レゴシティ アンダー カバー チェイス ビギンズ 攻略。 [B!] レゴシティ アンダーカバー チェイス ビギンズ 攻略サイトまとめ: ゲーム攻略サイト・Wikiまとめブログ

レゴシティ アンダーカバー チェイス ビギンズ 攻略サイトWikiまとめ

レゴシティ アンダー カバー チェイス ビギンズ 攻略

機種 3DS 発売日 2015年3月5日 価格 4700円(税別) ジャンル アクション アドベンチャー 開発元 発売元 任天堂 プレイ人数 1人 対象年齢 CERO:B 12才以上対象 公式サイト 攻略・Wikiまとめ• ニュース• 警察官となり街で起こる事件を解決するメインストーリーを進めるのも、ブロックでできた街中のものを破壊するのも、ブロックで色んなものを作るのも、自分好みにキャラクターをカスタマイズするのも、遊び方はプレイヤー次第。 レゴの世界を自由自在に遊びつくせます。 シティの平和を脅かす宿敵「レックス・フューリー」を逮捕するため、さまざまな現場に駆けつけ、潜入捜査をします。 【変装して謎を解く】 変装した職業ごとに、異なる特殊能力が使用可能。 能力を使い分け、仕掛けを解きます。 【Wii U GamePadを使って調査】 Wii U GamePadをゲーム中のスマートデバイスに見立て、捜査のいたる所で活用します。 街の人々の依頼を受けたり、ドライブしたり、レゴブロックの世界で気ままな生活が楽しめます。 【乗り物は100種類以上】 陸、海、空。 ヘリコプターからスケボー、さらには馬や豚まで、100種類以上の乗り物に乗ることができます。 【自分好みにカスタマイズ】 主人公の姿を自分好みにカスタマイズしたり乗り物のカラーを自由に変更することができます。

