ママレード ボーイ おもちゃ。 大人が見たい『ママレード・ボーイ』アニメ版!あらすじ・相関図・見所紹介

ママレード・ボーイ : 作品情報

ママレード ボーイ おもちゃ

『ママレード・ボーイ』とは? 『ママレード・ボーイ』は1992年5月号から1995年10月号まで集英社の少女漫画雑誌『りぼん』で連載され、1994年からテレビ朝日系列でアニメ版が放送された人気作品です。 愛称『ママレ』として長い間親しまれてきました。 画像出典:Amazon 原作者は吉住渉(よしずみわたる)先生で、 りぼんマスコットコミックスは1~8巻の全8巻完結となっています。 一方の完全版は集英社ガールズコミックスから全6巻です。 アニメ版は全76話プラス劇場版で、DVDやブルーレイのメモリアルボックスが発売されています。 原作には出ていないオリジナルキャラクターが登場するなど、 アニメ版にはアニメ版の魅力があります。 それは光希が中学生の時に、銀太にラブレターを書いて告白しようと試みるものの、男子の中で回し読みしされてフラれてしまうというもの。 それをきっかけに光希は銀太を友達として見ることを決めていますが、高校生の今になって銀太が自分のことを好きだったと知って戸惑います。 だんだん遊に惹かれていく自分と、銀太との昔の思い出が拭えない自分との中で、光希が葛藤しながら成長していく姿が可愛らしく描かれています。 一方の遊は両親S(りょうしんず)の関係の不自然さを疑い 、実は光希と兄妹なのではないかという疑問を抱えるようになっていきます。 自分の出生への疑問と光希への恋心を内心に抱えながら自分の道を模索していきます。 注目したいカップル• キャラクターたちは 1人1人バックグラウンドや悩みなどの機微をしっかり描かれていますし、10代の頃のちょっと複雑な恋愛は、どこか懐かしい印象も与えてくれます。 大人でも青春時代を思い出して楽しめるのがママレード・ボーイの素敵なところです。 アニメ版のキャスト(声優)さん 演じているキャスト(声優)さんを見てみましょう。 キャスト 小石川光希: 國府田マリ子 松浦遊: 置鮎龍太郎 須王銀太: 金丸淳一 秋月茗子:山崎和佳奈 鈴木亜梨実: 久川綾 小石川仁: 田中秀幸 松浦(旧姓:小石川)留美: 川浪葉子 松浦要士: 島田敏 松浦(旧姓:松浦)千弥子:江森浩子 三輪悟史: 太田真一郎 名村慎一:古谷徹 六反田務: 田中一成 佐久間すず: 丹下桜 土屋蛍: 石田彰 ヒロインの光希を演じているのは 国府田マリ子さんです。 まもって守護月天のシャオリン役などを務めた声優さんです。 ピュアな声質で、ちょっと天然なキャラクターがぴったり合う声優さんです。 松浦遊を演じているのは 置鮎龍太郎さんです。 地獄先生ぬ~べ~の鵺野鳴介(ぬ~べ~)役を務めています。 ママレの時は爽やかな好青年な演じ方ですが、最近のアニメでは大人の魅力のある男性役も演じていらっしゃいます。 残念だった・おすすめできないポイント(ちょっと辛口)• 明るくて前向きなヒロイン光希の感情の移り変わりが表現しきれていない• 非常識だけど明るくて人間味のある両親Sのはっちゃけた感じがない• 登場人物が繊細に悩む心の動きがまるで伝わってこない• 原作ファンはどうしても「ママレはこんなに暗い作品じゃない」と思ってしまう 役者さんのファンなら、青春映画のひとつとしてこの映画を観てとても楽しめると思います。 しかし原作やアニメのファンなら、少し残念になってしまうかもしれません。 『ママレード・ボーイ』の魅力を本当に知りたいなら「アニメや原作を観てほしい!」というのが、筆者の正直な本音です。 実写映画化を記念して、アニメの第1話がYouTubeで無料公開されています! 13年後が舞台の『ママレード・ボーイ little』も大人気! 原作者の吉住渉先生が、集英社の少女漫画雑誌『Cocohana(ココハナ)』で2013年から2018年まで連載していました。 光希と遊、銀太と亜梨実さん、茗子と名村先生の未来の様子も垣間見れます! 『little』では新キャラクターが登場! 新しいキャラクターとしては、両親Sの子供である 松浦立夏(まつうらりっか)と 小石川朔(こいしかわさく)が登場し、桐稜大学附属中学校を舞台に新たなストーリが生まれます。 画像出典:Amazonより 立夏と朔は光希と遊の弟&妹にあたるのですが、 ママレファンならおもわず「なつかしい!」と叫びたくなるような雰囲気が繰り広げられています! さらに茗子と名村先生の息子の名村碧(なむらあおい)との関係も相まって、またまた三角関係になっています!ぜひ読んでみてくださいね。 少女漫画はたいていどの作品も、主人公とヒロインの思いが結ばれるだけで終わります。 でも、ママレはどのキャラクターも新しい自分の恋(気持ち)を見つけるところまで描かれているのが素敵なところなのよ! 光希は遊に「遊ってママレードに似てる!ほんとはすっごく苦い所があるのにみんなうわべだけで気づいていないの!ママレード・ボーイ!」と言うのに対して、遊は「じゃあ、光希はピリピリ辛いばっかの、マスタード・ガール 笑 」と返します。 こんな 他愛ない2人のやりとりの温かさや、家族への思いやりが凝縮しているのが『ママレード・ボーイ』という作品の魅力ではないでしょうか。

次の

『ママレード・ボーイ』ボイスメモなど『りぼん』創刊60周年記念3作品のアイテムが復刻&商品化

ママレード ボーイ おもちゃ

ママレード・ボーイ 漫画 作者 出版社 掲載誌 発表期間 5月号 - 10月号 巻数 全8巻 アニメ シリーズディレクター 矢部秋則 シリーズ構成 キャラクターデザイン 音楽 アニメーション制作 製作 、、東映 放送局 系列 放送期間 - 1995年 話数 全76話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 ママレード・ボーイ』(Marmalade Boy)は、による作品。 の誌『』にて1992年5月号から1995年10月号まで連載された。 1994年から1995年にかけて化、アニメの前日譚に当たるストーリーが化、2001年にで化されたほか、2018年には日本で実写映画化された。 単行本全8巻、全6巻。 シリーズ累計1000万部。 全編に渡ってが繰り広げられる。 あらすじ 小石川 光希は、ある日いきなり両親から「する」ことを告げられる。 ハワイ旅行で出会った 松浦夫婦と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたため、お互いパートナーを交換してするのだと言う。 しかも、松浦夫妻の息子の 松浦 遊も含めて、みんなで一緒に暮らそうとまで言い出す始末。 そんな非常識な生活の中、一緒に暮らす遊に惹かれ始めていく。 やがて二人は付き合うようになるが、遊は『自分の本当の父親』を探していた。 そして両親たち4人がハワイ旅行で出会ったのではなく、学生時代からの友人であったことを知り、自分と光希が『血のつながった兄妹』である可能性を疑うようになる。 遊は光希に別れを告げて、進学先を『京都工業大学』に決める。 大学に進学しても遊を忘れられない光希は遊に会うために京都に行くが、遊は「彼女がいる」と嘘をつく。 しかし、夏季休みで帰省した際、気持ちを抑えきれなくなった遊は自分達が『兄妹』であることを光希に打ち明ける。 最後の思い出として北九州への旅行をした二人は、たとえ禁断の関係であっても結婚することを誓い合う。 帰宅した二人は両親たちから『過去についての真実』を聞かされる。 登場人物 主要人物 「声」はテレビアニメ版の担当声優、「演」は、実写映画版の担当俳優。 身長152cm。 3月28日生 おひつじ座、血液型はA型。 元気で明るく少し子供っぽい性格。 1歳までで生まれ育った。 料理の腕前はあまり良くない。 英語の成績もあまり良くない。 テニス部所属。 黒髪の肩までのセミロングだが、ポニーテールにしていることが多い。 過去の中学時代に銀太のことが好きだったが、行き違いから結果的に銀太にこっぴどく振られる形になってしまう。 仲直りして良き友人になったが、それ以降銀太に恋愛感情を持つことはなくなった。 その後、両親の離婚・ダブル再婚によって、同居生活することになった遊に惹かれる。 ほどなくして両親達には内緒で付き合うことになる。 6月3日生まれの、血液型はB型。 美少年で、成績優秀、スポーツ万能、更に料理上手。 そのため、多くの女性に好意を持たれた。 一見気障に見えるが、自分の本心をさらけ出せない所があり、親友や彼女といった特別な存在を持たない億劫な一面があった。 しかし中学時代に亜梨実に好意を寄せられ、推しの強さに負け3カ月の期間限定で亜梨実と付き合うことになる。 しかし、亜梨実には特別な恋愛感情を持つことができなかった。 その後、両親の離婚・ダブル再婚によって同居生活を送ることになった光希に惹かれるようになり、恋人同士になる。 中学時代はテニス部所属で、しかも銀太より上手。 に関心があり、の建築作品を巡っている。 高校卒業後、建築を学ぶために京都工業大学へと進学する。 要士と再婚し、後妻となった遊の義母。 料理はかなり下手。 会社勤務(アニメでは、洋酒メーカー勤務)。 旧姓:児嶋。 仁と再婚し、後妻となった光希の義母。 洋酒メーカー勤務(アニメでは、化粧品会社勤務)。 旧姓:並木。 一本気で直情的な性格。 4月10日生まれのおひつじ座、血液型はO型。 中学時代、光希のことが好きだったにも関わらず、ふとした行き違いから光希を振ったような形になり、その後仲直りしてからはよい友人関係を続けているものの、光希のことが長い間好きだった。 遊の恋敵的存在。 後にテニス部所属で、同学年の中ではエースの実力者。 後に亜梨実と恋仲になる。 文芸部所属。 10月28日生まれのさそり座、血液型はA型。 背中までのロングヘアでパーマをあてている(中学生の時はストレートヘア)美人でミステリアスな性格、口調も丁寧で大人っぽく人当たりもよいが、気が強い面もある。 文学少女で、初めて書いたで賞を取っている。 好きな作家は。 豪邸に住むお嬢様だが家庭環境は複雑であり(いわゆる)、たびたび凄まじい罵りあいが始まるほど険悪で、そのことから精神的に苦悩する日々を送っていた。 