三神ザシアン ボスの指令。 【新弾バトル優勝デッキ】ムゲンゾーン環境!三神ザシアンデッキレシピ 【ポケカ】

自分をCL京都優勝者と信じて止まない一般男性が、三神とザシアンで優勝する記事です。|リオイ|note

三神ザシアン ボスの指令

URでは拡張パックシールド収録の「クイックボール UR」が1位です! 汎用性の高いボールのURはいつの時代も高いですね。 2位は拡張パックソード収録の「ザシアンV UR」です。 登場直後から三神との組み合わせで大暴れしていました。 3位は「ツインエネルギー UR」などの5種類のカードが同価格でした。 HR(ハイパーレア)ランキング• 1位:マリィ HR:3,980 円• 2位:ボスの指令 HR:3,480 円• 3位:レシラム&リザードンGX HR:2,980 円• 4位:ソニア HR:1,980 円• 4位:ミュウツー&ミュウGX HR:1,980 円• 6位:サーナイトVMAX HR:1,780 円• 6位:カブ HR:1,780 円 HR1位は拡張パックシールド収録のサポート「マリィ HR」でした! ソード&シールドでも人気のあるキャラで、効果も使いやすいサポートです。 2位は反逆クラッシュ収録の「ボスの指令 HR」です。 相手のベンチポケモンを引きずり出せる、最強のサポートです。 サポートSR(スーパーレア)ランキング• 1位:マリィ SR:3,980 円• 1位:ボスの指令 SR:3,980 円• 3位:シロナ SR(ウルトラムーン):2,980 円• 4位:エリカのおもてなし SR:2,480 円• 4位:ブルーの探索 SR(タッグオールスターズ):2,480 円• 4位:マオ&スイレン SR:2,480 円• 4位:ブルーの探索 SR(フルメタルウォール):2,480 円• 4位:シロナ SR(ウルトラシャイニー):2,480 円• 4位:ルチア SR:2,480 円 ソード&シールドで登場した新レアリティRRRでは「サーナイトVMAX」と「ドラパルトVMAX」が同率1位でした。 封入枚数が多いので、値段はそれほどという感じです RR(ダブルレア)ランキング• 1位:ザシアンV:980 円• 1位:デデンネGX:980 円• 1位:パルキアGX:980 円• 4位:アルセウス&ディアルガ&パルキアGX:880 円• 5位:クワガノンV:780 円• 5位:パルスワンV:780 円• 5位:マルマインGX:780 円• 8位:モクロー&アローラナッシーGX:680 円• 8位:ライチュウ&アローラライチュウGX:680 円• 10位:サーナイトV:580 円• 10位:ワタシラガV:580 円• 10位:ドラパルトV:580 円 Cはチャンピオンロード収録の「エネルギー循環装置」が1位でした。 全レア度混合• 1位:クイックボール UR:5,980 円• 2位:ザシアンV UR:4,980 円• 3位:ツインエネルギー UR:3,980 円• 3位:レシラム&リザードンGX UR:3,980 円• 3位:ミュウツー&ミュウGX UR:3,980 円• 3位:ミステリートレジャー UR:3,980 円• 3位:ビーストリング UR:3,980 円• 3位:マリィ HR:3,980 円• 3位:マリィ SR:3,980 円• 3位:ボスの指令 SR:3,980 円• 3位:アルセウス&ディアルガ&パルキアGX SR:3,980 円 全レア度を含むと、上位はほぼURですね。 そして、5,000円以上のカードは「クイックボールUR」の1枚だけです。 5,000円以上のカードだらけだったサン&ムーン環境と比較すると大分落ち着いた感じですね。 ギャンブル要素は薄くなりましたが、ボスの指令以外はメインカードも大分安くなってるので、デッキが組みやすくて良い環境ではありますね。 前回のランキングです。

