いびき 直 したい。 いびきで悩む僕が使って効果あったいびき防止グッズを口コミランキング

いびきの日帰りレーザー手術

いびき 直 したい

大好きな彼からいきなりお泊まりデートのお誘いが! どうしよう? 最近家族に「あんたいびきかいて寝てたわよ」なんて言われたからお泊まりデートは楽しみだけど、隣りでいびきかくのは恥ずかしいし… 他にも 「今日は待ちに待った修学旅行!」 「友達の家でお泊り会をするんだ!」 なんて、楽しみなイベントが待ち受けていたとしても、 いびき対策は大丈夫ですか? 自宅で眠る際は、例えいびきを掻いたとしても家族だけにしか迷惑がかかりません。 しかし、自宅以外の場所で眠るのは心配… 家族以外の人がいる場面でいびきを掻いてしまうことは避けたいものです。 友達の前でいびきを掻いていたら恥ずかしい思いをしますし、彼氏の前でいびきを掻くなんて目も当てられません。 そこで、旅行などでいびきを掻かずに恥もかかなくて済む方法をご紹介します。 恥をかかないようにするためには、バレない方法で対処することが大切です。 バレないいびき対策 まず試してもらいたいのが 横向きに眠るという方法です。 通常いびきは仰向けに眠った場合に発生します。 仰向けに眠ると、重力は身体の前面から背中に向かってかかることになります。 すると、その重力に従って舌も喉の奥の方に引っ張られます。 起きているときには舌に力が入っているので、喉の奥に引っ張られることはありませんが、眠っている時は舌の付け根の筋肉が緩んでしまうので、喉の奥の空気の通り道を舌で塞いでしまいます。 また、普段から口呼吸をしていると、舌をうまく使いきれないので、尚更いびきのリスクが高まります。 仰向けに寝てしまうと、以上の理由からいびきを掻いてしまう恐れがあるので、横向きに眠ることでいびきを解消できます。 しかし、ただ横向きに眠っても、自然と仰向きになってしまう可能性もあります。 そのため、 横向きに眠ったうえで枕などを背中に敷いておくことで、枕が壁となって仰向けになることを防いでくれます。 ここまでするとバレないかは疑わしいですが、一応自然な形でいびきを対処できます。 また、鼻詰まりが原因でいびきを掻いてしまう人は、鼻詰まりを解消する薬を服用しておくことをおすすめします。 成人の方であれば旅行中にお酒を飲むこともあるかもしれません。 しかし、アルコールを摂取することでもイビキの原因になることがあります。 旅行中はその地域のお酒を飲みたくなりますが、いびきを掻かないように我慢するか、または少量に抑えておきましょう。 こういった方法を取り入れることで、いびきを解消・軽減してなんとか旅行をやり過ごしましょう。 いびき対策グッズを使ってみる? 睡眠中に横向きに眠るなど、手軽な方法でいびきを解消することができますが、バレないいびき対策グッズを使ってみることもおすすめです。 いびき対策グッズとして代表的なのは、鼻腔を拡張するテープです。 鼻の頭に貼りつけることで、バネの力で鼻腔を拡張してくれるものです。 目立ちにくい色のものも販売されてはいますが、鼻に貼りつけるので貼っていればすぐにバレてしまうでしょう。 その時は「わたし、少し鼻炎気味なの」と言えばあまり気にする男性はいません。 男は鈍感ですから。 また、鼻腔にいれるタイプの鼻腔拡張グッズもあります。 これを鼻に入れることで、鼻の内側から鼻腔を押し広げてくれるものです。 もしバレたら少し恥ずかしいですしね。 そんな中、最もおすすめのいびき対策グッズがあります。 それが 「アンティスノアリング」です。

次の

なんとかしたい!いびきの原因と改善法|病気・症状と予防|eo健康

いびき 直 したい

