対応 いたし かね ます。 誤字等の館:できかねません

「~~~しかねる」「~~~しかねない」「~~~しかねます」等とありま...

対応 いたし かね ます

日常的な会話で使用している言葉をビジネスシーンで使うと、失礼だと思われたり、無知な印象を与えたりする可能性があります。 文法や言葉の使い方としては誤っていない言い回しでも、表現次第では稚拙な印象になることもあるため、ビジネスシーンでのコミュニケーションでは、なるべく丁寧であらたまった言い回しをした方が良いでしょう。 例えば、依頼などを断る際は、「できません」「やれません」などと答えるよりも、「出来かねます」「いたしかねます」といった言い回しにした方が、より丁寧な断わり方をすることができると考えられます。 今回は、上記でも挙げた「いたしかねます」と言う言葉をテーマにして、基本的な意味や使い方をご紹介していきます。 「いたしかねます」の意味・使い方 まずは最初に、「いたしかねます」という言葉の基本的な意味や使い方について見ていきます。 「いたしかねます」という言葉は、ビジネスシーンでは比較的頻繁に使われる表現の1つとなっています。 意味や使い方を覚えておくと、さまざまな場面でいろいろな使い方をすることができるので、ぜひ覚えておきましょう。 「いたしかねます」の意味 早速、「いたしかねます」の基本的な意味について確認していきましょう。 「いたしかねます」という言葉の意味について調べてみたところ、「weblio辞書」にて以下のような意味が掲載されていました。 できない、することに堪えられない、などの意味の表現。 丁寧に断る、または拒否の意を表す際の表現。 上記の解説から、「いたしかねます」という言葉は、「できない」「やれない」といった言葉をより丁寧に表現した言葉だと言うことができそうです。 相手との関係性にもよりますが、ビジネスシーンでは、できるだけ敬語などを使用し、丁寧に表現することが大切だとされています。 ですから、依頼などを断る際も、「できません」などと伝えるよりも、より丁寧な表現である「いたしかねます」を使用することの方が多いと予想できます。 「いたしかねます」の使い方【1】:対応いたしかねます 続いて、「いたしかねます」の一般的な使い方について見ていきましょう。 単にどのように使うかご紹介していくよりも、例文などを通して使い方をご紹介した方が、理解しやすいと予想できます。 ですから今回は、「いたしかねます」を使用した言い回しやフレーズ別に、意味や使い方をご紹介していきます。 「いたしかねます」という言葉を使用した言葉の1つに、「対応いたしかねます」という言い回しがあります。 「いたしかねます」という言葉は、上記でもご紹介したとおり、「できません」などの意味があると考えられます。 ですから、「対応いたしかねます」というフレーズには、「対応できません」という意味があると言えるでしょう。 使い方としても、言葉の意味のとおりとなっており、相手の依頼や頼み事に対して、対応できない時や引き受けられない時などに使用する言い回しだと言えそうです。 「いたしかねます」の使い方【2】:回答いたしかねます 「いたしかねます」という表現の使い方の1つとして、「回答いたしかねます」という言い回しも挙げられます。 上記でご紹介した「いたしかねます」の意味のとおり、「回答いたしかねます」という言い回しの場合も、「できない」「不可能」といった意味で使用されています。 ですから、「回答いたしかねます」という言い回しは、「回答できません」という意味となります。 主な使用例としては、「当選者の発表については、回答いたしかねます」「選考の結果については、回答いたしかねます」といった言い回しが考えられます。 「いたしかねます」の使い方【3】:保証いたしかねます 「できません」などの言い回しの丁寧な表現である「いたしかねます」という言い回しは、「保証いたしかねます」という使い方をするケースもあります。 