中国 コロナ ウイルス 感染。 ウイルス量は有症状者と大差なし「無症状感染者」が中国で物議に

中国 武漢で新型コロナウイルス約1000万人検査 結果は…

中国 コロナ ウイルス 感染

1月27日、中国政府の国家衛生健康委員会は、中国本土での死者が81人になったと発表。 さらに感染者も2744人となり、26日から800人ほど増えているという。 この事態に、27日の衆議院予算委員会で安倍首相は… 安倍首相: 1月24日に武漢市を含む湖北省全域の感染症危険情報レベルを3に引き上げ、渡航の中止を促すとともに、武漢市内の閉鎖が進んでいることから、中国政府との調整を加速させ、チャーター機などあらゆる手段で希望者全員を速やかに帰国させることといたしました。 さらに、28日に 新型コロナウイルスを「指定感染症」に指定すると発表した。 ・過去にはMERS(中東呼吸器症候群)や、SARS(重症急性呼吸器症候群)も指定された ・指定されると、指定医療機関への強制入院や就業制限、感染症患者がいた場所の消毒などの措置が可能となる また、中国政府は26日、新たな情報を明かしている。 ・中国政府は「新型コロナウイルスは潜伏期間中も感染する」と発表。 ・潜伏期間は最短1日~最長14日 新型コロナウイルスは、症状が出る前の潜伏期間中でも感染するという。 潜伏期間は最大14日で、感染に気付いていない人が自由に出歩き、感染を広げる危険性もある。 「直撃LIVEグッディ!」では、元厚労省国立感染症研究所研究員・白鴎大学 岡田晴恵特任教授が解説した。 大村正樹フィールドキャスター: 新型コロナウイルスの感染者数は、急上昇しています。 こちらにグラフを用意しました。 <新型コロナウイルスのこれまでの感染者数> ・中国本土で12月31日に27人だった感染者数が、27日の発表で2744人に、12月31日0人だった死亡者数は、27日発表で81人となった ・北海道大学の研究チームは、武漢市内だけでも感染者数は推計5500人に上ると試算している 大村正樹フィールドキャスター: 今月25日には1300人だった感染者数が、26・27日で倍以上増えています。 この感染の拡大と、北海道大学の研究チームが出した推計5500人という数字を岡田さんはどうご覧になりますか? 岡田晴恵氏: 感染者数は、検査で確定した人しかカウントできてないわけです。 ですから、軽症者がその後ろにいっぱいいるんじゃないかと。 それから10歳の男の子で感染しても症状を出さないという人もいた。 そういう潜在的な感染者がいるんじゃないかというのが、この5500人に反映してくるんだと思います。 それに人数が多くなければこんなに(感染者が)海外に出てこないですよね。 本当にこれだけの患者だったら出ませんよ。 ですから万単位の患者が後ろにいると思います。 安藤優子: 推定される数字より、さらに感染者の数が拡大する可能性もありそうですね。 いま中国は春節の大型連休中で、日本には数十万人の中国人観光客が来ています。 その中に潜伏期間の人がいるかもしれません。 患者1人から広がる測定値というものがありますので、見てみましょう。 <新型コロナウイルスの感染力は?> ・現在発表されているデータでは、新型コロナウイルスは感染した患者1人から1. 4~2. 5人に感染すると見られている。 4~4人に感染するインフルエンザよりも感染力は弱いと思えるが…中国政府は26日の会見で 「ウイルスの感染力がやや強まっている。 大村正樹フィールドキャスター: 新型コロナウイルスの感染力がやや強まっているということですから、この測定値も日々変化するものと考えていいかもしれません。 それでたくさんウイルスが増えてしまって、外にいっぱい出すという人もいます。 スーパー・スプレッダーというのはどういう人がなるか明確に分かっていませんが、なった人を見ると免疫力が低下している人が多いようです。 大村正樹フィールドキャスター: ある程度、症状が出ている人もスーパー・スプレッダーになる可能性はあるんですか? 岡田晴恵氏: はい。 もう一つは、軽症であった場合で動き回ることで感染を広げる人。 また、病院などで何院も転院しながらどんどん移すという場合もあります。 症状が軽く、風邪かなと思っている人がウイルスを出しながら歩き回ることも考えられます。 新型コロナウイルスの困難なところは、症状がありきたりな風邪のような症状であること。 そこから重症になるまでの潜伏期も長いです。 そういう意味では、非常に対策は取りにくいと思います。 安藤優子: SARSの時には取られなかったような大変厳しい措置も取られているということは、中国当局がそれくらい、今の事態を深刻に受け止めているということだと思います。 (「直撃LIVE グッディ!」1月27日放送分より) 【関連記事】.