名村と恋仲にあることを親友の光希にも隠していた 遊には、知られてしまった。 だが、自身が両親の罵りあいに堪りかねて家を飛び出し、名村のアパートへ駆け込んだ所を近所に目撃されたことがきっかけとなり学校に発覚、数日間の自宅謹慎を言い渡された。 名村と別れた後三輪から好意を持たれるが名村が忘れられず、高校卒業後は両親からされる形で名村のいる広島へ行き、ヨリを戻した(アニメでは一度断られたが、三輪が名村に向かって彼女を巡る殴り合いを止める形で復縁した)。 その後入籍してマンションで2人で暮らしている。 父親は建築家。 すずの従兄弟。 長身・長髪の美形で、女好き。 茗子に好意を持ち、強引にアタックする。 一時期、遊と一緒にいることが多いことから「遊とはではないか」という噂が立っていた。 いて座のAB型。 担当教科は英語。 男子テニス部顧問。 うお座のA型。 8歳違いの茗子と恋をしたことについて「まいったなあ おれかなあ」とぼやきつつ真剣に愛している。 生徒からの信望は厚く、慕われている。 愛称 なっちゃん。 アニメでは、桃井亮子とは元同級生、大学卒業後は母校の教師になった。 茗子と密かに付き合い、二人の関係が発覚して責任を取る形で教師を辞めて学校を去った後 故郷の広島へ帰り、実家の不動産屋を継いでいるが、後に高校を卒業して彼を追いかけてきた茗子と結婚する。 シャギーの入ったショートカットヘアで快活な性格の美人。 男子生徒からはかなり人気がありファンクラブまであった。 私立榊学園高等学校に通っている。 性格は活発で気が強い。 陸上部所属。 高校卒業後は、桐稜大学へ進学する。 長い間、遊が好きだったため、3カ月の期間限定で交際するように。 だが、「やっぱり好きになれない」と別れを告げられ、遊に怒りを爆発させ「 あんたは一生 マトモななんてできないわよ!」とぶちまけた。 後に、失恋の傷を癒すうちに銀太と恋人になる。 獅子座のO型。 六反田務(ろくたんだ つとむ) 声 - 銀太の従兄弟で、銀太とは犬猿の仲。 かに座のB型。 亜梨実が大好きで、小学校の頃から彼女に対して行為をしている。 遊と銀太を勝手にライバル視しているが、遊には全く相手にされていない。 亜梨実と同じ高校で、テニス部所属。 遊と銀太とのに敗れ、丸坊主になる。 高校卒業後は榊学園の大学へと進む。 アニメでは高瀬弥生という恋人が出来る。 かわいらしい外見の中学生で、売れっ子美少女モデル。 無邪気で、思いこみの激しい性格。 綺麗なものが好きで一目惚れした遊と茗子をカップルにしたがっていた。 その後、楽器屋で蛍と会いその名前を気に入り、蛍を追いかけまわす。 てんびん座のB型。 土屋蛍(つちや けい) 声 - 光希のバイト先の同僚。 光希より1歳下。 が得意で、高校でもピアノ科に所属しているが、周りのしがらみや嫉妬に嫌気がさし、高校を休学して通っていなかった。 光希に惚れるが、振られる。 みずがめ座のAB型。 茗子の両親 声 - (父親)、(母親) 2人とも会社を経営する資産家だが、夫婦仲は険悪で互いに愛人がいる。 しかも世間体と経済的事情により家庭内別居の状態でもある。 娘が名村と付き合っていることを苦々しく思っており、親子との仲も険悪である。 原作では本人たちは登場せず、アニメでも長らく声だけの登場で、正式に顔を見せたのは57話のみであった。 アニメオリジナルキャラクター 桃井亮子(ももい りょうこ) 声 - 光希たちのクラスの副担任で、美人な国語教師。 クラスメイトだった名村が辞めた後、光希たちのクラスの担任になる。 女子テニス部顧問。 生徒たちから人気がある。 大学卒業後、母校の教師になった。 名村に片想いしているが、彼の気持ちを知って身を引く。 木島拓路(きじま たくじ) 声 - 遊のバイト先の古着屋の店長。 肩まで伸ばした髪とサングラスが特徴。 名村と桃井とは高校時代からの友人で、先輩と後輩の間柄。 実は原作でも登場している。 高瀬弥生(たかせ やよい) 声 - 六反田の彼女。 42話にて登場、48話では別の男が好きだったが、振られた直後に六反田と再会、以後付き合う。 北原杏樹(きたはら あんじゅ) 声 - 遊の幼馴染。 通称は アンで、遊だけが呼ぶ。 穏やかな感じの美少女で、病弱である。 遊との出会いは、遊が小学校6年の頃、父要士の問題で1人沈んでいた時、杏樹が背後から『』の本を、『赤毛のアン』作中、アンがギルバート・ブライスの頭を石版で叩いた逸話に倣って叩き、振り向かせたのがきっかけである。 遊に好意を持っているが…。 おとめ座のA型。 マイケル 声 - 光希たちの家にに来たアメリカ出身の留学生。 明るくて物怖じしない性格で、日本の色々なものに興味を示す。 光希に惚れるも振られ、最終的に杏樹と親しくなった模様。 ブライアン 声 - 遊の留学先でのクラスメイト、マイケルの兄。 ジニーのことが好きでジニーを巡って遊と衝突するが、最終的にはドリスと付き合う。 ウィル 声 - 遊の留学先でのクラスメイト兼ルームメイト。 おとなしく、繊細な性格の反面、意外と芯は強い。 遊に対して意味深な態度をとるが…。 ドリス 声 - 遊の留学先でのクラスメイト。 ブライアンに気がある様子。 ジニー 声 - 遊の留学先でのクラスメイト。 アメリカ美人で、遊に好意をもち積極的にアプローチを繰り返すが、最終的にはウィルと付き合う。 ヒーロー物ごっこをしてる子供達で、光希のことを「タオル怪人コイシカワ」と呼ぶ。 書誌情報 コミックス 単行本 りぼんマスコットコミックス 全8巻 第1巻 1992年12月発行 第2巻 1993年6月発行 第3巻 1993年10月発行 第4巻 1994年4月発行 第5巻 1994年9月発行 第6巻 1995年2月発行 第7巻 1995年8月発行 第8巻 1996年2月発行 完全版 集英社ガールズコミックス 全6巻 第1巻 2004年3月発行 第2巻 2004年4月発行 第3巻 2004年5月発行 第4巻 2004年6月発行 第5巻 2004年7月発行 第6巻 2004年8月発行 文庫版 集英社文庫(コミック版) 全5巻 第1巻 2008年5月発行 第2巻 2008年5月発行 第3巻 2008年7月発行 第4巻 2008年7月発行 第5巻 2008年8月発行 その他 小説化 全10巻 第1巻 1994年7月発行 第2巻 1994年9月発行 第3巻 1994年11月発行 第4巻 1994年12月発行 第5巻 1995年3月発行 第6巻 1995年4月発行 第7巻 1995年7月発行 第8巻 1995年10月発行 第9巻 1995年12月発行 第10巻 1996年3月発行 全1巻 映画ノベライズ ママレード・ボーイ 2018年3月発行 全1巻 映画ノベライズ ママレード・ボーイ みらい文庫版 2018年3月発行 画集 ママレード・ボーイ 吉住渉イラスト集 SGコミックススペシャル 1995年1月発行 テレビアニメ この節には、:2004 で規定されている文字が含まれています()。 アニメはとの共同制作により、(当時ANB)(局)にてからまで放送されたほか、系列外では()、、(いずれも、後者はスポンサードネット)、では((メイン)・日本テレビ系列(NNNのみ)との3系列クロス)で時差ネット放送された。 全76話。 『』( - )以来の女児向け作品である。 また、それまでサブで参加していた関弘美が初めて初回からメインで担当し、以降10年間、同枠のメインプロデューサーとして女児向けの作品を担当していくことになる。 その特徴の一つとして本作からアイキャッチの時間が長くなったことが挙げられる。 アニメオリジナルキャラの登場やアニメオリジナルストーリーもあった。 当初は1年間の放送予定だったが、好評により放送期間が半年延長された。 なお、最終回の放送日は、原作の最終回が掲載された『りぼん』1995年10月号の発売日にほぼ合わせたものだった。 本作は対象年齢が女児向けアニメとしては高めで、プロデューサーの関弘美によると『』の「卒業生」狙いだったとしている。 ただ、実際にはスポンサーの関係上、年少者向けの関連商品も一部発売されていた。 原作者吉住も名村と六反田の髪の色指定 、高校時代の名村 、アニメオリジナルのキャラクター(杏樹、マイケル、ウィル、ブライアン、ドリス、ジニー) 、3頭身キャラ のデザインで制作に参加している。 一方でアニメの感想としてキスシーンの長さに不満を漏らしている。 実写映画()製作発表を記念し、東映アニメーションは2017年4月からで本作の第1話を配信している。 スタッフ• プロデューサー - 藤田高一郎(朝日放送)、亀山泰夫(ASATSU)、(東映動画)• 原作 -• シリーズディレクター - 矢部秋則• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン - 、吉住渉(ノンクレジット)• 音楽 -• 美術デザイン -• 美術 - 伊藤岩光、下川忠海、井出智子、襟立智子、千田国広、石渡俊和、塩崎広光• 仕上 - ピーコック• 色指定 - 坂本陽子、衣笠一雄• 仕上検査 - 五木田幸子、ファティマ・アンニョンヌエボ、マリージュン・リッセン、堀内由美、ジャネット・セロネス、ジュン・イバンジェリスタ、ベッツィ・マリクダン、サンディ・パルマ、マルガリータ・スアリス、多賀鉄男、大堀陽子• 特殊効果 - 中島正之、ラリー・バスカグ、ラリー・ブラヒノ• 撮影 - 木村明美、峯岸智子、ジョイ・モンテス、鳥越一志、小谷野武• 編集 - 花井正明• 録音 - 川崎公敬• 効果 - 石野貴久• 選曲 - 茅原万起子• 記録 - 伊藤好子• 演助進行 - 岩井隆央、田中浩司、雄谷将仁、• 演出助手 - 雄谷将仁、岩井隆央、田中浩司、柳義明、、、渡辺健一郎、清水潔一• 製作進行 - 吉村美雪、広瀬公一、川西泰三、片貝稔、鈴木康一、柳義明• 美術進行 - 田村晴夫• 仕上進行 - 森田哲庸• 録音スタジオ -• 現像 -• フルサイズで約6分の演奏時間である。 「笑顔に会いたい Slow Version (第22・53・57・72話) 歌 - 濱田理恵 「ワガママでいこう!」