アプローズ。 プレミアム子育てコーチング・ アプローズ Applause(東京)

エステ 北見市 アプローズ北見

アプローズ

概要 [ ] 1989年のに MS-X90の名で参考出品されたのち発売開始。 それまで同車のクラスは業務提携先(当時)である(以下トヨタ)と競合するため用のを流用したでまかなわれていたが、の最中で自動車販売が好調な時期であったことから、業務提携先のトヨタより独自開発の許可を得ることに成功している。 ボディは一見してな4ドアのに見えるが、トランクとリアゲートが持ち上がる構造(スーパーリッド)を持ったノッチバック型5ドアセダンである。 なお、この『スーパーリッド』のコンセプトはアプローズの登場以前の車種ではの『』やの『』や『』の『』、国産ではの『』(欧州名:。 シリーズ通算6代目)および『』(欧州名:5ドア。 ダイハツとしては少ない車種で多くの顧客を取り込もうとした努力の賜であったが、発売直後に燃料タンクの技術的問題に起因する事故・トラブルが続出してリコール騒動に発展したことが販売面において悪影響を及ぼすこととなった()。 ダイハツの数少ない登録車系セダンモデルであったことから、マイナーチェンジを繰り返しつつ生産が続けられたが、2000年5月にと共に国内での販売が中止された。 ちなみにノッチバックセダン風の車である、及びアプローズをに改造するキットを製造した企業があった。 では輸入業者自らこのキットによる改造を施し、アプローズ・として1991年から1992年に自社の正規商品に加えていた。 リコール騒動 [ ] 最初にATとオルタネーターの不具合が見つかり、この2件のを(当時)へ届け出た。 しかし、届け出た10月27日がたまたま第28回(1989年開催)の一般公開日初日であったことから、モーターショーの主催者である自動車工業振興会会長が、リコール対象車種となったことを理由に出品自粛を要請するようなコメントをし、そのことが新聞等でも報じられた。 また、燃料タンクの空気抜きの設計にミスがあったため、給油中や、タンク内の圧力が外気圧より高くなっている状態で給油口のキャップを開けた場合、逆流したガソリンが給油口から噴出する恐れがあった。 同年11月には、噴出したガソリンに何らかの火が引火しの従業員が火傷を負うという事故が発生、さらに走行中に出火し車が全焼するという事故も発生した。 翌12月には燃料タンクと他に見つかったブレーキ系統の不具合を合わせてリコールを届け出たが、届出内容にある出火事故に着目したがこれをセンセーショナルに報じたことが、アプローズの販売にとって致命的な打撃となった。 しかし、前述のとおりダイハツにとっては唯一のセダン系登録車だったため、車輌火災事故後も改良およびマイナーチェンジを繰り返して、10年間生産されていた。 そして、同社は平成12年にセダン系乗用車の生産から撤退した。 性能 [ ] エンジンは1589cc直列4気筒SOHCエンジン。 仕様と電子制御仕様があり、最高出力は前者が120馬力、後者は97馬力。 1997年9月のマイナーチェンジ時になどの改良を受ける。 (最高出力は変わらず) 駆動方式はとの2タイプ。 トランスミッションは5速と4速の2タイプ。 ただし4WDはAT未設定。 初代 A101型(1989年-2000年) [ ]• - 発表・発売。 車両型式はFFがA101S、4WDがA111S。 - 日本初の周波数感応式ダンパーやハイマウントストップランプ内蔵リアスポイラーなどを備えた。 特別仕様車「QR-90」を発売。 - 一部改良。 - マイナーチェンジ。 ラジエターグリル、および前後バンパーの意匠変更。 搭載エンジンはキャブレター仕様がラインアップから廃し、全機種がEFI化される。 これに伴い車名を本来の「アプローズ」に回帰する。 - 一部改良。 エアコン冷媒の新フロン化。 - 一部改良。 安全装備充実化。 グリルとリアランプの小変更。 ZiとSiを廃止。 Ziグレードの消滅を機に全機種がとなる。 - 5年2ヶ月ぶりのマイナーチェンジ。 フロント及びリヤの外観、インテリアを大幅に変更。 MT機種を廃止。 全車のみとなる。 - 生産終了。 12年間の総生産台数は2万2000台。 以後はとなる。 - 最後まで残った在庫分の登録を完了し販売終了。 事実上の後継車種としてのOEM車が登場する。

