イー タックス と は。 Etak Oral Care(イータック オーラル ケア)

確定申告書等作成コーナー/e

イー タックス と は

e-Tax(イータックス)について• 自宅からインターネットを利用して申告、申請・届出等ができます。 インターネットやATM等を利用して納税ができます。 利用者の皆様の使い勝手の向上を図るため、「e-Taxホームページ」をリニューアルしました。 e-Taxホームページからも「確定申告書等作成コーナー」へスムーズにアクセスできます。 所得税の確定申告 e-Taxならこんないいこと 最高5,000円の税額控除 平成21年分の所得税の確定申告を 本人の電子署名及び電子証明書を付して、申告期限内にe-Taxで行うと、所得税額から最高5,000円の控除ができます(平成19年分又は平成20年分の確定申告でこの控除の適用を受けた方は、受けられません。 添付書類の提出省略 医療費の領収書や源泉徴収票等は、その記載内容(病院などの名称・支払金額等)を入力して送信することにより、提出又は提示を省略することができます(確定申告期限から3年間、税務署から書類の提出又は提示を求められることがあります。 還付金がスピーディー e-Taxで申告された 還付申告は、書面申告に比べ早期処理しています(3週間程度に短縮。 ほかにも・・・ ・ e-Taxで納税証明書の交付請求を行うと、手数料がお得です(電子データで取得する方法のほか、書面で取得することもできます。 ・ 所得税の確定申告期間中は作成した申告書データを 24時間いつでもe-Taxを利用して送信することができます。 画面の案内に従って入力すれば、e-Taxを利用するための手続から申告書の作成まで行うことができます。

次の

税理士法人イータックス

イー タックス と は

真ん中にある「申告・申請・納税」のところが黒い状態になっているとまだ 初期設定が完了していない状態です。 まずは「利用者情報の登録・確認・変更」をクリックします。 クリックすると拡大します 次に「新規登録」の「操作に進む」をクリックします。 クリックすると拡大します• 法人番号…法人番号を入力します。 不明な方はこちらから調べることができます()• 法人名称…会社名を入力します• 納税地(郵便番号)…郵便番号を入力します。 右の「郵便番号から住所と所轄税務署を検索」をクリックすると自動入力されるので、便利です。 納税地(住所又は所在地)…右の「郵便番号から住所と所轄税務署を検索」をクリックすると自動入力されますので、自動入力されていない部分を入力していきます。 納税地(電話番号)…電話番号を入力します。 所轄税務署…右の「郵便番号から住所と所轄税務署を検索」をクリックすると自動入力されます。 自動入力していない場合には、所轄の税務署は「こちら」からご確認くださいのリンクから所轄税務署を確認して入力します。 事業内容…事業内容を入力します• 資本金又は出資金額…資本金又は出資金額を入力します(登記簿(履歴事項全部証明書)などに記載があります)• 経理責任者の氏名…経理責任者がいる場合には、経理責任者の氏名を記入しますが、代表者1名の会社などの場合には、代表者の名前を記入するか空欄でよいかと思います。 税理士等…該当しないをクリックします(税理士の方は該当するになるものです。 ) 入力が終わったら、「次へ」をクリックします。 クリックすると拡大します• 代表者氏名(フリガナ)…氏名のフリガナを入力します• 代表者氏名…氏名を入力します• 代表者住所(郵便番号)…郵便番号を入力します。 ここは代表者個人の住所になります。 郵便番号を入力したら「郵便番号から住所を登録」をクリックすると自動入力されるので、便利です。 代表者住所(住所)…自動入力されていれば、自動入力されていない部分を、郵便番号から自動入力していない場合には、代表者住所を入力します• 代表者住所(電話番号)…電話番号を入力します。 入力が終わりましたら、電話番号を入力します。 クリックすると拡大します 今まで入力した内容が表示されますので、内容を確認して、問題がなければ、「登録」をクリックします。 クリックすると拡大します これで登録が完了です。 最後に「メインメニュー」のボタンをクリックして、メインメニューを確認します。 メインメニューに戻ると「申告・申請・納税」の部分に色がついて操作可能になっていれば、初期設定の完了です。 クリックすると拡大します 以上でe-Tax(イータックス)のWeb版の初期設定が完了です。 この設定が終わると源泉所得税の納付書の作成などの申請の操作が可能になってきます。

