プルーム s ニコチン。 プルームテックのニコチン量はアイコス・グローと比べて一番低い?

PloomTechプラス/エスに多い質問と答え。ニコチンやタールは…

プルーム s ニコチン

低温加熱式たばこ【最強デバイス】現る!• 最先端ポッド型VAPEが登場!• コロナ対策にもオススメですよ!• そんなお前はカッコいいと思うぜ!• メガヒット商品の理由を徹底検証 こんばんは、げんちゃんです。 この記事を書いたのは2017年7月末だったので、実に1年9ヶ月前だったんですね(汗) 付け足しながら更新していたのですが、さすがにグチャグチャになってきたので2年経つ前に一度キレイに書き直そうと思い、タイピングをはじめた次第です。 このエントリーでは、プルームテックについて、あまり一般的に知られていないことを中心にお届けしていきますので、使い方などを知りたい方は下記リンク先の記事を参照してください。 2019年1月にプルームテック・プラスとエスという新たな仲間が加わり、話題から取り残され気味なプルームテックですが、匂いや有害物質の少なさという点で言えば、今でもナンバーワンのデバイス。 今回はそんなプルームテックにフォーカスして、あまり知られていないことや、知っていると得する裏技をご紹介したいと思います。 公式サイトには書かれていない秘密はもちろん、非公式な裏技が盛りだくさんですよ。 この記事の目次• 秘密その1:名前の由来 公式サイトがリニューアルされたことで公表されましたが、プルームテックの名前にはちゃんと意味があるんです。 実はJTが初めて発売した次世代タバコは「Ploom」というデバイスなんです。 「Plume」+「Cloud」=「Ploom」、ちょっと強引ですが、これがプルームの由来なんだそうです。 秘密その4:裏スペック プルームテックのスペックでわかっていることと言えば、プルーム・バッテリーに印字されているバッテリーの容量くらい。 しかし、世の中にはこういうのを調べてくれる方がいまして、VAPEレビュー風に書くとこんな感じになります。 電圧 3. 電流 1. 抵抗値 3. 電力 3. バッテリー容量 190mAh VAPEを知っている方ならわかると思うんですが、出力が弱すぎて蒸気が出るか心配になるレベル。 ただこれにはワケもあって、「吸わない人との共存」をテーマに開発された為、これくらいのロースペックでないと匂いや有害物質を劇的に抑えられなかったんです。 さらに、出力が強すぎると「たばこカプセル」が蒸気で目詰まりしてしまうので、意図してロースペックに作られたんですね。 確かに吸いごたえはありませんが、その分、匂いや有害物質の少なさでダントツ1位なのはこんな理由があったんです。 秘密その5:デバイスのベース機 JTが買収した電子タバコメーカーはPloom社だけでなく、アメリカの電子タバコメーカーの「Logic」という会社も買収していました。 実はこのLogic社の影響は強くて、プルームテックのベースはもちろですがん、プラスのベース機もLogic社のラインナップなんです。 「Logic Power」というFLEVOみたいなカートリッジ交換式の電子タバコに「たばこカプセル」が挿せるように改造したのがプルームテックで、「Logic PRO」という第二世代のVAPEがプルームテック・プラスとして日本でリリースされています。 ちなみに、アメリカではLogic社がプルームテックを「VAPELEAF(ベイプリーフ)」という名前で販売しており、日本から逆輸入された感じになっています。 今だにわからないのがプルームSで、唯一のオリジナルデザイン商品なのかもしれません。 秘密その6:福岡限定スタートの理由 今ではコンビニでも定番として売られていますが、発売から1年間は福岡でしか買えない幻の次世代タバコだったんです。 そこで気になるのが「なぜ福岡限定だったのか?」という点。 いきなり「全国展開」だと、果たしてどれだけの需要があるのか?どんな不具合や要望があるのか?まったくわからないまま投資をするのは怖いですよね。 そこで、一般的にメーカーが新製品を導入する際は、エリアマーケティングという手法が用いられます。 このエリア選定については、プロモーションを担当する広告代理店さんの得意なエリアなどが選ばれるようですが、JTは「福岡と北海道が多い」そうです。 JTは過去にも紙巻たばこの新製品をテスト展開したりしているので納得ですね。 また、福岡は年齢問わず喫煙者が多いというデータがあったりと、こういった属性も福岡が選ばれた背景にあるのかもしれません。 秘密その7:全国展開まで時間が掛かった理由 この話も知らない人が多いかもしれませんが、今ではありふれているプルームテックも全国で販売されるまでには、なんと2年半近くも掛かっていたんです。 しかも、プルームテックが初めて発売された2016年3月は、リリースから1週間で出荷停止に追い込まれるなど、とんでもない展開に。 出荷停止されているのにAmazonや楽天で転売されていたことから、ちょっとした社会問題にもなりました。 「なぜここまで展開が遅れたのか?」とJTさんに聞くと、たばこカプセルの製造が全く間に合わなかった為、と言われました。 ちょっと疑問は残りますが、この展開の遅さが株価に直撃して大幅に下落しましたからね・・・少なくとも意図的に送らせたワケではないでしょう。 