紙マスク。 使い捨てマスクは洗える!不織布の専門家がオススメする洗い方とは?

紙マスクの洗い方の注意点は?洗剤で簡単に洗える?使い捨てないで再利用する方法!

紙マスク

紙(不織布)マスクを洗う??それって再利用出来る? 朝の情報番組で専門家の方が 「石鹸できれいに洗い、しっかりと乾かしたら大丈夫!自分の所の研究員もそうしている」と発言されているのを聞いて びっくり!! 始めて不織布マスクは使い回しが出来るのだと知りました。 使い捨てマスクとされているので洗うという発想が全く無かったので、 「え!洗えるの?ほんとかな・・・」と半信半疑でした。 が、その番組に出ていたコメンテーターの方が 『紙のマスクですか?洗って良いんですか?』と私と同じ疑問を聞いてくれました。 その専門家の方は 「はい、大丈夫ですよ」とはっきりとおっしゃっていましたので、洗っても良いのでしょうね。 だぶん・・・ いろんなご意見が飛び交っていますので、 「マスクは洗って再利用しても大丈夫」とは 言い切れません。 個人的な意見として、手持ちのマスクのストックが少なくなってきているが店舗での購入がむずかしい。 何とかストックしてあるマスクを有効活用し、店頭にマスクが出てくるまでつなぎとめたい。 という方はあくまでも 「自己責任」で、洗って再利用という方法を試してみても良いのではないかと思います。 流水でマスクの裏表面に付着している菌や唾液等を洗い流し、その後タオル・キッチンペーパーなどで水分をしっかりと吸い取り完全に乾燥させます。 その後、アルコール消毒をして消毒後もしっかりと乾燥をさせて下さい。 ただし、現在アルコール消毒液も品薄状態なので 煮沸消毒はどうなの?という方もいらっしゃると思います。 煮沸の場合 溶けてしまうなどのマスク自体の耐久性が心配なようです。 洗うときの注意点 洗い方についてですが、 洗濯機よりはやはり優しく手洗いの方がおすすめだと思います。 洗濯機で洗うとどうしても 形がくずれたり表面の毛羽立ちが目立ってきます。 どうしてもという場合は洗濯ネットに入れると少しは違うかもしれません。 ただし、やはり使い捨てマスクなので耐久性はなく1,2回の洗濯が限界かもしれません。 「マスクが買えない」そのときどうする?? 不織布マスクの代用品 マスクを洗って消毒し 何とかつないでいたけど、ついに手持ちのマスクがなくなってしまった! お店で買うことも出来ない・・・いったいどうすればいいのか?! 調べてみると バンダナやハンカチ・スカーフ・タオルなどを代用されている方も多くいるようですね。 今時期でしたら ネックウォーマーやマフラーでも良いかもしれません。 ですが、ぴたっと密着するわけではないので「隙間から菌が入ってくるのではないか」と不安も残りますね。 手作りマスクを試してみる 今、 キッチンペーパーやテッシュで作るマスクが話題となっていますが、ちょっと見た目が気になるなぁという方もいらっしゃるはず。 そういう方には ガーゼで作るマスクが良いかもしれません。 ガーゼでしたら繰り返し洗って使えるし、好きな大きさに切って家族おそろいで使えます。 可愛い柄のガーゼで作ればお子さんも喜んでマスクをするのではないでしょうか?? 実際、私の子供の頃は不織布マスクなどなくガーゼマスクが主流でした。 今回のマスク不足を受けて 「ガーゼマスク」の必要性が見直されるかもしれませんね。

次の

紙マスクの洗い方の注意点は?洗剤で簡単に洗える?使い捨てないで再利用する方法!

