩人によって言及されている)およびシリアの諸王の歴史とみなしていたが、双方とも散逸した。. 新しい!! アテネはアッティカ地方にあり、世界でももっとも古い都市の一つで約3,400年の歴史がある。 古代のアテネであるアテナイは強力な都市国家であったことで知られる。 芸術や学問、哲学の中心で、プラトンが創建したアカデメイアやアリストテレスのリュケイオンがあり、西洋文明の揺籃や民主主義の発祥地として広く言及されており、その大部分は紀元前4-5世紀の文化的、政治的な功績により後の世紀にヨーロッパに大きな影響を与えたことは知られている。 今日の現代的なアテネは世界都市としてギリシャの経済、金融、産業、政治、文化生活の中心である。 2008年にアテネは世界で32番目に富める都市に位置し、UBSの調査では25番目に物価が高い都市に位置している。 アテネ市の人口は655,780人Hellenic Statistical Authority, Hellenic Statistical Authority EL. STAT. , 22 July 2011. 新しい!! アルテミス、ヘスティアーと同じく処女神である。 女神の崇拝の中心はアテーナイであるが、起源的には、ギリシア民族がペロポネーソス半島を南下して勢力を伸張させる以前より、多数存在した城塞都市の守護女神であったと考えられている。 ギリシアの地に固有の女神だが、ヘレーネス(古代ギリシア人)たちは、この神をギリシアの征服と共に自分たちの神に組み込んだのである。 日本語では主に長母音を省略してアテナ、アテネと表記される場合が多い。. 新しい!! 漢字表記は阿弗利加。. 新しい!! 新しい!! アイルランド海とも。 大西洋とはアイルランドとウェールズ間のセントジョージ海峡で南側、アイルランドとスコットランド間のノース海峡を通して北側で繋がっている。 また、アイリッシュ海の真中にはマン島が存在する。. 新しい!! ローマ近郊のプラエネステ(現在のパレストリーナ)出身。 アイリアノスが書いた文献は全てギリシア語で書かれており、著述としては教訓が漂う逸話集の『動物の特性について』や『ギリシア奇談集』が有名である。 なお、日本に於ける『ギリシア奇談集』は松平千秋、中務哲郎によって翻訳され、岩波文庫より出版されている。 『動物の特性について』にてサルデーニャやコルシカ沖で冬場を過ごし、しばしば波打ち際で人を襲う「海の羊」(シャチと解釈されることが多いが一説によればイッカクであるともされる)について語っているが、大洋近くに住む住民に伝わる寓話として、ポセイドンの子孫であるアトランティスの王が持つ権威の象徴であるクリオスの雄の皮で作られた帯を頭に巻き、王妃達はクリオスの雌の巻き毛を身に着けていたという話を紹介している。 また、未確認生物のムカデクジラにも言及しており、「スコロペンドラ」として記載がある。 古代末期には教師として多くの人々より尊重されたとされる。. 新しい!! 首都はダブリン。 島の北東部はイギリスのカントリーの一つである北アイルランドと接している。 独立前より北アイルランドも自国の領土であると主張し、イギリスとの対立と抗争を繰り返してきたが、1998年のベルファスト合意により領有権を放棄した。 2005年、『エコノミスト』の調査では最も住みやすい国に選出されている。. 新しい!! 後に、その一部はイオニア人と呼ばれる様になった。. 新しい!! 宇宙誕生以来のすべての存在について、あらゆる情報がたくわえられているという記録層を意味することが多い。 アカシャ年代記(Akasha-Chronik、Akashic chronicles、アーカシャ記録、アカシアの記録)とも。 近代神智学の概念であり、その他の現代オカルティズムの分野(魔術等)でも神智学用語として引き合いに出されることがある。 また、陰に陽に神智学運動の影響を受けている欧米のニューエイジや、日本の精神世界・スピリチュアル、占い、予言といったジャンルでも使われる用語でもある。 アカシックレコードが存在する科学的根拠はない。. 新しい!! )は、世界の大州のひとつ。 現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより、様々な定義がなされる場合がある。 アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつ。 古代では現在の小アジアを指した。. 新しい!! 諸島全体は自治権を持ち、一つの行政区でもある。 新しい!! 東洋研究、地質学、医学など幅広い分野で優れた業績を残した。 ヒエログリフの科学的研究と読解に取り組んだパイオニアとしても有名。 また伝染病がなんらかの微小生物によって引き起こされるという考えをはじめて実証的に示し、その説にもとづいた予防法を提案した。 当時のヨーロッパ学会における最高権威であったが、最晩年はルネ・デカルトなどの合理主義の立場から批判にさらされた。 その後忘れられていたが、20世紀の後半になって再びその業績の先進性と多彩さが評価されるようになり、「遅れてきたルネサンス人」とも呼ばれるようになった。 アリストテレス的方法論を自在に駆使しながら、同時に観察や実験を重視したという点において中世と近代をつないだ学者であるともいえる。. 新しい!! イリオン(イオニア方言形:イーリオン)、トロイア(アッティカ方言形:トロイア、イオニア方言形:トロイエー、ドーリス方言形:トローイア)、トロイ(英語:Troy)、トロイアー(古典ラテン語:トロイヤ)などとも呼ばれる。 現在のトルコ北西部、ダーダネルス海峡以南(同海峡の東側、アジア側、トルコ語ではトゥルヴァ)にあったとされる。 遺跡の入り口には、有名な「トロイの木馬」の複製が建てられている。 一般に、ハインリヒ・シュリーマンによって発掘された遺跡がイリオスに比定されている。 神話ではかなりの規模を持った都市国家であるが、現在発掘によって確認される遺跡は城塞以上のものではない。 ギリシア神話においては、アガメムノーンを頭とするアカイア軍に滅ぼされたとされ、そのあらましはホメロスの『イーリアス』をはじめとする叙事詩環に描かれている。 トロイの古代遺跡については、イリオス遺跡を参照のこと。. 新しい!! 新しい!! 印欧祖語(いんおうそご、いんのうそご)ともいう。 この言語の成立から崩壊までの期間は先史時代に当たり、文字が存在せず、全て口伝により子孫へと受け継がれたため、直接の記録が一切残っていない。 そのため、派生した言語からの推定により再構が進められている。 クルガン仮説によれば6000年前にロシア南部で、によれば9000年前にアナトリアで話されていた。 ラテン語・ギリシア語・サンスクリットなどの各古典言語をはじめ、英語・フランス語・ドイツ語・ロシア語などヨーロッパで話されている言語の大部分や、トルコ東部からイラン、インド亜大陸、スリランカにわたるクルド語・ペルシア語・ウルドゥー語・ヒンディー語・シンハラ語などの言語は、いずれもこの印欧祖語から派生して成立したとされる。 崩壊期の印欧祖語は豊富な接尾辞をもつ屈折語であったとされる。 これは、印欧語族の諸言語同士の比較再構による推定による。 印欧語族の言語は、屈折的語形変化の大部分を失ったものも多いが、英語も含めて依然全て屈折語である。 しかし近年の内的再構とその形態素解析により、より古い段階の印欧祖語ではセム祖語のように語幹内の母音交替を伴う屈折が起こっていた可能性が極めて高いことが判明した。. 新しい!! 印欧語族(いんおうごぞく、いんのうごぞく)と略称される。 この語族に属する言語を公用語としている国は100を超える。. 新しい!! 本種のみでイッカク属を構成する。. 新しい!! 新しい!! イシスはギリシア語であり、古代エジプトではアセトと呼ばれた。 ヘリオポリス神話では、ゲブとヌトの子供でオシリスの妹であり妻、セト、ネフティスの姉(セトの妹とされることもある)で九柱神の一柱。 またホルスの母。 別の神話によるとラーの娘。. 新しい!! 5世紀頃にブルターニュ地方西端の海に面した低地に造営され、大洪水によって一夜で姿を消したとされている。 フランス語ではYsと綴られるが、ブルターニュ地方に残るブルトン語(ブレイス語)ではIsと綴られる。 イスの名はブルトン語で「低地」を意味する Izel の語に由来すると言われている。 