(第58・71話) 歌 - Yukari 「ハッピーエンドは終わらない」(第56・67話) 歌 - Yukari 「もういちど春が来るまえに」(第51・60話) 歌 - 國府田マリ子 「夢のおはなし」(第52話) 歌 - 水島康宏 笑顔に会いたい【Chu-Chu-La スキャットヴァージョン】 歌 - 濱田理恵 MOMENT(オルゴール版) for miki 演奏-美野春樹 ネット局 放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考 制作局 同時ネット 遅れネット テレビ朝日系列 同時ネット 遅れネット テレビ朝日系列 同時ネット TBS系列 遅れネット テレビ朝日系列 同時ネット 1995年4月開局から 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 遅れネット テレビ朝日系列 同時ネット - 2006年2月14日~2006年5月31日 再放送有リ 2012年4月2日~2012年5月25日 2話連続:再放送有リ に1~12話のみ一挙放送。 話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 (絵コンテ) 作画監督 視聴率 原作 第1話 1994年 3月13日 恋がしたい 「カッコイイけど許せない! 」 矢部秋則 11. ?」 山田徹 佐藤道雄 13. 」 岡佳広 河野宏之 13. 」 松原明徳 12. 」 影山由美 矢部秋則 川村敏江 12. 」 松井亜弥 山吉康夫 11. 」 岡佳広 佐藤道雄 12. 「遊と銀太どっちも好き…」 野呂昌史 岩井隆央 川村敏江 14. 」 松井亜弥 山吉康夫 入好さとる 15. 」 矢部秋則 河野宏之 13. 」 岡佳広 川村敏江 13. 」 影山由美 矢部秋則 15. 」 松井亜弥 松原明徳 河野宏之 14. 」 吉村元希 山田徹 佐藤道雄 11. 」 影山由美 笠山葉一 伊藤智子 11. 「好きなのにわかりあえない」 松井亜弥 岡佳広 川村敏江 11. 」 吉村元希 山吉康夫 河野宏之 12. 」 影山由美 山田徹 川村敏江 14. 」 影山由美 矢部秋則 川村敏江 12. 」 山吉康夫 河野宏之 10. 」 影山由美 岡佳広 佐藤道雄 15. 」 松井亜弥 梅澤淳稔 加々美高浩 13. 」 吉村元希 笠山葉一 伊藤智子 13. 」 笠山葉一 伊藤智子 10. 」 吉村元希 山田徹 (矢部秋則) 青山充 14. 」 松井亜弥 山吉康夫 佐藤道雄 12. 」 影山由美 設楽博 川村敏江 13. 」 松井亜弥 山田徹 加々美高浩 14. 」 影山由美 岡佳広 河野宏之 13. 」 吉村元希 笠山葉一 伊藤智子 14. 寂(さみ)しいの…」 山田徹 加々美高浩 14. 」 山吉康夫 河野宏之 16. 」 影山由美 岡佳広 佐藤道雄 13. Y(ニューヨーク)の罠 「遊、あたしが馬鹿だったの?」 吉村元希 矢部秋則 川村敏江 13. 」 影山由美 矢部秋則 川村敏江 13. 」 松井亜弥 笠山葉一 伊藤智子 09. ? 「別れるしかないんだ! 」 矢部秋則 川村敏江 07. VHS• ママレード・ボーイvol. 1 - 18・劇場版• 東映ビデオ、東映から発売、• LD(レーザーディスク)• ママレード・ボーイLD-BOX~3(3巻組)・劇場版• レコードから発売。 ママレード・ボーイDVD-BOX1~3(3巻組)• 東映アニメーションが販売。 りぼん連載開始20周年記念として発売。 過去に発売したDVD-BOX3巻組を1つのボックスにまとめたもので、劇場版(初DVD化)を同梱している。 フロンティアワークスが発売。 ママレード・ボーイ メモリアルBD-BOX (2018年6月6日発売)• 実写劇場版公開記念として、フロンティアワークスが発売。 2012年発売の「アニバーサリーDVD-BOX」との違いは、以下の通りである。 ノンテロップオープニング・エンディング・TVスポット集が追加されている。 コンビレーションCDが付属している(「笑顔に会いたい」コンビレーションミニアルバム(全8曲)• DVD-BOX付属の劇場版復刻パンフレットの代わりに原作者描き下ろしメッセージ入ミニ色紙が封入されている。 配給は東映。 ストーリーは、遊が小石川一家と出会う前から光希に出会っていたというエピソードで、第1話の前である第0話的な内容である。 この劇場版で、アニメ制作局である朝日放送は本作の制作陣に入っておらず、オープニング・エンディング共クレジットに記載がない。 映像ソフトではLD・VHS版のみ提供していたが、前述の通り、アニバーサリーDVD-BOXにて初めてDVD化となった。 ただしDVD単品での発売は、行っていない。 スタッフ(劇場版)• 製作 - 高岩淡・安斎富夫(集英社)・泊 懋• 企画 - 関弘美(東映動画)、月刊りぼん• 原作 - 吉住渉(集英社「月刊りぼん」連載)• 脚本 - 松井亜弥• 製作担当 - 風間厚徳• 撮影 - 桶田一展• 編集 - 花井正明• 録音 - 川崎公敬• 音楽 - 奥慶一• 美術デザイン - 千田国広• 美術監督 - 塩崎広光• キャラクターデザイン・作画監督 - 馬越嘉彦• 監督 - 矢部秋則• 製作会社 - 東映・集英社・東映動画• 配給 - 東映• 笑顔に会いたい(濱田理恵)• 笑顔に会いたい(オリジナル・カラオケ)• 素敵な小夜曲(同)• モーメント(國府田マリ子)• モーメント(オリジナル・カラオケ)• 笑顔に会いたい(同)• 最後の約束(國府田マリ子)• 今日の終わりに(同)• 最後の約束(オリジナル・カラオケ)• 今日の終わりに(同)• 最後の約束(オリジナル・カラオケ)• 夢のおはなし(同)• story(同)• melody-抱きしめて-(オリジナル・カラオケ)• story(同)• 感じていたい…(同)• 夜明けのエチュード(オリジナル・カラオケ)• 感じていたい…(同)• 『ママレード・ボーイ Vol. プロローグ「恋がしたい…」• 主題歌:笑顔に会いたい(唄:濱田理恵)• 夢見る少女・光希「何か素敵な出来事はないかな〜」• 突然の離婚宣言「エッそれ、どういうことー? 彼が遊クン? 「やだっアイツ、超カッコイイ! 親友・秋月茗子「いつも笑顔で,でも寂しそうな瞳…」• モーメント(挿入曲・インストゥルメンタルヴァージョン)• キス後遺症「どうしよう、遊にキスされちゃった…」• 学園生活「やなことは忘れて、テニス、テニス! 恋文・過ぎ去りし思い出「銀太のバカヤロー!! アイツの笑顔「いつもこんなに優しかったらいいのに…」• 遊と銀太「どっちが好きなの? って言われても-」• ライバル・亜梨実「な,なによ、あの子-! 揺れ動く心「自分の気持ちもよくわからない…」• 思いを綴る交換日記「迷いから憧れへ - 大人への階段」• 主題歌:素敵な小夜曲(唄:藤原美穂)• エピローグ「ときめきが押さえられない! 『ママレード・ボーイVol. (オープニング)笑顔に会いたい(インストゥルメンタル・ヴァージョン)• (ナレーション)大切な人・大好きな人…光希• (BGM)光希の毎日「いつも元気で明るくて…」• (ナレーション)あきらめの悪いヤツ…銀太• (BGM)銀太と六反田「こ、このスットコドッコイがっ!! (同)因縁の大勝負! 「負けたほうは…坊主だっ!! (ナレーション)想い出いっぱいの場所…茗子• (BGM)別れと希望と「友情に支えられて-」• (同)晴れた空の下で「めいっぱい気分爽快! (ナレーション)涙のにおい…亜梨実• (BGM)悲しく燃える情熱「好きなの、忘れられないの! (同)迷走する恋愛「思いどおりにならないのね…」• (ナレーション)夢がどんどん膨んで…遊• (BGM)バイト先にて…「古着屋のなごやかな風景」• (同)光希の憧れ「本当に大切な人は…」• (ナレーション)少しずつ大人になるのかな? …光希• (エンディング)素敵な小夜曲(インストゥルメンタル・ヴァージョン)• 『ママレード・ボーイ Vol. 3 ママレード・ヴォイス! 笑顔に会いたい(濱田理恵)• サウス・ウィンド(國府田マリ子)• レイン(置鮎龍太郎)• モーメント(國府田マリ子)• 素敵な小夜曲〜ミキ・ヴァージョン(同)• フレンド・シップ(濱田理恵)• 最後の約束(國府田マリ子)• 笑顔に会いたい〜スロウ・ヴァージョン(濱田理恵)• 悲しい時はいつも(金丸淳一)• 太陽を捜して(久川綾)• 素敵な小夜曲(藤原美穂)• 笑顔に会いたい〜ミキ・ヴァージョン(國府田マリ子)• 『ママレード・ボーイ Vol. ・・・for You[蛍から光希へのピアノソロ]• 生まれて初めてのLove Letter 光希から銀太へ• 笑顔に会いたい[TVサイズ]• 3ヶ月間の輝き 亜梨実の思い出• 太陽を捜して(インストゥルメンタル)• 図書館にて 茗子・出会いの日• 最後の約束(インストゥルメンタル)• 笑顔に会いたい【Chu-Chu-La スキャットヴァージョン】(濱田理恵)• 遊とデートの日に・・・ 「あたし、超しあわせっ! 今日の終わりに(インストゥルメンタル)• 銀太・男として・・・• 悲しい時はいつも(インストゥルメンタル)• 三輪クンがんばる[秋月茗子に果敢なるアタック!! 亮子の思い 「自分に正直に生きようと・・・」• 素敵な小夜曲 セレナーデ [TVサイズ]• MOMENT[ピアノ変奏曲版]• 蛍のモノローグ・素直になれないばっかりに・・・• ・・・for You[蛍から光希へのピアノソロ]• 杏樹・今も変わらぬ思い• RAIN(インストゥルメンタル)• すずのひとりごと・恋の世界ってよくわかんない! 幾つもの出会いを重ねながら• 枯れ葉色のクレッシェンド[TVサイズ]• 『ママレード・ボーイ Vol. 笑顔に会いたい(濱田理恵)• ワガママでいこう! (YUKARI)• 夢のおはなし(水島康宏)• エンジェル(丹下桜)• もういちど春が来るまえに(國府田マリ子)• ハッピーエンドは終わらない(YUKARI)• そばにいたい(井上喜久子)• あなたに おやすみ(濱田理恵)• 枯れ葉色のクレッシェンド(水島康宏)• 『ママレード・ボーイ Vol. プロローグ・保健室にて 「まだ会って間もないのにーー! ガストマン登場! 