食べる 生姜 レシピ。 葉生姜(谷中生姜)の食べ方とは?葉っぱも食べれる?簡単レシピ4選!

【この時期しか食べられない!新生姜の佃煮】

食べる 生姜 レシピ

Social Problem あなたの周りで起きている問題• Your Problems あなたのお悩み• Healthy Food 健康的な食生活• Hot Topics 人気の話題• Organic Recipe 今日食べたいオーガニックレシピ• Organic Shop オーガニック・ベジタリアン店• 今回は、夏がおいしい「しょうが」です。 断言、夏こそ冷える季節です! エアコンに冷たい飲み物に夏野菜、ビールにそうめん、入浴なしでシャワー、 とどめの夏バテ運動不足。 実は、冷えは夏場に溜め込みやすい。 夏場に溜め込んだ冷えを冬に持ちこむとツライ! 夏場に冷えをため込まないようにすれば、冬の暮らしがずっと快適なものになりますよ。 戦前の日本人の平均体温は37度だったそうです。 エアコンや冷蔵庫が普及しはじめてからでしょうか。 スーパーに行けば夏も冬も関係なく一年中夏野菜や季節はずれのハウス野菜が並び、体を冷やす南のフルーツ、白砂糖、パン、菓子も手を伸ばせばいつでも食べられる現代人、夏でも常に内臓は「ひえひえ状態」です! おまけに、昔はなかったエレベーターにベビーカーに車にゲームで運動不足。 熱を作り出す「筋力」も昔より明らかに落ちてますよね。 冷えは万病のもと。 「冷え」と「食べすぎ」は血液を汚します。 ガン細胞は低体温が大好きで、35度台で活発に増殖するそうです(コワイ!) まず朝起きた時の体温、計ってみましょ。 理想体温は36. 5度〜36度台後半。 この温度で免疫機能はフル活動し、お肌はつやつや、素足でも常に温かく、朝もだるさ知らず。 くすみ知らず。 疲れても寝れば回復するし、風邪もひきにくい。 血の巡りが活発だから肩こりもなし、食べてもすぐ燃焼するという理想の基礎代謝。 【夏のしょうがと、冬のしょうがの違い】 で、夏がおいしい「しょうが」です。 生姜って、体ぽかぽか、「冬〜っ」て感じしませんか? 実は、生姜はそのままだと陰性の食べ物です。 薬膳でも知られていますが、生の生姜には発汗作用・代謝を促すジンゲロールという物質が豊富で、体をすぐに発汗させ、熱を下げる作用があります。 夏になると冷や奴におろし生姜をのせますよね。 酢の物にせん切り生姜を入れますよね。 生しょうがは体の余分な熱をとると同時に、殺菌作用もあるので、夏場の食材が傷みやすい時期には頻繁に登場するわけです。 反対に、しょうがは干したり加熱するとショウガオールという物質が増え、 「体を温める作用」に変わります。 冬には乾燥生姜でくず湯やしょうが湯を飲んだり、スープや鍋に生姜を入れたりしますよね。 紅茶やチャイに乾燥生姜を入れると温まりますよね。 漢方でいう「乾姜」です。 干し生姜や生姜パウダーの保存食作りは、冬場の理にかなった食べ方なのです。 ・夏は生の薬味しょうがで発汗を促し、クールダウン&余計な老廃物をデトックス。 ・冬は加熱・乾燥しょうがで体温を上げ、代謝・免疫力アップ。 生姜の食べ方、知ってました? 【ジンゲオールとショウガオールの相乗効果で常備菜】 今回のレシピは5分煮立たせるだけで作れる、「サクサク食べる生姜」です。 コンロの前で汗だくでコトコト煮詰める必要もありませんよ。 とにかくシンプルな調味料と、飽きのこない味つけです。 これは私のレシピの中でも好評いただいているロングセラーレシピで、アレンジもかなり広げられる常備菜です。 炊きたてご飯にのせる以外に冷や奴や納豆、そうめんのつゆに入れたり、冷やし中華のたれにしたり、そのまま生姜焼きの漬けだれにも。 オリーブオイルやごま油を混ぜれば、簡単「生姜ドレッシング」に。 お酢を加えればさらに食がすすみますね。 加熱して体を温めるショウガオールの効果を引き出しつつ、サクサクと生の食感も楽しめます。 2つの効果のいいとこ取り。 食卓に常備しておいて、夏バテ防止&代謝アップを目指しませんか? 5分煮るだけ。 サクサク食べる生姜の常備菜 By IN YOU 編集部 公開: 7月 17, 2014• 出来上がり量: 作りやすい分量• 準備時間: 10分 分• 調理時間: 5分 分• 出来上がりまでの時間: 15 分 材料• しょうが(葉しょうがや新生姜でもOK) 1パック(100g程度)• 醤油 大さじ4• 酒 大さじ4• みりん 大さじ2• (甘めが好みの方は)きび砂糖など好みの甘味 大さじ1• (好みで)かつお節 軽くひとつかみ 作り方• 生姜は皮つきのまま、またはタワシでゴシゴシこすって皮をむき、繊維にそってせん切りにしてから細かいみじん切りにする。 またはフードプロセッサでガーッとみじん切りにします。 生姜と調味料全てを鍋に入れ、煮立たせる。 (煮つめる必要はありません。 ) 沸騰したら火を止めて、かつお節を混ぜる。 煮汁ごと清潔なビンにつめて、1〜2日おく。 3日以上たつと辛みが抜けて食べやすくなります。 冷蔵庫で3ヶ月保存可能。 炊きたてご飯はもちろん、漬けだれや、和え物にも。 お酢とごま油(またはオリーブオイル)適量を混ぜれば、生姜ドレッシングになります。 難易度: 簡単でしょ? かつては私も冬がおそろしかった。 布団の中で足先が温まるまで眠れなかった。 血の巡りが悪いから、午前中がだるかった。 夕方になると顔がくすんでた。 そして、汗が出なかった・・。 でも、「食べ物・入浴・体を動かすこと」で、今では厚着しなくてもほかほか心地よく自分の体温を感じれます。 そして汗をかくのが気持ちいいので、夏にエアコンをつける回数も格段に減りました! (実際、私が子供の頃はどの家庭にもエアコンがなかったことを思い出します。 真っ暗になるまでお日様に当たって、遊び疲れて、暑ければ扇風機。 それかキュウリやすいかなど夏野菜を食べて体を冷やすぐらいしかなかったわけで。 ) 今は子供にも低体温の子が増えているそうです。 みなさん、夏場こそ「温活」いたしましょ。 免疫力全開な36. 5度を目指しましょ。