「保証いたしかねます」という言い回しは、保証できない場合や、何らかの保証の条件について説明する場合などに使用される言い回しです。 保険の内容や購入した商品の修理をする際の条件などを説明する場合などに使われることもあり、「水没による故障は保証しかねます」といった使い方ができると考えられます。 「いたしかねます」の敬語 ここまで、「いたしかねます」の基本的な意味や使い方についてご紹介しましたが、目上の人に対して使用する場合、どのような言い方で表現すれば良いのか、考えていきます。 結論から言うと、「いたしかねます」という言葉は、既に敬語表現として見做されるものとなっています。 「いたしかねます」がどのようなタイプの敬語なのか、以下のような見解も存在しています。 「致しかねます」は敬語表現である点です。 「致す」は「する」の謙譲語なので、「致しかねます」は敬語の謙譲表現となります。 上記の解説から、「いたしかねます」という言い回しは、自分の言動を謙って表現することで相手へ敬意を払う、謙譲語であることが読み取れます。 上記のような見解から、「いたしかねます」という言い回しは、敬語表現の1つと言えるでしょう。 ですから、「いたしかねます」という言い回しは、目上の人に対して使用しても、問題ない言葉だと言えそうです。 上記では、「いたしかねます」と同じような意味を持つ表現や類語・同義語をご紹介しました。 「いたしかねます」の類語・同義語は複数存在しますが、その中でも「出来かねます」という表現は、「いたしかねます」と意味や響きが似ていることもあり、混同しやすいと予想できます。 そこで続いては、「いたしかねます」と「出来かねます」の違いについて考察していきます。 「出来かねます」の意味 「いたしかねます」と比較するためにも、まずは「出来かねます」という言い回しの意味について考えていきましょう。 「出来かねます」という言い回しの意味について、「weblio辞書」では以下のような解説を掲載しています。 するのが難しい、出来ない、などの意味の言い回し。 この場合の「かねる」は「引き受けかねる」「対応しかねる」「見かねる」などと同様に、「しようとしてもできない」「堪えられない」などという意味。 上記の解説から、「出来かねます」という言い回しには、「できません」という意味があると言えそうです。 また、やる意思はあるもののできないことを表現したり、堪えることができない状況を伝えたりする場合にも使える言葉です。 続いて、「いたしかねます」をメールで使用する場合の使い方について見ていきましょう。 「いたしかねます」をメールで使用するシーンとしては、相手の依頼や頼みを断ったり、相手の力になれそうになかったりする場合が多いと考えられます。 上記でも何度かご紹介していますが、「いたしかねます」には「できません」という意味があります。 しかし、ビジネスメールにおいて、「できません」という表現を使用すると、不愛想な印象や唐突な印象を与えてしまう危険性があります。 そのような時に、「いたしかねます」へと言い換えて表現することで、印象を柔らかくしたり、相手へ敬意を払いつつ断ったりすることができる可能性があります。 「いたしかねます」の漢字 続いて、「いたしかねます」の漢字表現についてご紹介していきます。 「いたしかねます」の漢字表記として一般的なのは、「致しかねます」という表記だと言えるでしょう。 しかし、「致しかねます」という漢字表記については、以下のような見解も存在しています。 「致す」はそれ自身が動詞であり、「届ける、至らせる、及ぼす、引き寄せる、仕向ける」などの意味があります。 補助動詞として使う場合は、ひらがなの「いたす」を使います。 上記の解説から、「いたす」という言葉には「致す」という漢字表記も存在するものの、言葉の使い方によって、漢字表記とひらがな表記のどちらが適切かは変わってくるということが読み取れます。 ですから、「いたしかねます」の場合も、言葉の意味や使い方を考えて、ひらがなと漢字、どちらの表記にすべきか考えることが大切です。

