私 の 身 に 起き た こと ウイグル。 楽天ブックス: シリーズ名:私の身に起きたこと~とある在日ウイグル人男性の証言~, 出版社名:Jコミックテラス の検索結果

私の身に起きたこと ~とあるウイグル人女性の証言~

私 の 身 に 起き た こと ウイグル

本作のことは、百田尚樹さんが出演された2019年9月3日の「虎ノ門ニュース」を視聴し、初めて知りました。 著者・清水ともみさんの承諾を得て、全頁がナレーション付きで紹介されていました。 ミフリグル・トゥルソンさんという29歳の女性の身に起きた、中国共産党による恐るべき人権弾圧が、シンプルかつ明確に描写されています。 この内容は、2019年7月6日に都内で開かれた「ウイグル人証言集会」に、彼女自身がインターネット上で参加し語った「事実」です。 トゥルソンさんは「新疆ウイグル自治区」出身のウイグル人。 イスラム教徒です。 「自治区」とは、中国共産党が他民族を武力で占領した地域、植民地です。 2019年現在、100万人単位の人々が「再教育施設」に「強制収容」されているそうです。 これは、1,100万人とされるウイグル人の、実に10人に1人の割合です。 トゥルソンさん以外のウイグル人からの証言や報道等によって、以下の事実も明らかになっています。 ・イスラム教徒としての文化や慣習を奪われている。 礼拝所が閉鎖され、イスラム教が禁じる豚肉を強制的に食べさせられ、男性はひげを、女性はヴェールを禁じられるそうです。 ・適齢期の女性が中国人との結婚を強制されている。 悲嘆にくれる「ウイグル人花嫁」の動画が、ネットにもUPされていますね。 ・自治区内で、1964 年から1996 年までの間に、延べ46回、広島型原爆の約1370発分の核実験が行われている。 その内22回は大気圏(空中・地表)でした。 大量の放射性物質放出によって、未曾有の死傷者、被爆者が出ているという推計もあります。 ・強制収容されたウイグル人、しかもまだ生きている人から臓器が取り出され、売買されている。 おぞましいとしか言い様がありませんが、亡命したウイグル人医師の証言も残っています。 自治区内のカシュガル空港には、臓器専用の運搬通路が存在しているそうです。 もはや「民族抹殺」以外の何物でもないと思います。 チベットでも、内モンゴルでも、香港でも、中国共産党の弾圧・蛮行は激しくなるばかりです。 我が日本にとっても、これは決して対岸の火事ではありません。 中国公船による尖閣諸島周辺への領海侵犯は、今や常態化しています。 (2019年は10月26日時点で既に28日目) 北海道では、中国人・中国資本による水源地等の大規模な土地買収が進んでいます。 「今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄」という言葉があるそうですね。 今、ウイグル人の身に起きていることは、明日、私たちの身に起こりうること。 私は、次世代やさらに先の世代の日本人を、絶対にそんな目に遭わせたくありません。 是非、ご一読頂きたいです! なお、彼女のお名前を「メヒルグル・トゥルスンさん」と表記している記事も見受けられます。 検索される際にはご留意を。 (追記) 来年(2020年)には、中国共産党最高指導者の「国賓」としての来日が予定されています。 ウイグルや香港等における人権弾圧。 尖閣諸島周辺への領海侵犯。 そして、2019年11月15日現在、中国国内では9名の日本人が拘束されています。 この様な状況での国賓待遇に、私は強く反対します。 2019年11月16日付のニューヨーク・タイムズ紙では、最高指導者が「ウイグル人に『情け容赦は無用』と取締りに発破をかけた」という内部リーク情報が報道されています。 「桜を見る会」の事など論じている場合ではありませんよ。 最初に本作を著した淸水ともみ氏に感謝とエールを送ります。 同氏著「その國の名を誰も言わない」と共に購入させて頂きました。 両方を合わせてもページ数が少ないので紙媒体での書籍になっていないことが残念です。 (月刊正論には小さく掲載されましたが…)是非、もっと多くのコミックを書いて一冊の本として出版して頂けると嬉しいです。 各国の言語版でも発売して世界中の国々へ啓蒙して頂けたらと思います。 本作は実体験を元に描かれていますが、証言者は生存しているので亡くなった方達の体験などは筆舌に尽くしがたいものがあると思います。 つまり、中国はウィグル人を人間牧場として年間10万件の臓器移植を行い、臓器輸出を一体一路に組み込もうとしています。 毎日273の臓器が摘出されていることになります。 まさに日々大虐殺です。 その事実さえ氷山の一角でしょう。 自民党総裁 安倍晋三内閣総理大臣は、これらのことを全て織り込み済みの上で中華人民共和国習近平主席を「国賓」として招待して、今上陛下と席を共にさせるつもりなのでしょうか? もし、本当にそのようなことが現実に実現したら…もう安倍総理のことはもはや人間とは思えないとおもいます。 どうぞ、国賓招待を撤回して頂きたいと願っています。 この漫画は全世界の国の言語に翻訳して、各国の学校や図書館へ配布すべき漫画だ。 中国共産党のやっていることを全世界に周知させ、「人権弾圧を許さない!」と 断固たる姿勢を示し、日本政府もそんな中国との付き合い方を考えるべきだ。 ウイグル人迫害は他人事ではないことを、全世界の人々に伝えることが重要だ。 恥ずかしながら私も本を読むまでは知らなかったし、私のようなお花畑の日本人は多い。 本著を読んで「ウイグル人」とYouTube動画検索すると、恐ろしい現実が見えてきた。 身の危険を感じながらも真実を伝えるために、勇気ある行動を起こしている人の存在も知った。 Amazon検索すると雑誌や単行本でウイグル人弾圧の実態を書いた本が多数出版されている。 しかし、自分からそこへ目を向けないと通り過ぎてしまう。 日本ではあまり報道もされず、 知らん顔の政府の姿を見ると、国民の1人として非常に情けく恥ずかしい気持ちになる。 明日は我が身と思って、今、自分にできることとして本著を身近な人に紹介したい。 それから、中国人が日本の水源地を求めて既に土地を買い占めていることを考えると、決して 日本も安全ではない。 美しい日本の土地を汚され侵略されないように注意深く動向を見るべき! 安倍総理に対して、「仲良しごっこの素振りはやめろ!人権弾圧反対の強い意志を示せ! 習近平氏の国賓など論外!甘い顔をしてなめられるな!」と怒りの感情が湧いてどうしようもない。