秘密その8:互換品が出回った理由 互換品ビジネスは世の常ですが、プルームテックに関して言えば異常なくらい出回りましたね。 なぜこんなことが起きてしまったかと言うと、発売当初の在庫不足と、プルームテック=たばこカプセルという認識が拍車をかけたんです。 在庫不足による代替品の出現は想像できると思いますが、面白いのは後者の方。 アイコスがヒートスティックも含む総称になっているのと同じく、たばこカプセルを吸うことをプルームテックと呼ぶように。 特に電子タバコの本場「中国」にとっては、プルームテックなんて旧型の電子タバコそのものですから、簡単に真似できちゃうんですね。 仕組みも電子タバコそのものだったので、果てはVAPEでも吸えるようになります。 圧倒的な供給不足と構造の簡単さ、そしてイメージが混ざり合うことで爆発的に互換品が出回ることになったんです。 プルームテックの知っていると得する裏技6選 この章では、少しでもプルームテックを楽しめるように、非公式の裏技を6つご紹介します。 簡単に出来ることからちょっと一手間必要なものまで。 どれも吸いごたえのないプルームテックを強化するモノばかりですので参考にしてください。 基本的にはドローが重めのほうが満足度が高くなるので、簡単にドローを重くする方法をご紹介します。 ズバリ!やり方は超簡単で、プルーム・バッテリーとカートリッジの接続部分のエアホールを塞ぐだけ。 エアホールは3箇所あるので、好みで塞ぎながら吸ってみてください。 全然違いますよ? 裏技その2:カプセルほぐし この裏技は定番モノですが、ちょっと味が薄くなってきた「たばこカプセル」をチョッピリ復活させる方法です。 なにをすれば良いのかと言うと、たばこカプセルを手でモミモミするだけ。 たばこカプセルの中身は、たばこ葉を圧縮して作られた粉末が入っています。 蒸気にさらされて固まった粉末を、モミモミすることでほぐすというわけ。 40パフくらいすると薄くなってきますので、コレをやれば最後まで美味しく吸えるようになります。 裏技その3:カートリッジ再生 おそらく一番最初に考案された裏技がコレ。 たばこカプセルを50パフ以上吸ったり、交換のタイミングを忘れるとカートリッジ内のリキッドがなくなり、カプセルだけが余ることがあります。 この裏技はその名の通り、使い終わったカートリッジを再生して、また利用するというものです。 やること自体はシンプルで、要はカートリッジにリキッドを補充するだけ。 カートリッジ再生用のセットなども売られていますので、プルームテッカーなら必須の裏技です。 裏技その5:蒸気量アップ 兎にも角にも煙(蒸気)が少なすぎる!という方にオススメなのがこの裏技。 裏技というよりは「魔改造」といったほうが近いですが、蒸気量を左右しているカートリッジ自体を、付属のものではなくパワーの強いものに変えちゃうというものです。 俗に言う「互換カートリッジ」というものですが、今ではだいぶ高性能なものも現れており、ただ交換するだけで倍くらいの蒸気量を実現出来ます。 むしろ、この組み合わせだと、たばこカプセルがなくても良くなってしまうんです(汗)• 裏技おまけ:保証期間アップ この裏技は吸いごたえには関係ありませんが、結構重要な保証期間を伸ばす裏技です。 デバイス登録と管理の複雑さをついたズルい方法で、今もなお実践できるかは不明です。 この裏技を最大限活用すると3倍くらいまで保証を伸ばすことが出来ますが、対策をとられている可能性もあるため、デバイス登録の裏技から試すと良いです。 このエントリーでは細かく書けませんが、以下の2つの裏技を活用すること・・・詳細はリンク先の記事にて。 別のシリアルナンバーで保証を受ける裏技 2. シリアルナンバーの適用日を遅らせる裏技 日本で一番税金を徴収しやすいと言われているのがタバコだったと思います。 なので政府は税収が苦しくなるとタバコの税金を上げて税収を増やすことが常套手段になってますよね。 50パフ で正規品はランプが点滅するので、新しいのに交換し、 50パフ 終わったやっは、互換品に装着して続けて吸えます。 互換品には、50パフ 縛りがないのでリキッドがなくなるか、充電切れるまで吸って また、補充なり、充電すれば吸えます。 ただし、香りは無くなるよーな気がします。 5箱買って、正規品のリキッド部分は、補充が出来ないので、カートリッジがすごく余ります。 多少のタバコらしさは味わえますし、 煙り、蒸気ですね、は出ますので それらしいです。 他の、IQOS、グローに比べても考え方によれば、コスパいいです。 早く地方都市でも、コンビニ販売して欲しいです。 喫煙期間は40年です。 現在55歳??? 当然 医師から禁煙を推奨されました が、急ブレーキは事故の元 7ミリの物に変え本数を更に抑え喫煙していました処 腫瘍による圧迫痛が激しくなり、血痰まで出る始末 それでも辞められず 困っていた折 プルームテックを知り 切り替えて2日目、この記事を発見し 非常に参考になり感激しております。 お陰様で ようやくタバコを吸える間に 吸わない人になれる気がします。 馬鹿だと思うでしょうが、ガンになる程好きだったタバコです 易々と禁煙とは行きません。 PTへ切り替えてから 早速痛みは半減し 血痰も無くなり、タンも激減しました 汚い話でスミマセン 私の様になる前に、皆さま プルームテックは本当におススメです。 生きていましたら また生々しい感想をさせていただきます。