次の

「生姜」のオススメの使い方を教えて!【旬の食材を使った簡単レシピ】

食べる 生姜 レシピ

「甘辛いタレのおかげで、生姜が入っていることに気付いていないみたい。 お替わりするほどよく食べてくれます」(40歳/その他) 「わが家では、じゃがいもと豚肉を、甘辛い生姜ダレと一緒に炒めます。 じゃがいもが大好物なので、生姜は気にならないようで、おいしいと言って沢山食べてくれます」(42歳/主婦) 「みりんをたっぷり使って甘くしてあげるのがおすすめです」(43歳/主婦) アンケートでは56%の女性が「子どももこれなら喜んで食べてくれる」と太鼓判を押したのが、「豚肉の生姜焼き」。 甘辛いタレの香ばしい香りと生姜の風味が食欲をそそるようで、嫌がるどころか、お替わりするほど食べてくれるという人がほとんどでした。 「ミートソースに生姜をすりおろして入れています。 でも、うちの子はミートソースパスタが大好物なので、気にしないで食べてくれます」(42歳/その他) 「子供たちが大好きなハンバーグの種には、すりおろした生姜を入れていますが、入っていること自体、気付かれたことはありません」(39歳/総務・人事・事務) 「息子はスープなどの汁ものが好き。 よく、春雨スープにすりおろした生姜を入れていますが、文句も言わず飲んでくれます。 体が温まるので、気に入っているようです」(28歳/営業・販売) 「市販の焼きそばなどによく入っている生姜は、赤く着色されていることが多く、見た目でバレてしまいます。 わが家で作る時は、着色されていない生姜を針生姜にして混ぜているので、まず気付かれません。 でも、あまりに細かく刻んでおいたので、気にせず食べてくれました」(26歳/主婦) 細かく刻んだり、すり下ろしたりして好物に紛れ込ませるのは、苦手な食材を食べてもらうための鉄板技。 アンケートでも、特にお子さんに人気の高いハンバーグに生姜を混ぜているご家庭が多く見受けられました。 肉や魚料理に生姜を混ぜると、臭みがなくなる効果もあるようで一石二鳥なのだとか。 知らずに食べてくれることに、こしたことはありませんよね。 「から揚げの下味には、すり下ろした生姜醬油を使っていますが、この方が味に深みが出るため、たくさん食べてくれます。 下味に使う程度の量なので、生姜の辛さは気にならず、風味だけ残るようです」(38歳/その他) 「餃子の種に細かく刻んだ生姜を入れていますが、気付かれないどころか、むしろおいしいと言ってくれます」(42歳/主婦) 「鶏団子には、必ずすり下ろした生姜を入れていますが、よく食べてくれます」(42歳/その他) 「すり下ろした生姜を隠し味に使った鳥そぼろを、ほうれん草のお浸しと卵のそぼろと一緒にうどんにのせていただくのですが、鳥そぼろを多めにのせた方が好きだと言ってくれます」(49歳/総務・人事・事務) 「甘口のカレーライスの隠し味として、すり下ろした生姜を入れていますが、全く気付かれません」(37歳/その他) 「うちの子供は生姜の形が見えると絶対に食べてくれませんが、市販のチューブに入った生姜を使うと気付かないようです。 甘辛いタレで煮込んだいかと大根の煮物に入れたところ、たくさん食べてくれました」(41歳/その他) 生姜は、隠し味や風味付けとして使うというママたちも多数派でした。 使う量が少ないので、辛味をさほど感じさせないのがメリット。 特に市販のチューブ入り生姜には、ペースト状になっているものもあるので、みそ汁や豚汁、うどんのスープなど、汁物に溶け込ませられやすく、使い勝手がいいようです。 「ジンジャークッキーにしてあげると、生姜のきつい香りがほとんどしないので、おやつでたくさん食べてくれます」(33歳/主婦) 「サバの生姜煮をよく作りますが、甘辛いタレにしているので、生姜は気にならないようです」(59歳/総務・人事・事務) 「はちみつとすりおろした生姜、ゆず果汁を湯に混ぜて生姜茶にすると、お替わりするくらいたくさん飲んでくれます」(26歳/総務・人事・事務) 他にも、ジンジャーエールや生姜のはちみつ漬けなどにするご家庭も。 生姜を使った料理は、甘みを多めに加えると、辛味が緩和されて食べやすくなるようなので、お菓子やジュースにしてあげるのがおすすめです。 煮付けなどのおかずに生姜を使いたい時は、豚肉の生姜焼き同様、タレを甘辛い味付けにしてみましょう。 生姜の辛味や風味を気にせず、喜んで食べてくれるようです。 いかがでしたか? お子さんに生姜を食べてほしい時は、とりあえず「生姜焼き」にするのがおすすめのようです。 他にも、「好物に紛れ込ませる」「隠し味として使う」「甘味をプラスする」と食べやすくなるようなので、ぜひ試してみてください。 文/嶋田久美子.