次の

中国政府によるウイグル人弾圧の真実を描いた漫画「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言が反響を呼ぶ!

私 の 身 に 起き た こと ウイグル

本作のことは、百田尚樹さんが出演された2019年9月3日の「虎ノ門ニュース」を視聴し、初めて知りました。 著者・清水ともみさんの承諾を得て、全頁がナレーション付きで紹介されていました。 ミフリグル・トゥルソンさんという29歳の女性の身に起きた、中国共産党による恐るべき人権弾圧が、シンプルかつ明確に描写されています。 この内容は、2019年7月6日に都内で開かれた「ウイグル人証言集会」に、彼女自身がインターネット上で参加し語った「事実」です。 トゥルソンさんは「新疆ウイグル自治区」出身のウイグル人。 イスラム教徒です。 「自治区」とは、中国共産党が他民族を武力で占領した地域、植民地です。 2019年現在、100万人単位の人々が「再教育施設」に「強制収容」されているそうです。 これは、1,100万人とされるウイグル人の、実に10人に1人の割合です。 トゥルソンさん以外のウイグル人からの証言や報道等によって、以下の事実も明らかになっています。 ・イスラム教徒としての文化や慣習を奪われている。 礼拝所が閉鎖され、イスラム教が禁じる豚肉を強制的に食べさせられ、男性はひげを、女性はヴェールを禁じられるそうです。 ・適齢期の女性が中国人との結婚を強制されている。 悲嘆にくれる「ウイグル人花嫁」の動画が、ネットにもUPされていますね。 ・自治区内で、1964 年から1996 年までの間に、延べ46回、広島型原爆の約1370発分の核実験が行われている。 その内22回は大気圏(空中・地表)でした。 大量の放射性物質放出によって、未曾有の死傷者、被爆者が出ているという推計もあります。 ・強制収容されたウイグル人、しかもまだ生きている人から臓器が取り出され、売買されている。 おぞましいとしか言い様がありませんが、亡命したウイグル人医師の証言も残っています。 自治区内のカシュガル空港には、臓器専用の運搬通路が存在しているそうです。 もはや「民族抹殺」以外の何物でもないと思います。 チベットでも、内モンゴルでも、香港でも、中国共産党の弾圧・蛮行は激しくなるばかりです。 我が日本にとっても、これは決して対岸の火事ではありません。 中国公船による尖閣諸島周辺への領海侵犯は、今や常態化しています。 (2019年は10月26日時点で既に28日目) 北海道では、中国人・中国資本による水源地等の大規模な土地買収が進んでいます。 「今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄」という言葉があるそうですね。 今、ウイグル人の身に起きていることは、明日、私たちの身に起こりうること。 私は、次世代やさらに先の世代の日本人を、絶対にそんな目に遭わせたくありません。 是非、ご一読頂きたいです! なお、彼女のお名前を「メヒルグル・トゥルスンさん」と表記している記事も見受けられます。 検索される際にはご留意を。 (追記) 来年(2020年)には、中国共産党最高指導者の「国賓」としての来日が予定されています。 ウイグルや香港等における人権弾圧。 尖閣諸島周辺への領海侵犯。 そして、2019年11月15日現在、中国国内では9名の日本人が拘束されています。 この様な状況での国賓待遇に、私は強く反対します。 2019年11月16日付のニューヨーク・タイムズ紙では、最高指導者が「ウイグル人に『情け容赦は無用』と取締りに発破をかけた」という内部リーク情報が報道されています。 「桜を見る会」の事など論じている場合ではありませんよ。 最初に本作を著した淸水ともみ氏に感謝とエールを送ります。 同氏著「その國の名を誰も言わない」と共に購入させて頂きました。 両方を合わせてもページ数が少ないので紙媒体での書籍になっていないことが残念です。 (月刊正論には小さく掲載されましたが…)是非、もっと多くのコミックを書いて一冊の本として出版して頂けると嬉しいです。 各国の言語版でも発売して世界中の国々へ啓蒙して頂けたらと思います。 本作は実体験を元に描かれていますが、証言者は生存しているので亡くなった方達の体験などは筆舌に尽くしがたいものがあると思います。 つまり、中国はウィグル人を人間牧場として年間10万件の臓器移植を行い、臓器輸出を一体一路に組み込もうとしています。 毎日273の臓器が摘出されていることになります。 まさに日々大虐殺です。 その事実さえ氷山の一角でしょう。 自民党総裁 安倍晋三内閣総理大臣は、これらのことを全て織り込み済みの上で中華人民共和国習近平主席を「国賓」として招待して、今上陛下と席を共にさせるつもりなのでしょうか? もし、本当にそのようなことが現実に実現したら…もう安倍総理のことはもはや人間とは思えないとおもいます。 どうぞ、国賓招待を撤回して頂きたいと願っています。 この漫画は全世界の国の言語に翻訳して、各国の学校や図書館へ配布すべき漫画だ。 中国共産党のやっていることを全世界に周知させ、「人権弾圧を許さない!」と 断固たる姿勢を示し、日本政府もそんな中国との付き合い方を考えるべきだ。 ウイグル人迫害は他人事ではないことを、全世界の人々に伝えることが重要だ。 恥ずかしながら私も本を読むまでは知らなかったし、私のようなお花畑の日本人は多い。 本著を読んで「ウイグル人」とYouTube動画検索すると、恐ろしい現実が見えてきた。 身の危険を感じながらも真実を伝えるために、勇気ある行動を起こしている人の存在も知った。 Amazon検索すると雑誌や単行本でウイグル人弾圧の実態を書いた本が多数出版されている。 しかし、自分からそこへ目を向けないと通り過ぎてしまう。 日本ではあまり報道もされず、 知らん顔の政府の姿を見ると、国民の1人として非常に情けく恥ずかしい気持ちになる。 明日は我が身と思って、今、自分にできることとして本著を身近な人に紹介したい。 それから、中国人が日本の水源地を求めて既に土地を買い占めていることを考えると、決して 日本も安全ではない。 美しい日本の土地を汚され侵略されないように注意深く動向を見るべき! 安倍総理に対して、「仲良しごっこの素振りはやめろ!人権弾圧反対の強い意志を示せ! 習近平氏の国賓など論外!甘い顔をしてなめられるな!」と怒りの感情が湧いてどうしようもない。

