クラロワ エリゴレ。 新カード「エリクサーゴーレム」のテンプレデッキ2選:エリゴレの使い方・コツ・注意点も紹介

【クラロワ攻略】数と回復で押し切る!エリゴレレイジデッキ(サービス終了デッキ) [ファミ通App]

クラロワ エリゴレ

エリゴレレイジデッキ 『クラッシュ・ロワイヤル』のおすすめ最強デッキを紹介。 今回は現環境で強力なエリゴレレイジデッキ(通称サービス終了デッキ)。 【エリゴレレイジデッキデッキ】 エリゴレレイジデッキ各カードの役割 エリクサーゴーレム このユニットの後ろに多数のユニットを配置して、攻撃の形を作っていく。 バトルヒーラー 地上ユニットへの受けに使う。 また、バトルヒーラーを中心に多数のユニットを配置することで、止めにくい強力な形を作れる。 ライトニングドラゴン バトルヒーラーと合わせて使うことで、延々と相手ユニットを攻撃し続けられる。 ベビードラゴン バトルヒーラーの近くに配置し、相手の対空ユニットを倒していく。 ダークネクロ バトルヒーラーとともに進軍し、対地、対空の両方を行う。 ヒールスピリット デッキ回転+回復補助に使う。 トルネード トルネ+ベビドラ、ライドラで敵をまとめて倒したり、奥にいるマスケット銃士やアーチャーなどを引き寄せて倒すのに使う。 防衛にも使用できる。 レイジ エリゴレの形ができたときに、レイジを加えて一気に敵のせん滅していく。 エリゴレレイジデッキ使用時の攻撃方法 <攻撃時に主力となるカード>• エリクサーゴーレム• バトルヒーラー• ライトニングドラゴン• ダークネクロ• トルネード• レイジ バトルヒーラー+エリゴレから攻撃の形を作る 防衛よりも攻撃を意識していい珍しいデッキ。 バトルヒーラー+エリゴレを盾にして、その後ろにライドラ、ベビドラ、ダークネクロをつけることで強力な攻撃の形を作っていく。 新着 攻略記事• おすすめデッキ• 稼ぎ方・テクニック• 強敵対策• カードデータ• ユニットデータ• 建物データ• 呪文データ• 戦術・戦い方• 初心者ガイド・Tips• クラロワプレイ日記•

次の

【クラロワ攻略】数と回復で押し切る!エリゴレレイジデッキ(サービス終了デッキ) [ファミ通App]