夫のいびきがうるさくてなかなか寝付けない、という方は多いのではないでしょうか。 一見、何気ない癖のようにも見えますが、体が不調を訴えている可能性もあります。 大事な人に万が一のことがあってからでは遅いので、いびきのメカニズムをきちんと理解し、原因と対策方法を押さえておくことが大切です。 いびきの仕組みとは?かきやすい人の特徴はある? そもそも、人はどうしていびきをかくのでしょうか? いびきを改善するために、まずそのメカニズムをしっかりと理解しておきましょう。 ここからは、いびきの仕組みと、どのような人がいびきをかきやすいのかについて解説します。 いびきをかく仕組み いびきとは、何らかの理由によって 気道が狭まったとき、そこを通る空気が発する振動音のことをいいます。 仰向けで眠ると舌の付け根が奥へと下がり、喉周りの筋肉も緩むため、誰でも少し気道が狭くなります。 健康な人の場合は、極端に狭くなることはなく、静かな寝息が出る程度に収まります。 しかし、 喉や身体に異常があると 極度に気道が狭まり、 いびきとなってしまうのです。 気道の中でも、特に 軟口蓋と呼ばれる部分が振動しやすく、ほとんどのいびきはこの部分が原因だといわれています。 喉が狭まると酸素をうまく取り込めなくなり、無意識のうちに必死で空気を取り入れようとします。 それが喉の振動を促し、大いびきとなってしまうのです。 いびきをかく人の一般的な特徴 慢性的にいびきをかいている人は、肥満や顔の構造、筋肉の衰えなどの理由から、常に気道が狭くなっています。 ここでは、いびきをかきやすい人に見られる特徴について詳しく解説していきます。 肥満または肥満気味 肥満といびきには深い関係があります。 肥満傾向にある人は、 首回りにも脂肪が付きやすく、必然的に気道が狭くなってしまいます。 舌も肥大しているため、睡眠中はさらに気道をふさぐことになります。 また 肥満体型の人は、そうでない人と比べて より多くの酸素を必要とするため、たくさんの空気を吸おうとして呼吸が深くなります。 このため余計に空気抵抗が大きくなり、いびきをかきやすくなってしまうのです。 体は痩せていても 二重顎の人や、スポーツなどをしていて 首回りだけが太い人などは、注意が必要です。 下顎が小さい 下顎が小さい、もしくは 後退している人は、 顎・舌・喉およびその周辺の筋肉も小さい傾向にあります。 したがって、 仰向けに寝たときに 舌が喉の奥に沈み込みやすくなり、気道が狭くなる原因になってしまいます。 日本人はもともと顎が小さい傾向にありますが、食生活の変化で硬いものを噛む習慣が減ったことにより、ますます顎の小さい人が増えています。 喉の奥の扁桃が肥大 見た目にはわかりませんが、 扁桃や アデノイド( 咽頭扁桃)が 肥大していると、気道がふさがれ狭くなります。 扁桃腺の肥大は 子どもによく見られる症状なので、子どもがひどいいびきをかいている際は、これが原因である可能性があります。 ただし、 遺伝的に扁桃腺が大きい人や、 風邪ウイルスや 病原体などの侵入により、大人でも扁桃腺が腫れる場合があります。 鼻腔・喉に病気がある 鼻腔や喉の病気にも注意が必要です。 副鼻腔炎や アレルギー性鼻炎といった鼻疾患のある人は、どうしても口呼吸が中心となってしまうため、いびきを起こしやすくなります。 口蓋垂が長い 口蓋垂( のどちんこ) から左右の扁桃まで続く粘膜のひだ( 口蓋弓) の幅が広く、幕が垂れているように見える人は、生まれつき咽頭が狭くなっています。 そのため気道が確保しにくく、いびきをかきやすくなってしまいます。 普段いびきをかかない人がかく主な原因 普段はいびきをかかないという人でも、体調や生活習慣が原因でいびきをかくことがあります。 このような一過性のいびきを「 単純性いびき」と呼びます。 この原因には、次のようなものが考えられます。 疲れやストレスが溜まっている 体が疲れていると、 無意識のうちに多くの酸素を体内に取り入れようとするため、大きく口呼吸してしまうことがあります。 