税理士 テキスト。 【体験記】30歳超えて独学4年で税理士試験に合格した勉強法|試験の概要・選ぶべき科目

[税理士試験]簿記論に合格した独学勉強法&テキスト&問題集1

税理士 テキスト

【余談】私が独学で税理士を目指した経緯 早速の余談で申し訳ないですが、独学4年で受かったあなたは何者?といわれそうなので、そもそもなぜ私が税理士資格を取得しようとしたのか、というところからお話させてください。 余談の話が不要な方は、すっとばして、下記の税理士試験概要から読み進めてください。 28歳で未婚のまま子供を産んでから、派遣社員として損害保険会社に勤めていました。 時給1,500円、残業・休日出勤をマックスまで入れて月の手取りは30万円。 その時の目標は住宅ローンを組めるようになること。 そして1年少々で住宅ローンの審査に通りました。 結局ローンは組みませんでしたが、「派遣社員でも真面目に働いてれば住宅ローンが組めるんだ」という、なんとなくの達成感で、その後損保の仕事を続けるモチベーションがなくなり、次のステップへ進もうかなと考え始めました。 ずっと派遣で働き続けるのも不安がある。 できれば子供と過ごせる自由な時間と、もっと安定した生活を手に入れたい。 自営業だったら可能なんじゃないか・・・ 資格を取ろうかどうか、どんな仕事がこのライフスタイルにあるのか・・・ いろいろと悩む毎日でした。 そんな時、同じ職場にいた嘱託社員でキャリアカウンセラーをされている方がアドバイスをくれました。 「どうせ資格をとるなら一発切り札になるような、それだけで食っていけるようなものを目指せ」と。 当時、行政書士・FP2級・宅建はもっていましたが、実務で使ったことも、それで独立しようと思ったこともなく、まったくもって資格の取り腐れです。 その時、「 一発切り札になるような資格」で頭に思い浮かんだのが、 弁護士、不動産鑑定士、税理士あたり・・・。 そして、合格しやすさ・かかる時間から実現可能そうなものを検討した結果、 科目合格制である「税理士試験」に目をつけ、「コレだ!私のような人のための試験だ!」とはりきって税理士を志したことを昨日のように思い出します。 大学時代の仲間に士業が多く、弁護士、司法書士、公認会計士がすでにいたので、余りポジションを狙った、というのもあります。 簿記も嫌いではなかったでしたし、個人的にも税金が一番興味持てました。 ちなみに、税理士試験5科目合格が揃うまで 会計事務所の勤務経験も、経理事務の経験も皆無 笑 土台も何もないのに、なぜか「独学」を選ぶことに躊躇はありませんでした。 だって、時間以上にお金の余裕がなかったですから。 まず簿記論・財務諸表論を独学2年で突破できなければ諦めようと決めていました。 今振り返ると、思い付きレベルで税理士試験を目指し、運よく簿記論・財務諸表論に合格し、税法科目についてはその勢いで独学を続けた感じですね。 でも、一度足を踏み入れてしまったが最後、覚悟をきめて4年間、2014年に完全独学で5科目合格までこぎつけました。 税理士試験の概要 税理士試験の科目 税理士試験の科目は、 全部で11種類あります。 税理士試験の受験資格 誰でも受けられるわけではなく、一定の受験資格で制限をかけています。 学識による受験資格• 資格による受験資格• 職歴による受験資格 「1. 法学部・経済学部であればもちろん、文系ならだいたいクリアできそうですね。 職歴による受験資格」の場合、会計事務所や経理職に2年間従事していればOKです。 上記の主な受験資格がなければ、「2. 資格による受験資格」の簿記1級をまずは目指すことになるでしょう。 私の実体験として、簿記論は明らかに50%以下の出来だったのに受かりました・・・ なお、現時点では試験結果・解答に関する照会に対して、回答はしてくれないそうです。 税理士試験の実施日 年に一度、 8月始めに3日間の試験日程が組まれます。 年に3回ぐらい実施されているなら、もっと気軽に独学でチャレンジできるし、向き不向きも早い段階でわかって時間のロスが少ないんですけどね。 もったいつけるな~、というのが正直なところ。 税理士試験の合格発表 合格発表は、 同じ年の12月2週目の金曜日です。 8月の試験終了後かなりの期間、悶々と過ごすことになります 笑 科目合格(または不合格)であれば発表の数日後、普通郵便で届きます。 