「くらえ、タオルかいじん! ビームトルネイドー!! 運命の出会いの日 「見つめ合ったままの二人…」• melody-抱きしめて-(國府田マリ子)• 甘いムードで• 恋心を灯しながら…• 幸せがいっぱい• 青い瞳の留学生• マイケルって…変! マイケルの恋心? 遊の決心と苦しみ• 留学するって本当なの!? アメリカの情景• 美少女・ジニー• 友情は国境を越えて• 離ればなれに…• 別れの予感• いったいどうしたらいいの? 決意・悲しみを忘れようと• 美しい思い出• つつみこむような優しさ• 恋人たちの未来 あした• 夜明けのエチュード [TVサイズ]• 『ママレード・ボーイ Vol. 7 ママレード・サマー! 笑顔に会いたい(濱田理恵)• 曇りのち晴れ(國府田マリ子)• PUN! PUN! PUN! ~噂のマイケル~(緑川光)• 感じていたい…(市川揚子)• 夏の蝶(濱田理恵)• 今日の終わりに(國府田マリ子)• デビューな季節()• Only Lonely Girl()• 光と風のロンド(山崎和佳奈)• 終わらない夏へ()• 夜明けのエチュード(市川揚子)• 『ママレード・ボーイ Vol. 8 Final Edition~総集編だよっ!! 笑顔に会いたい インストゥルメンタルType2• コミカル・アップテンポ• 「銀太、勝負だ!! 」 ~激突~• のんびりゴロゴロ• ショッピング• 「ゆー、大好きよ」 ~すずの想い~• 蛍のアンコールピース• ブリッジコレクション• 蛍とマイケル• 思い出のオルゴール• 予告編用音楽 2Type• 夜明けのエチュード インストゥルメンタルショートバージョン• 笑顔に会いたい TVサイズ• SOUTH WIND(インストゥルメンタル)• RAIN(インストゥルメンタル)• Friend Ship(インストゥルメンタル)• 悲しい時はいつも(インストゥルメンタル)• 太陽を捜して(インストゥルメンタル)• ハッピーエンドは終わらない(インストゥルメンタル)• エンジェル(インストゥルメンタル)• もういちど春が来るまえに(インストゥルメンタル)• 素敵な小夜曲'セレナーデ'(TVサイズインストゥルメンタル)• 枯れ葉色のクレッシェンド(TVサイズインストゥルメンタル)• 永遠のペイヴメント(インストゥルメンタル)• そばにいたい(インストゥルメンタル)• 曇りのち晴れ(インストゥルメンタル)• PUN! PUN! PUN! ~噂のマイケル~(インストゥルメンタル)• Only Lonely Girl(インストゥルメンタル)• 光と風のロンド(インストゥルメンタル)• 夜明けのエチュード (TVサイズインストゥルメンタル)• 笑顔に会いたい(ピアノ演奏)• 素敵な小夜曲'セレナーデ'(ピアノ演奏)• 最後の約束(ピアノ演奏)• 枯れ葉色のクレッシェンド(ピアノ演奏)• もういちど春が来るまえに(ピアノ演奏)• 夜明けのエチュード(ピアノ演奏)• Do You Love Me? 笑顔に会いたい 濱田理恵• 素敵な小夜曲 藤原美穂• 枯れ葉色のクレッシェンド 水島康宏• 夢のおはなし 同• 最後の約束 國府田マリ子• 今日の終わりに 同• ストーリー 同• 夜明けのエチュード 市川楊子• 感じていたい… 同• モーメント 國府田マリ子• 笑顔に会いたい(濱田理恵)• モーメント(國府田マリ子)• フレンド・シップ(濱田理恵)• サウス・ウィンド(國府田マリ子)• レイン(置鮎龍太郎)• 悲しい時はいつも(金丸淳一)• 太陽を捜して(久川綾)• 素敵な小夜曲(藤原美穂)• 最後の約束(國府田マリ子)• 今日の終わりに(國府田マリ子)• エンジェル(丹下桜)• そばにいたい(井上喜久子)• melody-抱きしめて-(國府田マリ子)• story(國府田マリ子)• あなたに おやすみ(濱田理恵)• 笑顔に会いたい〜スロウ・ヴァージョン(濱田理恵)• 枯れ葉色のクレッシェンド(水島康宏)• ワガママでいこう! (YUKARI)• ハッピーエンドは終わらない(YUKARI)• もういちど春が来るまえに(國府田マリ子)• 夢のおはなし(水島康宏)• with you~眩しい季節へ~(國府田マリ子&置鮎龍太郎)• Do You Love Me? (久川 綾&金丸淳一)• 感じていたい…(市川揚子)• 夏の蝶(濱田理恵)• 曇りのち晴れ(國府田マリ子)• 光と風のロンド(山崎和佳奈)• デビューな季節()• PUN! PUN! PUN! ~噂のマイケル~(緑川光)• Only Lonely Girl()• 終わらない夏へ()• 原題は『 橘子醤男孩』。 キャスト 日本版役名 台湾版役名 俳優名 小石川光希 小石川光希 (、) (ステラ・ホァン) 松浦遊 松浦遊 (ケン・チュウ、) 須王銀太 須王銀太 (ショーン・ガウ) 林立雯 秋月茗子 秋月茗子 () (リン・リーウェン) 鈴木亜梨実 鈴木亞梨實 () (ジンナ・リン) 六反田務 六反田務 () (グオ・シーリン) 三輪悟史 三輪悟史 佐久間すず 土屋蛍 小石川仁 小石川仁 () (ツェン・グオチェン) 松浦(小石川)留美 小石川留美 () (クオ・チンチョン) 松浦要士 松浦要士 () (トン・チーウェイ) 小石川(松浦)千弥子 松浦千彌子 名村慎一 小名老師 (マット・ウー) 主題歌 オープニングテーマ - 『温室的花』 歌 - 黃湘怡 エンディングテーマ - 『我好想』 歌 - 張信哲 ソフトウェア DVD 販売元は• 8億円 に公開された。 配給は。 キャスト(実写映画)• 小石川光希 -• 松浦遊 -• 小石川仁 -• 松浦要士 -• 小石川留美 -• 松浦千弥子 -• 秋月茗子 -• 三輪悟史 -• 遠藤香奈 -• 鈴木亜梨実 -• 名村慎一 -• 三輪由充 - 上記のほか、製作委員会に参加している読売テレビから同局アナウンサーのがエキストラで出演している。 スタッフ(実写映画)• 原作 - 『ママレード・ボーイ』(〈コミック版〉)• 監督 -• 脚本 - 、廣木隆一• 音楽 -• 主題歌 - 「」()• 製作 - 、、井上肇、木下暢起、谷和男、山本浩、、、本田晋一郎• エグゼクティブプロデューサー - 、伊藤響• プロデューサー - 松橋真三、北島直明、里吉優也• アソシエイトプロデューサー - 平野宏治• 音楽プロデューサー - 安井輝• ラインプロデューサー - 原田文宏• 撮影 - ()• 照明 - かげつよし• 録音 - 深田晃• 美術 - 丸尾知行• 装飾 - 吉村昌悟• 編集 - 野本稔• VFX - 外塚勇己• 衣裳 - 高橋さやか• ヘアメイク - 永江三千子• スプリクター - 菅谷雪乃• 助監督 - 水野貴之• 制作担当 - 小沼秀剛• 制作プロダクション -• 製作幹事 - 、• 製作 - 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会(ワーナー・ブラザース映画、日本テレビ放送網、、、、、、、プラスディー、、、、、、)• 配給 - ワーナー・ブラザース映画 脚注 注釈• アニメでは、留学のためにへと旅立つ。 映画では、実在のに進学する。 なお「両親's」の設定はアップダイクの小説『カップルズ』へのオマージュという指摘がある。 芽子は家を出て東京駅へと向かい、名村に「私も連れて行って!! お願い!! 」と名村に懇願するも、「君を連れて行くわけには行かない 帰りなさい」とホームで別れを告げたが、新幹線の車内で涙を流していた。 『新メイプルタウン物語』終了後は、男児向け作品が『』から『』まで続いた。 曲は「Rain」と同一であるが、アレンジ・歌詞が異なる。 別バージョンとして、曲の前にオルゴールが流れるロングバージョンが存在する。 これは「ママレード・ボーイ Vol. 3 ママレード・ヴォイス!~ヴォーカルアルバム~」に収録されており、5分23秒もある。 (シングル盤は4分30秒)• エンディングテーマでも歌詞とアレンジを変えて使用された。 愛媛県ではでの『』終了以来、愛媛朝日テレビ開局までは放送されていなかった。 では、中継のため、翌日夕方枠でのとなった。 RBB TODAY 2017年8月23日. 2018年10月5日閲覧。 『ママレード・ボーイ』6、87頁。 『ママレード・ボーイ』8、166-169頁。 『ママレード・ボーイ』8、55頁。 第52話でのダンスシーンで使用• 新番組予告・第4話などで流れた。 「笑顔に会いたい」のスキャット版である。 第22話で流れた。 MOMENT(ロングバージョン)の冒頭を使用。 第41話で土屋蛍が演奏した。 本編中では、省略版として放送された。 フルサイズは5分16秒。 サウンドトラック「ママレード・ボーイ Vol. 4 幾つもの出会いを重ねながら~ロマンティックアルバム~」に収録。 なお、サウンドトラック「ママレード・ボーイ Vol. 8 Final Edition~総集編だよっ!! ~」のブックレットには、ピアノ楽譜が掲載されている。 2018年8月16日閲覧。 連載開始20周年記念! アニメ『ママレード・ボーイ』が特別記念仕様のDVD-BOXとして期間限定で登場!2012年10月24日発売決定!! (アニメイトタイムズ)• 「」『『ママレード・ボーイ』メモリアルBD-BOXが登場 - アニメイトタイムズ』。 2018年8月16日閲覧。 「日本映画紹介」『キネマ旬報 No. 1160(1995年5月上旬号)』第1974巻、株式会社キネマ旬報社、1995年5月1日、 183頁、 :、。 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p. 2017年12月1日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年2月3日. 2018年2月3日閲覧。 - 山本隆弥のアナウンス Take Off!• - gooテレビ番組(関西版) 関連項目• - 当作品同様同僚と「妻の交換」を行った元• - 同作の13年後を舞台とする作品。 外部リンク• - プレイリスト 制作・ 前番組 番組名 次番組.