次の

アプローズ(ダイハツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

アプローズ

概要 [ ] 1989年のに MS-X90の名で参考出品されたのち発売開始。 それまで同車のクラスは業務提携先(当時)である(以下トヨタ)と競合するため用のを流用したでまかなわれていたが、の最中で自動車販売が好調な時期であったことから、業務提携先のトヨタより独自開発の許可を得ることに成功している。 ボディは一見してな4ドアのに見えるが、トランクとリアゲートが持ち上がる構造(スーパーリッド)を持ったノッチバック型5ドアセダンである。 なお、この『スーパーリッド』のコンセプトはアプローズの登場以前の車種ではの『』やの『』や『』の『』、国産ではの『』(欧州名:。 シリーズ通算6代目)および『』(欧州名:5ドア。 ダイハツとしては少ない車種で多くの顧客を取り込もうとした努力の賜であったが、発売直後に燃料タンクの技術的問題に起因する事故・トラブルが続出してリコール騒動に発展したことが販売面において悪影響を及ぼすこととなった()。 ダイハツの数少ない登録車系セダンモデルであったことから、マイナーチェンジを繰り返しつつ生産が続けられたが、2000年5月にと共に国内での販売が中止された。 ちなみにノッチバックセダン風の車である、及びアプローズをに改造するキットを製造した企業があった。 では輸入業者自らこのキットによる改造を施し、アプローズ・として1991年から1992年に自社の正規商品に加えていた。 リコール騒動 [ ] 最初にATとオルタネーターの不具合が見つかり、この2件のを(当時)へ届け出た。 しかし、届け出た10月27日がたまたま第28回(1989年開催)の一般公開日初日であったことから、モーターショーの主催者である自動車工業振興会会長が、リコール対象車種となったことを理由に出品自粛を要請するようなコメントをし、そのことが新聞等でも報じられた。 また、燃料タンクの空気抜きの設計にミスがあったため、給油中や、タンク内の圧力が外気圧より高くなっている状態で給油口のキャップを開けた場合、逆流したガソリンが給油口から噴出する恐れがあった。 同年11月には、噴出したガソリンに何らかの火が引火しの従業員が火傷を負うという事故が発生、さらに走行中に出火し車が全焼するという事故も発生した。 翌12月には燃料タンクと他に見つかったブレーキ系統の不具合を合わせてリコールを届け出たが、届出内容にある出火事故に着目したがこれをセンセーショナルに報じたことが、アプローズの販売にとって致命的な打撃となった。 しかし、前述のとおりダイハツにとっては唯一のセダン系登録車だったため、車輌火災事故後も改良およびマイナーチェンジを繰り返して、10年間生産されていた。 そして、同社は平成12年にセダン系乗用車の生産から撤退した。 性能 [ ] エンジンは1589cc直列4気筒SOHCエンジン。 仕様と電子制御仕様があり、最高出力は前者が120馬力、後者は97馬力。 1997年9月のマイナーチェンジ時になどの改良を受ける。 (最高出力は変わらず) 駆動方式はとの2タイプ。 トランスミッションは5速と4速の2タイプ。 ただし4WDはAT未設定。 初代 A101型(1989年-2000年) [ ]• - 発表・発売。 車両型式はFFがA101S、4WDがA111S。 - 日本初の周波数感応式ダンパーやハイマウントストップランプ内蔵リアスポイラーなどを備えた。 特別仕様車「QR-90」を発売。 - 一部改良。 - マイナーチェンジ。 ラジエターグリル、および前後バンパーの意匠変更。 搭載エンジンはキャブレター仕様がラインアップから廃し、全機種がEFI化される。 これに伴い車名を本来の「アプローズ」に回帰する。 - 一部改良。 エアコン冷媒の新フロン化。 - 一部改良。 安全装備充実化。 グリルとリアランプの小変更。 ZiとSiを廃止。 Ziグレードの消滅を機に全機種がとなる。 - 5年2ヶ月ぶりのマイナーチェンジ。 フロント及びリヤの外観、インテリアを大幅に変更。 MT機種を廃止。 全車のみとなる。 - 生産終了。 12年間の総生産台数は2万2000台。 以後はとなる。 - 最後まで残った在庫分の登録を完了し販売終了。 事実上の後継車種としてのOEM車が登場する。