伝説が成立する以前、津波によりブルターニュ近辺の漁村がいくつか壊滅したことが知られており、その記憶が伝説の根底にあると考えられている。 また、一説によると、フランスの首都パリ Paris の名前はPar-Is (イスに匹敵する)に由来すると言われているが、これは俗説であり、パリの語源はガリア人の一部族であるパリシイ族(Parisii)のものである。. 新しい!! 現生は、いずれもウマ科に属するウマ、シマウマ、ロバの仲間、5亜属9種のみである。 狭義の「ウマ」は、このうち特に種としてのウマつまり学名で「Equus caballus」 と呼ばれるもののみを指す。 社会性の強い動物で、野生のものも家畜も群れをなす傾向がある。 北アメリカ大陸原産とされるが、北米の野生種は、数千年前に絶滅している。 欧州南東部にいたターパンが家畜化したという説もある。 古くから中央アジア、中東、北アフリカなどで家畜として飼われ、主に乗用や運搬、農耕などの使役用に用いられるほか、食用にもされ、日本では馬肉を「桜肉(さくらにく)」と称する。 軍用もいる。 学名は「Equus caballus(エクゥウス・カバッルス)」。 「equus」も「caballus」ともにラテン語で「馬」の意。. 新しい!! 現在はウラル語族とアルタイ諸語に分けられている。. 新しい!! 全宇宙を最初に統べた原初の神々の王とされる。 果てしなく巨大な体躯を持ち、無数の銀河系が鏤められた宇宙を常に身に纏っている。 ウーラノスとはギリシア語で 「天」 の意味で、天そのものの神格化である。

次の

19年2月号 文字情報:農林水産省

養豚場 ミックス 伝承級

p1 2007年度公開講座 (1)エネルギーと人類社会 作成: m-yasu, 2005. Jul. 改訂: m-yasu, 2007. Jul. 持続型社会を実現することは、社会の経済的な営みに関わる要素--- 資源、エネルギー、情報 ---だけでなく、人としての生き方に関係した人々の精神面での充実感、生きがいにもかかわる統合的な問題である。 その解決には、過去の人類の歴史や先人たちから学んだ知識と智慧に加えて、これからの10年、100年、1000年を見通したビジョンを一人一人がもって、これからの社会に能動的に働きかけていくことが求められる。 ここでは、先ず、エネルギー問題を取り上げ、さらにエネルギーとは何かとの知見に立って、持続型社会に求められる『環境調和型のエネルギーシステム』を考察する。 そのために、Web上にある資料を活用し、情報社会の知識の共有と構築について言及する。 環境調和型のエネルギーシステムの事例: - 江戸時代の里山 葛飾北斎 浮世絵「富嶽三十六景」から:、、、... から これらの絵から江戸時代の生活スタイルが伺える。 物を運ぶためのエネルギーは、すべて人力や牛馬。 物を加工するのも、これらの加え、現在で言う「バイオマス」(まきや炭などの植物起源のエネルギー資源)。 地域の村落は、里山という共同体組織のもと、エネルギーの供給と消費のバランスの取れた持続型、かつ環境調和型の営みをしていたと言える。 江戸時代から、明治時代へと移行できたのは、当時の社会に、変化に対応できるエネルギーの蓄積があったともいえよう。 - 、... のページから エネルギー供給の方式として、大規模集中型(例えば、遠隔地に100万kWクラスの発電所を設置し、エネルギー消費地の都市部に送電)と、小規模分散型(例えば、地域に必要な電力に見合う分だけを、地域で発電、かつ、送電網で地域間の交互接続)がある。 小規模分散型の電力システムは、持続型エネルギーシステムとして、最近、注目されてきている。 その代表例として、八戸市の試みを見てみる。 八戸市の試みは、幾つかの特徴がある。 ・地域で発電するための原料は、地域産の木質バイオマス(間伐材や木材チップ)や自然エネルギー 風力や太陽光発電 を使う。 ・過不足分は、自前の蓄電設備(鉛電池)とやり取りする。 電力系統は自立型。 風力や太陽光による発電は、風まかせ、天気任せで、発電量が不安定であったが、 自前の蓄電設備を用意することで、この欠点に対処している。 ・それでも過不足に到るときは、送電網を介して、外部の送電網と出し入れする。 この意味で、 自立・分散型を統合した電力ネットワークといえる。 ・問題点は、既存の大規模集中型に比べて、経費と人手がかかる点。 このシステムの試験運用を経て、各装置を技術的にも改善して、経費の問題を 解決することが課題。 Web東奥・社説 2004. から Web東奥:青森市に本社のある東奥日報社のWeb版の記事 農業、林業、漁業など、日本の古くからの産業は、 もともとエネルギー自給型の努力と工夫をしてきた。 特に、人口周密の消費型都市ではない地方の地域においては、 もう一度、現代の新しい智慧でもって、エネルギー自給型の取り組みを行い、 持続型社会のモデルとなりえないだろうか? と思って、調べていた時に、この Web東奥・社説に出会った。 この社説では、北海道・東北地方の例を挙げながら、読者に 地域での エネルギー自給を目指す努力を紹介している。 注目し、傾聴すべき意見である。 上記の八戸市新エネルギー等地域集中実証研究事業の図中の「東部終末処理場」では、統合型の電力系統とは独立しているが、発生する下水汚泥をメタン発酵させ、メタンガスから電気・熱をつくり複数の公共施設に供給することを計画中で、平成17年秋に実運用という。 しかし、2005年度(平成17年度)の年度でみると、 東北電力広域系統の電力を利用したのに比べ、経費は割高(約3倍) 但し、システム運転委託の人件費を除くと1. 4倍におさまるとの報告がある。 ( ) - 信頼できる蓄電システムの開発 このページ末の 参考文献:11. 蓄電システムとしての二次電池(蓄電池)参照 - その他の注目すべきプロジェクト... 青森県庁ののページから:• 青森県内の八戸市、横浜町、六ヶ所村、十和田湖町がそれぞれ ・新エネルギー等地域集中実証研究事業 「マイクログリッド」と呼ばれる「新エネルギーによる分散型エネルギー供給システム」 ・横浜地域バイオマス利用新電力供給事業 日本一の菜の花畑をはじめ広大な農地、それに大規模な養豚場、養鶏場があり、豊かな バイオマス資源に恵まれている。 町内で発生する畜産系バイオマスや菜たねの絞り滓などをバイオマス処理して、電力や 軽油や堆肥をつくる。 いわば、地域での循環型エネルギーモデルの事業。 ・六ヶ所地域バイオマス利用新電力供給事業 この地域の産業は、林業、漁業、酪農、果樹園、菜園の多様な一次産業。 ここから得られるバイオマス資源を活用して、電力や堆肥を生成。 また余熱は 有機ハウスプラントで利用。 さらに、シルバー人材センターの人たちの仕事の場となっている。 まさに、人と産業とエネルギー再生事業とが融合したあたらしい持続型社会を形成する モデルになっている。 ・十和田湖地域コージェネレーション発電事業 観光地でのエネルギー節約型の取り組み。 上記プロジェクトの図入りの紹介のページ。 青森県の環境・エネルギー産業創造プロジェクトに関連した ・再生可能エネルギーによる水素を利用した自立持続可能エネルギー構想 ・繊維系バイオマスから燃料用エタノールを製造する資源循環型実証事業 を紹介している。 これらのプロジェクトの成果を融合して、例えば 風力発電の余剰電力を、燃料用エタノール生成に活用することが期待できる。 また、出力が不安定な風力や太陽光の発電を、エタノールの形で貯蔵することも有望。 新エネルギー: 20世紀の工業社会の繁栄を支えてきたのは、エネルギー革命であり、19世紀の石炭に代わって石油が登場し、関連した石油工業技術の発展があったためである。 しかし、「このような石油に依存した工業社会の繁栄は、いつまでも可能なのだろうか?」と問い始められている。 地下資源は、有限であり、油田やガス田をはじめ、採掘可能年数は後何十年と言われている。 1970年頃から世界の油田は後40年程度と言われつつも、新しい油田の発見やそれまで採掘不可能と言われていた海底数千メートルの油田も発見され、かつ経済的に見合う費用で採掘できるようになり、40年近く経った今でも、後40年は供給可能と言われている。 石油は、発熱量が高く、取り扱いやすく優れたエネルギー資源であるが、量的には有限で枯渇の恐れがある上、油田が一部の地域に偏っているため、国家間の紛争のきっかけにもなっている。 ガス田については、規模は小さいが世界各地にその埋蔵が確認されている。 