次の

「わかりかねます」の意味と使い方!ビジネスで使う英語表現も解説!

対応 いたし かね ます

「わかりかねる」の意味と使い方とは? まずはじめに、「わかりかねる」の意味と使い方を紹介します。 「わかりかねる」は「わからない」の意味を肯定的に言う言葉 「わかりかねる」とは「わからない」という否定の表現を肯定的な表現に言い換えて、遠回しに表現する言葉です。 「わかる」+「かねる」からなり、「ない」という否定の言葉を「かねる」によって肯定的に言い換えることができます。 「わかる」とは、「はっきりさせたい事柄について、正しい情報が得られる」という意味です。 「かねる」とは、「ある事情によってそうしようと思ってもしにくい」という状況を表します。 「申しかねる(申し上げることができない)」「決めかねる(決めることができない)」などと言うように、なんらかの事情により、できないということを肯定的かつ遠回しに表現するのが「かねる」です。 つまり、「わかりかねる」とは、「その事柄については、ある事情により正しい情報が得られない」という含みの意味を持たせた表現でもあり、「わかりません」という否定の言葉を言い切ることによってコミュニケーションに問題が起きないようにするために使われるものです。 「わかりかねる」の漢字は「分かりかねる」 「わかりかねる」とは、先に説明したように、「わからない」を遠回しに言う表現として使うことが一般的です。 そのため、漢字で書くときは「分かりかねる」を使う場面であることが多いといえます。 他の漢字との違いを説明すると、「分からない」とは、「はっきりさせたい事柄について、正しい情報が得られない」という意味ですが、「判らない」は「(違いが)判別できない」という意味で、「解らない」は「意味が理解できない」という意味となります。 とはいえ、「分からない」は「判りかねます」「解りかねます」のどちらの意味も含むため、どのような場合でも「分かりかねます」を使うことができます。 「わかりかねません」は誤用 「わかりません」と「わかりかねます」が混ざってしまうためか、「わかりかねません」と誤用してしまうことがあるようです。 これは二重否定となり、誤用です。 敬語「わかりかねます」は本当に電話対応に推奨される言葉遣い? 「わかりかねる」の敬語は「わかりかねます」となり、お客様の質問に答える電話対応で推奨される言葉遣いです。 しかし、自分が聞いたときに不快感を覚えたり、「わかりかねます」と言って相手を怒らせてしまったりすることがあるなど、その使い方に疑問を覚える人もいるようです。 「わかりかねます」だけで終わらない気遣いが必要 電話対応などで、質問に答えることができない場合、「わかりません」と直接的に表現するのは相手に不快感を与えて失礼になるため、「わかりかねます」という遠回しな言い方が良いと推奨されています。 それは間違いではないのですが、「わかりかねます」の言葉のみの対応をしてしまうことには問題があります。 否定的な言葉を使うときは、クッション言葉を使い、さらに可能な場合は、こうすればできる、という提案も加えるという使う気遣いが必要です。 「わかりかねます」を使うときの良い例文 次のような対応が良い例です。 大変申し訳ございませんが、私ではわかりかねますので、担当の部署をご案内いたします。 〇〇は外出しております。 帰社時間はわかりかねますので、確認して折り返しご連絡いたしますか? 状況によっては別の言い方を工夫する 「わかりかねます」はソフトな言い方であるとともに、はっきりしないあいまいな表現でもあるため、相手がイライラしているような場合や、クレーム対応の場面などでは、逆に相手に不快感や不信感を与えてしまうことがあります。 状況により、あいまいな表現を避けた方がよいと判断されるときは、別の言い方を工夫してみましょう。 別の言い方をする場合でも、否定形ではなく、肯定形で伝えるのが基本です。 例えば、確認できないときは、「確認ができかねます」、回答できないときは「お答えいたしかねます」など、できないことを具体的な表現で言い換えることができます。 「わかりかねます」の類語・言い換えとは?例文とともに紹介 「わかりかねます」の類語や言い換え方をまとめて紹介します。 クッション言葉もあわせて使いましょう。 「確認ができかねます」の使い方と例文 情報の確認ができないために回答できないときは、「確認ができかねます」と言うことができます。 相手に納得してもらうため、できない理由を添えるのがポイントです。 恐れ入りますが、担当が外出しているため、現時点では確認ができかねます。 「お答えいたしかねます」の使い方と例文 情報がわかっていても、会社の規定などにより答えることができない場合には、具体的な理由を添えてお答えいたしかねます」と言うことができます。 ご要望に添えずに大変申し訳ございませんが、その件に関しましては〇〇の理由によりお答えいたしかねます。 「存じ上げません」の使い方と例文 情報を知らないということをはっきり伝えた方が、のちのトラブルを生まないためにもよい場合があります。 はっきり伝えるには、「存じ上げません」と言うことができますが、高慢な印象を与えがちな表現であるため、「存じ上げていないのですが」と言い切らない表現にしたり、「申し訳ございません」の言葉で終わるようにしたりするなど、ソフトな印象になるように工夫しましょう。 大変心苦しいのですが、私は存じ上げていないのですが。 存じ上げず、大変申し訳ございません。 まとめ 「わかりかねる」とは、「わからない」ということを伝えるときに、否定の表現を肯定の表現にかえるとともに、わからないという直接的な表現をソフトな表現に言い換える言葉です。 そのような配慮をすることで、否定的なことを伝えるときに、相手への不快感をやわらげ、失礼がないように配慮しながら、円滑なコミュニケーションがはかれるようにすることを目的に使います。 ビジネスシーンや電話対応などでは、「わかりかねます」という敬語を使う機会は多いかと思いますが、たんに言い換えただけでは、やはり失礼になってしまいます。 「わかりかねます」と言うときには、「大変申しわけございませんが」というようなクッション言葉を添えるとともに、できない理由を伝えたり、代替案を提示するなど、相手の気持ちに寄り添った対応ができるように心掛けましょう。