次の

感染爆発の中国とイタリア、軽症者の自宅療養で拡大 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

中国 コロナ ウイルス 感染

李医師の死亡をめぐっては各報道で食い違いが見られたが、人民日報によると、李医師は7日午前2時58分に死亡したという。 同僚に周知し、警察から口止め 李医師は昨年12月、2003年の世界的エピデミック(伝染病)を引き起こしたSARSに似た、とあるウイルスによる7つの症例に気が付いた。 同月30日、李医師はチャットグループに入っている同僚の複数医師に対し、アウトブレイクが起きていると警告するメッセージを送信。 防護服を着用して感染を防ぐようアドバイスした。 しかしその後、警察から「虚偽の発言」をやめるよう指示された。 <関連記事>• 李医師の死亡をめぐる報道 李医師の死亡をめぐっては、環球時報や人民日報、そのほかの中国メディアが6日に先に報じた。 当初、6日午後9時30分に李医師の死亡が確認されたとして、中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボ)」では大きな反響を呼んだ。 人民日報は、李医師の死亡は「国民の悲しみ」を引き起こしたとツイートした。 しかしその後、環球時報は、李医師には体外式膜型人工肺(ECMO)が取り付けられ、危篤状態にあると報じた。 「政府職員が介入」と 現場に居合わせたジャーナリストや医師は、BBCやほかのメディアに対し、政府職員の介入があったと証言。 国営メディアは、李医師が今も治療を受けているという報道内容に変更するよう指示されたという。 人民日報はその後、李医師の死亡時刻を修正し、「我々は、新型コロナウイルスに対処している最中、不幸なことにそのウイルスに感染した、武漢の李文亮医師の死を深く悲しんでいる。 懸命な治療が施されたものの、2月7日午前2時58分に死去した」とツイートした。 Image copyright Li Wenliang Image caption 警察が李医師に署名を求めた書簡には、「我々は、あなたが落ち着くこと、そしてそれを行動に反映することを望む」と書かれている 李医師は、警察が「うわさを拡散」したとして捜査を行ったとしている8人のうちの1人。 今年1月末、李医師は中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボ)」上で、この時の書簡のコピーを公開し、何があったのかを説明した。 咳、発熱があっても陰性 李医師は、1月10日に咳をし始めて、翌日には発熱があり、2日後には入院することになったと、「微博」に経緯をつづった。 李医師の両親も体調を崩し、病院へ搬送されたという。 10日後の1月20日、中国政府は新型ウイルスのアウトブレイクについて、緊急事態を宣言した。 李医師によると、コロナウイルスの検査を複数回受けたが、そのいずれも陰性だったという。 1月30日、李医師は再び「微博」に投稿。 「今日の核酸増幅検査で陽性反応が出た。 一件落着した。 やっと診断が出た」と書いた。 湖北省では高層の建物のエレベーターの電力を切り、住民が外出しにくくしている。 武漢市職員によると、市内では医療用ベッドや機材が不足しているという。 ソーシャルメディアには、武漢市職員が一軒一軒をまわり、住民の体温を測っているといった話が上がっている。 品薄状態のマスクをめぐっては、四川省重慶市が購入したマスクを、雲南省大理市側が取り上げ、市民に配布したとして批判された。 山東省青島市と遼寧省瀋陽市が、医療関係の輸送品をめぐり言い争ったとの報道もある。 中国での当局の厳しい対応には批判が上がっている。 国際人権組織のヒューマン・ライツ・ウォッチは、中国は「巨大ハンマーを手にしながら公衆衛生に対処している」と述べた。 一方、香港では、トイレットペーパーを含む日用品などの購入をめぐりパニックが起きているほか、マスクを求めて長い行列ができている。 最新の感染状況 新型ウイルスは25カ国にも拡大しているが、中国大陸以外での死者はわずか2人(香港1人、フィリピン1人)に留まっている。 一部の科学者は、多くの感染者には症状があまり現われず、治療を受けない人がいると指摘。 症状がなくても人に感染する恐れがあることから、実際の感染者は中国当局の発表の10倍以上いる可能性があるとしている。 イギリスは6日、国内で3人目の感染を確認した。 日本では、新型ウイルスに感染していた香港の男性が乗船していた大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜に停泊中で、検疫が実施されている。 乗客乗員は船内で少なくとも14日間隔離されることになっている。 7日には、新たに41人の感染が確認された。 クルーズ船での感染者数は合わせて61人に上ったとNHKが報じた。 香港では、乗客乗員約3600人が乗ったクルーズ船で、3人の感染が確認された。

次の

新型コロナウイルス 中国政府が必死に“封じ込め”対策を行うも感染者数は増加の一途…「スーパー・スプレッダー」が現れた可能性は?