クラロワ エリゴレ

巨スケホグクエイクの構成 他の高回転ホグと違って、巨スケなどでの防衛から入ることでゆっくり攻めることができるのでホグ初心者の方にもオススメできるデッキです。 流行りの対ゴブリンの小屋ではクエイクと丸太は非常に優秀です。 丸太でゴブリンの小屋を壊すと、最後の3匹も一緒に倒してくれるので無駄なエリ消費を抑えることができます。 クエイクは施設には勿論強いですが、遅延効果もかなり大きいです。 どんな試合においてもホグ+クエイクは大活躍してくれます。 ロケット砲士の使い方 ロケット砲士は矢の雨で死ぬといった弱点がありますが、このデッキは対空がエレキ、槍ゴブとあるのでカバーすることができます。 矢の雨持ちではない場合、巨スケの後ろにロケット砲士をつけるだけで非常に厄介な形を組むことができるのでオススメです。 長所と短所 まずこのデッキの強みは 防衛力の高さです。 巨スケで全ての攻撃を受けつつ他のユニットで防衛できます。 防衛でユニットが残らなかったとしても、ホグ単体でダメージを稼ぐことができるのでコツコツ削り勝てちゃいます。 逆に短所は 回転がそこまで早くないことです。 巨スケ以外のカードは比較的回しやすいのですが、一定のユニットに対しては巨スケを合わせるしかありません。 巨スケ単体の防衛力はあまり高くないので、両サイドに振られることで火力が分散させられてしまうと受けきれないときがあります。 巨スケ+ロケ砲の最強防衛 巨スケとロケット砲士は非常に相性が良いです。 実は巨スケ+後衛ユニットは巨スケが死んだ後に後衛が前に進むことで相手ユニットに爆破が当たらないことがあります。 しかしロケ砲は自分で後ろに下がってくれるので、巨スケの爆弾が相手に当たりやすくなります。 もし巨スケが残れば、同サイでも逆サイでもホグを出すだけで強力な攻めの完成です。 ちなみにエリゴレは後衛を巨スケで止めつつロケ砲やミニぺなどでエリゴレを溶かしてカウンターしましょう。 相性が悪いデッキとは? 高回転クエイクホグなどの高回転で攻め続けてくるデッキや、遅延スケラなどです。 呪文がクエイクウッドの2枚なので、相手陣地のマスケやアイウィズを攻撃中に処理することができないので攻めすぎないことが重要です。 スケラの防衛は橋前を巨スケで止めたり、ウッドをしっかり防衛で打ったりすることでどうにか守ることができるので全然勝てます。 高回転クロスやミニぺスパーキーも意外と相性はそこまでよくないです。 ロケット砲士を最大限活用して頑張りましょう。 ラヴァに関しては、巨スケ・ミニぺ・ホグの3枚で陸受けを枯渇させつつロケット砲士を溜めることで自分のペースを掴むことができます。 基本的な動き方 ロケット砲士や槍ゴブリンで手札を回しながらホグでコツコツダメージを稼いでいきます。 防衛では主にミニぺで相手のユニットを溶かします。 相手の後衛を巨スケでしっかり止めましょう。 巨スケは6コストと重いので自分からはあまり出せませんが、防衛で残った場合はホグと組み合わせて攻めます。 巨スケが盾となりホグがダメージを稼ぐ+防衛のユニットを巨スケの爆破で処理することが可能です。 巨スケを相手のユニットに合わせながら エレキやロケ砲の後衛で火力を補うことでカウンターがしやすくなります。 トルネードがないので、強引に巨スケの爆破を当てることができません。 巨スケを出した後は陸受けが弱くなってしまうので、自分から動く際は注意しましょう。 勝つためのポイント 巨スケの爆破を相手のユニットにしっかり当てて防衛することが重要です。 自陣では相手が攻めトルネードなどをしない限り、巨スケの爆破は相手に当たります。 トルネード持ちに対しては、 攻められる前に逆サイホグなどでトルネを使わせるのが理想的な流れです。 攻めトルネードを使われたとしても、ロケット砲士の範囲攻撃で守れるように常に警戒しておきましょう。 ロケット砲士の強みはノックバックしながらの長い攻撃射程です。 エレキとロケット砲士の距離を十分に取ることで、呪文で巻き込ませないことで防衛が楽になります。 エレキについて今まであまり触れていませんでしたが、エレキもこのデッキに必要不可欠です。 エレキによって相手のユニットを止めることで火力不足の巨スケの防衛を補助することでダメージを抑えることができます。 ホグが全然通らない相手に対しては巨スケホグの形を作って強引に攻めたり、ミニぺで陸受け枯渇を狙うことでワンチャンを掴めます。 最後に 環境に強いデッキは使い慣れていなくても一定の強さを期待することができます。 これを機にホグを始めてみるのもいいかもしれません。 気づいたら防衛のユニットが溜まっている、なんてことも少なくありません。 使っていてとても楽しいデッキなので是非使ってみてください。 読んでいただきありがとうございました。