このときに軟口蓋が激しく振動するため、いびきをかいてしまいます。 また ストレスが溜まっているときも、 粘膜が乾燥したり 充血したりして 気道が通常と異なる状態になるため、いびきをかきやすくなります。 このように、肉体的・精神的な疲労が溜まると、普段はいびきと無縁の人でも例外ではなくなるのです。 加齢による筋力の低下 中年を過ぎて、いびきをかくようになるのは、 老化現象の一種です。 老化が進むと筋肉が緩み、段々となくなっていきます。 気道を十分に開けておくための筋肉(上気道筋)も例外ではなく、 上気道筋の活動が低下することによっていびきを起こしやすくなります。 中高年のいびきは 高血圧や 心筋梗塞、 糖尿病などの合併症を起こしやすいため注意が必要です。 お酒や薬などによる筋肉の緩み アルコールや 睡眠導入剤、 鎮静剤などもいびきの原因となることも。 お酒を飲みすぎた日は必ず大いびきをかくという方も多いでしょう。 アルコールには 筋肉を弛緩させる作用があるため、全身の筋肉が緩んでしまいます。 その結果、睡眠中に舌が喉奥に落ち、気道を狭めてしまうのです。 さらに、 必要な酸素を確保しようとして口呼吸をするため、いびきをかいてしまいます。 体に不調・病気が生じた 鼻や喉に気道をふさいでしまうような異常があると、いびきを起こしやすくなります。 例として 蓄膿症や 咽頭炎、 アレルギー性鼻炎、 口の中の炎症などが挙げられます。 このほか、 高血圧や 糖尿病、 心臓病、さらには 不正咬合などの 顎の形態異常もいびきの原因となります。 いびきで注意したいポイントと対策を解説 いびきには様々な原因がありますが、原因が明確な「 単純性いびき」であれば、それほど心配する必要はありません。 しかし、中には注意すべき危険ないびきもあります。 ここからは、いびきにおける注意点と対策法を併せてご紹介していきます。 夫のうるさいいびき!実は体調不良のサインかも 常時いびきをかき、家族や友人から指摘されるほどうるさい。 このような場合は、重大な病気のサインかもしれません。 睡眠障害をはじめ、 副鼻腔炎や 習慣性扁桃炎、 甲状腺機能の低下など、治療が必要な病気が隠れていることがあります。 特に注意が必要なのは「 睡眠時無呼吸症候群」です。 この病気にかかると、 睡眠中に呼吸が止まる状態( 無呼吸)や、 止まりかける状態( 低呼吸)が何度も繰り返されます。 呼吸が止まるたびに脳が覚醒するため、 眠りが浅くなってしまいます。 その結果、 日中の強烈な眠気や 疲労感、集中力・記憶力の低下を招きます。 重症化すると、 死亡率を 約4倍にも上昇させるという 恐ろしい病気です。 日中の眠気は交通事故や労働災害にもつながるため、早急な治療が必要となります。 慢性的ないびきがあって、体に何かしらの不調が見られるという場合は、耳鼻咽喉科や呼吸器科を受診しましょう。 「いびき外来」や「無呼吸外来」といった専門外来を扱っている病院もあります。 注意が必要ないびきとは? 危険ないびきにはいくつか特徴があります。 以下のような傾向が見られる場合は注意しましょう。 急にいびきをかくようになった それまでいびきと無縁だった人が、急にいびきをかくようになった場合は注意しましょう。 一時的なものであれば問題ありませんが、あまりに続く場合は体調不良や病気の可能性があります。 いびきのペースが速い いびきをかく間隔が速い場合、呼吸の頻度が多いことが考えられます。 呼吸器に問題がある場合があります。 大いびきや往復いびき 息を吸うときも吐くときも大きな音が出るのは、呼吸に大きな負担がかかっている証拠です。 脳への酸素供給や血圧に影響する恐れがあります。 いびきは自覚しにくく、気づかないうちに病気が進行してしまうこともあります。 