次の

ママレード・ボーイ、こどちゃ、東京ラブストーリー

ママレード ボーイ おもちゃ

ママレード・ボーイ 漫画 作者 出版社 掲載誌 発表期間 5月号 - 10月号 巻数 全8巻 アニメ シリーズディレクター 矢部秋則 シリーズ構成 キャラクターデザイン 音楽 アニメーション制作 製作 、、東映 放送局 系列 放送期間 - 1995年 話数 全76話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 ママレード・ボーイ』(Marmalade Boy)は、による作品。 の誌『』にて1992年5月号から1995年10月号まで連載された。 1994年から1995年にかけて化、アニメの前日譚に当たるストーリーが化、2001年にで化されたほか、2018年には日本で実写映画化された。 単行本全8巻、全6巻。 シリーズ累計1000万部。 全編に渡ってが繰り広げられる。 あらすじ 小石川 光希は、ある日いきなり両親から「する」ことを告げられる。 ハワイ旅行で出会った 松浦夫婦と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたため、お互いパートナーを交換してするのだと言う。 しかも、松浦夫妻の息子の 松浦 遊も含めて、みんなで一緒に暮らそうとまで言い出す始末。 そんな非常識な生活の中、一緒に暮らす遊に惹かれ始めていく。 やがて二人は付き合うようになるが、遊は『自分の本当の父親』を探していた。 そして両親たち4人がハワイ旅行で出会ったのではなく、学生時代からの友人であったことを知り、自分と光希が『血のつながった兄妹』である可能性を疑うようになる。 遊は光希に別れを告げて、進学先を『京都工業大学』に決める。 大学に進学しても遊を忘れられない光希は遊に会うために京都に行くが、遊は「彼女がいる」と嘘をつく。 しかし、夏季休みで帰省した際、気持ちを抑えきれなくなった遊は自分達が『兄妹』であることを光希に打ち明ける。 最後の思い出として北九州への旅行をした二人は、たとえ禁断の関係であっても結婚することを誓い合う。 帰宅した二人は両親たちから『過去についての真実』を聞かされる。 登場人物 主要人物 「声」はテレビアニメ版の担当声優、「演」は、実写映画版の担当俳優。 身長152cm。 3月28日生 おひつじ座、血液型はA型。 元気で明るく少し子供っぽい性格。 1歳までで生まれ育った。 料理の腕前はあまり良くない。 英語の成績もあまり良くない。 テニス部所属。 黒髪の肩までのセミロングだが、ポニーテールにしていることが多い。 過去の中学時代に銀太のことが好きだったが、行き違いから結果的に銀太にこっぴどく振られる形になってしまう。 仲直りして良き友人になったが、それ以降銀太に恋愛感情を持つことはなくなった。 その後、両親の離婚・ダブル再婚によって、同居生活することになった遊に惹かれる。 ほどなくして両親達には内緒で付き合うことになる。 6月3日生まれの、血液型はB型。 美少年で、成績優秀、スポーツ万能、更に料理上手。 そのため、多くの女性に好意を持たれた。 一見気障に見えるが、自分の本心をさらけ出せない所があり、親友や彼女といった特別な存在を持たない億劫な一面があった。 しかし中学時代に亜梨実に好意を寄せられ、推しの強さに負け3カ月の期間限定で亜梨実と付き合うことになる。 しかし、亜梨実には特別な恋愛感情を持つことができなかった。 その後、両親の離婚・ダブル再婚によって同居生活を送ることになった光希に惹かれるようになり、恋人同士になる。 中学時代はテニス部所属で、しかも銀太より上手。 に関心があり、の建築作品を巡っている。 高校卒業後、建築を学ぶために京都工業大学へと進学する。 要士と再婚し、後妻となった遊の義母。 料理はかなり下手。 会社勤務(アニメでは、洋酒メーカー勤務)。 旧姓:児嶋。 仁と再婚し、後妻となった光希の義母。 洋酒メーカー勤務(アニメでは、化粧品会社勤務)。 旧姓:並木。 一本気で直情的な性格。 4月10日生まれのおひつじ座、血液型はO型。 中学時代、光希のことが好きだったにも関わらず、ふとした行き違いから光希を振ったような形になり、その後仲直りしてからはよい友人関係を続けているものの、光希のことが長い間好きだった。 遊の恋敵的存在。 後にテニス部所属で、同学年の中ではエースの実力者。 後に亜梨実と恋仲になる。 文芸部所属。 10月28日生まれのさそり座、血液型はA型。 背中までのロングヘアでパーマをあてている(中学生の時はストレートヘア)美人でミステリアスな性格、口調も丁寧で大人っぽく人当たりもよいが、気が強い面もある。 文学少女で、初めて書いたで賞を取っている。 好きな作家は。 豪邸に住むお嬢様だが家庭環境は複雑であり(いわゆる)、たびたび凄まじい罵りあいが始まるほど険悪で、そのことから精神的に苦悩する日々を送っていた。 名村と恋仲にあることを親友の光希にも隠していた 遊には、知られてしまった。 だが、自身が両親の罵りあいに堪りかねて家を飛び出し、名村のアパートへ駆け込んだ所を近所に目撃されたことがきっかけとなり学校に発覚、数日間の自宅謹慎を言い渡された。 名村と別れた後三輪から好意を持たれるが名村が忘れられず、高校卒業後は両親からされる形で名村のいる広島へ行き、ヨリを戻した(アニメでは一度断られたが、三輪が名村に向かって彼女を巡る殴り合いを止める形で復縁した)。 その後入籍してマンションで2人で暮らしている。 父親は建築家。 すずの従兄弟。 長身・長髪の美形で、女好き。 茗子に好意を持ち、強引にアタックする。 一時期、遊と一緒にいることが多いことから「遊とはではないか」という噂が立っていた。 いて座のAB型。 担当教科は英語。 男子テニス部顧問。 うお座のA型。 8歳違いの茗子と恋をしたことについて「まいったなあ おれかなあ」とぼやきつつ真剣に愛している。 生徒からの信望は厚く、慕われている。 愛称 なっちゃん。 アニメでは、桃井亮子とは元同級生、大学卒業後は母校の教師になった。 茗子と密かに付き合い、二人の関係が発覚して責任を取る形で教師を辞めて学校を去った後 故郷の広島へ帰り、実家の不動産屋を継いでいるが、後に高校を卒業して彼を追いかけてきた茗子と結婚する。 シャギーの入ったショートカットヘアで快活な性格の美人。 男子生徒からはかなり人気がありファンクラブまであった。 私立榊学園高等学校に通っている。 性格は活発で気が強い。 陸上部所属。 高校卒業後は、桐稜大学へ進学する。 長い間、遊が好きだったため、3カ月の期間限定で交際するように。 だが、「やっぱり好きになれない」と別れを告げられ、遊に怒りを爆発させ「 あんたは一生 マトモななんてできないわよ!」とぶちまけた。 後に、失恋の傷を癒すうちに銀太と恋人になる。 獅子座のO型。 六反田務(ろくたんだ つとむ) 声 - 銀太の従兄弟で、銀太とは犬猿の仲。 かに座のB型。 亜梨実が大好きで、小学校の頃から彼女に対して行為をしている。 遊と銀太を勝手にライバル視しているが、遊には全く相手にされていない。 亜梨実と同じ高校で、テニス部所属。 遊と銀太とのに敗れ、丸坊主になる。 高校卒業後は榊学園の大学へと進む。 アニメでは高瀬弥生という恋人が出来る。 かわいらしい外見の中学生で、売れっ子美少女モデル。 無邪気で、思いこみの激しい性格。 綺麗なものが好きで一目惚れした遊と茗子をカップルにしたがっていた。 その後、楽器屋で蛍と会いその名前を気に入り、蛍を追いかけまわす。 てんびん座のB型。 土屋蛍(つちや けい) 声 - 光希のバイト先の同僚。 光希より1歳下。 が得意で、高校でもピアノ科に所属しているが、周りのしがらみや嫉妬に嫌気がさし、高校を休学して通っていなかった。 光希に惚れるが、振られる。 みずがめ座のAB型。 茗子の両親 声 - (父親)、(母親) 2人とも会社を経営する資産家だが、夫婦仲は険悪で互いに愛人がいる。 しかも世間体と経済的事情により家庭内別居の状態でもある。 娘が名村と付き合っていることを苦々しく思っており、親子との仲も険悪である。 原作では本人たちは登場せず、アニメでも長らく声だけの登場で、正式に顔を見せたのは57話のみであった。 アニメオリジナルキャラクター 桃井亮子(ももい りょうこ) 声 - 光希たちのクラスの副担任で、美人な国語教師。 クラスメイトだった名村が辞めた後、光希たちのクラスの担任になる。 女子テニス部顧問。 生徒たちから人気がある。 大学卒業後、母校の教師になった。 名村に片想いしているが、彼の気持ちを知って身を引く。 木島拓路(きじま たくじ) 声 - 遊のバイト先の古着屋の店長。 肩まで伸ばした髪とサングラスが特徴。 名村と桃井とは高校時代からの友人で、先輩と後輩の間柄。 実は原作でも登場している。 高瀬弥生(たかせ やよい) 声 - 六反田の彼女。 