霜降り明星 上沼恵美子。 追記あり【ざわざわ】上沼恵美子さんを批判した「とろサーモン久保田」さん、スケジュールの一部が変更へ

M―1優勝の「霜降り明星」に“辛口”審査員も絶賛!ナイツ塙「吉本の宝」上沼恵美子「ミキより好きかも」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

霜降り明星 上沼恵美子

2日行われた漫才の日本一を決める「M-1グランプリ2018」の決勝大会はハイレベルな戦いとなったが、何より話題をかっさらったのは審査員の上沼恵美子(63)。 昨年の激怒事件でその言動が注目された。 上沼といえば、言わずと知れた「海原千里・万里」で人気を博した漫才界の重鎮。 昨年のM-1では、ファイナリストに進出した「マヂカルラブリー」に「本気でやってるっちゅうねん、こっちも!」と激怒し「好みではない」「よう決勝残ったなと思って」と酷評。 さらに「カミナリ」にも「どつき不要説」をぶちかまし、上沼最強説がネット上に飛び交った。 このためファイナリストが戦々恐々する中、今年も上沼節は炸裂。 各審査員が高得点をつけた「ジャルジャル」に上沼だけが厳しい得点。 上沼が苦手とする言葉を繰り返すリズムネタに「ふらんといて」とコメントを拒否。 「ジャルジャルは好きだけど、このネタは嫌いや」とばっさり。 その後、上沼自ら「敗者復活戦から上がってきてほしい」と言うほどの一押しコンビ「ミキ」が登場すると、98点の高得点。 同じ自虐ネタの「ギャロップ」には「自虐ネタは面白くない」 と厳しい点をつけたが、ミキには講評でも「フアン(ファン)です」「自虐が突き抜けている」と高い評価。 ネット上でも「上沼さんグダグダ」「上沼さんひいき?」といった書き込みが相次ぐことに。 「霜降り明星」がチャンピオンに輝いたが、演芸評論家の高山和久氏は「上沼さんはミキを褒め褒めだったが、霜降り明星にもやさしく食いつき、和牛のうまさには脱帽の様子だった。 決勝では安定感のある和牛を推すなどバランスを取っていたのでは」と指摘した。 yahoo. ・敗者復活は、プラスマイナスの方がよかった。 MIKIは去年の方がうまかった。 ・ジャルジャルは本当にうまいんだけど、去年のピンポンパンと似たネタだった。 ・かまいたちは2本目も見たかった。 ただ、彼らの持ち味は、まともな濱家が追い詰められるところにあるのに、濱家がミスする設定に疑問。 ・スーパーマラドーナ、元気なかった。 というか、松本の言うように暗いネタだった。 ・霜降り明星は、キャラがかぶるプラスマイナスが敗者復活しなかったことが幸いした。 霜降り明星はふたりの性格の良さがよく出ていて、彼らの優勝がうれしい。 ・和牛の1本目は、はじめ、おいおい大丈夫か、というくらい危なかったが、それでも2本目に行くのはさすが。 コメントも支離滅裂で、盛り上がりに水をさした。 ただ、採点はまあまあもともだった。