「たかがいびき」と放置せず、少しでもおかしいと感じたら医師に相談しましょう。 いびきは解消できる?対策方法とは 【いびき対策その1】先ずは体質や習慣を改善する 肥満が原因であれば、 ダイエットをして余分な脂肪を落とすことが重要です。 食生活の改善や適度な運動を続けることで、いびきの改善だけでなく体全体が健康になります。 鼻詰まりや疲労、飲酒などに起因する一過性のいびきの場合、それらの原因を取り除きましょう。 例えば アルコールが原因なら、 お酒を控えることで解消します。 毎日たくさんのアルコールを摂取すると、 いびきの慢性化に発展することもあるため、禁酒日を設けるなどして飲酒量を調整しましょう。 鼻炎や 鼻詰まりが原因であれば、 身を温めて鼻腔を詰まらせないようにしてください。 また、 病院に行って根本から治療することも大切です。 【いびき対策その2】いびき防止・対策グッズを活用してみる いびき防止の便利グッズはたくさん発売されています。 通販やドラッグストアでも販売されているため、誰でも気軽に購入できるようになりました。 一刻も早くどうにかしたい方は、こうしたアイテムを試してみるとよいかもしれません。 では、いびき防止グッズにはどのようなものがあるのでしょうか。 代表的なものをご紹介していきます。 口呼吸防止テープ、マウスピース等 いびきをかく人は、そのほとんどが 睡眠時に口呼吸をしています。 口呼吸が原因のいびきに有効なのが「 口呼吸防止テープ」です。 口呼吸を防いで自然に鼻呼吸を促してくれます。 これで防止!いびき対策グッズおすすめ30選 ここからは、いびきを防止・対策してくれる最新グッズをご紹介します。 これらのグッズがあれば、もううるさい音に悩まされることもなくなるかもしれません。 いびきの原因がわからない場合は、いくつかのアイテムを試してみるのもよいでしょう。 鼻呼吸促進テープ、マウスピース 鼻呼吸をしやすいように補助してくれるのが、鼻呼吸促進テープやマウスピース。 鼻呼吸の習慣がつけば、喉の乾燥や口臭も軽減され、すっきりと目覚めることができます。 多くのメーカーから発売されていますが、今回は特におすすめの9つをピックアップしました。 ねむるん 口呼吸が原因のいびき対策におすすめなのが、口呼吸を防止するテープ「ねむるん」。 口に貼って寝るだけで、口を閉じる習慣を付けてくれるマウステープです。 テープに使われている糊は皮膚用に開発されたもので、医療現場でも使用されているもの。 長時間つけていてもふやけたり荒れたりしにくい素材です。 3週間ほど使用し続けることで、人間本来の鼻呼吸の習慣を体感できるよう設計されています。 いびきだけでなく雑菌やウイルスの侵入、口臭も防いでくれます。 新聞やWebメディアにも多数掲載されている話題のアイテムです。 セレブリーズ 「セレブリーズ」の鼻呼吸テープも、寝ている間に開いた口を閉じる習慣を付けられるため、口呼吸によるいびきを防止してくれます。 肌に優しく通気性のよい不織布のテープを使用していますが、粘着力もしっかりと兼ね備えています。 適度な伸縮性もあるため剥がれにくく、口元の筋肉の動きにも順応するので、装着時の違和感もありません。 こちらの商品も3週間の継続使用を基本としています。 毎日欠かさず使用することで、正しい鼻呼吸の習慣を身につけましょう。 オーラルトゥースガード 「オーラルトゥースガード」は、電子レンジを使って簡単に自分の歯型をかたどることができるマウスピースです。 自分に合ったマウスピースを作るなら、歯科で製作してもらうのがベストですが、費用が高いので躊躇することも多いでしょう。 こちらは、電子レンジさえあれば簡単に自分専用のマウスピースを作ることができます。 チューインガムにも使用されている素材を使用しています。 