次の

出来かねますの意味は?できません等の敬語やできかねる時の対応の仕方も

対応 いたし かね ます

仕事の中で「対応できない」という場面が出てくることがあります。 顧客先や接客業などにおいて、「対応できない」ということを伝えなくてはいけない場合、相手に失礼のない敬語表現にする必要があります。 「対応できない」のように、何かをすることができないなどを伝える場合、言葉の選び方は慎重に行う必要があります。 言い方を間違えてしまいますと、思わぬトラブルやクレームに発展してしまう可能性がありますので、注意するようにしましょう。 丁寧語 「対応できない」という言葉を丁寧語の敬語に変換すると、「対応できません」になります。 「対応できません」は、「対応できない」という言葉の敬語表現です。 しかし、できないという否定する言葉を敬語にする場合、丁寧語の敬語に変えた場合、人によっては突き放された印象に聞こえてしまうことがあり、敬語なのにも関わらず相手に不快感を与えてしまう可能性があります。 否定語を敬語にする場合は、さらに別の敬語に置き換えたり、クッション言葉などをうまく利用し、相手に不快感を与えないように「対応できない」ということを伝える必要があります。 丁寧語の敬語表現を使っているから、問題がないということではありません。 相手に不快感を与えてしまう敬語表現は、思わぬトラブルやクレームにつながってしまう可能性があります。 「否定」の意味の言葉をお客様に伝えなければならないときは、特に言葉選びや使い方に注意することが大切です。 謙譲語 「対応できない」という言葉を謙譲語にする場合は、「対応致しかねます」「対応できかねます」といった表現にすることができます。 謙譲語を使った場合でも、相手の希望に沿うことができないということを伝えなければなりません。 できるだけこちらの誠意を示すように、謙譲語とクッション言葉を組み合わせ丁寧な言葉遣いを心がけるようにしましょう。 クッション言葉を併用する では、実際にビジネスシーンで「対応できない」ということを伝えなくてはいけない場合、どのような言葉を使うことが適切なのでしょうか。 「対応できない」という言葉の敬語での使い方についてご紹介します。 敬語の種類 実際の言葉を使う前に、まず敬語の基本的な知識についてご紹介します。 敬語とは、使う相手に対して敬意を表すときに使う言葉です。 つまり、敬語を使うということは、相手に敬意を表していますということを伝えることにもなります。 敬語には3つの種類があります。 相手の言動や行動に対して、自分が言葉で表現するときに使う「尊敬語」です。 もうひとつは、自分の言動や行動に対して、自分をへりくだった表現に変える「謙譲語」です。 最後は、「です」「ます」や言葉の前に「お」や「ご」をつけて丁寧な言葉遣いにする「丁寧語」です。 状況や相手との関係性などで、適切な言葉選びが大切なポイントになります。 使い方 「できない」という否定的な内容を相手に伝える場合は、クッション言葉と「謙譲語」を組み合わせて使うことがおすすめです。 「丁寧語」も敬語表現の言葉ですが、「できない」という言葉を伝える場合は、「丁寧語」ではなく、「謙譲語」を使う方が良いでしょう。 メールでの使い方 メールで「対応ができない」ということを相手に伝える場合は、多少硬い印象の言葉を使っても問題ありません。 口頭で直接相手に伝える場合、あまり堅苦しい表現にしてしまいますと、逆に嫌味な印象を与えてしまうことがあります。 メールや手紙など、文章で相手に伝える場合は、きちんとした表現を使うことで、相手の印象が良くなる場合もあります。 例文 ・大変申し訳ございませんが、当日の時間変更は対応致しかねます。 ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。 ・大変ご迷惑をおかけしておりまして申し訳ございませんが、今月中の修理は対応は致しかねます。 現在大変混み合っておりますので、修理対応にお時間をいただいております。 ご理解のほどお願いいたします。 ビジネスでの使い方 サービス業以外のビジネスの場合も「対応できない」ことを伝えなくてはいけない場合があります。 相手は、取引先や顧客などの場合が多いため、できる限り丁寧な対応を心がけましょう。 例文 ・先日ご連絡いただきました納期の件ですが、大変申し訳ございませんが、20日までの納品の対応は致しかねます。 メーカーより弊社への商品到着予定が23日となっておりますので、最短で24日の納品になります。 ご理解をいただきますようお願い申し上げます。 ・この件に関しましては、大変申し訳ございませんがメールでの対応は致しかねます。 お忙しいところ大変恐縮でございますが、担当者より改めて電話にて対応させていただきます。 