次の

上沼恵美子『M‐1』決勝の前に『霜降り明星』せいやにダメだし

霜降り明星 上沼恵美子

スポンサーリンク 霜降り明星せいやの「いじめ」の過去 霜降り明星せいやさんが具体的にいじめにあっていた 時期は高校生の時だったようです。 中学生の時はではいじめられなかったのか?という事が気になるかと思うので 中学生の頃のせいやさんについてまず解説します。 盾津中学校入学後、中学生の時のせいやさんの学校生活 せいやさんはもともと 小学校からサッカーをやっており、 中学校でもサッカー部に入部していたそうです。 身長が163cmなので サイドバックというポジションではないかと思います。 ゴール下は身長が高い方がヘディングできるので有利なので、身長が低いポジションだと思いますねー! ちなみに 特技はリフティングです! そして中学生の時はなんと チームのキャプテンだったようで、めっちゃリーダー的な人柄だったようです。 中学校の部活でキャプテンってめっちゃモテで〜!! 学校のカースト制度でも ピラミッドの一番上に君臨しているような人ですよ。 僕の中学時代の部活のキャプテンもみんなから一目置かれるような人間でした。 僕なんか末端構成員だったので、キャプテンの事を崇めていましたww しかし高校になった瞬間せいやさんの 人生は・・・一変します。 せいや、高校入学後にいじめにあう せいやさん高校になってからいじめにあうのですが、 どんな高校に行っていたんでしょうか? 布施高校とはどんなところだったのか? 中学生では華々しくサッカー部のキャプテンをしていたせいやさんですが、なんと、 高校時代になるといじめに会うことに・・・ てか 布施高校ってそんな悪い学校でしたっけ? 実際に調べてみました。 え、 偏差値57たかっ!! 普通に賢くないですか? 大阪府内でも 545校中138位って悪くないですね。 普通に 進学校な気がします。 勉強にかなり力を入れている学校だとか。 こんな頭いい学校なのに、 いじめなんてなさそうな感じなのに、まさかのせいやさん、クラス中からいじめを受けることに・・・ なぜいじめにあっていたのか?疑問じゃないですか? 色々調べていくうちに いじめにあった理由などが見つかりました。 せいやさんのインタビューコメント僕、高校時代最悪やったんですよ。 中学生の頃から漫才でテレビに出たりしてすごい人気者になって、ちょっと調子に乗ってしまったんです。 この調子に乗ってしまったがためになんと、高校生の頃には 「せいやを懲らしめる会」なるいじめ組織が発足していたようです。 本格的ないじめ組織やないか!!怖い!! それからは、 いじめられる生活が始まったとか・・・ 中学校で人気者だったので、それでせいやさん自体も相当調子に乗っていたんでしょうね。 いじめられた 理由はよくある嫉妬とか妬みとかですね。 高校くらいだと起きそうな事ですよね。 凄いしょうもないですよね、いじめの理由って、結局個人では勝てないから集団になっていじめた訳で、本当にしょうもない。 しかしそんな事を言っても、いじめは止まらず、やがて せいやさんの髪の毛はいじめのストレスでどんどん抜けていき、 三浦マイルドさんばりのハゲ頭になったそうです。 マイルドさん、落ち武者みたいなってるやん・・・ せいやさん鋼のメンタルなように見えますが、こんなに 髪の毛が抜けるくらいのストレスを抱えていたなんて。 しかしせいやさんの凄いところはこの いじめに負けず頑張って学校にいき続けたところです。 なぜそんないじめにあっても学校にいき続けられたのですか?という問いにも下記のように答えています。 せいやさんがこの時思った事「ここや!」って思って、自分で考えたコントをクラスで発表したんです。 なんと 自分で考えたコントを舞台で発表したようです!! まじすげ〜〜! コントの発表をしたらみんながワッて沸いて、 「こいつ、こんなに面白い奴やったんや」って初めて認めてもらえ、さらにさらに、 その文化祭でも表彰されました。 凄いのはここから!! 表彰状の時に登った舞台上で 「いじめを跳ね返したぞ!! 」って言ったら、学校中が 「うぉおおおー!!! 」ってなって映画みたいに盛り上がったようです。 そこからは いじめはなくなり、 普通の学校生活を送る事ができるようになったようです。 凄いドラマチックな映画になりそうなストーリーですが、これ マジの出来事のようです。 ちょっと泣けてくるな。 せいやさんを見ているとそんな事は微塵も感じさせない元気さがありますが、みんな見えないところで苦労しているんですね。 めっちゃ元気付けられました!!! スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか? まさかあんな面白い漫才する 霜降り明星のせいや さんの過去がこんなに辛いものだったなんて。 しかし 笑いで自分の人生を切り開く姿、高校生だとしても凄い元気もらえたし、めっちゃ凄いなって思いました!! これからも頑張って同じような境遇の人に勇気を与えて欲しいですね。 それではまた、記事書きます。 ばーい!!.

次の

上沼恵美子、とろサーモンを“公開処刑”…久保田、各局が起用自粛で芸人生命に終止符か

霜降り明星 上沼恵美子

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 『M-1グランプリ2018』で最年少優勝した『霜降り明星』のせいやが、12月9日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、東京に女医の恋人がいることを告白した。 上沼に「独身?」と聞かれたせいやは、「まだ26(歳)とかなんで……。 でも僕、彼女が最近できたんですよ」といきなり告白。 せいやによると、彼女の仕事は外科医。 どこで知り合ったかとの質問には「ファンの方やないですけど、お手紙をいただいて……」と答え、相方の粗品が「それをファンと言うんや」とツッコむと、「ファンに手を出してるみたいなの嫌なんで」と弁解した。 晴れた東京進出、恋の行方は? まだ付き合ってから3週間ぐらいということで、「向こうもお試し期間やな」と上沼は推測。 すると、単刀直入に「結ばれたん?」と質問。 せいやは「それは結ばれましたよ」とあせりながら返答し、「何回目のデートで?」という問いに対しては、せいやがラジオ終わりで、彼女がオペ終わりで肉を食べに行った後、彼女の自宅マンションで結ばれたそうだ。 何でも彼女は、オペ終わりは絶対に肉を食べると決めているらしい。 せいやは東京にいる彼女のもとへ新幹線で通う遠距離恋愛だが、上沼は「幸せいっぱいのときに水差すようで申し訳ないんですが、遊ばれてます」と断言。 「珍しいんです。 関西の芸人さんというのは。 関西のアクセントで癒やされるんだと思う」「彼女が大阪へ来ないということは本気で恋していないから」と理由を説明した。 しかし、この番組が収録されたのは『M-1』の決勝前。 今、優勝者となったせいやは、東京での仕事が立て続けに舞い込んでいるはず。 上沼の指摘をヨソに、せいやは無事に愛を育んていそうだが…。

次の