紙マスク

警察署のHPに掲載されたキッチンペーパーのマスクの作り方は下の記事に 布マスクの作り方 キッチンタオルをミシンで縫えば使い捨てマスクに ペーパーナプキンのマスク概要 ペーパーナプキンのマスクは、タックを1つ、ホッチキスで1回留めて作ります。 ペーパータオルの方は、タックを3つ、ホッチキスで3回留めて作ります。 タックの数は、多い方がいいのですが、紙の大きさに合わせています。 もう少し大きな紙で、タックを3つにしたものも、この記事の下部でご説明します。 ゴムは置くだけ、数分で完成 ゴムは、両端を結んで輪にして、紙の上に置くだけです。 針と糸はもちろん、その他の材料は使いません。 所要時間は、慣れれば数分ででできます。 ゴムは、特におすすめはしませんが、伸びない限り繰り返し使うことは可能です。 ペーパーナプキンのマスク ペーパーナプキンというのは、お弁当やランチなどに添えるようにして使う紙製品のことで、レストランにも置いてあるものです。 柔らかいので肌触りは悪くありませんが、紙が薄いので皺にはなりやすいです。 あくまで使い捨ての簡易マスクという風にお考え下さい。 出来上がりサイズ 出来上がりサイズ: 11x20㎝ ゴムの長さ:70~75cm(長めに切って、後で調整してください) 材料と道具• ペーパーナプキン 33x33cm以上のもの• 4~6コールの衣料用ゴム• ホッチキス• はさみ 大きさの注意点 ペーパーナプキンのマスクは、33x33にサイズが決まっているものだと、小さめにできます。 大人だとあごの下まですっぽり覆うような大きさではありませんが、鼻と口は隠れるという程度の大きさです。 個人的には大人だとやや物足りないのですが、子ども用であれば十分な大きさになると思います。 大き目のマスクは、この下のペーパータオルのマスクの方を参照してください。 ペーパーナプキンのマスク作り方 1. ペーパーナプキンの幅を20センチに切ります。 縦の長さは33センチのままで結構です。 もっと大きなものであれば、タックを複数入れて作ってください。 ゴムを上の長さに切って、両端を結んで輪にしたものを、広げたナプキンの上に置きます。 ナプキンを上からと下から、それぞれ3分の1ずつを折って、三重にします。 4.中央を折って指で持ち上げ、中央より約1センチの部分をホチキスで留めて、タックを作ります。 ホチキスを入れたところ 中央より1センチのところに折山ができます。 ホチキスの金属は、皮膚には直接当たりませんが、金属アレルギーのある方、気になる方はホチキスを使わずに糸で縫うなどしてみてください。 折山は表に出るようにして、ゴムがそれぞれ、最上部の先端と、最下部の先端に来るように調節しながら、マスクを装着してください。 紙が薄いので、強く引っ張ると破けてしまうので、優しく扱ってくださいね。 マスクを装着したところ モデルは成人男性です。 正面からみたところ 横からみたところ。 すごく小さいわけではありませんが、紙のサイズが小さいので、成人男性だと、あごの下までは覆えないサイズになります。 脇の長さは十分です。 ペーパーナプキンの通気性は不織布より密なので、息を深く吸い込むと紙が鼻に吸い付く感じになります。 下にもっと大き目の紙で作るマスクをご説明します。 タック3つのペーパータオルのマスク 材料の紙が大きなサイズのものが手に入れば、タックを複数取り、もっと顔にフィットするマスクができます。 この素材はペーパータオルというものです。 出来上がりサイズ 出来上がりサイズ: 15x20㎝ ゴムの長さ:70~75cm(長めに切って、後で調整してください) 材料と道具• ペーパータオル 38x33cmのもの• 4~6コールの衣料用ゴム• ホッチキス• はさみ ペーパータオルのマスク作り方 1. ペーパータオルの幅を20センチに切ります。 ゴムを上の長さに切って、両端を結んで輪にしたものを、広げた紙の中央に横に置きます。 写真は違う紙のものを使っていますが位置は同じです。 ナプキンを上から9センチのところでおり、下からも9センチのところで折り、紙を三重にします。 4.端から3センチのところで、中央の1センチを折って指で持ち上げ、ホチキスで留めて、最初のタックを作ります。 2センチ間を空けて、同じようにホチキスで留めて、タックを作ります。 次も2センチ間を空けて、合計3つのタックを作ります。 再度言うと、紙の端から3センチのところに高さ1センチの折山を、2センチ間隔で3つ作るということになります。 ほぼ左右均等に、3つの折山ができれば、十分です。 反対側も同じように作ります。 ホチキスの金属は、皮膚には直接当たりませんが、金属アレルギーのある方、気になる方はホチキスを使わずに糸を使うなどしてみてください。 出来上がり。 折山は表に出るようにして、ゴムがそれぞれ、最上部の先端と、最下部の先端に来るように調節しながら、マスクを装着してください。 ペーパータオルのマスクを装着したところ 正面からみたところ 横から見たところ。 先に作った、ペーパーナプキンよりは、大きさが十分でタックも複数取ると立体的にフィットします。 大き目の紙類があるとき、またはホチキスが通る薄手の布があれば、同じように作れると思います。 ホチキスが通らないという時は、面倒でも針と糸で留めるとより見栄えは良くなるかと思います。 ネットでも売っているマスクは引き続きご紹介していきますが、マスクは毎日必要なもので、どうしても数が足りなくなります。 自分で工夫して作ってみたいという時は、ぜひお試しくださいね。 夏のクールマスクが出ました!.

次の

紙?布?どっちのマスクが楽?

紙マスク

印刷会社のアインズ株式会社(本社:滋賀県蒲生郡竜王町、代表取締役社長:大森 七幸、以下アインズ)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴った日常の困りごとを解決するべく、抗菌印刷技術を活用した『抗菌紙マスク保管ケース』の商品開発を行い、リリースする運びとなりました。 新型コロナウイルスが猛威を振るい、生活様式が一変しました。 感染予防のため、マスクの着用、手指のアルコール消毒が必須となり、それに伴った、様々なお困りごとが出てきました。 アインズでは、女性ならではの悩みであるマスクの一時保管置きとしてご使用いただける「抗菌紙マスク保管ケース」を商品開発いたしました。 お食事など少しの間マスクを外す際に、マスクを清潔に保管できるよう、ケースの両面には、抗菌印刷技術を活用した、抗菌加工が施されています。 そのため、大腸菌などの菌類やカビの増殖を抑えることが可能です 注1。 紙製で、いつでも清潔に使用いただけるよう、使い捨てとしています。 今回の商品開発では、女性企画チームである「frau フラウ (=ドイツ語 女性の意)」が中心となり開発いたしました。 簡単で使いやすく、沈んだ気持ちが少しでもやわらぐよう、形状やデザインにもこだわり、絵柄は現在4種類。 いずれもシンプルで使用シーンを選ばず、手作りマスクにも使用できるデザインとなっております。 この「抗菌紙マスク保管ケース」をご利用いただき、少しでも皆様の心が明るくなれば幸いです。 女性企画チーム「frau(フラウ)」メンバー 抗菌紙マスク保管ケース 今回、こちらのマスクケースを滋賀県竜王町内の小学校、中学校へ寄贈いたしました。 安心して学校生活を過ごしていただけるよう、心ばかりですが、お役に立てればと思っております。 アインズでは今後も、皆様のお役に立てる技術・商品を開発していく所存です。 今回、発売を記念して、抽選で10名様にプレゼントいたします。 お名前を記載の上、下記メールアドレスにて申し込みください。

次の