次の

変装リスト

レゴシティ アンダー カバー チェイス ビギンズ 攻略

インサイドをご覧の皆さま、こんにちは。 そそそこと 津久井箇人です。 皆さんのゲームライフを充実させるゲームプレイレポート、第111回を迎えましたのお時間です。 幼稚園児ぐらいの小さな頃、自分は大体4つの要素で人間が構成されていました。 「ゲーム」「ガンダム」「特撮ヒーロー」、そして意外にも「ブロック遊び」です。 「レゴ」「ダイヤブロック」さらにはちょっとジャンル違いですが「プレイモービル」なんかも好きで、特に「レゴ」は宇宙シリーズが大好きでした。 小学校ぐらいまでは遊んでいたと思います。 今思うと、自分のいろいろな想像力の原点は「レゴ」だったのかもしれません。 割と本気で! というわけで、今回プレイするのは任天堂のニンテンドー3DSソフトです。 プレイヤーは警察官「チェイス・マケイン」として、広大な「レゴシティ」を探索しながら、さまざまな街に起こる事件を解決していきます。 例えば、「ドロボウ」に変装すればドアを無理矢理こじ開けられるようになったり、「消防士」に変装すれば消火器で火を消せるようになったりと、変装の職業ごとに与えられたアクションを上手く使うことが、攻略、さらには「レゴシティ」の探索のポイントとなってきます。 また「レゴシティ」に配置されている多くのオブジェクトは「レゴ(ブロック)」でできているので、基本的には壊し放題。 壊した際に出現する「スーパーブロック」で、新しいオブジェクトを作る(「スーパービルド」と呼ばれます)こともあるので、どんどん壊して、どんどん作りましょう。 「章」がはっきりと区切られているわけではありませんが、いくつか起きる大きな事件の中に、小さなミッションが細かな単位で用意されていて、それをひとつひとつ解決していくというスタイルでストーリーが進行。 難易度も低めで、次の目的地なども非常にわかりやすくナビゲーションされるので、オープンワールドでありがちな「次に何をすれば良いのか・・・」といったことには、まずなりません。 また、ストーリーを進めることで「変装」が増えていくので、ストーリーの進行は、オープンワールドを楽しむための自由度の拡大にもつながります。 ストーリーをプレイしきれば「クリア」なのか、やり込みきれば「クリア」なのか、それでも尚プレイし足らないのか・・・プレイスタイルによって基準が大きく分かれるゲームだと思います。 オープンワールドという性質上、プレイ中の快適さを確保するために先回っていろいろ読み込むのは仕方ないとは思うのですが、やっぱり長く感じてしまいました(笑)。 ただし、ミッション進行中にそういった長い読み込みはない(・・・ように上手く工夫された構成になっている?)ので、ゲームプレイの肝心なときに、読み込みによる余計な不快さを味わうということはまったくないのでご安心を。 また、基本は(便宜上そう呼びますが)「小ミッション」をクリアするごとにセーブされるほか、エリアチェンジなどでセーブされるようですが、下画面のパネルから「変装」を細かく設定する際に、他の「変装」を見てキャンセルする(結果何もしなかった)ときにもセーブが行われるなど、謎な仕様が気になりました。 本体スリープでも事足りるのですが、筆者としてはほかのゲームを並行プレイする都合上、任意のタイミングの中断セーブ機能が欲しかったです。 探索などをする際のカメラの視点移動は、キャラクターをスライドパッドで移動させるか、LRを使って左右を見渡すかのどちらかになります。 ゲームの進行上(アクションゲームとしての都合上?)、カメラが固定になるシーンも多いのですが、それは仕方ないとしても、「レゴシティ」をじっくり探索する上で、ぜひNew 3DSの「Cスティック」もしくは拡張スライドパッド「右スティック」で視点を動かしたかったです。 特に、上下に視点を動かせない(見上げたり見下ろしたりできない)のは、進行上問題になるワケではないのですが、若干残念に感じました。 その場で「カチカチカチ・・・(徐々に加速!)バーーンッ!(完成!)」とオブジェクトが作られる感動がやや薄れて感じられます。 その分「レゴシティ」全体がWii Uに比べるとやや狭くスケールダウンして感じられるのですが、逆に3DSでここまで頑張れたか!と褒めてあげたいところでもあり、ちょっと複雑です(笑)。 3DSで楽しむオープンワールドなゲームとしては、3DS史上に残る高い完成度を誇るタイトルに仕上がっていると思います。 ただし、寄り道なしでストーリーだけを楽しもうとすると、10~20時間もあれば十分なので、そういったプレイスタイルの人にはやや簡単でボリューム不足に感じられるかもしれません。 逆に、やり込みが好きな人にはかなりボリューミィなタイトルに感じられると思います。 筆者は12~3時間でエンディングにたどり着けましたが、全体の達成率はなんとわずか17%!エンディングを見ただけでは「レゴシティ」の5分の1も堪能できていないことになります。 これは我ながら勿体無いですね(笑)。 逆に、エンディングを迎えてからが本番!という人は、そのまま「レゴシティ」の住人になる勢いでプレイし続けられると思います。 Wii Uで『レゴシティ アンダーカバー』をすでにプレイしていて本作のプレイを考えている人は、ハードの性質上ある程度仕方ないことですが、多少のスケールダウンは覚悟しておきましょう。 ただし、Wii Uの前日談にあたる話なので、『レゴシティ アンダーカバー』の世界観が好きならばプレイして損なしです。 【こんな人にオススメ】 ・Wii U『レゴシティ アンダーカバー』をこれからプレイしたいと思っている人 ・Wii U『レゴシティ アンダーカバー』をプレイしたことがない人 ・オープンワールド系クライムアクションゲームが好きな人(ただし残虐描写なし) ・探索アクションゲームが好きな人 ・長くじっくり遊べるゲームをプレイしたい人 ・やり込み要素・収集要素が好きな人 もし本作を面白く感じて、環境や金銭面が許されるのであれば、ぜひWii U『レゴシティ アンダーカバー』もプレイしてみてほしいです。 決して3DSがゲームとして劣っているというワケではないのですが、Wii Uだからこそ実現できるリッチで広大な「レゴシティ」と、「チェイス・マケイン」のその後の物語を楽しめますよ! 筆者は仕事などの都合上、やり込み要素をたっぷりやる時間が確保できないのが非常に悔やしいです(笑)。 価格は、パッケージ版・ダウンロード版ともに4,700円(税抜)です。 LEGO R City Undercover: The Chase Begins software C 2013-2015 TT Games Limited Produced by TT Games under license from the LEGO Group. LEGO, the LEGO logo, the Brick and Knob configurations and the Minifigure are trademarks of the LEGO Group. C 2013-2015 The LEGO Group. Nintendo properties used with permission. All Rights Reserved.