42話にて登場、48話では別の男が好きだったが、振られた直後に六反田と再会、以後付き合う。 北原杏樹(きたはら あんじゅ) 声 - 遊の幼馴染。 通称は アンで、遊だけが呼ぶ。 穏やかな感じの美少女で、病弱である。 遊との出会いは、遊が小学校6年の頃、父要士の問題で1人沈んでいた時、杏樹が背後から『』の本を、『赤毛のアン』作中、アンがギルバート・ブライスの頭を石版で叩いた逸話に倣って叩き、振り向かせたのがきっかけである。 遊に好意を持っているが…。 おとめ座のA型。 マイケル 声 - 光希たちの家にに来たアメリカ出身の留学生。 明るくて物怖じしない性格で、日本の色々なものに興味を示す。 光希に惚れるも振られ、最終的に杏樹と親しくなった模様。 ブライアン 声 - 遊の留学先でのクラスメイト、マイケルの兄。 ジニーのことが好きでジニーを巡って遊と衝突するが、最終的にはドリスと付き合う。 ウィル 声 - 遊の留学先でのクラスメイト兼ルームメイト。 おとなしく、繊細な性格の反面、意外と芯は強い。 遊に対して意味深な態度をとるが…。 ドリス 声 - 遊の留学先でのクラスメイト。 ブライアンに気がある様子。 ジニー 声 - 遊の留学先でのクラスメイト。 アメリカ美人で、遊に好意をもち積極的にアプローチを繰り返すが、最終的にはウィルと付き合う。 ヒーロー物ごっこをしてる子供達で、光希のことを「タオル怪人コイシカワ」と呼ぶ。 書誌情報 コミックス 単行本 りぼんマスコットコミックス 全8巻 第1巻 1992年12月発行 第2巻 1993年6月発行 第3巻 1993年10月発行 第4巻 1994年4月発行 第5巻 1994年9月発行 第6巻 1995年2月発行 第7巻 1995年8月発行 第8巻 1996年2月発行 完全版 集英社ガールズコミックス 全6巻 第1巻 2004年3月発行 第2巻 2004年4月発行 第3巻 2004年5月発行 第4巻 2004年6月発行 第5巻 2004年7月発行 第6巻 2004年8月発行 文庫版 集英社文庫(コミック版) 全5巻 第1巻 2008年5月発行 第2巻 2008年5月発行 第3巻 2008年7月発行 第4巻 2008年7月発行 第5巻 2008年8月発行 その他 小説化 全10巻 第1巻 1994年7月発行 第2巻 1994年9月発行 第3巻 1994年11月発行 第4巻 1994年12月発行 第5巻 1995年3月発行 第6巻 1995年4月発行 第7巻 1995年7月発行 第8巻 1995年10月発行 第9巻 1995年12月発行 第10巻 1996年3月発行 全1巻 映画ノベライズ ママレード・ボーイ 2018年3月発行 全1巻 映画ノベライズ ママレード・ボーイ みらい文庫版 2018年3月発行 画集 ママレード・ボーイ 吉住渉イラスト集 SGコミックススペシャル 1995年1月発行 テレビアニメ この節には、:2004 で規定されている文字が含まれています()。 アニメはとの共同制作により、(当時ANB)(局)にてからまで放送されたほか、系列外では()、、(いずれも、後者はスポンサードネット)、では((メイン)・日本テレビ系列(NNNのみ)との3系列クロス)で時差ネット放送された。 全76話。 『』( - )以来の女児向け作品である。 また、それまでサブで参加していた関弘美が初めて初回からメインで担当し、以降10年間、同枠のメインプロデューサーとして女児向けの作品を担当していくことになる。 その特徴の一つとして本作からアイキャッチの時間が長くなったことが挙げられる。 アニメオリジナルキャラの登場やアニメオリジナルストーリーもあった。 当初は1年間の放送予定だったが、好評により放送期間が半年延長された。 なお、最終回の放送日は、原作の最終回が掲載された『りぼん』1995年10月号の発売日にほぼ合わせたものだった。 本作は対象年齢が女児向けアニメとしては高めで、プロデューサーの関弘美によると『』の「卒業生」狙いだったとしている。 ただ、実際にはスポンサーの関係上、年少者向けの関連商品も一部発売されていた。 原作者吉住も名村と六反田の髪の色指定 、高校時代の名村 、アニメオリジナルのキャラクター(杏樹、マイケル、ウィル、ブライアン、ドリス、ジニー) 、3頭身キャラ のデザインで制作に参加している。 一方でアニメの感想としてキスシーンの長さに不満を漏らしている。 実写映画()製作発表を記念し、東映アニメーションは2017年4月からで本作の第1話を配信している。 スタッフ• プロデューサー - 藤田高一郎(朝日放送)、亀山泰夫(ASATSU)、(東映動画)• 原作 -• シリーズディレクター - 矢部秋則• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン - 、吉住渉(ノンクレジット)• 音楽 -• 美術デザイン -• 美術 - 伊藤岩光、下川忠海、井出智子、襟立智子、千田国広、石渡俊和、塩崎広光• 仕上 - ピーコック• 色指定 - 坂本陽子、衣笠一雄• 仕上検査 - 五木田幸子、ファティマ・アンニョンヌエボ、マリージュン・リッセン、堀内由美、ジャネット・セロネス、ジュン・イバンジェリスタ、ベッツィ・マリクダン、サンディ・パルマ、マルガリータ・スアリス、多賀鉄男、大堀陽子• 特殊効果 - 中島正之、ラリー・バスカグ、ラリー・ブラヒノ• 撮影 - 木村明美、峯岸智子、ジョイ・モンテス、鳥越一志、小谷野武• 編集 - 花井正明• 録音 - 川崎公敬• 効果 - 石野貴久• 選曲 - 茅原万起子• 記録 - 伊藤好子• 演助進行 - 岩井隆央、田中浩司、雄谷将仁、• 演出助手 - 雄谷将仁、岩井隆央、田中浩司、柳義明、、、渡辺健一郎、清水潔一• 製作進行 - 吉村美雪、広瀬公一、川西泰三、片貝稔、鈴木康一、柳義明• 美術進行 - 田村晴夫• 仕上進行 - 森田哲庸• 録音スタジオ -• 現像 -• フルサイズで約6分の演奏時間である。 「笑顔に会いたい Slow Version (第22・53・57・72話) 歌 - 濱田理恵 「ワガママでいこう!」(第58・71話) 歌 - Yukari 「ハッピーエンドは終わらない」(第56・67話) 歌 - Yukari 「もういちど春が来るまえに」(第51・60話) 歌 - 國府田マリ子 「夢のおはなし」(第52話) 歌 - 水島康宏 笑顔に会いたい【Chu-Chu-La スキャットヴァージョン】 歌 - 濱田理恵 MOMENT(オルゴール版) for miki 演奏-美野春樹 ネット局 放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考 制作局 同時ネット 遅れネット テレビ朝日系列 同時ネット 遅れネット テレビ朝日系列 同時ネット TBS系列 遅れネット テレビ朝日系列 同時ネット 1995年4月開局から 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 遅れネット テレビ朝日系列 同時ネット - 2006年2月14日~2006年5月31日 再放送有リ 2012年4月2日~2012年5月25日 2話連続:再放送有リ に1~12話のみ一挙放送。 話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 (絵コンテ) 作画監督 視聴率 原作 第1話 1994年 3月13日 恋がしたい 「カッコイイけど許せない! 」 矢部秋則 11. ?」 山田徹 佐藤道雄 13. 」 岡佳広 河野宏之 13. 」 松原明徳 12. 」 影山由美 矢部秋則 川村敏江 12. 」 松井亜弥 山吉康夫 11. 」 岡佳広 佐藤道雄 12. 「遊と銀太どっちも好き…」 野呂昌史 岩井隆央 川村敏江 14. 」 松井亜弥 山吉康夫 入好さとる 15. 」 矢部秋則 河野宏之 13. 」 岡佳広 川村敏江 13. 」 影山由美 矢部秋則 15. 」 松井亜弥 松原明徳 河野宏之 14. 」 吉村元希 山田徹 佐藤道雄 11. 」 影山由美 笠山葉一 伊藤智子 11. 「好きなのにわかりあえない」 松井亜弥 岡佳広 川村敏江 11. 」 吉村元希 山吉康夫 河野宏之 12. 」 影山由美 山田徹 川村敏江 14. 」 影山由美 矢部秋則 川村敏江 12. 」 山吉康夫 河野宏之 10. 」 影山由美 岡佳広 佐藤道雄 15. 」 松井亜弥 梅澤淳稔 加々美高浩 13. 」 吉村元希 笠山葉一 伊藤智子 13. 」 笠山葉一 伊藤智子 10. 」 吉村元希 山田徹 (矢部秋則) 青山充 14. 」 松井亜弥 山吉康夫 佐藤道雄 12. 」 影山由美 設楽博 川村敏江 13. 」 松井亜弥 山田徹 加々美高浩 14. 」 影山由美 岡佳広 河野宏之 13. 