次の

[B! ウイグル] マンガ「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言~

私 の 身 に 起き た こと ウイグル

本作のことは、百田尚樹さんが出演された2019年9月3日の「虎ノ門ニュース」を視聴し、初めて知りました。 著者・清水ともみさんの承諾を得て、全頁がナレーション付きで紹介されていました。 ミフリグル・トゥルソンさんという29歳の女性の身に起きた、中国共産党による恐るべき人権弾圧が、シンプルかつ明確に描写されています。 この内容は、2019年7月6日に都内で開かれた「ウイグル人証言集会」に、彼女自身がインターネット上で参加し語った「事実」です。 トゥルソンさんは「新疆ウイグル自治区」出身のウイグル人。 イスラム教徒です。 「自治区」とは、中国共産党が他民族を武力で占領した地域、植民地です。 2019年現在、100万人単位の人々が「再教育施設」に「強制収容」されているそうです。 これは、1,100万人とされるウイグル人の、実に10人に1人の割合です。 トゥルソンさん以外のウイグル人からの証言や報道等によって、以下の事実も明らかになっています。 ・イスラム教徒としての文化や慣習を奪われている。 礼拝所が閉鎖され、イスラム教が禁じる豚肉を強制的に食べさせられ、男性はひげを、女性はヴェールを禁じられるそうです。 ・適齢期の女性が中国人との結婚を強制されている。 悲嘆にくれる「ウイグル人花嫁」の動画が、ネットにもUPされていますね。 ・自治区内で、1964 年から1996 年までの間に、延べ46回、広島型原爆の約1370発分の核実験が行われている。 その内22回は大気圏(空中・地表)でした。 大量の放射性物質放出によって、未曾有の死傷者、被爆者が出ているという推計もあります。 ・強制収容されたウイグル人、しかもまだ生きている人から臓器が取り出され、売買されている。 おぞましいとしか言い様がありませんが、亡命したウイグル人医師の証言も残っています。 自治区内のカシュガル空港には、臓器専用の運搬通路が存在しているそうです。 もはや「民族抹殺」以外の何物でもないと思います。 チベットでも、内モンゴルでも、香港でも、中国共産党の弾圧・蛮行は激しくなるばかりです。 我が日本にとっても、これは決して対岸の火事ではありません。 中国公船による尖閣諸島周辺への領海侵犯は、今や常態化しています。 (2019年は10月26日時点で既に28日目) 北海道では、中国人・中国資本による水源地等の大規模な土地買収が進んでいます。 「今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄」という言葉があるそうですね。 今、ウイグル人の身に起きていることは、明日、私たちの身に起こりうること。 私は、次世代やさらに先の世代の日本人を、絶対にそんな目に遭わせたくありません。 是非、ご一読頂きたいです! なお、彼女のお名前を「メヒルグル・トゥルスンさん」と表記している記事も見受けられます。 検索される際にはご留意を。 (追記) 来年(2020年)には、中国共産党最高指導者の「国賓」としての来日が予定されています。 ウイグルや香港等における人権弾圧。 尖閣諸島周辺への領海侵犯。 そして、2019年11月15日現在、中国国内では9名の日本人が拘束されています。 この様な状況での国賓待遇に、私は強く反対します。 2019年11月16日付のニューヨーク・タイムズ紙では、最高指導者が「ウイグル人に『情け容赦は無用』と取締りに発破をかけた」という内部リーク情報が報道されています。 「桜を見る会」の事など論じている場合ではありませんよ。 最初に本作を著した淸水ともみ氏に感謝とエールを送ります。 同氏著「その國の名を誰も言わない」と共に購入させて頂きました。 両方を合わせてもページ数が少ないので紙媒体での書籍になっていないことが残念です。 (月刊正論には小さく掲載されましたが…)是非、もっと多くのコミックを書いて一冊の本として出版して頂けると嬉しいです。 各国の言語版でも発売して世界中の国々へ啓蒙して頂けたらと思います。 本作は実体験を元に描かれていますが、証言者は生存しているので亡くなった方達の体験などは筆舌に尽くしがたいものがあると思います。 つまり、中国はウィグル人を人間牧場として年間10万件の臓器移植を行い、臓器輸出を一体一路に組み込もうとしています。 毎日273の臓器が摘出されていることになります。 まさに日々大虐殺です。 その事実さえ氷山の一角でしょう。 自民党総裁 安倍晋三内閣総理大臣は、これらのことを全て織り込み済みの上で中華人民共和国習近平主席を「国賓」として招待して、今上陛下と席を共にさせるつもりなのでしょうか? もし、本当にそのようなことが現実に実現したら…もう安倍総理のことはもはや人間とは思えないとおもいます。 どうぞ、国賓招待を撤回して頂きたいと願っています。 この漫画は全世界の国の言語に翻訳して、各国の学校や図書館へ配布すべき漫画だ。 中国共産党のやっていることを全世界に周知させ、「人権弾圧を許さない!」と 断固たる姿勢を示し、日本政府もそんな中国との付き合い方を考えるべきだ。 ウイグル人迫害は他人事ではないことを、全世界の人々に伝えることが重要だ。 恥ずかしながら私も本を読むまでは知らなかったし、私のようなお花畑の日本人は多い。 本著を読んで「ウイグル人」とYouTube動画検索すると、恐ろしい現実が見えてきた。 身の危険を感じながらも真実を伝えるために、勇気ある行動を起こしている人の存在も知った。 Amazon検索すると雑誌や単行本でウイグル人弾圧の実態を書いた本が多数出版されている。 しかし、自分からそこへ目を向けないと通り過ぎてしまう。 日本ではあまり報道もされず、 知らん顔の政府の姿を見ると、国民の1人として非常に情けく恥ずかしい気持ちになる。 明日は我が身と思って、今、自分にできることとして本著を身近な人に紹介したい。 それから、中国人が日本の水源地を求めて既に土地を買い占めていることを考えると、決して 日本も安全ではない。 美しい日本の土地を汚され侵略されないように注意深く動向を見るべき! 安倍総理に対して、「仲良しごっこの素振りはやめろ!人権弾圧反対の強い意志を示せ! 習近平氏の国賓など論外!甘い顔をしてなめられるな!」と怒りの感情が湧いてどうしようもない。

次の