次の

【レビュー】ニコチンゼロのヒートスティックがあるらしい?!皆さん・・・タバコ辞められるかもしれませんよ?

プルーム s ニコチン

プルームテックプラスをコンビニで入手。 デザインは? 中には別売りのカプセルを入れないと吸えません。 それもコンビニでもちろん売っています。 充電器はコンセントまでついていますし、保証書・使い方のわかる説明書も入っています。 コンビニで買えるカラーはブラック 黒 ・ホワイト 白。 ただ他にも8種以上のカラーバリュエーションがありますね。 本体はたばこ臭くなりませんし、ペン型でコンパクトなのでカバンに入れるのも抵抗ありません。 最初は充電が少ないので充電しましょう。 プルームテックプラスを吸った感想・レビュー|蒸気量多めで吸いごたえアップ! さきほどの本体にフレーバーをセットしてみます。 プルームテックを吸ったことのある方ならわかると思いますが、 吸いごたえはたしかにアップしていますね。 テックプラスのPOINTは・・.

次の

PloomTechプラス/エスに多い質問と答え。ニコチンやタールは…

プルーム s ニコチン

加熱式タバコといえば、高温加熱式の「アイコス(IQOS)」、「グロー(glo)」、低温加熱式の「プルーム・テック(Ploom TECH)」の3種類だ。 そのうちアイコスは、「アイコス3」「アイコス3マルチ」として2018年11月にフルモデルチェンジ済みだが、今回、唯一の低温加熱式として特殊な立場を貫いていた「プルーム・テック」(JT)が、フルモデルチェンジを発表した。 それも2機種同時にだ。 専用カートリッジのタバコ葉とリキッドの量を増やして従来以上の吸いごたえを実現した低温加熱式「プルーム・テック・プラス(Ploom TECH+)」と、シリーズ初の高温加熱式となる「プルーム・エス(Ploom S)」である。 「プルーム・エス」(左)と、「プルーム・テック・プラス」(右)。 2019年1月29日から、Ploomオンラインショップと、全国のPloom専門店24店で販売開始予定で、これに先立つ1月25日より、Ploomブランドサイト内の専用ページにて、購入予約が開始されるという。 スターターキットの価格は、「プルーム・テック・プラス」が4,980円(税込)、「プルーム・エス」が7,980円(税込)となる。 なお、現行モデルの「プルーム・テック」も引き続き販売が継続される。 JT代表取締役副社長 タバコ事業本部長 岩井睦雄氏によると、同社は今回発売する新機種を含む「プルーム」シリーズを軸に、国内の加熱式タバコ市場のトップシェアを狙いたいと語った。 また、アイコスを展開するフィリップ モリスが紙巻きタバコの根絶を目指しているのとは違い、今後も加熱式タバコに代表されるRRP(Reduced-Risk Products、リスク低減製品)と紙巻きタバコの両輪で事業展開していくという目標を掲げていた。 発表会後に両機種を試すことができたので、ここからは、そのファーストインプレッションを報告したい。 JTの調査によると、「プルーム・テック」経験者の44%が、吸いごたえの強化を望んでいるという結果が出たそうだ。 シンプルながら高級感のある「プルーム・テック・プラス」。 サイズは約140. 0 mm 直径 、重さは約40 g。 充電にはmicro USBポートを採用している 本体は4分割になる 実際に「プルーム・テック・プラス」を吸ってみると、確かに蒸気量が増えて、喫味もそこそこ深くなったようだ。 今回同時発表になった専用リフィルは、レギュラー2種とメンソール2種の計4種類。 「プルーム・テック」同様、タバコカプセル5個にカートリッジ1本のセットとなる。 なお、「プルーム・テック・プラス」と「プルーム・テック」のカプセルのサイズは同じだが、カートリッジは互換性がないので、それぞれ専用のものを使用する必要がある。 会見終了後は専用スペースで試し吸いも可能だった 「プルーム・テック・プラス」と「プルーム・テック」の専用カプセルはサイズはまったく同じだが、互換性はないので注意 レギュラータイプを吸ってみた! 今回発表された「プルーム・テック・プラス」の専用リフィルのうち、レギュラータイプになるのが「メビウス マイルド・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス」「メビウス ロースト・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス」の2種類。 