顎が小さい方のいびき対策はもちろん、スポーツをするときの歯への負担軽減や、就寝時の歯ぎしりの防止にも役立ちます。 携帯に便利な鏡付きのケースも付属。 必要なときにいつでもどこでも使用することができます。 いびき防止具として 特許マウスピース いびきや歯ぎしりに効果のある、専門医も推薦するマウスピースです。 成型の必要がないので、口の中に入れるだけで簡単に装着することができます。 下顎を少し前に出すことで、気道を広げていびきを防止する器具として、特許を取得しています。 2つのサイズが入っているため、より口にフィットするほうを試すことができます。 快眠鼻呼吸マスク 睡眠中の口呼吸を防止してくれる、アルファックスの「快眠鼻呼吸マスク」。 一見すると普通のマスクのような形状ですが、口から顎にかけてのみ覆うことで、鼻呼吸を促してくれます。 顎をグッと支えくれるので、睡眠中に口が開きにくい設計です。 特にデリケートな口元部分は、肌当たりのよいレーヨンやシルク素材を使用しているので、肌にも優しいです。 口呼吸が原因のいびきをはじめ、喉の乾燥や起き抜けの口臭を軽減してくれます。 ミントホワイトとミルキーピンクの2色があります。 ノーズピン、鼻腔拡張テープ ノーズピンや鼻腔拡張テープは、鼻詰まりに起因するいびき対策として効果的です。 睡眠時だけでなく日中も使用できるので、花粉症や鼻炎持ちの人は、常備しておいて損はないでしょう。 適度な弾力と柔軟性を持つシリコン素材でできており、繰り返し使用できるのでとても経済的。 透明で装着時も目立ちにくいため、スポーツや勉強、仕事中など日常使いにも適しています。 アレルギー鼻炎や花粉症対策としても使えます。 mute 「mute」も繰り返し使えるシリコン素材のノーズピンです。 優しく鼻腔を広げて、空気の通り道を作ってくれます。 医療グレードの肌に優しいシリコン素材で作られており、付け心地も快適です。 自分の鼻に合った形状と大きさのピンを選ぶことで、より大きな効果が期待できます。 家族で分け合って使うのもおすすめです。 WoodyKnows 特許取得済みのリブ設計により、鼻腔をしっかりと広げてくれます。 この製品にはハード型とソフト型の2つのクリップが付いており、鼻の奥深くにしっかり固定することができるので安心です。 寝ている間に外れてしまう心配もありません。 鼻の形状に合わせたデザイン、極薄のフレームとリブ、医療グレードの柔らかい素材などにより、快適な付け心地を実現しています。 ブリーズライト CMなどでもお馴染みの「ブリーズライト」は、プラスチックバーの反発力で鼻腔を広げる鼻孔拡張テープです。 貼った瞬間から外すときまで、ずっと効果が持続します。 また薬剤を使用していないため、仕事中や運転中の方、妊娠・授乳中の方、小さい子ども(5歳以上)でも使用できます。 肌色タイプのため肌馴染みもよく、幅広いシーンで活用が期待できます。 枕 枕が低すぎても高すぎてもいびきの原因となってしまいます。 いびきの原因がわからない場合は、枕を変えてみるというのも一つの手です。 ここからは、いびき対策に使える12の枕を厳選してご紹介します。 MyeFoam 天然羽毛のような柔らかさと高反発性構造、優れた復元力と弾力性を持つ枕です。 首と肩をふんわり優しく包み込んでくれます。 低アレルゲンかつ低刺激性の厳選された高品質な綿と、高級ホテル専用のポリエステル繊維を採用。 虫・カビ・細菌なども付きにくく、肌が敏感な人も安心して使用できます。 また、丸洗いも可能なのでとても衛生的です。 詰め物を出し入れすることで高さの調節もできます。 自分の体に合った高さに調節すれば、効果的ないびき対策になります。 いびき枕 いびきをかきにくくするために研究・開発された枕です。 頭を通常の枕より高めの位置に調整することで、気道を開き呼吸しやすい姿勢を作ってくれます。 