次の

「食べる生姜」が万能すぎる…!材料切ったら煮詰めるだけで、何にでも使える激ウマ調味料が爆誕

食べる 生姜 レシピ

最近はチューブタイプの生姜を常備してインスタント食品にもいれます。 味噌汁、シチューはおいしいと子供からも評判なので風邪対策に利用したいと思います(蹴球ママ/44歳)• おこのみでチリソースなどとたべると疲れた時など辛いのでおいしく、しょうがでいい香りがします(km3)• あたたまります。 (おかあちゃん/46歳)• 豚汁を多めに作って、1日目は一味や七味を振って、2日目は生姜をちょこんと載せて、とアレンジで楽しむのがオススメです。 (ランディ/44歳)• 常備菜にもなり、あると重宝します(tama/51歳)• レンジでチンして飲みます。 身体ものども温まりますよ。 (マリーゴールド/50歳)• しゃぶしゃぶや魚を蒸した時や炒め物につかっています。 (まめちゃん/50歳)• 熱を加えるほど体が温まります。 (かのこ/56歳)• 薄くしておくので、ぱっきと折って、料理にも、はちみつ入れてドリンクにも。 いろいろ使えて便利です。 (みずいろ)• 今の季節は鍋に! 白菜、豚肉、油揚げ、きのこ、豆腐、ネギなど材料はなんでもOKです 水にコンソメと薄切りにした生姜1かけ分入れるだけでホカホカ美味しい鍋になりますよ お酒も入れるといいかな 食べるときは柚子胡椒やポン酢をお好みで! 寒い時にぴったりです(よこまつ/54歳)• 風邪ひきそうになったら寝る前に蜂蜜とともにたくさんすりおろしお湯で割り飲んで寝ます。 なので、医者にもかかる事なく過ごしています。 もちろんお料理にもいろいろ活躍しています、たくさん買った場合は醤油に漬けたり、千切り、すりおろしなどして小分けして冷凍します。 (のんちゃん/67歳)• 冬はお湯に、すりおろし生姜、はちみつ、レモン果汁をいれて、ホット生姜レモンが我が家の定番です。 体が温まるし、ほっとできるドリンクです。 (ぱんだひめ/47歳)• 辛ければ牛乳を入れて飲みます。 夏は冷やして。 風邪知らず。 辛くはなくサッパリして美味しかったです。 (Sally/47歳)• 酒、醬油、みりん、砂糖を混ぜたタレを作りからめます。 食べると体が、温まり美味しいですよ。 (くいしんぼーおばさん/72歳)• )が、美味しいです。 お茶漬けに合います。 身体もホカホカ温まります。 (サクラバ大好き/52歳)• 茹でた人参や白菜をお肉と併せて煮つけるとき、鍋に生姜すりおろしてごま油まわしかけておくと、風味の良い逸品に仕上がります。 生姜とネギをお湯で煮込んで少々の塩とコンソメ入れるといい感じにあったまるスープができます。 お試しあれ。 (まむう/59歳)• そのまま食べたりご飯と一緒に食べたりお豆腐などに乗せて醤油などかけないで佃煮で食べたり卵焼きに入れたりしています。 たくさん作るので小分けして冷凍保存しています。 これからの季節はしゃぶしゃぶのお肉に佃煮を乗せて食べたり湯豆腐など味が淡白なものにも利用できます。 〆の雑炊やうどんに入れてもおいしいです。 (ミック/51歳)• (こげ/38歳)• 残った生姜は、冷凍して料理に使います(ぷりん/45歳)• 冬場は寝る2-3時間前のお湯に溶かして飲みます。 冷え性で手足が冷えて寝つきが悪かったんですが、飲んだあとはぽかぽかでよく眠れるようになりました。 (むろっくま/42歳)• 朝ごはんは旅行以外は必ず家で食べるので摂りやすいです。 トマトジュースにショウガ チューブ)を入れてチンしてオリーブオイルを入れて飲んでます。 