「マイルド」のほうは、従来機種の味わいと差をさほど感じられなかったが、「ロースト」はかなり濃い喫味が楽しめる。 ニオイの少なさは従来機とほぼ同じ。 「メビウス マイルド・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス」(左)、「メビウス ロースト・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス」(右) メンソールタイプを吸ってみた! メンソールのリフィルは、「メビウス コールド・ミント フォー プルーム・テック・プラス」「メビウス クリア・ミント フォー プルーム・テック・プラス」の2種。 メンソールはせっかくのタバコ感を消してしまうところから、喫味の強化の効果がわかりにくい。 それでもシンプルな「クリア・ミント」の方なら、タバコ感が強くなったことが、注意深く吸えばわかる。 それ以上温度を上げると、喫味は強くなるがニオイも強くなる。 実際に吸ってみると、「プルーム・テック」ユーザーなら、明らかに強い喫味と感じるかもしれないが、「アイコス」ユーザーだと少々物足りない地点という感じだ。 タール値でいくと8mgあたりだろうか。 さらに、「プルーム・エス」は構造的に周囲からタバコスティックを加熱する方式なので、強く早く吸う人だと十分にタバコ葉が熱せられず、喫味が弱くなってしまいそうだ。 それでもアイコス、グローがニオイ90%カットなら、こちらは95%カット(「プルーム・テック」「プルーム・テック・プラス」は99%カット)というのは確かにその通り。 実に絶妙な設定という感じを受けた。 アイコスやグローと同じように、タバコスティックタイプとなった「プルーム・エス」。 サイズは約56. 5 奥行き mmで、重さは約95. 1 g。 こちらも充電にはmicro USBポートを採用している グロー同様に周囲からスティックを加熱するタイプ。 連続使用は10本可能 手にフィットするエルゴノミクスなデザイン 吸い方にもよるだろうが、蒸気は少なめな印象だ 上部のフタをスライドすることで、電源がオンになる 「プルーム・エス」の専用リフィル(タバコスティック20本入り)は、レギュラー1種とメンソール2種で展開となる。 1箱480円(税込)という設定も、アイコスのマールボロ ヒートスティックが500円(税込)だが、現在、一部地域で販売されている「HEETS」が470円(税込)であることを考えると、480円というのがまた絶妙と言えそうだ。 レギュラータイプを吸ってみた! 「メビウス レギュラーテイスト フォー プルーム・エス」は、ゆっくり吸えば、とてもおいしい。 しかもポップコーンだの、焼き芋だのと言われがちな加熱式タバコ特有のニオイがかなり抑えられている。 また、紙巻きタバコの「メビウス」の香りがしっかりとする。 「メビウス」ファンならうれしいはずだ。 「メビウス レギュラーテイスト フォー プルーム・エス」 メンソールタイプを吸ってみた! メンソールタイプは、「メビウス メンソール フォー プルーム・エス」、「メビウス クールエフェクト フォー プルーム・エス」の2種。 この2つは、逆にメンソール感が加熱式タバコのニオイをかえって際立たせてしまっている印象だ。 なので、筆者には圧倒的にレギュラーのほうが吸いやすかった。 「メビウス メンソール フォー プルーム・エス」(左)、「メビウス クールエフェクト フォー プルーム・エス」(右) まさに絶妙なポイントを突いた「プルーム・テック・プラス」と「プルーム・エス」 「もう少し喫味が強ければ、蒸気が多ければなあ」という「プルーム・テック」ユーザーの不満を見事に解消したのが「プルーム・テック・プラス」だ。 そして高温加熱式の中でもギリギリの低温でニオイを抑え込んでいるのが「プルーム・エス」である。 「中庸の美学」とでも言ったらよいか。 紙巻きタバコでタール値10mg以上のキツめのタバコを選んでいたようなユーザーはアイコスから動かないかもしれないが、ほどよい喫味となる8mg程度のボリュームゾーンを突いてきたのは、さすがJTと思わずにいられない。 今後、加熱式タバコの勢力図が少し変わる可能性もありそうだ。

次の