次の

変装リスト

レゴシティ アンダー カバー チェイス ビギンズ 攻略

とりあえず今日はチェイスビギンズのプレイ日記です。 しかし実はある意味大変な事態になってまして・・・。 なんとストーリーが終わってしまったんですね。 そのためプレイ日記は今日の分だけになります。 そして実際のストーリー自体をあまり書いてしまうと、全部わかってしまう事になるので、あまり細かくは書きません。 ざっとした流れと感想とか書いていきます。 まず一番書きておきたいのは、思ったよりストーリー自体は短かったです。 ちょっとボリューム不足かもですね。 ただ3DSなのでWi U並みのボリュームは無理な訳ですから、こんな物なのかもです。 それに多分初めてこのシリーズをプレイしていたら、もっと時間がかかったと思うんですよね。 その場合おそらく私が最初に建てた計画のように、3日はかかったはずです。 私の場合、Wii U版で慣れていたので、あっという間に終わった感じです。 システム的な物や謎解き的な物は、かなりWii U版に似ていたのでそのせいなんでしょう。 そういう意味ではWii U版のファンとしてはうれしい部分も多かったです。 そのあたりは買って良かったと思います。 特にWii U版でストーリー的にわかりにくかった部分が、今回一気にわかってスッキリしました。 チェイスとダンビー、レックス、ナタリアあたりの因縁を知りたい方にはお勧めのソフトです。 さてメインのプレイ日記なんですが、あまり書く事はありません。 なにしろほとんどWii U版と同じでしたからねえ。 なんだか同じソフトの続きをしている気分でプレイしていたら、終わってしまった感じです。 とりあえず読者の中には初めての方もいると思うので、攻略のポイントをざっと書いておきます。 ストーリー自体は特に詰まる事もないと思います。 誰かから指示が出るので、それに従って移動していくとストーリーが進む感じです。 前と同じで現場に着くとヒントマークがあるので、それを踏むとムービーが始まって、ストーリーの説明がある事が多いです。 たまにヒントを踏んでも何も起こらない時がありますが、それはムービーがない場合なので、周りを見て 「適当に何か」 すると進める事ができます。 この 「適当に何か」 は前と同じで、する事は大体決まってますね。 これがわかっている人は今回は詰まる事はほぼないと思います。 しかし今作が初めての方は詰まる事も多いかもです。 前もそうだったのですが、このゲームはアメリカ的な感じなのかヒントが少ないです。 少ないというか不親切というか、カメラワークだけでヒントを出したり、まったくのノーヒントだったりなので、ちょっとした事に気がつかないと全然進めなくなる事もあります。 そこでここからは 「適当に何か」 の事について書いて、プレイ日記の代わりにしようと思います。 このレゴシティアンダーカバーシリーズはストーリーもやりこみ要素的な部分も謎解きが多いです。 それも文章を使ったりはしていない、直感的な謎解きですね。 そのためピンとくると早いんですが、それがこないとどうしても詰まってしまいがちです。 その時には 「適当に何か」 の行動をするとうまくいく事が多いです。 その内容は大体5個くらいあって、詰まった時はこれで乗り切れる事が多いので、困っている方はお試しください。 その内容なんですが 1、適当に周りの物を壊す 2、適当に周りをジャンプしたり、建物に登る 3、適当に銃などを撃つ 4、適当に車に乗って、走り回る 5、ゲームの方で出るヒントを見る あたりです。 1番の 「周りの物を壊す」 はこのゲームの定番ですね。 Yボタンでその辺の物を殴れるので、適当に周り物を壊してみてください。 