詰め物は、そば殻の感触を再現したソフトパイプ。 ソフトパイプの量を調整することで、自分の首の高さに合わせた理想的な姿勢を作ることができます。 手洗いができるため、清潔感を保つことも容易です。 Sepoveda 低反発まくら 人間工学に基づく設計で、体に負担がかからない低反発かつ、首・頭・肩を優しく支えてくれる安眠枕です。 中央のくぼみが首や頸椎を正常な形にキープしてくれます。 首の理想的なカーブを保つことで気道を開くため、いびきを軽減する効果もあります。 凹型の立体フォルムが仰向け時のフィット感を高め、また横寝への移動もスムーズにできるよう、両サイドに厚みがあります。 柔軟性に優れたウレタンチップが、究極の安眠を体感させてくれるでしょう。 快眠枕 いびきケアに特化した枕です。 独自の3次元形状が気持ちよく気道を開き、良質な睡眠を叶えてくれます。 また、気道を開くために重要といわれる「横寝姿勢」にも対応。 独自の立体サイドバンクで、横寝をしっかりとサポートしてくれます。 仰向け、横向き、うつ伏せなど、どんな寝姿勢でもいびきケアをしてくれる枕です。 また3D形状にすることにより、従来の低反発ウレタン素材が持つ「熱がこもる」「ムレる」といった弱点も克服。 通気性、クッション性、なめらかさなど全てに優れた生地を使用しています。 IEOKE 低反発記憶枕 頭・頸・肩を優しく支える低反発枕です。 あらゆる頭の形にフィットする「メモリフォーム」を採用しているため、いびきや肩こり、寝違え、睡眠時無呼吸症候群などの予防に効果的です。 仰向けにも横向きにも自在にフィットし、快適な睡眠をサポートしてくれます。 トゥルームーンピロー 独自の製法で生まれたジェルと、低反発ウレタンフォームを組み合わせた新素材の枕です。 頭部から首筋にかけてあらゆる骨格にフィットし、後頭部や頚椎をしっかりと支えます。 理想的な寝姿勢をキープしてくれるため、いびき対策に適した枕です。 専用カバーには100%天然のセルローズ繊維「モダール」を採用しており、なめらかでしっとりとした肌触りが特徴です。 オールシーズン使いやすい素材で、植物性繊維のため敏感肌の人でも使いやすいです。 Atman 首を休めてくれる頚椎安定枕です。 せり出した特殊な構造がぴったりと首にフィットし、首・肩・頭を立体的に支えて、頚椎への負担を軽減します。 柔軟性と復元力を兼ね備えたモチモチの新素材を採用しており、寝返りもスムーズ。 使う人に合わせて素早く沈み込み、ベストな高さで首回りをサポートしてくれます。 安定したホールド感があるため、しっかりと気道を確保できるので、いびき対策もばっちりです。 オーストリアのレンチング社のテンセル(植物性繊維)を採用したカバーは、シルクのようになめらかで乾きも早く、一年を通して快適に使用することができます。 アスリートにも愛用されている実力派の枕です。 スノアゴン 「スノアゴン」は、下顎が下がらないようにサポートするいびき対策グッズです。 マフラーのように首に巻いて寝るだけで、頑固ないびきが軽減されます。 下顎のラインに優しくフィットしてくれるので、気道を狭めることなくいびきを予防できます。 寝姿勢が安定するので、睡眠の質もグッと高まります。 飛行機や夜行バスにのるときにも便利です。 顎固定サポーター 小顔ベルト 鼻呼吸を促して、いびきを防止する顎サポーターです。 伸縮性と通気性に優れたサポーターが、顎や顔の筋肉をしっかりとリフト。 顎をしっかりと固定するため、睡眠中に口が開くことを防いでくれます。 また、お風呂や家事の間に着用することで小顔効果も期待できます。 マジックテープ式なので、使う人の顔の大きさに合わせてサイズ調節が可能。 男女兼用で使うことができます。 洗濯して繰り返し使用できるのも嬉しいポイントです。 