また、深層ガス田や深海の()としての期待もある。 今後のことを考えると、石油資源が充分使え、エネルギー問題に時間的な余裕のある現在、有限な地下資源に依存することの少ない、新しいエネルギー源を開発しておくことが急務である。 ここでは、先ず、新エネルギーの可能性を考察しよう。 - 、... (資源エネルギー庁)のページから 日本の(jaeのから)にしめる石油の割合は、現在は、約50%。 こののページには、1950年代からの貴重な資料がある。 (引用元:[]から) 参考: ・... のページから ・... のページから この21世紀のうちに、化石燃料に依存しないエネルギーシステムを開発することが 切実に求められている。 - 図:... から 新エネルギーの分類を分かりやすく表で示している。 新エネルギーの位置付けを技術面、経済性、普及の度合いから評価し、 石油代替エネルギーとしての可能性を提示 - 図:... エネルギーの基礎知識、「新エネルギーの動向と将来」から 上記の図表を、分かりやすい絵を使って、図示している。 新エネルギーの欠点は、エネルギー供給が自然任せで不安定なことと、経済コストが高いことである。 これらの欠点を解決するには、 幾つかの自然エネルギーそれに蓄電システムとを組み合わせて、統合的に制御することが必要。 近藤邦明 - 表:... エネルギーの基礎知識、「新エネルギーの動向と将来」から 2000年度の実績と2010年の目標とを示して、 今後の重点領域は何かを分かりやすく提案している。 2000年度で、一次エネルギーの中の新エネルギーの割合は、1%。 これを2010年には3%まで広めることを目標にしている。 再生可能エネルギー(自然エネルギー): 例えば、太陽光、風力、雪氷熱、バイオマス• 再生可能エネルギー(リサイクル・エネルギー): 例えば、廃棄物発電・廃棄物熱利用、廃棄物燃料製造、温度差エネルギー• 従来型エネルギーの新しい利用形態:燃料電池、天然ガスコージェネレーションなど について、図を使って、わかり易く説明している。 から 従来から使用している、石油、石炭、天然ガス、原子力、水力などに対して、新規開発のエネルギーを近畿地域での導入事例に即して、新エネルギーの特徴と課題、新エネルギー導入の基本方針、導入マニュアルを示している。 この中でも、[ 阪大 高城氏のレポートから]の試みは、導入効果と経済性が高く、今後の普及が期待される。 地域の産業を育成しながら、新エネルギーを普及させる取り組みには、他の地域でも参考にできる。 - 新エネルギーの動向と将来... エネルギーの基礎知識から 新エネルギー・産業技術総合開発機構の濱輝雄(はまてるお)氏の分かりやすい解説: 自然の力をエネルギーとして利用しよう、また、今まで捨ててしまっていたものを資源として有効利用しようという動機から見直された「新エネルギー」は、1997年に施行された「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法(新エネルギー法)」で、 「技術的に実用段階に達しつつあるが、経済性の面での制約から普及が十分でないもので、石油代替エネルギーの導入を図るために特に必要なもの」 と定義されている。 新エネルギーの短所:出力が不安定、まだまだコストが高い 長所:資源の枯渇に対する一つの解。 として、課題を抱えながらも、今後の開発が期待される分野。 から この1994年度の資料には、日本は1970年代の石油危機を契機に、原油の輸入に頼る脆弱なエネルギー供給の状況を改善すべく、エネルギー利用の効率化と代替えエネルギーの導入を進めてきた様子を分かりやすく図解している。 しかし、この資料の中のの図では、 新エネルギーの割合は、わずか3%となっている。 このままでは、長期エネルギービジョンとしては、まことに心もとない。 次の新エネルギー導入の事例を参考に、もっと積極的にエネルギー変革を進めるべきである。 - 新エネルギー導入の成功・問題事例:• 十五基計二万二千キロワットの風力発電施設が稼働。 町内消費量の二倍の電気をつくっている。 