地域によっては週明けになり、さらに悶々とした週末を迎えることになります。 5科目合格の場合は、合格証書が郵送されるとともに、合格発表の日の官報に受験地・受験番号・氏名が、国税庁ホームページには受験地・受験番号が掲載されます。 私は旅先のマレーシア、マラッカからネットで官報合格を確認し、子供が寝ている横で一人ベッドの上で飛び跳ねました。 最近の税理士試験受験者数と合格率 最近ではその人気がダダ落ちと言われている税理士資格、 ずばり年々受験者数は減ってきています。 少子化の影響ももちろんありますし、もはや簡単に稼げるおいしい職業ではないのがバレてきてますからね。 受かりやすくなっているわけでもなさそうです。 税理士試験合格に必要な平均勉強時間 下記が一般的に言われている必要勉強時間です。 尚、平均勉強時間には理論暗記の時間が含まれていません。 そうですね・・・はっきりいって、理論には平均勉強時間がさらにかかるイメージです。 つまり 実質勉強時間は平均勉強時間の倍だと思ってください。 この実質勉強時間を目安に、1日何時間とれるのか、いつから勉強を始めればいいのか、スケジュールをたてましょう。 今見直してみても、気が遠くなりますね。 毎年1科目ずつでもいいし、ときには頑張って2科目でも3科目でも受けてよい、という働く受験者に一見優しいシステム。 「公認会計士は一発らしいのでそれよりは楽なんじゃないかな」 「働きながらでも取れるんじゃないかな」 という、ぬるい考えがつい浮かんでしまいますよね。 「税理士試験は働きながらコツコツ勉強しても合格可能」、果たして本当なんでしょうか? まず、登竜門の簿記論と財務諸表論は比較的通りやすいんです。 平成29年度の財務諸表論にいたっては30%弱、もう出血大サービス状態。 受かったら次の科目も取りたくなりますよね。 「簿・財を合格したから、可能性はあるはず!」という自信から、やる気をみなぎらせてしまうはず・・・ はっきりいいます。 簿記論・財務諸表論の合格は、ウマの鼻先にぶらさげられた人参です。 簿記論・財務諸表論合格の先に待ち受けている税法の試験に足を踏み入れると、ライバルのレベルが各段に上がるので、そうは簡単に合格させてくれませんよ。 なかなか難易度の高い税理士試験ですが、働きながら合格している方ももちろんいます。 あなたがまだ20代で、10年ぐらいなら働きながら勉強するモチベーションが続く、という自信がある人はそれで構いません。 ただ、「 働きながら」「短期間で」税理士試験に合格するのはなかなか困難。 本気で短期合格を目指すなら、税法に関しては最低でも最後の3ヵ月間は専念がおすすめです。 私は税理士試験を受け続けた4年間、 4月から8月の試験までの約4か月間はすべて、独学で専念しました。 独学の場合どんな科目を選ぶといいの? 独学する上で、ネックとなるのが「良質な教材が手に入るかどうか」ということ。 良い教材がそろえば、50%ぐらい合格したも同然です。 独学で選ぶ科目の鉄則:市販やネットオークションで手に入りやすい教材が多い科目を選ぶこと まず 簿記論と財務諸表論は必須科目。 こちらは市販教材もかなり充実しているので、全科目独学を選ばない人でも、この2科目だけなら十分独学で合格可能でしょう。 次に 法人税か所得税も必須科目。 両方とってもいいですが、ボリュームが最も大きいのでどちらか一つを選んでおけばいいです。 内容的にはかぶるところが多いので、ボリュームの割に合格レベルに達するまで思っているほど時間がかからないかもしれないですね。 私はヘタレなので選びませんけど・・・ この2科目も比較的教材が出回っています(市販品・オークション)。 残りの2科目ですが、 消費税は入れておくことをおすすめします。 教材が出回っていますし、ボリュームもそんなに多くないですし(とはいえ、法人税・所得税・相続税に次ぐぐらい)、比較的新しい税法のため理屈が体系だっているので、理解しやすいですよ。 また、実務や実生活でも関係することが多いので、自然と興味を持てるはず。 実務面からいうと、消費税ができないのは致命的ですしね。 実際、税理士賠償責任リスクが最も大きいのが消費税に関するものです。 残り1科目は、 体力と個人の得意不得意に応じて選んでください。 