次の

ダイハツ・アプローズ

アプローズ

概要 [ ] 1989年のに MS-X90の名で参考出品されたのち発売開始。 それまで同車のクラスは業務提携先(当時)である(以下トヨタ)と競合するため用のを流用したでまかなわれていたが、の最中で自動車販売が好調な時期であったことから、業務提携先のトヨタより独自開発の許可を得ることに成功している。 ボディは一見してな4ドアのに見えるが、トランクとリアゲートが持ち上がる構造(スーパーリッド)を持ったノッチバック型5ドアセダンである。 なお、この『スーパーリッド』のコンセプトはアプローズの登場以前の車種ではの『』やの『』や『』の『』、国産ではの『』(欧州名:。 シリーズ通算6代目)および『』(欧州名:5ドア。 ダイハツとしては少ない車種で多くの顧客を取り込もうとした努力の賜であったが、発売直後に燃料タンクの技術的問題に起因する事故・トラブルが続出してリコール騒動に発展したことが販売面において悪影響を及ぼすこととなった()。 ダイハツの数少ない登録車系セダンモデルであったことから、マイナーチェンジを繰り返しつつ生産が続けられたが、2000年5月にと共に国内での販売が中止された。 ちなみにノッチバックセダン風の車である、及びアプローズをに改造するキットを製造した企業があった。 では輸入業者自らこのキットによる改造を施し、アプローズ・として1991年から1992年に自社の正規商品に加えていた。 リコール騒動 [ ] 最初にATとオルタネーターの不具合が見つかり、この2件のを(当時)へ届け出た。 しかし、届け出た10月27日がたまたま第28回(1989年開催)の一般公開日初日であったことから、モーターショーの主催者である自動車工業振興会会長が、リコール対象車種となったことを理由に出品自粛を要請するようなコメントをし、そのことが新聞等でも報じられた。 また、燃料タンクの空気抜きの設計にミスがあったため、給油中や、タンク内の圧力が外気圧より高くなっている状態で給油口のキャップを開けた場合、逆流したガソリンが給油口から噴出する恐れがあった。 同年11月には、噴出したガソリンに何らかの火が引火しの従業員が火傷を負うという事故が発生、さらに走行中に出火し車が全焼するという事故も発生した。 翌12月には燃料タンクと他に見つかったブレーキ系統の不具合を合わせてリコールを届け出たが、届出内容にある出火事故に着目したがこれをセンセーショナルに報じたことが、アプローズの販売にとって致命的な打撃となった。 しかし、前述のとおりダイハツにとっては唯一のセダン系登録車だったため、車輌火災事故後も改良およびマイナーチェンジを繰り返して、10年間生産されていた。 そして、同社は平成12年にセダン系乗用車の生産から撤退した。 性能 [ ] エンジンは1589cc直列4気筒SOHCエンジン。 仕様と電子制御仕様があり、最高出力は前者が120馬力、後者は97馬力。 1997年9月のマイナーチェンジ時になどの改良を受ける。 (最高出力は変わらず) 駆動方式はとの2タイプ。 トランスミッションは5速と4速の2タイプ。 ただし4WDはAT未設定。 初代 A101型(1989年-2000年) [ ]• - 発表・発売。 車両型式はFFがA101S、4WDがA111S。 - 日本初の周波数感応式ダンパーやハイマウントストップランプ内蔵リアスポイラーなどを備えた。 特別仕様車「QR-90」を発売。 - 一部改良。 - マイナーチェンジ。 ラジエターグリル、および前後バンパーの意匠変更。 搭載エンジンはキャブレター仕様がラインアップから廃し、全機種がEFI化される。 これに伴い車名を本来の「アプローズ」に回帰する。 - 一部改良。 エアコン冷媒の新フロン化。 - 一部改良。 安全装備充実化。 グリルとリアランプの小変更。 ZiとSiを廃止。 Ziグレードの消滅を機に全機種がとなる。 - 5年2ヶ月ぶりのマイナーチェンジ。 フロント及びリヤの外観、インテリアを大幅に変更。 MT機種を廃止。 全車のみとなる。 - 生産終了。 12年間の総生産台数は2万2000台。 以後はとなる。 - 最後まで残った在庫分の登録を完了し販売終了。 事実上の後継車種としてのOEM車が登場する。

次の