中島謙一郎 ベクトル。 ベクトル 臨時報告書 (決議事項) 2017年05月31日提出

【完全招待制】2月7日The JSSA OKINAWA MeetUp Vol.27

中島謙一郎 ベクトル

1993年設立。 全上場企業で唯一8年連続対前年比125%以上の利益成長を継続しています。 中国、ASEAN諸国を中心に海外にも積極展開、ハワイNo. 1のPRカンパニーもグループに加わり、アジアNo. 1を目指しています。 (インタビュアー:株式会社イー・コミュニケーションズ 代表取締役 佐藤 信也) そうですね。 ただ、今の若い方には、本を読んでもらうよりも、こういった隙間時間にゲーム感覚で学習できるeラーニングの方が馴染むと確信がありました。 ですから、新入社員研修におけるビジネス知識教育の一つとして、「ビジネスの達人」は大いに活用させて頂いています。 弊社では新入社員教育を徹底して行っています。 学生は、消費者でありプロダクトやサービスを批評する立場にいます。 それが社会人になり「自分が評価される側になった」という意識を持ってもらうことが大切なのです。 研修では、社会人としてのマインドセットを作るために、現場で活躍している社員による研修チームを組み、教育にあたります。 「ビジネスの達人」についても、100%実施および100%正解までやりきってもらいます。 もちろん私も研修に参加し、新入社員に対し「結果にこだわらない人に成長はない。 『やれるだけやったらいい』ではなく『100%やりきる』。 」ということを繰り返し説きます。 最初が肝心なのです。 まずは、ベクトルに特化した知識をやりたいですね。 例えば、メディアの情報が集約されたオリジナルのナレッジDBは、マニュアル+研修で学習した後に、取扱のためのwebテストを実施しています。 こういったものは現場の直接的な力になります。 また、新入社員に対しては、内定者時代にeラーニングを使ってビジネスの基礎を築き、入社後の新入社員研修にてマインドを作るということを引き続き行っていく予定です。 ただ、それ以外の業務と直接関係がない周辺知識に関しては、組織がもう少し成熟してから取組みたいと思っています。 基本的に、研修はどんどん実施していき、現場にもeラーニング化すると便利になることを分かってもらうことが先決です。

次の

出資賞金・最大2000万円!沖縄ピッチコンテストの最優秀賞が「地酒をフックにした地域密着型お酒のサブスクサービス」と「世界中の場所に紐づく動画を集めて、人の移動を促進させるアプリ」に決定|一般社団法人日本スタートアップ支援協会のプレスリリース

中島謙一郎 ベクトル

中島謙一郎(なかじま けんいちろう。 1967年1月22日生、滋賀県出身)は、東京都赤坂に本社を置く総合PR会社、株式会社ベクトルの元取締役。 また、株式会社レピカ 現アララ㈱ 元社外取締役、楽天株式会社元常務執行役員CMO、株式会社サイバードホールディングス元取締役。 平成元年4月 株式会社リクルート入社• 平成12年1月 株式会社サイバード入社、取締役に就任- 平成18年10月 株式会社サイバードホールディングス取締役に就任• 平成22年1月 楽天株式会社入社、常務執行役員CMOに就任• 平成27年4月 ハーバードビジネススクーAMP Advanced Management Program 修了• 平成27年7月 株式会社ベクトル入社• 平成27年11月 株式会社レピカ 現アララ㈱ 社外取締役に就任• 平成29年5月 株式会社ベクトル取締役に就任 関連項目• (直近就任先).

次の

出資賞金・最大2000万円!ピッチコンテストの最優秀賞が「AI技術」と「蚕ビジネス」の2社に決定!

中島謙一郎 ベクトル

1993年設立。 全上場企業で唯一8年連続対前年比125%以上の利益成長を継続しています。 中国、ASEAN諸国を中心に海外にも積極展開、ハワイNo. 1のPRカンパニーもグループに加わり、アジアNo. 1を目指しています。 (インタビュアー:株式会社イー・コミュニケーションズ 代表取締役 佐藤 信也) そうですね。 ただ、今の若い方には、本を読んでもらうよりも、こういった隙間時間にゲーム感覚で学習できるeラーニングの方が馴染むと確信がありました。 ですから、新入社員研修におけるビジネス知識教育の一つとして、「ビジネスの達人」は大いに活用させて頂いています。 弊社では新入社員教育を徹底して行っています。 学生は、消費者でありプロダクトやサービスを批評する立場にいます。 それが社会人になり「自分が評価される側になった」という意識を持ってもらうことが大切なのです。 研修では、社会人としてのマインドセットを作るために、現場で活躍している社員による研修チームを組み、教育にあたります。 「ビジネスの達人」についても、100%実施および100%正解までやりきってもらいます。 もちろん私も研修に参加し、新入社員に対し「結果にこだわらない人に成長はない。 『やれるだけやったらいい』ではなく『100%やりきる』。 」ということを繰り返し説きます。 最初が肝心なのです。 まずは、ベクトルに特化した知識をやりたいですね。 例えば、メディアの情報が集約されたオリジナルのナレッジDBは、マニュアル+研修で学習した後に、取扱のためのwebテストを実施しています。 こういったものは現場の直接的な力になります。 また、新入社員に対しては、内定者時代にeラーニングを使ってビジネスの基礎を築き、入社後の新入社員研修にてマインドを作るということを引き続き行っていく予定です。 ただ、それ以外の業務と直接関係がない周辺知識に関しては、組織がもう少し成熟してから取組みたいと思っています。 基本的に、研修はどんどん実施していき、現場にもeラーニング化すると便利になることを分かってもらうことが先決です。

次の