相続税なら教材は出回っていますが、やっぱり合格の難易度は高め(内容の難易度とは別)。 計算問題が得意か理論問題が得意かによって、点数を取れる科目も変わってきます。 無難な線としては、事業税か住民税あたりになるでしょうか。 事業税なら法人税と関係が深いですし、住民税なら所得税と関係が深いです。 ただこの科目は、問題集の市販品はありますが、テキストの市販品はほぼないため、オークションなどで手に入れることになります。 ちなみに、私が選んだのは、 法人税、消費税、事業税。 「受かりやすさ」、もっというと「いかに短期間で5科目揃えられるか」を検討した結果、選んだ科目です。 そして、以下のような結果に。 二年目の2科目不合格が痛かったですが、ほぼ予定通りのスケジュールで進みました。 資格試験はゼロヒャク、合格できるか、できないかのみです。 どの科目を選ぼうが、税理士になれるか、なれないかのみです。 科目選択にこだわりすぎて、一生合格できなければその税法を使って稼ぐこともありません。 実務で必要な税法は後から勉強すれば足りる 、と個人的には考えています。 人によって科目のとっつきやすさがあるので、 ここ数年の全科目の過去問と合格率、教材の手に入れやすさを見て、判断するとよいと思います。 税理士試験に合格するために一番大切なこと【独学・通学共通】 税理士試験は、ほとんどの場合1年で終わりを迎えません。 早くても3~5年の長丁場になります。 合格するために一番大切なことは、ずばり、「モチベーションの維持」。 さらに独学の場合は、自分自身で時間とやる気をコントロールし、試験当日にピークを持っていかなければなりません。 最もしてはいけないことは、試験勉強中に 「ほんとに受かるのかな」「この勉強法でいいのかな」などと迷うこと。 モチベーションも時間もロスします。 また、あらかじめやらないことも決めておきましょう。 いろんなことを完ぺきにする必要はありませんし、そもそも試験勉強中は勉強以外のことまで完ぺきにできるはずもありません。 私は2年目、試験を甘く見すぎて法人税と消費税を落とした時に、やらないこととタイムリミットを決めました。 このあたりのメンタル編はこちらで詳しく まとめ 税理士試験がどんなものか、イメージが持てたでしょうか。 やっぱりこの試験に挑戦するには、 ある程度の覚悟と計画的な実行力が必要です。 とはいえ、独学、子持ちシングル、と決して有利ではなかった環境でも私は合格しているので、計画を着実にこなせる方であれば、独学合格も夢物語ではありません。 自分の実力をはかるという意味も含め「簿記論・財務諸表論」ぐらいは独学でチャレンジしてみる、というのもいいかもしれません。 上記で述べたように罠にはまる可能性がありますが 笑 もちろん、「なにがなんでも独学」にこだわるのではなく、通学・通信・オンライン講座も十分リサーチした上で、自分にあった勉強法を見つけるのがベスト。 独学であろうが、通学であろうが目指す結果=合格は一緒。 特に、下記オンライン講座では、効率的な教材・内容になっていると評判なので、無料で試してみるのも一考。 思っているよりかなり安いです。 こんにちは、ノマド税理士チャーリーです。 五味様のすべての背景がわかっているわけではないので、参考程度にとどめていただきたいのですが 「税理士試験の受験資格がなく、そのために簿記1級を受験していて、5科目試験合格組で税理士資格を取得し、独立開業したい」 というのであれば、「41歳で簿記一級になかなか受からない」現状からみると、年齢面・試験の向き不向き的に少し難しい気がします。 試験に合格するにはコツがあるので、なかなか試験に合格できないけれど実務はバッチリという方もいますし。 個人的には、そういう方は試験に労力を消耗するだけ時間が勿体ないかな、という気がします。 もちろん、どうしてもその資格を目指す理由をお持ちであれば止めはしません。 まずは、税理士でなければならない理由をもう一度洗いなおして、他の職業でも実現可能であれば方向転換するのも手です。 コンサルタントなどは特に資格もいらないですし、何かに特化した強みがあれば、中小企業等のお役には立てる可能性大です。 場合によっては税理士より親身になって寄り添うことができますよ。 少しでも五味様の参考になれば幸いです。