また皮ごとすりおろしたショウガに黒酢を混ぜたものをビンに入れて常備し私はヨーグルトに入れてます。 ヨーグルトにはアサイー、ピタヤ、グラノーラなど色んな物を入れて食べるのでショウガが入っていてもまずくはないです。 昔は紅茶にショウガを入れて飲んでました。 おかげさまで冬でも周りの人よりは寒くないです。 (pon pon/54歳)• (ネネ/40歳)• 皮を流水で洗って乾燥している部分を切り取ります。 水気をふきとって皮ごと5mm厚さに斜め切り、更にたて半分に切って1つは蜂蜜にもう1つはお酒やワインに漬けます。 1週間程度常温に放置すると生姜のエキスが出ます。 お湯割でホットドリンクやトーストにかけても美味しい!料理の砂糖代わりにも使えて魚や肉の生臭みを押さえる効果があります。 食べると体がポカポカしてきます。 (りすぞう/42歳)• エノキや他キノコもあれば、生姜を先によく炒めたあと、乾燥椎茸の戻し汁とキノコを全て入れてみりん、砂糖少量、醤油で味付けして煮込みます。 ご飯に合いますよ(マカロン)• 生姜は傷みやすいのですりおろし・千切り・まるごと冷凍保存しています。 使いたい時にいつでも直ぐに使えて便利です。 (まるまる)• みなさんのご意見にあるようにいろんな使い方をしますが、私はうどんに大量におろし生姜を入れて食べるのが好きです。 温まるし大量に入れても辛味をそんなに感じないので毎回山盛りに入れちゃいます。 (にゃんにゃんこ/43歳)• (kumi/51歳)• ハチミツに漬けて冷蔵庫で保存。 紅茶に入れたりそのままお湯をさしてのみます。 冬になると必ず作ってのんでいます。 似たような市販品はありますが甘すぎるので自作しています(みっこ/68歳)• ひじきの生臭さが消えて、サッパリした味になります。 お弁当にも大好評です。 (アンドロメダ/60歳)• (ふみや/47歳)• 美味しくてどんどん飲めちゃう! すりおろした生姜と黒糖に牛乳を混ぜて、レンジでチンして混ぜたらできあがり! 時短でチューブや瓶詰めの生姜を使ってます。 黒糖の代わりに蜂蜜を使うこともあります。 蜂蜜の時はチンした後に蜂蜜を入れてます。 (ナミ/33歳)• 市販のは、ほとんど国内産がないので手作りがいいです。 (でんでん虫/59歳)• (ゆゆゆ/33歳)• 割と足が早いので、擦り下ろし、千切り、丸ごとと3タイプで冷凍します。 調理にも便利です。 主に調理以外は、味噌汁に擦り下ろしをいれたり、鍋に入れたりして、ほぼ毎日いただいてます。 (グッチ/45歳)• エリンギやマッシュルームもみじん切りにしていれると生姜嫌いの人も美味しいとだまされますよ。 コクが出て美味しいです。 (ゆっちゃん/66歳)• 食べているとポカポカしてきます。 油揚げと千切りの生姜で生姜の炊き込み御飯も頻繁に作ります。 薄切りにして佃煮にしたら、お弁当のトッピングにも良いですし、御飯何杯でも食べられちゃいますよ。 身体、芯からぽかぽか嬉しいです。 冷え性の方におすすめです。 (さんまざんまい/49歳)• お湯で割ってホットにしても良し、アイスでもよし。 残った生姜は一緒に食べちゃいます(べべ/53歳)• (こっこ/50歳)• (けいこ/44歳)• 少し甘めなので生姜を入れてます。 何に入れても美味しくて体が温まります。 (けいこ/44歳)• (ココ/56歳)• 一回すって作っていればなくなるまでずっと使えますよ。 (ビビ丸/49歳)• 寒い夜は、これが手軽で一番。 (かんだのたまこ/56歳).

次の