畜産バイオガスプラント:酪農(1万頭以上の乳牛)で出るふん尿から得られるメタンガスを使った発電、温水利用• 木質バイオマス発電:木材の加工くずを発電、暖房や給湯 葛巻町のこれらの取り組みにもかかわらず、風力の電力会社への売電には、買取価格で苦労していることがで指摘されている。 蓄電システムを併用した風力発電の電力制御の取り組みや、自然エネルギー導入支援の制度(電力グリーン証書制度)を検討する必要があると言えよう。 電力グリーン証書制度:風力発電などの自然エネルギーで起こした電力を証券化して、 電力会社や大口需要家に購入を義務づける制度 (参考:... 山形大学環境保全センター )• 十一基の風車で町の電力消費の約六割を発電• 今後、小規模水力や木材燃料による熱電併給(コージェネレーション)も進め、エネルギー完全自給を目指す• 立川町堆肥生産センター:有機農業と資源循環型社会をめざす。 - 町内で発生する生ゴミの全量を籾殻や畜糞と混ぜてコンポストを生産 - 安全で土にやさしい有機質完熟堆肥として水田に還元し有機米を生産 実際の運用について、山形県立川町への行政視察では、好意的な報告がなされている。 Hiroshi Takeさんはコメントで、雷や雪で風車の羽が破損したことを紹介している。 日本の風の特徴:「風力の変動が激しい」に耐えることのできる風車、炭素繊維などを用いた軽くて強い羽の風車の開発が求められる。 最近、 日本の風土にあった風車は、によって開発され、世界的なベストセラー機になっている。 その特徴は - 台風に対する強度:はね(ブレード)を真空蜂の巣構造 強度としなやかさ、軽さを実現、20年以上の耐用年数 - 騒音対策:ギアレス、かつ大型にすることで回転数を減らし騒音を減らした - 雷対策 :金属を使わないことで、対応した - 発電効率:2000kWクラスで、世界最高レベルの発電効率 弱風での効率を改善するため、はねの長さを大きくすることで対応• 京都市の取り組み: - バイオディーゼル燃料を市内のゴミ収集車に利用 - 家庭からの廃食用油の回収システムの構築にも着手 現在、市内約800拠点において年間約12万リットルの回収を実現 - 2000年4月からは一部の市バス約80台の燃料(20%混合)としての使用を開始 年間約150万リットルのバイオディーゼル燃料を使用 - 京都市南部クリーンセンター:2004年6月から稼働 日量5000リットルの日本最大級のバイオディーゼル製造プラント - バイオディーゼル燃料のより一層の普及のため、品質を規格化 - 全国に広めていくために、バイオディーゼル燃料利活用推進自治体フォーラムを開催 (回収ルートの整備やバイオディーゼル加工技術の開発支援) 欧米やブラジルではバイオディーゼル燃料の利用が一般化しつつあり、軽油との混合燃料などは広く普及している。 ブラジルはサトウキビ、米国は大豆、トウモロコシ油、欧州では菜種油を利用。 従来は廃棄物として焼却処分していたトウモロコシなどの搾りかす(主成分はセルロース)からバイオ技術を使ってエタノール(アルコール)を合成し、軽油に混ぜ、混合燃料として使う。 糖が大きな割合を占める農作物と違って、セルロース等の多いし搾りかすは、通常の微生物では発酵できなかった。 しかし、バイオ技術を使ってある菌の遺伝子を大腸菌に組み込んでつくりだした微生物を用いるとエタノール発酵させることができる。 採算性には、まだ問題があるが、地方自治体の支援を受けて、日本でも広まりつつあり、バイオディーゼル燃料事業を起こす企業(例えば、)も現れている。 を始めている月島機械株式会社バイオ事業推進部も、大いに期待したい事業で、されている。 月島機械のは、アルコールをリッターあたり30円以下で生成できるという。 今後の普及に期待のもてる事業といえる。 エネルギーの源は、重力エネルギー: クリーンエネルギーと言われる太陽光や風力、水力をはじめ、地下資源の原油や石炭なども、太陽エネルギーが形を変えたもの。 さらには原子エネルギーのウランすらも、星の内部での元素生成とその後の星の爆発によって生成されたものである。 人類の利用するエネルギー資源は、太陽をはじめ銀河宇宙の星の中で引き起こされた様々な反応 --- 重力エネルギーによって星の中心部の温度が数億度の高温になり、核融合反応が始まり、引き続き、元素生成核融合反応へと進み、最後には超新星爆発を通して鉄よりも重い「ウランなどの重元素形」が生成され、宇宙にばらまかれた。 --- これが、最近の宇宙論によって明らかにされたエネルギー観である。 詳しくは佐藤文隆の宇宙のしくみとエネルギー(朝日文庫)参照。 参考ページは:(宇宙のしくみとエネルギー) つまり ・ウランは、はるか昔の星からの恵みがウラン資源となって地殻内に閉じ込められたもの。 ・石炭鉱や油田は、1億年前の太陽エネルギーを蓄えた有機物(植物やプランクトンなど)が地殻の中で変化したもの。 深層ガス田については、地殻中の炭素や水が変成したものという無機物起源の意見もある。 この意味で、資源の枯渇が言われているが、海底資源や深部地下資源によって、後100年程度は現状を維持できよう。 その後の時代のエネルギー源は、ここで紹介された様々な源--- 身の回りの生活廃棄物からはじまって、自然エネルギーだけでなく、原子核エネルギーの有効利用も視野に入れて、開発してゆくことが期待される。 環境倫理の立場から: この21紀の持続的社会の構築で留意すべき点は「エネルギー資源の枯渇」ばかりでなく、食料や水も注目されている。 ・食料は、人々の労働や耕作機械等で作り出されたものであり、 一面ではエネルギーの集約された製品 ・食料は、水資源の結晶という側面もある。 例:小麦やトウモロコシを1トン生産するのに水2トン必要。 (参照:... 東大 沖、かなえ研究室) エネルギー、食料、水といった資源の持続ある有効利用を考えるには、技術的な側面に閉じないで、で論じられているように、人々の生活スタイルを浪費型から節約型(消費は、できる限り押さえ、財は将来の世代のために有効に活かす)に変革する意識改革も大切。 その際、注意すべき点は、 ・一度に、革命的に問題解決しようとするのではなく ・小さな改善、改革の積み重ねを、一つ、一つ積み上げ、まわりに伝え、次の世代に伝承してゆくことが、大切。 ・特に、子や孫の世代の幸せを考えて、自らの行動を律することが求められる。 そのような改革の中で、特に注目したいのを以下に参考文献として挙げる。 これらは、環境教育リンク集に登録されているサイトの中からの抜粋である。 参考文献:• (メタンハイドレート編)... 秋山守、 財団法人• 秋山守、 エネルギー総合工学研究所 上記2つのページは、エネルギー、環境問題に総合工学の視点から取り組んでいる「(財)エネルギー総合工学研究所」の定期刊行物の電子版。 循環型社会の構築を検討する上で、信頼できる優れた内容。 財団法人 毎年、一つのテーマを決めて電子版の刊行物を出している。 信頼できる内容であり、精読に値する。 主な項目は、 ・2003年度:、 ・2002年度:、 ・2001年度:、 ・2000年度:、 ・その他 : 1997 、 1992 、 1988• 大森 良太、 バイオマスを再生可能エネルギーとしてとらえ、 このバイオエネルギー資源の分類とエネルギー変換・利用技術について検討し、 エネルギー資源として評価を提示している。 千葉幸弘、 「生命誌」通巻30号Vol. 8 No. 1 このページの、から ウラン235 1トンから得られるエネルギーは 石炭300トン相当、石油240万キロリットル相当。 青森県は、原子エネルギーの特徴に着目して、貴重な「資源エネルギーのページ」公開している。 「エネルギーの現状」の章の項目:「くらしと電気」、「エネルギーと環境問題」、「発電方式の特徴と自然エネルギーの特性」、「」 これらについて、図を使って、分かりやすく解説している。 エネルギー問題の現状と将来を考える時の、参考になるページ。 近藤邦明、 [HP『環境問題』を考える]から 地球温暖化の問題を、原因を炭酸ガスという一つの因子に限定する狭い見方を取らずに、地球史の立場から、また、地殻運動、水圏、大気圏のエネルギー循環の視点から論じている。 地球は、これはで、氷河期が安定状態であり、温暖化の期間は限定的であったと言う意見は注目に値する。 また、[HP『環境問題』を考える]の中の、近藤氏のも一読の価値はある。 但し、これは、参考意見と受け取った方がよい。 