次の

【体験記】30歳超えて独学4年で税理士試験に合格した勉強法|試験の概要・選ぶべき科目

税理士 テキスト

合格に必要な学習のポイントとは何でしょうか?私達が考える3つの学習ポイントは、• 「基礎的」知識と「新しい」知識をバランスよく押さえる。 毎年出題される「頻出論点」は、問題集を繰り返し解いて押さえる。 実力確認テスト等の各種答練を本試験同様に2時間計って演習し、時間の使い方をマスターする。 LEC講座のテキスト・問題集は単品販売していないオリジナル教材で、この学習に必要な3つのポイントすべてを押さえています。 近年では、あらゆる教材をWeb上で閲覧し、現物が発送されない講座が多く見られますが、税理士試験は大量の文字や計算の記述が必要となる問題ばかりです。 本試験攻略を第一の目的としているLECでは、「先取りWeb受講」や一部の補助教材だけWeb閲覧のみとし、それ以外の教材はすべて現物で発送されます。 そんなLEC教材の一部を、パソコン・タブレット・スマホで体験してみて下さい。 初受験向け教材 簿財横断プレミアム/エッセンスコース / 簿財横断[速習]コース• 簿記論パーフェクト / 財務諸表論後の簿記論パーフェクト /• 財務諸表論パーフェクト / 簿記論後の財務諸表論パーフェクト /• 法人税法パーフェクトコース• 所得税法パーフェクトコース• 相続税法パーフェクトコース• 消費税法パーフェクトコース• 早いとお得な早期申込割引・特典!早くお申込するだけで、大幅割引や申込特典が受けられるお得なチャンス!• 再受講割引、成績優秀者割引、他校から乗り換え割引などの割引クーポン!オンラインでらくらく申請!• LECオンラインショップで利用できる2種類の割引クーポンを、もれなくプレゼント!• 誰でもチャレンジOK!熱い想いを作文に!内容に応じて最大30%割引eクーポン進呈!• 職業訓練・資格取得を支援いたします!会社を辞め、離れ、キャリアアップを図りたい方に受講料20%割引でバックアップ!.