壊した物はレゴのブロックに戻って、しばらくすると消えます。 残っている中で、丸くて銀か金色の物はお金的なブロック(スタッドブロック)集めておきましょう。 そして今回は残るブロックにスーパーブロックがあるので、集めるのが簡単になりました。 こちらも使い道があるので、集めておくと後で楽です。 今回は詰まった時のヒントの記事だけなので、その辺の詳しい事はまた今度攻略系の記事でも書きます。 さて物を壊したあとに、消えるはずのブロックの中で、残った後にピョンピョンはねているブロックがあったらそれが正解です。 それをAボタン長押しで何か作れるはずなので、それで先に進めるはずです。 このパターンはとても多いので、どうしたらよいかわからない時はとにかく周りの物を壊してみるといいでしょう。 それで何も出ない時は、2番の 「周りをジャンプする」 ですが、こちらは特に建物のそばの時に有効な技(?)です。 このシリーズでは 「青と白の物にはBボタンでつかまれる物が多い」 という暗黙のルールがあるので、詰まった時はそれを見逃している事も多いです。 建物のあたりに青と白の物があるかを探して、あったら適当にジャンプしてみるとつかまれる事があります。 その時はそれが正解だと思うので、上に登って行ってください。 そのまま謎が解ける事も多いですし、そうでなくても上からだとヒントを探しやすいので、詰まったら上に登るのもお勧めです。 それでもダメだった場合、3番の 「銃などを撃つ」 がお勧めです。 こちらは職業によって撃てる物が違うので、場合によって使い分ける必要があります。 しかしどれだかよく変わらない事もあるので、その時は全部撃ってみれば大丈夫! どれか当たりのはずです。 このゲームって意外とこんな感じのアバウトさで攻略できますからねえ。 そしてそれでもダメな事はすくないんですが、その場合仕方ないので4番の 「車に乗って走り回る」 が有効な時もあります。 こちらはあまり役に立つ事は少ないんですが、視点が変わってヒントを見つけられる事もあるので、たまにはこの手も使ってみてください。 そして最後に5番の 「ゲームの方で出るヒントを見る」 なんですが、これが普通は一番有効な手のはずなんですけどねえ。 これがまたわかりにくいヒントなんですよね。 下画面の右の真ん中あたりに、虫めがねのマークが出るといちおうヒントを出してくれるようなんです。 これはWii U版のように周りをサーチする感じなんですが、その時に受けているミッションに関係ない物もサーチするので、それが今必要なものなのかどうかわからない事が問題なんですよね。 とりあえず詰まった時に1~4をしてもわからない時は虫眼鏡のヒントをもらうといいかもです。 こちらはあまり期待はしない方がいいとは思います。 この虫眼鏡はストーリーが終わって、%を100にする時にはとても役に立つので、その時に是非使ってください。 詰まった時の対策としてはこんな感じでしょうか。 こうしてみると前のをプレイしている人にとっては当たり前の事ばかりなのですが、今作からプレイした方にはわかりにく点も多いですね。 特にカラーガンなんて、説明がなくて使い方がわかるんでしょうかね? 今回は色が2色しかないし、平気なんでしょうか。 そのあたりはできれば少しずつ攻略記事も書きたいのですが、SSが撮りにくいのが難点ですね。 今の所ミーバース経由でPCに取り込んで使うしか手が無いみたいですし、我が家ではミーバースが通信エラーを起こしやすいんですが、これって何故なんでしょうかね? ミーバースも自分のSSの画像を公開しないで取り込めるフォルダみたいな物ができると便利なんでしょうけどね。 まあちょっと面倒ですが、できるだけ頑張ってみます。 そんな感じで今日はここまでです。 ではまた。

次の