次の

【新弾バトル優勝デッキ】ムゲンゾーン環境!三神ザシアンデッキレシピ 【ポケカ】

三神ザシアン ボスの指令

皆々様。 くれあです! 今日はのお話。 さて始まりました。 私が先攻です。 まず大前提となるレシラム&GXを初っ端に引くことができました。 問題は相手のデッキがどんなタイプのものか、ってとこですね。 1ターン目にが出ているという情報だけでは候補が多すぎて何のデッキか絞れません。 うわ &&GX出てきた。 お相手は三神デッキでしたか。 さらにマリィを使われがデッキ下に沈んでしまったのですが、代わりにげんきのハチマキを引くことができました。 これは良い流れに持っていけそうだ。 2ターン目。 まずは 溶接工でベンチのに2枚の炎エネを貼り3ドロー。 このターンも攻撃できないのでベンチにいるザシアンVの特性で3ドローしてターン終了。 欲しかった雷エネルギーも無事引けましたね! さぁ場にレシゼク、ベンチにという状況が整いました。 もうこちらも特にやることがないのでぱぱっと攻撃に入ります。 レシゼクのワザ雷炎無双でを消し炭に。 私の手札には溶接工といったエネルギー加速カードがもうないのですがが自前で補給できる、すなわち盤面だけで全て賄えるためここからはマリィやリセットスタンプで手札を弄られようと問題ないです。 唯一困ることがあるとしたら ボスの指令でを消されることですが……まぁ相手はまだオルターを使用できてないので攻撃する前にそっちを使うはず。 相手のターン。 ベンチに出されてるがどんなワザを持ってるのかを見てる間に オルターGXを使用されました。 ざっくり言えばレシゼクとのたった2体がやられるだけで私の負けです。 たぶん。 4ターン目。 相手の三神はレインボーエネルギーにより既に10ダメ受けていたためげんきのハチマキがなくとも屠れるように。 タッグチームを倒したことでサイドを3枚引き、こちらの残りサイドは2枚。 なおもレシゼクはこの超火力を出し続けることができます。 さぁお相手これを止められるか? うおぉ1エネで160ダメとな。 仮にこの子が5枚エネルギーを貼っていたならワンパンされてました。 クロスブレイクGXを狙おうとしてたら危なかったかもですね。 もとより Nの覚悟を採用せずGXワザに頼らない戦法でいたのが功を奏したのかもしれない。 この後相手が降参され、こちらの勝利となりました! んー、まぁ決まる時はこんな感じで大ダメージを乱発できて強いんですが、如何せん安定感に欠けますね……。 やはり2進化のを素早く立てるというのが課題として大きいです。 何かもうちょっと安定感を高められる構成にできないかねぇ。 と言ってもドロー要因は結構入れてるつもりなんだよなぁ。 ………………。