次の

メガナイトエリゴレデッキの使い方のコツ・初心者向け3つのポイント

クラロワ エリゴレ

タグ 60式ムート アイスウィザード アイスゴーレム アイススピリット アサシンユーノ アースクエイク インフェルノドラゴン ウォールブレイカー エリクサーゴーレム エレクトロウィザード オーブン クローン コウモリの群れ ゴブジャイアント ゴブリン ゴブリンの小屋 ゴブリンの檻 ゴブリンギャング ゴブリンバレル ゴーレム ザッピー ザップ ジャイアント スケルトン スケルトンバレル スケルトンラッシュ スケルトン部隊 スパーキー ダークネクロ ダークプリンス ディガー トルネード ナイト ネクロマンサー ハンター バトルヒーラー バルキリー バーバリアン ファイアボール フリーズ ベビードラゴン ペッカ ホグライダー ホバリング砲 ボムタワー ポイズン マジックアーチャー マスケット銃士 ミニペッカ メガガーゴイル メガナイト ライトニング ライトニングドラゴン ラムライダー ランバージャック ラヴァハウンド ロイヤルゴースト ロイヤルジャイアント ロイヤルホグ ロケット砲士 ローリングウッド ローリングバーバリアン 三銃士 初心者 執行人ファルチェ 墓石 巨大クロスボウ 巨大スケルトン 巨大雪玉 攻城バーバリアン 槍ゴブリン 漁師トリトン 迫撃砲 簡単にデッキの使い方は• ゴブジャイスパーキーデッキと似ている。 相手に後で4エリクサーを与え、エリアドが取られると思われますが、 実際は「一時的に4エリクサーのアドが取れて、後から回収される」だけです。 逆に一時的にエリアドが取れることが、一番のメリットです。 基本的にカウンターで使う エリゴレは、実質7コストですが、 低コスト(3コスト)で出せるというのは、かなりのメリットです。 カウンターができやすくなります。 例えば、ダクネで防衛した後に、ゴーレムを橋前に出してカウンターするのはエリクサー的に難しいですが、エリゴレなら3エリクサーあればカウンターできます。 カウンターを防ぐためには、「攻めすぎない」or「相手の防衛ユニットを処理する」をしましょう。 「相手の防衛ユニットを処理する」は、以下の方法があります• ポイズンなどの呪文を追加して処理したりする 最後に出すとアドが取れる エリゴレは、処理された時にエリアドが取れた状態が戻ります。 つまり、 最後に出せば、エリアドを取れたまま試合を終わらせることができます。 残り30秒くらいでエリゴレを出し、相手のカウンターのことを考えず、エリアドを取ったまま攻めましょう! 小さくなればなるほど、火力が上がる エリクサーゴーレム本体より小型エリクサーゴーレム、さらには小型エリゴレよりもエリクサースライムの方が火力が高いです。 エリゴレは小さくなればなるほど、火力が上がるユニットです。 エリクサースライムは、ロイホグのように攻めます。 ディガーやダークネクロと組み合わせる 小さくなればなるほど、火力が上がる特性を活かして攻めましょう。 小型エリクサーゴーレムが破裂するときに、ディガーをタワーに飛ばし、エリクサースライムの延命• よって、デッキの平均コストを少し上げてもいいでしょう。 エリクサーゴーレムの注意点 初手で出すのは危険 初手で出すのはやめましょう。 ペッカ・メガナイト・スパーキーなどで処理されて、大カウンターを食らいます。 序盤は相手のデッキ把握、攻撃時は橋前エリゴレによるカウンターがおすすめです。 攻めた後の防衛が難しい 攻めた後は、相手がエリクサーが多い状態になります。 (実際はエリアドが元に戻るだけだが) 相手のカウンターを止めることができないことが多くあります。 無理に守らず、タワーを一つ捨てることも大切です。 エリゴレで防衛しないこと エリゴレで防衛するのは、最もやってはいけないことです。 逆サイド誘導はもちろんOKですが、単純な蓋をすることはやめましょう。 エリクサーゴーレムは正式リリースはまだであり、クラロワリーグアジアでもまだ使えません。 YouTubeにも動画があまり上がっていません。 しかし、エリゴレはレアカードというのもあって、無課金でも使えるカードです!! 今後エリゴレは、多くの場面で使われてくるでしょう!! 今月に、上記のテンプレデッキの解説記事も公開するので、よかったら参考にしてください。 参考動画.

次の