なぜなら、石油代替エネルギー供給の設備は、長期にわたって利用すると、採算が改善される点に言及していないからである。 - 地球と惑星の比較から -... 倉本 圭 北大惑星物理学研究室• この中のから• 蓄電システムとしての二次電池(蓄電池)• テクノナレッジ・ネットワーク• 東北大学水崎研究室ののページから• TOSHIBA REVIEW f01 '98. 技術情報• から 従来の電気二重層キャパシタの電極をナノテクを活用した活性炭素に改造し、充放電流を制御する電子回路を組込んで、蓄電性能を10倍近く改善した。 この電池は、ホンダの燃料電池車FCXハイブリッドカー、日産ディーゼルのキャパシタハイブリッド・バスをはじめ、電力貯蔵システムや、省エネルギー型のコピー機など多くの分野で応用されている。 このキャパシタ技術のページには、 - - - など、密度の濃い内容は、精読の価値がある。 風力や太陽光などの自然エネルギーの 出力が不安定という問題解決のカギが、ここにある。 東芝:プレスリリースから• 太陽電池• シャープ 「変換効率」は28.5%の「単結晶化合物」型の太陽電池。 幅広い応用が期待される。 また、厚さ数ミクロンの電池は、シリコン資源の有効利用、製品の低価格化の点からも注目される。 太陽光発電の単価は、原子力発電の10倍程度高い。 バイオマス、廃棄物利用等• ポリエチレンなどの廃プラスチックを加熱処理し、メタンやイソブタンなど都市ガスにも使われている燃料用のガスを取り出す。 ガスは処理費用の2倍以上の価格で売却できる見通しで、プラスチックのリサイクルが大きく進みそう。 この手法に、独立行政法人・産業技術総合研究所(茨城県つくば市)、有限会社・高分子分解研究所の研究グループが成功。 ガス1キロを得るのに必要な費用は約50円。 できたガスは1キロ120円で販売できる。 すでに大量処理一歩手前の小型装置が完成し、1年半から2年で実用化が可能。 廃プラスチックのリサイクルには従来、化学処理して重油を取り出す方法があったが、50円程度の重油1キロを取り出すのに約80円かかり、採算がとれなかった。 中国四国農政局のページから エネルギー利用として期待されるバイオマス変換技術、「燃焼」、「熱科学的変換(ガス化、液化、炭化)」、「生物化学的変換(メタン発酵、エタノール発酵、二段発酵)」などを評価している。 そのような方向付けの一つがハイブリッドエンジンによる燃費の改善であり、もう一つは、燃料電池車。 後者については、価格と耐久性に問題があり、その普及には2030年以降になると思われる。 それまでは、ハイブリッドエンジンが有望。 最近、もう一つの可能性が見えてきた。 それは、電気自動車の可能性である。 エンジンを車輪に組み込み、燃費を改善し、高性能のリチウム電池の開発と相まって、その有望性が高まってきた。 問題は、まだ高価なこと。 エネルギー総合工学Vol29 No. 4 2007. 1 から また、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にある以下の資料も、参考になる。 () 今後、燃料の価格上昇とともに、動力エンジンも、さまざまな改良が加えられてゆく。 これからが楽しみである。 m-yasu [].

次の

イベントハントぶた図鑑

養豚場 ミックス 伝承級

中学生の頃って、そういう些細な事 ごめんね。 大人になると些細と言い切れるの でも 深刻になっちゃうんですよね。 すべては『所詮』夢です。 恐い夢をみたら警告とでも思ってありがたく受け止めとけばいいの。 それにね、例えば大地震の夢を見たとしても、現実で地震として揺れるとは限らないよ。 貧血気味で眩暈を起こす「揺れ」かもしれないし。 細木数子みたいな「お婆ちゃん」はね、昔はそこらじゅうにいたの。 子供に色んな伝承を聞かせて驚かせて、それで見えない力を敬虔に受け止める事を伝えていたのね。 「いつでも神様が見ててくれる」って私も祖母から脅かされました もちろん逆さ夢の話も。 だからゴミのポイ捨てなんて恐くて出来ないの。 でも真っすぐに頑張っている事も見ててくれるなら、正しく生きていれば恐い事なんてないの。 ね? 付け足しとくけど、自分は宗教とは無関係。 あえて言うなら婆ちゃん教。

次の