次の

三神ザシアン デッキ

三神ザシアン ボスの指令

どうもレイネです。 今回はCL京都があれば使用候補として、最有力だった三神ザシアンのデッキを紹介します! 1. デッキリスト 2. デッキコンセプト 3. 採用カード解説 4. 環境デッキに対する立ち回り 1. デッキリスト 今回のデッキリストは画像の通りです。 詳しいデッキコンセプトは次の項で解説します。 デッキコンセプト 基本的なデッキコンセプトは従来の三神ザシアンとそれほど変わらず、オルタージェネシスGXを使用してから、アルティメットレイとブレイブキャリバーでサイドの取り切りを狙います。 反逆クラッシュにより、三神ザシアンは2つの大きな強化要素を得ました。 まず1つ目は、ボスの指令が追加されたこと。 ベンチ干渉のハードルが大きく下がることで、オルタージェネシスと合わせて様々なサイドプランをとりやすくなりました。 従来、大きなお守りの対応はフラダリラボしかなく、相手に混沌のうねりを貼られてしまうとうまく対応出来ないことが多いため、タッグチーム主体デッキへの勝率を下げる要因となっていましたが、ツールスクラッパーが入ったことで改善することが出来ました。 この2点の強化要素により、反逆クラッシュ以前の三神ザシアンに比べ、対応力が上がり、大きく不利をとるデッキが少ないと考え、使用候補として考察を進めてきました。 従来からある三神ザシアンの課題は、アルティメットレイを撃てなかった場合、メタルソーサーがうまく引けずにザシアンへエネ供給が追いつかなくなることにあります。 ボスの指令を積極的に撃って行きたいのでメタルソーサーを引くためにサポートを使用したくありません。 そこでこのデッキには、以下の3枚のカードを採用しています。 これらのカードにより、必要なカードを揃えて、ボスの指令を撃ちやすくし、最短のターン数でサイドの取り切りを目指しています。 採用カード解説 次に各カードの採用理由と採用枚数を解説します。 技を撃つ場面はあるが、自身のそらのはしらでベンチ狙撃出来なくなるため、プランに組み込む際は要注意。 このカードがあることで、サポート権をボスの指令に回して、ザシアンで攻撃がしやすくなっている。 ベンチスペース的にも1体しか立てられないので、1-1での採用。 序盤にザシアンを立てるのと中盤にボスの指令を引きにいくので、2回使いたいため、2枚採用している。 このデッキはほとんどの場合サイドが3-2か2-2で取られるので少なくとも出せば6枚引ける。 オドリドリを狙ってくれたら、ザシアンが残るので、パーツを揃える必要がなくなりある意味役割を果たしていると言える。 キュウコン、デデンネ、オドリドリが入ってることで、プレシャスボールが腐りにくいため、3枚と多めに採用出来る。 三神を初手に置くことにも繋がり、デッキの安定感を底上げ出来ている。 序盤のサイド落ちチェックで1番重要なのは、メタルソーサーの枚数であり、メタルソーサーがサイド落ちしていなければ、アルティメットレイ無しでザシアンを2枚立てて攻撃出来るのでプランを組みやすい。 落ちている場合は、ふとうのつるぎでエネルギーがつくかが重要になる。 キュウコンからの動きのバリエーションを1枠でかなり増やすことが出来るので採用。 本当は2枚にしたい枠。 この環境はボスの指令を撃つためにほとんどのデッキにデデンネが入ってるので、使用出来ないことはほとんどない。 一撃出来ないため、サイドレースで不利に陥りやすいキョダイマックスに対し、終盤このカードでハードルを上げて逆転を狙う。 三神ザシアンは先攻をとるデッキだが、エネがないと先攻をとっても意味がないので、他のデッキよりもエネを厚めにしている。 1ターンでも通れば、ドラパルトに対しかなりのアドバンテージを稼げる。 アローラキュウコンで殴る場面があるかもしれないので、1枚だけオーロラエネルギーにしている。 打点もデデンネGXを倒すのに十分であり、相手の手札からデデンネGXを呼び出すチャンスもある。 三神ザシアンにおいて常にワンチャンあるカードである。 大きなお守りで三神のHPを上げて、アルティメットレイまで繋げられるようにしたい。 Vmax に対し、複数立ててワンパンするよりもデッキの安定感を上げて殴り出し早くする方が有効だと考えた。 このカードは基本的にサポートや展開カードの枠を削っていれるカードであり、ジラーチ前提の構築をしているとジラーチを出したくないドラパルト対面などに対しても、置かざるを得ない場面が多いため、極力引きたいカードの現物を増やした上で、展開ポケモンはHPの高いカードに絞って採用している。 環境デッキに対する立ち回り 環境デッキに対する立ち回りをいくつか紹介します。 相手のデッキ構築によってサイドプランは変わるので、あくまで一例として考えてください。 アルティメットレイを撃てれば、ザシアンのエネの供給が追いつくのでほとんど勝ち。 撃てなかった場合、キュウコンでメタルソーサーとスクラッパーを揃えてピカゼクをザシアンで倒せれば勝ちやすい。 ・後攻の場合 三神にエネを貼ってると追いつかなくなるので、基本的にザシアン2体で戦う。 キュウコンとデデンネを活用して早めにザシアンを立てて、2-2-2でサイド取り切りを狙っていく。 先攻はかなり有利であり、1ターン目に三神にエネを貼れれば、ほぼアルティメットレイまで撃てるので基本に忠実にプレイしていれば勝てる。 ・後攻の場合 三神にエネを貼ってると追いつかなくなるので、基本的にザシアン2枚で戦う。 デデンネ・キュウコン・オドリドリでパーツを集めて相手のザシアンをボスの指令で狙っていき2-2-2でサイドの取り切りを狙う。 三神は殴ってもほぼ意味がないので、ザシアンで攻撃する時に避けるのが重要。 ザシアンが複数回動けるので、ザシアンのみで戦えば有利にゲーム展開出来ることが多い。 ジャイアントボムが厳しいので、ツールスクラッパーを大事にしていくのと前に貼られたタイミングでボスの指令で避けることを心がけたい。 ゲンガー型の場合は、オルタージェネシスを撃って裏を3回狩るしかないが、基本的には厳しい。 アルティメットレイまで行く前にペイルムーンかホラーハウスをされてしまうので、2エネ目はザシアンに貼ることをオススメします。 オルターを撃った後は、デデンネキュウコンからザシアンを立てて270出せれば勝ち。 ハチマキがサイド落ちしている場合は倒せるところから倒していきサイドを進めて早めにサイドからハチマキを回収したい。 マリィを撃ってオルター撃った三神が倒されないことを願うしかない。 ・後攻の場合 オルタージェネシスを撃ってる暇はないので、ザシアンにエネを貼って殴り続ける。 エネのついたストリンダーVを2ターン目に倒すのを目標にプレイする。 今の環境で使うなら、リザードンが非常に苦しいので、また違ったカードが入ってくると思います。 三神ザシアンは、ゲームプランを考えてデッキを組むのに非常にいいデッキだと思うので、デッキ構築スキルを磨きたいって人にもすごくオススメです!JCSまでモチベ維持して頑張りましょう!それでは!.

次の