」 吉村元希 笠山葉一 伊藤智子 14. 寂(さみ)しいの…」 山田徹 加々美高浩 14. 」 山吉康夫 河野宏之 16. 」 影山由美 岡佳広 佐藤道雄 13. Y(ニューヨーク)の罠 「遊、あたしが馬鹿だったの?」 吉村元希 矢部秋則 川村敏江 13. 」 影山由美 矢部秋則 川村敏江 13. 」 松井亜弥 笠山葉一 伊藤智子 09. ? 「別れるしかないんだ! 」 矢部秋則 川村敏江 07. VHS• ママレード・ボーイvol. 1 - 18・劇場版• 東映ビデオ、東映から発売、• LD(レーザーディスク)• ママレード・ボーイLD-BOX~3(3巻組)・劇場版• レコードから発売。 ママレード・ボーイDVD-BOX1~3(3巻組)• 東映アニメーションが販売。 りぼん連載開始20周年記念として発売。 過去に発売したDVD-BOX3巻組を1つのボックスにまとめたもので、劇場版(初DVD化)を同梱している。 フロンティアワークスが発売。 ママレード・ボーイ メモリアルBD-BOX (2018年6月6日発売)• 実写劇場版公開記念として、フロンティアワークスが発売。 2012年発売の「アニバーサリーDVD-BOX」との違いは、以下の通りである。 ノンテロップオープニング・エンディング・TVスポット集が追加されている。 コンビレーションCDが付属している(「笑顔に会いたい」コンビレーションミニアルバム(全8曲)• DVD-BOX付属の劇場版復刻パンフレットの代わりに原作者描き下ろしメッセージ入ミニ色紙が封入されている。 配給は東映。 ストーリーは、遊が小石川一家と出会う前から光希に出会っていたというエピソードで、第1話の前である第0話的な内容である。 この劇場版で、アニメ制作局である朝日放送は本作の制作陣に入っておらず、オープニング・エンディング共クレジットに記載がない。 映像ソフトではLD・VHS版のみ提供していたが、前述の通り、アニバーサリーDVD-BOXにて初めてDVD化となった。 ただしDVD単品での発売は、行っていない。 スタッフ(劇場版)• 製作 - 高岩淡・安斎富夫(集英社)・泊 懋• 企画 - 関弘美(東映動画)、月刊りぼん• 原作 - 吉住渉(集英社「月刊りぼん」連載)• 脚本 - 松井亜弥• 製作担当 - 風間厚徳• 撮影 - 桶田一展• 編集 - 花井正明• 録音 - 川崎公敬• 音楽 - 奥慶一• 美術デザイン - 千田国広• 美術監督 - 塩崎広光• キャラクターデザイン・作画監督 - 馬越嘉彦• 監督 - 矢部秋則• 製作会社 - 東映・集英社・東映動画• 配給 - 東映• 笑顔に会いたい(濱田理恵)• 笑顔に会いたい(オリジナル・カラオケ)• 素敵な小夜曲(同)• モーメント(國府田マリ子)• モーメント(オリジナル・カラオケ)• 笑顔に会いたい(同)• 最後の約束(國府田マリ子)• 今日の終わりに(同)• 最後の約束(オリジナル・カラオケ)• 今日の終わりに(同)• 最後の約束(オリジナル・カラオケ)• 夢のおはなし(同)• story(同)• melody-抱きしめて-(オリジナル・カラオケ)• story(同)• 感じていたい…(同)• 夜明けのエチュード(オリジナル・カラオケ)• 感じていたい…(同)• 『ママレード・ボーイ Vol. プロローグ「恋がしたい…」• 主題歌:笑顔に会いたい(唄:濱田理恵)• 夢見る少女・光希「何か素敵な出来事はないかな〜」• 突然の離婚宣言「エッそれ、どういうことー? 彼が遊クン? 「やだっアイツ、超カッコイイ! 親友・秋月茗子「いつも笑顔で,でも寂しそうな瞳…」• モーメント(挿入曲・インストゥルメンタルヴァージョン)• キス後遺症「どうしよう、遊にキスされちゃった…」• 学園生活「やなことは忘れて、テニス、テニス! 恋文・過ぎ去りし思い出「銀太のバカヤロー!! アイツの笑顔「いつもこんなに優しかったらいいのに…」• 遊と銀太「どっちが好きなの? って言われても-」• ライバル・亜梨実「な,なによ、あの子-! 揺れ動く心「自分の気持ちもよくわからない…」• 思いを綴る交換日記「迷いから憧れへ - 大人への階段」• 主題歌:素敵な小夜曲(唄:藤原美穂)• エピローグ「ときめきが押さえられない! 『ママレード・ボーイVol. (オープニング)笑顔に会いたい(インストゥルメンタル・ヴァージョン)• (ナレーション)大切な人・大好きな人…光希• (BGM)光希の毎日「いつも元気で明るくて…」• (ナレーション)あきらめの悪いヤツ…銀太• (BGM)銀太と六反田「こ、このスットコドッコイがっ!! (同)因縁の大勝負! 「負けたほうは…坊主だっ!! (ナレーション)想い出いっぱいの場所…茗子• (BGM)別れと希望と「友情に支えられて-」• (同)晴れた空の下で「めいっぱい気分爽快! (ナレーション)涙のにおい…亜梨実• (BGM)悲しく燃える情熱「好きなの、忘れられないの! (同)迷走する恋愛「思いどおりにならないのね…」• (ナレーション)夢がどんどん膨んで…遊• (BGM)バイト先にて…「古着屋のなごやかな風景」• (同)光希の憧れ「本当に大切な人は…」• (ナレーション)少しずつ大人になるのかな? …光希• (エンディング)素敵な小夜曲(インストゥルメンタル・ヴァージョン)• 『ママレード・ボーイ Vol. 3 ママレード・ヴォイス! 笑顔に会いたい(濱田理恵)• サウス・ウィンド(國府田マリ子)• レイン(置鮎龍太郎)• モーメント(國府田マリ子)• 素敵な小夜曲〜ミキ・ヴァージョン(同)• フレンド・シップ(濱田理恵)• 最後の約束(國府田マリ子)• 笑顔に会いたい〜スロウ・ヴァージョン(濱田理恵)• 悲しい時はいつも(金丸淳一)• 太陽を捜して(久川綾)• 素敵な小夜曲(藤原美穂)• 笑顔に会いたい〜ミキ・ヴァージョン(國府田マリ子)• 『ママレード・ボーイ Vol. ・・・for You[蛍から光希へのピアノソロ]• 生まれて初めてのLove Letter 光希から銀太へ• 笑顔に会いたい[TVサイズ]• 3ヶ月間の輝き 亜梨実の思い出• 太陽を捜して(インストゥルメンタル)• 図書館にて 茗子・出会いの日• 最後の約束(インストゥルメンタル)• 笑顔に会いたい【Chu-Chu-La スキャットヴァージョン】(濱田理恵)• 遊とデートの日に・・・ 「あたし、超しあわせっ! 今日の終わりに(インストゥルメンタル)• 銀太・男として・・・• 悲しい時はいつも(インストゥルメンタル)• 三輪クンがんばる[秋月茗子に果敢なるアタック!! 亮子の思い 「自分に正直に生きようと・・・」• 素敵な小夜曲 セレナーデ [TVサイズ]• MOMENT[ピアノ変奏曲版]• 蛍のモノローグ・素直になれないばっかりに・・・• ・・・for You[蛍から光希へのピアノソロ]• 杏樹・今も変わらぬ思い• RAIN(インストゥルメンタル)• すずのひとりごと・恋の世界ってよくわかんない! 幾つもの出会いを重ねながら• 枯れ葉色のクレッシェンド[TVサイズ]• 『ママレード・ボーイ Vol. 笑顔に会いたい(濱田理恵)• ワガママでいこう! (YUKARI)• 夢のおはなし(水島康宏)• エンジェル(丹下桜)• もういちど春が来るまえに(國府田マリ子)• ハッピーエンドは終わらない(YUKARI)• そばにいたい(井上喜久子)• あなたに おやすみ(濱田理恵)• 枯れ葉色のクレッシェンド(水島康宏)• 『ママレード・ボーイ Vol. プロローグ・保健室にて 「まだ会って間もないのにーー! ガストマン登場! 「くらえ、タオルかいじん! ビームトルネイドー!! 運命の出会いの日 「見つめ合ったままの二人…」• melody-抱きしめて-(國府田マリ子)• 甘いムードで• 恋心を灯しながら…• 幸せがいっぱい• 青い瞳の留学生• マイケルって…変! マイケルの恋心? 遊の決心と苦しみ• 留学するって本当なの!? アメリカの情景• 美少女・ジニー• 友情は国境を越えて• 離ればなれに…• 別れの予感• いったいどうしたらいいの? 決意・悲しみを忘れようと• 美しい思い出• つつみこむような優しさ• 恋人たちの未来 あした• 夜明けのエチュード [TVサイズ]• 『ママレード・ボーイ Vol. 7 ママレード・サマー! 笑顔に会いたい(濱田理恵)• 曇りのち晴れ(國府田マリ子)• PUN! PUN! PUN! ~噂のマイケル~(緑川光)• 感じていたい…(市川揚子)• 夏の蝶(濱田理恵)• 今日の終わりに(國府田マリ子)• デビューな季節()• Only Lonely Girl()• 光と風のロンド(山崎和佳奈)• 終わらない夏へ()• 夜明けのエチュード(市川揚子)• 『ママレード・ボーイ Vol. 8 Final Edition~総集編だよっ!! 