次の

[税理士試験]簿記論に合格した独学勉強法&テキスト&問題集1

税理士 テキスト

税理士試験の「相続税法に独学」で挑戦 相続税法のボリュームを知る 相続税法を独学で勉強をする前に相続税がどのくらいのボリュームがあるのか知っている方も多いでしょう。 税理士試験の税法科目では 「相続税」はボリューム的には多い部類に入ります。 税法科目をボリューム順に並べると・・ 100 法人税法 70 所得税法 40 相続税法 30 消費税法 20 固定資産税法 20 国税徴収法 15 事業税 15 住民税 10 酒税法 このように並べることができます。 左の数字は最もボリュームの多い法人税法を100としたときのおおよそのボリュームになります。 そして、相続税法を選択するということは 税理士試験最後の試験科目になるということです。 相続税法はボリューム的には多くなっていますが、相続税法の受験の選択は正しい場合が多いです。 というのも、上記で説明したように相続税法を受験する場合最後の科目となるということは、言い換えれば 4つの試験を乗り越えてきた猛者の集まりであるともいえます。 他の税法科目を選択するとボリューム的には少ないため、かなりハイレベルな戦いになることが予想されますし、実際に1問のミスで不合格になってしまうことは少なくありません。 ボリュームが少ないということは合格しやすい、勉強しやすいではなく、かなり完成度を高めた ミスの許されない戦いになるということになります。 他の受験生はこれまで4つ合格していることが多いので、自分なりの勉強方法も確立できていることや、さらには最後の科目ということで仕事をしている人ならば会社を辞めて勉強に専念する方もいらっしゃいます。 また、最後の試験ということでモチベーションはあがりやすくなるため、より一層厳しい試験になることが分かります。 しかし、それはあなたも同じでこれまで厳しい戦いを制してきたわけですので、後は気合の問題になるでしょう。 相続税の理論と計算対策 相続税は計算・理論に分ける事ができ 計算50%、理論50%という出題内容となっています。 第一問(理論)、第二問(計算)で、第一問の理論問題は問1、問2といった構成になっています。 相続税の計算対策 ここ数年の 計算問題は基本的な論点中心に構成されており、勉強したことがないような論点はほとんど出題されていません。 そのため基本的な論点はもらさず抑えておく必要がありますが、出題方法としては資料の与え方が独特なので柔軟に対応することができるようにしておく必要があります。 普段の勉強では同じ問題を繰り返す必要もありますが、独学で学習をする方は専門学校等の模試を積極的に利用しておくといいでしょう。 独学でおすすめのテキスト等はTAC中心になりますので、 模試はTACだけではなく大原等は必ず利用するようにしましょう。 他校の模試は出題方法が異なることから、初めて見ると若干戸惑ってしまいますが、それをいかに対応することができるかは本試験対策をしていることにもつながります。 相続税の理論対策 理論問題はここ数年解答で困るような出題はなく 規定中心の素直な出題になっていますが「 2問とも応用理論」となっています。 相続税法の合否を決めるのは計算ではなく理論であることはこれまでの税法受験生ならば予想がつくでしょう。 そのために理論の暗記は絶対となり、その中でも重要度の高いAランクのものについては「 精度の高い暗記」をしておくようにしましょう。 精度が下がると他の受験生と差をつけられてしまい、それが合否に大きく影響を与えることになります。 この差は計算では取り返すことができないと思っておいたほうがいいでしょう。 計算理論はどの程度得点すればいいの? 計算より理論が合格には必要となりますが、計算をおろそかにしていいわけではありません。 計算の得点 計算は基本的な問題で構成されているので合格するためには 50点中最低で40点近い得点が必要であり、合格が確実視されるのは9割の45点程度が必要となります。 理論の得点 出題の内容・難易度によって必要な得点は違いますが、 理論については 最低7割程度の得点が必要になり、合格確実なのは計算同様9割近い得点が必要となります。 以上のことから・・ 計算は基本的な問題を確実に正答すること 理論は(応用理論の)重要な論点の精度の高い暗記をすること 計算理論ともに模試を積極的に利用すること このようにまとめることができます。 つまり、独学でテキストを選ぶ場合はこの3つを考えながら選ぶようにするといいでしょう。 相続税法のテキスト 8月の試験が終わったばかりで2020年度対策のテキスト・問題集・過去問は現在発売されていないものが多くなっていますが、順次発売されることになります。 また、 テキスト・問題集の一体型となっていることから、テキストを読むだけで終わらず問題を解くことで理解が進むようになっています。 相続税法で応用的な知識を身に付けることが出来る唯一の市販テキストといってもいいかもしれません。 税理士試験 理論集相続税法 税理士試験に対応していて合格に必要な知識を身に付けることができる理論テキストになります。 2020年度版はテキスト同様に発売されていません。 下記画像は法人税法を例にした場合になります。 相続税法・・独学におすすめの問題集 税理士 11 相続税法 個別計算問題集 3,240円 個別計算についてはネットスクールの必修問題集をこなしていれば必要ないでしょうし、あれもこれもと教材に手を出さないほうが得策でしょう。 ただ、この基礎問題集の解答解説を見て理解することができるのであれば、ネットスクールの教材は利用せずこちらの問題集を確実に抑えておきましょう。 税理士 12 相続税法 総合計算問題集 基礎編 3,240円 独学合格に必要な1冊 税理士 13 相続税法 総合計算問題集 応用編 3,240円 上記画像は2019年度版となっており2020年度版は現在販売されていません。 相続税法の場合は基本的な問題をいかに確実に正答できるかがポイントになり、また理論は応用理論で重要度の高いものは精度を高くして暗記をする必要があります。 そのため余力が相当ある人以外は使用する必要のない教材となります。 相続税法・・独学におすすめの過去問その他 税理士 14 相続税法 過去問題集 3,456円 上記画像は2019年度版のもので2020年度版は現在発売されていません。 独学合格に絶対に必要な1冊 過去5年分の問題が掲載されており、合格するためには過去問の徹底攻略は必須です。 ラストスパート模試 相続税法 3,456円 上記は2019年度版になり、2020年度版は5月~6月ごろに発売されるのではないかと思います。 模試は3回分 総仕上げ 大原の全国模試 上記3回分の模試だけでなく、大手専門学校の模試を利用することであなたの位置を確認することができます。 そのため合格するためには常に上位に入れるように努力をする必要があります。 また、みんなができている論点の箇所であるのにあなたが得点できていないのであれば早急に対策をすることで合格に一歩近づくことができるでしょう。 相続税で合格するためには基本論点で1つでも苦手な箇所があるとたちまち不合格になってしまうので注意をしましょう。 その上で試験まで合格に足りないものを補う必要があることから、模試は合格には欠かせません。 模試は他の学校も実施していますが、受験者数・合格者数が多い大原の全国模試がおすすめです。

次の