中国 コロナ ウイルス 感染

1月27日、中国政府の国家衛生健康委員会は、中国本土での死者が81人になったと発表。 さらに感染者も2744人となり、26日から800人ほど増えているという。 この事態に、27日の衆議院予算委員会で安倍首相は… 安倍首相: 1月24日に武漢市を含む湖北省全域の感染症危険情報レベルを3に引き上げ、渡航の中止を促すとともに、武漢市内の閉鎖が進んでいることから、中国政府との調整を加速させ、チャーター機などあらゆる手段で希望者全員を速やかに帰国させることといたしました。 さらに、28日に 新型コロナウイルスを「指定感染症」に指定すると発表した。 ・過去にはMERS(中東呼吸器症候群)や、SARS(重症急性呼吸器症候群)も指定された ・指定されると、指定医療機関への強制入院や就業制限、感染症患者がいた場所の消毒などの措置が可能となる また、中国政府は26日、新たな情報を明かしている。 ・中国政府は「新型コロナウイルスは潜伏期間中も感染する」と発表。 ・潜伏期間は最短1日~最長14日 新型コロナウイルスは、症状が出る前の潜伏期間中でも感染するという。 潜伏期間は最大14日で、感染に気付いていない人が自由に出歩き、感染を広げる危険性もある。 「直撃LIVEグッディ!」では、元厚労省国立感染症研究所研究員・白鴎大学 岡田晴恵特任教授が解説した。 大村正樹フィールドキャスター: 新型コロナウイルスの感染者数は、急上昇しています。 こちらにグラフを用意しました。 <新型コロナウイルスのこれまでの感染者数> ・中国本土で12月31日に27人だった感染者数が、27日の発表で2744人に、12月31日0人だった死亡者数は、27日発表で81人となった ・北海道大学の研究チームは、武漢市内だけでも感染者数は推計5500人に上ると試算している 大村正樹フィールドキャスター: 今月25日には1300人だった感染者数が、26・27日で倍以上増えています。 この感染の拡大と、北海道大学の研究チームが出した推計5500人という数字を岡田さんはどうご覧になりますか? 岡田晴恵氏: 感染者数は、検査で確定した人しかカウントできてないわけです。 ですから、軽症者がその後ろにいっぱいいるんじゃないかと。 それから10歳の男の子で感染しても症状を出さないという人もいた。 そういう潜在的な感染者がいるんじゃないかというのが、この5500人に反映してくるんだと思います。 それに人数が多くなければこんなに(感染者が)海外に出てこないですよね。 本当にこれだけの患者だったら出ませんよ。 ですから万単位の患者が後ろにいると思います。 安藤優子: 推定される数字より、さらに感染者の数が拡大する可能性もありそうですね。 いま中国は春節の大型連休中で、日本には数十万人の中国人観光客が来ています。 その中に潜伏期間の人がいるかもしれません。 患者1人から広がる測定値というものがありますので、見てみましょう。 <新型コロナウイルスの感染力は?> ・現在発表されているデータでは、新型コロナウイルスは感染した患者1人から1. 4~2. 5人に感染すると見られている。 4~4人に感染するインフルエンザよりも感染力は弱いと思えるが…中国政府は26日の会見で 「ウイルスの感染力がやや強まっている。 大村正樹フィールドキャスター: 新型コロナウイルスの感染力がやや強まっているということですから、この測定値も日々変化するものと考えていいかもしれません。 それでたくさんウイルスが増えてしまって、外にいっぱい出すという人もいます。 スーパー・スプレッダーというのはどういう人がなるか明確に分かっていませんが、なった人を見ると免疫力が低下している人が多いようです。 大村正樹フィールドキャスター: ある程度、症状が出ている人もスーパー・スプレッダーになる可能性はあるんですか? 岡田晴恵氏: はい。 もう一つは、軽症であった場合で動き回ることで感染を広げる人。 また、病院などで何院も転院しながらどんどん移すという場合もあります。 症状が軽く、風邪かなと思っている人がウイルスを出しながら歩き回ることも考えられます。 新型コロナウイルスの困難なところは、症状がありきたりな風邪のような症状であること。 そこから重症になるまでの潜伏期も長いです。 そういう意味では、非常に対策は取りにくいと思います。 安藤優子: SARSの時には取られなかったような大変厳しい措置も取られているということは、中国当局がそれくらい、今の事態を深刻に受け止めているということだと思います。 (「直撃LIVE グッディ!」1月27日放送分より) 【関連記事】.

次の