Snore Circle 耳取り付け型のいびき防止スマートデバイスです。 マイクロサウンドとバイブレーションを出すことによって、いびきの原因である喉の筋肉の緩みが引き締まり、気道を広げてスムーズな呼吸を促します。 レベル調整は受信する音認識と骨伝導側で5段階、いびきをストップさせるマイクロ音&バイブレーション側で5段階あり、全25種類のモードを専用アプリで選択可能。 自分に合ったモードを選ぶことができます。 イビスン いびきを防止する珍しいサプリメントです。 エネルギー作りに欠かせない還元型コエンザイムQ10と、空気の通りをサポートするリンゴ酸&マグネシウムを配合。 このほか、テアニンやラフマエキス、GABAなど快眠をサポートする成分を多く配合しています。 GMP(厚生労働省が定めた品質管理基準)を取得した国内工場で製造しているため安心です。 まとめ パートナーのいびきでお悩みの方は、いびき対策グッズなどを活用してみてはいかがでしょうか。 いびきが改善されれば、お互いに快適な睡眠を取り戻すことができるかもしれません。 もし、色々な対策を講じても症状が改善しないときは、一度病院で診てもらうようにしましょう。 いびきは自覚しにくい症状ですので、ぜひパートナーがチェックしてあげてください。

次の

鼻いびきは、根本の原因となる「鼻」の疾患の改善と生活習慣で対策

いびき 直 したい

いびきは、本人はなかなか気づきにくいもの。 生活をともにしている人から指摘されて初めて分かる人もいるのではないでしょうか。 最近では、いびきが原因の「睡眠時無呼吸症候群」で睡眠が妨げられ、日中に襲う眠気で仕事の効率が上がらない、といった悩みを抱える人も少なくありません。 ここでは、いびきの原因や対策法について紹介します。 生活習慣を見直すだけで改善されるいびきもあります。 ぜひ、参考にしてみてください。 必ず各院の治療方針をお確かめの上、ご自身の症例にあった歯医者さんをお選びください。 いびきの対策法 1-1 自宅でできるセルフケア 普段の生活を意識的に変えるだけで、いびきが改善します。 早速、チャレンジしてみましょう。 ・鼻呼吸にする 口呼吸が原因で起きていたいきびが改善できます。 意識的に鼻呼吸を行うほか、ドラッグストアなどで販売されている口を閉じるための「マウステープ」を使用する方法もあります。 ・部屋の湿度を保つ、マスクを着用して寝る 鼻や喉が乾燥すると炎症を起こし、口呼吸に切り替わりやすくなります。 加湿器の使用や、就寝時にマスクを着用するなどして乾燥に気をつけましょう。 ・鼻呼吸を促す舌のトレーニングをする 舌と口を意識的に動かす「あいうべ体操」を行います。 口を大きく動かしながら「あー」「いー」「うー」と動かし、最後は「べー」舌を表に出し下まで伸ばします。 1日30セットを目安に行うのが目標です。 出典:(「みらいクリニック」(福岡市)の今井一彰先生が考えた口呼吸を改善するトレーニング法) ・ダイエットをする 脂肪を減らすことで、気道に空気の通り道が確保されます。 睡眠時無呼吸症候群の場合も効果がある対策法です。 ウォーキングなど身近な運動から取り入れていきましょう。 ・横向きで寝る 気道を確保するのに良い姿勢です。 抱き枕を使用するなど、横向きになりやすい状況を作ることが大切です。 ・寝具(枕)を変える 寝具…柔らかい素材でなく低反発素材のほうが就寝中の姿勢が保たれ、いびきをかきにくくなります。 枕…少し低いものや硬めのものがおすすめ。 低反発素材も頭が下がりきらない姿勢が保たれます。 ・就寝前にお酒を飲まない アルコール作用により舌の筋肉が緩むと、いびきをかきやすくなります。 寝酒が毎日の習慣になっている方は、まずは週の何日かだけでも休刊日を設けてみましょう。 1-2 歯医者さん(口腔外科)での治療法 歯医者さんに併設している口腔外科で治療ができます。 ・マウスピース 患者さんの歯型に合わせたオーダーメイドのマウスピースを作製し、就寝中に装着することで下顎が上顎よりも少し前に出るように固定できます。 これにより、気道を確保していびきを改善します。 いびきの種類と原因 2-1 種類 いびきには大きく分けて3つの種類があります。 ご自身のいびきがどのタイプか生活をともにする方に確認してみましょう。 ・単純いびき症 呼吸に違和感のない通常のいびき。 ・睡眠時無呼吸症候群 睡眠中に無呼吸(10秒以上呼吸がない)の状態が、1時間に5回以上または7時間のうち30回以上起こる状態。 本人は分からないが、起床時の目覚めが悪い、日中に強い眠気がする、疲れが取れないなどの症状があったら、可能性を疑ってみましょう。 ・上気道抵抗症候群 首から上の部分・上気道が狭く呼吸がしづらい状態で、睡眠時無呼吸症候群と同じように日中の強い眠気や疲れが取れない症状が表れます。 2-2 原因 生活習慣が原因となっている場合もあります。 普段の生活を振り返ってみて、当てはまるものはありませんか? ・肥満(首回りに脂肪がついている) 肥満により首回りに脂肪がついている人や舌の厚みがある人は、気道の妨げになり空気が通りにくくなります。 二重アゴの方も舌の筋肉が衰えているサインでもあり、睡眠中に喉の奥に舌が入り込み気道の妨げになります。 ・口呼吸 つねに下顎が下がっている状態から舌を支える筋肉が衰え、喉の奥に舌が入り込みやすくなります。 ・鼻の疾患 風邪やアレルギーで鼻の詰まりがあると、睡眠中も口呼吸になってしまいます。 ・仰向けで寝ている 顎が上を向いている姿勢のとき、舌が喉の奥に落ちる状態になり気道が狭くなります。 ・顎が小さい 舌が顎の中に収まらず、特に女性のいびきの原因に多い症状です。 ・疲労、ストレス 疲労により上気道の筋肉が衰え、舌が喉の奥に落ちやすい状態になります。 また、疲労やストレスが溜まると体が酸素を取り込もうとするため、無意識に口呼吸になってしまいます。 ・睡眠前の飲酒 アルコールの作用のひとつに、筋肉を緩めることがあります。 舌を支える筋肉も緩み、気道が狭くなります。 また、血行が促進されることで鼻詰まりも起こりやすくなることがあります。 ・薬の服用 筋肉の緊張を和らげる成分を含む睡眠薬や精神安定剤を服用している場合、気道が狭くなる条件を引き起こします。 ・扁桃腺や口蓋垂(こうがいすい)が大きい いびきは口蓋垂(こうがいすい)が振動することで発症します。 口蓋垂とはいわゆる「のどちんこ」のことで、口蓋垂が大きいと気道が塞がれる範囲が広く、いびきをかきやすくなります。 ・老化 年齢を重ねることで筋肉も衰えてきます。 舌を支える筋肉や上気道の筋肉も衰えることで、いびきをかきやすくなります。 いびきの改善に最適な歯医者さん選び 良い歯医者さんを見つけるポイント 歯医者さんでの治療を希望する際は併設されている科に注目し、医院の特徴について調べ、自分に合った最適な歯医者さんを選びましょう。 ・口腔外科を併設している いびきに関係する顎や骨格の治療・診断を専門とする口腔外科での治療がおすすめです。 ・睡眠時無呼吸症候群など、自分のいびきの種類に合った治療を行っている いびきによって治療法も異なります。 いびきの様子は生活をともにしている方に確認してもらい、日中に表れる症状をもとに歯科医師に相談してみましょう。 ・医科との連携が取れている マウスピース治療など、歯医者さんでの治療を希望する際に紹介状を発行してくれます。 また、逆に耳鼻科などでの治療法が適している場合は歯科医師から紹介が受けられます。 ・通院しやすい医院 途中で治療をやめることなく、きちんと通院することが大切です。 ライフスタイルに合わせた通院しやすい歯医者さんを探しましょう。

次の