お詫びでの使い方 商品を販売している会社などでお客様都合での返品を希望する場合、商品の性質上対応できない場合があります。 このような場合、注文の段階でお断りの文面を入れてあった場合でも、お客様の要望に応えることができない(対応できない)と言う意味でお詫びの文章にしなくてはいけない場合があります。 たとえ「対応できない」内容であったとしても、お客様に不快な思いをさせてしまっていることは事実です。 こちらに落ち度がない場合も、その点に関してまずお詫びをすることがクレーム対応の鉄則です。 例文 弊社製品に関しまして、お客様には大変ご迷惑をおかけしておりますこと、謹んでお詫び申し上げます。 お問い合わせいただきました商品の返品の件でございますが、商品の性質上お客様のご都合による返品対応は致しかねます。 ご希望に沿うことができず大変申し訳ございませんが、ご容赦いただきますようお願いいたします。 「クレーム対応」の対処方法 「対応ができない」ということに対して、納得できずにクレームを言うお客様もいます。 この場合、どんなに誠意を尽くして、敬語で丁寧な対応をしても納得していただけないことがあります。 このような場合、お客様の要求をすべて対応しようとしてしまいますと、他のお客様に対して不公平な対応になってしまいます。 「対応できない」という内容を伝えた結果、クレームになってしまった場合のクレーム対応についてご紹介します。 まずはお詫びをする クレーム対応の鉄則は、お客様に対してこちら側の事情を説明するのではなく、まずは「お詫びをすること」です。 こちら側に何の落ち度がなく、お客様の理不尽な理屈からクレームが発生している場合でも、最初にしなければいけないことは「お詫び」です。 これは、「対応できない」ことへのお詫びではなく、お客様を不快にさせてしまったことへのお詫びですので、誠心誠意お詫びをするようにしましょう。 お客様の言い分を聞く 次にどんな理不尽な理由であったとしても、まずはお客様の言い分をお聞きしましょう。 クレームを言っているお客様は、精神状態が怒りの状態になっています。 その状態でこちらの事情を説明してしまいますと、さらに興奮されてしまいます。 まずはお客様の落ち着くまで、お客様の言い分をお聞きしましょう。 最後にこちらの事情をきっぱりと説明する お客様が言いたいことをすべて話し終わって、精神的に落ち着いたら、「対応ができない」ということを伝えるようにします。 どんなに腹の立つ理由であったとしても敬語での対応は必須です。 こういうときは、クレームを対応している方も動揺しています。 こういうときこそ、しっかりとした敬語での対応が必要になります。 それでも対応しきれない場合は、上司などに相談するようにしましょう。 「対応できない」の別の敬語表現例 「対応できない」内容により、「対応できない」ということを別の言葉で敬語表現することができます。 状況などにより使い分けると良いでしょう。 「ご辞退させていただきます」 ビジネスシーンでは、条件が合わず「対応できない」といった場面があります。 このような場面で敬語表現にする場合は、「対応致しかねます」ではなく、「こちらの条件を満たすことができないため、大変残念ではございますが謹んでご辞退させていただきます」といった使い方をすることもできます。 意味としては、「対応できない」ということなのですが、「辞退する」という表現を使うことで「対応できない」ことを表すことができます。 「見送る」 自分が希望していた内容の仕事ができる機会に恵まれた時に、他の仕事との兼ね合いで「対応ができない」ことがあります。 そのような場合の敬語表現として、「どうしても都合を付けることが難しいため、残念ではございますが、今回は見送らせていただきます」といった使い方をすることができます。 「見送る」も「対応できない」と同じ意味合いで使うことができます。 上司からの依頼が「対応できない」場合 上司からの依頼内容に「対応できない」場合、敬語に注意することももちろん大切なのですが、ただ「対応できません」では仕事が円滑に進まなくなってしまう可能性があります。 このような場合は、上司に対して敬語表現に気を配り、なおかつ一緒に代替え案を提案することがおすすめです。 「対応できません」という敬語だけでは、上司への印象を悪くしてしまうこともありますのでまず、「対応できない」という言葉を「対応が難しい」という言葉に置き換えます。 そのあとで、代替え案を提示することで仕事を円滑にすることが可能になります。 例文 ・今日中の対応は難しいのですが、明日の午前中まででしたら対応することができます。 ・他の仕事の納期との兼ね合いで1人で行うことは難しいのですが、他の人にも応援をお願いすることができるのであれば、対応が可能です。 「対応できない」事実をうやむやにしない.

次の