笑顔に会いたい インストゥルメンタルType2• コミカル・アップテンポ• 「銀太、勝負だ!! 」 ~激突~• のんびりゴロゴロ• ショッピング• 「ゆー、大好きよ」 ~すずの想い~• 蛍のアンコールピース• ブリッジコレクション• 蛍とマイケル• 思い出のオルゴール• 予告編用音楽 2Type• 夜明けのエチュード インストゥルメンタルショートバージョン• 笑顔に会いたい TVサイズ• SOUTH WIND(インストゥルメンタル)• RAIN(インストゥルメンタル)• Friend Ship(インストゥルメンタル)• 悲しい時はいつも(インストゥルメンタル)• 太陽を捜して(インストゥルメンタル)• ハッピーエンドは終わらない(インストゥルメンタル)• エンジェル(インストゥルメンタル)• もういちど春が来るまえに(インストゥルメンタル)• 素敵な小夜曲'セレナーデ'(TVサイズインストゥルメンタル)• 枯れ葉色のクレッシェンド(TVサイズインストゥルメンタル)• 永遠のペイヴメント(インストゥルメンタル)• そばにいたい(インストゥルメンタル)• 曇りのち晴れ(インストゥルメンタル)• PUN! PUN! PUN! ~噂のマイケル~(インストゥルメンタル)• Only Lonely Girl(インストゥルメンタル)• 光と風のロンド(インストゥルメンタル)• 夜明けのエチュード (TVサイズインストゥルメンタル)• 笑顔に会いたい(ピアノ演奏)• 素敵な小夜曲'セレナーデ'(ピアノ演奏)• 最後の約束(ピアノ演奏)• 枯れ葉色のクレッシェンド(ピアノ演奏)• もういちど春が来るまえに(ピアノ演奏)• 夜明けのエチュード(ピアノ演奏)• Do You Love Me? 笑顔に会いたい 濱田理恵• 素敵な小夜曲 藤原美穂• 枯れ葉色のクレッシェンド 水島康宏• 夢のおはなし 同• 最後の約束 國府田マリ子• 今日の終わりに 同• ストーリー 同• 夜明けのエチュード 市川楊子• 感じていたい… 同• モーメント 國府田マリ子• 笑顔に会いたい(濱田理恵)• モーメント(國府田マリ子)• フレンド・シップ(濱田理恵)• サウス・ウィンド(國府田マリ子)• レイン(置鮎龍太郎)• 悲しい時はいつも(金丸淳一)• 太陽を捜して(久川綾)• 素敵な小夜曲(藤原美穂)• 最後の約束(國府田マリ子)• 今日の終わりに(國府田マリ子)• エンジェル(丹下桜)• そばにいたい(井上喜久子)• melody-抱きしめて-(國府田マリ子)• story(國府田マリ子)• あなたに おやすみ(濱田理恵)• 笑顔に会いたい〜スロウ・ヴァージョン(濱田理恵)• 枯れ葉色のクレッシェンド(水島康宏)• ワガママでいこう! (YUKARI)• ハッピーエンドは終わらない(YUKARI)• もういちど春が来るまえに(國府田マリ子)• 夢のおはなし(水島康宏)• with you~眩しい季節へ~(國府田マリ子&置鮎龍太郎)• Do You Love Me? (久川 綾&金丸淳一)• 感じていたい…(市川揚子)• 夏の蝶(濱田理恵)• 曇りのち晴れ(國府田マリ子)• 光と風のロンド(山崎和佳奈)• デビューな季節()• PUN! PUN! PUN! ~噂のマイケル~(緑川光)• Only Lonely Girl()• 終わらない夏へ()• 原題は『 橘子醤男孩』。 キャスト 日本版役名 台湾版役名 俳優名 小石川光希 小石川光希 (、) (ステラ・ホァン) 松浦遊 松浦遊 (ケン・チュウ、) 須王銀太 須王銀太 (ショーン・ガウ) 林立雯 秋月茗子 秋月茗子 () (リン・リーウェン) 鈴木亜梨実 鈴木亞梨實 () (ジンナ・リン) 六反田務 六反田務 () (グオ・シーリン) 三輪悟史 三輪悟史 佐久間すず 土屋蛍 小石川仁 小石川仁 () (ツェン・グオチェン) 松浦(小石川)留美 小石川留美 () (クオ・チンチョン) 松浦要士 松浦要士 () (トン・チーウェイ) 小石川(松浦)千弥子 松浦千彌子 名村慎一 小名老師 (マット・ウー) 主題歌 オープニングテーマ - 『温室的花』 歌 - 黃湘怡 エンディングテーマ - 『我好想』 歌 - 張信哲 ソフトウェア DVD 販売元は• 8億円 に公開された。 配給は。 キャスト(実写映画)• 小石川光希 -• 松浦遊 -• 小石川仁 -• 松浦要士 -• 小石川留美 -• 松浦千弥子 -• 秋月茗子 -• 三輪悟史 -• 遠藤香奈 -• 鈴木亜梨実 -• 名村慎一 -• 三輪由充 - 上記のほか、製作委員会に参加している読売テレビから同局アナウンサーのがエキストラで出演している。 スタッフ(実写映画)• 原作 - 『ママレード・ボーイ』(〈コミック版〉)• 監督 -• 脚本 - 、廣木隆一• 音楽 -• 主題歌 - 「」()• 製作 - 、、井上肇、木下暢起、谷和男、山本浩、、、本田晋一郎• エグゼクティブプロデューサー - 、伊藤響• プロデューサー - 松橋真三、北島直明、里吉優也• アソシエイトプロデューサー - 平野宏治• 音楽プロデューサー - 安井輝• ラインプロデューサー - 原田文宏• 撮影 - ()• 照明 - かげつよし• 録音 - 深田晃• 美術 - 丸尾知行• 装飾 - 吉村昌悟• 編集 - 野本稔• VFX - 外塚勇己• 衣裳 - 高橋さやか• ヘアメイク - 永江三千子• スプリクター - 菅谷雪乃• 助監督 - 水野貴之• 制作担当 - 小沼秀剛• 制作プロダクション -• 製作幹事 - 、• 製作 - 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会(ワーナー・ブラザース映画、日本テレビ放送網、、、、、、、プラスディー、、、、、、)• 配給 - ワーナー・ブラザース映画 脚注 注釈• アニメでは、留学のためにへと旅立つ。 映画では、実在のに進学する。 なお「両親's」の設定はアップダイクの小説『カップルズ』へのオマージュという指摘がある。 芽子は家を出て東京駅へと向かい、名村に「私も連れて行って!! お願い!! 」と名村に懇願するも、「君を連れて行くわけには行かない 帰りなさい」とホームで別れを告げたが、新幹線の車内で涙を流していた。 『新メイプルタウン物語』終了後は、男児向け作品が『』から『』まで続いた。 曲は「Rain」と同一であるが、アレンジ・歌詞が異なる。 別バージョンとして、曲の前にオルゴールが流れるロングバージョンが存在する。 これは「ママレード・ボーイ Vol. 3 ママレード・ヴォイス!~ヴォーカルアルバム~」に収録されており、5分23秒もある。 (シングル盤は4分30秒)• エンディングテーマでも歌詞とアレンジを変えて使用された。 愛媛県ではでの『』終了以来、愛媛朝日テレビ開局までは放送されていなかった。 では、中継のため、翌日夕方枠でのとなった。 RBB TODAY 2017年8月23日. 2018年10月5日閲覧。 『ママレード・ボーイ』6、87頁。 『ママレード・ボーイ』8、166-169頁。 『ママレード・ボーイ』8、55頁。 第52話でのダンスシーンで使用• 新番組予告・第4話などで流れた。 「笑顔に会いたい」のスキャット版である。 第22話で流れた。 MOMENT(ロングバージョン)の冒頭を使用。 第41話で土屋蛍が演奏した。 本編中では、省略版として放送された。 フルサイズは5分16秒。 サウンドトラック「ママレード・ボーイ Vol. 4 幾つもの出会いを重ねながら~ロマンティックアルバム~」に収録。 なお、サウンドトラック「ママレード・ボーイ Vol. 8 Final Edition~総集編だよっ!! ~」のブックレットには、ピアノ楽譜が掲載されている。 2018年8月16日閲覧。 連載開始20周年記念! アニメ『ママレード・ボーイ』が特別記念仕様のDVD-BOXとして期間限定で登場!2012年10月24日発売決定!! (アニメイトタイムズ)• 「」『『ママレード・ボーイ』メモリアルBD-BOXが登場 - アニメイトタイムズ』。 2018年8月16日閲覧。 「日本映画紹介」『キネマ旬報 No. 1160(1995年5月上旬号)』第1974巻、株式会社キネマ旬報社、1995年5月1日、 183頁、 :、。 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p. 2017年12月1日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年2月3日. 2018年2月3日閲覧。 - 山本隆弥のアナウンス Take Off!• - gooテレビ番組(関西版) 関連項目• - 当作品同様同僚と「妻の交換」を行った元• - 同作の13年後を舞台とする作品。 外部リンク• - プレイリスト 制作・ 前番組 番組名 次番組.

次の