次の

2 電話によるお問い合わせ|e

イー タックス と は

「確定申告書等作成コーナー」でできること 確定申告書等作成コーナーでは、画面の案内に従って金額等を入力すれば確定申告書等を作成できます。 なお、作成した確定申告書等はe-Taxで送信することができます。 また、印刷して郵送等により提出することもできます。 作成中の申告書等データを保存し、その保存したデータを読み込んで作業を再開することができます。 また、作成した申告書等データを保存しておけば、翌年の申告時に読み込んで活用できます。 「確定申告書等作成コーナー」の種類 ・確定申告書等作成コーナー• 作成できる申告書等は、以下のとおりです。 1 所得税及び復興特別所得税の確定申告書• 2 青色申告決算書・収支内訳書• 3 消費税及び地方消費税の確定申告書• 4 贈与税の申告書• 注:令和元年分の確定申告書等作成コーナーは、令和2年1月上旬公開予定です。 ・更正の請求書・修正申告書作成コーナー• 注:令和元年分の更正の請求書・修正申告書作成コーナーは、所得税及び復興特別所得税、贈与税については令和2年3月中旬に、消費税及び地方消費税については、令和2年4月上旬にそれぞれ公開予定です。 元の画面に戻る場合はブラウザの「戻る」をクリックしてください。 注:e-Taxで送信する場合は、マイナンバーカードなどの電子証明書及びICカードリーダライタの準備が必要です。 なお、マイナンバーカード及びICカードリーダライタをお持ちでない方については、税務署で職員との対面による本人確認に基づいて税務署長が通知したe-Tax用のID・パスワード(「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されています。 )のみでe-Tax送信ができます。 ・スマホで見やすい専用画面 令和2年1月から、給与が複数ある方や公的年金などの雑所得がある方など、スマートフォン専用画面をご利用いただける方の範囲が広がります。 ・e-Taxで手続完結 「マイナンバーカード」と「マイナンバーカード対応のスマートフォン」をお持ちの方は、e-Taxで送信できます。 また、マイナンバーカード対応のスマートフォン等をお持ちでない方も、「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたID・パスワードがあれば、e-Taxで送信できます。 注1:マイナンバーカード対応のスマートフォンの機種については、地方公共団体情報システム機構の「公的個人認証サービスポータルサイト」()をご確認ください。 注2:e-Taxをご利用できない方は、ご自宅のプリンタやコンビニ等のプリントサービス(有料)を利用して作成した確定申告書を印刷し、税務署に郵送等で提出できます。 注3:タブレット端末からもご利用いただけます。 確定申告書等作成コーナーは、からご利用ください。 e-Tax(国税電子申告・納税システム) 税務署に出向くことなく、インターネットを利用して申告や納税などの各種手続をすることができます e-Taxとは e-Taxでは、税務署に出向くことなく、インターネットを利用して所得税、消費税、贈与税などの申告や法定調書の提出、青色申告の承認申請などの各種手続を行うことができます。 e-Taxを利用するとこんなメリットが! 所得税等の確定申告をe-Taxで行う場合、生命保険料控除の証明書などは、その記載内容を入力して送信することにより、これらの書類の提出又は提示を省略することができます(法定申告期限から5年間保存しておく必要があります。 自宅や税理士事務所からe-Taxで還付申告を行う場合、書面で提出した場合より、還付金を早く受け取ることができます。 e-Taxで納税証明書の交付請求を行うと、書面請求の場合より手数料が安価です(電子ファイルでの交付のほか、書面での交付も請求できます。 e-Taxご利用の流れ• もっと便利に! スマートフォンやタブレット端末からでも納税証明書の交付請求が行えます(税務署窓口で受け取れます。 eLTAX(地方税ポータルシステム)を利用すれば、支払報告書と源泉徴収票を一括作成し、送信することができます。 詳しくはをご確認ください。 平成31年1月からe-Taxの利用手続がより便利になりました。 詳しくはをご覧ください。 e -Taxの利用可能時間 確定申告期間 全日(土日・祝日を含みます。 ) 確定申告期以外の期間 月曜日〜金曜日(休祝日及び12月29日〜1月3日を除きます。 詳しくは、 e-Taxホームページをご覧ください 利用開始の手続、e-Taxの推奨環境、「e-Taxソフト」の操作方法及びよくある質問 Q&A など、e-Taxに関する最新の情報をお知らせしています。

次の